• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

SENNHEISER (ゼンハイザー)

IE 600

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

SENNHEISER (ゼンハイザー)

IE 600

  • 新品

¥89,892 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4260752330381

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥57,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ボーカル際立つ。中高音域が美しい必聴のイヤホン

IE 600は中高音域にこだわりを持っている方に是非聴いてほしいイヤホンです。

なんといってもIE 600の最大の特徴は、ボーカル表現の素晴らしさに尽きます。

全体的に音のひとつひとつの分離感がとても高く、その中でもボーカルが浮き出ているような立体的な聞こえ方は本当に素晴らしかったです。

細かな息遣いまでしっかりと聞こえ、まるでその場で歌っているかのような感覚でした。

また、高音域に関しても、かなり細かな音まで鮮明に聞こえ、音抜けが良いことも相まって全体の見通しの良さを感じました。

中音域から高音域に関しては、生々しさを残しつつも、高い解像度と立体感からクールさを感じる音質でした。

低音域に関しては、タイトになり過ぎず、少し暖かみを感じる音で、全体がクールになり過ぎないようバランスを取ってくれていました。

全体を通しては、クールめな音の印象で、解像度の高さと音の広がり方の素晴らしさが魅力的なイヤホンでした。

この価格帯のイヤホンは、マルチドライバーで本体が大き目な製品が多いですが、IE 600は他のイヤホンと比較してかなり小さく薄く設計されているため、装着感の良さ(特に耳への収まり感)がピカイチでした。

また、金属筐体ではありますが、ザラっとしたマットな仕上げとなっているため、比較的キズが目立ちにくくなってます。

毎日外で使う上では、キズを気にするストレスが減るのもありがたいポイントです。

最近聞いた有線イヤホンの中でも特に「欲しい!」と思えるイヤホンでした。

有線イヤホンをお探しの際には、是非候補の一つに入れて欲しいイヤホンです!


試聴環境
iPhone 11→Earstudio ES100→SENNHEISER IE 600

試聴楽曲
YOASOBI - RGB
吉田凜音 - ASUNAROU
Cing - アイスクリーム/サイネージ

ひろ

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

柔らかく繊細な高解像度イヤホン

「IE 300」、「IE 900」と続いたレゾネーターチャンバー搭載の3モデル目「IE 600」が登場です。パウダー状から造形をされたアモルファスジルコニウム採用のイヤホンは同社初となります。

持ってみるとレジンのイヤホンより微かに金属的な重さがあり、存在感というのでしょうか高級さがうかがえます。手触りはざらっとしていますが綺麗に指が滑るのでなんだかちょっと癖になります。いつまでも撫でていたい。

本体の色味は写真よりも少し褪せたような味のある鈍色で、光沢は無くマットな質感です。

付属品にセミハードケースがあるのもポイント高いです

装着感は、これまでのシリーズに比べると自重のせいか安定感が増したように感じました。ノズルが短めなので耳道の浅い方でも難なく装着できると思います。横に長いので耳介がコンパクトな方はお試しいただいてからの方が安全そうです。

音の感触ですが、主旋律を中心に優しくクリアに聴こえるタイプでした。ボーカルなど中域の繊細さが際立ちますし、余計な混じりけがない綺麗なサウンドなので各パートの音像がしっかりと聴こえる。というよりまるで見えるような立体的な輪郭に驚きます。

重低音は控えめですが、中低域の存在感はあるので、とくにボーカル楽曲との組み合わせは必聴です。ハーモニーが各パートに集中すれば聴こえるけれどしっかりと調和している様には感嘆の声が思わず漏れます。

バランスにすることでアタックがしっかりと出てくるようになるため、個人的にはアンバランスのソフトな音色の方が音場の広さも相まって相性がよいなと感じました。

一聴してわかる素晴らしい音なのでぜひ

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

揺るがぬ想いが細部に宿る

SENNHEISER IE 600

ヒーローイメージ

想いを乗せたサウンドで包み込む
シンプルに美しい音、これこそがIE 600のストーリー。音だけじゃない、想いまでを伝える。アモルファスジルコニウム素材のハウジングから質にこだわりぬいた全てのパーツ、厳しい公差基準を設けた製造プロセスまで。全てはクリアでニュートラルな音を、そして音に込められた想いを届けるため。

