• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

AK PA10 【IRV-AK-PA10】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

AK PA10 【IRV-AK-PA10】

  • 新品

¥80,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755503659

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥49,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

Hulk

@e☆イヤホン 名古屋大須店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

古き良きポタアン、最大の武器はその不便さ!?

オーディオ機器の専門特化性が極まる昨今、「DAP」プレイヤーは大型化・高価格化が進む一方で、「DAC」ポタアンはスマホに直挿しできるような小型・低価格の製品が多くなりつつあります。

一昔前に流行ったプレイヤー+ポタアン、例えばAK70にmojoを繋ぐといった使い方をする製品はもはや絶滅危惧種、UMAのような存在となってしまいました。プレイヤー自体の性能が大幅に上がっているのと、アンプを繋ぐこと自体ただでさえ大型で重量級なプレイヤーをさらに大きく、重たくしてしまうだけだからです。

そんな現代のオーディオ市場に、唯一無二のシーラカンスが登場しました。それが「AK PA10」です。

・A級動作アナログアンプ搭載。
・接続方法は4.4mm5極バランスこそあれどライン入力のみ。

時代を逆行したかのような超弩級のポータブルアンプですが、この製品を繋ぐ恩恵は多少大きくなっても、重たくなっても繋いだ状態で常用したいと思わせるほどです。

解像度や分離感が上がるといった印象はありませんが、その分厚みの増した濃厚で芳醇な音を楽しめます。

また、ジャンルは選びません。パワフルなので再生するイヤホンやヘッドホンも選ばないことを考えると、一家に一台置いておいてもいい製品なのではないでしょうか!

大きくて重たいことに所有欲を満たされる珠玉の逸品です。ぜひ一度お試しください。

接続機器
AK70MKII→Jet Short Cable→AK PA10→Fender TEN 2

試聴音源
Bad Company / Bad Company
かわ世 / 百鬼あやめ

エリーナ

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

Astell&Kernシリーズを愛する方納得のサウンド

Astell&Kernユーザーにとってはたまらない濃密で正確なサウンドを体感できるアンプです。

【試聴環境】
プレイヤー:SP3000
接続ケーブル:PA10付属mini-miniケーブル、e☆イヤホンラボ Jet Short Cable 4.4mm to 4.4mm
ヘッドホン:audio-technica ATH-R70X(アンバランス接続)、Sennheiser HD660S2(アンバランス/バランス接続)

【音質】
どの音域もまっすぐ鳴る力と厚みを与えられ、特に中音域はPA10によって厚みがしっかりと補強されます。声の唸りや楽器の押し出しが引き立つのでより真摯に音楽を受け止めたいという気分にさせてくれます。

高音域は刺さることなく、音の末までしっかりと捉えることができ、低音は胸の位置で張り出したような存在感を得られます。また、ノイズレスという言葉通り静寂時のシンとした暖かい空気感が特徴的でした。

ホール感や余韻の脚色が少なく、プレイヤー自体の音を折り曲げずに素直に前へ押し出す手伝いをしてくれるので、キャラが立つプレイヤー・ヘッドホン関係なしに導入できる構成です。

Crossfeedの設定では、スピーカーの位置が徐々にアングルを開いて遠ざかるような効果があり、ヘッドホンによって自然な鳴り方を任意で設定できます。

また、4.4mmバランス再生では左右に振りすぎない程よい距離感で、音楽の中心を見失わずにいられるところが魅力的に感じました。

【ドライブ力】
420Ωを誇るATH-R70X(アンバランス接続)の場合、SP3000の出力2V、PA10はハイゲイン、ボリュームダイアル7時あたりでしっかりと聴きごたえのある大きさになりました。

【使用感】
一面がプレイヤーを傷つけにくいラバーパッド仕様になっているので、別途ゴムパッドを導入せずともきれいに束ねられます。アンプの下部1-2cmはラバーでおおわれていませんが、ややラバー分の高さが出ているのでカツカツあたることはなさそうです。

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Astell&Kern、ブランド初のアナログポータブルヘッドホンアンプ

