• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

FiiO (フィーオ)

M11S 【FIO-M11S-B】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

FiiO (フィーオ)

M11S 【FIO-M11S-B】

  • 新品

¥79,992 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314016529

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥50,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

若旦那

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

人気作M11の後継機あらわる

FiiOの顔といっても差し支えない「M11」シリーズのラインナップに
M11をベースとした後継モデルが出ました!

高い分離感とキレの良い伸びる高域表現が特徴的なプレイヤーです。
鳴らし方はあっさりとしておりドライな印象を受けました。
その為、バラードやアコースティック系の音源がとても映える空間表現になっていると思います。それに加え、音色自体は暖色傾向であるためより音が際立つと思います。
低域~中域にかけての量感が多めで、かつまとまりよく押し出されている感覚があり、音源の芯を捉えられているような印象です。

All to DSDという機能が搭載されており、PCMオーディオ信号がDACチップを通じてアナログ信号に変換される際にDSDへのフォーマットを挟むことによってより自然でクリアなサウンドへと変化を遂げるものとなっています。
繊細でありながら尖りの少ない鳴りをするため、長時間聴いても聞き疲れしなさそうです。

Qualcomm製のSoCであるSnapdragon 660にRAMを3GB積んでいるため、一般的なスマホと同等レベルでストレスフリーに動作します。

快適操作で高音質。是非一度お試しください。

AKIRA

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

FiiOの新定番DAP

「M11」を踏襲したモデルとのことでサイズ感は近いですが、シーソー式のボリュームや六角形の物理ボタンなど、全体的な外観はむしろ現行モデルの「M11Plus ESS」(以下、Plus ESS)の方に似ています。
また音の傾向的に、電子音を含むアニソンやEDMを聴かれる方にオススメのDAPです。

全体的に音の輪郭がハッキリとしたクールな質感です。ボーカルやギターなどの描写は細かい部分まで表現されており、音の左右や奥行の広がりも感じます。音数の多い曲を聴いてもゴチャゴチャにならず、聴き分けができる明瞭さもあります。
押し出しや粒感の主張が明確で、音の立ち上がりはシャープな印象ですが、低域の深い部分の響きもしっかりと出ています。硬く量感が削れているような印象にはなっていません。

Plus ESSとの比較では、M11Sはボーカルがやや中央で近めになりつつ楽器は一歩下がって横並びにキレイに定位しています。音の輪郭はシャープになり音同士のすき間を意識できるようになっています。
Plus ESSだと、ボーカルも楽器も横並びに広がる音場感で、全体的な透明感がありつつも輪郭はやや丸く、音のつながりもなめらかで聴きやすい印象です。

それぞれ搭載するDACチップもアンプ回路も異なりますので同メーカー製DAPとはいえ、その違いが音作りにも反映されているようです。

M11Sはよりエネルギッシュな迫力がある音作りになっていますので、ぜひ聴いてみてください!

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

音楽の素顔は、美しい。
音楽再生のために生まれた、ニュースタンダード・ポータブルオーディオプレーヤー

FiiO M11S

ヒーローイメージ

M11Sは、FiiOのDAPとして金字塔となる高い評価を獲得した大ベストセラーモデル「M11」をベースに、さらなる性能向上を果たした後継モデルです。

新たなSoC、新たなDACチップの搭載により、M11と比較して圧倒的な処理の高速化、GMSによるストリーミングサービスに対応。最大670mW(32Ω・バランス出力時)という強力な駆動力を実現しながら、低ノイズ・低歪み・低消費電力の理想特性を達成したFiiO独自の新世代ヘッドホンアンプ回路を搭載することで、音楽リスニング体験のスタンダードを新たなステージへを誘う戦略モデルの誕生です。

