• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

KANN MAX Anthracite Grey【10/31まで!専用ケースプレゼント!】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

KANN MAX Anthracite Grey【10/31まで!専用ケースプレゼント!】

  • 新品

¥179,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755502348

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥90,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ライブハウス最前での体験を全ての楽曲で

Astell&Kern KANN MAXはまるで自分1人がホールにいるような感覚にさせてくれるほどノイズの少ないポータブルプレイヤーです。

今回の試聴はカスタムIEM AAW ASHで行いましたが、圧倒的なホワイトノイズの少なさに驚きました。もはやノイズ0と言ってしまっても過言ではなく、カスタムIEMの遮音性の高さもあり、音楽を再生する前の静寂に感動しました。音に関しては3つのポイントに分けてレビューしていきます。

1:音のバランス
全体的な音のバランスは、際立って強調されている部分が無く、音源やイヤホン・ヘッドホンの特性のまま出力してくれているイメージでした。

2:各帯域について
低音域:タイトで正確。深いところまでしっかりと正確に奏でてくれてました。

中音域:近すぎず目の前でボーカリストが歌っているイメージでした。生々しさもしっかりと感じることが出来ました。

高音域:細かさの際立つサウンドです。ギリギリ刺さらない位の高音が音楽全体を引き締めてくれていました。

3:全体的な印象
まず、どの帯域も音の入り・抜けが早く、スピード感のある音でした。拍に合わせてカチッと入ってきて、そのままスッと抜けていくため、打ち込み系の楽曲を聴いた際の印象がとても良かったです。
また、楽器やボーカルの1つ1つの音がどこに配置されているかが正確に分かる印象で、分離感も素晴らしく分析的な楽しみ方もできると思います。

機能面に関しては、ミドルレンジ以上のポータブルプレイヤーでは定番になりつつある「3.5mm、2.5mm、4.4mm全部載せ」で、今お持ちのケーブル資産のまま移行できるのはやはりありがたいものです。

その他個人的に良かったポイントは、本体の軽さです。「KANN=大きくて重い」というイメージを抱いていましたが、背面が斜めにカットされたデザインで手になじみ、さほど重量は感じませんでした。最近のトレンドである高音質で大型なDAP製品の中ではむしろ軽いと感じました。

外で音楽を聴く際にはもちろん、鳴らしにくいヘッドホンを自宅でじっくり聞く際にも活躍してくれるKANN MAXはとてもお買い得な商品です!


試聴環境
Astell&Kern KANN MAX→AAW ASH(カスタムIEM)

ハラちゃん

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

KANNシリーズ最新作!!

立ち上がりが早く、クリアで歪みのないサウンドです。
より見通し良く、 ニュートラルに楽しめるサウンドですね。さすがはクアッドDAC、非常に鮮明なサウンドです。

新機能として、ACRO CA1000 Moon Silverにも搭載されている4段階のゲイン調整があります。使用した感じでいうと、よりパワフルに鮮明に音を鳴らしてくれる印象です。インピーダンスの高い機種でもしっかり鳴らすことができます。

さらには、便利機能としてBT Sinkがあります。簡単に言うと、KANN MAXがBTレシーバーになります。ストリーミング使いとしては嬉しい機能。普段僕が使っているBTR3Kと比べると、解像度がぐっと良くなり、よりニュートラルで、原音に忠実です。

先代のKANN ALPHAと比べ、小型化しより携帯性に優れたKANNシリーズの最新作。是非!!!!!

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Engineered to Powerful Perfection
4段階のゲイン調整、シリーズ最大となる 15Vrms 超高出力
ES9038Q2M クアッド DAC 搭載、768KHz/32bit・DSD512 対応
さらなる高出力化と携帯性の両立を実現した KANN シリーズ第 4 弾

