• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

final (ファイナル)

VR2000 for Gaming

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

final (ファイナル)

VR2000 for Gaming

  • 新品

¥6,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571303223183

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥3,300

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

かやちゃん

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

キレのあるサウンド。ゲームを有利に進めよう。

前モデルにあたる大人気ゲーミングイヤホン「VR3000」が空間表現にフォーカスしていたのに対し、今回ご紹介する「VR2000」は反応、言い換えると“一音一音の聴きやすさ”にフォーカスしたモデルです。それぞれの違いについてもレビューします。

・外観と装着感
ダークオリーブというブラックに近いグリーンカラーです。なかなか見かけないカラーリングですね。重量は非常に軽く耳につけているのを忘れてしまうほどです。本体の形状はやや角ばっていますが、耳にしっかりとハマってくれます。ほんの少し大きめの本体なので、耳が小さい方はイヤーピースの調整が必要となる場合もあります。

・音
低音は引き締まっていて、中高音は伸びやかに鳴っており、全体的にキレのある明瞭なサウンドだと感じました。分離感が非常に良く、FPSでは足音と銃声といった重要な音、格ゲーでは相手の必殺技の音、音ゲーでは音楽とノーツの音が聴きやすくなります。これがこの製品のキャッチコピーである「反応」に結びつきます。

音楽鑑賞にも向いています。テンポのいい明るい曲と相性が良さそうです!迫力はやや少ないものの、クセになる軽快なサウンドを楽しめます!

・付属品について
付属するイヤホンの先端についているゴム(通称イヤーピース)は、過去の当店の売り上げランキングでも何度もランクインするほど様々な方から評価が高い製品です。柔らかいゴムで圧迫感がなく、快適に装着できます。サイズも5サイズ入っていて、耳の穴が小さい方も大きい方も安心してサイズ調整ができるでしょう。

店頭では実際にお試しいただけます! 機会がありましたら是非お越しくださいませ!

ムービー

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

普段使いも◎

ゲーミングイヤホンの定番機種の1つである「VR3000」が“空間の表現”をテーマにしているのに対して、“反応”をテーマに設計されたのが今回ご紹介する「VR2000」です。試聴は「ADI-2 DAC FS」を通して行いました。

試聴して感じたのは、聴き疲れしにくい音の丸さを持ちつつ、ひとつひとつの音が聴き取りやすいということです。

高い音が耳に痛く感じることはありません。ゲーム内で燃えている炎の音と別の位置で動いているキャラクターの足音の聴き分けがしやすく、また、音のする方向が混ざることなくそれぞれの位置・方向をイメージしやすいように感じました。

強いて注意点を上げるとすれば筐体の形状に角があるので、イヤホンを耳の奥に差し込みすぎると耳に角が当たって痛く感じるかもしれません。

それでも初めてゲームをイヤホンでプレイしようとする方や、気軽に持ち運べるゲーミングイヤホンを探している方にはぜひおすすめです!

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

瞬時の判断を鈍らせない素早い音への「反応」にフォーカス

final VR2000 for Gaming

ヒーローイメージ

「VR2000 for Gaming」は、ゲームやVRの3D空間に配置された効果音の「明瞭さ」「聴き取りやすさ」にフォーカスした、飛び抜けてクリアな音質が特長で、音への“反応”にこだわる方にオススメのイヤホンです。特に対戦格闘ゲームやファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲーム、音楽ゲームなどのジャンルにおいては「明瞭な効果音の聞き取りやすさ」こそ、プレイヤーの瞬時の判断に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。当社の最新の研究成果を活かし、素早い音への“反応”にフォーカスしたこれまでにないプレイスタイルを実現する「VR2000 for Gaming」を、勝ちにこだわるプレイヤーの皆様に提案いたします。

  1. 特長
    ・音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいた音作りで、ゲームやVRの3D空間に配置された効果音の「明瞭さ」「聴き取りやすさ」にフォーカスした、飛び抜けてクリアな音質
    ・設計、部品、生産技術、全てを見直したfinal完全新設計のドライバーユニット「f-Core DU」(エフコアDU)搭載
    ・カスタマイズしたかのような装着感
    ・ケーブルタッチノイズを解消するイヤーフック(ロック機構付き)
    ・左右判別をしやすくする、軸色違いイヤーピース
    ・筐体、イヤーピース、ケーブル、イヤーフックを新色の「DARK OLIVE」カラーで統一
    hoge画像
  2. 「反応」の「VR2000 for Gaming」
    ゲームやVRの3D空間に配置された効果音を極めて明瞭に聴き取ることが可能となっております。例えば、対戦格闘ゲームの場合、打撃音を繰り出す瞬間の音をはっきりと聴き取ることができるので、技を出すタイミングを逃さず的確な攻撃を可能にします。また、FPSゲームの場合は、敵がどの方向から迫ってくるのか瞬時に反応することができますので、次にどう行動をするべきかといった素早い判断に繋げることが可能です。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック型(f-Core DU)
インピーダンス 18Ω
音圧感度 102dB
再生周波数帯域 メーカー情報なし
ケーブル仕様 120cm
重量 約20g
付属品 ・イヤーピース(TYPE E 5サイズ)
・専用ポーチ
・イヤーフック TYPE B(ロック機構付き)