  1. 主な特長
    ・ESS Technology製ハイスパフォーマンス2ch DACチップ「ES9038Q2M」を左右独立構成で搭載
    ・第4世代FPGA+フェムト秒クロック水晶発振器を駆使した「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム」採用
    ・670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を実現しながら、最新世代にふさわしい低ノイズを両立した、新ヘッドホンアンプ回路
    ・低ノイズ・高安定性・高耐久性を実現したセパレート設計電源回路
    ・Qualcomm製8コアSoC「Snapdragon 660」によるスムーズな動作
    ・2.5/3.5/4.4mm 3系統ヘッドホン出力端子に加え、4.4mmバランスライン出力機能を搭載
    ・LDAC/aptX HDだけでなく、新たにLHDC送信に対応。HiFiグレードのBluetoothオーディオ品質を実現
    ・FiiOカスタム仕様のAndroid 10 OSを搭載
    ・連続再生15時間を実現。5300mAhの大容量バッテリー
    ・最新の音楽フォーマット「MQA」のフルデコード機能
    ・USB DACやBluetoothトランスミッター/レシーバーとしても活躍。5つのリスニングモードで外部機器と柔軟に接続可能
    ・ユーザーカスタマイズが可能なショートカットボタン
    ・FiiO第6世代ハニカムデザイン
  2. ESS Technology製ハイスパフォーマンス2ch DACチップ「ES9038Q2M」を左右独立構成で搭載
    M11Sは、ESS Technology製ポータブル向けDACチップのハイパフォーマンスモデル「ES9038Q2M」を採用。これによりM11SはPCM384kHz、DSD256(USB入力のDoP再生時はDSD128まで)の再生に対応しています。

    さらに、左右のオーディオチャンネルにそれぞれ1基ずつの「ES9038Q2M」を搭載するデュアル構成とし、本来1基で左右チャンネルを再生可能なDACチップの能力をすべて片チャンネルのためだけに使用。FiiOの新世代アンプ回路と相まって、非常に高い出力を持たせながらも音楽再生のために生み出されたプレーヤーならではのピュアなオーディオ体験をご提供します。
    hoge画像
  3. 第4世代FPGA+フェムト秒クロック水晶発振器を駆使した「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム」採用
    M11Sでは、上位モデルM11 Plus ESSと同様のFPGAを中心としたデジタル領域信号処理回路+フェムト秒クロック水晶発振器による「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム (DAPS) 」を採用しています。
    SoCから送られたデジタルデータはFiiO独自のPLL技術を搭載したFiiO独自開発の第4世代FPGAを経由し、FPGA内でデジタルオーディオ信号としてDACが最も真価を発揮しやすいよう緻密に信号処理されます。DAPSに組み込まれた44.1kHz系専用/48kHz系専用の2基の超低ジッター・フェムト秒クロック水晶発振器によって、デジタルオーディオ回路部全体に高精度かつ低ジッターなマスタークロックを提供し、クリーンで極めて高い忠実度を誇るD/A変換を実現しています。
    hoge画像
  4. 670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を実現しながら、最新世代にふさわしい低ノイズを両立した、新ヘッドホンアンプ回路
    M11Sは、FiiOと米THX社との協力体制で培った経験を活かしてFiiOが新たに開発した新世代ヘッドホンアンプ回路を搭載。クラスを超えた670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を発揮するとともに、1.9uVという歴代DAP製品のなかでも有数の低ノイズフロアを実現。従来比62%の低ノイズ化を達成しました。

    高感度のIEMとの組み合わせにおいても、静寂のなかから立ち上がるきめ細やかなサウンドが、音楽再生のために生み出されたプレーヤーならではの音楽の美しさを引き出します。
    hoge画像
  5. 低ノイズ・高安定性・高耐久性を実現したセパレート設計電源回路
    M11Sの電源回路は、左右のDACチップ、I/V変換部、前段ローパスフィルター部、増幅拡張回路にそれぞれ独立した電源が与えられています。音質に関わる重要セクションに、それぞれ最適かつ強力な電源供給を実現することで、各コンポーネントの真価を発揮させることで、音楽のダイナミクスをより高度に再現します。
    hoge画像
  6. Qualcomm製8コアSoC「Snapdragon 660」によるスムーズな動作
    M11Sには、スマートフォンのようにスムーズな動作を提供する大小4つずつで構成されたコア・アーキテクチャを採用した、Qualcomm製SoC「Snapdragon 660」が搭載されています。このチップは、動画再生やゲームなどの重いタスクを処理することが可能な能力を備えながらも、音楽再生時は超低消費電力で動作することで、長時間に及ぶ連続再生時間を実現しています。

