• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

AVIOT (アビオット)

TE-ZX1 ピエール中野コラボモデル【TE-ZX1-PNK】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

AVIOT (アビオット)

TE-ZX1 ピエール中野コラボモデル【TE-ZX1-PNK】

  • 新品
  • 新着

¥49,500 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571597062024

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥25,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

より洗練された印象を受ける「ピヤホン7」

【ポイント】
・歴代ピヤホンの迫力はそのままに明瞭感の増したサウンド
・専用アプリを使用して著名アーティストによるチューニングを楽しめる

【大きさ・装着感】
前作「ピヤホン6(TE-Z1PNK)」から、BAドライバー3基が追加され5ドライバー搭載となったにもかかわらず、ピヤホン6や他の同価格帯の完全ワイヤレスイヤホンと比較しても大振りとは感じさせないサイズ感にまとまっています。耳に触れるシェル部分にはカスタムIEMのような流線形が採用されており、装着感はとても良好でした。

【音の印象】
ピヤホン6までの歴代のワイヤレスピヤホンシリーズと比較すると、中高音域の明瞭感が増した印象を受けました。その影響からか、やや重心が上に持ち上がったように感じましたが、歴代ピヤホン同様、質の良い低音も楽しめ、全体的な音のバランスが良くなった印象です。

【低音域】
しっかりと量感がありつつも、音の輪郭やアタック感がしっかりと体感できます。歴代のピヤホンと比較すると、よりメリハリが効いている低音が楽しめます。

【ボーカル】
ボーカルに関しては一定の距離感はあるものの、存在感はばっちりでした。まるでボーカリストがステージの中央でスポットライトを浴びて歌っているかのような印象を受けました。

【高音域】
刺激的でありながら、刺さらないギリギリまでしっかりと鳴らしてくれます。立ち上がりが速く、抜けも良好でした。

【まとめ】
迫力がありつつも明瞭感が増したことで、よりジャンルを選ばず音楽を楽しめるようになった「ピヤホン7」。是非e☆イヤホン店頭にてご試聴ください!


【試聴環境】
iPhone 14 Pro→AVIOT TE-ZX1-PNK

【試聴楽曲】
aespa - Drama
赤い公園 - ジャンキー

ごたけ

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

待望の“ピヤホン7”登場!

前作ピヤホン6の発売から約1年が経過し、待望のピヤホン7(TE-ZX1-PNK)が登場しました!

今回のピヤホン7は、前作よりもさらに高級感のあるデザインです。このモデルのベースとなったTE-ZX1の色がワインレッドなのに対してピヤホン7では、より質感の高いブラックへ衣替えされています! 歴代ピヤホンにみられるブラックにゴールドのラインが追加されており、まさに「ピヤホンらしい」デザインです。

本体の大きさは少し大きいかなという印象でしたが、いざ装着してみるとぴったりハマり、装着感はとても良いです。本体の形状や装着感も相まって、ノイズキャンセリングもしっかり効いてくれました〇

音については全体的に密度が高く、解像度もある印象を受けます。ボーカルは近くに聴こえる一方で、楽器も遠くないと感じました。どちらかに偏ることなく聴こえるのですが、そのなかでもボーカル・スネアなどの中域が特に聴こえるので、バンドサウンドがよく楽しめます。ベースになったZX1と比較すると、さらに音に対してメリハリがついて、シャキッとした印象を受けました。

また、ピヤホン6と比較しても、やはりボーカルは手前にいて、中域が増えたように感じます。結果的には低音の量が少し控えめになったようにも感じますが十分に聴こえるほど確保されており、全体的な解像度が上がった印象です。さらに、ピヤホンがもっている低音の良さは持ちつつも、低音をずっと聴いたときの疲れやすさが軽減された感覚を受けました。

全体的に得られる満足感が高く、バンドサウンドをよく聴かれる方や、ピヤホン6から買い替えを検討されている方にもおすすめのイヤホンです!


