• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Noble Audio (ノーブルオーディオ)

FALCON ANC【NOB-FALCONANC-B】【無くなり次第終了!購入特典 SpinFit CP360-Fプレゼントキャンペーン!】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Noble Audio (ノーブルオーディオ)

FALCON ANC【NOB-FALCONANC-B】【無くなり次第終了!購入特典 SpinFit CP360-Fプレゼントキャンペーン!】

  • 新品

¥22,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314016192

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥5,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

ゆーきゃん

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

高級オーディオのノウハウが効いたノイキャンワイヤレス!

高級オーディオメーカーのイメージが強いNobel Audioですが、先に発売となった「FOKUS PRO」の”音質最優先設計”というコンセプトとは一転、ノイズキャンセリング、外音取り込みといった機能面重視型の完全ワイヤレスイヤホンが登場。我々専門店スタッフもワクワクしながらこの登場を待ちわびておりました。

ノイズキャンセリング搭載、完全ワイヤレスといえば帝王はAirPods Pro。今回はAirPods Proとの比較をメインにレビューいたします。


◆音質面
ウォームで若干低音が出気味なAirPods Proに対し、FALCON ANCは比較的フラット気味かつ元気のいい感じ。雑味もなくすっきりとしておりさすがNOBLEサウンドといった評価です。ノイズキャンセリングON/OFF状態で過度に音質が変わってしまうなどもなく、あくまでも高音質で聴いてもらいたいというメーカー努力を感じました。とにかく聴きやすさ抜群のチューニングになっております。

◆ノイズキャンセリング
効果が大きいAirPods Proに対し、FALCON ANCは若干効果は薄めといった具合。これは決して劣っているという評価ではなく程度の表現でしかありません。ノイズキャンセリングは効果が大きいとその分圧迫感で酔うといった方もいらっしゃいます。そういう意味ではまさに適度な効果と言いますか、十分な量感のノイズキャンセリングだと感じました。

◆装着感
AirPods Proと比較し筐体自体は大き目。ただ見た目以上に軽いため、重くて落ちてしまうということはないと思います。
結局耳に合うかどうかはそれぞれではありますし、比較してどちらが優れているかという評価は難しいなと思いました。


ざっくりと3カテゴリで比較いたしましたが、世界で最も売れているAirPods Proと比較しても購入検討必須な素晴らしいイヤホンです。

ケイティ

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

満を持してノイキャン搭載!

おすすめポイント

・張りのあるハツラツとしたサウンド!

・高級オーディオメーカーのなせる高解像なサウンド!

・自然で優しめなノイズキャンセリング!



「FALCON ANC」は、高級なイヤホンメーカーNoble Audio史上初のノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。


Noble Audioはこれまで、4種の完全ワイヤレスイヤホンを発売し、その音質や装着感の良さなどからどれも絶大な人気を誇っています。そんなブランドから満を持して登場したノイズキャンセリング対応イヤホンとあって期待が高まります。


同社の今までの完全ワイヤレスイヤホンで採用されていたイヤモニのような形状とは打って変わって、Airpodsのようないわゆる「うどん型」になりました。耳に入る部分自体は小さいので、装着しても圧迫感が少なかったです。


耳の中で固定するパーツ、イヤーフックの着けはずしが可能なので、お好みで運動時だけつけるといったこともできます。


ノイズキャンセリングは優しく自然なかかり方で、聴き疲れや音源への影響を考慮されているんだなぁと感じました。他社のノイズキャンセリングが強力といわれているものと比べると控えめですが、必要十分なレベルだと思います。


外音取り込みの自然さに驚かされました。一般的な他のイヤホンだと、外音取り込みをした際にビニールのカサカサする音などが気になったりするものもあるのですが、「FALCON ANC」では全く気になりませんでした。


