• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Maestraudio (マエストローディオ)

MA910SR Pentaconn ear

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Maestraudio (マエストローディオ)

MA910SR Pentaconn ear

  • 新品

¥17,820 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4589711400683 ~ 4589711400690

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥7,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

かやちゃん

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

洗練されたデザイン。音もデザインもこだわりたい方に。

ハート型の筐体が特徴的なイヤホン「MA910SR Pentaconn ear」。デザイン重視で選ばれている方にはたまらないでしょう。

本格的なモニターサウンドで音楽も楽しめるようなチューニングなので、「音質にもこだわりたいけど、イヤホンのビジュアルも気になる……」というオシャレさんにオススメしたいイヤホンです!

今回はゲームで使用することを想定した、ゲーマー目線でもレビューしていきます!

・外観と装着感
ハート型の筐体と洗練されたアルミ製のフェイスプレートのデザインが目を引きます。可愛さとカッコよさを両立した秀逸なデザインで、オシャレに着用できます。

筐体がハート型なこともあって装着感を心配される方が多いですが、実際に着けてみると耳の中でズレるような感覚はなく遮音性も高いため、良好な装着感だと感じました!

・音
少しだけ中低音が多めです。男性の声が聴きやすく、男性ボーカル等がお好きであればハマることでしょう。その他の音は全体的にフラットな音作りでサッパリしています。音の情報をキャッチしやすく、低音から高音にかけて満遍なく聴きたい方におすすめです。

また、空間はやや広めで外に広がっていくような印象を受けました。FPSのようなゲームはもちろん、RPGや音ゲーといった音の情報が重要になるゲームと相性が良いです。実際にこれらのゲームで試してみると、定位も良く楽曲やボイスなども楽しめました。

店頭では実際にお試しいただけます! 機会がありましたら是非お越しくださいませ!

試聴楽曲:ワンダフル☆オポチュニティ!「にっこり^^調査隊のテーマ」
     sasakure.UK「トンデモワンダーズ」

れいちぇる

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

『男性ボーカル好きにオススメ!』音場、迫力申し分無し!

【Point!】
・音場が広く壮大!
・程よい距離感
・低音男性ボーカルの曲に合う!

【デザイン】
とにかく可愛らしい! 筐体部分が「ハート♡」なのがかなり特徴的ですね。さらに、「Maestraudio」のロゴがフォントも相まって、可愛らしさをオシャレに引き立てています。デザインを重視される方は、これだけでもう購入検討はアリではないでしょうか……‼

(※画像はコネクタ部分にホットボンドを使用しております。試聴機以外には付いておりませんので、ご安心ください。)

【音質】
気になる音質については、かなり質の高い音だと思います! まず音場の広さ。空気感の表現が広く綺麗に響きます。音域を問わず、曲の空気感をゆったりと味わえると思います。

ボーカル曲に関しては、男性ボーカルを聴きたい方にオススメです。ボーカルの前への出方や響き方、歯擦音の嫌にならない程度の絶妙な突出は聴いていてとても心地良く感じました。

また、ベースラインが邪魔にならないギリギリの所を攻めているので、ベースとぶつかることもないなと感じました。高域に関しては少々粗さを感じるところもありますが、そこはある程度聴き続けているとすぐに馴染んで、気にならなくなりました。

【最後に】
全体的に『聴けば聴くほど良い音になる』スルメのようなサウンドです。ロックやボカロ、K-POPはもちろんのこと、instrumentalにも合いそうな音質です! とにかく一聴の価値があるイヤホンだと思いますので、是非一度お手に取っていただければと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

〈試聴環境〉
iPhone XR (YouTube)

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

ブランド初「Pentaconn earコネクター」採用したリケーブル対応モデル

Maestraudio
MA910SR Pentaconn ear

ヒーローイメージ

『MA910SR』は、ブランド第1弾モデルである「MA910S」をさらに昇華させ、同ブランドを象徴する製品として仕上げた、第3弾IEM(イン・イヤー・モニター)です。クラス最高レベルの広い空間表現を維持しつつも、ご要望が多かったリケーブルへの対応と共に匠の技でさらなる解像度の向上を実現した、ブランド初のリケーブル対応モデルです。