【試聴環境】
iPhone 13 mini

【試聴楽曲】
桜エビ~ず 「それは月曜日の9時のように」
official 髭男 dism 「SOULSOUP」
KIRINJI 「うちゅうひこうしのうた」

関連商品

   
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

新開発“トライブリッド5ドライバー”システム搭載
AVIOTの新フラッグシップモデル“TE-ZX1”をベースにピエール中野氏が完全監修した渾身の“ピヤホン7”

AVIOT TE-ZX1 ピエール中野コラボモデル【TE-ZX1-PNK】

ヒーローイメージ

  1. 圧倒的な情報量による高音質と、深く、動きのある低音を実現
    “TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で搭載していた平面磁気駆動型1基とダイナミック型1基に加え、バランスドアーマチュア型3基の計5基ものドライバーを搭載。圧倒的な情報量により、ピエール中野氏が「まるで音のシャワーを浴びているよう」と感じるほどのダイナミックでトランジェント特性に優れたサウンドを実現したベースモデル“TE-ZX1”。ピエール中野氏コラボモデル“TE-ZX1-PNK(ピヤホン7)”では、ピヤホンの特徴である低音の質感にこだわったサウンドチューニングを施しました。ピエール中野氏のこだわりが詰まった「うねるような低音」をお楽しみください。専用の平面振動板に平面方向に均一な磁気駆動力を与えることで音を再生するため、理想的な振動が得られ、低歪で位相乱れの少ないレスポンスを実現。
    hoge画像
  2. 積層造形技術を使用した音響設計と優れた装着感
    AVIOTのフラッグシップモデル、Zシリーズに相応しい装着感と音響設計を両立するため、前モデルに引き続き、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)に多用され、義肢のような精密で複雑な形状を要求される製品にも使用される積層造形技術を用いてイヤホン本体下部のシェルを造形。
    さらに“TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で好評を博した、装着時の安定性を高めるAVIOT独自の“ダックテール形状”を本機でも採用。5基のドライバーを格納する複雑な音響設計を最適化するとともに、最適なフィッティングを実現しました。
    hoge画像
  3. カスタムIEMでも使用される金属製ノズル採用
    一般的な完全ワイヤレスイヤホンでは樹脂素材が使われることの多いノズル部分に、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)でも使用される金属製のノズルを採用。高硬度・高比重・高精度な音道造形により、重心バランスの最適化と不要共振の低減を実現しました。
  4. 圧倒的な情報量と、最小限のDSP処理による高鮮度でダイナミックなサウンド
    5基のドライバーが織りなす圧倒的な情報量で、全域にわたりダイナミックで広がりとリアリティを併せ持つ、押し寄せるような音楽の魅力を体感いただけます。また、極めて優れたドライバーシステムの特性と併せ、DSPによる処理を極限まで最小化し、Bluetoothで受信した信号を余すところなく再生します。Bluetoothイヤホンの概念を覆す、極めて鮮度が高くダイナミックなサウンドをお楽しみ頂けます。
    hoge画像
  5. ワイヤレスでハイレゾ音源を楽しめる、LDAC™搭載
    Bluetooth伝送方式には、SBC、AACに加え、既存技術(SBC)と比べ約3倍のデータ量送信が可能なLDAC™を採用。ワイヤレスでも、音場の広さ、情報量の多さ、細やかな表現など、ハイレゾ音源や“TE-ZX1-PNK”が持つ特性を最大限生かしながら、音楽をお楽しみいただくことができます。
