1. トップ
  2. 特集ページ

専門店スタッフが厳選!映画鑑賞におすすめのヘッドホン特集!

近年、NetflixやHulu、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスが普及し、ご自宅や外出先等でも手軽に映画を楽しめるようになりました。
テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなど視聴端末の選択肢も広がり、いつでもどこでも映画を楽しめますよね。
今回は普段の映画鑑賞がもっと楽しくなるよう、イヤホン・ヘッドホン専門店スタッフがおすすめのヘッドホンを、それぞれタイプ別にご紹介します!

・映画を観るなら映画館のような迫力のある音で楽しみたい!
・近所に配慮して音量を制限しないといけない……
・テレビ内蔵のスピーカーだとあまり迫力を感じられない!

こんなお悩みをお持ちの方々はぜひ最後までお付き合いください!

【イヤホン・ヘッドホン専門店】e☆イヤホン

e☆イヤホンは、日本初&日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店です。全国に3店舗(秋葉原店、大阪日本橋本店、名古屋大須店)とWeb通販を展開しています。ポータブルオーディオ取り扱いアイテム数は25,000を超えます。お気に入りの1台がきっと見つかるはず!

映画を観るなら大きな音で楽しみたい!

臨場感のある音をヘッドホンで体感!

ヘッドホンにはそれぞれ、低音に迫力がある、高解像度でクリアな音質、サラウンド機能搭載で立体感を感じるなど様々な特徴があります。その中でも特に映画鑑賞と相性の良いヘッドホンをタイプ別に解説していきます!

有線ヘッドホン

密閉型

密閉型ヘッドホン

メリット
・臨場感のある低音

・音漏れが少ない

デメリット

・閉鎖感が強い

・ケーブルが必要

早朝や夜間など、時間帯により大きな音が出せない環境であれば、密閉型ヘッドホンをおすすめします。
密閉型ヘッドホンは遮音性が高いため、周囲に音が漏れにくく、周りの音を遮断してくれるので、映画の世界観に浸ることができます。
開放型と比べると低音を逃しにくい構造なので、アクション映画などでは迫力のある音で楽しめます。
しかし、密閉感が強いため長時間装着していると、聴き疲れしてくることがありますので、機種によっては長時間の視聴に向かないこともあります。

開放型

開放型ヘッドホン

メリット
・開放的な装着感

・臨場感のある音

デメリット

・音漏れが激しい

・ケーブルが必要

スピーカーのような臨場感のある音で映画を楽しみたい!という方には開放型ヘッドホンをおすすめします。
開放型ヘッドホンはあえてドライバーユニットの音がハウジングの外に音が漏れるように設計されたヘッドホンです。音の抜けが良く、臨場感のある音が特徴。反面、外部に音が漏れているため、家族や同居人が寝ている時や、何を聴いているか知られたくない時には注意が必要です。

ワイヤレスヘッドホン(Bluetooth接続)

メリット
・電源を入れるだけで、簡単接続

・ケーブルを気にせず快適に視聴できる

デメリット

・音の遅延が発生する

・テレビとの接続に別途トランスミッターが必要

スマホやタブレットでの映画鑑賞がメインであれば、使用場所が制限されないワイヤレスヘッドホンがおすすめです。最近では安価なモデルや多機能なモデルまで幅広く展開されています。
また、ワイヤレスなのでケーブルによる制限が無く利便性に優れ、ケーブル断線リスクが無いことも特徴です。
さらに、「ノイズキャンセリング機能」搭載の機種では、通常のヘッドホンと比べてさらに遮音性を高める事ができるので、より映画の世界に没頭できます。しかし、Bluetooth機能がないテレビで使用する場合、別途トランスミッターを接続していただく必要があります。
また、apt-X LLなど低遅延コーデックに対応していない機種同士で接続すると、映像と音に遅延(ズレ)が発生してしまうのでこちらも注意が必要です。