  1. MA910SR開発背景
    Maestraudio第1弾モデル「MA910S」では頭部伝達関数を設計に取り込み、かつオリジナルのパッシブ型セラミックツイーターのRSTを搭載し、全域に渡りナチュラルかつサウンドステージの広い音の実現を目指しました。そして多くのユーザーから聴き疲れのない、ハイパフォーマンスなIEMとしてご好評を頂くことができました。しかし同時に、さらにパーソナリティーある音を追求されるユーザーから、リケーブルモデルのご要望も多く頂きました。
    そこでMA910Sのクラス最高レベルの広いサウンドステージを維持したまま、リケーブルによる接点抵抗のロスの低減や、より情報量の多い音質の獲得を念頭に研究と試作を繰り返し行い、この度、Maestraudio初のリケーブル対応でありブランドを象徴するモデルとなる『MA910SR』の開発に成功いたしました。
    hoge画像
  2. Pentaconn earコネクターを採用したリケーブル対応
    リケーブル対応にするにあたり様々なコネクターにて検証を実施しました。『MA910SR』は、リケーブル用のコネクターに低接点抵抗で定評のあるPentaconn earコネクターを採用しました。同コネクターは脱着時の機械的な信頼性が安定しているだけではなく、一般的なリケーブル用コネクターであるMMCXに比べて、その接点抵抗を1/10以下に抑えることが可能になります。様々な音質を楽しめるリケーブルモデルにおいて、接点抵抗の低減は各種ケーブルの特性をお楽しみ頂く上でも重要な設計要件となります。
    MA910SRではケーブルは元よりオーディオプレーヤーやミュージックソース等アップストリームの音の変化や質の変化を楽しめるIEMに仕上がっています。
    hoge画像
  3. アルミ製フェイスプレートの採用
    MaestraudioのIEM開発において、IEMを構成する各種部材の特性は重要なパラメーターになります。特に筐体の構成部材の選択は、独自にFEM(有限要素法)を用いて細かく解析しています。ダイナミックドライバーの背面から発せられた音は直接背面のフェイスプレートに衝突し小さな振動を引き起こします。この振動がより早く筐体全体に伝わることで多くの情報量を持った音を得ることが出来る、ということに着目しました。
    そこでMA910SRでは、筐体のフェイスプレート部にヘアラインの入った「アルミ製フェイスプレート」を採用しました。これにより樹脂製フェイスプレートに比べてMA910SRではフェイスプレートから筐体内部を伝わる音の情報量が圧倒的に多くなりました。その結果、MA910SRはサウンドステージの広さを維持しながらも、さらに情報量が多く解像度の高い音の実現に成功しました。
    hoge画像
  4. 小型軽量かつ広いサウンドステージの実現
    MA910Sシリーズは、Maestraudioブランド製品専用に開発とチューニングを行った新開発のグラフェンコートダイナミックドライバーをシングルで搭載。チューニングにおいては頭部伝達関数に注目し、リスナーが臨場感を感じるために適した周波数特性の最適化を行いました。後述のパッシブ型セラミックコートツイーターを組み合わせることにより、低域から高域まで歪み感を限りなく少なく、ナチュラルに再生することを実現しています。
    また、同時に高性能音響補正デバイスである「HDSS」 (※1) を搭載することにより、小型の樹脂筐体では実現が難しかった広いサウンドステージを獲得しました。MA910Sシリーズは、ジャンルを選ばず心地よいリスニングタイプの音を奏でる一方で、eスポーツや映画鑑賞などのような空間認知や表現にも適したユニバーサルIEMです。

