1. トップ
  2. 特集ページ

AirPods Proイヤーピース(イヤーチップ)特集!専門店スタッフが比較してみた!

AirPods Pro イヤーピース検証画像

Appleから2019年10月に発売された、「AirPods Pro」

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したとても人気のある完全ワイヤレスイヤホンですが、そのAirPods Pro用のイヤーピース(イヤーチップ)が続々と発売しています!

そこで!イヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホンのスタッフが、イヤーピースを実際に使用して比較してみました!

AirPods Proが耳に合わないを解消!

はじめに、皆さんはイヤーピースを変えることでどんな効果があるかご存知でしょうか?詳しく解説していきます。

装着感がアップ

AirPods Proに付属しているイヤーピースは、「S,M,L」の3ペア。あらゆる耳のサイズに対応できますが、中にはMとLの間くらいのサイズが丁度という方もいらっしゃるかと思います。

サードパーティー(他社製)のイヤーピースを使うことによって、純正品では合わなかった絶妙なサイズ感で装着することができます

ノイズキャンセリングの効果を最大限に引き出せる

AirPods Proの最大の特徴はアクティブノイズキャンセリングを搭載していること。

この機能によって通勤時の電車の走行音や、オフィスの空調音などのノイズをかき消し、静かな環境で音楽に集中できます。

しかし、イヤーピースのサイズが合っていない場合、AirPods Proのノイズキャンセリング効果を最大限に発揮できず、周りの音がよく入ってきてしまうことがあります。

AirPods Proのノイズキャンセリング性能を最大限に引き出すためにも、適正なサイズのイヤーピースを装着しましょう。

音の傾向が変わる

イヤーピースはイヤホンと耳をつなぐ通り道のようなもの。イヤーピースの素材が変わると音質にも影響があります。

低反発素材であるフォームタイプをつかうと、イヤーピース内の反響音が変わり、高域がやや減衰し中低域寄りの音に変化したように聴こえます。

AirPods Proの低域を増やしたいときにフォームタイプを、高域寄りにしたい場合はシリコンタイプなど、音の好みに対して使い分けてみましょう。

見出しに戻る

イヤーピース(イヤーチップ)をAirPods Proで実際に比較!

今回、イヤーピースの比較をしてくれるのは・・・。
e☆イヤホン秋葉原店 店長 ばらまつ

◆スタッフ名:ばらまつ 秋葉原店 店長
@eear_baramatsu 

e☆イヤホン秋葉原店の店長ばらまつです。
今までは、通勤時やジムなどでしかイヤホンをすることはなかったのですが、最近はYouTubeやNetflixなどの需要もあり、イヤホンをするタイミングが増えました。良く使うものだからこそ、自分に合った物を選びたいし選んでほしい!そんな気持ちの店長です。デバイス:
iPhone 11 Pro MAX
好きな楽曲

・HIPHOP ・BiSH

AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro

AZLA SednaEarfit XELASTEC AirPods Pro用イヤーピース

装着感
5
遮音性
5
体温で耳に合わせて形状が変化する素材「熱可塑性エラストマー」を採用した大人気イヤーピース「 SednaEarfit XELASTEC」のAirPods Pro用がついに登場!
耳から落ちないズレない、そして密閉感があがることによってノイズキャンセリング効果も高まります。
AirPods Proの性能を最大限に引き出すことのできる極上のフィット感をご体感ください。

圧倒的遮音性&装着感です!!体温で変形するイヤピース。

 

装着してから数分後にはより最高のフィット感を体感していただけます。装着感がいいので音の聴こえ方も良くなります!本当にオススメ!!

SpinFit CP1025

SpinFit CP1025

 

装着感
5
遮音性
4.5
大人気イヤーピースメーカー「SpinFit」より、ついにAirPods Pro専用イヤーピース「CP1025」が登場!
独自の3Dクッション構造により耳の奥まで入りやすく、高い遮音性フィット感を実現!アレルギーが起きにくく痒みや痛みを感じにくい素材を採用しています。

良き装着感と音質にこだわる方必見!!

 

イヤーピースの内側がくびれており耳の中の角度によってフィットしない(イヤホンが落ちやすい)方も装着感がグッと上がります!

運動しながら使う方増えているので装着感をUPしたい!音楽をもっと楽しみたい!って方にオススメです!

FSC AirPodsPro用シリコン製イヤーピース

FSC AirPodsPro用シリコン製イヤーピース

装着感
4.5
遮音性
4.5
AirPodsProにご使用いただけるイヤーピース。純正と同等のシリコンタイプを採用しています。

イヤーピース無くしたから新しいのがほしい!・・・でも音質は変えたくない!っという方にオススメ!

