• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)

ZEN DAC 3

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)

ZEN DAC 3

  • 新品

¥39,600 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

5060738788682

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥25,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

お~

@e☆イヤホン仙台駅前店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ZEN DAC後継機!ハイパワーかつ濃厚なサウンドに進化!!

【前作との違い】
前作「ZEN DAC」からの大きな変更点といえば、USB入力がUSB-Cに変更されたことです。スマートフォンからOTGケーブルなしでも接続できるようになり、誰でも気軽に使用できる据え置きアンプに進化しました! また、フィルターにも変更があり、ヘッドホンなどの低域不足を改善する「XBass+」を搭載しています。

【音質】
「ZEN DAC3」では音全体が重くなった印象を受けました。切れのあるシャープな高音にしっかり沈み込みを感じる低音が、前作との大きな違いです。「POWER MATCH」を使用することでポテンシャルをさらに広げることができました。イヤホン、ヘッドホン両方ともに適していて、iFI audioの音作りが好きな方や、初めての据え置きながらもハイパフォーマンスに憧れる方にうってつけの一機種と言えますね! 3.5mmアンバランス接続では「POWER MATCH」の恩恵を受けることができます。4.4mmバランス接続ではイヤホン、ヘッドホンのポテンシャルを最大限に発揮して、音楽体験をさらに一段階向上させてくれること間違いなしです!

【外見】
「ZEN DAC3」になり、デザインも変更され、前作から装飾が加わり、より高級感が増しました。通常の据え置きとしてだけでなく、装飾の一つとしても主張しています。色味にも変化があり、青系統のボディになり、「ZEN」シリーズのシグネチャーを連想させるカラーリングになりました。

【まとめ】
前作から性能が進化して、音楽体験を向上させてくれる「ZEN DAC3」は、音作りはiFIらしく、しっかりと新しいものを今作で作り上げてきたと実感しました。ハイパフォーマンスかつコストパフォーマンスもしっかりしている「ZEN DAC3」。据え置きに興味がある方、従来機を使用していてアップグレードに興味がある方にとてもおすすめの一品です。

えっさん

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

さらに進化した。だから性能もコスパも音質も追求できちゃう!?

【ポイント】
・全面刷新が行われた定番機種の第3世代。
・低音ブースト機能が「XBass+」へと変更。

【デザイン】
「ZEN DAC」はシルバーなデザインで統一されていましたが、「ZEN DAC 3」では落ち着いたデザインとなりました。特に表面の装飾が特徴的で、高級感のあるデザインのように思います。良い意味でザ・オーディオ機器というよりも、アンティーク感があってオシャレな印象を受けました。

大きさは「ZEN」シリーズお馴染みのスリムでありながらコンパクトです。

【機能】
形は「ZEN DAC」とほぼ同じですが、細かい部分においてアップデートがなされています。対応フォーマットが以前の【PCM 384kHz、DSD 256】から【PCM 768kHz、DSD 512】へと拡張された他、背面のUSB入力端子がUSB Type-Cへと刷新されました。また、低音ブースト機能が以前は廉価グレードの「TrueBass」でしたが、上位機種に搭載される「XBass+」へと変更された点は要チェックです。「PowerMatch機能」も踏襲されています。

【音質】
エッジのある、というよりは艶のある鳴り方で、全体的に澄んだサウンドのように感じました。低音・高音ともにどこかをハッキリと強調するわけではなく、バランス良く鳴らしている印象です。強いて言えば、高域の方がシャキッとしているように思います。

中音域の輪郭もしっかりとしており、ボーカルの芯がクッキリ描写されている一方で、解像度の高さから楽器がボーカルに埋もれることなく、メリハリのある距離感で鳴っています。「XBass+」を使用することで、低音ブーストが稼働するので、シャキッとした高音に負けじとズンズン低音が鳴ります。低音が薄めになりがちな開放型ヘッドホンも、「ZEN DAC 3」と組み合わせて聴くことで、低音もしっかりと描写できるのではないでしょうか。

また、「ZEN DAC」と比較すると、サウンド全体がクッキリと明るくなった印象を受けました。「ZEN DAC」での低音は若干の丸みがありましたが、「ZEN DAC 3」ではその丸みを磨いてピカピカに輝かせたような、明瞭さが生まれたようです。高音もシンバルやハイハットの細かい余韻まで、丁寧に演出しているように思います。

