• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Acoustune (アコースチューン)

AEX50イヤーチップ 2ペア

  • 新品

¥1,660 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571512250420 ~ 4571512250468

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥0

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

わか

@e☆イヤホン

イヤホンが頻繁に耳から落ちてしまって困っている方にオススメなイヤーピース

「acoustune AEX50イヤーチップ」は装着感の良さと中高音域の響きが特徴的なイヤーピースです。

イヤーピースを使用してまず気付くのは、楕円形の特徴的な形状によるフィット感の良さです。
イヤーピースと耳が直接触れる面積が大きいため、軽めの装着感でありながらも、頭を軽く動かしてもズレそうな感じはありませんでした。
若干大きめのサイズのイヤーピースを選んであげることがオススメです。大きめのイヤーピースを奥まで差し込まずに耳の穴の入り口付近においてあげることで、遮音性と軽い装着感を両立できると思いますので是非お試しください!

音質変化に関しては、中高音域のノビや響きが増す印象でした。
低音域に関しては少し量感が減る印象ではありますが、イヤホンの元々のバランスを崩すレベルでは無いと感じました。

サイズが5サイズ展開されておりますので、是非店頭で試着していただくことをオススメします!


試聴環境
iPhone 11→MOONDROP Quarks(Apple 純正変換アダプタ使用)→acoustune AEX50イヤーチップ

試聴楽曲
NiziU - Chopstick
吉田凜音 - ASUNAROU

かやちゃん

@e☆イヤホン 秋葉原店

独特な装着感がたまりません…!

Acoustuneのハイエンドイヤホン「 HS2000MX SHO-笙-」付属のイヤーピースが単品で登場です!

何と言っても特徴的なのは「ダブルウィング形状」でしょう。耳の入り口付近でピタッとフィットするようになっているので、装着感は非常に良好です。また、採用している素材は人肌に合いやすいものになっています。長時間着けてても痛くなりにくそうです。

音は明瞭感のある中高音がスッと伸びてくれるのでとても聴き心地が良いです。低域は少しタイトになった印象を受けました。普通のイヤーピースとは一味違います!是非試してみてください!

試聴環境
イヤホン:SE846

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

イヤホン開発で得たノウハウをふんだんに投入

acoustune AEX50イヤーチップ

新イヤーチップ『AEX50』は Acoustune 製フラッグシップイヤホン HS2000MX SHO笙-の開発用リファンレンスとしても使用され、イヤホン開発で得たノウハウをふんだんに投入し、素材選定、形状、サイズ設定しています。AEX50 には日本の SMP テクノロジーズ社の SMP iFit®素材を採用し、生体適合性の高い素材のため装着時の違和感も少なくなっています。また形状回復性、固定性に優れるため安定した装着感が得られます。

  1. 独自形状ダブルウィング形状を採用
    広いウィング部分は外耳道入り口付近の肌に通常タイプのイヤーチップより広い面積で密着。また素材のもつ装着時の形状を維持する特性と相まって外耳道入り口付近で耳にぴったりとフィットするため奥まで挿入する必要がなく、違和感を感じにくくなります。
  2. SMP テクノロジーズ社製形状記憶ポリマー『SMP iFit®』採用
    日本の SMP テクノロジーズ社の SMP iFit®素材を採用し、生体適合性の高い素材のため装着時の違和感も少なくなっています。また形状回復性、固定性に優れるため安定した装着感が得られます。
  3. データ蓄積によるサイズ設定
    イヤホン開発なら並びにカスタムフィットインターシェル ST1000、ST300 で得た知見を活かし、サイズを設定。XS/S/M/L/XL の全5サイズを用意いたしました。パッケージには同一サイズが 2 ペア収納されるパッケージ構成となっています。
    hoge画像

商品詳細

イヤホン開発で得たノウハウをふんだんに投入

acoustune AEX50イヤーチップ

新イヤーチップ『AEX50』は Acoustune 製フラッグシップイヤホン HS2000MX SHO笙-の開発用リファンレンスとしても使用され、イヤホン開発で得たノウハウをふんだんに投入し、素材選定、形状、サイズ設定しています。AEX50 には日本の SMP テクノロジーズ社の SMP iFit®素材を採用し、生体適合性の高い素材のため装着時の違和感も少なくなっています。また形状回復性、固定性に優れるため安定した装着感が得られます。

