• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

final

【eフェス紹介商品】VR3000 for Gaming 【FI-VR3DPLMB】

生産終了品

final

【eフェス紹介商品】VR3000 for Gaming 【FI-VR3DPLMB】

  • 新品

¥7,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571303221905

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥3,900

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

final VR3000 for Gaming
ゲームが「もっと」楽しくなるイヤホンヘッドホン

ゲームやVRの音響空間イメージを
制作者の意図通りに再現するイヤホン

VR3000 for Gaming

ヒーローイメージ

ゲーム用や3Dサウンド用を謳うイヤホンの多くは、一聴した際の驚きを重視して低域や高域を誇張した音づくりがされています。しかし映像と共に使われる音はそのゲーム等のコンテンツの世界に没入することが目的であり、音に驚くことではありません。私たちはゲーム等のコンテンツに没入するためには、音源に込められた制作者の意図や狙いを正確に再現することが重要だと考えています。VR3000はこうした考え方に基づいて開発されたイヤホンです。

  1. 音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいた音作り
    2chステレオ方式で制作された音源とバイノーラル技術で制作された音源の違いの研究から生まれた新たなイヤホンです。従来のイヤホンやヘッドホンでバイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源を聴くと、高音域に独特の違和感が生じることは広く知られていました。音響に携わる研究者達はこの原因について掴んではいましたが、その対策について十分な成功を収めた例はまだありませんでした。今回、新たなアプローチでその問題への対策を講じた結果、バイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源において、制作者の意図通りの音色と空間イメージや方向感を感じることのできるイヤホンを誕生させることができました。VR3000では研究を重ねた結果、さらに精度の高い再現を可能にしています。
    特徴画像
  2. 完全新設計のドライバーユニット「f-Core DU」
    この価格帯ではありえない高音質を実現するため、海外に新たな拠点を設け、振動板・ボイスコイル・磁石・磁気回路・各部接着剤などのドライバー部品、また生産機器までも新設計し、完全新設計の6mmφダイナミックドライバーユニット「f-Core DU」を開発しました。ドライバーフロントハウジングの素材は、一般的なアルミニウムよりも磁力の影響を受けにくく且つ比重の高い真鍮を使用しています。振動板の時間応答性能を高めるために、ボイスコイルは30μの超極細CCAWを使用し、最小限の接着剤で組み立てることで可動部を徹底的に軽量化しています。さらに振動板は、通常の1/3程度の小ロットで丁寧にプレスすることによって、圧力の偏りを最小限に抑え、歪みのない均一な振動板の成形を実現しました。
    特徴画像
  3. カスタマイズしたかのような装着感
    VR3000では、finalの考えるIEMの最適解と考える筐体設計をベースにした優れた装着感を実現しています。イヤホンの装着感が優れているか否かは、圧迫感で決まります。人間工学を謳い有機的な形状を選択するなど、シリコンの反発力で保持する方法は一見正しく見えますが、常に耳に力がかかることとなり、気付かない内に耳へ負担を掛け、疲労が蓄積します。大きな面で耳に接する形状に比べ、接触面積を限定する形状により、圧迫感の無い装着感を目指しました。そのため、多くの方の耳に適合します。接する点全てに圧迫感が無ければ、これほどイヤホンの装着は快適なのかと感じて頂ける、まるでカスタマイズイヤホンであるかのような優れた装着感となっています。
    特徴画像
  4. ケーブルタッチノイズを解消するイヤーフック(ロック機構付き)
    イヤーフックはタッチノイズの減少に有用で、装着頂くと歩行時にケーブルと身体が触れることで発生する不快なごそごそ音(ケーブルタッチノイズ)が劇的に減少します。弊社の従来のイヤーフックは、一般的なイヤーフックよりもスリムで、ワイヤーや樹脂の入ったケーブルに比べて異物感がなく、掛けていることを忘れる快適さを特長としています。今回、新たにケーブルのロック機構を追加いたしました。
    特徴画像
  5. 左右軸色違いのオリジナルイヤーピース
    音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高いシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。耳に触れる部分には硬度の低いシリコンを採用し、快適な着け心地と高い遮音性を実現しました。軸色を一方はグレー 、もう一方を赤にすることにより、イヤーピースを少しめくってイヤーピースの軸色を確認することで、 薄暗い場所でも左右の見分けがつきやすくなっています。さらに、隣のサイズの軸色が異なる(グレー軸は濃いグレーと薄いグレーの交互、赤軸は赤とピンクの交互)ため、サイズの判別もしやすくなっています。サイズはSS / S / M / L / LL の5サイズです。
    特徴画像
  6. エージング
    エージングとは、ある時間使用を続けることで、音に変化が起こる現象のことです。イヤホンの内部には、小さなスピーカーと言えるドライバーユニットが入っており、極めて薄いフィルム製の振動板がコイルと接着剤で貼付られています。コイルにオーディオ信号が流れることでコイルが動くのと共に、その振動板がミクロン単位で動くことで音を発しています。その際、断定は出来ませんが、接着部分が振動板の微少な動きに影響を与えている可能性があると、私達は考えています。一定時間使用することにより、振動板が動きやすくなることで設計意図本来の音質に近づくようです。本製品については、小口径であるため、エージングの変化がわかり難くなるまでに長めの時間が必要です。概ね150~200時間程度、通常の使い方を続けていただけましたら、繊細さが増したと感じられる筈です。大音量でのエージングやノイズによるエージングよりも、普段お聴きになる音楽と音量でエージングを進めた方がより好ましい結果が得られます。正確な比喩ではありませんが、靴を馴らすために無理な動きをすると、普段歩くのとは異なる皺ができる筈です。振動板も同様に無理な動きをさせるよりも、ご使用になられる環境で馴らした方が自然、と考えていただけると良いでしょう。

