• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

FIIO (フィーオ)

FX15

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

FIIO (フィーオ)

FX15

  • 新品

¥130,527 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314017786

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥52,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

つじ

@e☆イヤホン仙台駅前店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

2つの顔を持つトライブリッド型IEM

FiiOでは初となるESTドライバーを4基搭載したイヤホン。中低域の量感が多く、非常にウォームでゆったりとしたサウンドが特徴的です。全体的に中域が持ち上がったかまぼこ寄りで、特に男性ボーカルと相性が良いと感じました!

音場に関してはやや近めで、モニターライクな印象……「あれ? ESTドライバーは?」

ESTドライバーを4基も搭載しているので高域が伸びる煌びやかなサウンドを想像しておりましたが、しっとりと落ち着いた印象。

“ESTドライバーのオン/オフを切り替えるディップスイッチ搭載”

完全にスペックを見落としておりました……。本体のディップスイッチをONにして再度試聴。(※ディップスイッチ切り替えにはSIMカード取り出しピンなど細いものが必要です)

「本当に同じイヤホン?」

明らかにレンジが広がり、ESTドライバー特有のサラサラとした質感の高域が心地よく鳴ります。ESTドライバーOFF時に比べてEQプリセットを変えたかのようにキャラクターが変化し、気持ちドンシャリ傾向の華やかなサウンドです!

低域の量感は程よく、全体的に太すぎず細すぎないといった印象で、幅広いジャンルと相性が良いと感じました。楽曲によってスイッチを切り替えて合わせるというのも面白いのではないでしょうか?

一台で2つの顔を持つトライブリッド型IEM、ぜひお試しください!

こまめ

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

FiiO初トライブリッド型イヤホン

筐体はシンプルなデザインで、場面問わず使用しやすいデザインだと思います。ドライバーの配置と装着感を両立するために、3Dプリンターで製造されていて耳への収まりも良く、落ちにくい印象を受けました。

ケーブルはプラグ交換が可能で、手軽に3.5mmと4.4mm接続を切り替えられるのが好印象です。さらに、イヤーピースが豊富に付属している点も魅力的です。全部で7種類付属しているためフィット感、サウンドを自分自身で好みに調整できます。

また、この製品の大きな特徴としてESTドライバーが使用されていることが挙げられます。本体上部にあるディップスイッチを使用することで、ESTドライバーをON/OFF切り替えが可能です。

【EST:ON】
全体的にすっきりとしたサウンドで、特に高域が非常に伸びやかで見通しのある印象です。ボーカルの艶感も非常に高く、FX15が持つポテンシャルを最大限に活かせていると感じました。低域も弾むようにレスポンスが良く、滲むような印象ではないため存在感がありつつも他の帯域に影響を与えずに鳴っています。

【EST:OFF】
ONの時と比較すると高域の伸びやかさは落ち着いていて、中低域寄りのゆったりとしたサウンドです。刺さるような音が多い楽曲などはOFFにすると快適にリスニングができると思います。高域の余韻が空間の広さを演出しているように感じたため、OFFの状態だと空間表現はやや狭めに感じました。

スイッチのON / OFFでかなり印象が変わるので曲のジャンルで切り替えたり、じっくり音楽を楽しみたい時はON、ながら聴きでBGMとして使いたい時はOFFのように切り替えるのも良いと思いました。

FiiO初の試みを実現したイヤホンです。店頭で実際に試聴可能ですので、是非お試しください!