音楽で試聴をしてみると、Noble Audioらしい張りのあるハッキリとしたサウンドで音の形が手に取るようにわかるような印象です。楽器や帯域ごとにしっかりと分離していて元気なキャラクターだと思います。音の余韻がしっかり残る感じがするので、生音系の楽曲にもばっちりあうと思います。

ノイキャンほしいけど強すぎるのは苦手、ノイキャン付きでもいい音がいいそんな方におすすめです。

試聴プレイヤー:Galaxy Note20 Ultra
試聴楽曲:billie eilish / bad guy
    :Maroon5 /Sugar

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

FALCONシリーズに待望のノイズキャンセリング搭載モデルが登場

Noble Audio FALCON ANC

ヒーローイメージ

どこでも最高の音楽体験、いつでも快適な音声品質
FALCON ANCに搭載されたアクティブノイズキャンセリングは、外音を効果的に取り込むフィードフォワード用マイクとイヤホン装着時の外耳道の反響を取り込むフィードバック用マイクを組み合わせたハイブリッド方式を採用。自然なノイズ抑制が可能で、長時間の利用に適した音の抑圧感の少なさが特長です。
さらに専用アプリで、ノイズキャンセルの効果を3段階で調整することも可能。

マイクの音質をチェック!

※ 50dB程度の騒音下でe☆イヤホンのスタッフが収録を行っています。
※ 使用環境によってマイクの集音の品質、感度は異なります。

  1. 主な特徴
    ・ANCも”いい音”。“Wizard”ジョン・モールトンによる、音質チューニング
    ・ノイズキャンセルの効果を調整できる、ハイブリッド方式のANC
    ・42kHzまでのワイドレンジ再生に対応する、10mm径「Dual-Layered Titanium Driver」搭載
    ・Snapdragon Sound対応。さらにSBC、AAC、aptX adaptive(24bit/96kHz)など、各種オーディオコーデックも。
    ・最新世代のQualcomm製SoC「QCC3056」搭載
    ・マルチポイント・マルチペアリング対応
    ・高い接続安定性を実現する「True Wireless Mirroring Technology」
    ・クリアな会話品質を実現する、aptX Voice対応
    ・ワークアウトにも最適、2種の脱落防止用イヤーフックを付属
    ・UIを一新。イコライザーやゲイン調整をはじめ各種設定やカスタマイズ機能など、大幅に機能を強化した専用アプリ
  2. “Wizard”ジョン・モールトンによるチューニング
    FALCON ANCを手掛けたジョン・モールトンは、聴覚学者であり聴覚専門医。そんな彼の卓越したチューニングによって、ANC有効時、ヒアスルー有効時、ANC無効時と、帯域バランスの変化を極力抑えた繊細な音づくりが施されています。
    hoge画像
  3. 42kHzまでのワイドレンジ再生に対応10mm径
    「Dual-Layered Titanium Driver」
    従来のFALCONシリーズよりも、大口径のドライバーを搭載することで、さらなる性能アップを達成。42kHzまでのワイドレンジ再生に対応する高性能ドライバーにより、ハイエンド・イヤホンメーカーならではの深く沈み込みながらレスポンスの良い低域、立体感のある中域、さらには高い解像度を誇る高域を、優れたバランスで実現。
    FALCONシリーズ最高性能が生み出す“音”が、ワイヤレスの音楽体験を変えていきます。
    hoge画像
  4. 上質な音楽体験をもたらす「Snapdragon Sound」
    さらに各種コーデックにも対応
    FALCON ANCは、音楽再生はもちろん音声通話やゲーミングサウンドなど全てを高品位化する、Qualcomm社の新たなオーディオプラットフォームである「Snapdragon Sound」に対応。あらゆるコンテンツを高音質かつ、低遅延でお楽しみ頂けるのもFALCON ANCの大きな進化のポイント。
    また、aptX Adaptive使用時 に24bit/96kHzのハイレゾ音源の再生に対応するほか、低遅延が要求されるコンテンツで自動的に遅延を抑えるaptX Adaptive Low Latencyモードに対応します。 「AAC」や「SBC」など、主要オーディオコーデックにももちろん対応しています。
    hoge画像
  5. 高い密閉度でノイズをアイソレーション
    ウレタン製イヤーピースを標準付属