  1. 独自形状ダブルウィング形状を採用
    広いウィング部分は外耳道入り口付近の肌に通常タイプのイヤーチップより広い面積で密着。また素材のもつ装着時の形状を維持する特性と相まって外耳道入り口付近で耳にぴったりとフィットするため奥まで挿入する必要がなく、違和感を感じにくくなります。
  2. SMP テクノロジーズ社製形状記憶ポリマー『SMP iFit®』採用
    日本の SMP テクノロジーズ社の SMP iFit®素材を採用し、生体適合性の高い素材のため装着時の違和感も少なくなっています。また形状回復性、固定性に優れるため安定した装着感が得られます。
  3. データ蓄積によるサイズ設定
    イヤホン開発なら並びにカスタムフィットインターシェル ST1000、ST300 で得た知見を活かし、サイズを設定。XS/S/M/L/XL の全5サイズを用意いたしました。パッケージには同一サイズが 2 ペア収納されるパッケージ構成となっています。
    hoge画像

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

12人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

サイズ:Lサイズ

羽付きイヤピ

<特徴まとめ>
・ウィング(ヒレにしか見えないが「ヒレ」と呼ぶと怒られそうなので以降もウィングと呼ぶ)がついた特殊形状イヤピ 耳介に沿うように蓋をする感じの浅型フィットのタイプ 深いところでのフィットは難しい
・接触面積が他のイヤピに比べ非常に広く、浅型ながらフィット感がとても高く圧迫感も小さい ホールド性もかなり高く、重い金属筐体イヤホンや大型TWSでもしっかりホールドする SMP iFit素材の恩恵もあって耳あたりも優しく、装着感の良さはイヤピ界トップクラス
・音質はクリアネスが際立つナチュラルな爽やか系 個人的に他イヤピで一番音質が近いと思ったのがePro audioのHorn-shaped Tipsで、それを僅かにクール系に寄せた印象 「春風」のように寒に寄りすぎない、だけどぬるくて怠い感じも全くないのがポイントで、音的にはかなりの優等生 色味も少ないので、イヤホンそのものの音を活かしたい方にオススメ 見通しのよい音なので、壁鳴り感を抑えるのにも向く(音場が広くなったように感じられる)
・完全無味のHorn-shaped Tipsほどではないが色味がかなり少なく、音のリッチ感が弱く感じられる可能性がある 楽曲の持つ情報量を引き出して勝負するという男気溢れるイヤピで、高級機のような厚くて濃い音には仕立ててくれない 音の濃さ・厚みとクリアネスを両立したいならJVCのスパイラルドットの方が適しているように思う
・浅型フィットのためか若干遮音性が低くなりやすい 小さいサイズでも形状的に深く挿し込んでフィットさせるのは困難なため注意が必要
・ウィングがついてるせいで軸まわりでアシンメトリーな形状をしており、イヤピの姿勢角がフィット感に影響してしまう そのため自分なりに一番フィットする姿勢を探す必要がある 大体の姿勢は他の方のレビューで述べられているので、それを基準に微調整してみるとよい
・まさかのイヤピケースが付属 これだけでも高級イヤピとしての品が出てくるのはなぜだろう
・イヤピとしてはかなり高額、といいたいが今となっては中堅程度 このイヤピに目を付ける方の多くはそこまで高いと思わない価格かも


<総評>
ウィングがついた変な形のイヤピ しかしそのポテンシャルは非常に高く、浅型フィットイヤピとしては最高と言ってもいい完成度を誇る 音についても、高いクリアネスを持ちつつ癖もほぼないので使いやすいが、同時に肉付けもほぼない それゆえに他イヤピからの交換により音が薄くなる危険性がある、ということを念頭に置いておくべき 言い換えれば、イヤホンの素の音を聴きたいならこのイヤピを音質面で選択する価値は大いにある

続きを読む

tsurikinoko さん (2023/01/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

サイズ:Mサイズ

一度ハマれば全然ズレない

ウィングがついたちょっと変わったイヤーピースです。最初は耳にはめるのがめっちゃ難しいです。一度ポジションとイヤピの向きが決まれば最高です。ウィングがあることによってズレにとても強く、今までの通常のイヤピ以上に安定感とフィット感があります。筐体は重めのイヤホンなどにもこのイヤピは使えます。耳に接するイヤピの面積が多く、耳への負担が少ないのですごい快適です。ただ、ウィングがあることによって他のイヤピと同一のサイズのままで良いかどうかわからないので、一度試しに付けてみてからの購入がいいと思います。

続きを読む

Kozu さん (2023/01/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

1.0

USER REVIEW

サイズ:XLサイズ

0点か100点か

耳奥まで突っ込みたい人には向いていない。
低音をクッキリと聴きたい人には向いていない。
耳のなるべく外側で遮音したい人には向いている。
こんな感じ。

TWSに装着する場合はケースとの干渉問題があるので要注意。

続きを読む

T さん (2022/12/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

サイズ:XLサイズ

イヤホンも耳も選ぶ。

独特な形状だったので、試しに買ってみました。
かなり柔らかいイヤーピースなので、イヤホンによってはノズルからすっぽ抜けることがありました。

装着感はとてもよく、低域が出やすいと感じます。

続きを読む

うましお さん (2022/12/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

サイズ:XLサイズ

雨の日に高域音をキレイに出力するための専用機

愛機Hyla Sardaに,色々なイヤピースを付け替えて遊んでいます。

Hyla Sardaは迫力ある低域音と抜けるような高域音が特徴的ですが,他の高級オーディオの例に漏れず,雨の日や湿度の高い日には影響を受けてしまい,高域音がこもって聞こえてしまいます。