  1. 主な特徴
    ・強度の高いアモルファスジルコニウム素材使用し、高性能3Dプリンターで形成したハウジング
    ・ニュートラルでキレの良い低音
    ・高性能7mm TrueResponseトランスデューサーで歪みを最低限に抑える
    ・デュアルレゾネーターチャンバーを搭載し繊細な高域を美しく描き切る
    ・MMCXコネクターを採用し高い耐久性と安定感を実現
    ・パラアラミド繊維で強化されたケーブル(3.5mm, 4.4mm)
    ・調節可能なイヤーフックとサイズを選べるイヤーチップ
    hoge画像
  2. 音楽がもっと近くに
    心動かす音楽が、IE 600ならもっと近くに、もっと特別に。音色だけではなく弓が弦にかかるわずかな音、ギターのコードが移ろいゆく中で生まれるすれる音まで楽しむことができます。
    ひたむきにまっすぐに音と向き合ってきたゼンハイザーのオーディオスペシャリストが開発した自慢のTrueResponseトランスデューサーを搭載したIE 600。ゼンハイザーのシングルダイナミックドライバーならではのレスポンスの良い低域から輝くような高域をきめ細かい音の粒と高い解像度で再現。ニュートラルでありながら臨場感溢れる音のレイヤーと艶やかなボーカルで心まで包み込む極上のサウンド体験をお届け。
    hoge画像
  3. 素材からこだわる、長く使える
    IE 600を語る上で欠かせないのがハウジング素材。ドイツのへレウス社が提供するAMLOY-ZR01というアモルファスジルコニウム素材をハウジングに採用。通常のメタルよりも頑丈でありながら伸縮性があり、気温の変化に強い特性を持つ同素材をイヤフォンのハウジングに使用するのは極めて稀なことです(注意:ジルコニアとはまた違った素材となります)。腐食に強いため経年劣化しにくく長い年月に渡って高いパフォーマンス、つまりハイエンドサウンドを奏でます。
    またアモルファスジルコニウムはNASAの火星探査機のドリルにも使用されるほどの素材であり、その耐久性や堅牢度がうかがえる素材です。高品質なイヤホン内部のパーツを保護するという観点からも優れています。加えてアモルファスジルコニウム素材はアルミやプラスティックよりも『重さ』があるために、外からの音を遮断することに優れているので周囲の音に左右されることなくイヤホンから流れ出るサウンドを楽しんでいただけます。
    hoge画像
  4. 超高性能3Dプリンターで形成するハウジング
    細部までこだわったハウジングの形成には超高性能3Dプリンターを用いてパウダーの状態から製造。正確無比なレーザーを照射してレイヤーごとに効率よく積層していく粉末焼結積層造形法でイヤホンにおける最も重要な部分の一つである筐体を形成。
    hoge画像
  5. ニュートラルでバランスの取れた美しい音
    無駄な音を排除し、クリアなサウンドを届けるために重要な役割を果たすのがアコースティックバックボリューム。不要な共振を取り除き、不快な音をなくし、淀みない音で臨場感を創出。
    hoge画像
  6. 繊細な音を描き切るためのデュアルレゾネーターチャンバー
    IE 600のノズルに詰め込まれたゼンハイザーのこだわりの音響技術。マスキングによる共振を排除するためのデュアルレゾネーターチャンバーを搭載。これにより高域を伸びやかにして活かし、繊細な音を再現。耳に刺さるような高域をより忠実に再現して細部まで感じ取っていただけます。
    hoge画像
  7. デュアルレゾネーターチャンバーが特定の高音域を変える
    グラフはデュアルレゾネーターチャンバーを搭載したものと非搭載のものを比較したものです(ホワイトが搭載、グレーが日搭載)。2つのチャンバーを配置することにより、余計な振動を減少させ中高域の特定周波数帯域の耳に刺さるような音を抑えます。これによりロー、ミッド、ハイの全体の周波数帯域に調和をもたらし、まとまりのあるサウンドを再現。
    hoge画像
  8. エアコントロールでピュアサウンドを生み出すアコースティックバックボリューム
    イヤホンという小さな世界に詰め込んだ技術はデュアルレゾネーターチャンバーに終わりません。無駄な音を排除し、クリアなサウンドを届けるために重要な役割を果たすのがアコースティックバックボリューム。ハウジング内のエアーの方向と量を調節し、低域と中域の分離感をスムーズにします。これにより、不要な共振を取り除き、不快な音をなくし、淀みないニュートラルで確かな存在感の低域と中域のサウンドを実現。
  9. ボーカルを近くに感じるIE 600
    IE 600とIE 900の大きな違いは2kHz-3kHzの箇所にあります。それぞれに搭載されたバックボリューム機構のサイズにより盛り上がる周波数帯域が異なります。これにより、IE 600はボーカルにより臨場感がでて近さを感じることができるチューニングとなっています。
    一方でフラッグシップモデルであるIE 900は全帯域において高い再現性を持っています。互いに異なる色を持つ2つのイヤホン、好みや気分に合わせて堪能いただけます。
    hoge画像
  10. 全ては美しい音のために、時代を超えて届ける
    質の高い音にこだわり続ける。そして良い音を奏でるだけでは終わらない。時間を、世代を、そして時代を超えて”変わらない”ピュアで上質な音を届けることまでこだわった一品。
    hoge画像
  11. 優れたパフォーマンスで高音質を牽引するメンブレンフォイル
    さらにゼンハイザー自慢の高性能メンブレンフォイルはゼンハイザーの音の職人たちが至高のサウンドを求め続けて辿り着いたノーコーティングのプレーン形状。高度な内部ダンピングを行い、自然に起きる共振や歪みを最小限にします。その結果、THD 0.06%(94dB,1 kHz)を実現。
    hoge画像
  12. ずっと聴いていたくなる、用意周到の付属品
    自慢のハウジングを支えるための付属品にはシリコンとフォームのイヤーピースがS、M、Lとそれぞれ3サイズあるので自分の耳のサイズや好みに合ったものを選んで装着感を自在に調整できます。さらに3.5mmのケーブルに加え4.4mmのバランスケーブルが付属されているので日常使いのスマートフォンからこだわりのDAPまで幅広く対応可能。収納に重宝するゼンハイザーのロゴ入りキャリングケースは自宅でも外出先でも、全てをコンパクトに収納。
    hoge画像
  13. タフなのはハウジングだけじゃない
    IE 600にもゴールドプレートのFidelity+MMCXコネクターを採用し高い耐久性と安定感で上質なサウンドをサポート。ケーブルは8,000回以上の折り曲げにも耐えることができるパラアラミド繊維で強化し高い耐久性を保証。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック・カナル型
インピーダンス 18 Ω
音圧感度 118 dB(1 kHz , 1 Vrms)
再生周波数帯域 4 ~ 46,500 Hz
ケーブル仕様 ケーブル長:125 cm Y型
イヤホン端子:MMCX(ゼンハイザー独自形状)
プラグ形状:3.5 mmステレオミニプラグ L型
4.4 mm(バランス)プラグ L型
本体重量 約 6 g(片側重量、ケーブル除く)
付属品 ・イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L)
・ケーブルクリップ
・キャリングケース
・クリーニングツール
THD <0.06% (94dB,1 kHz)
保証期間 2 年