Bluetoothトランスミッター 商品一覧


サラウンド機能搭載ヘッドホン

サラウンドヘッドホン

メリット
・映画館さながらの臨場感

・ワイヤレスながらも遅延がない

デメリット

・選択肢が少ない

・価格が比較的お高め

映画との相性は良いですが、サラウンドヘッドホンは製品が少なく、選べる機種が限られてきます。また価格も比較的高価なため、予算を高めに設定する必要があります。
サラウンドヘッドホンとは、音が左右から聴こえる一般的なヘッドホンとは異なり、映画館の様に複数の方向から音を出し、音に立体感や臨場感をより感じられるようにしたヘッドホンの事です。サラウンド機能を搭載したヘッドホンの種類として、バーチャルサラウンド5.1ch・7.1ch・9.1chなどがあり、この数字が多いほど音に立体感や臨場感が生まれます。

映画鑑賞におすすめのヘッドホン

ここからは映画鑑賞に最適なイチ押しのヘッドホンをタイプ別にご紹介していきます。

【おすすめの密閉型ヘッドホン】

DENON [AH-D1100-K]

おすすめポイント
・側圧が強すぎず、痛くなりにくい
・付属の延長ケーブルによりテレビから離れた場所でも視聴可能
・イヤーパットが深く、着け心地がいい
心地よい装着感のヘッドバンドとソフトな装着感が得られる低反発クッションと肌触りのよい三次元縫製による合皮のイヤーパッド採用で、長時間でも快適に使用できます。
3.5m延長ケーブルも付属されており、テレビから離れた場所でも映画や動画を楽しむことができます。ヘッドホン自体の重さは軽くても、しっかりと重みのある迫力のある音を出してくれるヘッドホンです!

スタッフレビュー

e☆イヤホン
スタッフ

コスパ最高!!デノンの定番ヘッドホン


耳を覆うタイプのため耳が痛くなりにくく、ピアスをつけている方や眼鏡をかけている方でも快適に装着できると思います!聴いて最初にすっと感じることは、音のバランスがとてもいい!クリアな中音域が、全体をほどよくまとめ上げてくれている感じです!
高域は多少刺さりますがそれがちょうどいい!低域はアタック感が少し強いですがぼわぼわすることなく楽しく音楽が聴けます!
とにかくいえることは、コスパが高いということ。ハイエンドヘッドホンをお持ちの方にも是非聞いていただきたいです。

AH-D1100-K 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる


audio-technica[ATH-GL3]

おすすめポイント
・ヘッドパッドが取り外し可能で、水洗い可能
・イヤーパッドがメッシュ素材で蒸れにくい
・ボリュームなどの操作がヘッドホンで出来る
優れた遮音性と圧倒的な軽さにより長時間でも没入できます。イヤパッドには肌触りの良いメッシュ素材を採用。頭の部分に触れるヘッドパッドは簡単に取り外し可能。汚れなどが気になる際はヘッドパッドを取り外して水洗いし、乾燥してから付け直すことができます
マイクも同じように使用しない際は取り外しが可能です!左側のハウジングには音量調整などの操作ができるスイッチがあり、手元で直感的な操作が行えます。
ゲーミングヘッドセットならではの細かな音まで拾える、迫力のあるサウンドや長時間使用に最適な装着感は映画との相性も抜群です!

スタッフレビュー

秋葉原店
ムービー
Twitter

快適な密閉型ヘッドセット新登場


こちらのヘッドセットの魅力はとにかく軽い事です。重量が230gと他社製品と比較してもかなり軽い部類だと思います。そして側圧も強くないので今まで長時間のゲームプレイがつらかった人にもこちらの製品は是非とも店頭で試して頂きたいおすすめの製品です。

同時発売のATH-GDL3と比べると10gほど重いですが、個人的には試聴してみてこちらの製品の方がゲーム内で鳴っている音の位置をつかみやすかったように感じました。これは今まで私が密閉型のヘッドセットを使い続けていた影響もあると思います。

以前から販売されているATH-G1ではできなかったケーブル交換が出来るようになったのも良いポイントだと思います。ケーブルが断線してもケーブルを交換して使い続けることが出来るようになりました。プレイ時間も愛機としても長く使い続けたい人におすすめの商品です。


ATH-GL3 商品ページはこちら中古で探してみる


Meze Audio [99Classics]