    ※LDACおよびLDACロゴは、ソニー株式会社の商標です。
    ※Hi-Res Audio Wirelessロゴは、日本オーディオ協会の登録商標、または商標です。
  6. 圧倒的な高音質に没入できる静寂
    計4基のマイクを使用したハイブリッドアクティブノイズキャンセリングの採用と、物理的に環境音をシャットアウトするパッシブノイズアイソレーションの組み合わせで、広帯域にわたりノイズを低減。前モデル“TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で好評を博した、音質への影響を極限まで抑え、ノイズキャンセリング特有の圧迫感や閉塞感をなくしつつも、高いノイズ抑制機能を備えたノイズキャンセリングシステムを更にブラッシュアップ。“トライブリッド5ドライバー”システムの圧倒的な高音質に、周囲の騒音を気にせず没入いただけます。
    hoge画像
  7. 安心の長時間再生
    イヤホン単体で最大8時間※、チャージングケースを併用すれば最大20時間※の長時間再生が可能。バッテリーを気にせずお使いいただける、安心のロングライフバッテリーです。また、10分の充電で最大60分の使用が可能な急速充電にも対応しています。
    ※再生時間は使用環境により変動する可能性があります。
  8. メカニカルなデザインに、ピヤホンシリーズのアイデンティティであるブラックを纏わせた唯一無二のモデル
    ベースモデルのメカニカルな魅力を際立たせるブラックをベースに、ピエール中野氏の理想のデザインを追求しました。
    hoge画像
  9. 8種のイヤーピース同梱で多様な形状の耳にフィット
    イヤーピースには、肌に優しい※医療用シリコンを採用。優れたフィット感と遮音性を実現するため、形状を新規設計しました。多様な耳の形状にフィットするよう、Sサイズ、Mサイズは高さの異なる2種類を用意。Lサイズ、XLサイズと合わせて、6サイズのイヤーピースを同梱します。さらに、密閉度と遮音性を向上させ、シリコンイヤーピースと異なる音響特性を持つウレタンフォーム素材のイヤーピース2サイズも同梱。しっかりフィットすることで低音を逃さず、どんな耳の形状の方でも“TE-ZX1-PNK”のサウンドを堪能することができます。
    ※全ての人にアレルギー反応が起きないことを保証するものではありません。
    hoge画像
  10. マルチポイント対応
    スマホとPC、2台のスマホ等、同時に2台の端末と接続できるマルチポイント機能を搭載。一台を音楽再生用、もう一台を電話待受用にすることもできるので、音楽再生中も別端末にかかってきた着信を逃すことはありません。
  11. AI技術を活用した、高品質通話機能
    高品質通話用マイクの採用、そして、話し声と周囲のノイズを判別・除去するAI技術を活用したアルゴリズムの搭載により、クリアな音声を届けるハンズフリー通話を実現。通話相手へあなたの声をスムーズに届けます。
  12. 安心の防水仕様
    突然の雨や水しぶき、汗などによる水濡れも強いIPX4相当※の生活防水仕様です。
    ※イヤホン本体のみ
  13. 多数の著名アーティストが参加する“Assemble for PNK”プロジェクト始動 !
    第一弾として、中野雅之氏によるエクストラチューニング、サウンドガイダンスを搭載本モデルのリリースに伴い、多数の著名アーティストに参加頂き、“ピヤホン”の世界をさらに広げていく“AssembleforPNK”プロジェクトを立ち上げました。第一弾として、本モデルにBOOMBOOMSATELLITES、THESPELLBOUNDのメンバーである中野雅之氏によるエクストラチューニングを搭載。デフォルトのピエール中野氏チューニングをベースに、中野雅之氏がさらにチューニングを施した特別なサウンドをお楽しみいただけます。