商品詳細

揺るがぬ想いが細部に宿る

SENNHEISER IE 600

ヒーローイメージ

想いを乗せたサウンドで包み込む
シンプルに美しい音、これこそがIE 600のストーリー。音だけじゃない、想いまでを伝える。アモルファスジルコニウム素材のハウジングから質にこだわりぬいた全てのパーツ、厳しい公差基準を設けた製造プロセスまで。全てはクリアでニュートラルな音を、そして音に込められた想いを届けるため。

  1. 主な特徴
    ・強度の高いアモルファスジルコニウム素材使用し、高性能3Dプリンターで形成したハウジング
    ・ニュートラルでキレの良い低音
    ・高性能7mm TrueResponseトランスデューサーで歪みを最低限に抑える
    ・デュアルレゾネーターチャンバーを搭載し繊細な高域を美しく描き切る
    ・MMCXコネクターを採用し高い耐久性と安定感を実現
    ・パラアラミド繊維で強化されたケーブル(3.5mm, 4.4mm)
    ・調節可能なイヤーフックとサイズを選べるイヤーチップ
    hoge画像
  2. 音楽がもっと近くに
    心動かす音楽が、IE 600ならもっと近くに、もっと特別に。音色だけではなく弓が弦にかかるわずかな音、ギターのコードが移ろいゆく中で生まれるすれる音まで楽しむことができます。
    ひたむきにまっすぐに音と向き合ってきたゼンハイザーのオーディオスペシャリストが開発した自慢のTrueResponseトランスデューサーを搭載したIE 600。ゼンハイザーのシングルダイナミックドライバーならではのレスポンスの良い低域から輝くような高域をきめ細かい音の粒と高い解像度で再現。ニュートラルでありながら臨場感溢れる音のレイヤーと艶やかなボーカルで心まで包み込む極上のサウンド体験をお届け。
    hoge画像
  3. 素材からこだわる、長く使える
    IE 600を語る上で欠かせないのがハウジング素材。ドイツのへレウス社が提供するAMLOY-ZR01というアモルファスジルコニウム素材をハウジングに採用。通常のメタルよりも頑丈でありながら伸縮性があり、気温の変化に強い特性を持つ同素材をイヤフォンのハウジングに使用するのは極めて稀なことです(注意:ジルコニアとはまた違った素材となります)。腐食に強いため経年劣化しにくく長い年月に渡って高いパフォーマンス、つまりハイエンドサウンドを奏でます。
    またアモルファスジルコニウムはNASAの火星探査機のドリルにも使用されるほどの素材であり、その耐久性や堅牢度がうかがえる素材です。高品質なイヤホン内部のパーツを保護するという観点からも優れています。加えてアモルファスジルコニウム素材はアルミやプラスティックよりも『重さ』があるために、外からの音を遮断することに優れているので周囲の音に左右されることなくイヤホンから流れ出るサウンドを楽しんでいただけます。
    hoge画像
  4. 超高性能3Dプリンターで形成するハウジング
    細部までこだわったハウジングの形成には超高性能3Dプリンターを用いてパウダーの状態から製造。正確無比なレーザーを照射してレイヤーごとに効率よく積層していく粉末焼結積層造形法でイヤホンにおける最も重要な部分の一つである筐体を形成。
    hoge画像
  5. ニュートラルでバランスの取れた美しい音
    無駄な音を排除し、クリアなサウンドを届けるために重要な役割を果たすのがアコースティックバックボリューム。不要な共振を取り除き、不快な音をなくし、淀みない音で臨場感を創出。
    hoge画像
  6. 繊細な音を描き切るためのデュアルレゾネーターチャンバー
    IE 600のノズルに詰め込まれたゼンハイザーのこだわりの音響技術。マスキングによる共振を排除するためのデュアルレゾネーターチャンバーを搭載。これにより高域を伸びやかにして活かし、繊細な音を再現。耳に刺さるような高域をより忠実に再現して細部まで感じ取っていただけます。
    hoge画像
