• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Meze Audio (メゼオーディオ)

ADVAR

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Meze Audio (メゼオーディオ)

ADVAR

  • 新品

¥99,880 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

615517935655

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥50,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

かかりちょー

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

芳醇なダイナミック機

MEZE Audioのイヤホンモデルの三作目です。RAISOLOに続きドライバー構成はダイナミック1基です。それではさっそく音についてレビューしていきます。

低域は深く、柔らかく、そして何より色っぽく表現されており心を奪われました。楽曲によっては色っぽさが程よく薄まりタイトに鳴らしてくれます。どの楽曲でも高いクオリティで鳴らしますが特に、ベースメインの曲やアコースティック系の楽曲との相性が一番だと感じました。

高域表現は丁寧かつ繊細です。同社の「RAIPENTA」のシルキーな高域とはまた違い粒立ちが良く輪郭がハッキリしています。広い空間で響く余韻の表現は秀逸でとても綺麗に抜けていきます。まだ聴いていたいと思わせる鳴らし方です。

次に外観ですが筐体のサイズは小ぶりで装着感も良好です。

情感溢れる表現で様々な楽曲を鳴らしてくれるイヤホンです。間違いなく名機になるポテンシャルを持っています。
一度は試聴してもらいたい一本です。ぜひお試しください

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ダイナミック型1発の新たな刺客

待ちに待ったMeze Audioの新作イヤホン「ADVAR(アドバー)」は、やや中低音域寄りでバランスの良い音が特長のイヤホンです。

「ADVAR」は「RAI PENTA」や「RAI SOLO」とはイヤホン本体の形状が異なり、横に細長い形状をしています。
また、「RAI PENTA」はベントホールがイヤホン本体の耳に触れる側に開いていましたが、「ADVAR」は外側の中央に配置されています。それのおかげか、装着感がとても良好でした。

ドライバー構成は、ダイナミック型ドライバー1つのみの搭載で、本体が軽量かつコンパクトに設計されています。耳に挿入するノズル部分の角度もちょうど良く、耳から落ちたり、飛び出るという事はありませんでした。


音に関しては優しさを感じつつもゆるさを感じさせないサウンドでした。

低音域:少し量感多めな印象で、ズシっと来るようなもたれる低音ではなく、タイト目で自然な低音を楽しむことが出来ました。

中音域:個人的にはボーカル域が「ADVAR」の1番の聴きどころだと感じました。距離は近くはないものの、ボーカリストがそこにいるかのような生々しさとツヤ感を感じました。

高音域:優しめな印象で、試聴した楽曲では全て高音域の刺さりは感じませんでした。少し音が丸めではありますが、抜け感が良いため、スピード感はしっかり感じました。

全体の印象:中高音域の抜けが良く、前後方向の音の広さを感じるサウンドでした。1つ1つの音の分離感も良く、音楽のジャンルを選ばずに楽しめると思います。「明るさ」や「暖かさ」を感じるサウンドで、「99 Classics」シリーズの音が好きな方であれば気に入る可能性が高いと思います!(私も99 Classicsシリーズユーザーです)

少しだけ気になる点は、イヤホン本体の外側に配置されているベントホールからの音漏れに関してです。
今回のレビューは、比較的静かな場所で行いましたが、他のBA型のみイヤホンと比較すると、音漏れはやや多いように感じました。ですので、外で大きめの音量で聞く際には注意が必要かもしれません。

付属ケーブルが3.5mmのため、今回のレビューはアンバランス接続で試聴を行いましたが、バランス接続も是非試してみたいと思わせてくれるイヤホンでした。

10万円前後の価格帯でダイナミック型ドライバー1発のイヤホンは出来の良い製品がたくさんありますが、是非候補の1つに加えて欲しい、オススメできるイヤホンです!


