• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

FIIO (フィーオ)

BTR15

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

FIIO (フィーオ)

BTR15

  • 新品

¥19,800 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314018059 ~ 4562314018080

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥11,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

つのっち

@e☆イヤホン仙台駅前店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

明瞭で硬質なサウンド

FIIO「BTR15」は有線イヤホンをコンパクトな環境で外に持ち出したい人にオススメしたいBlutoothレシーバーです。通常のイヤホンジャックだけでなく4.4mmバランス接続にも対応しているので、初めての有線イヤホンに合わせる入門機としてもピッタリだと思います。

本体形状は角の取れたデザインで手に取ると馴染みがよく、ポケットに入れた際も角が当たらず快適に持ち運べます。

音質は本体デザインとは打って変わって、輪郭のハッキリとした硬質な印象です。分離感に優れ音数の多い楽曲でも隅々まで気持ち良く聴くことができ、特にEDMとの相性は抜群だと思います。

また、ソリッドなギターサウンドとも相性が良いのでぜひ試していただきたいです。細かいカッティングやブリッジミュート、ツインギターの重なりなど楽曲の良さを十二分に引き出してくれます。

e☆イヤホン各店でお試しいただけます。ぜひお手に取ってみてください!

【試聴環境】
GalaxyS20 - FIIO BTR15 - TAGO STUDIO TAKASAKI T3-02

【試聴楽曲】
MAISONdes / トウキョウ・シャンディ・ランデヴ
ELLEGARDEN / Salamander

   
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

最新チップによりさらなる⾼⾳質化と⾼機能化を実現したバランス出⼒対応の
Bluetoothレシーバー&USB DAC搭載ヘッドホンアンプ

FIIO BTR15

BTR15は、4.4mmバランス出力を搭載し低ノイズ・低歪と高出力を両立した、Bluetoothレシーバー&USB DAC搭載ヘッドホンアンプです。aptx LL/aptx Adaptive/aptX HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応し、約8時間の連続再生が可能で、高品位なワイヤレス環境を提供します。
また、USB Type-C端子にPCやスマホを接続して、PCM384kHz/DSD256対応のUSB DACしても使用可能です。

  1. ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219MQ」を2基、左右独立構成で搭載。低ノイズ・低歪と高出力を両立
    BTR15では、ESS Technology社の統合型DACチップ「ES9219MQ」を左右独立で合計2基採用しています。バランス出力時の最大パワーは先代モデルとの比較で約40%向上(240mW→340mW)しパワフルなドライブ力を獲得しながら、統合型DACチップのDAC部とヘッドホンアンプ部に独立した電源供給を行う設計によって、低ノイズ・低歪みを兼ね備えています。
    hoge画像 hoge画像
  2. 強力な処理能力を備えたXMOS「XU316」により384kHz/32bit、DSD256、MQAフルデコード再生が可能
    BTR15は、XMOS製USBコントローラーチップ「XU316」を採用し、USB タイプC端子からの入力においてPCM384kHz/32bit、DSD256(Native)の再生に対応。また、16コアの強力な演算能力により、MQAフルデコードの対応を実現いたしました。
    ※USB DAC機能はドライバー不要のUSB Audio Class 1.0モードと、フルスペックでの再生が可能な2.0モードの2つのモードに対応しています。後者の場合、FIIOオフィシャルウェブサイトからドライバーのダウンロードとインストールが必要です。
    hoge画像
  3. BluetoothレシーバーにQualcomm製「QCC5125」を採用し、高い接続安定性を実現
    BTR15に搭載されているQualcomm製Bluetooth IC「QCC5125」を搭載し、AAC/SBC/aptx/aptx LL/aptx Adaptive/aptX HD/LDACなどの幅広いオーディオコーデックに対応しています。
    hoge画像
  4. 3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による4.4mmバランス出力を搭載
    BTR15は一般的な3.5mmシングルエンド出力だけでなく、4.4mm端子によるバランス出力を備えています。ES9219MQを左右独立で動作させる完全バランス構成のオーディオ・アーキテクチャーにより、各チャンネルはそれぞれ独立したDACと増幅段によって駆動され、最大340mWの高出力を誇ります。
    hoge画像
  5. 使用モードに関わらず適切なイコライジングが可能なグローバル・パラメトリックイコライザー機能
    BTR15には、FIIOが独自に開発した、無線・有線どちらのモードでも正確にイコライジングを設定可能な「グローバル・パラメトリックイコライザー(PEQ)機能」を搭載しています。BluetoothモードのPEQ調整はQCC5125のDSPを使用し、USB DACとして使用する際はXMOS XU316で処理されますが、FIIO独自のインターフェイスによりどのモードであっても共通したPEQ設定を使用可能です。
    ※USB DACとして使用時にPEQの有効/無効を切り替えるとUSB接続がリセットされます。再度、スマートフォン側のボリューム調整と再生操作を行なってください。
    hoge画像
  6. 本体フロントパネルに0.96インチの有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    BTR15の前面には0.96インチ、解像度96×96ピクセルの鮮明な有機ELディスプレイが搭載されています。ディスプレイはBTR5の0.49インチから大型化され視認性が向上し、ペアリング先、接続状態、通話状態、電源ステータス、エンコードフォーマット、音量を表示できます。また、このディスプレイと本体側面に配置されたハードボタンを使用してEQをはじめとした、本体設定の変更が可能です。
    hoge画像
  7. 2時間の充電で8時間の連続再生が可能で、長期間の使用も安心なバッテリーケア機能を搭載
    BTR15は、550mAhの内蔵バッテリーにより、BTR15は約2時間でフル充電でき、約8時間の連続再生が可能です。さらに、長期間のご使用でも安心してご使用いただけるよう、内蔵バッテリーをケアするための複数の機能を搭載しました。