おすすめポイント
・天然のクルミ材使用で1つ1つ木目が異なりオリジナリティがある
・木製ならではの響きの良い繊細でナチュラルなサウンド
・ピタッと優しくホールドするヘッドバンド

木目のイヤーカップが目を引く高級感のあるヘッドホンです。
イヤーカップは天然のウォルナット材から1つ1つ削り出されているため、全てが異なる木目となっています。そのためオリジナリティがあり、使用するたびに愛着が湧きます。木製のイヤーカップならではの自然で繊細な響きのナチュラルなサウンドは臨場感があり、時間を忘れて聴き入ってしまいます!
装着するだけでぴったりとホールドされるヘッドバンドは程よい側圧で安定した装着感をもたらしてくれます。
非常に軽量な本体と、やわらかいイヤーパッドが長時間の使用でも快適にコンテンツをお楽しみいただけます!

スタッフレビュー

e☆イヤホン
スタッフ

優しく滑らかな『生音感』


ウォルナット材を使用したハウジングは極めて美しい仕上がりで、手にした瞬間どこかあたたかな印象を与えてくれます。もちっと柔らかな素材のイヤーパッドは内部がやや浅めなものの、側圧も強すぎず、フレキシブルに動くヘッドバンドと相まって装着感は良好。長く着けていても疲れにくいと思います。

再生してみると、自然でやわらかく丁寧なサウンドに魅了されます。分析的な解像度の高さこそありませんが、meze特有の優しく滑らかな響きは、ついつい長く聴いていたくなってしまいそう。パーカッションや弦楽器などのアコースティックな音を聴くと、そのフォルムが伝わってくるほどの生々しさを覚えます。

そして、個人的に特筆したいのは低音の作り込み。アタック感の強さやキレの良さはそこまで高くないものの、『響きのリアルさ』がキックひとつに唸りたくなるほど上質なディテールを楽しむことが出来ます。

99Classics 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる


Austrian Audio [Hi-X55]

おすすめポイント
・1音1音が鮮明で空気感まで味わえる
・肉厚で深さのあるイヤーパッド
・携帯や収納がしやすい折り畳み構造
音楽の都オーストリアのウイーンでデザイン、開発、生産の全てを行っている本格的なヘッドホンです。音楽制作の場でも使用されることを考えて設計されており、1音1音の表現が丁寧で分離間のあるサウンドが特徴です。細やかな表現と臨場感のある音でリアリティのある体験が味わえます。肉厚でもちっとやわらかく深さのあるイヤーパッドが、開放感のある最高の快適さを提供してくれます。

スタッフレビュー

秋葉原店
よしけい
Twitter

音楽の都ウィーンから素敵なヘッドホンが届きました。


元AKGのエンジニアが多く在籍するAustrian Audioから初のモニターヘッドホンが誕生しました!全体的にタイトな音の鳴り方をする傾向にあり、アタックやリリース等のパラメータをしっかりと表現してくれています。オーバーイヤー型であるHi-X55は、オンイヤー型であるX50と比べると中高域がより存在感を増し、より煌びやかな表現をしているという印象です。
また、余韻や奥行といった立体的な表現もかなりしっかりしています。音だけでなくハウジングやバンドの作りもかなりこだわっており、耐久性に優れたバンドや肉厚なイヤーパッド等、こだわりぬいた故の装着感の良さは、モニタリングにはもちろん、リスニングにも心地よさを提供してくれることでしょう。
インピーダンスも25Ωとモニターヘッドホンの中ではかなり低めでポータブルでも使いやすい設計となっています。

Hi-X55商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる

 


【おすすめの開放型ヘッドホン】

audio-technica [ATH-HL7BT]

おすすめポイント
・ワイヤレスでも有線でも使用可能
・超軽量な本体
・映画などと相性抜群の開放感のあるサウンド
おうちで動画や音楽に長時間浸れる、解放的なワイヤレス目の前に広がる音の臨場感と、自由で解放感のあるワイヤレス。
長時間の装着でも軽量かつ快適な着け心地で聴き疲れしにくく、時間を忘れて好きなコンテンツに浸ることができます。
ヘッドホンの背面部分を密閉することなく、空気の流れを解放するオープンエアー構造により、周りの空気とともに自然な音の鳴りや余韻まで存分に楽しめます。
ヘッドホンと人の頭が接触する面積を大きく取ることで装着時の負担を分散します。側圧も軽いため、締め付け感がなく自然に身に着けられるため、おうちのソファなどでくつろぎながら、動画や音楽に長時間没入することができます。

スタッフレビュー

WEB本店
ケイティ
Twitter

広大なサウンド!