    RAM+内部ストレージ:3GB+32GB
    GPU:Adreno 512
    プロセスルール:14nm
    hoge画像
  7. 2.5/3.5/4.4mm 3系統ヘッドホン出力端子に加え、4.4mmバランスライン出力機能を搭載
    M11Sは、3.5mmシングルエンド・ヘッドホン出力と2.5mm/4.4mmのバランス・ヘッドホン出力に加えて、従来の3.5㎜ライン出力機能のみならず4.4mmバランスライン出力機能が備わっています(4.4mmバランス・ヘッドホン出力端子兼用)。

    ライン出力時には、ヘッドホンアンプ部は自動的にバイパスされ、より高純度なオーディオ信号が出力されます。これにより、バランス接続対応のポータブルヘッドホンアンプとのバランス・ライン接続が可能になるなど、あらゆる使用シーンで高い柔軟性を実現しています。
    hoge画像
  8. LDAC/aptX HDだけでなく、新たにLHDC送信に対応。HiFiグレードのBluetoothオーディオ品質を実現
    M11Sは、Bluetoothの高品位オーディオコーデックであるLDAC,aptX HDに対応するだけでなく、次世代ハイレゾ伝送規格であるLHDCコーデックによる送信機能が追加されました。LHDCに対応する機器を使用することで、低遅延かつ最大96kHz/24bitのワイヤレス伝送に対応します。AirPlayとDLNAストリーミングにも対応しており、さらに柔軟にHiFiグレードのワイヤレス・オーディオを楽しむことができるようになりました。

    Bluetooth 5.0送信対応コーデック:LDAC/LHDC/aptXHD/aptX/AAC/SBC
    Bluetooth 5.0受信対応コーデック:SBC/AAC/LDAC
    hoge画像
  9. FiiOカスタム仕様のAndroid 10 OSを搭載
    M11Sには、細部にわたるカスタマイズが施されたFiiOカスタム仕様のAndroid 10が搭載されています。スマートフォンでの音楽再生において音質劣化の原因となっているSRC(サンプリングレート・コンバーター)機能をバイパスし、忠実な音楽信号処理を実現。また、詳細設定もカスタマイズされ、ポータブル・オーディオ機器として重要な設定が直感的に行えます。ダークモード、ナイトモード、3つのナビゲーション設定などの新たな機能が追加され、メディア体験をさらに深化させる新しい手法が提供されています。
    hoge画像
  10. 連続再生15時間を実現。5300mAhの大容量バッテリー
    連続再生15時間を実現する5300mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、さまざまなシチュエーションで M11Sを安心してお使いいただけます。さらに、QC4.0とPD急速充電に対応、3時間でフル充電が可能です。
    hoge画像
  11. 最新の音楽フォーマット「MQA」のフルデコード機能
    M11Sは、マスターレベルのサウンドを実現する新世代の音楽フォーマット「MQA」のフルデコードに対応しており、アーティストが意図したとおりに音楽を鑑賞することができます。
    hoge画像
  12. USB DACやBluetoothトランスミッター/レシーバーとしても活躍。5つのリスニングモードで外部機器と柔軟に接続可能
    M11Sは使用シーンや接続したい機器にあわせて5つのリスニングモードを搭載しています。音楽再生に特化したPure Musicモードのほか、無線/有線接続などシーンにあわせて使い分けが可能です。

    Androidモード:GMS対応で、Google Play Store経由でサードパーティ製アプリケーションをご利用いただけます(サードパーティー製アプリケーションは動作保証の対象外となります)
    Pure musicモード:他のアプリケーションの動作を止め、音楽再生に特化させることで音質を極限まで高めます
    Bluetooth受信モード:Bluetoothレシーバーアンプとしてスマートフォンその他のBluetoothデバイスと自由につなげることができます
    USB DACモード:コンピュータ等をソース機器として利用することができます
    AirPlayモード:iPhone/iPad/その他のMac製品と高品位なワイヤレスネットワーク接続をすることができます
    hoge画像
  13. ユーザーカスタマイズが可能なショートカットボタン
    M11Sは、高度にカスタマイズ可能なFiiO独自のショートカットボタンにより、従来複雑だった操作をワンクリックで好みに合わせて実行することができます。