KANN MAX Anthracite Grey

ヒーローイメージ

『KANN MAX』は、「Engineered to Powerful Perfection」をスローガンとして、さらなる高出力化と共にポータビリティーを実現した、高出力と低歪、高 S/N の両立がコンセプトの KANN シリーズ第4弾モデルです。4 段階のゲイン調整、KANN シリーズ最大となる 15Vrms もの超高出力を獲得しながらも低歪かつ高 S/N を両立。さらに Astell&Kern 独自の設計技術により、高出力化しながらも軽量・小型化を同時に可能にし、ポータビリティーも獲得。DAC 部に ESS ES9038Q2M を左右 2 基ずつ使用するクアッド DAC 構成で搭載し、最大 768kHz/32bit、DSD512 のネイティブ再生に対応。3.5mm アンバランス出力(光デジタル兼用)、2.5mm、4.4mm バランス出力を搭載。また電源関連部品を見直し、小型でハイパワーながら約13 時間の連続再生を実現。Bluetooth 5.0、aptX HD 及び LDAC コーデックに対応。機能面では USB-DACや USB デジタル出力、Bluetooth レシーバー機能、ワイヤレスデータ転送機能、DLNA ネットワーク機能、リプレイゲイン機能など多彩な機能を搭載。KANN MAX は、持ち運びに適したポータブルオーディオプレーヤーでありながら、あらゆるヘッドホンを優れたサウンドクオリティーで余裕を持ってドライブします。