    エージングには、音響心理的な面もあります。新たなイヤホンを購入した直後に試聴した感想は、必ずしも絶対的なものではありません。実は日常的に使用しているイヤホンとの相対的な比較をしてしまっているのです。新たなイヤホンを購入し、ある一定時間使い続けると、そのイヤホンが基準となります。その基準となるまで使い続けた上で音質評価をおこなう方が、長期的に飽きない製品を選択をしやすくなります。
  7. 装着方法
    本製品は耳掛けタイプのイヤホンです。ケーブルを耳に掛けることで、タッチノイズが耳に伝わることを防ぐことができ、快適に装着することができます。

    STEP1 本体内側にあるRとLのマークを確認します。Rが右でLが左です。
    STEP2 ケーブルを耳の後ろから前に向かって掛け、イヤホンのイヤーピース部を耳に挿入します。
    STEP3 耳甲介(耳のくぼみ部分)にイヤホンがフィットしにくいときは、
    耳たぶを後方やや上方に引っ張りながらイヤホンを収めます。
    ※ケーブルが耳の後ろにフィットしない場合は、付属のイヤーフックをご使用下さい。
    ※耳穴への収まりが緩く感じる場合は適宜イヤーピースのサイズを変更して下さい。
    左右でサイズが異なる場合もございます。
    特徴画像

テクニカルデータ


筐体 ABS樹脂
ドライバー ダイナミック型
ケーブル OFCケーブル
感度 101dB/mw
インピーダンス 18Ω
質量 20g
コード長 1.2m
付属品 イヤーピース TYPE E 5サイズ、ロック付きイヤーフック、専用ポーチ

商品詳細

final VR3000 for Gaming
ゲームが「もっと」楽しくなるイヤホンヘッドホン

ゲームやVRの音響空間イメージを
制作者の意図通りに再現するイヤホン

VR3000 for Gaming

ヒーローイメージ

ゲーム用や3Dサウンド用を謳うイヤホンの多くは、一聴した際の驚きを重視して低域や高域を誇張した音づくりがされています。しかし映像と共に使われる音はそのゲーム等のコンテンツの世界に没入することが目的であり、音に驚くことではありません。私たちはゲーム等のコンテンツに没入するためには、音源に込められた制作者の意図や狙いを正確に再現することが重要だと考えています。VR3000はこうした考え方に基づいて開発されたイヤホンです。