試聴環境
iPhone 11→EarStudio ES100→Meze Audio ADVAR

試聴楽曲
赤い公園 - pray
吉田凜音 - ASUNAROU

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Meze Audio ADVAR

ヒーローイメージ

ルーマニアの古代文明時代、「神秘的なパワー」を持つと信じられていた「お守り」や「魔除け」へのオマージュから生まれた、神秘的な輝きを放つ宝石を思わせる ADVAR には、新規開発された「ステンレス合金シャーシ」と、パワフルさと繊細さが両立する「長く愛されるサウンド」が施されています。

  1. 10.2mm ダイナミックドライバー
    本体シェル(ハウジング)内部には、丹念にチューニングされた 10.2mm カスタム製ダイナミックドライバーを搭載。様々な音質の嗜好に応える ADVAR の信頼性の高いサウンドクオリティーは、一切妥協のない素晴らしいサウンドを奏でます。Meze Audio のサウンドシグネチャーである「穏やかさ」と「ダイナミック感」に溢れているだけでなく、再生可能帯域全体を正確にコントロールし、滑らかで、ベルベットのように艶のあるサウンドを演出します。
    hoge画像
  2. 高感度、低インピーダンス設計
    ADVAR の信じられないような正確さと細部の表現力は、いままで気が付かなかった音や新しいイメージをお気に入りの曲から引き出します。それはまるで、ADVAR の世界へと連れ去られるような特別な体験とも言えます。また、ADVAR は、最適な SPL と抵抗値で設計されているため、マッチアップする DAP やアンプを選びません。再生周波数帯域は、10Hz-30kHz までの広範囲に渡り、オーディオ特性は勿論のこと、正確な音楽表現にも秀でています。
    hoge画像
  3. メタルインジェクションで作られる頑丈なステンレス合金シャーシ
    金属光沢が美しいヘマタイトの原石が持つ丸みを帯びた表面と丹念に彫刻された複雑な曲線からインスパイアされたステンレス合金製のシェルは高いデザイン性だけではなく、装着にも配慮されているため、着脱が容易です。最適なフィットを求めて長年に渡り調査を重ね、安定した装着性を実現する「ロッソリッド(岩のように固い)」という形状に辿りつきました。耳に負担なくフィットし、ケーブルを耳の外側から装着させることで、さらに不快感を抑えているため、長時間の快適な聴取が可能です。
    ハウジング内側の曲線デザインは、ADVAR の遮音性をより高めています。
    hoge画像
  4. Final Audio 製 TYPE-E モデルのイヤーチップを同梱
    フィット感、遮音性、外耳への着脱のしやすさを求めてイヤーチップは時間をかけて選定した結果、Final Audio 社製イヤーチップ TYPE-E を採用しました。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 10.2mmダイナミックドライバー
インピーダンス 31Ω
音圧感度 111dB (1mW/1kHz)
再生周波数帯域 10-30,000Hz
ケーブル仕様 3.5 ㎜ステレオミニプラグ
本体重量 約 38.06g (ケーブル込み)
付属品 ユーザーマニュアル
キャリングケース
MMCXリムーバルツール
クリーニングツール
Final Audio製 Type-E イヤーチップ 5ペア (SS, S, M, L, LL)

商品詳細

Meze Audio ADVAR

ヒーローイメージ

ルーマニアの古代文明時代、「神秘的なパワー」を持つと信じられていた「お守り」や「魔除け」へのオマージュから生まれた、神秘的な輝きを放つ宝石を思わせる ADVAR には、新規開発された「ステンレス合金シャーシ」と、パワフルさと繊細さが両立する「長く愛されるサウンド」が施されています。

  1. 10.2mm ダイナミックドライバー
    本体シェル(ハウジング)内部には、丹念にチューニングされた 10.2mm カスタム製ダイナミックドライバーを搭載。様々な音質の嗜好に応える ADVAR の信頼性の高いサウンドクオリティーは、一切妥協のない素晴らしいサウンドを奏でます。Meze Audio のサウンドシグネチャーである「穏やかさ」と「ダイナミック感」に溢れているだけでなく、再生可能帯域全体を正確にコントロールし、滑らかで、ベルベットのように艶のあるサウンドを演出します。
    hoge画像
  2. 高感度、低インピーダンス設計
    ADVAR の信じられないような正確さと細部の表現力は、いままで気が付かなかった音や新しいイメージをお気に入りの曲から引き出します。それはまるで、ADVAR の世界へと連れ去られるような特別な体験とも言えます。また、ADVAR は、最適な SPL と抵抗値で設計されているため、マッチアップする DAP やアンプを選びません。再生周波数帯域は、10Hz-30kHz までの広範囲に渡り、オーディオ特性は勿論のこと、正確な音楽表現にも秀でています。
    hoge画像
  3. メタルインジェクションで作られる頑丈なステンレス合金シャーシ
    金属光沢が美しいヘマタイトの原石が持つ丸みを帯びた表面と丹念に彫刻された複雑な曲線からインスパイアされたステンレス合金製のシェルは高いデザイン性だけではなく、装着にも配慮されているため、着脱が容易です。最適なフィットを求めて長年に渡り調査を重ね、安定した装着性を実現する「ロッソリッド(岩のように固い)」という形状に辿りつきました。耳に負担なくフィットし、ケーブルを耳の外側から装着させることで、さらに不快感を抑えているため、長時間の快適な聴取が可能です。
    ハウジング内側の曲線デザインは、ADVAR の遮音性をより高めています。
    hoge画像
  4. Final Audio 製 TYPE-E モデルのイヤーチップを同梱
    フィット感、遮音性、外耳への着脱のしやすさを求めてイヤーチップは時間をかけて選定した結果、Final Audio 社製イヤーチップ TYPE-E を採用しました。