    ※1 HDSSはTBI Audio Systems LLCの特許技術です。
    ※画像のイメージはMA910Sです。
    hoge画像
  5. 新発想から生まれた
    パッシブ型セラミックコートツイーター「RST」
    Maestraudioが培ってきた圧電セラミックスによるセラミックサウンドテクノロジー。MA910Sシリーズでは新発想によって開発したパッシブ型セラミックコートツイーターである「RST」(Reactive Sympathetic Tweeter)を搭載しました。セラミックオーディオテクノロジーにおける基幹技術とも言える積層型圧電セラミックツイーター「VST」(Vertical Support Tweeter)では、20kHz以上の高音は非常に高い直進性を持つため、ユニットの同軸化が必要でした。MA910Sシリーズの開発において、ユニバーサルIEMタイプの筐体に使用するために同軸上から外れても高音が効率的に前方に伝わるセラミックツイーターが必要となりました。
    そこで生まれたのがシンバルやオルゴール等のように分割振動を有する「RST」です。その原理は、ダイナミックドライバーからの音波をダイアフラムに照射して振動を誘発するものです。本製品では管楽器に多く用いられている赤銅を基材としたダイアフラムを採用し、さらに粒立ちの良い高音を得るべくその表面に独自の特殊なセラミックコートを施しました。ダイアフラムの寸法や材質、支持方法により音質をコントロール出来る新発想のパッシブ型セラミックコートツイーターです。
    hoge画像 hoge画像
  6. ハイブリッドケーブルとオリジナルイヤーピース
    ケーブルには、シルバーコートOFCとOFCのハイブリッドケーブルを採用し、音の分離感向上と優れた定位感を実現しました。コネクターにPentaconn earを採用し、「右コネクター側に突起」をつけたことで暗闇でも左右判別がしやすくなっています。
    また、イヤーピースには、シリコンゴムの軟度を僅かに下げたことにより、長時間の使用でも負担が少ない優れたフィッティングを実現するオリジナルイヤーピース「iSep01」を4サイズ(S/MS/M/L)標準付属しました。その他本革コードリール、キャリングポーチなど充実の付属品となっています。
    hoge画像
  7. 高品質で提供する国内組み上げ
    Maestraudioは全製品日本製にこだわり、群馬の名工による成形技術、燕三条の製作所による表面加工など、日本の「匠」を高い品質レベルで取り込んでいます。全て日本国内にて組み上げを行い、高品質でご提供します。
    hoge画像
  8. FiiO製デジタルオーディオプレーヤー「M15S」をご利用のお客様へのご案内
    M15Sにつきまして、特定のイヤホンを接続した際にヘッドフォンアンプ部が発振する事例が報告されております。詳細はこちらをご覧ください。
    FiiO製デジタルオーディオプレーヤー「M15S」をご利用のお客様へのご案内

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 【ハイブリッド型】
・10mm径グラフェンコートダイナミックドライバー×1
・9mm径RST(Reactive Sympathetic Tweeter)×1
インピーダンス 16Ω
音圧感度 100dB
再生周波数帯域 20Hz ~ 40KHz
ケーブル仕様 1.2m(3.5mm3極 L字プラグ)
本体重量 メーカー情報なし
コネクター Pentaconn ear(OFC)
付属品 ・シルバーコートOFC & OFCハイブリッドケーブル
・iSep01イヤーピース(S/MS/M/L)
・本革コードリール
・キャリングポーチ

商品詳細

ブランド初「Pentaconn earコネクター」採用したリケーブル対応モデル

Maestraudio
MA910SR Pentaconn ear

ヒーローイメージ

『MA910SR』は、ブランド第1弾モデルである「MA910S」をさらに昇華させ、同ブランドを象徴する製品として仕上げた、第3弾IEM(イン・イヤー・モニター)です。クラス最高レベルの広い空間表現を維持しつつも、ご要望が多かったリケーブルへの対応と共に匠の技でさらなる解像度の向上を実現した、ブランド初のリケーブル対応モデルです。