  7. デュアルレゾネーターチャンバーが特定の高音域を変える
    グラフはデュアルレゾネーターチャンバーを搭載したものと非搭載のものを比較したものです(ホワイトが搭載、グレーが日搭載)。2つのチャンバーを配置することにより、余計な振動を減少させ中高域の特定周波数帯域の耳に刺さるような音を抑えます。これによりロー、ミッド、ハイの全体の周波数帯域に調和をもたらし、まとまりのあるサウンドを再現。
    hoge画像
  8. エアコントロールでピュアサウンドを生み出すアコースティックバックボリューム
    イヤホンという小さな世界に詰め込んだ技術はデュアルレゾネーターチャンバーに終わりません。無駄な音を排除し、クリアなサウンドを届けるために重要な役割を果たすのがアコースティックバックボリューム。ハウジング内のエアーの方向と量を調節し、低域と中域の分離感をスムーズにします。これにより、不要な共振を取り除き、不快な音をなくし、淀みないニュートラルで確かな存在感の低域と中域のサウンドを実現。
  9. ボーカルを近くに感じるIE 600
    IE 600とIE 900の大きな違いは2kHz-3kHzの箇所にあります。それぞれに搭載されたバックボリューム機構のサイズにより盛り上がる周波数帯域が異なります。これにより、IE 600はボーカルにより臨場感がでて近さを感じることができるチューニングとなっています。
    一方でフラッグシップモデルであるIE 900は全帯域において高い再現性を持っています。互いに異なる色を持つ2つのイヤホン、好みや気分に合わせて堪能いただけます。
    hoge画像
  10. 全ては美しい音のために、時代を超えて届ける
    質の高い音にこだわり続ける。そして良い音を奏でるだけでは終わらない。時間を、世代を、そして時代を超えて”変わらない”ピュアで上質な音を届けることまでこだわった一品。
    hoge画像
  11. 優れたパフォーマンスで高音質を牽引するメンブレンフォイル
    さらにゼンハイザー自慢の高性能メンブレンフォイルはゼンハイザーの音の職人たちが至高のサウンドを求め続けて辿り着いたノーコーティングのプレーン形状。高度な内部ダンピングを行い、自然に起きる共振や歪みを最小限にします。その結果、THD 0.06%(94dB,1 kHz)を実現。
    hoge画像
  12. ずっと聴いていたくなる、用意周到の付属品
    自慢のハウジングを支えるための付属品にはシリコンとフォームのイヤーピースがS、M、Lとそれぞれ3サイズあるので自分の耳のサイズや好みに合ったものを選んで装着感を自在に調整できます。さらに3.5mmのケーブルに加え4.4mmのバランスケーブルが付属されているので日常使いのスマートフォンからこだわりのDAPまで幅広く対応可能。収納に重宝するゼンハイザーのロゴ入りキャリングケースは自宅でも外出先でも、全てをコンパクトに収納。
    hoge画像
  13. タフなのはハウジングだけじゃない
    IE 600にもゴールドプレートのFidelity+MMCXコネクターを採用し高い耐久性と安定感で上質なサウンドをサポート。ケーブルは8,000回以上の折り曲げにも耐えることができるパラアラミド繊維で強化し高い耐久性を保証。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック・カナル型
インピーダンス 18 Ω
音圧感度 118 dB(1 kHz , 1 Vrms)
再生周波数帯域 4 ~ 46,500 Hz
ケーブル仕様 ケーブル長:125 cm Y型
イヤホン端子:MMCX(ゼンハイザー独自形状)
プラグ形状:3.5 mmステレオミニプラグ L型
4.4 mm(バランス)プラグ L型
本体重量 約 6 g(片側重量、ケーブル除く)
付属品 ・イヤーアダプターセット(標準シリコン S/M/L、フォーム S/M/L)
・ケーブルクリップ
・キャリングケース
・クリーニングツール
THD <0.06% (94dB,1 kHz)
保証期間 2 年

