• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

FIIO (フィーオ)

KA13

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

FIIO (フィーオ)

KA13

  • 新品

¥13,200 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314018004 ~ 4562314018011

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥6,600

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

マルフォイ

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

男心くすぐるデザインがかっこいい!

お手頃でお手軽に音質の向上が見込めるスティックDAC、FIIO「KA13」。普段から使用しているSHURE「SE846」とELECOMのスティックDACの組み合わせと比較してみました。

試聴した第一印象は、音の曇りがなく、見晴らしが良くなったように感じます。シャキっとした角のある音が少しマイルドになり、耳当たりがよくなりました。

低域はELECOMのスティックDACに比べて、厚みとアタック感が強い印象です。重くなったというよりも、さらにクッキリとしたことによる存在感の向上からくるものだと思います。重低音まではいかないものの、個人的にEDM系楽曲と合わせて聴くのが一番好みです。

エントリー帯のスティックDACをご検討中の方は、ぜひ一度試聴してみてください。

試聴楽曲
kroi/Hyper
舐達麻/FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD
ハッカードル/Touch Tap Baby
ZEDD/The Middle

なおティー

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

高出力・高品質なポータブルDAC

FIIO「KA13」は、スマートフォンでも高品質なサウンドを聴きたい方や、高い出力を必要とするイヤホン・ヘッドホンを不足なく鳴らしたい方におすすめのポータブルDACです。

筐体は全体的にマットな質感で、さらさらとした手触り。表面には、X字に彫られているデザインがあり、近未来的な見た目をしています。シンプルで落ち着いた質感とスタイリッシュな装飾・デザインの塩梅がちょうど良いです。

試聴していて、一番衝撃を受けたところは「出力の高さ」。デスクトップモードという最大550mWを出力する機能があるため、実際に試してみました。

いつも私が使っているスマートフォンとイヤホンを直刺しする際、いつも視聴する音量設定はスマートフォン内の設定で全30段階中25段階目にしています。中間位の音量設定にした「KA13」を経由した場合だと、10段階目でいつもの音量になりました。15段階分の音量の底上げがされたと考えると、一目で圧倒的な出力だと分かりますね……

「外出時にもインピーダンスの高いイヤホン・ヘッドホンを使いたいが、DAPやアンプ等で荷物が重くなることを極力避けたい」と思っている方にピッタリだと思います。

念のため、上記のことからデスクトップモードでご試聴される際は、いつもより少し低めの音量にしておくことをおすすめします。

サウンドについては、少し澄んだ空間になった印象です。ひとつ一つの音が濁ることなく真っすぐ突き抜けていくような力強さを感じました。

各音域の量感や音自体の質感など、サウンドの印象が変化する感覚はほとんどないため、お持ちのイヤホン・ヘッドホンの特徴をそのまま活かしながら音の明瞭度を上げたいという方におすすめです。

総括すると、スマートフォンでも高出力・高品質なサウンドが楽しめるポータブルDACです。視聴環境がまだ揃っていないけど、これから有線オーディオの深い沼に突入してみたい方、まずは「KA13」で視聴環境を整えてみてはいかがでしょうか。

【視聴環境】
スマートフォン:Xperia 10 III
イヤホン:SUPERIOR

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

クラス最⾼峰の550mW出⼒を実現し、スマホやPCを⾼品位再⽣環境に変える
超⼩型・軽量USB DACアンプ

FIIO KA13

ヒーローイメージ

KA13は、小型軽量ながらデスクトップレベルの550mWの出力が可能で384kHz/32bit、DSD256の再生に対応し、3.5mm/4.4mmデュアルヘッドホン出力を装備した、バスパワー駆動の高性能USB DAC内蔵ヘッドホンアンプです。ヘッドホン端子が装備されていないスマートフォンやタブレット、PC等と組み合わせて、様々な環境下でヘッドホン・イヤホンの高品位リスニングを行っていただけます。

  1. スマホ・タブレットでいつでもどこでもハイレゾ再生
    KA13は、スマホ本体やBluetooth製品では真価を発揮することが難しいハイレゾデータ/ハイレゾストリーミング再生を、シンプルかつ高品位に提供するソリューションとして開発されました。

