• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)

ZEN One Signature

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)

ZEN One Signature

  • 新品

¥49,500 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

5060738785674

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥25,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

AKIRA

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

透明感あふれるダイレクトなサウンド

iFi-Audioの「ZEN Signature」シリーズでは、これまでDACやイコライザーによって対応機器のチューニングを最適化したヘッドホンアンプが発売されてきましたが、「ZEN One Signature」はBluetooth/光/同軸/USBなどの幅広い入力に対応するBluetoothレシーバー兼USB DAC兼DDCになります。

「ZEN DAC Signature」と同じくヘッドホンアンプを搭載していないため、ヘッドホンと合わせる場合にはZEN CANなどのヘッドホンアンプを別に用意する必要があります。そのため、試聴は「ZEN DAC Signature」との比較でそれぞれ「ZEN CAN Signature」と組み合わせて試聴しました。

「ZEN DAC Signature」では、ややクールな質感と正確なレスポンスを持つ再現性の高い音が特徴です。あまり音に脚色せずそのまま変換し送るという仕事を真面目にこなす存在だと思います。

「ZEN ONE Signature」では、そこからベール剥がしたかのような、よりダイレクトなサウンドに感じました。もちろん「ZEN DAC Signature」とは全体の傾向は似通っているのですが、よりストレートなアタック感やにじみを感じさせない表現になっている印象です。

この部分の変化は、「16コアXMOSマイクロコントローラー」を採用したデータ処理能力の強化やボリューム回路を介さないことによる影響かもしれないですね。

より入出力系統が増え様々な用途に活用いただける商品になっていると思います!
ぜひご検討ください!

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

すべての音楽を一つに(One)しよう

iFi audio ZEN One Signature

ヒーローイメージ

iFi audio ZEN One Signature は、ホームオーディオ環境において、あらゆるデジタル機器から卓越したサウンドを実現するユニバーサルコネクティビティを備えたDACです。大好評を博したnano iONE(2017年発売・生産完了)のアイデアを踏襲し、ZEN Signatureシリーズ製品として再設計とアップグレードを果たしました。

数々のオーディオ賞を受賞しているスペシャリストのiFi audioは、ZEN Signatureシリーズ(高い評価を得ているエントリーレベルのZENシリーズをベースに強化されたプレミアムグレードシリーズ)をZEN One Signatureでラインナップの拡充をします。

  1. 主な特徴
    ZEN One Signatureは多彩な入力に対応しており、ユニバーサルDAC/DDCと呼ぶべき製品です。
    主な特徴は以下の通りです。

    ・多彩な用途に使える3つの入力系統:USB(DSD256/PCM384/MQAフルデコード)、Bluetooth(主要コーデックすべてに対応※)、S/PDIF(PCM192kHz/MQAフルデコード)
    ※aptX, aptX HD, aptX Adaptive, aptX LL, LDAC, LHDC/HWA, AAC, SBC

    ・ライン固定レベル出力に特化したフルバランス回路、及びS/PDIF出力を搭載

    ・PanasonicのOS-CONやエルナー社のSilmlic IIコンデンサーなど、ハイエンドグレードのパーツを採用

    ・iPower II 5V付属
    hoge画像
  2. 多彩な入力
    ZEN One Signatureは多彩な入力に対応しており、ユニバーサルDAC/DDCと呼ぶべき製品です。ZEN DACのDACステージを引き継ぎ、S/PDIF入力(光および同軸)を追加し、ZEN BlueのBluetooth技術を加えて、Signatureグレードの回路強化により素晴らしい音質を備えています。スマートフォン、タブレット、PC、Mac、ディスクプレーヤー、オーディオサーバー、テレビ、ゲーム機など、あらゆるデジタル機器のホームオーディオハブとして機能する純粋なDAC(ヘッドフォンアンプやボリュームコントロールは内蔵しない)です。
    hoge画像
    ZEN One Signatureの唯一の目的は、ケーブルやBluetooth経由であらゆる機器からデジタルオーディオ信号を受け取り、それをアナログに変換して外部アンプとスピーカー(またはヘッドホン)に出力することです。高品質な内部部品とiFiのクラス最高の回路設計が組み合わされ、どのようなデバイスを接続しても、音質を見事に向上させることができます。多くの人にとって、ZEN One Signatureは自宅に必要な唯一無二のDACです。
    hoge画像
  3. DACはそのための手段
    ZEN One Signatureの「デジタル・エンジン」は、バーブラウン製DACチップをベースにしています。自然なサウンドの「音楽性」とトゥルー・ネイティブ・アーキテクチュアによって選定し、iFiが幅広い製品群に使っているものです。このDACチップにはiFiは豊富な経験を持っており、つまりそれを最大限に利用する方法を知っているということです。しかし、結果としてのサウンドに生来備わっている特質とはいっても、模範的なDACステージを生み出すことは、特定のDACチップを選べばすむということではまったくありません。