    また、他に類を見ない高い再現性と圧倒的な情報量を実現した“TE-ZX1-PNK”の音質に没頭いただくため、従来の“ボイスガイダンス”に代わり、“サウンドガイダンス”を搭載。電源ON/OFFなどの操作の切り替えを、中野雅之氏が本モデルのためだけに手がけた、ここでしか聴けないサウンドでお知らせいたします。チューニングとサウンドガイダンスは、専用アプリにより切り替え可能です。“AssembleforPNK”プロジェクトでは、今後、“TE-ZX1-PNK”への大沢伸一氏、クラムボン・ミト氏によるエクストラチューニングやサウンドガイダンスの追加をはじめ、豪華アーティストとのコラボレーションを多数企画中。どうぞご期待ください。
    ※ボイスガイダンスへの切り替えも可能ですが、特定のコンテンツとのコラボレーションボイスではありません。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 イヤホン単体:約8時間
チャージングケース併用時:約20時間
※使用環境により変動する可能性があります
充電時間 イヤホン本体充電時間:約1.5時間
チャージングケース充電時間:約1.5時間
※約10分の充電で最大60分再生可能な急速充電対応
ドライバー構成 トライブリッド5ドライバー(10mmダイナミック+平面磁気駆動型+BA×3)
対応コーデック AAC,SBC,LDAC
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
防水 IPX4相当
※イヤホン本体のみ
対応プロファイル A2DP,HFP,AVRCP
再生周波数帯域 メーカー情報なし
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 ・シリコンイヤーピース:S-short/S-tall/M-short/M-tall/L/XL 各サイズ1ペア
・ウレタンイヤーピース:M/L 各サイズ1ペア
・カラビナ付きセミハードケース
・USB Type-Cケーブル1本
・ユーザーマニュアル
・製品保証登録カード