Astell&Kern AK PA10

ヒーローイメージ

Astell&Kernは、音源をよりピュアな状態でユーザーへ届けるためにアンプ技術の研究開発を続けてきました。『AK PA10』は、これまで培ってきたアンプ回路設計技術のノウハウを最大限活用したClass-A(A級動作)アナログアンプを初めて導入したモデルです。

  1. トピック
    1:Astell&Kern初のClass-Aアナログアンプ搭載
    2:独自のTERATON ALPHAテクノロジーにより効率的な電源制御
    3:3段階設定のClass-Aカレントコントロール搭載
    4:2段階設定でバランス出力時最大6.2Vrmsのゲインコントロール搭載
    5:アンバランスとバランスを物理的に分離した4.4mm5極トゥルーバランス入出力搭載
    6:ハードウェア・クロスフィード機能搭載
    7:Astell&Kern独自のアナログボリューム搭載
    8:最大約12時間の連続使用が可能
    9:USB Type-C急速充電に対応
  2. Astell&Kern初のClass-Aアナログアンプ搭載
    AK PA10は、Astell&Kernがこれまで培ってきたアンプ回路設計技術のノウハウを最大限活用したClass-A(A級動作)アナログアンプを初めて導入したモデルです。A級アンプは、最も優れたリニア出力を持ち、歪みや欠陥のない信号を増幅することで、柔らかくて暖かい、自然な音を提供します。この特性から、音楽愛好家から最も支持されている増幅方式ですが、消費電力が大きく、ポータブルオーディオ機器では設計が非常に困難となります。AK PA10は、Astell&Kern独自の回路設計技術により、ノイズを除去しながら消費電力を抑え、出力を向上させることが可能となり、いつでもどこでもClass-Aアンプの素晴らしいサウンドを楽しめるよう特別に設計されています。
    hoge画像
  3. 独自のTERATON ALPHAテクノロジーにより効率的な電源制御
    Astell&Kernが開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」が組み込まれています。TERATON ALPHAは、効果的な電源ノイズの除去、効率的な電源管理、歪みの少ない増幅により、オーディオ出力インターフェースを通して原音に近いオーディオ再生を実現するAstell&Kernの究極のサウンドソリューションです。アーティストやプロデューサーが意図した原音に近い音を再生するために、数万時間に及ぶ継続的な研究開発から生まれたAstell&Kernの特許技術を搭載しています。優れたヘッドホンアンプは、安定した出力を実現するだけでなく、電源、ノイズ、信号遷移、回路構造など、全てのパーツが入念に設計され、ピュアで真のサウンド再生を実現します。
    AK PA10は、ポータブルなサイズでありながら、様々なヘッドホンやIEMとシームレスに接続でき、歪みのない超高音質を再生するAK Ultimate Sound SolutionであるTERATON ALPHAテクノロジーを追加し、さらに強化しました。AK PA10は、TERATON ALPHAのサウンドソリューションとして開発され、ピュアで濃厚なアナログサウンドを作り出します。
    hoge画像
  4. 3段階設定のClass-Aカレントコントロール搭載
    ヘッドホンアンプは、ヘッドホンをドライブするための必要な出力を得るためだけに設計されているわけではありません。AK PA10は、様々なヘッドホンやIEMに合わせて電流をコントロールし、より濃密で空間的なサウンドを再現できるようにしました。Class-Aアンプのカレント(電流)を3段階設定でコントロールすることで、電流値に対するA級アンプの特性を強調し、より力強いサウンドを作り出します。
    また、消費電力が大きいことによるバッテリー消耗の懸念についても、電流値のコントロールによって対応しました。3段階のカレントコントロールオプションにより、ヘッドホンやIEMの特性に合わせた音のディテールや濃密さの変更が可能です。AK PA10のClass-Aアンプが生み出す、リアルな質感の空間的なサウンドをお楽しみください。
    ※[Low] デフォルト / [Mid] +50mA / [High] +100mA
    hoge画像
  5. 2段階設定でバランス出力時
    最大6.2Vrmsのゲインコントロール搭載
    様々なヘッドホンやIEMで再生した際に、音楽の微妙なニュアンスまで引き出すためには、ヘッドホンをドライブする十分なアンプの出力が必要です。AK PA10は出力を変更する2段階のゲインコントロールを備えており、バランス出力に接続した場合、ハイゲイン時で最大6.2Vrmsの高出力に対応することができます。使用するヘッドホンやIEMのベストなサウンドを提供するゲインレベルを選択し、透明感のあるサウンドを楽しむことができます。AK PA10は、お使いのオーディオ機器が持っているポテンシャルを最大限に引き出します。
    ※[ローゲイン] アンバランス 2.1Vrms / バランス 4.2Vrms (無負荷)