  1. Engineered to Powerful Perfection
    1:4 段階のゲイン調整と最大 15Vrms の超高出力であらゆるヘッドホンをドライブ
    2:革新的な回路設計により超高出力と低ノイズ、ポータビリティーを両立
    3:ESS ES9038Q2M クアッド DAC 搭載により、クリアでバランスのとれたサウンドを実現
    4:主要回路を一体化した究極の新サウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    5:最大 PCM 768KHz/32bit、DSD512 のネイティブ再生に対応
    6:3.5mm アンバランス出力(光出力兼用)と 2.5mm、4.4mm バランス出力対応
    7:Bluetooth 5.0 搭載、aptX HD、LDAC コーデックに対応
    hoge画像
  2. 超高出力化と小型化の両立を実現
    KANN MAX は、高出力と低歪を両立させた KANN シリーズのアイデンティティをさらに進化させ、小型ながらハイパワーでクリアなサウンドを誰でも体感できるようにしました。これまで据え置き型ヘッドホンアンプである ACRO CA1000 でしか実現できなかった、4 段階のゲインレベル調整とバランス接続時最大 15Vrms の超高出力をポータブルサイズで実現しました。KANN MAX はハイインピーダンスの高性能ヘッドホンも余裕をもってドライブすることができます。従来の KANN シリーズで最高の携帯性を誇ったプレーヤー「KANN APLHA」よりも薄型・軽量化を実現。小型化しながらも、電源関連部品をすべて解析し、電源回路を何度も設計し直し、約 13 時間の連続再生を可能にしています。
    hoge画像
  3. 超高出力ながら低ノイズを実現した回路設計
    出力が上がれば、ノイズレベルも上がります。超高出力を備えながらも一切のノイズを許さず、原音をありのままに、妥協なく届けるという Astell&Kern の哲学を体現するためのオーディオ回路設計を完成させ、KANN MAX に搭載しました。KANN MAX ではアナログボリュームコントローラーを採用し、豊かなダイナミックレンジをロスなく実現します。KANN MAX は、DAC 部、ボリューム部、アンプ部に分かれたオーディオブロックごとに電源 IC を構成し、それぞれのオーディオ IC に必要な電力を安定的に供給するよう設計しています。これにより、DC-DC 電源の干渉リップルノイズ(電源供給時に発生する揺れ動くノイズ現象)を除去しています。OP-AMP で増幅して聴こえるオーディオノイズを最小限に抑えています。KANN MAX の超高出力と低ノイズは、前モデルである KANN ALPHA と同じサイズの限定基板を作成して12 層に分割し、アンプ回路に適用するデバイスの物理サイズを見直すなど、異なる回路設計によって実現しました。
    hoge画像
  4. クリアで圧倒的な音像定位を再現するクアッド DAC サウンド
    KANN MAX の DAC には ESS 社「ES9038Q2M」を採用。KANN シリーズで初めて DAC を左右 2 基ずつ、合計 4 基搭載したクアッド DAC 構成を適用し、クリアな高出力を実現したプレーヤーです。クアッド DAC を適用することで、1 つの DAC を 1 つのチャンネルにフルに割り当てることができるため、音源の深みや臨場感を最大限に表現することができます。DAC の強みを自然かつ繊細に引き上げる Astell&Kern のアンプ回路技術、原音をそのまま届ける DAC の優れたデコード能力と相まって、音声出力が歪みなく原音に忠実に表現されます。KANN MAX に適用された 4 つの DAC、オーディオブロックごとに構成された電源 IC、そしてそれらの性能を引き出す最適な回路設計が超高出力と低ノイズ化を実現し、KANN シリーズが誇る優れた性能とサウンドをお届けします。
    hoge画像
  5. PCM768KHz/32bit、DSD512 ネイティブ再生対応
    KANN MAX は、KANN シリーズで初めて最大 PCM768KHz/32bit、DSD512(2.4MHz/1bit)までのネイティブ再生に対応。ハイレゾ非圧縮の音質で、アーティスト本来の意図に忠実に、低歪みで再生します。
    hoge画像
  6. ゴールド PVD コーティング
    出力端子からの接触ノイズを最小限に抑えるため、ヘッドホン端子には一般的なリングではなく、ゴールドPVD コーティング方式を採用しました。これにより、デザイン性と機能性の両方を向上させています。
    hoge画像
  7. 究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    Astell&Kern が開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」が組み込まれています。TERATON ALPHA は、効果的な電源ノイズの除去、効率的な電源管理、歪みの少ない増幅により、オーディオ出力インターフェースを通して原音に近いオーディオ再生を実現する Astell&Kern の究極のサウンドソリューションです。アーティストやプロデューサーが意図した原音に近い音を再生するために、数万時間に及ぶ継続的な研究開発から生まれた Astell&Kern の特許技術を搭載しています。
    hoge画像
  8. Bluetooth 5.0、ワイヤレス 24bit コーデック aptX™ HD、LDAC に対応
    Bluetooth 5.0 は、Bluetooth 4.2 に比べて伝送速度が速く、通信距離も⾧いため、より安定したワイヤレス接続が可能です。LDAC と aptX™ HD の両方のワイヤレス 24bit コーデックに対応し、ワイヤレスでも高音質で聴くことができます。
  9. BT Sink によるワイヤレス Hi-Fi サウンド
    BT Sink 機能とは、スマートフォンと Bluetooth スピーカーを接続するように、KANN MAX と外部機器をBluetooth で接続する機能です。スマートフォンなどの外部機器の音楽を、BT Sink 機能を使ってKANN MAXで高音質に再生できるようになります。
    hoge画像
  10. リプレイゲイン機能を搭載
    音量の異なる音源を同一の音量レベルに調整する「ReplayGain(リプレイゲイン)」機能を搭載しています。リプレイゲイン機能により、自分のプレイリストをシームレスに楽しむことができます。
    ※リプレイゲインは 192kHz/24bit までの音源に対応します。
  11. ワイヤレスでの転送が楽しめる「AK File Drop」
    「AK File Drop」を搭載。同一ネットワーク上にある PC やスマートフォン、FTP プログラムなどを使用して、ワイヤレスで自由にファイル転送ができます。音楽ファイルの管理をケーブルレス、ワイヤレスで可能にします。
  12. 光が映し出すリアルタイム再生情報
    KANN MAX は、再生中の曲の音量レベルやビットレートなど、様々な再生情報を表示するボリュームホイール LED を搭載しています。LED はユーザー設定により点灯・消灯が可能です。
    hoge画像
  13. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ 64GB+microSD カードスロット搭載(最大 1TB 対応※microSD カードは別売)
    ・USB-DAC 機能 ※Windows 用ドライバーは HP からダウンロード
    ・USB デジタルオーディオ出力機能
    ・光デジタル出力機能 ※3.5mm イヤホンジャック兼用
    ・DLNA 機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」
    ・MQA フォーマット音源の再生対応
    ・動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  14. デザインコンセプト
    KANN MAX は、KANN シリーズの大胆なコンセプトを継承しつつ、高性能スポーツカーの溢れる馬力とロケットエンジンの強烈なパワーをマキシマムとしてビジュアル化したものです。従来の KANN シリーズのイメージはオフロードカーのような重厚で力強いものでしたが、KANN MAX では Astell&Kern KANN ラインアップのアイデンティティを継承しつつ、高性能スポーツカーのように薄型でハイパワーな性能を誇りたいという思いからデザインしました。スリムな形状は、下から上に向かって急激に細くなる六角形のトップラインで強調し、背面のヘアライン処理でスピード感を表現、力強い出力が得られるという自信を示しています。ボリュームホイールに巻かれたホイールプロテクターは、搭載された強力なエンジンをイメージして火花を散らし、今にも飛び出してきそうな力強いイメージを醸し出しています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
本体素材 アルミニウム
ディスプレイ 4.1 インチ(720×1280)タッチスクリーン
対応ファイル形式 WAV, FLAC, WMA, MP3, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
対応サンプリングレート PCM 最大 : 768KHz(16/24/32bit)
DSD 最大 : DSD512(22.4MHz/1bit) ステレオ
アウトプットレベル [Low] アンバランス 2Vrms / バランス 4Vrms (無負荷),
[Mid] アンバランス 4Vrms / バランス 8Vrms (無負荷),
[High] アンバランス 6Vrms / バランス 12Vrms (無負荷),
[Super] アンバランス 8Vrms / バランス 15Vrms (無負荷)
CPU Quad-core
DAC ESS ES9038Q2M×4 (Quad-DAC)
入力 USB Type-C (充電&データ転送)
出力 3.5mm3 極アンバランス出力 (光デジタル出力兼用)
2.5mm4 極バランス出力, 4.4mm5 極バランス出力 (GND 接続あり)
Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth V5.0 (A2DP, AVRCP / Qualcomm® aptX™ HD, LDAC)
サイズ (W×H×D) 68.3mm × 117mm × 23.6mm
重量 約 305g
ファームウェアアップデート OTA
動作温度 0℃ ~ +40℃
周波数特性 ±0.023dB (20Hz~20kHz) アンバランス
±0.026dB (20Hz~20kHz) バランス
±0.035dB (20Hz~70kHz) アンバランス
±0.072dB (20Hz~70kHz) バランス
S/N 比 114dB @ 1kHz, アンバランス / 115dB @ 1kHz, バランス
クロストーク -124dB @ 1kHz, アンバランス / -135dB @ 1kHz, バランス
THD+N 0.0003% @ 1kHz, アンバランス / 0.0004% @ 1kHz, バランス
IMD 0.0007% 800Hz 10kHz (4:1) アンバランス / 0.0007% 800Hz 10kHz (4:1) バランス
出力インピーダンス アンバランス 3.5mm (1Ω) / バランス 2.5mm (1.6Ω), 4.4mm (1.6Ω)
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンスクロックジッター 70ps
バッテリー 5,600mAh 3.8V リチウムポリマー
充電時間 約 3.5 時間 (9V 1.67A 急速) / 約 5.5 時間 (5V 2A 通常)
再生時間 約 13 時間 (FLAC, 44.1KHz/16bit, アンバランス, Vol.40, LCD Off, LED On, Low Gain)
内蔵メモリ 64GB [NAND] ※システム領域を含む
外部メモリ対応 microSD スロット×1 (最大 1TB)
対応 OS Windows 10 (32/64bit) / MAC OS X 10.7
付属品 USB Type-C ケーブル, 画面保護シート, microSD カードスロットカバー
メーカー保証 本体 1 年 / 付属品 90 日