    バッテリーアイソレーション機能
    PCと接続してUSB DACとして使用する場合に、本体側面に配置されたハードウェアスイッチ操作によってバッテリー充電を中止し、過充電による劣化を防ぐバッテリーアイソレーション機能を搭載

    耐高温バッテリー搭載
    BTR15では、高温に強く耐久性に優れたバッテリーを選択しています。
    ※シビアコンディションでの使用を推奨するものではありません。バッテリーの寿命は使用環境によって大きく変化します。

    温度センサー内蔵
    高温を検知して充電電流の調整や、充電を停止するなどの自動調整を行い、バッテリーの熱損傷を効果的に防止します。
    hoge画像
  8. FIIO製アプリによって、詳細な本体設定が可能
    BTR15は、大型化したディスプレイにより本体設定が容易になりましたが、FIIO製アプリ(FIIO MusicまたはFIIO Controlアプリ)との組み合わせによって、BTR15の内蔵パラメーターを変更可能です。
    ユニークな機能として、奇数次および偶数次の高調波歪みを調整することができます。これにより、より好みに合ったサウンドを作り出すことが可能です。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.1
対応Bluetoothオーディオコーデック SBC/AAC/aptX/aptx LL/aptX Adaptive/aptX HD/LDAC
Bluetoothチップ QCC5125
DACチップ ES9219MQ x2
USBレシーバーチップ XMOS XU316
USB DACドライバーフリーモード 対応(UAC1.0)
USB DAC対応サンプリングレート PCM:384kHz/32bit、DSD256(Native)
表示スクリーン 0.96インチOLED
ゲイン設定 H/L
ヘッドホン出力 3.5mmシングルエンド + 4.4mmバランス
最大出力(32Ω負荷時) 3.5mm シングルエンド: 125mW+125mW
4.4mm バランス: 340mW+340mW
最大出力(300Ω負荷時) 3.5mm シングルエンド: 15mW+15mW
4.4mm バランス: 50mW+50mW
SN比(A weighted) 3.5mmシングルエンド: -120dB
4.4mm バランス: -122dB
ノイズフロア(A weighted) 3.5mmシングルエンド: 2μV以下
4.4mmバランス: 2.7μV以下
THD+N (1kHz/-6dB/32Ω負荷時) 3.5mmシングルエンド: 0.0008%未満
4.4mmバランス: 0.0008%未満
セパレーション (1kHz/32Ω負荷時) 3.5mmシングルエンド: 78dB
4.4mmバランス:114dB
周波数特性 20Hz~50kHz(-0.8dB)
推奨インピーダンス 3.5mmシングルエンド: 8~150Ω
4.4mmバランス:8~350Ω
音量調節 スマートフォンの音量調節とは独立して21段階の音量調節可能
USBポート Type C/データ転送・充電兼用
内蔵バッテリー容量 550mAh
連続使用時間 最大約8時間
充電時間 2時間
外形寸法 約72.2 x 32 x 12.5 mm
重量 37.3g
付属品 USB TYPE-C to Cケーブル
USB TYPE-A to C変換アダプター
樹脂製バッククリップ
クイックスタートガイド