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

高音の質

3.8

中音の質

4.1

低音の質

3.8

細やかさ

4

迫力

3.9

音場

4.1

遮音性

4.7

音漏耐性

4.7

4人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

愛機との比較

20マンオーバーのイヤホン何本か持っていますが、愛機のひとつLegend X(以下X)と比較してみたいと思います。
まず、本機はエージングが必須です。購入直後は音が丸く柔らかい印象でした。
エージングが進むにつれドライバーが動くようになったのか高音も低音も満足いく物です。
【高音】
よく出ています。Xの方は低音域に意識が持って行かれ目立たないですが、こちらは良く鳴っている印象です。Xも高音域に意識を持って行くと、素晴らしい音色です。本機は、やや硬めの張りのあるかつ金属的な音に感じます。
【中音域】
Xの方が明らかに情報量や余韻が感じられます。
本機は特段特記する事はありませんが、敢えて言えば不満点はありません。勿論売りのボーカル域は前面に出て来てるのは感じ取れます。
【低音域】
皆さんご存じのように、Xは沈み込むようなかつ圧倒的に量が多いです。
本機は、ダンピングの効いた心地よい音色です。
また量も単体で聴くと高音域に意識が持って行かれて少なく感じるかもしれませんが、低音域に意識を持って行けば必要十分の量です。

値段が3倍も違いますからどちらが良いとかは別として、使い分けには十分合格点はあげられます。

あと、イヤピースで出音が全く異なりますから、愛用のイヤピースなどで試されると良いと思います。因みに、付属のファームタイプのLサイズで聴くと低音過多になりバランスが崩れます。

後、装着感が抜群で、遮音性もそれなりに良いので、電車通勤でも十分気軽に使用できます。
良いサブ機に出会いました。

皆さんにお薦めするかは、少し癖のあるところもありますので、実機の試聴をお薦めします。
アンダー10万では、出来としては十分です。後は好みに合うかどうかです。

続きを読む

たま さん (2022/04/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

2.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

1.5

中音の質

2.0

低音の質

2.0

細やかさ

2.0

迫力

2.0

音場

2.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

傷が目立たない筐体へ改良された・・・だけかなぁ。

この筐体サイズと7mm・1DDで、ここまで響かせる
技術力はスゴいと思います。が・・・

高域については、コレといった良さも感じられず、
今回、注力した中域、ヴォーカルは近く感じますが、
滑らかさが感じられずガサついた印象。
低域は、迫力を感じますが、ゆるい感じで、
気持ち良く、深く響く低音ではなかった。