    電源のいらないバスパワー駆動ながら、PCM384kHz/32bit,DSD256までレゾリューションに対応し、3.5mmのステレオヘッドホン出力だけでなく4.4mmバランスヘッドホン出力を装備しています。デスクトップモードを搭載し、最大550mWの出力が可能です。

    KA13と手持ちのスマホとイヤホン/ヘッドホンさえあれば、至高の音楽体験を手中にすることが可能です。
    hoge画像
  2. DACチップ「CS43131」とオペアンプ「SGM8262」をデュアルモノ使用し高品質なパフォーマンスを実現
    高性能で高効率なDAC CS43131を2基搭載、更に低ノイズなオペアンプSGM8262を2基搭載。L/Rチャンネルをそれぞれの独立したDACとアンプの構成を採用することで、優れたバランス出力パフォーマンスを実現しました。いつものお気に入りの楽曲もKA13による高精細な音声で新たな体験を実現します。
    hoge画像
  3. デスクトップモードを搭載しクラス最高峰550mWの高出力を実現
    スティック型DACアンプにおいて、トップクラス550mWの高出力を実現するデスクトップモードを新たに搭載し、デスクトップ用途など高インピーダンスのヘッドホンでも力強くドライブすることができます。スティック型DAC/ヘッドホンアンプとして最高峰の出力パワーによってサウンドを躍動的で且つ繊細に表現しつくすことができます。
    hoge画像
  4. 4.4mmバランスヘッドホン/3.5mmアンバランス出力を搭載
    KA13には、3.5mmシングルエンドヘッドホン出力のほか、現代の高性能ヘッドホン/イヤホンで採用される4.4mmバランスヘッドホン出力も備えています。新たに搭載されたデスクトップモードによりバランスヘッドホン出力では最大550mW@32Ωの出力を発揮します。

    KA13は、両出力端子それぞれに繰り返しチューニングを施し、最終的に2つの出力に対しての最適な設計をこのコンパクトな筐体の中に収めることに成功しました。
    hoge画像
  5. 着脱式の接続ケーブルで様々な機器と接続可能。ボリューム調整の追加で使い勝手が向上
    KA13の特長の一つは、接続ケーブルが取り外し、交換が可能なことです。付属されたType-CやLightningケーブルで切り替えることにより、様々な機器での利用を可能としました。これにより無駄なケーブルの買い足しをせずとも、ご自身の機器に合わせた利用が可能です。

    また、側面には、接続機器と連動しない独立型のボリューム調整が可能なボタンを配置しています。長押し操作によってトラックの選曲が可能で、使い勝手も向上しました。通勤、通学などの外出先での利用でも、家でのリスニングやゲーミングサウンドへの利用など様々なシーンで至高の音楽体験を実現します。
    hoge画像
  6. RGB LEDイルミネーションによる演出
    RGB LEDライトによるイルミネーションは、優れた意匠性を実現するだけでなく、音源のサンプリング周波数を一目で素早く把握するのに役に立ちます。
    ・青色=44.1~48kHz
    ・黄色=88.1~768kHz
    ・緑色=DSD
    hoge画像
  7. Android版FIIO Controlアプリにより詳細な本体設定が可能
    Android版 FIIO Controlアプリのデバイス設定機能から、フィルターの選択やS/PDIF出力のON/OFF、RGB LEDライトイルミネーションのON/OFFなどを設定可能です。
    ※iOS版FIIO Controlには非対応です。

