• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

SHANLING (シャンリン)

UA3

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

SHANLING (シャンリン)

UA3

  • 新品

¥15,620 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6972835391070

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥8,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

せめちゃん

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

スマートフォンの音質底上げに!

AKM社製のDACチップを搭載したSHANLING UA3。

全体のバランスを変えずに音がクリアになるような印象を受けました。イヤホンの音色をそのままに、繊細な表現が出来るようになり、ワンランク上の音質になるイメージです。

音像がより鮮明になり、サウンドステージも横の範囲が若干広くなったように感じました。それでいて音がばらつくような感じも無く、程よい分離感になっていると思います。

そして大きな特徴として、UA3には前モデルのUA2にはなかった物理ボタンがあり、スマートフォンとは別に100段階の細かい音量調節ができる点も魅力的です。

UA3側の音量を上げていくと、アタック感が少し強くなり、曲中での抑揚がハッキリと感じられるようになります。特に低音域は空間的な音よりも、キレのいい音が得意なように感じました。

逆にスマートフォン側の音量を上げて、UA3の音量を控えめにすると、そのままの音色で音がクリアになるので、音をあまり変えたくないという方は、スマートフォン側を上げて調節するといいかもしれません。

音に関して目立つ部分を強調して例にあげましたが、強い癖などは無く、素直に音質を一段階底上げしてくれているような感じです。なので様々なジャンルの音楽でも偏りなく、楽しくイヤホンを鳴らしてくれます。

イヤホン変換ケーブルから鑑賞環境を変えてみたい方や、あまり音の傾向を変えずに音質を上げたい方、音楽プレーヤーは高くて手が出せないという方に、一度は試してほしいスティック型DACです。

試聴環境:
Galaxy note10+→SHANLING UA3→JH Audio Roxanne Performance Series

試聴楽曲:
Reol / 第六感
Polyphia / ABC 等

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

細かいボリューム調整が可能なスティック型アンプ

「SHANLING UA3」は全体の音の印象を変えずに1つ1つの音をシャープに整えてくれるスティック型DAC搭載アンプです。

本体前面に配置されている3つのボタンにより、「スマートフォンと連動したボリューム」と「UA3内部のボリューム」の2種のボリュームの調整が行えます。

UA3内部のボリュームの調整がかなり細かく、ほんの少しだけボリュームの上げ下げをしたいという要望にも答えてくれるように感じました。

音に関しては、全体的に味付けは薄めに感じました。イヤホンの音のバランスを崩さない印象でありつつも、「音がグレードアップしている」という感覚はしっかりと感じられるサウンドでした。

全体的に音の輪郭がハッキリとして、1枚ベールを剥いだような明瞭さを感じました。

1点だけ注意点としては、iOS機器に採用されているLightning端子とUA3を接続するためのケーブルが付属していません。
今回のレビューでは、「FiiO LT-LT1」を使用してiPhone 11と接続することが出来ました。
※端末やOS Ver.の違いにより動作しない可能性があるため、購入前に動作確認を行うことをオススメいたします。

「UA3」は縁の下の力持ちとして、今お使いのイヤホンやヘッドホンを支えてくれる存在です。

是非お試しください!


試聴環境
iPhone 11→FiiO LT-LT1→SHANLING UA3

試聴楽曲
赤い公園 - pray
吉田凜音 - ASUNAROU

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Portable DAC/AMP Adapter

SHANLING UA3

ヒーローイメージ

AKM 社製の最新鋭 DAC チップ AK4493SEQ|二つの Ricore 社製 RT6863 OP-アンプ
ボリュームコントロールボタン搭載|高精度-低位相雑音クロック搭載
超低ノイズのヘッドホン出力|バランス接続時 最大 210mW の高出力設計
768kHz/32bit、DSD512 までのファイル形式に対応|3.5mm+4.4mm 出力端子

