• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

AK ZERO2 【IRV-AK-ZERO2】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

AK ZERO2 【IRV-AK-ZERO2】

  • 新品

¥148,500 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755503192

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥58,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

れいちぇる

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ベースラインが好きな方はコレかと!

・どんなジャンルでもいける!
・ハイエンドで低音が欲しい方に!
・低域に負けないバランスの良い高域!

【デザイン】
Astell&Kernらしい、シンプルかつ男心をくすぐるようなデザインで、ダークなカラーの筐体にAstell&Kernのロゴがワンポイントで入っています。控えめな主張で、外で装着していてもほど良いアクセントであるかと思います。

装着感はしっかりと密閉されている感じで、音に集中しやすいため、しっかりと音を聴きたい方にもオススメです! 若干の重さはありますが、装着時に苦になるほどではありませんでした。

【音質】
気になる音質については「低音寄りのフラットな音」という印象です。低音が強めであるため、高域が凹んでいるのかと思いましたが、高域寄りにあるドラムのアタック音やボーカルの歯擦音も程よく出ているので全体的にバランスの取れた音質でした!

マニアックな方のためにさらに細かいご説明を「Hz(ヘルツ)」でいたしますと......

・150300Hz、8001.5kHzがブースト
・150Hz以下がフラット
・500Hz辺りと2kHz以上が気持ちカット

というイメージです!

【最後に】
普段様々なジャンルの曲を聴く私が試聴した曲の中で、一番ハマったのは「ああああ&Aoi - Dahlia」(EDM系)でした!

ただ、前述した通りジャンルは問わず全般的にいけると思いますので、しっかりと音楽そのものを楽しみたい方にオススメです‼

〈試聴環境〉
iPhoneXR
ELECOM Lightning-3.5mm変換ケーブル

〈試聴楽曲〉
ああああ&Aoi - Dahlia
THE ORAL CIGARETTES「Red Criminal」,「狂乱 Hey Kids!!」
機動戦士ガンダムUC 「RX-0」
Aimer 「残響散歌」
MAN WITH A MISSION 「My Hero」

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

解像感で ”魅せる” 美音イヤホン

Astell&Kern「AK ZERO2」は高い解像度と見通しの良さが特徴的なイヤホンです。

イヤホン本体は4種6基のドライバーを積んでいることも影響してか、やや大きめな印象です。金属の筐体で重厚感がありますが、見た目ほどの重さは感じませんでした。個人的には、やや小さめなイヤーピースで耳の奥に押し込む形でしっかり装着することをオススメします。耳奥まで入れることで、AK ZERO2の鮮度の高い音を堪能できました。

音に関しては各帯域に分けてレビューします。

【低音域】
バランスグラフでは他の帯域よりもやや少ない「3」をつけましたが、不足している感覚はありませんでした。量感ではなく、タイトでかっちりとした低音で、音楽全体を引き締めてくれます。

【ボーカル】
ボーカルはやや近めから聴こえるものの、自分自身とボーカルとの間に少しだけ距離を感じました。レビューではアンバランス接続で試聴を行いましたが、2人以上が同時に歌っている部分であってもしっかりと聞き分けができました。

【高音域】
高音域に関しては、とてもよく鳴っています。かなり細かな音まで鮮明に聴かせてくれます。一方で刺さりは感じず、とても好印象でした。

高音域がキレイなイヤホンのレビューは毎回YOASOBIの「Blue(群青)」を試聴すると個人的に決めております。今回もBlueを聴きましたが、楽曲中に度々聴こえてくる水音の美しさに感動しました。

美しい音で音楽を楽しむだけでなく、分析的な聴き方もできるAK ZERO2。是非お試しください!