    ※初出時、ゲインのHigh/Low切り替え、チャンネルバランス調整が設定可能との表記がありましたが、誤りでしたのでお詫びして訂正いたします。(2023年11月21日)
    hoge画像
  8. アプリ操作によりS/PDIFデジタル出力にも対応
    Android版FIIO Controlを使用して設定変更することで、3.5mm出力からのS/PDIFデジタル出力を可能としています。お手持ちのDAC内蔵ヘッドホンアンプと組み合わせることでDDコンバーターとしての利用も可能です。
    ※KA13には同軸ケーブルは付属しておりません。市販の3.5mm to RCA同軸ケーブルをご使用ください。
    hoge画像
  9. 金属筐体による機能性とCNC加工による印象的なデザイン性を融合
    筐体は精巧なCNC加工が施された金属製で、フロントパネルには独特のラインが刻まれています。パネルは芸術的なテクスチャーでデザインされており、ソフトな印象与えつつも、テクノロジーのタフで新しいビジョンを与えています。持つたびに繊細で心地よい感触を与え、日常の音楽ライフをより豊かなものへと導きます。
    hoge画像
  10. ブラック、シルバーの2色のカラーバリエーション
    ブラックとシルバーの2色のカラーバリエーションを準備しました。接続するデバイスと相性やお客様のお好みによりお選びいただけます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
電源 USBバスパワー駆動
DACチップ 2 x CS43131
オペアンプ 2 x SGM8262
デジタル入力端子 USB Type C
アナログ出力端子 3.5mmシングルエンドヘッドホン出力(S/PDIFデジタル出力と排他)
4.4mmバランスヘッドホン出力
デジタル出力端子 3.5mm4極S/PDIF出力(シングルエンドヘッドホン出力と排他)
推奨インピーダンス 16〜300Ω
アンバランス出力 170mW@32Ω
バランス出力 550mW@32Ω
周波数応答 20Hz〜50KHz(-1dB)
S/N比 123dB(32Ω、A-weighted、シングルエンド出力)
122dB(32Ω、A-weighted、バランス出力)
ノイズフロア 1.7uV未満(A-weighted、シングルエンド出力)
3.1uV未満(A-weighted、バランス出力)
対応サンプリングレート 最高PCM384kHz/32bit、DSD256(DoP)
本体カラー ブラック/シルバー
寸法 56.3mm x 22mm x 10.5mm
重量 約18.5g(ケーブルを除く)
付属品 USB A to Type Cアダプター
USB Type C to Type Cケーブル
USB Type C to Lightningケーブル
クイックスタートガイド

商品詳細

クラス最⾼峰の550mW出⼒を実現し、スマホやPCを⾼品位再⽣環境に変える
超⼩型・軽量USB DACアンプ

FIIO KA13

ヒーローイメージ

KA13は、小型軽量ながらデスクトップレベルの550mWの出力が可能で384kHz/32bit、DSD256の再生に対応し、3.5mm/4.4mmデュアルヘッドホン出力を装備した、バスパワー駆動の高性能USB DAC内蔵ヘッドホンアンプです。ヘッドホン端子が装備されていないスマートフォンやタブレット、PC等と組み合わせて、様々な環境下でヘッドホン・イヤホンの高品位リスニングを行っていただけます。

  1. スマホ・タブレットでいつでもどこでもハイレゾ再生
    KA13は、スマホ本体やBluetooth製品では真価を発揮することが難しいハイレゾデータ/ハイレゾストリーミング再生を、シンプルかつ高品位に提供するソリューションとして開発されました。

    電源のいらないバスパワー駆動ながら、PCM384kHz/32bit,DSD256までレゾリューションに対応し、3.5mmのステレオヘッドホン出力だけでなく4.4mmバランスヘッドホン出力を装備しています。デスクトップモードを搭載し、最大550mWの出力が可能です。

    KA13と手持ちのスマホとイヤホン/ヘッドホンさえあれば、至高の音楽体験を手中にすることが可能です。
    hoge画像
  2. DACチップ「CS43131」とオペアンプ「SGM8262」をデュアルモノ使用し高品質なパフォーマンスを実現
    高性能で高効率なDAC CS43131を2基搭載、更に低ノイズなオペアンプSGM8262を2基搭載。L/Rチャンネルをそれぞれの独立したDACとアンプの構成を採用することで、優れたバランス出力パフォーマンスを実現しました。いつものお気に入りの楽曲もKA13による高精細な音声で新たな体験を実現します。
    hoge画像
  3. デスクトップモードを搭載しクラス最高峰550mWの高出力を実現
    スティック型DACアンプにおいて、トップクラス550mWの高出力を実現するデスクトップモードを新たに搭載し、デスクトップ用途など高インピーダンスのヘッドホンでも力強くドライブすることができます。スティック型DAC/ヘッドホンアンプとして最高峰の出力パワーによってサウンドを躍動的で且つ繊細に表現しつくすことができます。
    hoge画像
  4. 4.4mmバランスヘッドホン/3.5mmアンバランス出力を搭載
    KA13には、3.5mmシングルエンドヘッドホン出力のほか、現代の高性能ヘッドホン/イヤホンで採用される4.4mmバランスヘッドホン出力も備えています。新たに搭載されたデスクトップモードによりバランスヘッドホン出力では最大550mW@32Ωの出力を発揮します。