    ワンクリックでランダムに次のトラックへ移動
    ワンクリックで再生中の曲を削除
    ワンクリックでフィルターの切替え
    ワンクリックでEQの切替え
    ワンクリックでUSB DACモードに移行
    ワンクリックでBluetooth受信モードに移行
    hoge画像
  14. FiiO第6世代ハニカムデザイン
    M11Sでは、M11 Plus ESS同様、デザイン要素に六角形のハニカムデザインを新たに採用し、一段と洗練されたルックスへと進化を遂げました。シームレスに融合したボディとボタンを特長とするM11Sは、絶妙な美しさと大胆でアグレッシブなテイストを両立しています。また マルチタッチ対応の5.0インチ720pディスプレイは、長時間の使用にも快適なサイズです。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
DACチップ ES9038Q2M×2
最大対応サンプリングレート/ビットレート PCM:384kHz/32bit
DSD:DSD256/1bit(内部データ再生、USB入力のASIO Native再生時)、DSD128(USB入力のDoP再生時)
SoC クアルコム社製Snapdragon 660
Bluetoothチップ WCN3990(BT5.0)
対応Bluetoothコーデック 受信時:SBC/AAC/LDAC
送信時:SBC/AAC/aptX/aptX-HD/LDAC/LHDC
ディスプレイ 5.0インチIPSディスプレイ、720P
メモリー/内蔵ストレージ 3GB/32GB
拡張ストレージ対応 microSDカード:1スロット(最大2TB対応)
充電方法 QC3.0/QC4.0、PD2.0/PD3.0急速充電対応
バッテリー 5300mAh
バッテリー持続時間 約15時間(シングルエンド)
充電時間 約3時間(QC急速充電)
サイズ 125.2 X74 X18.5mm
重量 約271g
付属品 スクリーンプロテクター(出荷時にM11S本体に貼り付け済み)
クリアケース
USB3.0ケーブル
保証書
クイックスタートガイド

商品詳細

音楽の素顔は、美しい。
音楽再生のために生まれた、ニュースタンダード・ポータブルオーディオプレーヤー

FiiO M11S

ヒーローイメージ

M11Sは、FiiOのDAPとして金字塔となる高い評価を獲得した大ベストセラーモデル「M11」をベースに、さらなる性能向上を果たした後継モデルです。

新たなSoC、新たなDACチップの搭載により、M11と比較して圧倒的な処理の高速化、GMSによるストリーミングサービスに対応。最大670mW(32Ω・バランス出力時)という強力な駆動力を実現しながら、低ノイズ・低歪み・低消費電力の理想特性を達成したFiiO独自の新世代ヘッドホンアンプ回路を搭載することで、音楽リスニング体験のスタンダードを新たなステージへを誘う戦略モデルの誕生です。

  1. 主な特長
    ・ESS Technology製ハイスパフォーマンス2ch DACチップ「ES9038Q2M」を左右独立構成で搭載
    ・第4世代FPGA+フェムト秒クロック水晶発振器を駆使した「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム」採用
    ・670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を実現しながら、最新世代にふさわしい低ノイズを両立した、新ヘッドホンアンプ回路
    ・低ノイズ・高安定性・高耐久性を実現したセパレート設計電源回路
    ・Qualcomm製8コアSoC「Snapdragon 660」によるスムーズな動作
    ・2.5/3.5/4.4mm 3系統ヘッドホン出力端子に加え、4.4mmバランスライン出力機能を搭載
    ・LDAC/aptX HDだけでなく、新たにLHDC送信に対応。HiFiグレードのBluetoothオーディオ品質を実現
    ・FiiOカスタム仕様のAndroid 10 OSを搭載
    ・連続再生15時間を実現。5300mAhの大容量バッテリー
    ・最新の音楽フォーマット「MQA」のフルデコード機能
    ・USB DACやBluetoothトランスミッター/レシーバーとしても活躍。5つのリスニングモードで外部機器と柔軟に接続可能
    ・ユーザーカスタマイズが可能なショートカットボタン
    ・FiiO第6世代ハニカムデザイン
  2. ESS Technology製ハイスパフォーマンス2ch DACチップ「ES9038Q2M」を左右独立構成で搭載
    M11Sは、ESS Technology製ポータブル向けDACチップのハイパフォーマンスモデル「ES9038Q2M」を採用。これによりM11SはPCM384kHz、DSD256(USB入力のDoP再生時はDSD128まで)の再生に対応しています。