    伸縮性のある付属のウレタン性のイヤーピース(S/M/Lサイズ)は、お客様一人ひとりの耳穴の中で適切にフィット。これにより、脱落を防ぐとともに、高い遮音性と密閉度を保つことができ、小さな音量でもしっかりと低音を聞き取ることができます。また、イヤーピース表面にはコーティング加工が施されており、高域も忠実に再現します。
    また、初回生産分にはSpinfit製TWS用イヤーピース「CP360-F」(米FCC認可済み医療グレードシリコン採用)も同梱。お客様の好みに応じて使い分けることができます。
    hoge画像
  6. 音楽だけでなく、通話品質も“いい音” aptX Voiceに対応
    FALCON ANCが対応している音声通話用のBluetoothコーデック「aptX Voice」は、32kHzの音声通話品質を提供することで音声通話体験を向上させ、お客様が非常にクリアな音声通話を体験できるように設計されています。
    近年増えつつあるビジネスシーンでのワイヤレスイヤホンの利用も、 FALCON ANCならクリアな通話品質で相手も自分もストレスなく綺麗に聞き取ることができます。
    hoge画像
  7. 複数デバイスとの接続可能。テレワークなどのビジネスシーンでも大活躍
    FALCON ANCは、Qualcomm製の最新世代チップ「QCC3056」を採用。低遅延・高音質の他にも、高い接続品質と高効率化を実現。
    また、複数のBluetooth機器を登録できるマルチペアリング、さらには複数デバイスとの同時接続に対応するマルチポイントにも対応。あらゆるシーンでシームレスにFALCON ANCをお使いいただくことが可能で、従来のFALCONシリーズに比べて格段に使いやすさが向上しました。
    hoge画像
  8. イヤホン形状を抜本的に見直すことで、通話性能と操作性を大幅に向上
    FALCON ANCの縦長の筐体の先端部分には「指向性マイク」が配置されており、使う方の声を拾いやすいように設計されています。
    また、カナル型でありながら従来のFALCONシリーズよりも、圧迫感の少ないつけ心地も特徴の一つ。開発時の筐体サンプル調査では、従来製品よりも長時間の使用が快適になったとの結果が得られました。
    さらに、イヤホン操作をタッチセンサーで行えるため、必要な機能への切り替えを瞬時に行うことができます。
    hoge画像
  9. 進化したヒアスルーで、移動中も運動中も、FALCON ANCを「Always On」
    外部の音を極めて自然に取り込めるヒアスルー機能を搭載。
    さらにFALCON ANCは、取り込む音のボリュームを「大」「中」「小」と3段階の中から選べるので、移動中、レジでのお会計時、または自宅など、利用シーンに応じて自在に使い分け可能です。
    さらに、形の異なる2タイプのイヤーフックも同梱。耳の形に応じて最適なものをお選び頂くことで、ランニングなど運動量の多いワークアウト時も、耳からの落下をしっかり防ぎながらBGM感覚で音楽を楽しめます。
    hoge画像
  10. 音楽が途切れにくい、新テクノロジー
    High Precision Connect Technology3
    FALCON ANCは、接続品質の点においてもさらに進化。 新テクノロジー「High Precision Connect Technology3」は、内蔵アンテナの位置調整などを行う事で、従来以上の電波強度を達成。音楽が途切れてしまうことの煩わしさを解消し、優れた接続安定性を実現しています。
    hoge画像
  11. 左右イヤホンどちらかのバッテリー片減り防止
    TrueWireless™ Mirroring対応
    左右のイヤホンへそれぞれデータを伝送する「TrueWireless Mirroring」に対応。「TrueWireless Mirroring」は、左右で一つのBluetoothアドレスを共有するため、ペアリングをする時には接続元デバイスには1つの接続先として表示され、一度ペアリングするだけでお使いいただけます。また、左右イヤホンのロールスワッピング機能にも対応し、バッテリーの片減りを防止。あらゆるスマートフォン・タブレットに対応しています。
    hoge画像
  12. ワイヤレス充電にも対応、小型のスタミナバッテリー搭載充電ケース
    イヤホン本体は、フル充電で約8.5時間の連続再生、付属の充電ケースを使用すれば、イヤホン4回分の充電が可能。さらには便利な無線充電にも対応しているため、充電もワイヤレスで行えます。スタイリッシュな外観ながらも、ユーザーの利便性を最大限に考慮して設計されています。