  1. 音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいた音作り
    2chステレオ方式で制作された音源とバイノーラル技術で制作された音源の違いの研究から生まれた新たなイヤホンです。従来のイヤホンやヘッドホンでバイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源を聴くと、高音域に独特の違和感が生じることは広く知られていました。音響に携わる研究者達はこの原因について掴んではいましたが、その対策について十分な成功を収めた例はまだありませんでした。今回、新たなアプローチでその問題への対策を講じた結果、バイノーラル制作されたゲームやVRなどの音源において、制作者の意図通りの音色と空間イメージや方向感を感じることのできるイヤホンを誕生させることができました。VR3000では研究を重ねた結果、さらに精度の高い再現を可能にしています。
    特徴画像
  2. 完全新設計のドライバーユニット「f-Core DU」
    この価格帯ではありえない高音質を実現するため、海外に新たな拠点を設け、振動板・ボイスコイル・磁石・磁気回路・各部接着剤などのドライバー部品、また生産機器までも新設計し、完全新設計の6mmφダイナミックドライバーユニット「f-Core DU」を開発しました。ドライバーフロントハウジングの素材は、一般的なアルミニウムよりも磁力の影響を受けにくく且つ比重の高い真鍮を使用しています。振動板の時間応答性能を高めるために、ボイスコイルは30μの超極細CCAWを使用し、最小限の接着剤で組み立てることで可動部を徹底的に軽量化しています。さらに振動板は、通常の1/3程度の小ロットで丁寧にプレスすることによって、圧力の偏りを最小限に抑え、歪みのない均一な振動板の成形を実現しました。
    特徴画像
  3. カスタマイズしたかのような装着感
    VR3000では、finalの考えるIEMの最適解と考える筐体設計をベースにした優れた装着感を実現しています。イヤホンの装着感が優れているか否かは、圧迫感で決まります。人間工学を謳い有機的な形状を選択するなど、シリコンの反発力で保持する方法は一見正しく見えますが、常に耳に力がかかることとなり、気付かない内に耳へ負担を掛け、疲労が蓄積します。大きな面で耳に接する形状に比べ、接触面積を限定する形状により、圧迫感の無い装着感を目指しました。そのため、多くの方の耳に適合します。接する点全てに圧迫感が無ければ、これほどイヤホンの装着は快適なのかと感じて頂ける、まるでカスタマイズイヤホンであるかのような優れた装着感となっています。
    特徴画像
  4. ケーブルタッチノイズを解消するイヤーフック(ロック機構付き)
    イヤーフックはタッチノイズの減少に有用で、装着頂くと歩行時にケーブルと身体が触れることで発生する不快なごそごそ音(ケーブルタッチノイズ)が劇的に減少します。弊社の従来のイヤーフックは、一般的なイヤーフックよりもスリムで、ワイヤーや樹脂の入ったケーブルに比べて異物感がなく、掛けていることを忘れる快適さを特長としています。今回、新たにケーブルのロック機構を追加いたしました。
    特徴画像
  5. 左右軸色違いのオリジナルイヤーピース
    音導管部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音導管部分には、耳に触れる部分に比べて硬度が高いシリコンに溝加工を施すことで強度と柔軟性を両立。耳に触れる部分には硬度の低いシリコンを採用し、快適な着け心地と高い遮音性を実現しました。軸色を一方はグレー 、もう一方を赤にすることにより、イヤーピースを少しめくってイヤーピースの軸色を確認することで、 薄暗い場所でも左右の見分けがつきやすくなっています。さらに、隣のサイズの軸色が異なる(グレー軸は濃いグレーと薄いグレーの交互、赤軸は赤とピンクの交互)ため、サイズの判別もしやすくなっています。サイズはSS / S / M / L / LL の5サイズです。
    特徴画像
  6. エージング
    エージングとは、ある時間使用を続けることで、音に変化が起こる現象のことです。イヤホンの内部には、小さなスピーカーと言えるドライバーユニットが入っており、極めて薄いフィルム製の振動板がコイルと接着剤で貼付られています。コイルにオーディオ信号が流れることでコイルが動くのと共に、その振動板がミクロン単位で動くことで音を発しています。その際、断定は出来ませんが、接着部分が振動板の微少な動きに影響を与えている可能性があると、私達は考えています。一定時間使用することにより、振動板が動きやすくなることで設計意図本来の音質に近づくようです。本製品については、小口径であるため、エージングの変化がわかり難くなるまでに長めの時間が必要です。概ね150~200時間程度、通常の使い方を続けていただけましたら、繊細さが増したと感じられる筈です。大音量でのエージングやノイズによるエージングよりも、普段お聴きになる音楽と音量でエージングを進めた方がより好ましい結果が得られます。正確な比喩ではありませんが、靴を馴らすために無理な動きをすると、普段歩くのとは異なる皺ができる筈です。振動板も同様に無理な動きをさせるよりも、ご使用になられる環境で馴らした方が自然、と考えていただけると良いでしょう。