音場は、左右に広く感じるが、奥行きや深さを感じられないため、
立体感に乏しい感じ(IE 900も同様)

金属筐体は傷が目立ちやすいので、
凸凹した表面にしたのは、良い改良だと思います。

続きを読む

名無し さん (2022/03/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

IE300と比べて

タイトルにもあるようにIE300と比べてみての感想となります。
環境
DAP: Fiio M11 plus ESS
イヤホン: IE300 と IE600 / 接続はバランス接続 / ローゲイン / 音量30
再生内容: Apple Musicのロスレス・ハイレゾロスレス音源
Carpenters「Yesterday Once More」ロスレス (メイン比較曲)
その他ハイレゾロスレス曲
(最近のIEシリーズであることと、形状・質感が300と600が似ていたので試してみたところ、IE600に付属してきた4.4m5極のバランスケーブルはIE300にも使用できました。もしかしたら公認の方法ではないかもしれないので、試される場合は自己責任でお願いします。私は https://www.e-earphone.jp/products/detail/1343707/2069/ 「IE300/900用4.4mmバランスケーブル」 eイヤホンさんで販売されているこちらと同様のものだと考えています。)

YouTubeで先行レビューされている方やネットに書かれているように確かに中高域が押し出されている印象を受けました。バイオリンなどの弦楽器やハープの音が一つ一つクリアに聞こえました。また他にも女性アーティストの曲を聴きましたが300と比べると透き通って聞こえました。中高域の音を聞くなら600の方をお勧めしますね。最近の楽曲は透明感や聞こえやすさが傾向として挙げられることがありますが、そのようにアーティストの声をしっかり聞き、歌詞に没入したいなら買いだと思います。

逆にドラムのキックの音やベースなどの低音は300の方が迫力を感じられました。また、600がクール系というわけではないですが300の方が暖かみがあるように感じました。DTMで作曲されたと思われる曲の弦楽器などの高域もこちらの方が聞きやすかったです。裏を返せば600は生レコーディング曲やクラシックの曲が聞きやすかったです。

総評としては、600にも300にも強みがあることがレビューを書いていた感じたことです。上記にも述べたようにボーカルや中高域の楽器を間近で感じたい方にはとてもお勧めの製品であると思いました。

続きを読む

だー さん (2022/03/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

素直にIE900との比較です。

Sennheiserの有線イヤホンはIE80→IE800→IE100PRO→IE300→IE900と買ってきました。IE300試聴時は高音から低音まで従来のゼンハイザーよりワイドになったと思い関心しましたが、長期に渡り使用していると音の繋がりに満足できず、IE900を購入した次第です。
IE900は正にフラッグシップというべき出来で、私が知っているユニバーサル1DDではDita DreamやJVC HA-FW10000、FAudio Majorを上回る素晴らしいサウンドを実現した傑作だと評価しました。
反面、イヤホンであるためポータブルで使用した場合ですが、アンプやDAPの影響が出やすいことが欠点です。アンプのパワー不足(スマホでは十分な再生は無理)且つ楽曲の粗さまでしっかり再生してしまい、なかなか使いどころが難しいのです。価格設定もそうなのですが、IE300からかけ離れた価格設定も、買い辛いと思います。
満を持して発売されたIE600ですが、IE900ほどの繊細な再生には届きませんが、イヤホンとしての使い勝手を考えると相当良い製品であり、IE900の約半額まで頑張ったゼンハイザーに拍手を送りたいと思います。実際、IE600と競合するFAudio DarkSkyやDunu-Topsound ZenProよりも出音の自然さ、リスニングのし易さ、実際の高音から低音までのバランスの良さなど非の打ちどころがないと思います。中音が強いとは聞いてましたが、高音から低音まで非常に自然な出音であり、IE900の神経質っぽい面も無いため音楽を聴くのが楽しいのです。箱出し直後の使用から、ここまでべた褒めしたのは64Audio NIo以来かもしれません。
私はイヤーピースにSednaEarfit XELASTEC、4.4mmでSONY NW-WM1A/ZX-507に接続しました。あまり見たことがない外観も、良い感じです。一本欲しいイヤホンを挙げろと言われれば、私は現時点でIE600を推します。

続きを読む

TK1103MKII さん (2022/03/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 17