    ※音量60%時/約8.5時間 ※SBC接続時
    hoge画像
  13. ワークアウト時の汗や水濡れを気にせず使える、防水設計(IPX4)
    FALCON ANCは、IECの規格である「あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない」、IPX4対応。雨の日の水はねや、スポーツの際に汗をかいても、故障の心配なくお使い頂けます。
    hoge画像
  14. 万が一の紛失も安心 紛失補償サービス
    つい無くしてしまう事の多いワイヤレスイヤホン。FALCONシリーズは、紛失してしまった方も特別価格で新品と交換できる「紛失補償サービス」をご用意
    詳しくはこちら(FALCON ANC 損失安心補償サービス)

製品仕様


■ スペック
連続再生時間(音楽再生) 本体:8.5時間連続再生(音量60%)/6時間連続再生(音量100%)
ケース:4回本体充電可
充電時間 本体:約 2 時間
ケース:約 70 分
ドライバー構成 10mm径 Dual-Layered Titanium Driver
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth仕様 Bluetooth®5.2 / TrueWireless Mirroring対応 /マルチポイント・マルチペアリング対応
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
再生周波数帯域 メーカー情報なし
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 ・充電ケース
・ポーチ
・イヤーピース(ウレタン製:S/M/L)
・イヤーフック3種
・充電用USBケーブル(USB TYPE-C)
・クイックスタートガイド
チップセット Qualcomm QCC3056
アクティブノイズキャンセリング ハイブリッド方式/3段階調整
外音取り込み機能 3段階調整

商品詳細

FALCONシリーズに待望のノイズキャンセリング搭載モデルが登場

Noble Audio FALCON ANC

ヒーローイメージ

どこでも最高の音楽体験、いつでも快適な音声品質
FALCON ANCに搭載されたアクティブノイズキャンセリングは、外音を効果的に取り込むフィードフォワード用マイクとイヤホン装着時の外耳道の反響を取り込むフィードバック用マイクを組み合わせたハイブリッド方式を採用。自然なノイズ抑制が可能で、長時間の利用に適した音の抑圧感の少なさが特長です。
さらに専用アプリで、ノイズキャンセルの効果を3段階で調整することも可能。

マイクの音質をチェック!