商品詳細

最新チップによりさらなる⾼⾳質化と⾼機能化を実現したバランス出⼒対応の
Bluetoothレシーバー&USB DAC搭載ヘッドホンアンプ

FIIO BTR15

BTR15は、4.4mmバランス出力を搭載し低ノイズ・低歪と高出力を両立した、Bluetoothレシーバー&USB DAC搭載ヘッドホンアンプです。aptx LL/aptx Adaptive/aptX HD/LDACといった主要高音質ワイヤレスオーディオコーデックに対応し、約8時間の連続再生が可能で、高品位なワイヤレス環境を提供します。
また、USB Type-C端子にPCやスマホを接続して、PCM384kHz/DSD256対応のUSB DACしても使用可能です。

  1. ESS Technology製DAC+アンプ統合型チップ「ES9219MQ」を2基、左右独立構成で搭載。低ノイズ・低歪と高出力を両立
    BTR15では、ESS Technology社の統合型DACチップ「ES9219MQ」を左右独立で合計2基採用しています。バランス出力時の最大パワーは先代モデルとの比較で約40%向上(240mW→340mW)しパワフルなドライブ力を獲得しながら、統合型DACチップのDAC部とヘッドホンアンプ部に独立した電源供給を行う設計によって、低ノイズ・低歪みを兼ね備えています。
    hoge画像 hoge画像
  2. 強力な処理能力を備えたXMOS「XU316」により384kHz/32bit、DSD256、MQAフルデコード再生が可能
    BTR15は、XMOS製USBコントローラーチップ「XU316」を採用し、USB タイプC端子からの入力においてPCM384kHz/32bit、DSD256(Native)の再生に対応。また、16コアの強力な演算能力により、MQAフルデコードの対応を実現いたしました。
    ※USB DAC機能はドライバー不要のUSB Audio Class 1.0モードと、フルスペックでの再生が可能な2.0モードの2つのモードに対応しています。後者の場合、FIIOオフィシャルウェブサイトからドライバーのダウンロードとインストールが必要です。
    hoge画像
  3. BluetoothレシーバーにQualcomm製「QCC5125」を採用し、高い接続安定性を実現
    BTR15に搭載されているQualcomm製Bluetooth IC「QCC5125」を搭載し、AAC/SBC/aptx/aptx LL/aptx Adaptive/aptX HD/LDACなどの幅広いオーディオコーデックに対応しています。
    hoge画像
  4. 3.5mmシングルエンド出力のほか、完全バランス構成による4.4mmバランス出力を搭載
    BTR15は一般的な3.5mmシングルエンド出力だけでなく、4.4mm端子によるバランス出力を備えています。ES9219MQを左右独立で動作させる完全バランス構成のオーディオ・アーキテクチャーにより、各チャンネルはそれぞれ独立したDACと増幅段によって駆動され、最大340mWの高出力を誇ります。
    hoge画像
  5. 使用モードに関わらず適切なイコライジングが可能なグローバル・パラメトリックイコライザー機能
    BTR15には、FIIOが独自に開発した、無線・有線どちらのモードでも正確にイコライジングを設定可能な「グローバル・パラメトリックイコライザー(PEQ)機能」を搭載しています。BluetoothモードのPEQ調整はQCC5125のDSPを使用し、USB DACとして使用する際はXMOS XU316で処理されますが、FIIO独自のインターフェイスによりどのモードであっても共通したPEQ設定を使用可能です。
    ※USB DACとして使用時にPEQの有効/無効を切り替えるとUSB接続がリセットされます。再度、スマートフォン側のボリューム調整と再生操作を行なってください。
    hoge画像
  6. 本体フロントパネルに0.96インチの有機ELを搭載。動作状況や設定を簡単に確認
    BTR15の前面には0.96インチ、解像度96×96ピクセルの鮮明な有機ELディスプレイが搭載されています。ディスプレイはBTR5の0.49インチから大型化され視認性が向上し、ペアリング先、接続状態、通話状態、電源ステータス、エンコードフォーマット、音量を表示できます。また、このディスプレイと本体側面に配置されたハードボタンを使用してEQをはじめとした、本体設定の変更が可能です。
    hoge画像
  7. 2時間の充電で8時間の連続再生が可能で、長期間の使用も安心なバッテリーケア機能を搭載
    BTR15は、550mAhの内蔵バッテリーにより、BTR15は約2時間でフル充電でき、約8時間の連続再生が可能です。さらに、長期間のご使用でも安心してご使用いただけるよう、内蔵バッテリーをケアするための複数の機能を搭載しました。

    バッテリーアイソレーション機能
    PCと接続してUSB DACとして使用する場合に、本体側面に配置されたハードウェアスイッチ操作によってバッテリー充電を中止し、過充電による劣化を防ぐバッテリーアイソレーション機能を搭載