今回、試聴するにあたってSENNHEISER【HD 800S(300Ω)】を使用しましたが、PowerMatch機能を使用することで体感そこまでパワー不足は感じませんでした。ただし【HDV 820】×【HD 800S】の組み合わせと聴き比べると、「ZEN DAC 3」では若干のパワー不足を感じます。

【総合すると・・・】
「ZEN DAC」と大きさ・形こそはほぼ同じですが、細かい点で様々なアップデートを遂げたのが、この「ZEN DAC 3」です。対応フォーマットの拡張や「XBass+」への変更により、音の鳴り方も「ZEN DAC」と比較して変化しました。スマートなサイズに直感的な操作感。シンプルだけども奥深い据え置きDACです。本製品の単体でもよし。「ZEN CAN」シリーズと組み合わせて出力をグレードアップしてみてもよし。

初めての据え置きDACデビューに、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

【試聴環境】
NW-WM1AM2からデジタル接続で試聴しました。
・高橋瞳「恋するピエロッティ」
・PIERROT「HILL -幻覚の雪-」
・WANDS「soldier」

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

DSD512/PCM768/MQAフルデコード対応USB-DACアンプ

iFi-Audio ZEN DAC 3

ZEN DACは2019年秋の発売以降、大変多くの方にご愛顧いただき、据え置きUSB-DACアンプの定番機種となりました。この度、全面刷新を行い、第3世代へと生まれ変わります。全面刷新では、見た目が洗練されただけでなく、内部にも大きな更新が加えられています。

  1. DSD512/PCM768kHz の再生が可能に
    対応フォーマットは、DSD256/PCM384kHz から DSD512/PCM768kHz に拡張されました。DSD512のネイティブ再生だけではなく、スマートフォン・MacなどDoPでしかDSD伝送ができない機種であってもDSD256音源が再生できるようになります。
    hoge画像
  2. USB入力
    USB入力にはUSB-Cを搭載しました。スマートフォンからOTGケーブルなしで直接の接続・再生が可能になったことを意味します。USB-Cがホスト・デバイスの自動認識機能を含むためです。また、USB-Cは従来のUSB規格に比して耐久性が格段に向上、バスパワー電流も安定しています。つまり、USB-C対応スマートフォン・タブレットから今まで以上に良い音質で再生ができるのです。
  3. ヘッドフォン出力
    ヘッドフォン出力には、4.4mmバランスと6.3mmシングルエンドを搭載しました。また、開放型ヘッドフォンにありがちな低域不足をアナログ回路で補正する機能XBass+を搭載しています。iFi audio製品では同種の機能が複数グレード存在し、前世代のZENシリーズでは廉価グレードのTrueBassでしたが、第3世代では上位機種に搭載されているXBass+となります。あわせて、ヘッドフォン・イヤフォンにあわせて適切なゲインを選択可能なPowerMatch機能を、前世代に引き続き搭載します。2つの出力と、2つの機能の組み合わせにより、多種多様なヘッドフォン・イヤフォンの性能を十二分に引き出します。
  4. ライン出力
    ライン出力には、固定・可変出力が切り替え可能な 4.4mmバランス出力と RCA出力を搭載しました。4.4mmバランス出力は同入力搭載の機器には 4.4mmケーブル1本でバランス・ステレオ伝送が可能です。また、既報の4.4 to XLR cable SEなどを用いれば、従来のXLR入力を搭載した機器にも接続が可能です。固定・可変切り替えが可能なため、プリメインアンプ・パワーアンプ・アクティブスピーカーなど接続先を選びません。
  5. 16コアXMOSローレイテンシーマイクロプロセッサー
    ZENシリーズはエントリー機種ながら音質へのこだわりはiFi audioのオーディオ精神を引き継いでいます。DACはトゥルーネイティブ・バーブラウン製、幅広いハイレゾフォーマットに対応する16コアXMOS ローレイテンシーマイクロプロセッサー、フルバランス回路で構成されています。アナログ回路は第3世代で改良され、より正確で純度の高い信号をお届けします。また、このクラスの製品ではまれなジッター逓減機能を搭載しています。iFi独自の GMT(Global Master Timing)は、20dB 以上ジッターを低減させ、高品質なデジタル再生にとって欠かすことのできないクロック性能をより高いものにします。
  6. DC入力も対応
    ZEN DAC 3は、USB バスパワーで動作いたしますが、より高品位なオーディオ再生を実現するために、DC入力を備えております。外部電源を用いることにより、ZEN DAC 3の音質を向上することができるのです。ACアダプターは別売の iFi audio iPowerII や、TOP WING TW-TAC1 が適合いたします。