    そういったきわめて重要な部品のひとつが、USBやS/PDIFデジタル入力から受け取ったオーディオ・データを処理するXMOSチップです。ZEN One Signatureは、ローレーテンシーの16コアXMOSマイクロコントローラーを使って、処理能力を強化しています。iFi内部のデジタル開発チームがXMOSのファームウェアをプログラムすることで音質を最適化し、バーブラウンのDACと完璧な組み合わせになるようにしています。デジタル・ステージには、幅広いジッター低減テクノロジーも用いています。これには、iFiのGMT(GlobalMaster Timing)フェムト秒精度のクロックとインテリジェント・バッファーの最新世代のものが含まれています。

    ZEN One Signatureのハイレゾオーディオは、32bit/384kHz PCM、DSD256に対応しており、主要なフォーマットを網羅しています。バーブラウン社製DACチップの4チャンネルTrue Native設計により、PCMとDSDは別々の経路を通り、DSDもPCMと同様にアナログ変換までネイティブな状態でビットパーフェクトを維持することができます。

    ハイレゾストリーミングフォーマットであるMQAもサポートしており、最大384kHzまでのMQAファイルをフルデコードすることができます。これは、MQA「レンダラー」による最終的な展開だけでなく、「3つの展開」の完全なデコード処理が内部で行われることを意味します。これは、TIDAL Masters(MQA)コンテンツを視聴できるTIDALの「HiFi Plus」レベルの加入者に理想的です。
    hoge画像
  4. より良いBluetooth
    Bluetoothのワイヤレスの利便性と幅広いデバイスの互換性はよく知られていますが、多くの人はBluetoothオーディオがどれほど優れた音質であるかを認識していません。なぜなら、一般的な製品の基本的なSoC(System on Chip)で受信から再生まで行うという、基本レベルの品質でしかBluetoothの音質を経験していないからです。iFiは、Bluetoothテクノロジーが最先端であることを保証するために多大な努力を払い、クラスをリードする評判を獲得しています。

    クアルコムの最新の4コアQCC5100シリーズBluetoothプロセッシングチップを最大限に活用し、aptX Adaptive、aptX HD、LDAC、HWA/LHDCなど、現行のあらゆる高音質Bluetoothオーディオコーデックをサポートしています。その他のコーデックとしては、通常のaptX、aptX Low Latency、AAC、SBCをサポートしています。つまり、あらゆるソースデバイスが、Bluetoothの仕様で許容される最高のオーディオ解像度で処理されるのです。

    ZEN One SignatureはBluetooth v5.1に準拠し、最高の通信距離、安定性、パフォーマンスを保証します。ペアリングしたBluetoothソースデバイスは最大8台までメモリーに保存でき、デバイスの切り替えも簡単に行えます。
    hoge画像
  5. ピュアであることが最も重要
    ZENのレギュラーモデルは、バランス回路設計のメリットである低ノイズ、高音質、そして手頃な価格を実現していますが、ZEN DAC SignatureやZEN CAN SignatureといったSignatureシリーズのZENは、真の差動バランストポロジーによりさらに高い次元を実現しています。

    ZEN One Signatureも例外ではなく、入力から出力まで、すべての回路要素が純粋なパフォーマンスを発揮できるように設計されています。Panasonic OS-CONやElna Silmic IIコンデンサーなど、主要な表面実装部品はハイエンドパーツにアップグレードされ、短くダイレクトな信号経路を確保するために設計が改良されました。その結果、音のディテールと表現力がさらに向上しました。

    電源は、接続された機器(ノートパソコンなど)からUSB経由で供給することも、AC/DCアダプターを介して主電源から直接供給することも可能です。iFiの超低ノイズiPower II5Vが同梱されており、最適なパフォーマンスを提供します
    hoge画像
  6. 外装
    ZEN One Signatureは、他のZENシリーズと同じ158x35x100mmのアルミニウム製筐体で、通常のZENシリーズのグレー仕上げではなく、iFiがSignatureシリーズ製品を区別するために使用しているディープスペースブルーで仕上げられています。ダークグレーのフロントパネルとリアパネル(標準仕様ではシルバーカラー)、そしてブルーの操作ボタンが、このデザインをさらに引き立てています。