  1. ミニマルブラック・ボディ
    アルミニウムのブロックから削り出されたシャーシをマットな質感に仕上げた UA3 のボディは、高い耐久性とミニマルな美しさを兼ね揃えています。重量も 20g 前後と軽量で、持ち運びに苦となりません。
    hoge画像
  2. AKM-ネクストジェネレーション DAC チップ
    AKM 社の最新鋭 DAC チップ「AK4493SEQ」の登場で、ようやく私たちの愛した AKM サウンドを備えた UA シリーズが登場します。ナチュラルで有機的な SHANLING の“ハウス・サウンド”を実現しつつ、このチップの高いパフォーマンスによって対応するデータの形式はこれまでよりも更に幅広くなりました。
    hoge画像
  3. 独立したヘッドホンアンプ
    二つの Ricore 社製 OP-アンプ「RT6863」を増幅のために採用することで、強力なバランス出力を実現しました。幅広いイヤホン・ヘッドホンを適切に駆動して、クリーンでダイナミックなサウンドをお楽しみいただけます。
    hoge画像
  4. 進化した電力効率
    UA シリーズの電力効率は最新のテクノロジーを導入することで更に進化しました。UA3 は接続機器から受け取る消費電力が大幅に削減されたため、スマートフォンのバッテリーライフや接続互換性が向上しています。

    待機中電力:60%削減
    再生中電力:40%削減
    hoge画像
  5. 高精度-低位相雑音クロック
    UA3 は高精度クロックを搭載することによって、PCM とDSD データ処理の精度とパフォーマンスを効果的に向上させています。
    hoge画像
  6. 超低ノイズのヘッドホン出力
    高品質な LDO レギュレータを採用した回路設計によってノイズは限りなくゼロに近づき、背景の黒味はより深いものとなります。この低ノイズ設計は原音により忠実なサウンドを実現します。
    hoge画像
  7. 3.5mm + 4.4mm お気に入りの接続方法で
    UA3 は普及率の高い 3.5mm ステレオミニ端子と 4.4mm バランス端子を搭載しています。

    3.5mm 端子 / 最大出力レベル:125mW@32Ω
    4.4mm 端子 / 最大出力レベル:211mW@32Ω
    hoge画像
  8. 便利なケーブル交換式
    UA3 には導体に銅を使用した高品質な「USB-C To USB-Cケーブル」が標準で付属します。本体は USB-TypeC コネクタを採用したケーブル交換式のため、ユーザーは対応するケーブルを用意することでコネクタ規格の異なる様々なデバイスと接続して使用することも可能です。また中央のボタンを押しながらデバイスに接続すれば、UA3 は「UAC1.0 モード」として動作し、ゲームコンソール等更に幅広い機器で使用することが可能です。
    *ケーブルは必ず USB ホスト(OTG)機能に対応するものをご用意ください
    *ケーブル毎に異なる電力供給の制限によって規格に対応をしていてもご利用頂けない場合がございます
    *Windows PC で利用する場合は予め専用のドライバーをインストールしておいてください
    hoge画像
  9. Android デバイス向けコンパニオンアプリ
    SHANLING の Android デバイス向けアプリ「Eddict player」をダウンロードして UA3 を接続してみましょう。設定を簡単に変更することが可能で、更に 6 種類あるデジタルフィルターの切り替えや物理ボタン設定のカスタマイズが出来るようになります。
    *iOS デバイス向けのアプリは本製品との連携機能に対応していません
    hoge画像
  10. サンプリングレート・インジケーター
    UA3 のボディには再生中のデータのサンプリングレートを表示する LED ランプが備わっているため、処理が正常に行われているかどうかを一目見るだけで確認出来ます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
本体サイズ 60x 25x 13mm
重量 約 20.5g
対応形式 768kHz/32bit PCM, 22.4MHz DSD
ゲイン設定 2 段階 (High, Low)
DAC チップ AK4493SEQ
デジタルフィルター 6 つの異なるフィルターから選択可能
製品内容物 UA3 本体 x1
USB-TypeC to C ケーブル x1
USB-TypeC to A コネクタ x1
クイックスタートガイド x1
保証書 x1
■ 3.5mm シングルエンド出力特性値
出力レベル 2V@ 32Ω (125mW@32Ω)
周波数特性 20Hz-40kHz (-0.7dB)
THD+N 0.0004%@32Ω (A 特性@1V)
ダイナミックレンジ 119dB@32Ω (A 特性)
S/N 比 119dB@32Ω (A 特性)
クロストーク 80dB@32Ω
出力インピーダンス <0.4Ω
■ 4.4mm バランス出力特性値
出力レベル 2.6V@32Ω (210mW@32Ω)
周波数特性 20Hz-40kHz (-0.7dB)
THD+N 0.0003%@32Ω (A 特性@1V)
ダイナミックレンジ 120dB@32Ω (A 特性)
S/N 比 120dB@32Ω (A 特性)
クロストーク 110dB@32Ω
出力インピーダンス <0.8Ω