    耐高温バッテリー搭載
    BTR15では、高温に強く耐久性に優れたバッテリーを選択しています。
    ※シビアコンディションでの使用を推奨するものではありません。バッテリーの寿命は使用環境によって大きく変化します。

    温度センサー内蔵
    高温を検知して充電電流の調整や、充電を停止するなどの自動調整を行い、バッテリーの熱損傷を効果的に防止します。
    hoge画像
  8. FIIO製アプリによって、詳細な本体設定が可能
    BTR15は、大型化したディスプレイにより本体設定が容易になりましたが、FIIO製アプリ(FIIO MusicまたはFIIO Controlアプリ)との組み合わせによって、BTR15の内蔵パラメーターを変更可能です。
    ユニークな機能として、奇数次および偶数次の高調波歪みを調整することができます。これにより、より好みに合ったサウンドを作り出すことが可能です。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
Bluetooth バージョン Bluetooth 5.1
対応Bluetoothオーディオコーデック SBC/AAC/aptX/aptx LL/aptX Adaptive/aptX HD/LDAC
Bluetoothチップ QCC5125
DACチップ ES9219MQ x2
USBレシーバーチップ XMOS XU316
USB DACドライバーフリーモード 対応(UAC1.0)
USB DAC対応サンプリングレート PCM:384kHz/32bit、DSD256(Native)
表示スクリーン 0.96インチOLED
ゲイン設定 H/L
ヘッドホン出力 3.5mmシングルエンド + 4.4mmバランス
最大出力(32Ω負荷時) 3.5mm シングルエンド: 125mW+125mW
4.4mm バランス: 340mW+340mW
最大出力(300Ω負荷時) 3.5mm シングルエンド: 15mW+15mW
4.4mm バランス: 50mW+50mW
SN比(A weighted) 3.5mmシングルエンド: -120dB
4.4mm バランス: -122dB
ノイズフロア(A weighted) 3.5mmシングルエンド: 2μV以下
4.4mmバランス: 2.7μV以下
THD+N (1kHz/-6dB/32Ω負荷時) 3.5mmシングルエンド: 0.0008%未満
4.4mmバランス: 0.0008%未満
セパレーション (1kHz/32Ω負荷時) 3.5mmシングルエンド: 78dB
4.4mmバランス:114dB
周波数特性 20Hz~50kHz(-0.8dB)
推奨インピーダンス 3.5mmシングルエンド: 8~150Ω
4.4mmバランス:8~350Ω
音量調節 スマートフォンの音量調節とは独立して21段階の音量調節可能
USBポート Type C/データ転送・充電兼用
内蔵バッテリー容量 550mAh
連続使用時間 最大約8時間
充電時間 2時間
外形寸法 約72.2 x 32 x 12.5 mm
重量 37.3g
付属品 USB TYPE-C to Cケーブル
USB TYPE-A to C変換アダプター
樹脂製バッククリップ
クイックスタートガイド

満足度

5.0

音質

4.3

携帯性

5

バッテリー

4.3

拡張性

4.4

10人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Black

音質

5.0

携帯性

5.0

バッテリー

5.0

拡張性

5.0

メリハリ要素を加えたモニターフラット音

前作BTR5シリーズは超高域が少しマイルドでウォームな印象でしたが、BTR15は低域から超高域まで綺麗に出ていて、加えて音楽的なメリハリのある立体感のある音にチューニングしてあるのでヒジョーに気持ちよく聴けます。ええやんええやん。

音場は適度に広く、モニターフラットなのに少しメリハリがあり、BTR7より高出力、軽い、4.4mmバランス使える。

断然こっちをおすすめします。

BTR5系はずっとこの路線の音質で製品を出し続けてほしいです。

続きを読む

シュシュっといっとく? さん (2024/02/14)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Black