    エージングには、音響心理的な面もあります。新たなイヤホンを購入した直後に試聴した感想は、必ずしも絶対的なものではありません。実は日常的に使用しているイヤホンとの相対的な比較をしてしまっているのです。新たなイヤホンを購入し、ある一定時間使い続けると、そのイヤホンが基準となります。その基準となるまで使い続けた上で音質評価をおこなう方が、長期的に飽きない製品を選択をしやすくなります。
  7. 装着方法
    本製品は耳掛けタイプのイヤホンです。ケーブルを耳に掛けることで、タッチノイズが耳に伝わることを防ぐことができ、快適に装着することができます。

    STEP1 本体内側にあるRとLのマークを確認します。Rが右でLが左です。
    STEP2 ケーブルを耳の後ろから前に向かって掛け、イヤホンのイヤーピース部を耳に挿入します。
    STEP3 耳甲介(耳のくぼみ部分)にイヤホンがフィットしにくいときは、
    耳たぶを後方やや上方に引っ張りながらイヤホンを収めます。
    ※ケーブルが耳の後ろにフィットしない場合は、付属のイヤーフックをご使用下さい。
    ※耳穴への収まりが緩く感じる場合は適宜イヤーピースのサイズを変更して下さい。
    左右でサイズが異なる場合もございます。
    特徴画像

テクニカルデータ


筐体 ABS樹脂
ドライバー ダイナミック型
ケーブル OFCケーブル
感度 101dB/mw
インピーダンス 18Ω
質量 20g
コード長 1.2m
付属品 イヤーピース TYPE E 5サイズ、ロック付きイヤーフック、専用ポーチ

あなたにおすすめ

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

高音の質

3.8

中音の質

4

低音の質

3.7

細やかさ

3.9

迫力

3.5

音場

4

遮音性

3.8

音漏耐性

3.7

12人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

宙に浮くようなつけ心地!

まずVR3000 for Gaming をつけて一番に驚くのは装着感と、装着した時の軽さです!
少しオーバーに言っているように聞こえるかもしれませんが、
「あれ?そういえばイヤホン着けてたっけ?」
と一瞬不安になるぐらいの軽さで試聴している間何度も驚かされました!!
それぐらい装着感の良さと、軽量感でストレス無く装着することができます。

音質についてですが、楽曲の音が細かく再現してくれるので
音全体をしっかりと聞き取ることができます!


個人的に特にスマホゲームにオススメですが、
楽曲を聴くだけでも十分に楽しめる有線イヤホンです。

ゲームもしたいけど、音楽もいい音で聴きたい!!
そんな方にぜひオススメしたいゲーミングイヤホンです!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by お嬢   2020/12/12

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

この臨場感で、この値段!?