商品詳細

Portable DAC/AMP Adapter

SHANLING UA3

ヒーローイメージ

AKM 社製の最新鋭 DAC チップ AK4493SEQ|二つの Ricore 社製 RT6863 OP-アンプ
ボリュームコントロールボタン搭載|高精度-低位相雑音クロック搭載
超低ノイズのヘッドホン出力|バランス接続時 最大 210mW の高出力設計
768kHz/32bit、DSD512 までのファイル形式に対応|3.5mm+4.4mm 出力端子

  1. ミニマルブラック・ボディ
    アルミニウムのブロックから削り出されたシャーシをマットな質感に仕上げた UA3 のボディは、高い耐久性とミニマルな美しさを兼ね揃えています。重量も 20g 前後と軽量で、持ち運びに苦となりません。
    hoge画像
  2. AKM-ネクストジェネレーション DAC チップ
    AKM 社の最新鋭 DAC チップ「AK4493SEQ」の登場で、ようやく私たちの愛した AKM サウンドを備えた UA シリーズが登場します。ナチュラルで有機的な SHANLING の“ハウス・サウンド”を実現しつつ、このチップの高いパフォーマンスによって対応するデータの形式はこれまでよりも更に幅広くなりました。
    hoge画像
  3. 独立したヘッドホンアンプ
    二つの Ricore 社製 OP-アンプ「RT6863」を増幅のために採用することで、強力なバランス出力を実現しました。幅広いイヤホン・ヘッドホンを適切に駆動して、クリーンでダイナミックなサウンドをお楽しみいただけます。
    hoge画像
  4. 進化した電力効率
    UA シリーズの電力効率は最新のテクノロジーを導入することで更に進化しました。UA3 は接続機器から受け取る消費電力が大幅に削減されたため、スマートフォンのバッテリーライフや接続互換性が向上しています。

    待機中電力:60%削減
    再生中電力:40%削減
    hoge画像
  5. 高精度-低位相雑音クロック
    UA3 は高精度クロックを搭載することによって、PCM とDSD データ処理の精度とパフォーマンスを効果的に向上させています。
    hoge画像
  6. 超低ノイズのヘッドホン出力
    高品質な LDO レギュレータを採用した回路設計によってノイズは限りなくゼロに近づき、背景の黒味はより深いものとなります。この低ノイズ設計は原音により忠実なサウンドを実現します。
    hoge画像
  7. 3.5mm + 4.4mm お気に入りの接続方法で
    UA3 は普及率の高い 3.5mm ステレオミニ端子と 4.4mm バランス端子を搭載しています。

    3.5mm 端子 / 最大出力レベル:125mW@32Ω
    4.4mm 端子 / 最大出力レベル:211mW@32Ω
    hoge画像
  8. 便利なケーブル交換式
    UA3 には導体に銅を使用した高品質な「USB-C To USB-Cケーブル」が標準で付属します。本体は USB-TypeC コネクタを採用したケーブル交換式のため、ユーザーは対応するケーブルを用意することでコネクタ規格の異なる様々なデバイスと接続して使用することも可能です。また中央のボタンを押しながらデバイスに接続すれば、UA3 は「UAC1.0 モード」として動作し、ゲームコンソール等更に幅広い機器で使用することが可能です。
    *ケーブルは必ず USB ホスト(OTG)機能に対応するものをご用意ください
    *ケーブル毎に異なる電力供給の制限によって規格に対応をしていてもご利用頂けない場合がございます
    *Windows PC で利用する場合は予め専用のドライバーをインストールしておいてください
    hoge画像
  9. Android デバイス向けコンパニオンアプリ
    SHANLING の Android デバイス向けアプリ「Eddict player」をダウンロードして UA3 を接続してみましょう。設定を簡単に変更することが可能で、更に 6 種類あるデジタルフィルターの切り替えや物理ボタン設定のカスタマイズが出来るようになります。
    *iOS デバイス向けのアプリは本製品との連携機能に対応していません
    hoge画像
  10. サンプリングレート・インジケーター
    UA3 のボディには再生中のデータのサンプリングレートを表示する LED ランプが備わっているため、処理が正常に行われているかどうかを一目見るだけで確認出来ます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
本体サイズ 60x 25x 13mm
重量 約 20.5g
対応形式 768kHz/32bit PCM, 22.4MHz DSD
ゲイン設定 2 段階 (High, Low)
DAC チップ AK4493SEQ
デジタルフィルター 6 つの異なるフィルターから選択可能
製品内容物 UA3 本体 x1
USB-TypeC to C ケーブル x1
USB-TypeC to A コネクタ x1
クイックスタートガイド x1
保証書 x1
■ 3.5mm シングルエンド出力特性値
出力レベル 2V@ 32Ω (125mW@32Ω)
周波数特性 20Hz-40kHz (-0.7dB)
THD+N 0.0004%@32Ω (A 特性@1V)
ダイナミックレンジ 119dB@32Ω (A 特性)
S/N 比 119dB@32Ω (A 特性)
クロストーク 80dB@32Ω
出力インピーダンス <0.4Ω
■ 4.4mm バランス出力特性値
出力レベル 2.6V@32Ω (210mW@32Ω)
周波数特性 20Hz-40kHz (-0.7dB)
THD+N 0.0003%@32Ω (A 特性@1V)
ダイナミックレンジ 120dB@32Ω (A 特性)
S/N 比 120dB@32Ω (A 特性)
クロストーク 110dB@32Ω
出力インピーダンス <0.8Ω