音質

4.5

携帯性

5.0

バッテリー

3.5

拡張性

4.5

これ買っとけばまず間違いない。

‪主にApple musicでAAC接続、イヤホンは水月雨blessing2とSHURE AONIC5です。‬
‪以前よりGO blu を所有しているのですが、AONIC5とは仲が悪いようでイマイチ好みの音を出してくれず、気難しいこの子はやはりイコライザーで追い込む必要があると思い、こちらの製品を購入しました。‬
‪やはり正確でかちっとした音で、弱ドンシャリ気味に調整したら、ややモッサリしていたAONIC5がスッキリ明瞭になり、元気に鳴ってくれるようになりました。GO bluに接続した時に奏でる盛大なホワイトノイズも無くなり大満足です。‬
‪使用する「FiiO control」というアプリは細かなイコライザー設定が可能で、そこそこ優秀なのですが、なぜかApp Storeでの評価がひどく、酷評するレビューが並んでいますが普通に使えます。最初の設定がやや直感的でないので、説明を読まずに接続出来ないという人が多いのかもしれません。‬
‪blessing2はGO bluと仲が良いので当面はAONIC5+BTR15、blessing2+GO bluという組み合わせ固定で運用します。‬
‪地味に面倒くさいのが再生停止やボリューム、曲送りなどの操作が、いずれかのボタンを押してディスプレイを表示状態にしてからでないと出来ない事。曲を停止したい時には、再生停止ボタンを一回押しただけでは止まらず、一回押して画面を表示させてからもう一回押す必要があるため、咄嗟に曲を止めたい時などには少し焦ります。‬
‪それ以外は特に不満はありません。‬
‪欲を言えばワイヤレス充電してくれた方が嬉しいかな、くらいでしょうか。‬
‪競合の他製品と比べて低価格でありながら利便性は高く、筐体の質感も高い。音的にも機能的にもオールマイティでこれといった欠点が見当たらない。AACでもよほどのマニアでなければまずはひとつこれ買っておけば間違いは無いと思います。‬

続きを読む

take さん (2024/01/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Dark Blue

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

5.0

拡張性

5.0

BTR5 2021から進化

BTR5 2021からのアップグレード。BTR7も所有してるのでMUSE HifI M4にしてみようかとも思いましたがM4は高域がかなり刺さるので見送り(骨伝導で刺さらず伸びやかに鳴らすWinterで試聴しましたが)。全体的にはやっぱりBTR7のほうが音質いいですが、ボーカルはBTR15のほうがやや近い感じ。BTR5と同様ややドンシャリ(ほんとにややですが)なので外出先の電車の中など騒音の有るところではこのややドンシャリがちょうどいい感じです。
サイズもコンパクトで使い勝手がめちゃ良かったBTR5とほぼ一緒で同じ感覚で使えますね。
音源選択がアナログスイッチ切り替えになってより使いやすくなってます。

続きを読む

ちゃきのすけ さん (2023/12/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Black

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

4.0

拡張性

5.0

買って良かったです!

初心者です。TWSにハマり色々と持っていますが更なる音質を求めコーデック等色々と研究していたところ、こちらの商品にたどり着きました。カーオーディオの音質アップを求めていたのですが、JBLのハリアーには効果は感じられませんでしたがデミオでは明らかに音質が向上しました。10年以上前のオーディオテクニカの5000円くらいの有線イヤホンもかなり高音質に聞こえた為、すぐにQDCの入門イヤホンも購入してしまいました。私には十分すぎるくらいの音質で満足しており、4.4mmバランスケーブルの到着を嬉しみにしています。LDAC接続では接続がよく途切れますが、aptx-adaptiveは安定しています。USB-DACモードやイコライザーなど多機能でコンパクトの為、TWSの出番がかなり減ってしまいそうです。

続きを読む

KEN さん (2023/12/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Dark Blue

音質

4.0

携帯性

5.0

バッテリー

無評価

拡張性

5.0

初ポタアン

ちゃんとしたポータブルアンプ/BTレシーバーというものを初めて購入。
音質的には安いDAC付き変換ケーブルなどと比べて感動的という程ではないが明確に良くなってるのは実感出来ました。中高域の鳴りがいいです。
携帯性と使い勝手の良さは文句なくとてもよいです。100円ライター並みのサイズで軽くて取り回しよく、小難しい設定なんかも特にないので導入もカンタンでした。

続きを読む

Helenium さん (2023/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Dark Blue

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

BTR5の正統進化

BTR5(旧版)を手放して買い替えました。PhoneモードでiPhoneに繋げて有線イヤホンを聞いたり、職場のMacにPCモードで繋げたり、自宅のPS5に挿したBT-W5→(aptX Adaptive LowLatency)→BTR15に繋げて低遅延でゲームプレイしたりと、何かと活用しています。
曲の頭出しや再生停止時にアンプのON/OFFでノイズが入るのは相変わらずで残念ですが、省電力のため致し方ないのでしょう。連続再生時は大丈夫です。
液晶画面も大きくなり、BTR5に比べてだいぶ見やすくなりました。
まさにBTR5の正統進化版で、aptX LLも引き続き使えるので、そのまま環境移行したい方にもおすすめの商品だと思います。

続きを読む

タルカジャ さん (2023/12/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1