• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

AAW (エーエーダブリュー)

A3H+ Noir Edition (Universal Fit)

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

AAW (エーエーダブリュー)

A3H+ Noir Edition (Universal Fit)

  • 新品

¥32,890 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

2401211012260

  • 在庫状況

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥9,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

すずき

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

がっつり「音楽」を楽しめるモデル

本体にアルミ素材を採用した、高級感のある仕上がりです。
人によっては、少し大ぶりに感じるかもしれませんが、ほどよくズッシリとした筐体のおかげで、装着した時の安定感があります。基本オールマイティなイヤホンですが、大きく3つに分けた「おすすめポイント」を紹介します。


-初めての高級イヤホンにおすすめ-

一聴してパワフル・ハキハキとしたサウンドで、どなたでも「音の良さ」を体感できるモデルです。
楽曲ジャンルや再生機器を選ばないため、スマートホンやBluetoothレシーバーなどで、気軽に高音質を楽しめます。
どんな場面でも活躍する“万能”な一面は、ユーザーを選びません。


-スイッチで音を調整できる-

A3H+ Noir Editionは、「音質を変えられる」スイッチを搭載しています。
ガラッと変わるほどではありませんが、聴く音楽やその日の気分によって、さり気なく、まるで味変を楽しむように、手軽に音の調整ができます。音のタイプは「Normal」「Vocal」「Vocal+」「Bass」の4つです。

「Normal」の状態が一番バランスが良く、「Vocal+」はNormalを派手にしたようなサウンドです。
ボーカルを強調したいときは「Vocal」、低域や臨場感を増したいときは「Bass」など、シチュエーションに合わせて調整するのも楽しみ方のひとつです。


-純粋な音のよさ-

サウンド傾向は、高解像度かつアタック感強めで、突き抜けるような煌びやかな高域は、聴いていて楽しくなる、活き活きとした印象を与えます。
存在感のあるしっかりとした低域に、透明感と爽やかさを併せ持つ中高域も魅力的です。
優れた音場の広がりや上下左右の空間表現、アコースティック楽器の自然な音の伸び、余韻などの繊細な表現も得意とします。POP、ROCK、アニソンなど、どんな楽曲ジャンルでも楽しめます。

かかりちょー

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

新たな「A3H+」は一味も二味も違う

「A3H+」との違いを大きく実感できるイヤホンです。特に、高域の伸び方と空間の広がり方に違いが表れています。

高域は金属筐体特有の歯切れの良い響きで見通しが良く伸びやかです。
そして、見通しが良くなったことで「A3H+」が元々持っている空間の広さをより感じやすくなりました。
これは金属筐体に変わったことの恩恵だと思います。

次に新たに搭載された目玉のスイッチング機構についてです。
筐体のフェイスプレート内部に搭載されたスイッチを切り替えることで4種類(Normal/Bass/Vocal/Vocal+)のサウンド傾向から好みの音を選択できます。
せっかくですのでそれぞれのサウンドについて触れていきます。

【Normal】
最もスタンダードな音作りで「A3H+」からの正当進化だと感じました。深みとアタック感を持った低域と、前述した伸びやかな高域が心地よいです。ボーカルは少し控えめに感じますが他の帯域に埋もれることは無くクリアに聴けます。

【Bass】
その名の通りベースラインがぐっと持ち上げられ、低域の量感と厚みが一気に増します。かなり濃厚なサウンドで聴きごたえ抜群です。生粋の低音好きにはたまらないチューニングです。

【Vocal】
名前ほどボーカルを意識したような音には聴こえませんでした。個人的には音の情報量と濃密さが足された【Normal】といった印象を受けました。しかし、密度が増した分空間の広さが感じにくいと感じました。「A3H+」をより濃厚にしたようなサウンドです。「A3H+」からの進化を求めるより、強化を求める方におすすめのチューニングです。

【Vocal+】
Vocal+という名前ですが,ボーカル一辺倒になるわけではなく【Normal】のボーカル帯域を強化したような構成で、とても聴きやすく多くの人がハマりそうなサウンドバランスです。個人的にも4種類の中で一二を争うくらい好みです。



装着感も特には問題なく、金属の重みもそこまで気になりません。
また、フェイスプレートはマグネット式で簡単につけ外しが可能で、スイッチを切り替えやすい設計になっています。

どのチューニングもクオリティが高く、それぞれ別の製品として販売されてもおかしくないなと思いました。
それが一度に味わえる希少な一本なので「A3H+」を既に持っている方にもミドル機を新たに購入する方にもおすすめです。

試聴環境
Xperia 5Ⅱ

試聴楽曲
森羅万象「琥珀の海に地球浮かべたら」
NAOKI、アークシステムワークス「Hellfire」

関連商品

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

2021/12/27

臨場感のあるサウンドステージ

AAW A3H+
Noir Edition(Universal Fit)

ヒーローイメージ

カスタムIEMでもユニバーサルイヤホンでも大人気A3H+に新しくメタル筐体のNoir Edition(ノワールエディション)が追加されます!