    ※[ハイゲイン] アンバランス 3.1Vrms / バランス 6.2Vrms (無負荷)
    hoge画像
  6. アンバランスとバランスを物理的に分離した
    4.4mm5極トゥルーバランス入出力搭載
    ポータブルヘッドホンアンプの多くは、4.4mm5極バランス入力に対応しておらず、3.5mm3極アンバランス信号を4.4mm5極バランス信号に切り替えたりしています。しかし、このような入出力の組み合わせは、ソースデバイスの純粋なバランス出力を使用できず、移行プロセスで信号が失われることになります。
    そこでAK PA10は、ポータブルClass-Aアナログアンプとしては珍しい、4.4mm5極トゥルーバランス入出力をサポートし、高出力で鮮明な音の再生を可能にしました。また、3.5mm3極アンバランス入出力にも対応しているので、より多くの機器と組み合わせて使用することも可能です。音源ソースを最大限劣化させずに増幅して出力する為に、3.5mm入力時は3.5mm出力のみ、4.4mm入力時は4.4mm出力のみのトゥルー出力になっています。
    hoge画像
  7. ハードウェア・クロスフィード機能搭載
    左右のチャンネルが明確に分離したヘッドホン環境では、長時間のリスニングで耳の疲れが増すことがあります。クロスフィードをオンにした瞬間から、鮮明でありながら心地よいサウンド体験が始まります。クロスフィードは、片方のチャンネルのオリジナル信号の一部をミックスし、その信号を時間差で反対側のチャンネルに送り、音像を中央に定位させる機能です。これによりスピーカーで聴くような自然なサウンドを可能にします。AK PA10のクロスフィード機能は、デジタルソフトウェアではなく、ハードウェア回路設計によって実現されており、原音の音質を損なうことなく、よりシームレスで洗練されたクロスフィード効果を提供します。
    hoge画像
  8. Astell&Kern独自のアナログボリューム搭載
    AK PA10は、Class-A アナログアンプのサウンドをシームレスに再現する、Astell&Kern独自のアナログボリュームを搭載しています。また、クロスフィード、ボリューム、アンプなど、オーディオブロックごとに電源ICを分けて搭載しており、各オーディオICに最適な電力を供給することが可能です。DC-DC電源の干渉リップルノイズ(電源投入時に発生する波紋状のノイズ)を排除し、音と共に増幅されるノイズを最小限に抑えることができます。
    さらにノイズや電磁波がオーディオブロックに影響を与えないよう独自のシールド缶技術を適用し、アンバランス回路とバランス回路を物理的に分離する設計により、高出力ながらも低ノイズ、低歪化を実現させました。
    hoge画像
  9. 最大約12時間の連続使用が可能
    AK PA10の電源には4,200mAhのバッテリーを搭載。Astell&Kernならではの優れたバッテリーコントロールにより、Class-Aアンプながら最大約12時間の連続再生を実現しました。
    ※テスト条件:入力1Vrms、AK PA10ボリューム1時位置、ローゲイン基準
    ※連続再生時間の目安は、メーカーの試験結果に基づくものであり、ユーザー設定や入出力設定により異なる場合があります。
    hoge画像
  10. USB Type-C急速充電に対応
    USB Type-Cポートによる急速充電にも対応します。携帯性に優れながらも、クラストップレベルの再生時間を誇るAK PA10で、Astell&Kernのアナログサウンドをいつでもどこでもお楽しみください。
  11. デザインコンセプト
    AK PA10のデザインコンセプトは「スロープ」です。Astell&Kernのアイデンティティを示す外観デザインで、パワフルな性能と人間工学に基づいた手になじむ優れたフィット感を描くイメージでデザインされています。
    加工された八角柱型のアルミ製本体に、斜めに傾斜した面をあしらいました。
    文字面はAstell&Kernのデザインアイデンティティを提示し、端末の滑りを防止します。
    ラバーパッドでフィット感を高めるユニボディデザインをプレーヤーに装着することで、プレーヤーにパーティングラインを見せないシームレスなデザインを実現しています。
    繊細な加工が施されたボリュームホイールは、本体に収納された1つのユニットで、操作部とボリューム識別部が別々になっています。これにより、ユーザーが不用意にボリュームホイールを操作することを防ぎ、現在の出力レベルを視覚的に確認しながら、同時にボリュームをコントロールすることができます。
    前面にゴムパッドを設けることで、オーディオプレーヤーとAK PA10を付属のゴムバンドで束ねた際に、動いたり振動したりすることなく一体化させることができます。
    Astell&Kernのロゴをイメージした3Dテクスチャーパターンを施し、高級感を演出しています。
    サイドスイッチにはインジケーターを採用し、各機能の設定を直感的に把握できるようにするとともに、AK PA10全体の堅牢で個性的なインダストリアルデザインに華を添えています。
    hoge画像 hoge画像