商品詳細

瞬時の判断を鈍らせない素早い音への「反応」にフォーカス

final VR2000 for Gaming

ヒーローイメージ

「VR2000 for Gaming」は、ゲームやVRの3D空間に配置された効果音の「明瞭さ」「聴き取りやすさ」にフォーカスした、飛び抜けてクリアな音質が特長で、音への“反応”にこだわる方にオススメのイヤホンです。特に対戦格闘ゲームやファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲーム、音楽ゲームなどのジャンルにおいては「明瞭な効果音の聞き取りやすさ」こそ、プレイヤーの瞬時の判断に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。当社の最新の研究成果を活かし、素早い音への“反応”にフォーカスしたこれまでにないプレイスタイルを実現する「VR2000 for Gaming」を、勝ちにこだわるプレイヤーの皆様に提案いたします。

  1. 特長
    ・音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいた音作りで、ゲームやVRの3D空間に配置された効果音の「明瞭さ」「聴き取りやすさ」にフォーカスした、飛び抜けてクリアな音質
    ・設計、部品、生産技術、全てを見直したfinal完全新設計のドライバーユニット「f-Core DU」(エフコアDU)搭載
    ・カスタマイズしたかのような装着感
    ・ケーブルタッチノイズを解消するイヤーフック(ロック機構付き)
    ・左右判別をしやすくする、軸色違いイヤーピース
    ・筐体、イヤーピース、ケーブル、イヤーフックを新色の「DARK OLIVE」カラーで統一
    hoge画像
  2. 「反応」の「VR2000 for Gaming」
    ゲームやVRの3D空間に配置された効果音を極めて明瞭に聴き取ることが可能となっております。例えば、対戦格闘ゲームの場合、打撃音を繰り出す瞬間の音をはっきりと聴き取ることができるので、技を出すタイミングを逃さず的確な攻撃を可能にします。また、FPSゲームの場合は、敵がどの方向から迫ってくるのか瞬時に反応することができますので、次にどう行動をするべきかといった素早い判断に繋げることが可能です。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 ダイナミック型(f-Core DU)
インピーダンス 18Ω
音圧感度 102dB
再生周波数帯域 メーカー情報なし
ケーブル仕様 120cm
重量 約20g
付属品 ・イヤーピース(TYPE E 5サイズ)
・専用ポーチ
・イヤーフック TYPE B(ロック機構付き)

満足度

4.0

高音の質

3.6

中音の質

3.8

低音の質

3.9

細やかさ

4.2

迫力

3.5

音場

3.9

遮音性

4

音漏耐性

4

5人のお客様がレビューしています。

満足度

2.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

1.5

中音の質

4.0

低音の質

3.0

細やかさ

3.0

迫力

2.5

音場

2.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

外れ個体か?

【音質傾向】
シャリ系
音質は7000円台感ではあるが、昨今のお値段以上の音質のイヤホンに比べると見劣りする部分があるのは否めない.

3kHz帯から結構ピーキーに鳴って、マジでキャンキャンする
なので高音帯を切って、その分バーチャルサラウンドの残響で削った分の高音の伸びを補完してなんとかした...
64Hz帯前後の超重低音だけ謎に鳴る

ギターやドラムの上の音が耳に触るので高音系にめっぽう弱い
一方で普通の高さ楽曲やおしとやかな楽曲だと所々耳障りに感じるので平均的に高めの楽曲で常に割れてる方が逆に耳障りに感じる場面が少なく感じる
はたまた謎に64Hz帯の鳴りが良いのでコンバスやバスピアノなどの超限定的な低音のみのパートでは光るものがある

再生感覚はイヤホンより少し頭側で鳴ってる感じ
音の距離感は普通かそれより少し遠い位、空間は狭い
ゲームにおけるサラウンド性能(音の方向性)は絶望的に悪い.前後の音に関しては問題ないが上下左右斜め方向分解度が絶望的に悪く、分かりづらい通り越して分からない.直観的どうこうというより場所が漠然としすぎて特定のしようがない.
強いて言えばといえば近距離の聞き分けには優れており、装備のチャリチャリする音などの高音が聞こえやすくはあります(自身のも刺さってきますが)

着け心地は軽量で非常に良い



【再生】
ハイゲインの方が土台が支えられてバランスが良くなる
だがPCほどパワフルな再生機だと高音の刺さりが目立ちすぎるのでポタアンやスマホとの相性が良い
バスブーストは軽めに掛けたい


【音ゲー評価】
効果音SEの音量はシャリつくので下げるべき
物量マップの音合わせはSEの輪郭がシャープになる(刺さってくる)のでしやすいが、基本的な物量だとむしろ前に出すぎて気持ち早く聞こえて狂う
とはいっても超高難易度楽曲の高音EDMでは耳を壊されます
反応性とあるがオフセット(システム側遅延)を調整をする必要はない
(調教後に追記有)