  1. A3H+より進化を遂げた「Noir Edition」3つの特徴
    ・High/Low デュアルスイッチ搭載
    上下に2つのスイッチを搭載し、高域側と低域側で2段階の調整が可能になりました。これはAAWにおいて初めての試みです。ユーザーにとってベストな音に近づけることで、より理想の音を実現します。※スイッチの調整は付属のツールをご使用ください。

    ・シンプルな“Noir(黒)”デザイン
    シェルはシンプルで剛性に優れたブラックアルミ筐体で構成されています。ミラーフェイスプレートにはモデル・メーカーロゴが彫刻仕上げであしらわれています。

    ・価格の限界を超えた驚異のサウンド
    A3H+のサウンドをベースに、メタル筐体とスイッチデザインによるチューニングが付加されることで驚異のサウンドクオリティを実現。伸びやかで煌く高域とレスポンスに優れた量感ある低域はそのままに、空間表現と解像度が大幅に向上しました。やや平面的なサウンドが改善されたことで、より臨場感のあるサウンドステージをお楽しみいただけます。
    hoge画像
  2. ノズルレスオープンベントアーマチュア(NOVA)ドライバー
    このハイブリッド構造では特別に設計されたアーマチュアドライバーを採用しており、アコースティックベントは前面に配置されています。アーマチュアドライバーをノズルの奥に埋め込み、鼓膜に接近させることで一般的なサウンドチューブ設計での音圧の減衰と不要な共振を抑える事に成功しました。
  3. グラフェンダイナミックウーファー
    このドライバーはまったく新しいグラフェン素材で作られた超薄膜且つ剛性の高いダイヤフラムが特徴です。アコースティック・ローパスフィルターを利用することにより、バランスドアーマチュアドライバーとは対照的に低周波数帯域のみを強調します。繊細にドライバーを配置することで、各帯域の位相並びに信号の到達するタイミングの最適化を図りシームレスなサウンドを実現します。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ・1×ノズルレス・オープンベント・アーマチュアドライバー(NOVA)
・1×バランスドアーマチュアドライバー
・1×10 mm グラフェン・ダイナミックウーファー

クロスオーバー:3 way Passive + Acoustic crossover
インピーダンス 12Ω
音圧感度 105db
再生周波数帯域 10Hz - 40KHz
ケーブル仕様 Null Audio Epsilon OCC copper cable
本体重量 メーカー情報なし
付属品 Epsilon OCC銅線ケーブル
キャリングケース
クリーニングクロス
スイッチ調整用ツール
保証期間 1年

商品詳細

2021/12/27

臨場感のあるサウンドステージ

AAW A3H+
Noir Edition(Universal Fit)

ヒーローイメージ

カスタムIEMでもユニバーサルイヤホンでも大人気A3H+に新しくメタル筐体のNoir Edition(ノワールエディション)が追加されます!

  1. A3H+より進化を遂げた「Noir Edition」3つの特徴
    ・High/Low デュアルスイッチ搭載
    上下に2つのスイッチを搭載し、高域側と低域側で2段階の調整が可能になりました。これはAAWにおいて初めての試みです。ユーザーにとってベストな音に近づけることで、より理想の音を実現します。※スイッチの調整は付属のツールをご使用ください。

    ・シンプルな“Noir(黒)”デザイン
    シェルはシンプルで剛性に優れたブラックアルミ筐体で構成されています。ミラーフェイスプレートにはモデル・メーカーロゴが彫刻仕上げであしらわれています。