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 10.2mmダイナミックドライバー
インピーダンス 31Ω
音圧感度 111dB (1mW/1kHz)
再生周波数帯域 10-30,000Hz
ケーブル仕様 3.5 ㎜ステレオミニプラグ
本体重量 約 38.06g (ケーブル込み)
付属品 ユーザーマニュアル
キャリングケース
MMCXリムーバルツール
クリーニングツール
Final Audio製 Type-E イヤーチップ 5ペア (SS, S, M, L, LL)

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.6

中音の質

4.7

低音の質

4.2

細やかさ

4.2

迫力

4.2

音場

4.3

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

10人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

アクセサリー的魅力が溢れすぎ 音も個性的

ポタフェスで触れ試聴した感想になるが、とにかくマイルドで
ゴージャス系の音。
個性的でアグリーでもありw美しいデザインに惹かれるw
音のことはいったん置いて所有して身につけたくなるという
腕時計的な味がある。
ウォーム系で太め、低音はやや甘めだが全体のバランスはダーク調。
こういった音の傾向もデザインと相まって個性をより強く演出している。
あえて3.5アンバランス接続からの真空管DAPと合わせてみたくなる。
う~ん資金に余裕が出たら購入したい逸品ですな。

続きを読む

音三郎 さん (2023/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

抜群の装着感、優美な中低域

楽器のような曲線のデザインにゴージャスなカラーリング。
まるで先祖代々ここに住んでますとでも言いたい様な耳への収まりの良さ。
豊かで優美な中低域は、リアルよりも妖艶で思わず聴き惚れてしまいます。
見た目にそぐわない、その広く迫力ある音はダイナミック単発イヤホンの中でも随一でありましょう。
アコースティックギターや、ヴァイオリンといった弦楽器との相性が非常に良く、まるでそこにあるかの様な艶やかな色味を出してくれます!!
是非ヴィヴァルディの四季を聴いていただきたい!チェンヴァロが!ヴァイオリンが!そこにあります!

続きを読む

賛聴望一文字 さん (2023/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

3.0

フィッティングがとても大事

ネット上で低音がでないというレビューが多いのですが、このイヤホンはチップが耳に合わずちょっとでも浮いたりするととたんに低音が聞こえなくなります。耳の中にすっぽり収まって動かない状態だと、低音はしっかり聞こえます。Victor WootenやMarcus Millerのベースも生き生きしています。
ただ、中高域の繊細さと解像度よりも、バスドラとベースで頭蓋骨を揺らすかのような低音の量感が欲しい方には合わないと思います。

小生もそのような低音が好きで、radiusのHP-NHR31を愛用し、高音がつまっているので、NOBUNAGA labsやORBにリケーブルして楽しんでおりました。
radiusの新製品HP-W300が最初からNOBUNAGAのケーブルが純正ということで期待して、eイヤホンで視聴したのですが、中高音のぼやけた感じは同じでした。これでは意味ないと、視聴しまくって気に入ったのが、この機種になります。

適度な広さの音場の中に、ギター、バイオリン、管楽器、ピアノなどの楽器が同時に鳴っていても、ひとつひとつ聴き分けられます。ギターのカッティングや弦楽器が弓でひっかかる感じなどのライブ感は素晴らしく、ギター、バイオリン、ピアノの箱が鳴っている感じもわかります。
そして、そうした演奏の中から、ボーカルがバンと前に飛び出てきます。楽器やボーカルは色っぽく艶やかでスピード感があり、音源を問わず、音楽を楽しく聞かせてくれます。

小生のDAPには、R&B, Jazz, Funk, Bluesを中心に、弦楽四重奏、民族音楽など1万曲以上のハイレゾやFLACファイルが入っていますが、何を聞いても楽しく聞けるというところが重要なポイントかとおもいます。