【試聴環境】
FiiO M15S
【試聴楽曲】
Orangestar:DAYBREAK FRONTLINE
MIMI:What Call This Day?(feat.にんじん)

   
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

FiiO初、静電型を含む
三種類の異なるドライバーを搭載したユニバーサルIEM

FiiO FX15

ヒーローイメージ

FX15は、1つの筐体内に静電(EST)型、バランスド・アーマチュア(BA)型、ダイナミック型の3つの異なる形式のドライバーを搭載したユニバーサルIEMです。低域、中域、高域とそれぞれの帯域で異なるドライバーの種類を使用することにより、ドライバーの長所を伸ばした理想的な周波数バランスを実現いたしました。

  1. 三種類のドライバーを搭載したユニバーサルIEM
    FX15は、1つの筐体内に静電(EST)型、バランスド・アーマチュア(BA)型、ダイナミック型の3つの異なる形式のドライバーを搭載したユニバーサルIEMです。
    hoge画像
  2. 高域・超高域用に4基のSonion製ESTドライバー採用
    高域・超高域用のESTドライバーには、Sonion製のEST65QB02を採用。ESTドライバーは従来のドライバーとは全く異なり、静電気の力を使って超薄膜・超軽量の薄膜を振動させる動作原理を用いたトランスデューサーで、構造に由来する極めて高い過渡特性が特徴のドライバーです。

    従来の静電型ドライバーは、高い電圧を確保するための専用アンプが必要であったほか、軽量・小型化が難しく、イヤホンのシェルに収納することが困難でしたが、Sonion製のESTドライバーは、専用の昇圧用トランスを搭載することで、小型化に成功しイヤホン・ヘッドホン用のアンプ回路でもドライバーを駆動することが可能になりました。

    さらにFX15では、異なる周波数特性を持つユニットを組み合わせることで、良質な帯域バランスを実現いたします。
    hoge画像
  3. 中・高域用にKnowles製BAドライバーを1基採用
    BAドライバーには、中域と中高域に実績のあるKnowles製ED29689バランスド・アーマチュア・ドライバーを採用しています。シェル設計を含むFiiO独自の手法により本ドライバーの感度を低く設定することで、静電型ドライバーとの干渉を防ぎ、理想的な周波数バランスを実現しました。
    hoge画像
  4. 中・低域用に10mm径DLCダイナミックドライバー採用
    中・低域を担当する10mm径のダイナミック型ドライバーには、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)素材が採用されました。振動板はDLCとPU(ポリウレタン)の複合素材で構成され、エッジ部分はPU素材の柔軟性と高いダンピング係数により大振幅への追従性を向上させ、ドーム部分はDLCの特徴である優れた剛性と高い内部損失により歪みを低減し、実態感を伴ったリッチな中域と、沈み込むように深くそしてキレの良い低域を実現しました。
    hoge画像
  5. ESTドライバーのオン/オフを切り替える
    ディップスイッチ搭載
    FX15では、本体に付属したディップスイッチでESTドライバーのON/OFFを行えます。これにより超高域の特性を簡単に変更でき、ESTドライバーの効能を瞬時に体験可能です。ESTドライバーがオンの状態では広帯域にわたって高い解像感を提供し、ESTドライバーをオフにすると中低域が豊かなでウォームなサウンドに変化いたします。
    hoge画像
  6. 低音域用ドライバーのポテンシャルを引き出す
    フィルター構造「S.Turboテクノロジー」搭載
    FX15には、低音域のクオリティを下げずにクリアな中高音域を実現するため、FiiOの特許技術*である「S.Turboテクノロジー」を搭載しています。ダイナミックドライバーが発生させる高音成分をこの音響構造によって自然にフィルタリングすることで、複数のドライバー間で発生する音の干渉を抑制し、自然で豊かな低域と理想的な周波数特性を両立します。

    ※中国特許証明書番号:ZL2018211416279
    hoge画像
  7. 優れた装着感と美しいデザインを実現する3Dプリント筐体
    FX15は、3種類のドライバーを配置する理想的な筐体形状を生み出すため、3Dプリント筐体を採用いたしました。エルゴノミクスデザインを採用した筐体は、カリフォルニア州アーバインに本拠を置く3Dプリント関連企業のHeyGearsと協力し、0.0375mmまでの3Dプリント精度を持つ高度なDLP-3D印刷方式で作られます。度重なる測定と装着テストを経て、快適な装着感と筐体の耐久性を兼ね備えた理想的なバランスを実現しました。
    hoge画像
  8. 高純度単結晶純銀芯線224本採用のMMCXケーブル
    FX15には、MMCXコネクターを採用した高品位ケーブルが標準装備されています。高純度の単結晶純銀素材による28本の芯線を8本編組した合計224本構造のケーブルで、優れた信号伝送品質と高い柔軟性による快適な試聴体験をご提供します。環境負荷の小さい医療グレードのTPU被覆は、長期間使用による黄変や低温環境下での硬化に対する耐性を備えており、安心して長期にわたるご使用をいただけます。