商品詳細

Engineered to Powerful Perfection
4段階のゲイン調整、シリーズ最大となる 15Vrms 超高出力
ES9038Q2M クアッド DAC 搭載、768KHz/32bit・DSD512 対応
さらなる高出力化と携帯性の両立を実現した KANN シリーズ第 4 弾

KANN MAX Anthracite Grey

ヒーローイメージ

『KANN MAX』は、「Engineered to Powerful Perfection」をスローガンとして、さらなる高出力化と共にポータビリティーを実現した、高出力と低歪、高 S/N の両立がコンセプトの KANN シリーズ第4弾モデルです。4 段階のゲイン調整、KANN シリーズ最大となる 15Vrms もの超高出力を獲得しながらも低歪かつ高 S/N を両立。さらに Astell&Kern 独自の設計技術により、高出力化しながらも軽量・小型化を同時に可能にし、ポータビリティーも獲得。DAC 部に ESS ES9038Q2M を左右 2 基ずつ使用するクアッド DAC 構成で搭載し、最大 768kHz/32bit、DSD512 のネイティブ再生に対応。3.5mm アンバランス出力(光デジタル兼用)、2.5mm、4.4mm バランス出力を搭載。また電源関連部品を見直し、小型でハイパワーながら約13 時間の連続再生を実現。Bluetooth 5.0、aptX HD 及び LDAC コーデックに対応。機能面では USB-DACや USB デジタル出力、Bluetooth レシーバー機能、ワイヤレスデータ転送機能、DLNA ネットワーク機能、リプレイゲイン機能など多彩な機能を搭載。KANN MAX は、持ち運びに適したポータブルオーディオプレーヤーでありながら、あらゆるヘッドホンを優れたサウンドクオリティーで余裕を持ってドライブします。