日本人アーティストで録音の質の高い、山下達郎やMISIAのライブ音源がひとつのレファレンスですが、達郎のリズム隊のドラムやベースもしっかり出ています。面白かったのは、ライブが録音された会場の箱の大きさの違いがはっきりとわかったことです。達郎のライブはいままで音質に不満があり、ハイレゾでなくCDだからじゃないのと思っていましたが、ようやく達郎の意図が伝わりました。

中高域も分厚い低音もということだと、final A8000は秀逸だと思いましたが、低音が多い曲だと中高域がぼやけ気味です。また、モニターライクで、聞いていても楽しさがないのが私には合いませんでした。

NONUNAGAの高級品群にリケーブルして視聴しましたが、低音は増えるものの、中高域の切れの良さが消えてしまいました。この機種の純正ケーブルと同質のe☆イヤホン・ラボのものは、かえって音がやせてしまいました。
どうもこの機種はデフォルトのチューニングがベストで、色々変えてみる余地がないようです。

欧州のスピーカーのようなデザインのためか、音漏れは大きく、ケーブルも細いので、電車の中などでは聞かないようにしています。

続きを読む

kiki さん (2023/01/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

2.0

音漏耐性

3.5

聴く楽曲によって

かなり特徴的なイヤホンだと思います。

この製品に関して、よく低音寄りというレビューを目にしますが正直全く逆かと。
確かに低音の広がりは曲によってはDDらしく大きく出ますが、決して低音ならなんでも増幅して聞こえるという訳では無いと思います。

逆に高音域に関してはかなり粒が細かく表現されているかと。
イヤーピースによってはサ行の刺さりが気になります。
ボーカルに関しては女性はもちろん、男性ボーカルもかなり情感をもって表現されます。

一言で言い表すことが難しく、ハマる人にはとことんハマるイヤホンという印象。
また人間側の聴き込みによる慣れというか理解が必要。
モニターライクとは真逆でしっとりと暖かみが感じられ、私的には大満足でした。

ZX507 ソースダイレクト
onso 03バランス接続
水月雨 清泉
ロック シティ・ポップス

続きを読む

ぺー さん (2023/01/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

金物に魅力あり

シングルDDが好きで、試聴のうえIE600とさんざん悩んだ結果購入。

高音がやや主張的で「刺さる」と表現すべきか否か微妙なラインにいるが、響きと半開放による抜けとを併せ持つ中音域と合わさり、結果として金物を生々しく表現してくれる。
全体的な音抜けは良く解像度も高めだが分析的にはならず、金管やハイハット、アコギなどの楽器類を響き良く鳴らしてくれるのがAdvarの最大の魅力であると思う。
高音域の主張から音場はさほど広く感じないが、スタジオ収録ものや狭い箱でのライブ音源との相性が良いと感じる。

低音はなかなか締まっており軽く弾むような表現をしてくれるものの、量感は少なめであり、人によっては不足していると感じるかもしれない。
一方でこれ以上中低音域の響きを増やすと早い音源でゴチャつくので、個人的には得手不得手の少ない良い調整になっているように思う。

個人的にはもう少し余裕たっぷりな表現に振りたかったため、澪標にリケーブルして使用している。
低音の主張が増え高音域がやや下がったことで音場を広く感じるようになり、いつまでも聴いていられるバランス感になったと思っている。
早い音源はややもったりして音源による得手不得手が出てくるようになったが、それはそれで有りだなと感じている。

追記:
イヤーピースがFinal TypeEだが、これが合わない。音像がボヤケるので替えることをオススメする。
私に合っていたのはSedna Maxだった。

続きを読む

niz さん (2023/01/02)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

聴くと感動するイヤホン

一聴して感じるのは、女性ボーカルの艶感です。
細かい音までしっかりときれいに鳴らしてくれるのに、女性ボーカルを中心に滑らかに表現し、それが艶っぽさをだし、とても心地よい音を鳴らしてくれます。
ヴァイオリンとかオーケストラ等もとても良く鳴らしてくれ、モニターライクなイヤホンばかり聴いていると目からウロコ状態になる可能性があります。

一部で高音域が刺さりそうなところもありますが、個人的にはギリギリ大丈夫なところです。

まずはとにかく試聴してもらいたい。
そんなイヤホンです。

続きを読む

白米 さん (2022/12/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0