あなたにおすすめ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

音質

4.2

携帯性

4.3

バッテリー

4.3

拡張性

3.1

5人のお客様がレビューしています。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

5.0

拡張性

3.0

優しい響きに包まれるホールサウンド

ナチュラルで少し響きを加えたようなサウンド
高音は優しくボーカルは適度な距離感
低音が少し膨らんでいて中低音に特徴がある音作りだと思いました
覗き込むような解像感やキレを求める人は他の製品がいいと思います
どちらかというと聞き疲れしにくい優しい音作りでした

専用Androidアプリで音質をいじれるので試したところ
ハイゲインは元気でローゲインは落ち着いた音といった感じ
フィルターで響き方を多少変えられます

本体のボタンはしっかりしていて
かばんの中で誤動作するほど緩くなく押し心地は良好
付属ケーブルはやわらかく取りまわしやすい
熱は持ちにくく消費電力もそこまで大きくなく
扱いやすさでは上位にはいりそうです
Pixel等の機種と相性問題があるようなので
その辺は調べたほうがいいと思いますが
OPPOのスマホでは問題ありませんでした

一つくらい持っててもいいようなキャラクターのDACだと思います

続きを読む

オク さん (2022/11/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

3.0

使いにくいかなーと感じました

iphoneと接続するとノイズが出始めると
ノイズ音が大きく聞くのを断念し
Androidではアプリを使用するとかなりの発熱とバッテリーの減りが早くなり
なぜかあまり使わなくなりました。
それではまた。。。 byアンソニー

続きを読む

ナオキ さん (2022/10/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

2.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

4.0

拡張性

2.5

iOSでゲイン・フィルタを変更できないのが痛い。

Androidでしかゲイン・フィルタを変更できないので、
iOSでは全ての機能を使うことができません。
このため、iOSを使っている人にとっては、
必ずしもコスパが良いとは言えません。

続きを読む

poyo さん (2022/09/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

4.5

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

操作性が良く、フラット。

本体での音量調整が出来ることから購入しました。
センターボタンを長押ししてからなのが少し不便ではありますが、100段階の音量調整は非常に便利です。
メインはiPhoneでの使用ですが、iPhone側は最大ボリュームにして、本体で調整しております。
Androidの専用アプリよりDACフィルター変更やゲイン調整、左右のバランス調整なども可能です。
なお、Android用EddictPlayerアプリ上では本体ボリュームの調整が可能ですが、スライドバーでの調整時にいきなり100%になることがありましたので、調整は本体ボタンからをおすすめします。
設定した内容はiPhoneにつなぎ替えてもそのままになっている様なので、iPhoneしか持っていない方も知人などに借りる等で対応出来るかもしれません。
理想はiPhone用アプリやPCから変更ですが。

本体の発熱は気になるほどではありません。
実際に純正ケースをつけた状態で、Highゲイン、音量50で2時間程度連続再生しましたが、ほんのり暖かくなる程度です。

音質については、良い意味で特筆事項なしです。
全音域で特に誇張されるところもなく、フラットなイメージです。
純粋にいい音が鳴ります。
ノイズもそこまで多くはなく、出力も充分です。

2万円以下であれば、現状有力候補だと思います。

続きを読む

ぴーしー さん (2022/08/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

無評価

拡張性

4.0

ニュートラルな心地よい音質で低発熱。1万円台での最適解?