  1. Engineered to Powerful Perfection
    1:4 段階のゲイン調整と最大 15Vrms の超高出力であらゆるヘッドホンをドライブ
    2:革新的な回路設計により超高出力と低ノイズ、ポータビリティーを両立
    3:ESS ES9038Q2M クアッド DAC 搭載により、クリアでバランスのとれたサウンドを実現
    4:主要回路を一体化した究極の新サウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    5:最大 PCM 768KHz/32bit、DSD512 のネイティブ再生に対応
    6:3.5mm アンバランス出力(光出力兼用)と 2.5mm、4.4mm バランス出力対応
    7:Bluetooth 5.0 搭載、aptX HD、LDAC コーデックに対応
    hoge画像
  2. 超高出力化と小型化の両立を実現
    KANN MAX は、高出力と低歪を両立させた KANN シリーズのアイデンティティをさらに進化させ、小型ながらハイパワーでクリアなサウンドを誰でも体感できるようにしました。これまで据え置き型ヘッドホンアンプである ACRO CA1000 でしか実現できなかった、4 段階のゲインレベル調整とバランス接続時最大 15Vrms の超高出力をポータブルサイズで実現しました。KANN MAX はハイインピーダンスの高性能ヘッドホンも余裕をもってドライブすることができます。従来の KANN シリーズで最高の携帯性を誇ったプレーヤー「KANN APLHA」よりも薄型・軽量化を実現。小型化しながらも、電源関連部品をすべて解析し、電源回路を何度も設計し直し、約 13 時間の連続再生を可能にしています。
    hoge画像
  3. 超高出力ながら低ノイズを実現した回路設計
    出力が上がれば、ノイズレベルも上がります。超高出力を備えながらも一切のノイズを許さず、原音をありのままに、妥協なく届けるという Astell&Kern の哲学を体現するためのオーディオ回路設計を完成させ、KANN MAX に搭載しました。KANN MAX ではアナログボリュームコントローラーを採用し、豊かなダイナミックレンジをロスなく実現します。KANN MAX は、DAC 部、ボリューム部、アンプ部に分かれたオーディオブロックごとに電源 IC を構成し、それぞれのオーディオ IC に必要な電力を安定的に供給するよう設計しています。これにより、DC-DC 電源の干渉リップルノイズ(電源供給時に発生する揺れ動くノイズ現象)を除去しています。OP-AMP で増幅して聴こえるオーディオノイズを最小限に抑えています。KANN MAX の超高出力と低ノイズは、前モデルである KANN ALPHA と同じサイズの限定基板を作成して12 層に分割し、アンプ回路に適用するデバイスの物理サイズを見直すなど、異なる回路設計によって実現しました。
    hoge画像
  4. クリアで圧倒的な音像定位を再現するクアッド DAC サウンド
    KANN MAX の DAC には ESS 社「ES9038Q2M」を採用。KANN シリーズで初めて DAC を左右 2 基ずつ、合計 4 基搭載したクアッド DAC 構成を適用し、クリアな高出力を実現したプレーヤーです。クアッド DAC を適用することで、1 つの DAC を 1 つのチャンネルにフルに割り当てることができるため、音源の深みや臨場感を最大限に表現することができます。DAC の強みを自然かつ繊細に引き上げる Astell&Kern のアンプ回路技術、原音をそのまま届ける DAC の優れたデコード能力と相まって、音声出力が歪みなく原音に忠実に表現されます。KANN MAX に適用された 4 つの DAC、オーディオブロックごとに構成された電源 IC、そしてそれらの性能を引き出す最適な回路設計が超高出力と低ノイズ化を実現し、KANN シリーズが誇る優れた性能とサウンドをお届けします。
    hoge画像
  5. PCM768KHz/32bit、DSD512 ネイティブ再生対応
    KANN MAX は、KANN シリーズで初めて最大 PCM768KHz/32bit、DSD512(2.4MHz/1bit)までのネイティブ再生に対応。ハイレゾ非圧縮の音質で、アーティスト本来の意図に忠実に、低歪みで再生します。
    hoge画像
  6. ゴールド PVD コーティング
    出力端子からの接触ノイズを最小限に抑えるため、ヘッドホン端子には一般的なリングではなく、ゴールドPVD コーティング方式を採用しました。これにより、デザイン性と機能性の両方を向上させています。
    hoge画像
  7. 究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    Astell&Kern が開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」が組み込まれています。TERATON ALPHA は、効果的な電源ノイズの除去、効率的な電源管理、歪みの少ない増幅により、オーディオ出力インターフェースを通して原音に近いオーディオ再生を実現する Astell&Kern の究極のサウンドソリューションです。アーティストやプロデューサーが意図した原音に近い音を再生するために、数万時間に及ぶ継続的な研究開発から生まれた Astell&Kern の特許技術を搭載しています。
    hoge画像
  8. Bluetooth 5.0、ワイヤレス 24bit コーデック aptX™ HD、LDAC に対応
    Bluetooth 5.0 は、Bluetooth 4.2 に比べて伝送速度が速く、通信距離も⾧いため、より安定したワイヤレス接続が可能です。LDAC と aptX™ HD の両方のワイヤレス 24bit コーデックに対応し、ワイヤレスでも高音質で聴くことができます。
  9. BT Sink によるワイヤレス Hi-Fi サウンド
    BT Sink 機能とは、スマートフォンと Bluetooth スピーカーを接続するように、KANN MAX と外部機器をBluetooth で接続する機能です。スマートフォンなどの外部機器の音楽を、BT Sink 機能を使ってKANN MAXで高音質に再生できるようになります。