    KA13は、両出力端子それぞれに繰り返しチューニングを施し、最終的に2つの出力に対しての最適な設計をこのコンパクトな筐体の中に収めることに成功しました。
    hoge画像
  5. 着脱式の接続ケーブルで様々な機器と接続可能。ボリューム調整の追加で使い勝手が向上
    KA13の特長の一つは、接続ケーブルが取り外し、交換が可能なことです。付属されたType-CやLightningケーブルで切り替えることにより、様々な機器での利用を可能としました。これにより無駄なケーブルの買い足しをせずとも、ご自身の機器に合わせた利用が可能です。

    また、側面には、接続機器と連動しない独立型のボリューム調整が可能なボタンを配置しています。長押し操作によってトラックの選曲が可能で、使い勝手も向上しました。通勤、通学などの外出先での利用でも、家でのリスニングやゲーミングサウンドへの利用など様々なシーンで至高の音楽体験を実現します。
    hoge画像
  6. RGB LEDイルミネーションによる演出
    RGB LEDライトによるイルミネーションは、優れた意匠性を実現するだけでなく、音源のサンプリング周波数を一目で素早く把握するのに役に立ちます。
    ・青色=44.1~48kHz
    ・黄色=88.1~768kHz
    ・緑色=DSD
    hoge画像
  7. Android版FIIO Controlアプリにより詳細な本体設定が可能
    Android版 FIIO Controlアプリのデバイス設定機能から、フィルターの選択やS/PDIF出力のON/OFF、RGB LEDライトイルミネーションのON/OFFなどを設定可能です。
    ※iOS版FIIO Controlには非対応です。

    ※初出時、ゲインのHigh/Low切り替え、チャンネルバランス調整が設定可能との表記がありましたが、誤りでしたのでお詫びして訂正いたします。(2023年11月21日)
    hoge画像
  8. アプリ操作によりS/PDIFデジタル出力にも対応
    Android版FIIO Controlを使用して設定変更することで、3.5mm出力からのS/PDIFデジタル出力を可能としています。お手持ちのDAC内蔵ヘッドホンアンプと組み合わせることでDDコンバーターとしての利用も可能です。
    ※KA13には同軸ケーブルは付属しておりません。市販の3.5mm to RCA同軸ケーブルをご使用ください。
    hoge画像
  9. 金属筐体による機能性とCNC加工による印象的なデザイン性を融合
    筐体は精巧なCNC加工が施された金属製で、フロントパネルには独特のラインが刻まれています。パネルは芸術的なテクスチャーでデザインされており、ソフトな印象与えつつも、テクノロジーのタフで新しいビジョンを与えています。持つたびに繊細で心地よい感触を与え、日常の音楽ライフをより豊かなものへと導きます。
    hoge画像
  10. ブラック、シルバーの2色のカラーバリエーション
    ブラックとシルバーの2色のカラーバリエーションを準備しました。接続するデバイスと相性やお客様のお好みによりお選びいただけます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
電源 USBバスパワー駆動
DACチップ 2 x CS43131
オペアンプ 2 x SGM8262
デジタル入力端子 USB Type C
アナログ出力端子 3.5mmシングルエンドヘッドホン出力(S/PDIFデジタル出力と排他)
4.4mmバランスヘッドホン出力
デジタル出力端子 3.5mm4極S/PDIF出力(シングルエンドヘッドホン出力と排他)
推奨インピーダンス 16〜300Ω
アンバランス出力 170mW@32Ω
バランス出力 550mW@32Ω
周波数応答 20Hz〜50KHz(-1dB)
S/N比 123dB(32Ω、A-weighted、シングルエンド出力)
122dB(32Ω、A-weighted、バランス出力)
ノイズフロア 1.7uV未満(A-weighted、シングルエンド出力)
3.1uV未満(A-weighted、バランス出力)
対応サンプリングレート 最高PCM384kHz/32bit、DSD256(DoP)
本体カラー ブラック/シルバー
寸法 56.3mm x 22mm x 10.5mm
重量 約18.5g(ケーブルを除く)
付属品 USB A to Type Cアダプター
USB Type C to Type Cケーブル
USB Type C to Lightningケーブル
クイックスタートガイド