    さらに、左右のオーディオチャンネルにそれぞれ1基ずつの「ES9038Q2M」を搭載するデュアル構成とし、本来1基で左右チャンネルを再生可能なDACチップの能力をすべて片チャンネルのためだけに使用。FiiOの新世代アンプ回路と相まって、非常に高い出力を持たせながらも音楽再生のために生み出されたプレーヤーならではのピュアなオーディオ体験をご提供します。
    hoge画像
  3. 第4世代FPGA+フェムト秒クロック水晶発振器を駆使した「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム」採用
    M11Sでは、上位モデルM11 Plus ESSと同様のFPGAを中心としたデジタル領域信号処理回路+フェムト秒クロック水晶発振器による「デジタル・オーディオ・ピューリフィケーション・システム (DAPS) 」を採用しています。
    SoCから送られたデジタルデータはFiiO独自のPLL技術を搭載したFiiO独自開発の第4世代FPGAを経由し、FPGA内でデジタルオーディオ信号としてDACが最も真価を発揮しやすいよう緻密に信号処理されます。DAPSに組み込まれた44.1kHz系専用/48kHz系専用の2基の超低ジッター・フェムト秒クロック水晶発振器によって、デジタルオーディオ回路部全体に高精度かつ低ジッターなマスタークロックを提供し、クリーンで極めて高い忠実度を誇るD/A変換を実現しています。
    hoge画像
  4. 670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を実現しながら、最新世代にふさわしい低ノイズを両立した、新ヘッドホンアンプ回路
    M11Sは、FiiOと米THX社との協力体制で培った経験を活かしてFiiOが新たに開発した新世代ヘッドホンアンプ回路を搭載。クラスを超えた670mW(32Ω・バランス出力時)もの強力な駆動力を発揮するとともに、1.9uVという歴代DAP製品のなかでも有数の低ノイズフロアを実現。従来比62%の低ノイズ化を達成しました。

    高感度のIEMとの組み合わせにおいても、静寂のなかから立ち上がるきめ細やかなサウンドが、音楽再生のために生み出されたプレーヤーならではの音楽の美しさを引き出します。
    hoge画像
  5. 低ノイズ・高安定性・高耐久性を実現したセパレート設計電源回路
    M11Sの電源回路は、左右のDACチップ、I/V変換部、前段ローパスフィルター部、増幅拡張回路にそれぞれ独立した電源が与えられています。音質に関わる重要セクションに、それぞれ最適かつ強力な電源供給を実現することで、各コンポーネントの真価を発揮させることで、音楽のダイナミクスをより高度に再現します。
    hoge画像
  6. Qualcomm製8コアSoC「Snapdragon 660」によるスムーズな動作
    M11Sには、スマートフォンのようにスムーズな動作を提供する大小4つずつで構成されたコア・アーキテクチャを採用した、Qualcomm製SoC「Snapdragon 660」が搭載されています。このチップは、動画再生やゲームなどの重いタスクを処理することが可能な能力を備えながらも、音楽再生時は超低消費電力で動作することで、長時間に及ぶ連続再生時間を実現しています。

    RAM+内部ストレージ:3GB+32GB
    GPU:Adreno 512
    プロセスルール:14nm
    hoge画像
  7. 2.5/3.5/4.4mm 3系統ヘッドホン出力端子に加え、4.4mmバランスライン出力機能を搭載
    M11Sは、3.5mmシングルエンド・ヘッドホン出力と2.5mm/4.4mmのバランス・ヘッドホン出力に加えて、従来の3.5㎜ライン出力機能のみならず4.4mmバランスライン出力機能が備わっています(4.4mmバランス・ヘッドホン出力端子兼用)。