    hoge画像
  10. リプレイゲイン機能を搭載
    音量の異なる音源を同一の音量レベルに調整する「ReplayGain(リプレイゲイン)」機能を搭載しています。リプレイゲイン機能により、自分のプレイリストをシームレスに楽しむことができます。
    ※リプレイゲインは 192kHz/24bit までの音源に対応します。
  11. ワイヤレスでの転送が楽しめる「AK File Drop」
    「AK File Drop」を搭載。同一ネットワーク上にある PC やスマートフォン、FTP プログラムなどを使用して、ワイヤレスで自由にファイル転送ができます。音楽ファイルの管理をケーブルレス、ワイヤレスで可能にします。
  12. 光が映し出すリアルタイム再生情報
    KANN MAX は、再生中の曲の音量レベルやビットレートなど、様々な再生情報を表示するボリュームホイール LED を搭載しています。LED はユーザー設定により点灯・消灯が可能です。
    hoge画像
  13. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ 64GB+microSD カードスロット搭載(最大 1TB 対応※microSD カードは別売)
    ・USB-DAC 機能 ※Windows 用ドライバーは HP からダウンロード
    ・USB デジタルオーディオ出力機能
    ・光デジタル出力機能 ※3.5mm イヤホンジャック兼用
    ・DLNA 機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」
    ・MQA フォーマット音源の再生対応
    ・動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  14. デザインコンセプト
    KANN MAX は、KANN シリーズの大胆なコンセプトを継承しつつ、高性能スポーツカーの溢れる馬力とロケットエンジンの強烈なパワーをマキシマムとしてビジュアル化したものです。従来の KANN シリーズのイメージはオフロードカーのような重厚で力強いものでしたが、KANN MAX では Astell&Kern KANN ラインアップのアイデンティティを継承しつつ、高性能スポーツカーのように薄型でハイパワーな性能を誇りたいという思いからデザインしました。スリムな形状は、下から上に向かって急激に細くなる六角形のトップラインで強調し、背面のヘアライン処理でスピード感を表現、力強い出力が得られるという自信を示しています。ボリュームホイールに巻かれたホイールプロテクターは、搭載された強力なエンジンをイメージして火花を散らし、今にも飛び出してきそうな力強いイメージを醸し出しています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
本体素材 アルミニウム
ディスプレイ 4.1 インチ(720×1280)タッチスクリーン
対応ファイル形式 WAV, FLAC, WMA, MP3, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
対応サンプリングレート PCM 最大 : 768KHz(16/24/32bit)
DSD 最大 : DSD512(22.4MHz/1bit) ステレオ
アウトプットレベル [Low] アンバランス 2Vrms / バランス 4Vrms (無負荷),
[Mid] アンバランス 4Vrms / バランス 8Vrms (無負荷),
[High] アンバランス 6Vrms / バランス 12Vrms (無負荷),
[Super] アンバランス 8Vrms / バランス 15Vrms (無負荷)
CPU Quad-core
DAC ESS ES9038Q2M×4 (Quad-DAC)
入力 USB Type-C (充電&データ転送)
出力 3.5mm3 極アンバランス出力 (光デジタル出力兼用)
2.5mm4 極バランス出力, 4.4mm5 極バランス出力 (GND 接続あり)
Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth V5.0 (A2DP, AVRCP / Qualcomm® aptX™ HD, LDAC)
サイズ (W×H×D) 68.3mm × 117mm × 23.6mm
重量 約 305g
ファームウェアアップデート OTA
動作温度 0℃ ~ +40℃
周波数特性 ±0.023dB (20Hz~20kHz) アンバランス
±0.026dB (20Hz~20kHz) バランス
±0.035dB (20Hz~70kHz) アンバランス
±0.072dB (20Hz~70kHz) バランス
S/N 比 114dB @ 1kHz, アンバランス / 115dB @ 1kHz, バランス
クロストーク -124dB @ 1kHz, アンバランス / -135dB @ 1kHz, バランス
THD+N 0.0003% @ 1kHz, アンバランス / 0.0004% @ 1kHz, バランス
IMD 0.0007% 800Hz 10kHz (4:1) アンバランス / 0.0007% 800Hz 10kHz (4:1) バランス
出力インピーダンス アンバランス 3.5mm (1Ω) / バランス 2.5mm (1.6Ω), 4.4mm (1.6Ω)
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンスクロックジッター 70ps
バッテリー 5,600mAh 3.8V リチウムポリマー
充電時間 約 3.5 時間 (9V 1.67A 急速) / 約 5.5 時間 (5V 2A 通常)
再生時間 約 13 時間 (FLAC, 44.1KHz/16bit, アンバランス, Vol.40, LCD Off, LED On, Low Gain)
内蔵メモリ 64GB [NAND] ※システム領域を含む
外部メモリ対応 microSD スロット×1 (最大 1TB)
対応 OS Windows 10 (32/64bit) / MAC OS X 10.7
付属品 USB Type-C ケーブル, 画面保護シート, microSD カードスロットカバー
メーカー保証 本体 1 年 / 付属品 90 日