※ 50dB程度の騒音下でe☆イヤホンのスタッフが収録を行っています。
※ 使用環境によってマイクの集音の品質、感度は異なります。

  1. 主な特徴
    ・ANCも”いい音”。“Wizard”ジョン・モールトンによる、音質チューニング
    ・ノイズキャンセルの効果を調整できる、ハイブリッド方式のANC
    ・42kHzまでのワイドレンジ再生に対応する、10mm径「Dual-Layered Titanium Driver」搭載
    ・Snapdragon Sound対応。さらにSBC、AAC、aptX adaptive(24bit/96kHz)など、各種オーディオコーデックも。
    ・最新世代のQualcomm製SoC「QCC3056」搭載
    ・マルチポイント・マルチペアリング対応
    ・高い接続安定性を実現する「True Wireless Mirroring Technology」
    ・クリアな会話品質を実現する、aptX Voice対応
    ・ワークアウトにも最適、2種の脱落防止用イヤーフックを付属
    ・UIを一新。イコライザーやゲイン調整をはじめ各種設定やカスタマイズ機能など、大幅に機能を強化した専用アプリ
  2. “Wizard”ジョン・モールトンによるチューニング
    FALCON ANCを手掛けたジョン・モールトンは、聴覚学者であり聴覚専門医。そんな彼の卓越したチューニングによって、ANC有効時、ヒアスルー有効時、ANC無効時と、帯域バランスの変化を極力抑えた繊細な音づくりが施されています。
    hoge画像
  3. 42kHzまでのワイドレンジ再生に対応10mm径
    「Dual-Layered Titanium Driver」
    従来のFALCONシリーズよりも、大口径のドライバーを搭載することで、さらなる性能アップを達成。42kHzまでのワイドレンジ再生に対応する高性能ドライバーにより、ハイエンド・イヤホンメーカーならではの深く沈み込みながらレスポンスの良い低域、立体感のある中域、さらには高い解像度を誇る高域を、優れたバランスで実現。
    FALCONシリーズ最高性能が生み出す“音”が、ワイヤレスの音楽体験を変えていきます。
    hoge画像
  4. 上質な音楽体験をもたらす「Snapdragon Sound」
    さらに各種コーデックにも対応
    FALCON ANCは、音楽再生はもちろん音声通話やゲーミングサウンドなど全てを高品位化する、Qualcomm社の新たなオーディオプラットフォームである「Snapdragon Sound」に対応。あらゆるコンテンツを高音質かつ、低遅延でお楽しみ頂けるのもFALCON ANCの大きな進化のポイント。
    また、aptX Adaptive使用時 に24bit/96kHzのハイレゾ音源の再生に対応するほか、低遅延が要求されるコンテンツで自動的に遅延を抑えるaptX Adaptive Low Latencyモードに対応します。 「AAC」や「SBC」など、主要オーディオコーデックにももちろん対応しています。
    hoge画像
  5. 高い密閉度でノイズをアイソレーション
    ウレタン製イヤーピースを標準付属
    伸縮性のある付属のウレタン性のイヤーピース(S/M/Lサイズ)は、お客様一人ひとりの耳穴の中で適切にフィット。これにより、脱落を防ぐとともに、高い遮音性と密閉度を保つことができ、小さな音量でもしっかりと低音を聞き取ることができます。また、イヤーピース表面にはコーティング加工が施されており、高域も忠実に再現します。
    また、初回生産分にはSpinfit製TWS用イヤーピース「CP360-F」(米FCC認可済み医療グレードシリコン採用)も同梱。お客様の好みに応じて使い分けることができます。
    hoge画像
  6. 音楽だけでなく、通話品質も“いい音” aptX Voiceに対応
    FALCON ANCが対応している音声通話用のBluetoothコーデック「aptX Voice」は、32kHzの音声通話品質を提供することで音声通話体験を向上させ、お客様が非常にクリアな音声通話を体験できるように設計されています。
    近年増えつつあるビジネスシーンでのワイヤレスイヤホンの利用も、 FALCON ANCならクリアな通話品質で相手も自分もストレスなく綺麗に聞き取ることができます。
    hoge画像
  7. 複数デバイスとの接続可能。テレワークなどのビジネスシーンでも大活躍
    FALCON ANCは、Qualcomm製の最新世代チップ「QCC3056」を採用。低遅延・高音質の他にも、高い接続品質と高効率化を実現。
    また、複数のBluetooth機器を登録できるマルチペアリング、さらには複数デバイスとの同時接続に対応するマルチポイントにも対応。あらゆるシーンでシームレスにFALCON ANCをお使いいただくことが可能で、従来のFALCONシリーズに比べて格段に使いやすさが向上しました。
    hoge画像
  8. イヤホン形状を抜本的に見直すことで、通話性能と操作性を大幅に向上
    FALCON ANCの縦長の筐体の先端部分には「指向性マイク」が配置されており、使う方の声を拾いやすいように設計されています。
    また、カナル型でありながら従来のFALCONシリーズよりも、圧迫感の少ないつけ心地も特徴の一つ。開発時の筐体サンプル調査では、従来製品よりも長時間の使用が快適になったとの結果が得られました。
    さらに、イヤホン操作をタッチセンサーで行えるため、必要な機能への切り替えを瞬時に行うことができます。
    hoge画像
  9. 進化したヒアスルーで、移動中も運動中も、FALCON ANCを「Always On」
    外部の音を極めて自然に取り込めるヒアスルー機能を搭載。
    さらにFALCON ANCは、取り込む音のボリュームを「大」「中」「小」と3段階の中から選べるので、移動中、レジでのお会計時、または自宅など、利用シーンに応じて自在に使い分け可能です。
    さらに、形の異なる2タイプのイヤーフックも同梱。耳の形に応じて最適なものをお選び頂くことで、ランニングなど運動量の多いワークアウト時も、耳からの落下をしっかり防ぎながらBGM感覚で音楽を楽しめます。
    hoge画像
  10. 音楽が途切れにくい、新テクノロジー
    High Precision Connect Technology3
    FALCON ANCは、接続品質の点においてもさらに進化。 新テクノロジー「High Precision Connect Technology3」は、内蔵アンテナの位置調整などを行う事で、従来以上の電波強度を達成。音楽が途切れてしまうことの煩わしさを解消し、優れた接続安定性を実現しています。
    hoge画像
  11. 左右イヤホンどちらかのバッテリー片減り防止
    TrueWireless™ Mirroring対応
    左右のイヤホンへそれぞれデータを伝送する「TrueWireless Mirroring」に対応。「TrueWireless Mirroring」は、左右で一つのBluetoothアドレスを共有するため、ペアリングをする時には接続元デバイスには1つの接続先として表示され、一度ペアリングするだけでお使いいただけます。また、左右イヤホンのロールスワッピング機能にも対応し、バッテリーの片減りを防止。あらゆるスマートフォン・タブレットに対応しています。
    hoge画像
  12. ワイヤレス充電にも対応、小型のスタミナバッテリー搭載充電ケース
    イヤホン本体は、フル充電で約8.5時間の連続再生、付属の充電ケースを使用すれば、イヤホン4回分の充電が可能。さらには便利な無線充電にも対応しているため、充電もワイヤレスで行えます。スタイリッシュな外観ながらも、ユーザーの利便性を最大限に考慮して設計されています。