そんなときは,本機が活躍する場面です。視聴時はデザインも着け心地も好みではなく,低域音の迫力も弱くて今ひとつという印象でしたが,高域は非常にスッキリとした抜けが特徴でした。これが,湿度の高い環境で大いに威力を発揮してくれます。「雨の日は音が楽しくない」と思っていましたが,本機を介することで,こもりのない高域音とそれなりの低域音を鳴らすことが出来,本当に助かっています。

無論,晴れている日は低域音がしっかりと鳴るAzla Xelastecなどをチョイスしますが,雨の日が多く湿度も高い我が国で音楽を楽しむためには,カバンの中に常に携帯すべきイヤピースの一つと思います。

続きを読む

やきそばぱん さん (2022/08/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

サイズ:Mサイズ

これは驚きました

Mサイズを購入。
以下のイヤホンで使用しました。
・FokusPro
・PI7
・Gemini
総合的に、「すごいな、これ」という感想です。
基本的に『サウンドステージを広げるイヤピ』という印象です。
以下感想は、JPOP、クラシック、JAZZで試したものです。

【Fokus Pro】
◎分かりやすい変化
■いい点
・より音に包まれる印象になる
・音がマイルドになる
■気になる点
・音が若干遠くなる
・曲によっては低音が若干ボワつく
◎感想
「高密度で多情報な音」、「とても近いボーカル」、「明瞭な定位置」、「高中低の明瞭なメリハリ」
がFokusProの特徴だと個人的に理解しているところです。
上記特徴はサウンドステージ狭めなライブハウス空間といったところで、ボーカル曲がとても活きるチューニングですが、このイヤピでサウンドステージが広がり、ライブハウスからドームライブといった感じに変化を感じました。
それにより音がマイルドになり攻撃的な音が少し優しくなります。これを良しとするかは人それぞれかと思いますが、私はアリだと思いました。密度が高いのにサウンドステージが広め、というのは初めての体験です。
ただ、その影響で若干音が遠くに感じられます。圧を感じたい方はちょっと物足りなくなるかも。圧は若干低くなりますが、迫力は変わらずです。
私はFokusProはこのイヤピ固定で行こうと思います。

【PI7】
◎分かりやすい変化
■いい点
・より音が響くようになった
・従来の音の遠さをあまり感じなくなった
■気になる点
・イヤピ装着のままケースにしまえない
◎感想
PI7の不満点としてよく挙げられる「音が遠い」「スピーカーを聞いている感じ」という特徴がある程度改善されたと個人的には感じました。
サウンドステージの広大さ故の、この不満点だと思うのですが、このイヤピでその印象が変わります。『ステージを広げるイヤピ』をつけると更に音が遠くなるか?と思いましたが、そうではなく、より響くようになりました。「高音質スピーカーを自宅で聞いてる」という従来のPI7のイメージが、「音響のいいコンサートホールで音に包まれている」というイメージになりました。PI7の印象がガラッと変わります。広大さは残しつつ、スピーカーの音から生の音に変わります。

【Gemini】
◎分かりやすい変化
■いい点
・音に包まれる印象になる
・中高音がより響くようになった
■気になる点
・イヤピ装着のままケースにしまえない
・曲によっては低音が若干ボワつく
◎感想
FokusProを購入するまで、私の中では不動のNo.1TWSでした。No.2になった理由は、密度と情報量が圧倒的にFokusProが上だったことです。チューニングの方向性が類似しているように感じたので、もう必要ないか?とまで思っていたんですが、このイヤピで思いとどまりました。
Geminiってこんなにサウンドステージ広かったっけ?というのが最初に感じたことです。密度と情報量で負けている分、FokusProに比べて低音の圧が低いと感じていたんですが、そうではなく、FokusProに勝るバランスがあることにこのイヤピで気がつきました。サウンドステージがグンと広がることで、低いと思っていた圧がちょうど良くなり、ガラッと印象を変えるほどのバランスになりました。「ライブハウス規模で四重奏のクラシックを聞いている」といったイメージが、「
ちょっと広めのコンサートホールでオーケストラを聞いている」というイメージに変化しました。

総括としては、このイヤピは買いだと思います。
密度・情報量・圧が優先されがちなTWSの「サウンドステージ」という課題を大幅に改善することを実現できていると感じました。

続きを読む

suke さん (2022/05/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1