    また、プレーヤー側プラグの交換が可能な構造になっているため、このケーブル一本で標準的な3.5mmプラグを用いた接続と4.4mmバランス接続の両方を楽しめます。

    ※本交換式オーディオプラグは、FABRILOUSの特許技術です。
    hoge画像 hoge画像
  9. ハイレゾオーディオ認証を取得
    FX15は、日本オーディオ協会が定めるハイレゾオーディオ認証を取得しています。
  10. FiiO製イヤーチップ「HS18」が同梱
    FH15には、FiiOが開発したイヤーチップ「HS18」が3ペア(S,M,Lサイズ)同梱されています。このイヤーチップは耳に接する部分の厚みが0.4mmと非常に薄いため、耳への負担が少なく、快適なフィットを実現しています。またHS18の開口部は大きめに設計されているため、FX15から出る音を損失なく耳まで届けます。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 Sonion製静電型ドライバー ×4基
Knowles製バランスドアーマチュアドライバー x1基
10mm径ダイナミックドライバー ×1基
インピーダンス 24Ω(@1kHz)
音圧感度 103dB/mW(@1kHz)
再生周波数帯域 20Hz ~ 40kHz
ケーブル仕様 長さ:約120cm
素材:高純度単結晶純銀芯線
本体重量 片側:約6g(ケーブルを除く)
付属品 ・プラグ交換式銀MMCXケーブル
・SpinFitイヤーチップ3ペア(S/M/L)
・HS18イヤーチップ3組(S/M/L)
・バランス重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L) ※Mサイズを装着済み
・ボーカル重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
・低音重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
・ダブルフランジイヤーチップ2組(M)
・フォームイヤーチップ2組(M)
・3.5mm/4.4mm交換式プラグ ※4.4mmプラグを装着済み
・MMCXアシストツール
・マグネットクリップ
・クリーニングブラシ
・HB5キャリングケース
・クイックスタートガイド

商品詳細

FiiO初、静電型を含む
三種類の異なるドライバーを搭載したユニバーサルIEM

FiiO FX15

ヒーローイメージ

FX15は、1つの筐体内に静電(EST)型、バランスド・アーマチュア(BA)型、ダイナミック型の3つの異なる形式のドライバーを搭載したユニバーサルIEMです。低域、中域、高域とそれぞれの帯域で異なるドライバーの種類を使用することにより、ドライバーの長所を伸ばした理想的な周波数バランスを実現いたしました。

  1. 三種類のドライバーを搭載したユニバーサルIEM
    FX15は、1つの筐体内に静電(EST)型、バランスド・アーマチュア(BA)型、ダイナミック型の3つの異なる形式のドライバーを搭載したユニバーサルIEMです。
    hoge画像
  2. 高域・超高域用に4基のSonion製ESTドライバー採用
    高域・超高域用のESTドライバーには、Sonion製のEST65QB02を採用。ESTドライバーは従来のドライバーとは全く異なり、静電気の力を使って超薄膜・超軽量の薄膜を振動させる動作原理を用いたトランスデューサーで、構造に由来する極めて高い過渡特性が特徴のドライバーです。

    従来の静電型ドライバーは、高い電圧を確保するための専用アンプが必要であったほか、軽量・小型化が難しく、イヤホンのシェルに収納することが困難でしたが、Sonion製のESTドライバーは、専用の昇圧用トランスを搭載することで、小型化に成功しイヤホン・ヘッドホン用のアンプ回路でもドライバーを駆動することが可能になりました。