製品仕様


■ スペック
デジタル入力 USB-C
対応フォーマット DSD512/PCM768kHz/MQAフルデコード
DAC Bit-Perfect DSD & DXD DAC by Burr Brown
ライン出力 4.4mmバランス、RCAシングルエンド
ライン出力レベル 4.4mmバランス:2V/最大6.2V(可変)、4.2V(固定)
シングルエンド:1V/最大3.3V(可変)、2.1V(固定)
出力インピーダンス 200Ω(バランス)、100Ω(シングルエンド)
ライン出力 S/N 比 113dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ライン出力ダイナミックレンジ 113dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ライン出力 THD+N 0.0015% @ 0dBFS(バランス)、0.003% @ 0dBFS(シングルエンド)
ヘッドフォン出力 4.4mmバランス、6.3mmシングルエンド
ヘッドフォン出力レベル 最大 6.2V(バランス)、最大 3.3V(シングルエンド)
最大出力パワー >70mW @ 600Ω、>300mW @ 32Ω(バランス)
>18mW @ 600Ω、>210mW @ 32Ω(シングルエンド)
定格出力パワー >390mW @ 64Ω(バランス)、>210mW @ 32Ω(シングルエンド)
出力インピーダンス 1Ω以下(バランス:シングルエンド)
ヘッドフォン出力 S/N 比 109dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ヘッドフォン出力ダイナミックレンジ 109dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ヘッドフォン出力 THD+N 0.005% @ 0dBFS(バランス)、0.013% @ 0dBFS(シングルエンド)
周波数特性 5Hz-90kHz(+/-3dB)
電源入力 USB-C バスパワー、DC5V/0.5A(センタープラス)
消費電力 無信号 ~0.5W、最大信号 ~2.5W
サイズ 158mm×115mm×35mm

商品詳細

DSD512/PCM768/MQAフルデコード対応USB-DACアンプ

iFi-Audio ZEN DAC 3

ZEN DACは2019年秋の発売以降、大変多くの方にご愛顧いただき、据え置きUSB-DACアンプの定番機種となりました。この度、全面刷新を行い、第3世代へと生まれ変わります。全面刷新では、見た目が洗練されただけでなく、内部にも大きな更新が加えられています。

  1. DSD512/PCM768kHz の再生が可能に
    対応フォーマットは、DSD256/PCM384kHz から DSD512/PCM768kHz に拡張されました。DSD512のネイティブ再生だけではなく、スマートフォン・MacなどDoPでしかDSD伝送ができない機種であってもDSD256音源が再生できるようになります。
    hoge画像
  2. USB入力
    USB入力にはUSB-Cを搭載しました。スマートフォンからOTGケーブルなしで直接の接続・再生が可能になったことを意味します。USB-Cがホスト・デバイスの自動認識機能を含むためです。また、USB-Cは従来のUSB規格に比して耐久性が格段に向上、バスパワー電流も安定しています。つまり、USB-C対応スマートフォン・タブレットから今まで以上に良い音質で再生ができるのです。
  3. ヘッドフォン出力
    ヘッドフォン出力には、4.4mmバランスと6.3mmシングルエンドを搭載しました。また、開放型ヘッドフォンにありがちな低域不足をアナログ回路で補正する機能XBass+を搭載しています。iFi audio製品では同種の機能が複数グレード存在し、前世代のZENシリーズでは廉価グレードのTrueBassでしたが、第3世代では上位機種に搭載されているXBass+となります。あわせて、ヘッドフォン・イヤフォンにあわせて適切なゲインを選択可能なPowerMatch機能を、前世代に引き続き搭載します。2つの出力と、2つの機能の組み合わせにより、多種多様なヘッドフォン・イヤフォンの性能を十二分に引き出します。
  4. ライン出力
    ライン出力には、固定・可変出力が切り替え可能な 4.4mmバランス出力と RCA出力を搭載しました。4.4mmバランス出力は同入力搭載の機器には 4.4mmケーブル1本でバランス・ステレオ伝送が可能です。また、既報の4.4 to XLR cable SEなどを用いれば、従来のXLR入力を搭載した機器にも接続が可能です。固定・可変切り替えが可能なため、プリメインアンプ・パワーアンプ・アクティブスピーカーなど接続先を選びません。
  5. 16コアXMOSローレイテンシーマイクロプロセッサー
    ZENシリーズはエントリー機種ながら音質へのこだわりはiFi audioのオーディオ精神を引き継いでいます。DACはトゥルーネイティブ・バーブラウン製、幅広いハイレゾフォーマットに対応する16コアXMOS ローレイテンシーマイクロプロセッサー、フルバランス回路で構成されています。アナログ回路は第3世代で改良され、より正確で純度の高い信号をお届けします。また、このクラスの製品ではまれなジッター逓減機能を搭載しています。iFi独自の GMT(Global Master Timing)は、20dB 以上ジッターを低減させ、高品質なデジタル再生にとって欠かすことのできないクロック性能をより高いものにします。
  6. DC入力も対応
    ZEN DAC 3は、USB バスパワーで動作いたしますが、より高品位なオーディオ再生を実現するために、DC入力を備えております。外部電源を用いることにより、ZEN DAC 3の音質を向上することができるのです。ACアダプターは別売の iFi audio iPowerII や、TOP WING TW-TAC1 が適合いたします。