AKMの新生DAC AK4493S(S="Superior") を採用し、音量を物理ボタンで操作が可能な機種として発売前から期待していましたが、実際手に入れて、期待以上のニュートラルで表現豊かな音質と使い勝手のよさ、オートスタンバイ機能も備えた低消費電力や発熱の少なさにも満足しています。

 AK4493S/AK4490R: Velvet Sound HiFi DACs by AKM
 https://youtu.be/DWZ0_rJ0er0


音質など:

ニュートラルでクセのないナチュラルな音。それでいて力強さも繊細さも兼ね備え、アコースティックでもエレクトロニックでも、あらゆるジャンルの音楽を「ありのままに音楽らしく」聴かせてくれる印象です。
この音のさじ加減が絶妙で、何かが特段強調されたりしている感じはないものの、無機的にならずに音楽として心地よく聴くことができ、表現豊かで繊細な音も充分に感じられます。
3.5mmシングルエンド出力でも、ATH-R70x (470Ω, 98dB/mW) で充分な音量と破綻のない安定した音が出せるパワーがあり、4.4mmバランス出力もあるので、おそらく出力不足で困ることはあまりないと思います。


低消費電力性とオートスタンバイ:

本体はスマホにつないでもパソコンにつないでも、ほんのり暖かくなる程度でアツアツにはなりません。
さらにデフォルトでオートスタンバイ(ローパワー)機能が有効になっているので、端末につなぎっぱなしでも、音楽再生が停止してしばらくすると自動的にスタインバイモードに入るため、スマホ側のバッテリーや電力を無駄に消費することなく、待機時は常温にまで下がります。スマホのバッテリーが心配な場合も、UA3はこのクラスでは類を見ない低消費電力性能に優れているので、安心して使えます。

ボタンのカスタマイズが可能:

本体の音量ボタンと再生/停止の3つのボタンは、Eddict Player アプリ(Android版)で音量の▲▼を上下逆に入れ替えたり、音量ではなく曲送り/曲戻しに割り当て変更ができます。
特にノートパソコンなどで使う場合は、本体の向きがスマホ接続時とは上下逆になるため、音量の▲▼を上下逆に設定できるのが非常に便利です。
他に、UA3内部ボリュームやゲイン(High / Low)、音楽再生停止後にオートスタンバイ(ローパワー)に入るまでの時間などを調整でき、設定した内容はUA3本体に保存され他の端末に接続時にも保持反映されます。

2種類の音量調整モード (やや注意?):

本体のボリュームボタンを押した際、基本はスマホやパソコン側のボリュームと連動する動作ですが、その状態で■ボタンを長押しすると、ランプが点滅してUA3本体側のボリュームを微調整できるモードになります。ただ、この操作と動作のイメージが想像しづらいのが難点に感じます。

このモードの使い方としては、接続先端末の音量をMAX(フルビット出力)にしてDAC側で細かく音量調節したい時などに便利で、このモード時で調整した「UA3内部ボリューム」の音量が Eddict Player アプリのUA3の設定画面に表示される音量になります。(Eddict Player アプリ側で変更もできます)
が、このUA3内部ボリュームは初期状態ではMAXになっているので、複数の端末やOS、OSと独立したボリュームを持つ音楽再生アプリを使用したり、ふとした動作不調時にUA3の設定が初期状態にリセットされると、意図せず急に音量MAXになる可能性がなきにしもあらずで、耳やイヤホンを飛ばす可能性もあるので、念のための注意は必要かもしれません。

このモードの安全な使い方としては、接続先端末の音量ステップ幅が大きい場合に、ちょうど良い音量に微調整するのによさそうです。

※尚、Android や iOS/iPadOS では問題ありませんが、MacBook Pro 14, macOS 12.5.1 Monterey に接続時、前回接続時の音量がOS側に保存されず、毎回音量MAXになってしまうようです。macOS 12.4 の頃は音量が保存されていたような(?)気もするので、FWアップ等で解消されるかもしれません。


UA3は手頃で音質も使い勝手もよく総合点でオススメ!

8年ほど前から20機種ほどの小型USB DAC/AMPを使ってきましたが、この価格でこの音質と使い勝手の機種はこれまでになく、音質/音色的に Apogee Groove と比べてもほぼ遜色ないレベルに感じ、今は UA3 がリファレンス的にも使える常用DACになりました。

続きを読む

Azalush さん (2022/08/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4