【外観】
基本的に樹脂で成形されてますがあまり安っぽく見えません。マーブルのようなまばらに散らされてたグレーの模様がアクセントになっていてかっこいいです。

【装着感】
重量がとても軽く、首にかけても頭につけてもヘッドホンをしている感覚があまりありません。側圧も優しく、長時間使用しても押し付けられて耳の周りが痛くなるということもなさそうです。イヤーパッドはさらっとした触り心地で、あまり蒸れなさそうで付け心地がとても良いです。

【サウンド】
各帯域のバランスとしては低域が少し控えめで、中音域のボーカルなどのメロディが前に来ているような印象です。開放型らしくサウンドステージが広くて、イヤホンではなかなか味わえない会場にいるような雰囲気があります。開放型ヘッドホンが故の空間の広さと、音抜けの良さは映画やライブ映像との相性が抜群です。

気になる音漏れですが、よほど音量を上げない限りあまり気になりませんでした。
流石に公共の場で使うには気が引けますが、ご自宅の一室などならご家族や同居されている方にも気にされなそうなレベルです。開放型ヘッドホンでワイヤレスなんてどこで使うんだとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ワイヤレス製品は意外と自宅での使用時にその恩恵を強く感じることがあります。視聴中に気軽に離席したり、寝転がったりするのにケーブルは邪魔になりがちです。ですがワイヤレスならそんなことも気にならない。お家専用の贅沢な開放型サウンドを気軽にワイヤレスでも楽しんでみませんか?

ATH-HL7BT 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる


SENNHEISER [HD660 S]

SENNHEISER HD 660 S

おすすめポイント
・軽くてズレにくい装着感
・リアリティのあるサウンド
・高い表現力
楕円形のイヤーカップは耳にフィットする形状で快適です。
また、厚みと深さのあるイヤーパッドは耳への負担が少なく、自宅でリラックスして映画鑑賞をするのに最適です。
明瞭な低音、優しく心地よい自然な高音の広がり方により自然で臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。細かな音の空気感や位置を把握できるため、長時間でも聴き疲れしづらくなっています。
高い解像度と表現力で、映像やゲームだけでなくリスニング用としても大活躍するヘッドホンです!

スタッフレビュー

e☆イヤホン
スタッフ

低音域も含めて全体を非常に見やすいヘッドホンです


イヤーパッドが広く深い構造になっているため、耳に物理的に接触しにくいほか、質感もフカフカで装着感も良好。本体が軽めなのと相まって、長時間使っていても疲れにくいのが特徴です。ただし、SENNHEISERのヘッドホンらしく、側圧はやや強めです。このおかげで使用中にズレにくいようになっています。締め付けはできれば弱いほうがいいという方は注意。新品の開封直後は特に締め付けが強いので、慣らしが必要です(ティッシュ箱などに装着させる方法もあります)。
ちなみに、「ヘッドホンを長時間使用したいなら側圧は弱いほうが良い」とよく言いますし、実際に専門店スタッフとしてもこの基準で選べば失敗しにくいと考えています。ただ、僕はこのHD 660 SをPS4のゲームで使って6、7時間以上プレイしたりすることもあります。ですので、このヘッドホンは側圧が強いという特徴がありながらも、案外長時間使える部類です。軽い上にズレにくいのでむしろそこを気に入っています。

音質面では、解像感が非常に良く、音源の細かなニュアンスまで味わい尽くすことができます。ボリュームを下げても1つ1つの音が細かく聴き取れ、全体のバランスが変化しないのがポイント。開放型ヘッドホンというジャンルの中でざっくり音質を比較しますと、音自体の鳴り方はけっこう近く、なおかつ低音域の存在感はフワフワせずにとてもはっきりしています。