    ライン出力時には、ヘッドホンアンプ部は自動的にバイパスされ、より高純度なオーディオ信号が出力されます。これにより、バランス接続対応のポータブルヘッドホンアンプとのバランス・ライン接続が可能になるなど、あらゆる使用シーンで高い柔軟性を実現しています。
    hoge画像
  8. LDAC/aptX HDだけでなく、新たにLHDC送信に対応。HiFiグレードのBluetoothオーディオ品質を実現
    M11Sは、Bluetoothの高品位オーディオコーデックであるLDAC,aptX HDに対応するだけでなく、次世代ハイレゾ伝送規格であるLHDCコーデックによる送信機能が追加されました。LHDCに対応する機器を使用することで、低遅延かつ最大96kHz/24bitのワイヤレス伝送に対応します。AirPlayとDLNAストリーミングにも対応しており、さらに柔軟にHiFiグレードのワイヤレス・オーディオを楽しむことができるようになりました。

    Bluetooth 5.0送信対応コーデック:LDAC/LHDC/aptXHD/aptX/AAC/SBC
    Bluetooth 5.0受信対応コーデック:SBC/AAC/LDAC
    hoge画像
  9. FiiOカスタム仕様のAndroid 10 OSを搭載
    M11Sには、細部にわたるカスタマイズが施されたFiiOカスタム仕様のAndroid 10が搭載されています。スマートフォンでの音楽再生において音質劣化の原因となっているSRC(サンプリングレート・コンバーター)機能をバイパスし、忠実な音楽信号処理を実現。また、詳細設定もカスタマイズされ、ポータブル・オーディオ機器として重要な設定が直感的に行えます。ダークモード、ナイトモード、3つのナビゲーション設定などの新たな機能が追加され、メディア体験をさらに深化させる新しい手法が提供されています。
    hoge画像
  10. 連続再生15時間を実現。5300mAhの大容量バッテリー
    連続再生15時間を実現する5300mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、さまざまなシチュエーションで M11Sを安心してお使いいただけます。さらに、QC4.0とPD急速充電に対応、3時間でフル充電が可能です。
    hoge画像
  11. 最新の音楽フォーマット「MQA」のフルデコード機能
    M11Sは、マスターレベルのサウンドを実現する新世代の音楽フォーマット「MQA」のフルデコードに対応しており、アーティストが意図したとおりに音楽を鑑賞することができます。
    hoge画像
  12. USB DACやBluetoothトランスミッター/レシーバーとしても活躍。5つのリスニングモードで外部機器と柔軟に接続可能
    M11Sは使用シーンや接続したい機器にあわせて5つのリスニングモードを搭載しています。音楽再生に特化したPure Musicモードのほか、無線/有線接続などシーンにあわせて使い分けが可能です。

    Androidモード:GMS対応で、Google Play Store経由でサードパーティ製アプリケーションをご利用いただけます(サードパーティー製アプリケーションは動作保証の対象外となります)
    Pure musicモード:他のアプリケーションの動作を止め、音楽再生に特化させることで音質を極限まで高めます
    Bluetooth受信モード:Bluetoothレシーバーアンプとしてスマートフォンその他のBluetoothデバイスと自由につなげることができます
    USB DACモード:コンピュータ等をソース機器として利用することができます
    AirPlayモード:iPhone/iPad/その他のMac製品と高品位なワイヤレスネットワーク接続をすることができます
    hoge画像
  13. ユーザーカスタマイズが可能なショートカットボタン
    M11Sは、高度にカスタマイズ可能なFiiO独自のショートカットボタンにより、従来複雑だった操作をワンクリックで好みに合わせて実行することができます。