    フロントには、電源のオン/オフ、USB、S/PDIF、Bluetooth入力の切り替えボタンと、入力されるオーディオフォーマットとサンプルレートを示すLEDが配置されています。さらに、LEDの点灯/消灯、Bluetoothのペアリングモードの起動を行うボタンも搭載しています。
    hoge画像
    背面には、エイシンクロナスUSB-B3.0端子と、光と同軸の2つのS/PDIF入力(後者はデジタル出力兼用)があります。RCAアナログ出力に加え、4.4mmバランス出力も装備しており、バランス入力に対応したアンプとの完全なバランス接続を可能にします。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
電源入力 DC5V(iPower II 5V 付属)
デジタル入力 USB-B3.0(USB2.0 互換)、S/PDIF(同軸/光角)、Bluetooth5.1
対応フォーマット PCM44.1kHz~384kHz
DSD64~DSD256
MQA フルデコード
Bluetooth 対応コーデック aptX, aptX HD, aptX Adaptive, aptX LL, LDAC, LHDC/HWA,AAC, SBC
チップセット Bit-Perfect バーブラウン製DACチップ
Qualcomm QCC5100 Bluetoothチップセット
出力 S/PDIF 同軸デジタル
RCA シングルエンドライン
4.4mm バランスライン
周波数特性 5Hz-80kHz +/- 3dB
出力 4V/2V max.(BAL/UnBAL)
出力インピーダンス <=72Ω/36Ω(BAL/UnBAL)
S/N 比 105dB(A)@0dBFS(BAL/UnBAL)
THD+N <0.002%@0dBFS(BAL/UnBAL)
消費電力 無信号時 ~0.7W/最大 ~1.0W
サイズ 158x100x35mm
重量 485g

商品詳細

すべての音楽を一つに(One)しよう

iFi audio ZEN One Signature

ヒーローイメージ

iFi audio ZEN One Signature は、ホームオーディオ環境において、あらゆるデジタル機器から卓越したサウンドを実現するユニバーサルコネクティビティを備えたDACです。大好評を博したnano iONE(2017年発売・生産完了)のアイデアを踏襲し、ZEN Signatureシリーズ製品として再設計とアップグレードを果たしました。

数々のオーディオ賞を受賞しているスペシャリストのiFi audioは、ZEN Signatureシリーズ(高い評価を得ているエントリーレベルのZENシリーズをベースに強化されたプレミアムグレードシリーズ)をZEN One Signatureでラインナップの拡充をします。

  1. 主な特徴
    ZEN One Signatureは多彩な入力に対応しており、ユニバーサルDAC/DDCと呼ぶべき製品です。
    主な特徴は以下の通りです。

    ・多彩な用途に使える3つの入力系統:USB(DSD256/PCM384/MQAフルデコード)、Bluetooth(主要コーデックすべてに対応※)、S/PDIF(PCM192kHz/MQAフルデコード)
    ※aptX, aptX HD, aptX Adaptive, aptX LL, LDAC, LHDC/HWA, AAC, SBC