商品詳細

新開発“トライブリッド5ドライバー”システム搭載
AVIOTの新フラッグシップモデル“TE-ZX1”をベースにピエール中野氏が完全監修した渾身の“ピヤホン7”

AVIOT TE-ZX1 ピエール中野コラボモデル【TE-ZX1-PNK】

ヒーローイメージ

  1. 圧倒的な情報量による高音質と、深く、動きのある低音を実現
    “TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で搭載していた平面磁気駆動型1基とダイナミック型1基に加え、バランスドアーマチュア型3基の計5基ものドライバーを搭載。圧倒的な情報量により、ピエール中野氏が「まるで音のシャワーを浴びているよう」と感じるほどのダイナミックでトランジェント特性に優れたサウンドを実現したベースモデル“TE-ZX1”。ピエール中野氏コラボモデル“TE-ZX1-PNK(ピヤホン7)”では、ピヤホンの特徴である低音の質感にこだわったサウンドチューニングを施しました。ピエール中野氏のこだわりが詰まった「うねるような低音」をお楽しみください。専用の平面振動板に平面方向に均一な磁気駆動力を与えることで音を再生するため、理想的な振動が得られ、低歪で位相乱れの少ないレスポンスを実現。
    hoge画像
  2. 積層造形技術を使用した音響設計と優れた装着感
    AVIOTのフラッグシップモデル、Zシリーズに相応しい装着感と音響設計を両立するため、前モデルに引き続き、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)に多用され、義肢のような精密で複雑な形状を要求される製品にも使用される積層造形技術を用いてイヤホン本体下部のシェルを造形。
    さらに“TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で好評を博した、装着時の安定性を高めるAVIOT独自の“ダックテール形状”を本機でも採用。5基のドライバーを格納する複雑な音響設計を最適化するとともに、最適なフィッティングを実現しました。
    hoge画像
  3. カスタムIEMでも使用される金属製ノズル採用
    一般的な完全ワイヤレスイヤホンでは樹脂素材が使われることの多いノズル部分に、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)でも使用される金属製のノズルを採用。高硬度・高比重・高精度な音道造形により、重心バランスの最適化と不要共振の低減を実現しました。
  4. 圧倒的な情報量と、最小限のDSP処理による高鮮度でダイナミックなサウンド
    5基のドライバーが織りなす圧倒的な情報量で、全域にわたりダイナミックで広がりとリアリティを併せ持つ、押し寄せるような音楽の魅力を体感いただけます。また、極めて優れたドライバーシステムの特性と併せ、DSPによる処理を極限まで最小化し、Bluetoothで受信した信号を余すところなく再生します。Bluetoothイヤホンの概念を覆す、極めて鮮度が高くダイナミックなサウンドをお楽しみ頂けます。
    hoge画像
  5. ワイヤレスでハイレゾ音源を楽しめる、LDAC™搭載
    Bluetooth伝送方式には、SBC、AACに加え、既存技術(SBC)と比べ約3倍のデータ量送信が可能なLDAC™を採用。ワイヤレスでも、音場の広さ、情報量の多さ、細やかな表現など、ハイレゾ音源や“TE-ZX1-PNK”が持つ特性を最大限生かしながら、音楽をお楽しみいただくことができます。
    ※LDACおよびLDACロゴは、ソニー株式会社の商標です。
    ※Hi-Res Audio Wirelessロゴは、日本オーディオ協会の登録商標、または商標です。
  6. 圧倒的な高音質に没入できる静寂
    計4基のマイクを使用したハイブリッドアクティブノイズキャンセリングの採用と、物理的に環境音をシャットアウトするパッシブノイズアイソレーションの組み合わせで、広帯域にわたりノイズを低減。前モデル“TE-Z1PNK(ピヤホン6)”で好評を博した、音質への影響を極限まで抑え、ノイズキャンセリング特有の圧迫感や閉塞感をなくしつつも、高いノイズ抑制機能を備えたノイズキャンセリングシステムを更にブラッシュアップ。“トライブリッド5ドライバー”システムの圧倒的な高音質に、周囲の騒音を気にせず没入いただけます。
    hoge画像
  7. 安心の長時間再生
    イヤホン単体で最大8時間※、チャージングケースを併用すれば最大20時間※の長時間再生が可能。バッテリーを気にせずお使いいただける、安心のロングライフバッテリーです。また、10分の充電で最大60分の使用が可能な急速充電にも対応しています。
    ※再生時間は使用環境により変動する可能性があります。
  8. メカニカルなデザインに、ピヤホンシリーズのアイデンティティであるブラックを纏わせた唯一無二のモデル
    ベースモデルのメカニカルな魅力を際立たせるブラックをベースに、ピエール中野氏の理想のデザインを追求しました。
    hoge画像
  9. 8種のイヤーピース同梱で多様な形状の耳にフィット
    イヤーピースには、肌に優しい※医療用シリコンを採用。優れたフィット感と遮音性を実現するため、形状を新規設計しました。多様な耳の形状にフィットするよう、Sサイズ、Mサイズは高さの異なる2種類を用意。Lサイズ、XLサイズと合わせて、6サイズのイヤーピースを同梱します。さらに、密閉度と遮音性を向上させ、シリコンイヤーピースと異なる音響特性を持つウレタンフォーム素材のイヤーピース2サイズも同梱。しっかりフィットすることで低音を逃さず、どんな耳の形状の方でも“TE-ZX1-PNK”のサウンドを堪能することができます。
    ※全ての人にアレルギー反応が起きないことを保証するものではありません。
    hoge画像
  10. マルチポイント対応
    スマホとPC、2台のスマホ等、同時に2台の端末と接続できるマルチポイント機能を搭載。一台を音楽再生用、もう一台を電話待受用にすることもできるので、音楽再生中も別端末にかかってきた着信を逃すことはありません。
  11. AI技術を活用した、高品質通話機能
    高品質通話用マイクの採用、そして、話し声と周囲のノイズを判別・除去するAI技術を活用したアルゴリズムの搭載により、クリアな音声を届けるハンズフリー通話を実現。通話相手へあなたの声をスムーズに届けます。
  12. 安心の防水仕様
    突然の雨や水しぶき、汗などによる水濡れも強いIPX4相当※の生活防水仕様です。
    ※イヤホン本体のみ
  13. 多数の著名アーティストが参加する“Assemble for PNK”プロジェクト始動 !
    第一弾として、中野雅之氏によるエクストラチューニング、サウンドガイダンスを搭載本モデルのリリースに伴い、多数の著名アーティストに参加頂き、“ピヤホン”の世界をさらに広げていく“AssembleforPNK”プロジェクトを立ち上げました。第一弾として、本モデルにBOOMBOOMSATELLITES、THESPELLBOUNDのメンバーである中野雅之氏によるエクストラチューニングを搭載。デフォルトのピエール中野氏チューニングをベースに、中野雅之氏がさらにチューニングを施した特別なサウンドをお楽しみいただけます。