 

ウレタン素材より低音域が強調されないので聴き疲れしにくいです

NOBUNAGA Labs AirPods Pro対応 低反発イヤーピース

NOBUNAGA Labs AirPods Pro対応 低反発イヤーピース

装着感
4
遮音性
4
高密度ウレタン素材で長時間のリスニングでも快適、AirPods Pro対応 低反発イヤーピースです。
高密度のウレタン素材を採用しているので、従来の低反発イヤピースよりも高音域の減衰を抑え、こもり感のない自然でクリアな音質を実現します。
また、ほこりや耳垢からイヤホンを守り、音質劣化を防ぐメッシュ状の耳垢ガードが付いています。

ウレタン素材で白色!

少し硬めですが遮音性UP!
ノイズキャンセリングオフの状態でも遮音性がそこそこあります。

 

純正イヤーピースより遮音性上げたい方にオススメ

DEKONI AUDIO BULLETZ AirPods Pro

DEKONI AUDIO BULLETZ AirPods Pro

装着感
4
遮音性
3.5
さらりとした感触の装着感と、抜群の遮音性を提供するフォームタイプのイヤーチップです。

ウレタン素材ですが、イヤーピースが少し固めなので装着感時に少し小さくしてから装着すると耳にフィットします

遮音性が高いので低音域増やしたい方などにオススメ

FSC AirPodsPro用低反発イヤーピース

FSC AirPodsPro用低反発イヤーピース

装着感
4
遮音性
4.5
AirPodsProにご使用いただけるイヤーピース。遮音性が高く、耳にやさしくフィットするフォームタイプを採用しています。

まず一言で装着感UP!

音のメリハリがしっかりしていて、ボーカルの入った曲を聴く人にオススメできます。

 

装着感とともに音質重視の方にオススメ

SOSO.LABO S-EPS01 AirPodsPRO用 低反発イヤーチップ

SOSO.LABO S-EPS01 AirPodsPRO用 低反発イヤーチップ

装着感
3.5
遮音性
3.5
低反発のウレタンフォームイヤーピースを採用。しっかりと耳の形状にフィットし、ズレの抑制にも貢献します。メッシュガードがついているため、ほこりや耳垢からAirPods Proを守ります。

柔らかめなウレタン素材でつけ心地UP

純正イヤーピースやシリコン製のものより中低域、低域を増したい方にオススメ!

正しい装着方法を紹介!

こちらでは、他社製のAirPods Pro用イヤーピースの正しい装着方法をご紹介します

1,純正のイヤーピースを外す

AirPods Proの純正イヤーピースを外している

イヤーチップの根元部分を指でしっかりと押さえて、真っすぐ引き抜きます。無理やり引っ張ってイヤーピースを千切らないようにしましょう。

外すと、イヤーピースの装着部がむき出しになります。

AirPods Pro イヤーピース装着部

2,AirPods Proに取り付ける

AirPods Proに他社製のイヤーピースを装着

装着部が楕円形になっているので、方向を合わせて装着しましょう。

3,耳に装着する

AirPods Proを耳に装着

AirPods ProのL,Rを確認して、耳に装着しましょう。

※フォームタイプの場合は一度イヤーピースを指でつぶしてから耳に装着しましょう。
フォームタイプのイヤーピースを指でつぶしている

4,きちんと装着されているか不安なときは、装着状態テストをしましょう

イヤーチップ装着状態テスト

iPhoneユーザーであれば、AirPods Proがきちんと装着されているかのチェックができます。

手順はコチラ!

iPhoneホーム画面より、「設定」→「Bluetooth」→「〇〇(名前)のAirPods Pro」→「イヤーチップ装着状態テスト」

装着状態の結果

こちらでイヤーピースが正しく密閉されているか確認ができます。上記のようにL,Rともに「密閉されています」と表記が出れば、正常に装着できています。

AirPods Proを正しく装着し、快適に音楽や動画・通話を楽しみましょう!

見出しに戻る

さいごに

AirPods Pro用のイヤーピースは、e☆イヤホンで試着できます!ネットで購入したいけど、サイズが合うかどうか不安な方は、ぜひ一度e☆イヤホンで試してみてくださいね!

イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」ではその他にも多数のイヤホンを取り扱っています。

東京・名古屋・大阪にある店舗では、様々なポータブルオーディオ製品の試聴もできますので、気軽にお立ち寄りくださいませ。

見出しに戻る