製品仕様


■ スペック
カラー Graphite Gray
本体素材 アルミニウム&シリコン
アナログ入力 アンバランス3.5mm 3極 / バランス4.4mm 5極
ヘッドホン出力 アンバランス3.5mm 3極 / バランス4.4mm 5極
最大入力 アンバランス2Vrms / バランス4Vrms
アウトプットレベル [低ゲイン] 2.1Vrms アンバランス / 4.2Vrms バランス(負荷無し)
[高ゲイン] 3.1Vrms アンバランス / 6.2Vrms バランス(負荷無し)
推奨ヘッドホンインピーダンス 16Ω ~ 300Ω
サイズ (W×H×D) 約73mm × 140mm × 23.3mm
重量 約325g
充電ポート USB Type-C
動作温度 0℃ ~ +40℃
周波数特性 [低ゲイン] ±0.2dB (20Hz~20kHz) アンバランス / ±0.2dB (20Hz~20kHz) バランス
[高ゲイン] ±0.06dB (20Hz~20kHz) アンバランス / ±0.06dB (20Hz~20kHz) バランス
S/N比 [低ゲイン] 111dB @ 1kHz, アンバランス / 115dB @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] 114dB @ 1kHz, アンバランス / 117dB @ 1kHz, バランス
クロストーク [低ゲイン] -83dB @ 1kHz, アンバランス / -110dB @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] -83dB @ 1kHz, アンバランス / -110dB @ 1kHz, バランス
THD+N [低ゲイン] 0.0045% @ 1kHz, アンバランス / 0.0015% @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] 0.0027% @ 1kHz, アンバランス / 0.0013% @ 1kHz, バランス
出力インピーダンス アンバランス3.5mm (1.1Ω) / バランス4.4mm (1.3Ω)
バッテリー 4,200mAh 3.8V リチウムポリマー
充電時間 約3時間 (9V/1.67A 急速充電) / 約4時間 (5V/2A 通常充電)
再生時間 約12時間 (アンバランス入力1Vrms / 低ゲイン / ボリューム30%)
付属品 ・USB Type-Cケーブル
・ラインケーブル(ケーブル長約10cm / 3.5mm3極 to 3.5mm3極)
・シリコンバンド×2
・クイックスタートガイド

商品詳細

Astell&Kern、ブランド初のアナログポータブルヘッドホンアンプ

Astell&Kern AK PA10

ヒーローイメージ

Astell&Kernは、音源をよりピュアな状態でユーザーへ届けるためにアンプ技術の研究開発を続けてきました。『AK PA10』は、これまで培ってきたアンプ回路設計技術のノウハウを最大限活用したClass-A(A級動作)アナログアンプを初めて導入したモデルです。