    ・価格の限界を超えた驚異のサウンド
    A3H+のサウンドをベースに、メタル筐体とスイッチデザインによるチューニングが付加されることで驚異のサウンドクオリティを実現。伸びやかで煌く高域とレスポンスに優れた量感ある低域はそのままに、空間表現と解像度が大幅に向上しました。やや平面的なサウンドが改善されたことで、より臨場感のあるサウンドステージをお楽しみいただけます。
    hoge画像
  2. ノズルレスオープンベントアーマチュア(NOVA)ドライバー
    このハイブリッド構造では特別に設計されたアーマチュアドライバーを採用しており、アコースティックベントは前面に配置されています。アーマチュアドライバーをノズルの奥に埋め込み、鼓膜に接近させることで一般的なサウンドチューブ設計での音圧の減衰と不要な共振を抑える事に成功しました。
  3. グラフェンダイナミックウーファー
    このドライバーはまったく新しいグラフェン素材で作られた超薄膜且つ剛性の高いダイヤフラムが特徴です。アコースティック・ローパスフィルターを利用することにより、バランスドアーマチュアドライバーとは対照的に低周波数帯域のみを強調します。繊細にドライバーを配置することで、各帯域の位相並びに信号の到達するタイミングの最適化を図りシームレスなサウンドを実現します。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ・1×ノズルレス・オープンベント・アーマチュアドライバー(NOVA)
・1×バランスドアーマチュアドライバー
・1×10 mm グラフェン・ダイナミックウーファー

クロスオーバー:3 way Passive + Acoustic crossover
インピーダンス 12Ω
音圧感度 105db
再生周波数帯域 10Hz - 40KHz
ケーブル仕様 Null Audio Epsilon OCC copper cable
本体重量 メーカー情報なし
付属品 Epsilon OCC銅線ケーブル
キャリングケース
クリーニングクロス
スイッチ調整用ツール
保証期間 1年

満足度

4.5

高音の質

4.2

中音の質

4.1

低音の質

4.6

細やかさ

3.9

迫力

4.6

音場

3.9

遮音性

4

音漏耐性

4.2

11人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ユーザーもジャンルも選ばないパワフルサウンド

アルミ筐体にミラーフェイスプレート採用と、高級感のある仕上がりで手に持つとずっしりとした重みがありますが、装着すると違和感はありません。

少し大ぶりな筐体なので、人によっては装着にコツがいるかもしれません。

Noir Editionはスイッチオプションを搭載しており、ガラッと変わるほどではないですが、聴く音楽やその日の気分で味変を楽しむように音の調整が可能です。

音のタイプは「Normal」「Vocal」「Vocal+」「Bass」の4つで、普通に音楽を聴く時は「Normal」や「Vocal+」、ボーカルを聴き込みたい時は「Vocal」、ゲームをする時には「Bass」など、シチュエーションに合わせて調整するのも面白いかもしれません。

サウンドの傾向としては高解像度でアタック感強め、聴いてて楽しくなる生き生きとしたサウンドが特徴です。

存在感のあるしっかりとした低域に、透明感と爽やかさのある中高域が魅力です。

ベースとなった「A3H+」と比較すると、音場がわずかに広がり上下の空間が拡張されている印象です。

アコースティック楽器の自然な音の伸びや余韻など、より繊細な表現が出来るようになりました。

全体のバランスは良いですが、モニターとしてよりはリスニング用途に最適なモデルかと思います。

楽曲ジャンルや再生機器を選ばずどのような環境でも活躍できそうです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2022/01/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

新たな「A3H+」は一味も二味も違う

試聴環境
Xperia 5Ⅱ

試聴楽曲
森羅万象「琥珀の海に地球浮かべたら」
NAOKI、アークシステムワークス「Hellfire」


一聴してすぐ「A3H+」との違いを感じられます。
特に、高域の伸び方と空間の広がりの違いが顕著に表れています。

高域は金属筐体特有の歯切れの良い響きで見通しが良く伸びやかです。

そして、見通しが良くなったことで「A3H+」が元々持っている空間の広さをより感じやすくなりました。これは金属筐体に変わったことの恩恵だと思います。

次に新たに搭載されたスイッチング機構についてです。

筐体のフェイスプレート内部に搭載されたスイッチを切り替えることで4種類(Normal/Bass/Vocal/Vocal+)のサウンド傾向から好みの音を選択できます。

【Normal】
最もスタンダードな音作りで「A3H+」からの正当進化だと感じました。深みとアタック感を持った低域と、前述した伸びやかな高域が心地よいです。ボーカルは少し控えめに感じますが他の帯域に埋もれることは無くクリアに聴けます。

【Bass】
その名の通りベースラインがぐっと持ち上げられ、低域の量感と厚みが一気に増します。かなり濃厚なサウンドで聴きごたえ抜群です。生粋の低音好きにはたまらないチューニングです。