    ※音量60%時/約8.5時間 ※SBC接続時
    hoge画像
  13. ワークアウト時の汗や水濡れを気にせず使える、防水設計(IPX4)
    FALCON ANCは、IECの規格である「あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない」、IPX4対応。雨の日の水はねや、スポーツの際に汗をかいても、故障の心配なくお使い頂けます。
    hoge画像
  14. 万が一の紛失も安心 紛失補償サービス
    つい無くしてしまう事の多いワイヤレスイヤホン。FALCONシリーズは、紛失してしまった方も特別価格で新品と交換できる「紛失補償サービス」をご用意
    詳しくはこちら(FALCON ANC 損失安心補償サービス)

製品仕様


■ スペック
連続再生時間(音楽再生) 本体:8.5時間連続再生(音量60%)/6時間連続再生(音量100%)
ケース:4回本体充電可
充電時間 本体:約 2 時間
ケース:約 70 分
ドライバー構成 10mm径 Dual-Layered Titanium Driver
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
Bluetooth仕様 Bluetooth®5.2 / TrueWireless Mirroring対応 /マルチポイント・マルチペアリング対応
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
再生周波数帯域 メーカー情報なし
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 ・充電ケース
・ポーチ
・イヤーピース(ウレタン製:S/M/L)
・イヤーフック3種
・充電用USBケーブル(USB TYPE-C)
・クイックスタートガイド
チップセット Qualcomm QCC3056
アクティブノイズキャンセリング ハイブリッド方式/3段階調整
外音取り込み機能 3段階調整