    また、他に類を見ない高い再現性と圧倒的な情報量を実現した“TE-ZX1-PNK”の音質に没頭いただくため、従来の“ボイスガイダンス”に代わり、“サウンドガイダンス”を搭載。電源ON/OFFなどの操作の切り替えを、中野雅之氏が本モデルのためだけに手がけた、ここでしか聴けないサウンドでお知らせいたします。チューニングとサウンドガイダンスは、専用アプリにより切り替え可能です。“AssembleforPNK”プロジェクトでは、今後、“TE-ZX1-PNK”への大沢伸一氏、クラムボン・ミト氏によるエクストラチューニングやサウンドガイダンスの追加をはじめ、豪華アーティストとのコラボレーションを多数企画中。どうぞご期待ください。
    ※ボイスガイダンスへの切り替えも可能ですが、特定のコンテンツとのコラボレーションボイスではありません。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 イヤホン単体:約8時間
チャージングケース併用時:約20時間
※使用環境により変動する可能性があります
充電時間 イヤホン本体充電時間:約1.5時間
チャージングケース充電時間:約1.5時間
※約10分の充電で最大60分再生可能な急速充電対応
ドライバー構成 トライブリッド5ドライバー(10mmダイナミック+平面磁気駆動型+BA×3)
対応コーデック AAC,SBC,LDAC
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.3
防水 IPX4相当
※イヤホン本体のみ
対応プロファイル A2DP,HFP,AVRCP
再生周波数帯域 メーカー情報なし
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 ・シリコンイヤーピース:S-short/S-tall/M-short/M-tall/L/XL 各サイズ1ペア
・ウレタンイヤーピース:M/L 各サイズ1ペア
・カラビナ付きセミハードケース
・USB Type-Cケーブル1本
・ユーザーマニュアル
・製品保証登録カード

満足度

4.5

高音の質

4.4

中音の質

4.6

低音の質

4.8

細やかさ

4.5

迫力

4.6

音場

4.5

遮音性

4.4

音漏耐性

4.3

4人のお客様がレビューしています。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

音質バッチリ 残念耳に合わず

自分は普段 FoKus Mystiqueとaz80を使用していますが サウンドに関してはかなり自分好みでした 多ドラらしく 様々な音が一つに上手く纏まっていて 素晴らく ずっと聴いていたいと思いました 唯二、三時間聴いているとイヤホン内側のフィンの様になっている所が耳に刺さって痛くなりました 音質は最高で文句無しですが 自分の耳には合わなかったです 購入時には試聴して自分に合うか確かめないと 合わない人が結構いると思います

続きを読む

三日月の夜 さん (2024/02/18)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

低中高バランス良く強化した新作

前回のTE-Z1-PNK(通称ピヤホン6)も所持しておりました。なのでそことの比較になります。(大体85Hほど駆動後感想)
装着感の関係上SednaEarfit Foamaxを付けている感想とはなりますが、前作が中低域偏重だったかなと感じられるほど今作のモデルは高音域にも煌びやかさが出ています。
前作はフォーム系を装着すると高音域がそんなに主張しないのに拍車をかけてややマイルドになりがちでしたが、今作の高音域はフォーム系を使ってもなおキレてます。
逆にシリコン系イヤピを使うと、前作にならい低域の量感、迫力等が失われる感はあります。
音場も若干広がり、解像感も若干上がっております。
迫力や低音等は前作と変わらず良いと思います。音の伸びやかさも非常に良く、まぁ価格帯考えたらこれぐらいやってもらわないとと思われる点はちゃんとやってきてるかなと思います。

今作になってからノズルが変更されて、前作より先端金属ノズルが若干太く短くなっています。
この関係で前作では使えていたイヤピが使えなくなり、前作通りの装着感が得られない可能性もあります。
金属ノズルに付いてるノズルフィルターは金属の板も張り付けてある仕様なので、前作前々作のようにイヤピ交換によるフィルター破損は起きにくくなってるのかなと思います。
個人的にはノズルが短くなった分本体が密着する形となったので自分はよく働きました。