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

操作性

4.2

画面表示(UI)

4.2

音場

4.1

音の解像度

4.5

25人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

4.0

画面表示(UI)

4.0

音場

3.0

音の解像度

5.0

ガチモニターサウンド!!!録音を忠実に聴きたいならコレ一択!!!

eイヤ店頭にて4.4mmが刺せる全てのDAPを試聴した上で購入したが、私の求めるサウンドに一番近かったのがコレ!

とにかく音に癖が無い!他の20万30万40万するDAPと比べても圧倒的な癖の無さ。
コレを聴いてしまうとむしろ高額DAPの癖の強さに辟易するほど。
SP2000TやCayin N8iiは派手に高域を散らかしFiiO M17は怒涛の低域再生。そんなモノはKANN MAXには無い。
録音に記録されている情報だけを忠実に引き出すのみ。といった作業をまじめにやってくれている。
強いて言えば繊細でフェミニンな印象のAKサウンド感は多少あるがそれが良い。

音場は中庸、f特は聴感上フラット、寒暖差はほぼ無いがほんの僅かに寒色寄り、音数が多くても空間が濁らない解像度の高さ。
どこをとっても癖の少なさでは他DAPと群を抜いていた。ガチモニターサウンドと言ってあげたい。

試聴は4.4mmでFitear MH335DWSRで行ったが同じくMH334SRとの相性が抜群!!