    さらにFX15では、異なる周波数特性を持つユニットを組み合わせることで、良質な帯域バランスを実現いたします。
    hoge画像
  3. 中・高域用にKnowles製BAドライバーを1基採用
    BAドライバーには、中域と中高域に実績のあるKnowles製ED29689バランスド・アーマチュア・ドライバーを採用しています。シェル設計を含むFiiO独自の手法により本ドライバーの感度を低く設定することで、静電型ドライバーとの干渉を防ぎ、理想的な周波数バランスを実現しました。
    hoge画像
  4. 中・低域用に10mm径DLCダイナミックドライバー採用
    中・低域を担当する10mm径のダイナミック型ドライバーには、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)素材が採用されました。振動板はDLCとPU(ポリウレタン)の複合素材で構成され、エッジ部分はPU素材の柔軟性と高いダンピング係数により大振幅への追従性を向上させ、ドーム部分はDLCの特徴である優れた剛性と高い内部損失により歪みを低減し、実態感を伴ったリッチな中域と、沈み込むように深くそしてキレの良い低域を実現しました。
    hoge画像
  5. ESTドライバーのオン/オフを切り替える
    ディップスイッチ搭載
    FX15では、本体に付属したディップスイッチでESTドライバーのON/OFFを行えます。これにより超高域の特性を簡単に変更でき、ESTドライバーの効能を瞬時に体験可能です。ESTドライバーがオンの状態では広帯域にわたって高い解像感を提供し、ESTドライバーをオフにすると中低域が豊かなでウォームなサウンドに変化いたします。
    hoge画像
  6. 低音域用ドライバーのポテンシャルを引き出す
    フィルター構造「S.Turboテクノロジー」搭載
    FX15には、低音域のクオリティを下げずにクリアな中高音域を実現するため、FiiOの特許技術*である「S.Turboテクノロジー」を搭載しています。ダイナミックドライバーが発生させる高音成分をこの音響構造によって自然にフィルタリングすることで、複数のドライバー間で発生する音の干渉を抑制し、自然で豊かな低域と理想的な周波数特性を両立します。

    ※中国特許証明書番号:ZL2018211416279
    hoge画像
  7. 優れた装着感と美しいデザインを実現する3Dプリント筐体
    FX15は、3種類のドライバーを配置する理想的な筐体形状を生み出すため、3Dプリント筐体を採用いたしました。エルゴノミクスデザインを採用した筐体は、カリフォルニア州アーバインに本拠を置く3Dプリント関連企業のHeyGearsと協力し、0.0375mmまでの3Dプリント精度を持つ高度なDLP-3D印刷方式で作られます。度重なる測定と装着テストを経て、快適な装着感と筐体の耐久性を兼ね備えた理想的なバランスを実現しました。
    hoge画像
  8. 高純度単結晶純銀芯線224本採用のMMCXケーブル
    FX15には、MMCXコネクターを採用した高品位ケーブルが標準装備されています。高純度の単結晶純銀素材による28本の芯線を8本編組した合計224本構造のケーブルで、優れた信号伝送品質と高い柔軟性による快適な試聴体験をご提供します。環境負荷の小さい医療グレードのTPU被覆は、長期間使用による黄変や低温環境下での硬化に対する耐性を備えており、安心して長期にわたるご使用をいただけます。