【調教後】
500-1000時間以上のエージング(苦行)でキャンキャンが大分治まり平均的になるが化けはしない

破裂音?的なのが弱く、元気さや迫力が欠ける
狭いライブハウス感、音は近くは無いけど遠くもなくすぐ近くで反響するような響き感がある
音の厚みがぺらいので相変わらずハイゲイン
よくいえば透明感があるが7000円台できらびやかさ等はないので...
ゲインを上げるほどダーティー感が増すので好みが出る
再生機も角が取れたせいかポタアンやスマホだともう少しパワーが欲しくなる
家で録音したような雑音感がある
耳障りな高音の刺さりは無くなったがシャリなのには変わりなく、バスブーストがやはり欲しくなる

音ゲーでも使いやすくななったが、シャリつくのでSE音は相変わらず低め
輪郭のシャープさこそ無くなったがSE音は前に出てくるので感覚が狂う反面、製品コンセプトの”反応性”的と言える部分といえるだろう.総じて物量マップでの音合わせがしやすくなったが本イヤホンのために前めに聞こえるSE音に脳を慣らす必要がある.
この効果は3kHz帯の要素が依存しているようでイコライザーの4kHzを中心とした2kHz,8kHzを上下させることで効果を調整でき、通常に近い体感にすることも可能



【格ゲー評価】
筆者は格ゲーはしないので想定の話になるがfpsには絶望に近い適正のこの製品ではあるが、格ゲーには一部アリだと思われる
もしもその格ゲーのSE音がこのイヤホンの特徴と合致する音域だった場合、音ゲー評価で述べたような「前のめりなSE音」が先行入力を補助し、より早いフレームで適切なタイミングの行動が取れるのではないかと考えられる.
この前のめり感が理論的に強くある一方で、音ゲーと同じく違和感を覚え今までの音合わせとのズレでプレイングがしばらく乱れることや肌が合わないことも想定される
また7000円音質で空間がいいとは言えないのでゲームの雰囲気や音質といった面でも要相談.
筆者の知見にないが、このような「前のめりなSE音」に聞こえるより高価なイヤホンがあるなら間違いなくそちらの方が幸せになるだろうクオリティーではある



【総評】
平均的な7000円台の音質を10として
64Hz 20点:ここは優秀すぎる
-500Hz 9点:そもそも比重をおかれてないから評価しにくい
500-1000Hz 8点:悪くはないが上を支えられてないのでマイナス
1000-2000Hz 10点:良くも悪くも普通
2000Hz- 6点:元1点、角は取れたがやはりアンバランスで特有の閉塞感がある

「音ゲーマー」には体感のズレや音楽に対しての音質の微妙さからオススメしづらい
「格ゲーマー」には格ゲー専用としてなら検討の余地があるが、音楽等の普段使いも含めると数歩劣るものがあると理解していただきたい
シャリ系好き又はコンバスやバスピアノなどの重低音パートのみを嗜好するなら覚悟をもって挑戦して頂きたい
ちなみにバスを盛ってドンシャリにしても輝くものは64Hz帯しかないのでこの子じゃない方が良いです

続きを読む

狐 さん (2024/04/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

くっきりとした音

音の分離感が良く聞きやすいです。
着け心地もしっかりとしていて外れないのでゲーム用に良いです。

続きを読む

aota さん (2023/12/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

3.0

中音の質

3.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.0

迫力

3.0

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

FPSゲーム特化

finalのイヤホンは僕もいくつか持ってますけど、
ASMR向けのイヤホンでyoutubeとか音楽とか聴くと
微妙って感じになりますがASMR音源聴くと世界変わるレベルで
感動します。これはゲーム向けのイヤホンなので
目的がゲームだけって人にはかなり刺さると思います。
オールラウンドなタイプの物を求めてる人には
合わないかも。

続きを読む

するめ さん (2023/12/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.5

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

ゲームだけじゃなく音楽鑑賞にも◎

ゲーミングイヤホンだとか、音への反応にフォーカスしたとかの前情報を一旦置いておいて、普通に使ってみて欲しいイヤホン。
音場の表現が細やかで、音の低位が良く、音の立ち上がりは早く、キレも良く、とてもとてもレベルの高いイヤホンです。
プラスチック筐体だからこそ、装着感も軽く良好です。
VR3000と比べると、少し音場がコンパクトに感じますがその分明瞭感が上がっていると感じました。
もちろんゲーム用途にも向いていると思いますが、音楽鑑賞にも向いていると思います。個人的にオーケストラなどの大編成を聞いて気持ち良いです。
高級機に比べると色々軽いですが、それが良い意味で使いやすい方向へ行っていると思います。

続きを読む

瀬田 さん (2023/12/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

緻密で鋭い高音

VR3000と比較すると、
高域の鋭さと密度が増し、音場は少し狭まったように思えます。
このことからVR2000は
空間が重要視されるゲーム(FPS等)よりも
反応が重要視されるゲーム(音ゲー等)との相性がいいのではないかと感じました。

続きを読む

ほいほい さん (2023/12/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1