  1. トピック
    1:Astell&Kern初のClass-Aアナログアンプ搭載
    2:独自のTERATON ALPHAテクノロジーにより効率的な電源制御
    3:3段階設定のClass-Aカレントコントロール搭載
    4:2段階設定でバランス出力時最大6.2Vrmsのゲインコントロール搭載
    5:アンバランスとバランスを物理的に分離した4.4mm5極トゥルーバランス入出力搭載
    6:ハードウェア・クロスフィード機能搭載
    7:Astell&Kern独自のアナログボリューム搭載
    8:最大約12時間の連続使用が可能
    9:USB Type-C急速充電に対応
  2. Astell&Kern初のClass-Aアナログアンプ搭載
    AK PA10は、Astell&Kernがこれまで培ってきたアンプ回路設計技術のノウハウを最大限活用したClass-A(A級動作)アナログアンプを初めて導入したモデルです。A級アンプは、最も優れたリニア出力を持ち、歪みや欠陥のない信号を増幅することで、柔らかくて暖かい、自然な音を提供します。この特性から、音楽愛好家から最も支持されている増幅方式ですが、消費電力が大きく、ポータブルオーディオ機器では設計が非常に困難となります。AK PA10は、Astell&Kern独自の回路設計技術により、ノイズを除去しながら消費電力を抑え、出力を向上させることが可能となり、いつでもどこでもClass-Aアンプの素晴らしいサウンドを楽しめるよう特別に設計されています。
    hoge画像
  3. 独自のTERATON ALPHAテクノロジーにより効率的な電源制御
    Astell&Kernが開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」が組み込まれています。TERATON ALPHAは、効果的な電源ノイズの除去、効率的な電源管理、歪みの少ない増幅により、オーディオ出力インターフェースを通して原音に近いオーディオ再生を実現するAstell&Kernの究極のサウンドソリューションです。アーティストやプロデューサーが意図した原音に近い音を再生するために、数万時間に及ぶ継続的な研究開発から生まれたAstell&Kernの特許技術を搭載しています。優れたヘッドホンアンプは、安定した出力を実現するだけでなく、電源、ノイズ、信号遷移、回路構造など、全てのパーツが入念に設計され、ピュアで真のサウンド再生を実現します。
    AK PA10は、ポータブルなサイズでありながら、様々なヘッドホンやIEMとシームレスに接続でき、歪みのない超高音質を再生するAK Ultimate Sound SolutionであるTERATON ALPHAテクノロジーを追加し、さらに強化しました。AK PA10は、TERATON ALPHAのサウンドソリューションとして開発され、ピュアで濃厚なアナログサウンドを作り出します。
    hoge画像
  4. 3段階設定のClass-Aカレントコントロール搭載
    ヘッドホンアンプは、ヘッドホンをドライブするための必要な出力を得るためだけに設計されているわけではありません。AK PA10は、様々なヘッドホンやIEMに合わせて電流をコントロールし、より濃密で空間的なサウンドを再現できるようにしました。Class-Aアンプのカレント(電流)を3段階設定でコントロールすることで、電流値に対するA級アンプの特性を強調し、より力強いサウンドを作り出します。
    また、消費電力が大きいことによるバッテリー消耗の懸念についても、電流値のコントロールによって対応しました。3段階のカレントコントロールオプションにより、ヘッドホンやIEMの特性に合わせた音のディテールや濃密さの変更が可能です。AK PA10のClass-Aアンプが生み出す、リアルな質感の空間的なサウンドをお楽しみください。
    ※[Low] デフォルト / [Mid] +50mA / [High] +100mA
    hoge画像
  5. 2段階設定でバランス出力時
    最大6.2Vrmsのゲインコントロール搭載
    様々なヘッドホンやIEMで再生した際に、音楽の微妙なニュアンスまで引き出すためには、ヘッドホンをドライブする十分なアンプの出力が必要です。AK PA10は出力を変更する2段階のゲインコントロールを備えており、バランス出力に接続した場合、ハイゲイン時で最大6.2Vrmsの高出力に対応することができます。使用するヘッドホンやIEMのベストなサウンドを提供するゲインレベルを選択し、透明感のあるサウンドを楽しむことができます。AK PA10は、お使いのオーディオ機器が持っているポテンシャルを最大限に引き出します。
    ※[ローゲイン] アンバランス 2.1Vrms / バランス 4.2Vrms (無負荷)
    ※[ハイゲイン] アンバランス 3.1Vrms / バランス 6.2Vrms (無負荷)
    hoge画像
  6. アンバランスとバランスを物理的に分離した