  1. MA910SR開発背景
    Maestraudio第1弾モデル「MA910S」では頭部伝達関数を設計に取り込み、かつオリジナルのパッシブ型セラミックツイーターのRSTを搭載し、全域に渡りナチュラルかつサウンドステージの広い音の実現を目指しました。そして多くのユーザーから聴き疲れのない、ハイパフォーマンスなIEMとしてご好評を頂くことができました。しかし同時に、さらにパーソナリティーある音を追求されるユーザーから、リケーブルモデルのご要望も多く頂きました。
    そこでMA910Sのクラス最高レベルの広いサウンドステージを維持したまま、リケーブルによる接点抵抗のロスの低減や、より情報量の多い音質の獲得を念頭に研究と試作を繰り返し行い、この度、Maestraudio初のリケーブル対応でありブランドを象徴するモデルとなる『MA910SR』の開発に成功いたしました。
    hoge画像
  2. Pentaconn earコネクターを採用したリケーブル対応
    リケーブル対応にするにあたり様々なコネクターにて検証を実施しました。『MA910SR』は、リケーブル用のコネクターに低接点抵抗で定評のあるPentaconn earコネクターを採用しました。同コネクターは脱着時の機械的な信頼性が安定しているだけではなく、一般的なリケーブル用コネクターであるMMCXに比べて、その接点抵抗を1/10以下に抑えることが可能になります。様々な音質を楽しめるリケーブルモデルにおいて、接点抵抗の低減は各種ケーブルの特性をお楽しみ頂く上でも重要な設計要件となります。
    MA910SRではケーブルは元よりオーディオプレーヤーやミュージックソース等アップストリームの音の変化や質の変化を楽しめるIEMに仕上がっています。
    hoge画像
  3. アルミ製フェイスプレートの採用
    MaestraudioのIEM開発において、IEMを構成する各種部材の特性は重要なパラメーターになります。特に筐体の構成部材の選択は、独自にFEM(有限要素法)を用いて細かく解析しています。ダイナミックドライバーの背面から発せられた音は直接背面のフェイスプレートに衝突し小さな振動を引き起こします。この振動がより早く筐体全体に伝わることで多くの情報量を持った音を得ることが出来る、ということに着目しました。
    そこでMA910SRでは、筐体のフェイスプレート部にヘアラインの入った「アルミ製フェイスプレート」を採用しました。これにより樹脂製フェイスプレートに比べてMA910SRではフェイスプレートから筐体内部を伝わる音の情報量が圧倒的に多くなりました。その結果、MA910SRはサウンドステージの広さを維持しながらも、さらに情報量が多く解像度の高い音の実現に成功しました。
    hoge画像
  4. 小型軽量かつ広いサウンドステージの実現
    MA910Sシリーズは、Maestraudioブランド製品専用に開発とチューニングを行った新開発のグラフェンコートダイナミックドライバーをシングルで搭載。チューニングにおいては頭部伝達関数に注目し、リスナーが臨場感を感じるために適した周波数特性の最適化を行いました。後述のパッシブ型セラミックコートツイーターを組み合わせることにより、低域から高域まで歪み感を限りなく少なく、ナチュラルに再生することを実現しています。
    また、同時に高性能音響補正デバイスである「HDSS」 (※1) を搭載することにより、小型の樹脂筐体では実現が難しかった広いサウンドステージを獲得しました。MA910Sシリーズは、ジャンルを選ばず心地よいリスニングタイプの音を奏でる一方で、eスポーツや映画鑑賞などのような空間認知や表現にも適したユニバーサルIEMです。

    ※1 HDSSはTBI Audio Systems LLCの特許技術です。
    ※画像のイメージはMA910Sです。
    hoge画像
  5. 新発想から生まれた
    パッシブ型セラミックコートツイーター「RST」
    Maestraudioが培ってきた圧電セラミックスによるセラミックサウンドテクノロジー。MA910Sシリーズでは新発想によって開発したパッシブ型セラミックコートツイーターである「RST」(Reactive Sympathetic Tweeter)を搭載しました。セラミックオーディオテクノロジーにおける基幹技術とも言える積層型圧電セラミックツイーター「VST」(Vertical Support Tweeter)では、20kHz以上の高音は非常に高い直進性を持つため、ユニットの同軸化が必要でした。MA910Sシリーズの開発において、ユニバーサルIEMタイプの筐体に使用するために同軸上から外れても高音が効率的に前方に伝わるセラミックツイーターが必要となりました。
    そこで生まれたのがシンバルやオルゴール等のように分割振動を有する「RST」です。その原理は、ダイナミックドライバーからの音波をダイアフラムに照射して振動を誘発するものです。本製品では管楽器に多く用いられている赤銅を基材としたダイアフラムを採用し、さらに粒立ちの良い高音を得るべくその表面に独自の特殊なセラミックコートを施しました。ダイアフラムの寸法や材質、支持方法により音質をコントロール出来る新発想のパッシブ型セラミックコートツイーターです。
    hoge画像 hoge画像
  6. ハイブリッドケーブルとオリジナルイヤーピース
    ケーブルには、シルバーコートOFCとOFCのハイブリッドケーブルを採用し、音の分離感向上と優れた定位感を実現しました。コネクターにPentaconn earを採用し、「右コネクター側に突起」をつけたことで暗闇でも左右判別がしやすくなっています。
    また、イヤーピースには、シリコンゴムの軟度を僅かに下げたことにより、長時間の使用でも負担が少ない優れたフィッティングを実現するオリジナルイヤーピース「iSep01」を4サイズ(S/MS/M/L)標準付属しました。その他本革コードリール、キャリングポーチなど充実の付属品となっています。
    hoge画像
  7. 高品質で提供する国内組み上げ
    Maestraudioは全製品日本製にこだわり、群馬の名工による成形技術、燕三条の製作所による表面加工など、日本の「匠」を高い品質レベルで取り込んでいます。全て日本国内にて組み上げを行い、高品質でご提供します。
    hoge画像
  8. FiiO製デジタルオーディオプレーヤー「M15S」をご利用のお客様へのご案内
    M15Sにつきまして、特定のイヤホンを接続した際にヘッドフォンアンプ部が発振する事例が報告されております。詳細はこちらをご覧ください。
    FiiO製デジタルオーディオプレーヤー「M15S」をご利用のお客様へのご案内