試聴環境:SONY XperiaZX2premium

同メーカーのVR1000を一般的に使用しやすいように改良し、E500の仲間に当たる本モデルですが、
耳掛け使用のモニターイヤホンのような形状になったので、より装着感と遮音性が向上しました。
その結果E500で抜け落ちてしまっていた音の描写がしっかりできるようになり、
細すぎた音に厚み増して聴けます。

音の定位感(音の配置)ですが、
E500の場合低い帯域の定位が纏まってしまっているので、ハッキリと聴けない点がございました。
VR3000ではそこが改善され抜けが良く、明瞭に聴こえ奥行もしっかりと再現できるようになりました。
個人的な印象ではございますが、E500が『音声特化型』でVR3000は『ゲーム特化型』といった形になります。
『ゲーム特化型』とは申しましたが、前述したようにVR3000は定位がとてもしっかりしています。
その為ゲーム以外の用途に使えない訳ではなく、ASMRや立体音響音楽などでブレがない音を鳴らしてくれます。
またASMRで試聴した際に物を動かしたりや擦っているような音が非常に良く再現されており、
E500で近過ぎてもってしまったように聴こえていた箇所が調整され程よく聴けるものとなっています。
総合的な音質では圧倒的にVR3000の方がバランスが良いサウンド設計になっておりますね。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by タナトス   2020/11/16

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

臨場感あふれるサウンド体験!

音質は低域から高域にかけて、とてもクリアに聴こえました。
特にヴォーカルに最適なチューニングだと思います!

バイノーラルサウンドの視聴に適した作りになっているので、
映画鑑賞が趣味な方にはおすすめイヤホンです!
音の上下感がとても素晴らしく、まるで自分もその場にいるかのような臨場感を味わせてくれます!

左右の聴き分けも良く、FPSなどをプレイする方は、足音や銃声などがとても細かく聞こえます!
装着感もイヤホン本体が小さくて軽いので、ゲームを長時間プレイする方にはとてもおすすめです!

同じようなコンセプトで作られた同社の製品としてE500がありますが
装着感がVR3000の方がフィットしたので、より音楽、映画、ゲームに没頭できました!
E500はマイクがついてなかったのですが、VR3000はマイクもついているので
通話なども出来るので利便性も高いです!

お求めやすい価格ながら満足度が高く初心者の方にもおすすめです!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by 慶次   2020/11/10

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

不思議な感覚に包まれる

店頭にて視聴いたしました。
本当は購入してレビューしたかったのですが、悩んでいるうちにSteelSeries Tusqが発表されてしまい、未だどちらを選ぶか悩んでおります……。

VR3000とTusqは毛色が全く異なっていて、Tusqはゲーミングオーディオらしい低音マシマシで高音もツンツン来るドンシャリタイプです。とにかく派手です。個人的には聞き疲れしやすいチューニングでArctisのような絶妙な柔らかさとは全然違ってびっくりしました。

VR3000は逆に音としてはすごく大人しく感じました。いずれの音階も前に出過ぎず、フラットに近い音色です。
音の分離感を探るため、『Enigmatic Feeling -Remixed by 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)』を視聴しました。
この曲は3:00あたりからドンと一気に色んな音色が押し寄せます。音場が狭かったり解像感が低いと音が潰れがちなのですが、本製品はすべての音を一つひとつしっかり拾い上げてくれました。
イメージとしては整然とファイリングされたデスクのように、見通しのいい音色でした。とても聞きやすい。

ゲーミングとはいえ、ドシンとくる迫力はありません。どちらかというとIE40 Proのようなモニターライクな味付けかと思います。つけ心地はIE40よりもフィットしていますし、マイクも付いています。
IE40は所持していますが、フィットさせるのに少し手間取る時があるのですんなりハマってくれる本製品は魅力的です。しかしマイクが余りにも音質が悪かった……。
録音して聞いてみたんですがめちゃくちゃこもってます。通話できないレベルではないですが、決して良くはありません。スマホの内蔵マイクくらいしかありません。
これではボイスチャットするのも気が引けます。
マイクが使えないとなると、それじゃあソロで使うこととなり、IE40でよくね? となってしまいます。
これが本当に勿体無い。E500Cなどはマイク音質そこそこいいらしいですが、なぜそれより高価なVR3000は劣化してしまったのか。悔やまれます。

しかしあの音の分離感は素晴らしかった……悩ましいです。もし購入したらレビューも書き直しますが、現状「音は素晴らしいんだけど、価格を考えると決め手に欠ける」というのが正直なところです。
リケーブル可とかマイク音質も担保されているとか、もう一声付加価値が欲しかったところです。しかしfinalさんの音は聞いていて本当に心地よいので、今後もゲーミング路線を発展させてほしいですね!(*´ω`*)