    また、プレーヤー側プラグの交換が可能な構造になっているため、このケーブル一本で標準的な3.5mmプラグを用いた接続と4.4mmバランス接続の両方を楽しめます。

    ※本交換式オーディオプラグは、FABRILOUSの特許技術です。
    hoge画像 hoge画像
  9. ハイレゾオーディオ認証を取得
    FX15は、日本オーディオ協会が定めるハイレゾオーディオ認証を取得しています。
  10. FiiO製イヤーチップ「HS18」が同梱
    FH15には、FiiOが開発したイヤーチップ「HS18」が3ペア(S,M,Lサイズ)同梱されています。このイヤーチップは耳に接する部分の厚みが0.4mmと非常に薄いため、耳への負担が少なく、快適なフィットを実現しています。またHS18の開口部は大きめに設計されているため、FX15から出る音を損失なく耳まで届けます。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 Sonion製静電型ドライバー ×4基
Knowles製バランスドアーマチュアドライバー x1基
10mm径ダイナミックドライバー ×1基
インピーダンス 24Ω(@1kHz)
音圧感度 103dB/mW(@1kHz)
再生周波数帯域 20Hz ~ 40kHz
ケーブル仕様 長さ:約120cm
素材:高純度単結晶純銀芯線
本体重量 片側:約6g(ケーブルを除く)
付属品 ・プラグ交換式銀MMCXケーブル
・SpinFitイヤーチップ3ペア(S/M/L)
・HS18イヤーチップ3組(S/M/L)
・バランス重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L) ※Mサイズを装着済み
・ボーカル重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
・低音重視型シリコン製イヤーチップ3組(S/M/L)
・ダブルフランジイヤーチップ2組(M)
・フォームイヤーチップ2組(M)
・3.5mm/4.4mm交換式プラグ ※4.4mmプラグを装着済み
・MMCXアシストツール
・マグネットクリップ
・クリーニングブラシ
・HB5キャリングケース
・クイックスタートガイド

満足度

4.5

高音の質

4.7

中音の質

4.5

低音の質

4.7

細やかさ

4.7

迫力

4.2

音場

4.2

遮音性

3.8

音漏耐性

3.8

3人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

FiiO Q15との組み合わせで最高のサウンド

ポタアンとイヤホンを合わせて予算20万円で物色していたところ、FiiOの新製品二つ合わせてぴったり20万円。まさに神からの使いで音も最高。
FX15とQ15はおそらく開発時期も重なっているため、メーカーも両者を繋いで音の調整もしていると考えられます。(あくまで予想)PCに積んでいるマザーボードのSUPREMEFX(32ビット192kHzまで対応の評判が高いPCオーディオ)で鳴らすと明らかに音が劣ります。それでも、いい音です。この組み合わせが神ペアなだけでスマホに直接繋いでも最高の音が聞けます。
他のハイスペックポタアンと繋いで視聴していないので、他にも神ペアがあるかもしれません。(同じFiiOのBTR7で視聴しましたが鳴らしきれていない感じです)
ミドル~ハイスペックのイヤホン、ポタアンを購入するのは初めてなので、あまりの音の良さに沼にはまりそうです。
使って気がついてこと3点
・Bluetooth接続は音が劣る。(当たり前か)
・リケーブルで音が変わる
・USB接続のためのケーブルはUSB2レベル。充電専用ケーブルでなければ何でもOK。付属のケーブルもかなり劣悪。(音のデジタル信号伝送はこの程度で充分)

続きを読む

白髪ゲーマー さん (2024/02/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

ミドルクラスの中では秀逸なイヤホン

音の輪郭がハッキリとし、解像度も高くバランス良く全音域を
綺麗に鳴らす、ミドルクラスの中では秀逸なイヤホンだと思います。
(ほんの僅かですが中域が薄く感じる部分もあります)

全てのハイエンドに該当する訳ではないのですが、
立体感や奥行き、深さや音の層の厚さ、響かせ方は、
ハイエンドには及ばないと感じました。

(今や20万円以上のイヤホンが珍しくない時代です。
ハイエンドの価格基準も変わるのかなぁ・・・)

続きを読む

名無し さん (2023/09/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

いわゆるハイエンドと同じ音が鳴ります

このメーカーのコスパは異常です。ミドルクラスの値段でハイエンドと同じ音が鳴ります。
聴き比べればもちろん耳の良い人は違いを聴き比べれられますが、この機種と20万超えの機種との音質の差は僅かです。

続きを読む

レゴツ さん (2023/08/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2