製品仕様


■ スペック
デジタル入力 USB-C
対応フォーマット DSD512/PCM768kHz/MQAフルデコード
DAC Bit-Perfect DSD & DXD DAC by Burr Brown
ライン出力 4.4mmバランス、RCAシングルエンド
ライン出力レベル 4.4mmバランス:2V/最大6.2V(可変)、4.2V(固定)
シングルエンド:1V/最大3.3V(可変)、2.1V(固定)
出力インピーダンス 200Ω(バランス)、100Ω(シングルエンド)
ライン出力 S/N 比 113dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ライン出力ダイナミックレンジ 113dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ライン出力 THD+N 0.0015% @ 0dBFS(バランス)、0.003% @ 0dBFS(シングルエンド)
ヘッドフォン出力 4.4mmバランス、6.3mmシングルエンド
ヘッドフォン出力レベル 最大 6.2V(バランス)、最大 3.3V(シングルエンド)
最大出力パワー >70mW @ 600Ω、>300mW @ 32Ω(バランス)
>18mW @ 600Ω、>210mW @ 32Ω(シングルエンド)
定格出力パワー >390mW @ 64Ω(バランス)、>210mW @ 32Ω(シングルエンド)
出力インピーダンス 1Ω以下(バランス:シングルエンド)
ヘッドフォン出力 S/N 比 109dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ヘッドフォン出力ダイナミックレンジ 109dB @ 0dBFS(バランス/シングルエンド)
ヘッドフォン出力 THD+N 0.005% @ 0dBFS(バランス)、0.013% @ 0dBFS(シングルエンド)
周波数特性 5Hz-90kHz(+/-3dB)
電源入力 USB-C バスパワー、DC5V/0.5A(センタープラス)
消費電力 無信号 ~0.5W、最大信号 ~2.5W
サイズ 158mm×115mm×35mm

満足度

4.5

音質

4.5

携帯性

4

バッテリー

拡張性

4

1人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

4.0

バッテリー

無評価

拡張性

4.0

とうとうここまで来たかとの思い。

前作のzenDACも良い仕上りでしたが、今回も期待を裏切らず、ワンランク上の出来栄えだと感じました。初音出しからの仕上りは流石ifiさんと言う感じの印象です。もうこれで上りだなと言う感じですね。人によっては好みも有りますので、飽くまでも個人的な感想では有りますが、量感の有る低音と柔らかな中低音、優しめの中域と歪の少い高域と上品な仕上りになっていると思います。余りエッジは効いていないので、人によっては刺激が足りない感じを受けるかもしれませんね。ただ、ここで終わらないのが楽しいところですね。多分エ−ジング次第でより鮮明な音質に変わって行く可能性が大です。多分今までの経験から、そうなるんではないかと思います。これからワクワクしますね。一般的に手の届く価格で、十分満足出来る製品を、提供しているifiさんには脱帽です。

続きを読む

爺クマ さん (2024/04/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2