    ・ライン固定レベル出力に特化したフルバランス回路、及びS/PDIF出力を搭載

    ・PanasonicのOS-CONやエルナー社のSilmlic IIコンデンサーなど、ハイエンドグレードのパーツを採用

    ・iPower II 5V付属
    hoge画像
  2. 多彩な入力
    ZEN One Signatureは多彩な入力に対応しており、ユニバーサルDAC/DDCと呼ぶべき製品です。ZEN DACのDACステージを引き継ぎ、S/PDIF入力(光および同軸)を追加し、ZEN BlueのBluetooth技術を加えて、Signatureグレードの回路強化により素晴らしい音質を備えています。スマートフォン、タブレット、PC、Mac、ディスクプレーヤー、オーディオサーバー、テレビ、ゲーム機など、あらゆるデジタル機器のホームオーディオハブとして機能する純粋なDAC(ヘッドフォンアンプやボリュームコントロールは内蔵しない)です。
    hoge画像
    ZEN One Signatureの唯一の目的は、ケーブルやBluetooth経由であらゆる機器からデジタルオーディオ信号を受け取り、それをアナログに変換して外部アンプとスピーカー(またはヘッドホン)に出力することです。高品質な内部部品とiFiのクラス最高の回路設計が組み合わされ、どのようなデバイスを接続しても、音質を見事に向上させることができます。多くの人にとって、ZEN One Signatureは自宅に必要な唯一無二のDACです。
    hoge画像
  3. DACはそのための手段
    ZEN One Signatureの「デジタル・エンジン」は、バーブラウン製DACチップをベースにしています。自然なサウンドの「音楽性」とトゥルー・ネイティブ・アーキテクチュアによって選定し、iFiが幅広い製品群に使っているものです。このDACチップにはiFiは豊富な経験を持っており、つまりそれを最大限に利用する方法を知っているということです。しかし、結果としてのサウンドに生来備わっている特質とはいっても、模範的なDACステージを生み出すことは、特定のDACチップを選べばすむということではまったくありません。

    そういったきわめて重要な部品のひとつが、USBやS/PDIFデジタル入力から受け取ったオーディオ・データを処理するXMOSチップです。ZEN One Signatureは、ローレーテンシーの16コアXMOSマイクロコントローラーを使って、処理能力を強化しています。iFi内部のデジタル開発チームがXMOSのファームウェアをプログラムすることで音質を最適化し、バーブラウンのDACと完璧な組み合わせになるようにしています。デジタル・ステージには、幅広いジッター低減テクノロジーも用いています。これには、iFiのGMT(GlobalMaster Timing)フェムト秒精度のクロックとインテリジェント・バッファーの最新世代のものが含まれています。

    ZEN One Signatureのハイレゾオーディオは、32bit/384kHz PCM、DSD256に対応しており、主要なフォーマットを網羅しています。バーブラウン社製DACチップの4チャンネルTrue Native設計により、PCMとDSDは別々の経路を通り、DSDもPCMと同様にアナログ変換までネイティブな状態でビットパーフェクトを維持することができます。

    ハイレゾストリーミングフォーマットであるMQAもサポートしており、最大384kHzまでのMQAファイルをフルデコードすることができます。これは、MQA「レンダラー」による最終的な展開だけでなく、「3つの展開」の完全なデコード処理が内部で行われることを意味します。これは、TIDAL Masters(MQA)コンテンツを視聴できるTIDALの「HiFi Plus」レベルの加入者に理想的です。
    hoge画像
  4. より良いBluetooth
    Bluetoothのワイヤレスの利便性と幅広いデバイスの互換性はよく知られていますが、多くの人はBluetoothオーディオがどれほど優れた音質であるかを認識していません。なぜなら、一般的な製品の基本的なSoC(System on Chip)で受信から再生まで行うという、基本レベルの品質でしかBluetoothの音質を経験していないからです。iFiは、Bluetoothテクノロジーが最先端であることを保証するために多大な努力を払い、クラスをリードする評判を獲得しています。

    クアルコムの最新の4コアQCC5100シリーズBluetoothプロセッシングチップを最大限に活用し、aptX Adaptive、aptX HD、LDAC、HWA/LHDCなど、現行のあらゆる高音質Bluetoothオーディオコーデックをサポートしています。その他のコーデックとしては、通常のaptX、aptX Low Latency、AAC、SBCをサポートしています。つまり、あらゆるソースデバイスが、Bluetoothの仕様で許容される最高のオーディオ解像度で処理されるのです。

    ZEN One SignatureはBluetooth v5.1に準拠し、最高の通信距離、安定性、パフォーマンスを保証します。ペアリングしたBluetoothソースデバイスは最大8台までメモリーに保存でき、デバイスの切り替えも簡単に行えます。
    hoge画像
  5. ピュアであることが最も重要
    ZENのレギュラーモデルは、バランス回路設計のメリットである低ノイズ、高音質、そして手頃な価格を実現していますが、ZEN DAC SignatureやZEN CAN SignatureといったSignatureシリーズのZENは、真の差動バランストポロジーによりさらに高い次元を実現しています。

    ZEN One Signatureも例外ではなく、入力から出力まで、すべての回路要素が純粋なパフォーマンスを発揮できるように設計されています。Panasonic OS-CONやElna Silmic IIコンデンサーなど、主要な表面実装部品はハイエンドパーツにアップグレードされ、短くダイレクトな信号経路を確保するために設計が改良されました。その結果、音のディテールと表現力がさらに向上しました。

