• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

Tipsy (ティプシー)

TTROMSO

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

Tipsy (ティプシー)

TTROMSO

  • 新品

¥12,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4589883360549

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥4,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

SU

@e☆イヤホン 名古屋大須店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

軽く、弾むようで心地の良い”生”の音を


一言で表すなら自分のために演奏された音を聴いている感覚を自分好みに味わうことができるイヤホンです。

もともとTipsyがカスタムIEMメーカーだということがわかるような耳に気持ちよく収まる形状のハウジング。

そのカラーリングは深い青をベースに草木をイメージした緑の差し色が入っており宇宙から見た地球のようなナチュラルなデザインになっています。

そんな見た目通り、音質もとてもナチュラル。
ベースの深い響きやドラムのハイハットをしっかりと表現し、近い位置で歌うボーカルの声に思わずうっとりしてしまいます!

面白いのはケーブルの性能をよく反映してくれるイヤホンなこと。今回試聴で試したIoliteは更に楽器達の存在感が増し、自然だけど鮮烈な音に。他のケーブルでもどんな変化をするか楽しみになるイヤホンです。

アコースティックサウンドが特に相性のいいイヤホンではないかなと感じました。

最初の一本として選ぶ。ケーブルと合わせて選ぶ。
様々な方におすすめできるイヤホンです。
ご来店の際は是非お試しください!


【試聴環境】iPhone13
      e☆イヤホン・ラボ Iolite CIEM2Pin-3.5mm(イヤーループ仕様)120cm
      水月雨(MOONDROP) 清泉-Spring Tips
【試聴音源】ディアブレイブ/鹿乃

みくぺ

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

ダイナミックさと繊細さを併せ持つ1本!

パワフルで生々しく、ライブ感が味わえるサウンドです。どの音域も鮮明に明るく音を奏でてくれます。

濁りの無いクリアなボーカルはまろやかで、1音1音聴き取りやすく、見晴らしも良くすっきりとしています。
生々しく甘めな歌声は密度もしっかりとしていて男性ボーカル、女性ボーカルともに気持ちよくお聴きいただけます( ˙꒳˙ )

高域は分離感がよく、スピード感を感じられる真っ直ぐで音抜けの良いサウンドです。金属音は解像度が高く、残響音の粒立ちを細かく繊細に響いてくれます。

弦楽器はブライトで瑞々しいサウンドです。ギターのカッティングは歯切れがよく、ストリングは抑揚もあり迫力が感じられます◎

スピード感、アタック感があるので疾走感のある楽曲や、分離感が良いので音数の多い楽曲も大渋滞にならず全体の音を楽しめてオススメです!

Tipsyといえばブランドを特徴づける独特な低音「Tipsy Bass」。「TTROMSO」の低域も特徴的。安定感もたっぷりです。

特にみくぺが一番推しているのは、暴れるけれど優しいベースラインです。粒立ちがプリっと弾力がありイキイキとしていて、下からどっしりと量感たっぷりに曲を持ち上げてくれます。全体的に線が太く輪郭もはっきりとしていて、バスドラムは余韻たっぷりで音抜けもよいのでスピード感のある中高域とばっちりバランスが取れています。

ぜひ活き活きとした臨場感溢れるサウンドをぜひお試ししていただきたいです(∩´ ᵕ `∩)

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Tipsy TTROMSO

2019年に発売されたDunmerおよびDunmerのモディファイバージョンのDunmerS、DunmerにBAドライバーを追加したDunmer Pro、1BA搭載のエントリモデルBLUEAURORAがロングセラーとなっているTipsyの新作になります。

  1. 特徴
    1DDのシンプルな構成を中心にTipsyブランド展開しておりましたが、今作も1DD構成とし、12mmの大型ダイナミックドライバーと液晶ポリマー・ダイアフラムの組み合わせによりその圧倒的な解像度を手に入れました。Tipsy Bassとも言える絶妙な低音はそのままに、中高域の解像度をさらに高めました。またデザインも非常にビビットなノルディックイメージでTipsyのブランドを体現しています。また2PINのリケーブル対応ですが、筐体のポテンシャルが高くリケーブルによって様々なニーズに対応できます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 1DD 12mm ダイナミック・ドライバー 液晶ポリマーダイアフラム搭載
インピーダンス 24 Ohm @ 1 kHz
音圧感度 109±3db @ 1 kHz
再生周波数帯域 20Hz-20000Hz
ケーブル仕様 2core 単結晶銅+シルバープレイテッド 0.78 /2Pinインターフェース
本体重量 メーカー情報なし
付属品 ・イヤピース(S、M、L)各1ペア/フォームタイプ1ペア
・キャリングポーチ(初回生産分のみアロマ・タブレット付属)