    4.4mm5極トゥルーバランス入出力搭載
    ポータブルヘッドホンアンプの多くは、4.4mm5極バランス入力に対応しておらず、3.5mm3極アンバランス信号を4.4mm5極バランス信号に切り替えたりしています。しかし、このような入出力の組み合わせは、ソースデバイスの純粋なバランス出力を使用できず、移行プロセスで信号が失われることになります。
    そこでAK PA10は、ポータブルClass-Aアナログアンプとしては珍しい、4.4mm5極トゥルーバランス入出力をサポートし、高出力で鮮明な音の再生を可能にしました。また、3.5mm3極アンバランス入出力にも対応しているので、より多くの機器と組み合わせて使用することも可能です。音源ソースを最大限劣化させずに増幅して出力する為に、3.5mm入力時は3.5mm出力のみ、4.4mm入力時は4.4mm出力のみのトゥルー出力になっています。
    hoge画像
  7. ハードウェア・クロスフィード機能搭載
    左右のチャンネルが明確に分離したヘッドホン環境では、長時間のリスニングで耳の疲れが増すことがあります。クロスフィードをオンにした瞬間から、鮮明でありながら心地よいサウンド体験が始まります。クロスフィードは、片方のチャンネルのオリジナル信号の一部をミックスし、その信号を時間差で反対側のチャンネルに送り、音像を中央に定位させる機能です。これによりスピーカーで聴くような自然なサウンドを可能にします。AK PA10のクロスフィード機能は、デジタルソフトウェアではなく、ハードウェア回路設計によって実現されており、原音の音質を損なうことなく、よりシームレスで洗練されたクロスフィード効果を提供します。
    hoge画像
  8. Astell&Kern独自のアナログボリューム搭載
    AK PA10は、Class-A アナログアンプのサウンドをシームレスに再現する、Astell&Kern独自のアナログボリュームを搭載しています。また、クロスフィード、ボリューム、アンプなど、オーディオブロックごとに電源ICを分けて搭載しており、各オーディオICに最適な電力を供給することが可能です。DC-DC電源の干渉リップルノイズ(電源投入時に発生する波紋状のノイズ)を排除し、音と共に増幅されるノイズを最小限に抑えることができます。
    さらにノイズや電磁波がオーディオブロックに影響を与えないよう独自のシールド缶技術を適用し、アンバランス回路とバランス回路を物理的に分離する設計により、高出力ながらも低ノイズ、低歪化を実現させました。
    hoge画像
  9. 最大約12時間の連続使用が可能
    AK PA10の電源には4,200mAhのバッテリーを搭載。Astell&Kernならではの優れたバッテリーコントロールにより、Class-Aアンプながら最大約12時間の連続再生を実現しました。
    ※テスト条件:入力1Vrms、AK PA10ボリューム1時位置、ローゲイン基準
    ※連続再生時間の目安は、メーカーの試験結果に基づくものであり、ユーザー設定や入出力設定により異なる場合があります。
    hoge画像
  10. USB Type-C急速充電に対応
    USB Type-Cポートによる急速充電にも対応します。携帯性に優れながらも、クラストップレベルの再生時間を誇るAK PA10で、Astell&Kernのアナログサウンドをいつでもどこでもお楽しみください。
  11. デザインコンセプト
    AK PA10のデザインコンセプトは「スロープ」です。Astell&Kernのアイデンティティを示す外観デザインで、パワフルな性能と人間工学に基づいた手になじむ優れたフィット感を描くイメージでデザインされています。
    加工された八角柱型のアルミ製本体に、斜めに傾斜した面をあしらいました。
    文字面はAstell&Kernのデザインアイデンティティを提示し、端末の滑りを防止します。
    ラバーパッドでフィット感を高めるユニボディデザインをプレーヤーに装着することで、プレーヤーにパーティングラインを見せないシームレスなデザインを実現しています。
    繊細な加工が施されたボリュームホイールは、本体に収納された1つのユニットで、操作部とボリューム識別部が別々になっています。これにより、ユーザーが不用意にボリュームホイールを操作することを防ぎ、現在の出力レベルを視覚的に確認しながら、同時にボリュームをコントロールすることができます。
    前面にゴムパッドを設けることで、オーディオプレーヤーとAK PA10を付属のゴムバンドで束ねた際に、動いたり振動したりすることなく一体化させることができます。
    Astell&Kernのロゴをイメージした3Dテクスチャーパターンを施し、高級感を演出しています。
    サイドスイッチにはインジケーターを採用し、各機能の設定を直感的に把握できるようにするとともに、AK PA10全体の堅牢で個性的なインダストリアルデザインに華を添えています。
    hoge画像 hoge画像

製品仕様


■ スペック
カラー Graphite Gray
本体素材 アルミニウム&シリコン
アナログ入力 アンバランス3.5mm 3極 / バランス4.4mm 5極
ヘッドホン出力 アンバランス3.5mm 3極 / バランス4.4mm 5極
最大入力 アンバランス2Vrms / バランス4Vrms
アウトプットレベル [低ゲイン] 2.1Vrms アンバランス / 4.2Vrms バランス(負荷無し)
[高ゲイン] 3.1Vrms アンバランス / 6.2Vrms バランス(負荷無し)
推奨ヘッドホンインピーダンス 16Ω ~ 300Ω
サイズ (W×H×D) 約73mm × 140mm × 23.3mm
重量 約325g
充電ポート USB Type-C
動作温度 0℃ ~ +40℃
周波数特性 [低ゲイン] ±0.2dB (20Hz~20kHz) アンバランス / ±0.2dB (20Hz~20kHz) バランス
[高ゲイン] ±0.06dB (20Hz~20kHz) アンバランス / ±0.06dB (20Hz~20kHz) バランス
S/N比 [低ゲイン] 111dB @ 1kHz, アンバランス / 115dB @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] 114dB @ 1kHz, アンバランス / 117dB @ 1kHz, バランス
クロストーク [低ゲイン] -83dB @ 1kHz, アンバランス / -110dB @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] -83dB @ 1kHz, アンバランス / -110dB @ 1kHz, バランス
THD+N [低ゲイン] 0.0045% @ 1kHz, アンバランス / 0.0015% @ 1kHz, バランス
[高ゲイン] 0.0027% @ 1kHz, アンバランス / 0.0013% @ 1kHz, バランス
出力インピーダンス アンバランス3.5mm (1.1Ω) / バランス4.4mm (1.3Ω)
バッテリー 4,200mAh 3.8V リチウムポリマー
充電時間 約3時間 (9V/1.67A 急速充電) / 約4時間 (5V/2A 通常充電)
再生時間 約12時間 (アンバランス入力1Vrms / 低ゲイン / ボリューム30%)
付属品 ・USB Type-Cケーブル
・ラインケーブル(ケーブル長約10cm / 3.5mm3極 to 3.5mm3極)
・シリコンバンド×2
・クイックスタートガイド

満足度

4.5

音質

4.7

携帯性

3.6

バッテリー

4

拡張性

3.9

55人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

3.0

バッテリー

4.0

拡張性

4.0

アナログアンプデビュー

購入して1週間毎日使っています。
DAP単体で音楽を楽しんでいましたが様々なレビューを見てPA10がどうしても気になり思い切って購入しました。

DAPとの相性もあるとは思いますが低域がしっかりと底から出ていることで上下に広く感じられます。音圧のパワーが上がっているのに柔らかさもあることで、どんどん音量を上げていってしまうような感覚。音量小さめでも音の濃さなのか、耳にしっかり届きます。
ホワイトノイズがバランス接続では音楽流れていないと感じることがありますがシングルエンドではほとんど感じません。victorのfw10000を純正ケーブル3.5mmで聴いているので、個人的には大満足です。
思いきって飛び込んでよかったと思える製品でした!

続きを読む

bezon さん (2024/06/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

3.5

バッテリー

3.5

拡張性

4.0

おすすめはアンバランス。外でもヘッドホンを鳴らしたい方に

先月秋葉原で購入
主にSR35と接続して利用しています

SR35からのステップアップに、外でヘッドホン鳴らしたいという要望を叶えてくれます

おすすめとしては、20Ω以上のイヤホンをローゲインでじっくりと鳴らすか、ヘッドホンの利用です
特にSENNHEISER IE900やTruthear Hexaなどの音を格段に良くしてくれるので試してみてください

特に音の変化を感じるのはアンバランスで、このアンプのアンバランス接続でヘッドホンを鳴らすと「あれ?バランス接続って必要?」という程の分離感と音の広がりに驚かされます

全体的に音が変化すると言うよりは立体感が出ると行った変化をするイメージでよいかと思います
また、クロスフェード機能を使うと、定位が前方になり、スピーカーを正面においたような音質の変化が楽しめます
クロスフェードはクラシック・ライブ音源などで良い味変になると思います

あえて気になるところを上げれば、A級アンプモードの場合のバッテリーの減りは気になりますが、多少の問題があっても、買ってよかったと言えるアナログアンプです

なお、補足として、SR35のライン出力では、ボリュームをMAX150にするとかなり強めのノイズが出ます
PA10に限らず、アナログアンプには出力の調整が重要です

なお、SENNHEISER HD660S2でも
SR35 ライン出力 2V
ボリューム130
HighGain
で、ボリュームノブを半分程度で鳴りますので、ヘッドホンで出力が問題になるケースはなさそうです

続きを読む

kunpe さん (2024/06/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

1.0

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

鼓膜がくすぐられるような音

店舗での視聴レビューです。
再生環境:iPhone SE2→fiio KA3→AK PA10→final A3000(純正ケーブルでのアンバランス接続)

アンプっていってもKA3だってDACアンプだしそんなに変わるもの?と疑問に思っていました。ごめんなさい。
音が全体的に鮮明になり、特にボーカルの震えまで聞こえるようになり、良い意味で鳥肌がたちました。
final A3000は解像度より柔らかい音が特色のイヤホンと思っていましたが、柔らかさと鮮明さが同居してとても耳に心地よい音になりました。アンプは大事。学びました。

ただし携帯性はお察しです。厚い文庫本くらいの存在感があります。持ち運び可能なサイズではありますが、スマホやプレイヤーとの併用が前提である以上、小さな辞書を持ち運ぶような取り回しになりそうです。出先で使うとしたら、図書館やホテルなど腰を落ち着けられる場所になるでしょう。移動時の使用はなかなか気合が要りそうです。ポータブルとは。

とはいえ、自宅の好きな場所でのんびりしながら使うには支障はありません。不便さを克服できるであればぜひ手を出したい逸品だと思いました。

続きを読む

たいやき さん (2024/06/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

3.5

バッテリー

4.0

拡張性

3.5

ココ最近のポタアンでは1番

最近ではDAPの進化によりあまりポタアンが活躍する機会は減りましたが、このPA10はポタアンとしてとても良い活躍をしてくれます。普段使いのDAP,スマホを1ステージ上の音にあげてくれる感覚です。音もAKサウンドらしい音を鳴らし個人的には据え置き環境でも良いレベルでした。しかし重さや大きさ、厚さがある為DAP,スマホの重ね持ちは気軽には出来ないサイズ感です。
ポタアンとてもサイズ感はでかいものの音は一級品なので持ち運ぶ価値はあると思います。

続きを読む

もちもち231 さん (2024/06/04)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

3.0

バッテリー

4.0

拡張性

5.0

カーオーディオ接続

当方、基本的に車内でのみ音楽を聴くのでヘッドホンやイヤホンでの使用はしていません。

構成は、車両にハイエース使用でフロントドアのみデッドニング、ヘッドユニットにcarrozzeria DEH-970 3wayネットワークモード、外部アンプ無し、スピーカーはSOUNDSTREAM STL 65C Stealth サブウーファーにALPINE SWE-1500
スマホLGV60ThinQ 5GからAK PA10経由で出力。ヘッドユニットのEQはオフ。
音がクリアになり、1~2ランクアップした音質に変化した。ヘッドユニットのEQを入れるとあまり変化を感じられないので出力元で調整した方が良い。

続きを読む

イノウエ さん (2024/06/02)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

4.5

携帯性

2.5

バッテリー

3.0

拡張性

3.0

とても素直な優等生

R6 Pro Ⅱと接続して使ってました。とても綺麗な音で聞きやすくアンプの効果も確認しやすいと思います。残念な点は充電池が交換できないこと。アナログアンプはデジタル機器と異なり長期間所有しても技術の大きな変化はなく、可能であれば電池交換は自分でできるのが理想。各設定のスイッチがもう少しカッチリしていると良いと思う。

続きを読む

KONKON さん (2024/06/01)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0