    電源は、接続された機器(ノートパソコンなど)からUSB経由で供給することも、AC/DCアダプターを介して主電源から直接供給することも可能です。iFiの超低ノイズiPower II5Vが同梱されており、最適なパフォーマンスを提供します
    hoge画像
  6. 外装
    ZEN One Signatureは、他のZENシリーズと同じ158x35x100mmのアルミニウム製筐体で、通常のZENシリーズのグレー仕上げではなく、iFiがSignatureシリーズ製品を区別するために使用しているディープスペースブルーで仕上げられています。ダークグレーのフロントパネルとリアパネル(標準仕様ではシルバーカラー)、そしてブルーの操作ボタンが、このデザインをさらに引き立てています。

    フロントには、電源のオン/オフ、USB、S/PDIF、Bluetooth入力の切り替えボタンと、入力されるオーディオフォーマットとサンプルレートを示すLEDが配置されています。さらに、LEDの点灯/消灯、Bluetoothのペアリングモードの起動を行うボタンも搭載しています。
    hoge画像
    背面には、エイシンクロナスUSB-B3.0端子と、光と同軸の2つのS/PDIF入力(後者はデジタル出力兼用)があります。RCAアナログ出力に加え、4.4mmバランス出力も装備しており、バランス入力に対応したアンプとの完全なバランス接続を可能にします。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
電源入力 DC5V(iPower II 5V 付属)
デジタル入力 USB-B3.0(USB2.0 互換)、S/PDIF(同軸/光角)、Bluetooth5.1
対応フォーマット PCM44.1kHz~384kHz
DSD64~DSD256
MQA フルデコード
Bluetooth 対応コーデック aptX, aptX HD, aptX Adaptive, aptX LL, LDAC, LHDC/HWA,AAC, SBC
チップセット Bit-Perfect バーブラウン製DACチップ
Qualcomm QCC5100 Bluetoothチップセット
出力 S/PDIF 同軸デジタル
RCA シングルエンドライン
4.4mm バランスライン
周波数特性 5Hz-80kHz +/- 3dB
出力 4V/2V max.(BAL/UnBAL)
出力インピーダンス <=72Ω/36Ω(BAL/UnBAL)
S/N 比 105dB(A)@0dBFS(BAL/UnBAL)
THD+N <0.002%@0dBFS(BAL/UnBAL)
消費電力 無信号時 ~0.7W/最大 ~1.0W
サイズ 158x100x35mm
重量 485g

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

音質

4.5

携帯性

バッテリー

拡張性

5

2人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.0

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

5.0

入力系統全部入りDAC

基本的にはDACですが、多彩な入力が魅力で購入しました。
自室で使ってるプリメインアンプと組み合わせて使用しております。

USBに同軸、光デジタル、Bluetoothと入力は多才ながら出力はRCAと4.4mmのみです。
僕はBluetoothで音楽を、光デジタルでTV音声をzen one経由でプリメインに入れてスピーカーを鳴らしております。
今までよりも力強く音がでており、また音質向上も感じられました。

ZEN DAC Signaturに入力系統を追加したような構成ですので、こちらのZEN oneにZEN CANや手持ちのポタアンを接続して使うのもありだと思います。

これを使って何を繋げ、何に繋げるかを楽しむものではないでしょうか?
可能性が無限にありシステムを構築仕切るまでを楽しもうと思います。

続きを読む

七夜 さん (2022/03/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

5.0

ホームオーディオの完成形

T3-01と出会い、もっといい音で聴きたいとたどり着いたのがこの商品でした。ZEN CAN Signature MZ99に4.4mm to 4.4mm cableで合わせています。
音楽のみを楽しむときは、iPhoneにカメラコネクションと繋げて、映画・アニメを楽しむときは、TVに光デジタルケーブル AUDIOTRAK Glass Black II plus 3.0mと繋げています。

音質ですが、T3-01のバランス接続を聴いたことがある方は、あの音が何倍も良くなるとご想像ください。聴こえない音はない、そんなレベルです。
ヘッドホンとの組み合わせ次第でしょうが、わたしの環境では解像度が極まった音になります。ですが、決して疲れる音ではありません。
友人が持っているxDSD Gryphonと聴き比べをしましたが、あちらはウォーム寄り、こちらはクール寄りです。

これ1台で家の環境がガラリと変わりました。
休日の日は、視聴しているだけで1日が終わってしまいます。

続きを読む

ゆずはいろ さん (2022/03/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0