HD 660 S 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる


HIFIMAN [Edition XS]

おすすめポイント
・圧迫感のないソフトで軽い装着感
・音の抜けがよくスッキリと鮮明なサウンド
・程よい弾力で優しいフィット感のヘッドバンド
特徴的なデザインのハウジングが目を引く平面駆動のヘッドホンです。
側圧は強すぎず、圧迫感のない非常に軽い着け心地で、ストレスを感じにくくなっています。
開放型ならではの抜けの良いスッキリとしたサウンドは聴き疲れしづらく、スッキリとした解像度の高い音が楽しめます。ヘッドバンドは程よい弾力とフィット感で、長時間のリスニングでも苦にならない快適さがあります。

スタッフレビュー

秋葉原店
ベスト
Twitter

音も機能も妥協しない完全ワイヤレス


全体を通して聴くと少しダークな音色で、ウエット過ぎず、多少ドライなさらっとした聴き味でした。耳当たりとしては優しく聴き疲れのしないサウンドです。じっくりとそしてゆったりと音楽に没頭することができると思います。また帯域バランスが非常に優秀です。癖の無いサウンドなので、リスニング向きではあるものの、モニター要素も感じさせます。分析的に楽曲を聴くこともできるので、楽曲制作をされている方にリファレンス機としてお迎えいただくのもおすすめです。

音質の変化を体感することによるオーディオとしての楽しさ、そして普段聴いている音楽の楽しさをどちらも実感することができるヘッドホンとなっていますのでお立ち寄りの際はぜひお試しください!

Edition XS 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる

 


【おすすめのワイヤレスヘッドホン】

AUDEZE(オーデジー)[PENROSE for PlayStation]

おすすめポイント
・肉厚で深さのあるイヤーパッド
・軽くて負担の少ない装着感
・ストレスが少ない低遅延ワイヤレス
ゲーミングヘッドセットらしい迫力のあるサウンドとストレスの少ない低遅延ワイヤレスによって、圧倒的な没入感が味わえるヘッドホンです。
専用USBドングルを使用し、2.4GHz ワイヤレス接続を利用可能。PC やゲーム機の USB 端子に取り付けて使用し、低遅延とロスレス接続を可能にしています。
マイクは着脱式となっており、必要に応じて取り外すことができます。イヤーパッドは肉厚でやわらかく深さもしっかりとあり、耳への負担が少ない長時間使用に最適な装着感となっています。

PENROSE for PlayStation 商品ページはこちら中古で探してみる

SONY [WH-1000XM4][WH-1000XM5]

 

 

【WH-1000XM4】おすすめポイント
・映画や動画と相性の良い、クリアで低域に迫力を感じるチューニング
・WH-1000XM5よりお求めやすい
・折り畳み構造で持ち運びや収納が便利
【WH-1000XM5】おすすめポイント
・連続再生可能時間が長い
・ノイズキャンセリング性能が高く、深い没入感が楽しめる
・ボーカルなどの人の声に対する距離感などが掴みやすい
[WH-1000XM4]は2020年9月に発売したSONYのアクティブノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホンです。タブレットやスマホで動画を見ても音の遅延が少なく、違和感なく迫力のあるサウンドで体感できます。
ノイズキャンセリング効果が非常に高く、周りの音に左右されずに映画の世界に没頭できます。また、自分が声を出したら自動で「外音取り込みモード」になり、周りの音を取り入れてくれるので、家族に急に声をかけられたとしてもヘッドホンを外すことなく会話ができます。
そして、2022年5月に、[WH-1000XM4]の後継機種にあたる[WH-1000XM5]が遂に発売されました。ノイズキャンセリング性能が進化し、連続再生可能時間が最大24時間から30時間に増加したため、こちらの機種のが使い勝手が良いという方もいらっしゃると思います。
今回は使用環境やお好みによってどちらの機種化お選びいただけるよう、[WH-1000XM4][WH-1000XM5]の2製品を比較し、それぞれのおすすめポイントをご紹介させていただきました。