あなたにおすすめ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

3.5

高音の質

4.3

中音の質

4.2

低音の質

4.2

細やかさ

3.7

迫力

4.2

音場

4

遮音性

3.3

音漏耐性

3.8

3人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

見た目と装着感以外は完璧

タイトルの通り。
視聴して良いなとは思ったが見た目のせいで1ヶ月以上購入を躊躇って他のイヤホンを購入したが、最終的に他もあるからと安心して購入した。

音に関して最大の良さは音場の広さ。
まるでヘッドホンのような広さを感じる。

購入したては低音がボワついていたし少し量多めだったが、しばらくしたらちょうど良くなった。
(耳エージング?)

続きを読む

ひろ さん (2022/07/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

2.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

3.5

細やかさ

3.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.5

イヤホンの質はいいのだが

他に良い点は色々調べたらあると思うので、不満点を中心にレビューします。
良い点は接続性についてはいいかと思います。体感、満員電車など人が多いところでも音飛びは起きにくい気がします。
不満点として、ノイズキャンセリングをオンにしていると常にノイズが入ってくることです。特に無音や音が小さいときにはっきりとノイズが聞こえます。ノイズキャンセリングを売りにしているのに逆にノイズが入るようでは本末転倒。これだったらテクニカやソニーのほうがマシです。
ノイズキャンセリングならそもそも他のイヤホンでいいやってなりますし、正直買って後悔しました。

続きを読む

かなすけ さん (2022/05/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.0

音場

3.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

自分の求めていた環境での使用では及第点

結論としては「ま、いいんじゃね?」

音質はFokusProで今のところ完結。
後は気軽にiPhoneに接続して外音取込みができるやつ。
2台同時接続できればなお良し。
#ちなみにFokusProはaptX Adaptiveのためだけにandroid888スマホ購入(笑
#最近はやっと対応したUBSトランスミッター出てきたみたいで少し悔しい

となればAACでも何とか聞けるやつを探すけど、どうしても輪郭ボケるし高域でない。。
devialet gemini手放さなければ良かったんだけど、大体4時間程度で電池なくなるし、
ずいぶん安くなったとはいえさすがに高い・・・

で、Noble好きの私はこちらを購入。(有線もKaiser10のCIEMを主に使用)
60時間程度Adaptiveの環境でエージング。

以下はAAC接続での話。あくまで個人的意見。
・解像度はDD一発としては満足いくレベル。
・多分NobleはノイズキャンセルONで調整してる?と思うぐらい低域は充分。
 というか少し多いぐらい。
・高域は文句はないかな。42kHzってバカみたいだけど、特にDDに多い、
 16kHzの可聴域からの極端な出力の落ち込みが無いことを指していると思ってる。
 要は20kHzまではフラットに出力できますよってことだと思ってるんで、
 普通の~20kHzまでの記載DDで聞いてる方にはキツイかもしれない。
・総合音質的には私が求めてた気軽な利用をクリアしました。

ただし。
ノイズキャンセリングは「は?」って感じ。静寂にはほど遠い。
ONとOFFは聞き比べると「あーーーーーーーーーー」ってぐらい。
どうも全域を積極的に消しに行ってる感じではない。
ANCを期待してる方は別の製品を探すべき。
外音取込みも充分だけど自然とは言いずらいかな。私は良いけど。

後は充電BOXから取り出すと必ずANC-ONです。

ご参考までに。
あ、決して悪い製品ではないと思いますよ。ANC以外は。

続きを読む

らごらん さん (2022/05/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1