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 【ハイブリッド型】
・10mm径グラフェンコートダイナミックドライバー×1
・9mm径RST(Reactive Sympathetic Tweeter)×1
インピーダンス 16Ω
音圧感度 100dB
再生周波数帯域 20Hz ~ 40KHz
ケーブル仕様 1.2m(3.5mm3極 L字プラグ)
本体重量 メーカー情報なし
コネクター Pentaconn ear(OFC)
付属品 ・シルバーコートOFC & OFCハイブリッドケーブル
・iSep01イヤーピース(S/MS/M/L)
・本革コードリール
・キャリングポーチ

満足度

4.5

高音の質

4.3

中音の質

4.3

低音の質

4.3

細やかさ

4.1

迫力

4.2

音場

4.6

遮音性

4.1

音漏耐性

3.9

17人のお客様がレビューしています。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:マエストロブルー

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

3.5

細やかさ

3.5

迫力

3.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

思っていたより軽い(音ではなくて)

他のイヤホンより物理的に軽いため、少し驚きました。
ボーカルが耳元で歌い、ほかは一歩後ろにいる感じです。かといってほかの音が潰れているわけではありません。
低音はあまり感じないため、重低音好きにはおすすめしません。

続きを読む

浜 さん (2023/12/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:マエストロブルー

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

音ゲー使用

intimeのイヤホンを常用しており、似た音質を持ち耳掛け式の物を探していた所、
こちらを視聴し、直刺しでも広い音場とバランスのいい音を持っていたので購入しました。
Pentaconnケーブルなのでつけ外しも楽で、DAPでの使用時は嘉泉で運用しています。

続きを読む

ヒイラギ さん (2023/12/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:マエストロブルー

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

価格を超えた価値

MA910Sを所有していますが、音が良いのでリケーブルの可能性と筐体による音の変化に期待して新規に購入しました。
Sと同じく軽いこととシンプルな形状により装着感はかなり良いです。特に軽いことが奏功していると思います。
解像感は全体的にそれほど高くはないと思います。しかし、広がりのある音場と広い再生帯域は特筆すべきものと思います。
煌びやかな高音、近いヴォーカル、少し滲む感じですが存在感のある低音。ノリよく楽しくJ-POPを聴くことができます。フェイスプレートが金属になって少し音が硬質になったでしょうか。
箱出し直後の状態では、少し高音に変な響きが付きまとう感じがありましたが、少し鳴らし込んであげると落ち着きました。
イヤーピースはSednaEarfit Crystalを使用しています。まだリケーブルは試せていませんが、純正の4.4mmケーブルも計画されているそうなので楽しみです。
価格は入門機のそれですが、聴ける音楽はそれを遥かに超えて魅力的です。イヤホンを価格で測ってはいけないなと改めて思いました。

続きを読む

青パンダ さん (2023/12/19)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:グレイシアブルー

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

曲を聴くのも、ゲーム使用もできる万能系イヤホン

見た目がハート型なイヤホンのリケーブル対応版という位置づけだとおもいましたが、その実力は今まで出たシリーズの特性を併せ持った
実力派であり万能型なイヤホンだと感じました。

個人的には女性ボーカル曲が気持ちよく聴けると感じるので専らそれ専用として使用しています。(ホロの曲とかYOASOBIとか)
音場が広めに感じるので臨場感があってとてもいいです。

また、ゲームにも使用しており、RPG、FPSにも使用しています
RPGでは広い音場のおかげでゲーム内BGMを聴くのがとても楽しくなりますが、FPSでは横の足音の定位はかなりいいですが、上下がわかりづらいかなといった印象です。

続きを読む

ぼんさん さん (2023/12/12)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:マエストロブルー

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

普通

音質はちょっと普通な感じがした

続きを読む

pcl さん (2023/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:マエストロブルー

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

3.0

細やかさ

3.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ボーカル曲を聴くときに

今回から初のリケーブル対応と言うこともあり音にハマればケーブルを変えたりして遊ぶのも楽しいと思います
音に関しては私は正直低音が少し欲しいと思いましたが曲によっては女性ボーカル曲や男性の高い声(ミセスや髭男)のを聴くと本領発揮してくれて気持ちのいい高音できくことができます

続きを読む

ぴー さん (2023/07/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1