    ワンクリックでランダムに次のトラックへ移動
    ワンクリックで再生中の曲を削除
    ワンクリックでフィルターの切替え
    ワンクリックでEQの切替え
    ワンクリックでUSB DACモードに移行
    ワンクリックでBluetooth受信モードに移行
    hoge画像
  14. FiiO第6世代ハニカムデザイン
    M11Sでは、M11 Plus ESS同様、デザイン要素に六角形のハニカムデザインを新たに採用し、一段と洗練されたルックスへと進化を遂げました。シームレスに融合したボディとボタンを特長とするM11Sは、絶妙な美しさと大胆でアグレッシブなテイストを両立しています。また マルチタッチ対応の5.0インチ720pディスプレイは、長時間の使用にも快適なサイズです。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
DACチップ ES9038Q2M×2
最大対応サンプリングレート/ビットレート PCM:384kHz/32bit
DSD:DSD256/1bit(内部データ再生、USB入力のASIO Native再生時)、DSD128(USB入力のDoP再生時)
SoC クアルコム社製Snapdragon 660
Bluetoothチップ WCN3990(BT5.0)
対応Bluetoothコーデック 受信時:SBC/AAC/LDAC
送信時:SBC/AAC/aptX/aptX-HD/LDAC/LHDC
ディスプレイ 5.0インチIPSディスプレイ、720P
メモリー/内蔵ストレージ 3GB/32GB
拡張ストレージ対応 microSDカード:1スロット(最大2TB対応)
充電方法 QC3.0/QC4.0、PD2.0/PD3.0急速充電対応
バッテリー 5300mAh
バッテリー持続時間 約15時間(シングルエンド)
充電時間 約3時間(QC急速充電)
サイズ 125.2 X74 X18.5mm
重量 約271g
付属品 スクリーンプロテクター(出荷時にM11S本体に貼り付け済み)
クリアケース
USB3.0ケーブル
保証書
クイックスタートガイド

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

操作性

4.8

画面表示(UI)

4.5

音場

4.2

音の解像度

4.7

3人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

4.5

画面表示(UI)

4.0

音場

3.5

音の解像度

5.0

いろんな音楽をいい音で聴きたい方へ

FiiO製品のサウンドを本機で初めて体験しました。聴いてみての率直な感想は、繊細でクールな音作りという印象です。そのため、音の分離感や高音表現のクオリティが高いです。細かなサウンドの楽曲でも鳴らしきる、キラキラ系のサウンドも余すことなく鳴らしきるといった印象です。ただし、クールな音の傾向にあるためややあっさりと感じることもあり、好みは分かれる部類でもあるのかなという印象です。
しかし、ストリーミングもCD音源も全部高音質で手軽に聴きたいといった方には良い選択肢かと思います。

続きを読む

たま さん (2022/12/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

5.0

画面表示(UI)

5.0

音場

4.5

音の解像度

4.5

ぜんぶ入りって感じのDAP

基本的には、NASに保存してあるデータやストリーミングオーディオをポータブルヘッドホンで聴くために購入したのですが、DACやネットワークオーディオ的な使い方もでき、非常に多機能です。入出力も非常に多彩。

OSにAndroidを搭載していることもあり、アプリ次第で色んな使い方ができます。
液晶サイズや画質もスマホ並み。動作もサクサクです。
欠点といえば、電源オフからの起動に、スマホ同様に少し時間がかかること、スタンバイ状態だとジワジワと(少しですが)バッテリーが減ってしまうことくらいです。

音質はシャープでタイト。メリハリが強く抜けが良い音。情報量も優秀です。
ミドルクラスの(ポータブル用ではない)ヘッドホンを鳴らせるくらいパワーもあります。

機能、音質、使い勝手に優れた、満足度の高いDAPです。

続きを読む

ee4501 さん (2022/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

操作性

5.0

画面表示(UI)

4.5

音場

4.5

音の解像度

4.5

FIIO好きなら気に入る一台

以前、FIIOのM11 PLUSを所有していてとても音が気に入っていたのですが、事情があり買取に出してしまいました。その後、再度DAP購入意欲がわいてきて、懐事情といろいろと相談した結果、M11 PLUSの後継、縮小版というか本機が発売されるということで、購入を決めました。
ANDROID機らしい汎用性に富んでいますし、画面はとてもきれいです。
肝心な音もM11 PLUSとそん色ない音を奏でます。
パワーも少し足りないかと思いましたが、十分です。
SE846、MINI MEST、HS1300SSといったドライバ構成の異なる機種も問題なく奏でていますし、ボリュームの対応さえ間違えなければ、とても優秀なDAPでした。難点は画面復帰の際に左ボタンを押さないといけない。画面を触ると復帰画面が出るスマホを使用している身としては、少々難儀。
でも、それ以外は本当にFIIOの音を効率的に得られたと満足しております。
AMAZON MUSICを聞くことが主の私としてはM11 PLUSではなく、本機をお勧めします。

続きを読む

ほうちょく さん (2022/12/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2