充電ケースに関しましては無線充電非対応、前作よりケース充電残量は直感的に見えやすくなってるものの、奥まってて見づらい(視認しにくい)かなと思います。

その他使用感につきましては、音漏れ等は前作と変わらず若干するのかなと思います。遮音性も前作とそこまで形状等変わってないので特に進化は無いです。
ANCの破綻してしまうことが前作はありましたが、今作はいくらか軽減されているのかなと思います。外音取り込み等はそこまで前作と変わらない印象です。
操作のアナウンスは前作のボイスアナウンスとは違い、現状音だけの判断となるので若干分かりづらいです。今後ボイスアナウンスが搭載される予定なのでそこら辺で解決になるかなと思います。
充電の持ちはANCオフ状態満充電の場合は、大体8時間はフルに持つのかなと思います。
今回からエクストラチューニングとしてコラボチューンなEQが存在いたします。個人的にはEQをあまり使わないのであまり重視してません。

個人的に相対的に満足はしております。いつも期待を裏切らない好みの音を出してくれているので買い続けられます。
案件、プロモーション動画に左右されず、もし可能であれば自分の足で試聴へ行きましょうね。

続きを読む

ふみの さん (2024/02/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

ピヤホン7の完成度がすごい。

ピヤホン7聴いてみたけどヤバい
毎回即売り切れなのもわかる。
よくワイヤレスでここまで仕上げてきたなぁ
しかもこのサイズで平面とDDと3BAが入ってると…
そしてバッテリやら基盤やらも収まってるのか
ぎゅうぎゅうに詰まってるおかげなのか、形状によるものなのか、遮音性も上がってる
カスタムIEMでいうと、シェルに樹脂を充填された感じ
そうなると音が締まって聴こえるけど、それと同じことが起きてる
まだエイジングもしてない箱出しでこれは有線派も納得。
というか、これ
【有線化してほしい。】
3BAのせいなのか、少し高域が自分には刺さり気味に感じたけど、そこはEQで少し下げて解決
中域に使われている平面駆動は低域にも貢献しているのか、ピエール中野氏渾身の?うねるような低音の中にもしっかり締まりがあって、聴いていて気持ちいい。
ピヤホン7は本当にかなり高い次元でバランスが取れている。
無線なのが勿体ない…消耗品じゃん…
今回、ただのコラボイヤホンだと舐めてたピヤホンに完全に魅了されました。
ピエール中野氏のこだわりの音、それを実現し、商品化するAVIOTの技術力
ピヤホンが出る前のAVIOTイヤホンを使ったことがありましたが、結構平凡でつまらなかったイメージでしたが、今回で払拭されました。
AVIOTはピヤホンと共に大躍進してますね。
Technics az80を超えるイヤホンを探していただけなのに、とんでもないものに出会ってしまった。
久しぶりに鳥肌的なものを感じた。

ずっと使いたくなるイヤホン、ピヤホンはピヤホンにしか超えられない
7でこれだと、ピヤホン8ってどうなるんだ…?
ノイズキャンセリングも外音取り込みも普通に他社のフラッグシップモデルと戦える性能でした。
ノイズキャンセリングの効きは必要十分。
ただ、少し削られてしまう音域派ありました。
気にならない程度ですが。

これは個人的に後にも先にも2024年ベスト・バイ・イヤホンで間違いない。
だめなところを上げると、ANC→OFF→外音の順番がたまにバグる、アプリがいまいち
EQが毎回セーブしないと音が変わらないのがストレスかな

いい買い物した。

続きを読む

おふとん さん (2024/02/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

妥協なしの音質特化モデル

前作同様に金属製ノズルを採用したりと音質に関わる部分に拘りが見られます。
フィット感も抜群でANC性能も高く実用的です。
従来の製品から低音が長所と思われがちですが高音もよく出ています。
5ドライバー採用ということもありTWSとは思えないような解像度と音圧で驚きました。

続きを読む

にゃあ さん (2024/02/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3