商品詳細

Tipsy TTROMSO

2019年に発売されたDunmerおよびDunmerのモディファイバージョンのDunmerS、DunmerにBAドライバーを追加したDunmer Pro、1BA搭載のエントリモデルBLUEAURORAがロングセラーとなっているTipsyの新作になります。

  1. 特徴
    1DDのシンプルな構成を中心にTipsyブランド展開しておりましたが、今作も1DD構成とし、12mmの大型ダイナミックドライバーと液晶ポリマー・ダイアフラムの組み合わせによりその圧倒的な解像度を手に入れました。Tipsy Bassとも言える絶妙な低音はそのままに、中高域の解像度をさらに高めました。またデザインも非常にビビットなノルディックイメージでTipsyのブランドを体現しています。また2PINのリケーブル対応ですが、筐体のポテンシャルが高くリケーブルによって様々なニーズに対応できます。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 1DD 12mm ダイナミック・ドライバー 液晶ポリマーダイアフラム搭載
インピーダンス 24 Ohm @ 1 kHz
音圧感度 109±3db @ 1 kHz
再生周波数帯域 20Hz-20000Hz
ケーブル仕様 2core 単結晶銅+シルバープレイテッド 0.78 /2Pinインターフェース
本体重量 メーカー情報なし
付属品 ・イヤピース(S、M、L)各1ペア/フォームタイプ1ペア
・キャリングポーチ(初回生産分のみアロマ・タブレット付属)

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4

中音の質

3.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4

音場

3.5

遮音性

3

音漏耐性

3.5

1人のお客様がレビューしています。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

3.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.5

見た目と違って上品さはないがかなり優秀

視聴環境:Shanling M3X
【付属品について】
この価格帯では標準的なラインナップ。汚れをふき取るクロスがあるのは良いと思う。期間限定でついてきた芳香剤のにおいがめっちゃ良い(イヤホンには関係ない)
【装着感について】
イヤーピースを合わせれば耳にすっぽり収まる。耳掛けなので装着感はいい方。
【見た目について】
写真よりも落ち着いた色味。

【音について】
 初めに断っておきますが、このイヤホンは上品!といった感じではありません。見た目がかなり落ち着いているので音質も...と思いがちですが、そんなことはありませんでした。(視聴した際にかなり驚きました)

と、批判的に入りましたがこのイヤホンはとても優秀です。曲のうまみを引き立てて音楽そのものを楽しめるように演出してくれます。
 まず聴いてみて目立つのは低域です。メーカーのtipsyさんは"tipsy bass"と呼ばれるほど低音が有名なようですが、実際本当に上質で量感のある低音を聴かせてくれます。バスドラムやベースの音がお互いにつぶしあうことなく一緒に鳴ってくれます。強調の仕方もとてもうまいと思いました。
 次に中音域ですが、ここは特に強調もなく普通です。低域が強い分普段より少し音量を上げないと中音域の良さに気づくことができませんが、じっくり聴くとかなり細かいことがわかります。他の1万円台のものと比べても普通かなぁ..ぐらいです。
 最後に高音域ですが、かなり良いと思いました。ウォーム傾向の高域なので、流石に派手さや細やかさでは他の寒色イヤホンに軍配が上がるとは思います。しかし、低域に上手く合わさるような上質さがあり、引き締まっていて定位がわかりやすいです。

 まとめると、「暖色系統で中高域は解像度重視で忠実に、低音は質感と量感にこだわりました。」という感じです。
付属品・見た目・音と堅実に良好でコスパも優れています。
最近はモニターなどのバランス重視の機種が盛り上がっていますが、聴き手の大好きな曲を引き立てるこのイヤホンも(店頭に行く機会があれば)ぜひ視聴してみてください。

続きを読む

よっしー さん (2022/03/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5