但し機能面で多彩なDACフィルターが用意されているが、コレは使用するイヤホンやヘッドホンで変更する必要がある。
デフォルトでは「Apodizing Fast Roll-Off」が設定されていたが、このままだと若干低域が強めに出る。
T3-01のようなヘッドホンでは感じにくいがMH334SRでは変化が如実に現れた。
MH334SRの場合、「Minimum Phase Fast Roll-Off」が奥行きを感じ易くf特も聴感上フラットになる。
このフィルターは高域を強調したり低域を強調する傾向が出るので鳴り物に合わせた設定をしたほうが良い。
ちなみに項目を選択しただけでは変わらず、バックボタンを押した時に変わるので逐一確認する必要がある。
この点、SR25MKは選択時に変わっていたので面倒なところではある。

また、どんな機器にもS/Nのおいしいスポットというのがあるが、参考までにMH334SRだとLowゲインでボリューム77~80あたりが最も音源の鮮度を感じるところだろう。

原音再生とか妙なコトは言わないが、録音を忠実に聴きたい人は現行だとこのDAPを選んで間違い無い。
大型化するDAP市場の中でこの手に馴染むずんぐりとした筐体も愛着が湧くコトだろう。

続きを読む

WIN さん (2022/09/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

3.5

画面表示(UI)

3.5

音場

4.0

音の解像度

4.0

わるくない!

KANNシリーズが順調に進化していると思う。

初代に比べてコンパクトになっているし、KANNの代名詞のようなパワーは健在。

もう少し、KANNならではの良さが加わればいいなーと感じた。

音に関して、力強い低域〜中域。程よい高域があって好みに合えばかなりおすすめの機種。

続きを読む

ひかりん さん (2022/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

3.5

画面表示(UI)

4.0

音場

4.5

音の解像度

4.5

力強い音

店頭で視聴しました。

傾向としてはニュートラルでクリアなサウンドです。
操作性も悪くなくサクサクと動きます。
携帯するには少し重いですがそれでも携帯する価値はある音だと思います。

続きを読む

アーシェス さん (2022/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

5.0

画面表示(UI)

3.0

音場

3.0

音の解像度

3.0

kannシリーズの正当進化!

kannシリーズの4作目になります。
CUBEは例外とすれば3作目ですが前作のkann Alphaから正当に全ての項目がレベルアップしております。
特にノイズの少なさには驚かせられました。
ポータブルで高出力の場合はノイズが乗りやすいdapが多い中se100のようなノイズの少なさでした。
音はkann Alphaよりも厚みがあるなと感じました。

続きを読む

ひーげ さん (2022/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

4.0

画面表示(UI)

4.0

音場

4.0

音の解像度

5.0

重厚感

そこそこ重さがあるのでポータブルにはあまり適してないかと思います。
ですが、音の厚みや解像度は素晴らしく、自宅で楽しむには適しております

続きを読む

あゆたん さん (2022/07/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

4.5

画面表示(UI)

4.5

音場

4.5

音の解像度

5.0

安定のKANN

自分はKANN ALPHAを所有しておりますが、これはまた違う機種でした…
クアッドDAC?まあそんな変わらんだろうと思って居ましたが全然違いました、何だこのクリアな音は…Astell&Kernらしい澄んだ音が洗練されて聞こえて来ます
さらにこれまでの初代KANNやKANN CUBEを持ったことのある人なら驚く本体の小ささには感動すら覚えました「こんな小さな本体に驚くべきパワーが!!?」
ALPHA同様見た目もカッコいいし何より3.5mm 2.5mm 4.4mmの全部盛りなので使い勝手も抜群で隙のない機種だと思いました。
ネックなのは小型化されたとはいえちょっと重いかな?あとは…価格ですね、これだけの性能なのでしょうがないですがパッと買えるお値段では無いです。
とはいえ個人的にDAPに求める音質、サイズ、見た目と三拍子揃った素晴らしい機種でした。

続きを読む

進撃のずん さん (2022/07/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1