【Vocal】
名前ほどボーカルを意識したような音には聴こえませんでした。個人的には音の情報量と濃密さが足された【Normal】といった印象を受けました。しかし、密度が増した分空間の広さが感じにくいと感じました。「A3H+」をより濃厚にしたようなサウンドです。「A3H+」からの進化を求めるより、強化を求める方におすすめのチューニングです。

【Vocal+】
Vocal+という名前ですが,ボーカル一辺倒になるわけではなく【Normal】のボーカル帯域を強化したような構成で、とても聴きやすく多くの人がハマりそうなサウンドバランスです。個人的にも4種類の中で一二を争うくらい好みです。



装着感も特には問題なく、金属の重みもそこまで気になりません。

また、フェイスプレートはマグネット式で簡単につけ外しが可能で、スイッチを切り替えやすい設計になっています。

どのチューニングもクオリティが高く、それぞれ別の製品として販売されてもおかしくないなと思いました。

それが一度に味わえる希少な一本なので「A3H+」を既に持っている方やミドル機を新たに購入する方におすすめです。

ぜひ試聴してみてください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かかりちょー   2022/01/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

スイッチング機構でさらに向こうへ

「A3H+ Noir Edition」は「A3H+」を元に、筐体のメタル化とスイッチングによる音質変更を採用したモデルです。

normal選択時には全体のバランスが取れたサウンドで、Vocal選択時には声の距離がちかくなり、楽器との分離感が増します。

BASS選択時には圧倒的な重厚感のあるサウンドです。

伸びやかで煌く高域と、A3H+よりもさらに向上した空間表現と解像度が印象的です。

サウンドステージが広くなったことで、より臨場感のあるサウンドとなりました。

迫力・高域の伸び・余韻を楽しみたい方にお勧めです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2022/01/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.5

ずっと使っていられる

初めての3万円台のイヤホンとして購入しました。
1ヶ月ほど使用した感想です。
低音域の厚みと迫力が素晴らしいです。いつも聞いている音源に空気や音の響きが感じられる様になって、とても広がりのある音楽を耳に届けてくれます。
中〜高音域もそれに隠れることなく、中音域は比較的控えめに、高音域は繊細で高い解像度の音を、低音で広がったスペースを緻密に書き込んでくれます。
遮音性はそこまで良くはなく、自分の耳の形との相性もあるかも知れませんが、人の話し声がわずかに聞こえてきます。
"ただ音を聞くだけのモノ"というそれまでの自分のイヤホンに対する考えと、初めて高価なイヤホンを購入した不安を吹き飛ばして、音楽を聞く楽しさを何倍にも高めてくれた逸品です。

続きを読む

入門者 さん (2023/02/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

独特な中低域の厚みと音質調整ギミックが楽しい一本

前機種のA3H+にもあった独特な中低域の濃さがあり、とてもエネルギッシュな音だと思います。
男性ボーカルやベースなどを聞くのが楽しいですね。
この価格帯でしっかりした音質調整ギミックも搭載されていてとても楽しめる機種だと思いました。

続きを読む

イヤホンする充電器 さん (2023/02/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

低音好きにはたまらない♡

好みの音に変化!

元々のA3H+に比べてより高解像度でした。
高域の伸びが良くなり、印象が明るくなったように感じます

それでもやはり元々感じる低域のアタック感が素晴らしい!ベースの沈み込む感じもたまらない…

さらにスイッチで音の変化も楽しめるのもいいところだと思いました!
3万円前後のイヤホン探してて低音好きな人にはおすすめです!

続きを読む

なーちゃん さん (2023/02/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

スイッチでの変化が面白い

高解像で明るめのくっきりサウンド。
低域の沈み込みはこそこそです。
高域キラキラ系で非常に完成度が高いと思います。
またスイッチで、低・中・高域の強さを自分好みに調整することができるが面白いです。

続きを読む

トシキ さん (2022/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

一粒で二度おいしい❣( ̄▽ ̄)

箱出しからしてズシッとした重量感。
何かを予言してたのでしょうか?
早速ハウジング部のイコライザーを調節。
私は低音好きなのですが、これがまた堪らない❣(⌒∇⌒)
ベースのズンズンと鳴る音に痺れました。
今後も色々と試してみます。
楽しみのあるイヤホンですね❣\(^o^)/

続きを読む

こたつ2号 さん (2022/04/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

フェイスプレートがやばい

フェイスプレートのマグネットがどちらとも外れてしまいました。接着が適当すぎるw
音質については満足でした。低音がハッキリしていて好みなだけに残念ですw

続きを読む

ばれる さん (2022/04/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0