試聴環境
iPhone 14 Pro→Earstudio ES100→Astell&Kern AK ZERO2

試聴楽曲
YOASOBI - Blue
NewJeans - Cookie

関連商品

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

4種の異なるドライバー構成と超精密クロスオーバーネットワークを採用した
Astell&KernオリジナルIEM第2弾モデル

Astell&Kern AK ZERO2

ヒーローイメージ

AK ZERO2は、4種の異なるドライバーで構成したQuad-brid設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用したAstell&KernオリジナルIEM第2弾モデルです。さらにCNCメタルハウジング、3Dプリントによるアコースティックチャンバーを採用し、Astell&Kernの原音追求の哲学を詰め込んだ、壮大でピュアなサウンドをお楽しみいただけます。

  1. トピック
    1:4種の異なるドライバーで構成したQuad-brid設計
    2:デュアルカスタムBAドライバーを2基搭載(4BA)
    3:周波数ロスを最小限に抑えるマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバー搭載
    4:ピエゾトランスデューサーを組み合わせた10mm径ダイナミックドライバー搭載
    5:異なるドライバーを調和させる超精密クロスオーバーネットワーク
    6:各ドライバーを最適に配置する3Dプリントアコースティックチャンバー
    7:共振を抑制するCNC切削アルミニウム採用のハウジング
    8:3.5mmアンバランスと4.4mmバランスで4芯純銀メッキOFCケーブルを2本付属
    9:5サイズのイヤーピースとキャリングケース付属
    10:徹底管理された高品質な日本製造
  2. 【Advanced Quad-brid IEM】音源に忠実なフラットサウンド
    Astell&Kernは、音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目標としています。より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、アナログに忠実な音を出すことに対し絶えず研究と努力を行っています。

    AK ZERO2は、初代モデルAK ZERO1の開発で得た知見を元に、先進の技術を用いてAstell&Kernの原音追求の哲学を詰め込んだオリジナルIEMの第2弾モデルです。AK ZERO2は、4種の異なるドライバーで構成した先進の「Quad-brid」設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用し、限りなく音源ソースに忠実なフラットサウンドをユーザーに届けます。
    hoge画像
  3. 先進のQuad-bridデザイン
    4種の異なるドライバーで構成した「Quad-brid」設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用。中域(フルレンジ)と中低域にデュアルカスタムBAドライバーをそれぞれ個別に使用、高域には高音域再生に特化して開発されたマイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー(PD:平面駆動ドライバー)を搭載。そして、低域と超高域用にピエゾトランスデューサー(圧電振動子)を組み合わせた10mm径ダイナミックドライバーを搭載。大口径ダイナミックドライバーによる豊かに深く沈み込む低音域と共に、ピエゾトランスデューサーがダイナミックドライバーに連動し、超高域を表現するスーパーツイーターとして機能します。

    【高域】マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバーは、ヘッドホンではスケールダウンが難しいとされる平面駆動(プラナー)ドライバーの設計を、IEMに応用するために高音域の再生に特化して特別に開発された高度なドライバーです。頑丈且つ軽量な平面振動膜を採用し、周波数損失を最小限に抑え、高分子膜と金属薄膜を組み合わせた複合振動板により、BA型のようにクリスタル感のあるクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することで、ダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを実現しています。

    【中低域】【フルレンジ】デュアルカスタムBAドライバー
    デュアルカスタムBAドライバーは、フルレンジと中低域の両方を再生するためにコイルをカスタムして設計されたBAドライバーです。超低歪みでクリアな中低域のボーカルサウンドを実現するBAドライバー2基と、各周波数帯域を調和させるために独自のチューニングを施したBAドライバー2基の計4基が搭載されています。

    【低域/超高域】ピエゾトランスデューサー搭載10mm径ダイナミックドライバー
    完全に自動化されたエラーフリーのプロセスで作られた10mm径ダイナミックドライバーを搭載。豊かで深みのある低音域を再現します。さらに、ダイナミックドライバーと連動するピエゾ(圧電)トランスデューサーは、超高音域で存在感を発揮するスーパーツイーターとして機能します。
    hoge画像
  4. 超精密クロスオーバーネットワークとアーキテクチャーデザイン
    4種の異なるドライバーを超精密なクロスオーバーネットワークで調和させ、3Dプリントによるアコースティックチャンバーで最適に配置、さらにCNCアルミハウジングで共振を抑制することで極めて優れた音域バランスと超低歪を実現しています。生音のジャズや壮大な大編成クラシックまで、様々な音源を繊細かつピュアなサウンドで楽しむことが可能です。

    ●超低ノイズクロスオーバーネットワーク
    超精密クロスオーバーネットワークにより、特徴的な音響特性を持つ6つのドライバーを調和しています。各ドライバーの音響特性を最大限に引き出しながら、バランスのとれたフラットサウンドを奏でます。

    ●3Dプリントアコースティックチャンバー
    各ドライバーは、精巧な3Dプリンティング技術によって作られたアコースティックチャンバーに最適に配置されています。この設計によりドライバーの不要な動きや共振を排除し、安定した性能を実現します。

    ●CNCアルミハウジング
    Astell&Kernの高度なアルミ加工技術を駆使したハウジングは、共振を抑制し、安定した高音質を実現します。
    hoge画像
  5. アンバランスとバランス、2本のHi-Fiグレード4芯純銀コートOFCケーブル
    取り回し良くしなやかな4芯構造の純銀コートOFCケーブルを採用。高純度の銀メッキと銅、そしてスタイリッシュなアルミプラグを使用し、オーディオ信号を限りなくロスなく伝達するように設計されています。また、精度の高いMMCXコネクターを採用することで、ハウジングとケーブルの接続品質を向上、安定したパフォーマンスを実現しています。さらにAK ZERO2には、接続先に合わせてパフォーマンスを最大限発揮できるよう、3.5mmアンバランスと4.4mmバランスの2種類のケーブルを付属させました。
    hoge画像
  6. Astell&Kernのシグネチャーデザイン
    AK ZERO2は、AK ZERO1から新たな領域へと大胆に前進し、クリアでフラットなオーディオの新たな基準を打ち立てます。光と影を生み出す斜めにカットされた六角形の形状は力強い印象を与え、明確な基準を打ち立てる新しいサウンド体験を表しています。AK ZERO2の形状は、耳に自然にフィットするように設計されており、音楽を快適に楽しむことができます。
    hoge画像
  7. 日本でのハンドクラフト
    AK ZERO2は、日本の豊富な経験を持つプロの技術者によって丁寧に組み立てられ、最新鋭の設備で生産されています。厳重に管理された工程を経て、優れた品質を実現しています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー ハイブリッド型(Quad-brid)
ドライバー数 1DD (+1PT) + 4BA + 1PD / 片側6ドライバー
ドライバー構成 ・マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー×1
・デュアルカスタムBAドライバー×2(合計BA×4)
・10mm径ダイナミックドライバー×1
・ピエゾトランスデューサー×1(※ダイナミックドライバーと一体化)
インピーダンス 5Ω @ 1KHz
音圧感度 105dB @ 1KHz (1mW)
再生周波数帯域 20Hz – 30,000Hz
ケーブル仕様 4芯純銀コートOFCケーブル(約120cm)
・コネクター:MMCX
・プラグ
:3.5mmアンバランスL字×1
:4.4mmバランスL字×1)
本体重量 メーカー情報なし
THD 0.7% @ 1KHz
素材 アルミニウム
形式 密閉型
付属品 ・4芯純銀コートOFCケーブル(3.5mmアンバランス)
・4芯純銀コートOFCケーブル(4.4mmバランス)
・シリコンイヤーピース:5ペア(XS/S/M/L/XL)
・ウレタンフォームイヤーピース:1ペア(F)
・キャリングケース

商品詳細

4種の異なるドライバー構成と超精密クロスオーバーネットワークを採用した
Astell&KernオリジナルIEM第2弾モデル

Astell&Kern AK ZERO2

ヒーローイメージ

AK ZERO2は、4種の異なるドライバーで構成したQuad-brid設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用したAstell&KernオリジナルIEM第2弾モデルです。さらにCNCメタルハウジング、3Dプリントによるアコースティックチャンバーを採用し、Astell&Kernの原音追求の哲学を詰め込んだ、壮大でピュアなサウンドをお楽しみいただけます。

  1. トピック
    1:4種の異なるドライバーで構成したQuad-brid設計
    2:デュアルカスタムBAドライバーを2基搭載(4BA)
    3:周波数ロスを最小限に抑えるマイクロ・レクタンギュラー・プラナー・ドライバー搭載
    4:ピエゾトランスデューサーを組み合わせた10mm径ダイナミックドライバー搭載
    5:異なるドライバーを調和させる超精密クロスオーバーネットワーク
    6:各ドライバーを最適に配置する3Dプリントアコースティックチャンバー
    7:共振を抑制するCNC切削アルミニウム採用のハウジング
    8:3.5mmアンバランスと4.4mmバランスで4芯純銀メッキOFCケーブルを2本付属
    9:5サイズのイヤーピースとキャリングケース付属
    10:徹底管理された高品質な日本製造
  2. 【Advanced Quad-brid IEM】音源に忠実なフラットサウンド
    Astell&Kernは、音楽を原音に近い状態で体験することの素晴らしさを通じて、すべての人にインスピレーションを与え、楽しみを提供することを目標としています。より多くのユーザーに音楽の楽しさを知ってもらうために、アナログに忠実な音を出すことに対し絶えず研究と努力を行っています。

    AK ZERO2は、初代モデルAK ZERO1の開発で得た知見を元に、先進の技術を用いてAstell&Kernの原音追求の哲学を詰め込んだオリジナルIEMの第2弾モデルです。AK ZERO2は、4種の異なるドライバーで構成した先進の「Quad-brid」設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用し、限りなく音源ソースに忠実なフラットサウンドをユーザーに届けます。
    hoge画像
  3. 先進のQuad-bridデザイン
    4種の異なるドライバーで構成した「Quad-brid」設計と超精密クロスオーバーネットワークを採用。中域(フルレンジ)と中低域にデュアルカスタムBAドライバーをそれぞれ個別に使用、高域には高音域再生に特化して開発されたマイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー(PD:平面駆動ドライバー)を搭載。そして、低域と超高域用にピエゾトランスデューサー(圧電振動子)を組み合わせた10mm径ダイナミックドライバーを搭載。大口径ダイナミックドライバーによる豊かに深く沈み込む低音域と共に、ピエゾトランスデューサーがダイナミックドライバーに連動し、超高域を表現するスーパーツイーターとして機能します。

    【高域】マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー
    マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバーは、ヘッドホンではスケールダウンが難しいとされる平面駆動(プラナー)ドライバーの設計を、IEMに応用するために高音域の再生に特化して特別に開発された高度なドライバーです。頑丈且つ軽量な平面振動膜を採用し、周波数損失を最小限に抑え、高分子膜と金属薄膜を組み合わせた複合振動板により、BA型のようにクリスタル感のあるクリアさがありながら、平面上に整形されたコイルによって駆動することで、ダイナミック型のような臨場感を両立したサウンドキャラクターを実現しています。

    【中低域】【フルレンジ】デュアルカスタムBAドライバー
    デュアルカスタムBAドライバーは、フルレンジと中低域の両方を再生するためにコイルをカスタムして設計されたBAドライバーです。超低歪みでクリアな中低域のボーカルサウンドを実現するBAドライバー2基と、各周波数帯域を調和させるために独自のチューニングを施したBAドライバー2基の計4基が搭載されています。

    【低域/超高域】ピエゾトランスデューサー搭載10mm径ダイナミックドライバー
    完全に自動化されたエラーフリーのプロセスで作られた10mm径ダイナミックドライバーを搭載。豊かで深みのある低音域を再現します。さらに、ダイナミックドライバーと連動するピエゾ(圧電)トランスデューサーは、超高音域で存在感を発揮するスーパーツイーターとして機能します。
    hoge画像
  4. 超精密クロスオーバーネットワークとアーキテクチャーデザイン
    4種の異なるドライバーを超精密なクロスオーバーネットワークで調和させ、3Dプリントによるアコースティックチャンバーで最適に配置、さらにCNCアルミハウジングで共振を抑制することで極めて優れた音域バランスと超低歪を実現しています。生音のジャズや壮大な大編成クラシックまで、様々な音源を繊細かつピュアなサウンドで楽しむことが可能です。

    ●超低ノイズクロスオーバーネットワーク
    超精密クロスオーバーネットワークにより、特徴的な音響特性を持つ6つのドライバーを調和しています。各ドライバーの音響特性を最大限に引き出しながら、バランスのとれたフラットサウンドを奏でます。

    ●3Dプリントアコースティックチャンバー
    各ドライバーは、精巧な3Dプリンティング技術によって作られたアコースティックチャンバーに最適に配置されています。この設計によりドライバーの不要な動きや共振を排除し、安定した性能を実現します。

    ●CNCアルミハウジング
    Astell&Kernの高度なアルミ加工技術を駆使したハウジングは、共振を抑制し、安定した高音質を実現します。
    hoge画像
  5. アンバランスとバランス、2本のHi-Fiグレード4芯純銀コートOFCケーブル
    取り回し良くしなやかな4芯構造の純銀コートOFCケーブルを採用。高純度の銀メッキと銅、そしてスタイリッシュなアルミプラグを使用し、オーディオ信号を限りなくロスなく伝達するように設計されています。また、精度の高いMMCXコネクターを採用することで、ハウジングとケーブルの接続品質を向上、安定したパフォーマンスを実現しています。さらにAK ZERO2には、接続先に合わせてパフォーマンスを最大限発揮できるよう、3.5mmアンバランスと4.4mmバランスの2種類のケーブルを付属させました。
    hoge画像
  6. Astell&Kernのシグネチャーデザイン
    AK ZERO2は、AK ZERO1から新たな領域へと大胆に前進し、クリアでフラットなオーディオの新たな基準を打ち立てます。光と影を生み出す斜めにカットされた六角形の形状は力強い印象を与え、明確な基準を打ち立てる新しいサウンド体験を表しています。AK ZERO2の形状は、耳に自然にフィットするように設計されており、音楽を快適に楽しむことができます。
    hoge画像
  7. 日本でのハンドクラフト
    AK ZERO2は、日本の豊富な経験を持つプロの技術者によって丁寧に組み立てられ、最新鋭の設備で生産されています。厳重に管理された工程を経て、優れた品質を実現しています。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー ハイブリッド型(Quad-brid)
ドライバー数 1DD (+1PT) + 4BA + 1PD / 片側6ドライバー
ドライバー構成 ・マイクロ・レクタンギュラー・プラナードライバー×1
・デュアルカスタムBAドライバー×2(合計BA×4)
・10mm径ダイナミックドライバー×1
・ピエゾトランスデューサー×1(※ダイナミックドライバーと一体化)
インピーダンス 5Ω @ 1KHz
音圧感度 105dB @ 1KHz (1mW)
再生周波数帯域 20Hz – 30,000Hz
ケーブル仕様 4芯純銀コートOFCケーブル(約120cm)
・コネクター:MMCX
・プラグ
:3.5mmアンバランスL字×1
:4.4mmバランスL字×1)
本体重量 メーカー情報なし
THD 0.7% @ 1KHz
素材 アルミニウム
形式 密閉型
付属品 ・4芯純銀コートOFCケーブル(3.5mmアンバランス)
・4芯純銀コートOFCケーブル(4.4mmバランス)
・シリコンイヤーピース:5ペア(XS/S/M/L/XL)
・ウレタンフォームイヤーピース:1ペア(F)
・キャリングケース

満足度

4.5

高音の質

4.7

中音の質

4.6

低音の質

4.6

細やかさ

4.7

迫力

4.2

音場

4.5

遮音性

4.2

音漏耐性

4.2

60人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

ZERO1の後継機種にふさわしいイヤホンです。

表題の通りZERO1から更に聴きやすくなりました。
音質的にはモニターもリスニングも両方こなせる万能型になり、AKの出したい音をこれでもかと鳴らしてくれます。
筐体もAKらしいデザインで、もし電車の中で付けていたらセンスがいいなと思わせる良いデザインですね。
公式でも紹介されていましたがKANN MAXのゲインを上げてバランス接続で聴くと最高の音が聴けますのでお試しあれ。

続きを読む

あめっち さん (2024/06/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

プラナードライバ搭載の候補

プラナードライバを搭載しているイヤホンの中で中々この価格帯のものは無いので個人的にはとても欲しいイヤホンの1種です。
比較対象として MADOOのtypeシリーズと比較してます。
まず初めにイヤホン本体はだいぶ大きいです。装着感は良いですがつけてる感はある程度感じます。
純正のケーブルは取り回しが良いです。
関心の音ですが大変良い音です。
PDでボーカルは美しく生々しいです。
そこにBAによる繊細さやDDにより全体的に支えられるような音です。
MADOO type 711 と比べると音の細か等はこちらの方が良いです。
しかし様々なドライバを採用してることもあり、だいぶごちゃごちゃした感じが見受けられます。
その点で言えば type512 のPDとDDだけで鳴らしている音の方が落ち着きがあって良いです。
個人的にはDDを搭載してるのであればもう少し低音が出ても良いかな?と感じました。それ以外は本当に素晴らしい音色で自分なら20万位のイヤホンよりもこっちを選びますね。

続きを読む

もちもち231 さん (2024/06/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

4.0

低音の質

3.0

細やかさ

5.0

迫力

2.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

昔のakのdapみたいな音!

試聴レビューです
タイトルの通り昔のak(se100、ak320あたり)の音そのまんまみたいな音です!

繊細で音場が広く細かい音が広い空間から降り注ぐような音です。硬質でシャープな音であまり響きは無いように感じますが、シンセサイザーなどを多用した曲はとても綺麗に聴こえます。音数は多く聴こえますが、あまり迫力はありません。

高音は綺麗にのびてくれますが、少し刺さる印象です。空間が広いので音数が多くてもごちゃごちゃしません。

中音は素っ気なく聴こえますが味付けの無い素直で原音に忠実な音とも言えます。

低音は迫力がないですね。ですがタイトな低音でベースやドラムの音が聴きとりやすいです。

全体的なイメージとしてはクールでフラットで解像度の高く、空間が広いため音の分離が良いモニターサウンドといった感じです。

最近のakのdapの3シリーズはどちらかと言うとリスニングライクな音なので昔のakのモニターサウンドが好きな方には、はまると思います!

私はsp3000で試聴しましたがイヤホン自体の特性なのか昔のakサウンドのように聴こえました。

試聴曲 nonoc Memento

使用dap sp3000

続きを読む

tk さん (2024/06/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

購入して大満足のイヤホン

AKのオリジナルIEMの第2世代となります。
音の感想としては第1世代と同様に低音から高音までしっかり鳴っており、一つ一つの音が聞き取りやすくその上で第1世代より解像度は上回っています。
AKのDAPの使用を想定した音作りと思われるのでAKDAPを使用されている方は視聴してみて欲しいイヤホンだと思いました。

続きを読む

サブ さん (2024/06/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

AK ZERO1の正統進化モデル

音場、解像度、定位感、各音域の表現力、高音の響き、低音の迫力、その他全ての要素においてAK ZERO1を上回っています。
現時点での同値段帯としてPATHFINDERが候補に上がりますが、PATHFINDERが圧倒的な高音の響きが特徴的なイヤホンなのに対し、AK ZERO2は完全に総合力でPATHFINDERに勝るとも劣らない位置にいると思われます。

バランスはAK ZERO2の方が良く、PATHFINDERは楽曲のジャンルを選ぶ傾向があると感じますが、AK ZERO2はおそらくほとんどのジャンルにおいて合うイヤホンだと思います。
まさにAK ZERO1の完全上位互換の正統進化モデルと言えるイヤホンです。

続きを読む

TN さん (2023/12/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

見た目よし、中身とてもよしの万能機

見た目がすごくいい。形状も色も最高です。
筐体でスポっと耳に蓋をしてくれる感じで、思いのほか負担は少なめだと思います。

音場が広く、中高域は精細なのに、低音の質感・量感がしっかりしていて、私が求めていたものが詰まっている気がします。
ジャンルを問わず良く聴けますが、特に交響曲など、ホールのような感触を味わいたい曲にはかなり合うと思います。

しかも鳴らすのに出力があまり必要ないのがいいですね。
個人的な信条ですが、鳴らしやすさと高音質を両立しているのは良い製品です。

音は万能、モニターライクもリスニングもよし、プレーヤーも選ばない……
まさにオールラウンドです。

続きを読む

PoPopo さん (2023/11/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0