満足度

4.0

音質

4

携帯性

4.6

バッテリー

4.3

拡張性

3.5

4人のお客様がレビューしています。

満足度

2.5

USER REVIEW

カラー:Black

音質

4.0

携帯性

4.0

バッテリー

3.5

拡張性

4.0

相性次第

iPhone13に3.5mm接続で使用。
何故か相性が悪いらしく音楽再生中構わずズズというノイズが頻繁に発生(普通に音楽再生中でも聞こえる大きさ)。交換対応してもらいましたが症状が変わらない為、本機とiPhoneの相性が原因だと思われます。

確かに音質や迫力はとても良いです。普通にパソコンに接続して利用する分にはとても満足のいく商品でしたが、①相性が悪いとノイズが発生 ②バッテリーの消耗がそこそこ速い(この辺はしょうがない)
この2点がかなり自分にとって不便だったのでオススメできるかと言えばできません。購入前によく確認することをオススメします

続きを読む

イワシ さん (2024/04/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Black

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

5.0

拡張性

3.0

端末相性あり ノイズ対策することをおすすめします

スマホで使う際ifi hip-dac3 をメインで使っておりサブで本機を使ってるスマホで使うとノイズがはしる時があり接続ケーブルをLT-LT4、LT-TC4を ifi iSilencer+ CCに繋げ使用してると改善され音質がクリアになる

続きを読む

リュナ さん (2024/02/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Silver

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

なんか偉くて小さくて見た目がいいやつ

Lightning、USB Type-A、Type-Cどれでも接続できるようになっているのはとても良いですね。サイズも小ぶりでいい感じ。
デスクトップモードもあるので、これ1本でいろいろなプレーヤーに繋いで、いろいろなイヤホン・ヘッドホンを鳴らすことができてしまう、使いやすさ抜群な良い子です。
…そのぶんイヤホン・ヘッドホンの選択肢を増やし、沼の入口で手招きしている悪い子かもしれません。

音質は、素直でありつつ元より一段階すっきり、くっきりするような印象です。
「高域がちょっとマイルドで物足りないなあ」と思うヘッドホンと繋げていますが、程よくカバーしてくれていると思います。

また、ビジュアルがかなり好きです。マットでメタリックな部分と、光沢のあるクリアな部分がうまいこと組み合わさっていて、ついでに光るし、なんだか強そう。
Jade Audioはこういう路線で行ってくれるみたいで、今後の同ブランド製品もちょっと楽しみです。

続きを読む

PoPopo さん (2023/12/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Silver

音質

4.0

携帯性

4.5

バッテリー

4.5

拡張性

3.0

お手軽DAC。ただしiPhoneユーザーば少し損?

※後述しますが、この製品を100%楽しめるのはAndroidユーザーのみです。

【デザイン】
本体の金属は光沢感は無く、マットな質感で指紋などの汚れが見えないので良いかなと思います。ただ、前面の窓部分と背面がプラ板?になっていて、そこだけは例外です。
個人的にはシルバーカラーの時のFiiOロゴのカラーリングも好きでした。
【携帯性】
よくあるスティク型のUSBより少しだけ大きいくらいだと思います。少しスペースがあれば問題ないです。
【音質】
バランス良く音源のクオリティが上がっているという印象です。
個人的にはボーカルの空気感が1番向上した気がしました。
【良かった点】
・ボタン操作でボリューム操作とトラック選曲ができる点。有線なのでこれは嬉しい機能です。
・iOS,android,PCに対応できるケーブルが全て付属していること。
・バスパワー駆動なので、充電忘れの心配がない。
・3.5mm/4.4mmに対応している点。
【悪い点】
・Android版のFiiO Controlでしか設定変更できないこと。Androidユーザー以外は結構致命的な欠点かもしれません。私自身がiPhoneユーザーのためデフォルト設定でしか使えてません。
【まとめ】
競合商品はいくつかありますが、選択肢には入っても良い製品かとは思いました。ただ、上記にもありますが、この製品の機能を100%楽しめるのはAndroidユーザーのみです。iPhoneユーザーの方は注意してください。
イヤホンは他人が耳に入れたやつを使うのは嫌な人もいるかと思いますが、DACは直接耳に入れたりしなくて良いので、店頭で聴き比べするのが失敗がなくて良いとは思います。

続きを読む

ぱすかる さん (2023/12/24)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2