続きを読む

宮葉 さん (2021/04/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.0

え、普通に音楽鑑賞用としても使えるじゃん

ゲーム用ということですけど、音楽鑑賞に使っても全然アリだと思いました。
音楽だけで聴くと面白みのない音という意見もありますが、わたしにはフラットな自然な音でめっちゃ聴きやすいと思いました。
ボーカルと楽器の音がリアルで、特にドラムは、キック一蹴り一蹴りの振動が体に伝わってくるような迫力です。
あと、音場もA3000とかと比較して広めで、空間感が気持ちいいです。
ただ、このモデルも2Pinにしてほしかった~~~
リケーブル出来たら、満足度5.0だったのに(> <)
ということで、mmcx化してもらう予定です!

続きを読む

さいとうめい さん (2021/02/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

3.0

中音の質

2.5

低音の質

3.0

細やかさ

3.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

おもしろい

e500の上位モデルみたいな感じで発売されましたが、装着感が違うし、チューニングも違うので使い分け出来ます。
ゲームとか動画向けのモデルですが、実は音楽も楽しめます。ボーカル重視の人にはオススメ出来ませんが、楽器の音を聴きたい!って人は良いと思いますよ。ライブ音源で楽器のみの曲と相性イイです(^^)

続きを読む

sin さん (2021/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

4.0

確かにゲーム向き

ゲーム、映画用で購入しました。

確かに音場はあるし、定位もあります。そして、装着感は、この値段にしては結構優れていて、そっちの方が驚きました。

欠点ではありませんが、迫力というよりかは味付けはほとんどありません。なので、音楽聞くには向いてないと思います。
本当にゲーム向きです。

続きを読む

Cold case season2 さん (2021/01/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.5

ゲーミングイヤホンらしからぬゲーミングイヤホン

ゲーミングイヤホンという種類のものを初めて買いました。Finalがだすゲーミングイヤホンっていうなら買うしかないと思って買いました。物が届いて第一印象、これはホントにゲーミングイヤホンなのか?、ゲーミング製品といえば結構派手なデザインのイメージがあったのですが、中々シンプルで本体を持った瞬間その軽さに驚きました。
そしてイヤホンを装着し試しにシューティングゲーム(〇野〇動)をやってみましたが。足音の鮮明なことに驚きました。リズムゲームもやりましたがタップ音のclearなこと。
次にYouTubeでMVを見て音質をチェックしてみました。
低音はダムっとパキっとした感じで締まりも持ちつつ余韻を感じることができました。
高音はシャラ〜とした感じで私は耳馴染み良い感じがしましたが、人によっては耳をつんざく感じがしてしまうかもしれません。
このイヤホンの特筆している点としてはコーラスやバックの声が他のイヤホンに比べ強く聴こえる点だと私は感じました。
曲によってはボーカルが思いっきり前に来る曲もありました。
ゲーミングイヤホンという種類のものではありますが、結構万能なものなのではないかと私は感じました。
2万3万以上のハイエンドのものに手を出す前に1回このイヤホンを試してみることをおすすめします。

続きを読む

EVOQUE さん (2021/01/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

3.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.0

ゲーム向けなのに音楽にも使える!

タイトルの通りにゲームだけではなく、音楽もこなせる万能さを感じました。ゲームも何個かプレイし試して見ましたが、ゲームタイトルによっては合わないものがあると感じます。特にCoDモバイルでは、E500の方が足音がしっかり聞こえ、VR3000では分かりにくい印象を持ちました。Apexlegendsでは、VR3000との相性は良く感じます。試しにイヤーピースをコンプライのTタイプに変更し、改めて試聴するとより定位が良くなったので、思ったより合わなかったと感じた人はイヤーピースを変えて見るのもありだと思います。1つ不満点があるとすればマイクの性能が悪いです。ものすごくこもって聞こえます。その辺気にしない人であれば、とてもオススメです。

続きを読む

Zafflo さん (2021/01/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1