WH-1000XM4 商品ページはこちらWH-1000XM5 商品ページはこちら中古で探してみる


【おすすめのサラウンドヘッドホン】

Victor [EXOFIELD THEATER] 

おすすめポイント
・7.1.4chの臨場感のあるサウンド
・アップミックス機能で2chや5.1chを7.1.4chに変換可能
・選べる4つのサウンドモードを搭載
7.1.4chというご自宅で組むのがなかなか難しいセットが、ヘッドホンとプロセッサーのみで楽しめるというシステム。スマホアプリで簡単に個人特性を測定、分析し、最適な音場や定位を楽しめます。なんと2chコンテンツもアップミックスしてくれる機能も搭載しています。柔らかいヘッドパットが心地よく、装着感が良いので長時間リスニングも問題なさそうです。
7.1.4chコンテンツ(映画)で体験してみましたが、頭の中を音が駆け抜けるような臨場感と立体感に感動します。まるで映画館で見ているような没入感がご家庭で楽しめる優れものです。音楽ははもちろんのこと、ライブ音源などもかなり相性が良いと思います。
音楽、映画が好きでもっと臨場感を!とご所望の方、ご自宅にスピーカーを置くのはちょっと・・・とお悩みの方などなど。一聴の価値ありです!

EXOFIELD THEATER 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる

 


【番外編】映画鑑賞におすすめのアイテム

映画鑑賞を楽しむ時に耳をふさがずに迫力のあるサウンドが楽しめるネックスピーカーやサウンドバーもおすすめです!ここでは番外編としておすすめの製品をご紹介いたします!

SONY [SRS-NS7]

おすすめポイント
・手や耳をふさがずに使用できる
・大きな音を出しづらい環境でも迫力のサウンドが楽しめる
・約318gと軽量で負担が少ない
耳をふさがない形状なので長時間の映画やライブ動画視聴も快適に楽しむことができます。
通常のスピーカーと違い、耳元で音が広がるので隣家や周囲への配慮で大きな音を出しづらい環境でも迫力のサウンドで楽しめます
フィット感もよく、肩への負担が少ない軽さです。また、低域を効果的に増強する設計により、キレと存在感のある低音域で映画からライブ映像、普段聴いている音楽まで高品質で迫力のある音を味わえます。
設置場所や環境を選ばず使用できるため、小さなお子様がいらっしゃる方周囲の音が聞こえないと困る!といった方にもおすすめのアイテムです!

SRS-NS7 商品ページはこちらレビューはこちら中古で探してみる


Bose [Smart Soundbar 300]

おすすめポイント
・まるで映画館のような繊細で大迫力なサウンド
・ケーブル一本で簡単に接続ができる
・Bluetoothにも対応し、音楽も高音質で楽しめる
テレビとの接続は付属の光デジタル音声ケーブル、または別売りのHDMIケーブル1本つなぐだけで完了。簡単に接続でき、テレビのスピーカーでは再現が難しい繊細な音をクリアに再生してくれます。
テレビの電源をオンにすると、サウンドバーも自動的に電源がオンになり、HDMI接続を使用している場合は、今お使いのテレビのリモコンを使って、サウンドバーの音量をコントロールすることも可能です。
付属のリモコンを使用すれば低音の調整が可能なので、映画のジャンルに合わせて低音をプラスしてみるのも良いと思います。
Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットなども接続可能なので、「映画はよく見るけど、PCやスマホなどしか持っていない…」なんて方にもおすすめです。
自宅でも映画館のような音で映画を楽しめるおすすめのアイテムです!

Bose Smart Soundbar 300レビューはこちら中古で探してみる


最後に

いかがでしたか??

今回は映画鑑賞におすすめのアイテムをご紹介させていただきました!

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンでは、音楽だけでなく、映画を含めた音に関するご相談や悩みの解決のお手伝いをさせていただきます。今回ご紹介した製品以外にも多数の製品を取り扱っています。

各実店舗では、様々な製品の試聴もできますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ!