• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Ultimate Ears

UE LIVE To-Go

生産終了品

Ultimate Ears

UE LIVE To-Go

  • 新品

¥219,800 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

2001180828093

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥94,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

2018/09/21

◎特徴

Ultimate ears To-Go
Ultimate ears To-Go シリーズは、2016年夏より発売していたUltimate earsのUniversal Fitシリーズをベースに、コネクターとケーブルを変更し、音質面と耐久性の向上を実現したシリーズです。また今回、UE6PRO、UE7PRO、UE11PRO、UE LIVEの4モデルが新たに加わりました。世界中に愛され続け、業界ではトップシェアの老舗ブランドUltimate earsの魅力を最大限に引き出すよう、ケーブルメーカー『estron』と共同開発をした独自コネクター「IPXコネクションシステム」と同社のSuper Baxを採用しています。

【独自のコネクションシステム】
IPXコネクションシステムは、estronと共同で製作された独自規格のコネクターです。特徴としては、非常に軽く、ウォータプルーフの規格IP67を認定されていますので、粉塵と水分の侵入を防いでくれます。従来のコネクターよりも耐汗性、耐候性を備え、ミュージシャンの厳しいツアー環境に耐えれるような設計がされてあります。ケーブルとコネクタ間は格段に耐久性があり、なおかつ、簡単にケーブル交換することを可能にしています。信頼性を大幅に向上させたこの新しいシステムは、数千回ものプラグの抜き刺しの実験に耐えることができます。

【新イヤホンケーブル】
付属ケーブルである銀メッキ銅リッツ線のUE SUPER BAXは以前の純正ケーブルに比べ、音の細かさと密度を上げてくれます。Ultimate earsイヤホン本体の音の特徴や方向性はそのままに、音質面のアップグレードを可能にしました。耐久性にも優れており、12ポンド(約4キロ)のバーベルを持ち上げるのに十分な強さを誇るケーブルです。また、軽量で透明なのでステージ上ではほとんど見えにくくなります。

【ハイブリッドモデル UE6PRO,UE LIVE】
2018年5月からカスタムIEMとしてオーダーが可能だったUE 6PRO,フラグシップUE LIVEもユニバーサルモデルとして仲間入り。どちらもBAドライバーとダイナミックドライバーを搭載したハイブリッドモデルです。臨場感のある低域をお楽しみください。

◎スペック

■ドライバー構成
・6×BA driver
・1×True Tone Plus driver
・1×6mm neodymium dynamic driver

・クロスオーバー:5WAY・クロスオーバー
・入力感度:105dB@1kHz,1mW
・再生周波数:5Hz-40kHz
・インピーダンス:10Ω@1kHz

商品詳細

2018/09/21

◎特徴

Ultimate ears To-Go
Ultimate ears To-Go シリーズは、2016年夏より発売していたUltimate earsのUniversal Fitシリーズをベースに、コネクターとケーブルを変更し、音質面と耐久性の向上を実現したシリーズです。また今回、UE6PRO、UE7PRO、UE11PRO、UE LIVEの4モデルが新たに加わりました。世界中に愛され続け、業界ではトップシェアの老舗ブランドUltimate earsの魅力を最大限に引き出すよう、ケーブルメーカー『estron』と共同開発をした独自コネクター「IPXコネクションシステム」と同社のSuper Baxを採用しています。

【独自のコネクションシステム】
IPXコネクションシステムは、estronと共同で製作された独自規格のコネクターです。特徴としては、非常に軽く、ウォータプルーフの規格IP67を認定されていますので、粉塵と水分の侵入を防いでくれます。従来のコネクターよりも耐汗性、耐候性を備え、ミュージシャンの厳しいツアー環境に耐えれるような設計がされてあります。ケーブルとコネクタ間は格段に耐久性があり、なおかつ、簡単にケーブル交換することを可能にしています。信頼性を大幅に向上させたこの新しいシステムは、数千回ものプラグの抜き刺しの実験に耐えることができます。

【新イヤホンケーブル】
付属ケーブルである銀メッキ銅リッツ線のUE SUPER BAXは以前の純正ケーブルに比べ、音の細かさと密度を上げてくれます。Ultimate earsイヤホン本体の音の特徴や方向性はそのままに、音質面のアップグレードを可能にしました。耐久性にも優れており、12ポンド(約4キロ)のバーベルを持ち上げるのに十分な強さを誇るケーブルです。また、軽量で透明なのでステージ上ではほとんど見えにくくなります。

【ハイブリッドモデル UE6PRO,UE LIVE】
2018年5月からカスタムIEMとしてオーダーが可能だったUE 6PRO,フラグシップUE LIVEもユニバーサルモデルとして仲間入り。どちらもBAドライバーとダイナミックドライバーを搭載したハイブリッドモデルです。臨場感のある低域をお楽しみください。

◎スペック

■ドライバー構成
・6×BA driver
・1×True Tone Plus driver
・1×6mm neodymium dynamic driver

・クロスオーバー:5WAY・クロスオーバー
・入力感度:105dB@1kHz,1mW
・再生周波数:5Hz-40kHz
・インピーダンス:10Ω@1kHz

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

31人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高解像度とダイナミックサウンドの融合!

Ultimate EarsのフラッグシップUE LIVE To-GoはダイナミックとBAのハイブリッドタイプです。

音質はまさに名前の通りどんな楽曲もまるでLIVE会場にいるような臨場感あるサウンドに変えてくれます。

最大の特徴はやはり広大な音場の広さと、その広い音場に隙間なく音が敷き詰められている情報量の多さにあります。

そこに加えてダイナミックドライバーによる深さがある低音が大きいLIVE会場の臨場感を表現してくれています。

ボーカルもしっかりセンターで主張してくれており、埋もれてしまう事はありません。



意識せずとも高音から低音までの全ての帯域におけるあらゆる音が鼓膜に飛び込んでくる感覚はやはりフラッグシップ機だなと感じさせます。

EMPIREのLegend Xに似た構成ですが、こちらのLIVEの方がより各々の音の分離感が強くクールな印象があります。



好みの差だとは思いますので是非人気のLegend Xと比較ご試聴してみて下さい!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2018/12/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

熱量を感じる再生音

DAPはFiio M15で標準ケーブルで聴いています。
まず印象的なのは、低音の量感がたっぷりあり、響きが豊かであることです。音全体に厚みがあり、迫力と音の広がりを感じられます。
一方中高音は解像感が高く情報量が多いと思います。低音のリズム帯はヴォーカルより後ろに位置しますが、後ろから被ってくる感じは若干あります。音場が広い分、空間的に余裕があり少し離れたところから音がこちらに迫ってきます。
熱量を感じる雰囲気で、個人的には、ロック、オーケストラ楽曲、ジャズ、などに向いていると感じます。
装着感は文句なし、標準ケーブルは細くてとても扱いやすいものです。
UE Reference Remasteredも所有していますが、うまく使い分けできています。

続きを読む

青パンダ さん (2021/09/12)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音の波に溺れる

カスタム試聴機でのレビューとなります。
UE liveの魅力は何と言っても中低域の情報量と解像度です、その名の通り、ライブ音源を聴くと鳥肌が立つ程リアルで迫力があります。
中音域の情報量がとにかく多く、全面に押し出してきます。
やはりモニター機ということもあり、ドライな音を鳴らします。
一音一音を追っていくような分析的な聴き方をするのもとても楽しいです。
全体にフォーカスを当てて聴くと、音の波に溺れるような充実感が味わえます。
音場が広く、分離感のある鳴り方をするので、ボーカル域に干渉することもなく、高域も刺さらない程度に存在感を主張してきます。
ライブ音源だけでなく、その他の音源も臨場感があり、迫力のあるサウンドで、音楽を楽しむにはもってこいではないでしょうか?
独自規格を採用しているのでリケーブルの選択肢が狭いですが、純正ケーブルでも十分すぎるほどの完成度です。
是非一度聴いてみてください。
試聴環境:DAP DX220MAX

続きを読む

なおち さん (2021/09/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

臨場感が素晴らしい

LIVE音源は言うまでも無く、通常の音源であっても引き込まれます。
曲によっては高音が若干刺さる時もありますが、それすらも気にならなくなるくらい良いです。
価格を考慮しなければ超おすすめです。

続きを読む

No3L さん (2020/12/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

まさにLIVE空間

2日前にカスタム版をオーダーしたばかりでまだ手元に届いていないので試聴機での感想になります。
エンパイヤーのlegend xと最後まで悩んでこちらにしました。
legend xの方がDドライバー2基搭載のため低域の深さ、音場の広さは上ですが、UE LIVEの方が分離感が強く生々しさがあり一つ一つの音が聞きやすい印象でした。
視聴して最初に感じたのは、広い空間の中にかなりの情報量があり360度立体的に音が飛び込んで来る感じでした。
まるでLIVE会場で聴いている感覚に陥りました。
低域から高域までかなり情報量が多いですが、やはり低域が強めに前に出てくる感じです。
低域が強いですが他の帯域の邪魔をせず迫力と生々しさが凄まじいです。
個人的はロックやメタル、バンド系の激しく責め立てる曲との相性が素晴らしいと思いました。
そしてLIVE音源を聴くと鳥肌が立ってしまうほどの再現力で感動しました。
値段は高いですが非常に凄い機種です。

続きを読む

みぞしゅう さん (2020/07/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

万能+Live

解像度も高く全体的にバランスが良い鳴りをするし、Live音源で特に強みを発揮できる機種。
その真価は試聴ではおそらく味わえない、購入して家でじっくりと様々な音源で確かめる必要があるだろう。
ちょろっと試聴しただけだとまぁまぁ値段もするしそれなりに良い音だけどこんなもんか…で済まされてしまう。
あと純正のケーブルが細くてちょっと怖い。

あと数年早く出ていれば無双できたかもしれないが、今では同価格帯やさらに上の価格帯にも非常に魅力的なイヤホンが多数出てきているので、これじゃないとダメだと思えるほどの強みがあるかは…正直悩ましい。
良くも悪くも「普通に良い音」のするイヤホンである。

続きを読む

Liz さん (2020/01/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

端的に言ってバケモン

(カスタム購入ですがこちらにレビューします)
初カスタムでした。最初からフラッグシップに行くスタイル。
今まで言われていた通り、LIVE音源との相性は非常に凄いです。そんでもって、LIVE音源を聞いた後に普通の曲を聴くと、なるほどとなりました。空間表現力が途轍もないんですね。かつ、その全てが高解像度で情報量多い。最初は「あれ、以外と普通の音?」と感じたものですが(まぁ、メイン用途はモニターですしそりゃそうなのですけど)、聞き込めば聞き込むほどその奥深さが分かってくるという感じでした。今では、エージングが進んだのか音の立体感がますます良くなってる感じです。
折角ならと現在は、独自規格のIPXコネクタtoMMCXメスの変換を製作してもらい、Crystal cable cantabileをつけてます。
正直、それまでメインだったアンドロメダが霞んでしまうほどの実力に……。ue liveの純正ケーブルですら低音に膜が張っていたと理解させられました……。Crystal cableはやばい……。

とは言いつつ、純正ケーブルもあの細さは中々にやばいです。耐久性はueが自信を持って大丈夫というのだから早々壊れるとは思いませんし、なによりもタッチノイズがない。ノンストレス。イェーイ。

この凄さは多分しっかり聞かないと分からない類のやつです。なので可能ならぜひ、視聴してみて下さいね。

続きを読む

竜造寺 さん (2019/12/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0