• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

final (ファイナル)

ZE8000 MK2 ブラック

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

final (ファイナル)

ZE8000 MK2 ブラック

  • 新品

¥36,800 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571303223206

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥19,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

えっさん

@e☆イヤホン大阪日本橋本店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

第二世代が示した音の進化。装着感。

【ポイント】
・新機構「シールドフィン」採用
・前作から進化した繊細なサウンド

【デザイン】
イヤホンの見た目、ケースともに前作ZE8000から大きな変更点はありません。イヤホン本体とケースに凸凹状のシボ塗装が加工されている為、汚れが目立ちにくく、滑りにくいです。

イヤホン自体は他の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)と比べるとかなり特徴的な形をしていますが、圧迫感がなくスッと耳にフィットします。というのも、イヤーピースの他に「シールドフィン」が搭載されているので、装着時に耳に当たる部分は全てがシリコンで密着するのです。結果、圧迫感がなくズレにくい、高いフィット感の装着性が体験できます。

【機能】
本製品には専用アプリがあります。(アプリの動作検証はiPhoneで行いました)

まずノイズコントロールでは、ノイズキャンセリングと、4つの外音取り込みモード切り替えが可能です。ノイズキャンセリングに関しては自然な印象。窮屈な感じはせず、マイルドに外のノイズをカットしてくれます。

また、外音取り込みに関しては、音楽の再生音量はそのままで周囲の音が聴こえるようになるという「ながら聴きモード」などを含む、4つのモードがあることでシチュエーション毎に細かく調整できるのは、まさに痒い所に手が届く機能だと思いました。

イコライザー設定は直感的に、かつ細かく調整できる為、自分好みの音を探求できます。その他、専用アプリには様々な機能が備わっています。

【音質】
音の鳴り方に関してはある程度の引き締まりがあるものの、全体的な解像度や空間表現は高く感じました。

低音はドッシリとふくよかな印象で、中心にいてかなり臨場感があります。その一方できめ細かな音もしっかりと鳴らしてくれるため、聴こえなかった音が聴こえる体験を味わえるのではないでしょうか。

【総合すると・・・】
デザインは前作ZE8000から大きな変更はありませんが、新機構「シールドフィン」が採用されていることにより、装着感は飛躍的に向上しています。また、ノイズキャンセリングや外音取り込みに関しては自然な印象で圧迫感もないように思います。

さらに、専用アプリで細かく音を調整できるのも嬉しいポイントです。

低音を鳴り方の中心としつつ、各楽器の分離もよく解像度と迫力を兼ね備えた、オーケストラのみならず幅広くジャンルで音を楽しめるイヤホンです。

【試聴環境」
NW-WM1AM2→ZE8000 MK2
iPhone(アプリを使用)
【試聴楽曲】
・相川七瀬『ID』「夢見る少女じゃいられない」
・X JAPAN『BALLAD COLLECTION』「Longing」
・浜田麻里『INCLINATION』「Return to Myself」

わか

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

さらにわかりやすく「一つひとつの音を感じられる」ようになった第二世代

final「ZE8000 MK2」は、高い解像感が魅力的な完全ワイヤレスイヤホンです。

【ポイント】
・音の配置が手に取るようにわかる音作り
・装着感が向上し、性能が発揮しやすくなったイヤーピース

【見た目・装着感】
イヤホン本体の見た目は前作ZE8000とほぼ変わらない印象です。シボ塗装のような加工がされており、滑りにくく、汚れも目立ちにくい点は外で使用する上でとてもありがたいです。

ポイントの部分でも触れましたが、「シールドフィン」採用のイヤーピースにより装着感が向上しております。前作同様、イヤホン装着時に耳に触れる部分の全てがこのイヤーピースが触れることとなり、体を動かした際にイヤホンのズレが生じにくい設計が採用されています。

前作で付属していたイヤーピースも個人的には装着感がかなり良好な印象を受けましたが、本商品のイヤーピースはより密着感が増し、遮音性が向上したように感じました。

【音の印象】
ZE8000 MK2を試聴して強く感じた点は、一つひとつの音の配置がハッキリと感じられるということです。同時に音楽全体としてのまとまりも良好でした。まるで1つ1つの音のパートを、画像編集アプリケーションを使ってレイヤーとして重ねたかのような印象を受けました。

低音は耳の近くや、そのやや内側に配置されており、量感がしっかりとあります。ボーカルは頭のど真ん中に配置されており、複数人が同時に歌唱している部分でも一人ひとりを聞き分けできました。高音はボーカルの周りを囲うように配置されており、存在感はありつつも、刺さりは気になりませんでした。

前作の装着感がしっくり来なかった方も是非お試しください!


試聴環境
iPhone 14 Pro→final ZE8000 MK2

試聴楽曲
NewJeans - OMG
石野理子 - Bricolage

   
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

音楽を超高精細に表現する物理特性を採用した音質設計「8K SOUND」搭載

final ZE8000 MK2

ヒーローイメージ

従来のイヤホンでは、振幅周波数特性において特定の周波数にピーク(強調)を持たせるような音質設計がなされていることが多く、オーケストラのように極めて多数の異なる音色を有する楽器群で構成された音楽の録音は聴きづらい場合が少なからずありました。例えばトランペットが強調され過ぎて大きく聴こえるのに対して、オーボエが少しボケて小さく聴こえるなど、作曲家や演奏家が意図した楽器間のバランスが再現されにくいという課題がありました。

ZE8000MK2では、極めてフラットな音質特性を持つ8KSOUNDのため、オーケストラを構成する各楽器間のバランスを損なうことなく、各楽器独自の音色を忠実に再現できます。さらに、オーケストラのある楽器に焦点をあてて、その音を意識的にピックアップして聴くということも容易になりました。目を閉じると、コンサートホールのステージ上にオーケストラが広がって聴こえるような没入感をご体感いただけます。

普段からイヤホンで音楽聴取をされている場合は、自然と強調された音を探す聴き方に慣れていることが多く、自ら聴こうとする聴き方になれるまでには少々時間がかかることがあります。ZE8000MK2では、この順応するまでの時間が短縮される音質設計にもなっています。

  1. 再生音に影響を与えず圧迫感のないノイズキャンセリング搭載
    一般的なANC(アクティブノイズキャンセリング)はその原理上、時間遅れが発生し低域がこもるなど再生音に影響を与えます。ANCの効果を高めると圧迫感から、いわゆる「ノイキャン酔い」となることもあります。ZE8000は独自開発のアルゴリズムにより、高音質と圧迫感のない心地よさを実現しています。
    ZE8000MK2では、内部構造とイヤーピース設計、ノイズキャンセリングのアルゴリズムをそれぞれ見直すことにより、初期モデルと比べて遮音性能が32%向上しています。
    hoge画像
  2. ノイズキャンセリング/外音取り込みの4つのモード切り替え
    通常の「ノイズキャンセリングモード」に加え、「ウインドカットモード」「ながら聴きモード」「ボイススルーモード」の4パターンのノイズコントロールモードに加え、さらに「ノイズコントロールOFF」の選択が可能です。ZE8000MK2では、イヤホン本体の遮音性能が向上しているため「ノイズコントロールOFF」を新たに追加しました。

    「ノイズキャンセリングモード」・・・周囲のノイズを低減させて、再生音を聴き取りやすくします。通常はこの設定になっています。

    「ウインドカットモード」・・・イヤホン本体のマイクに風があたるノイズ「風吹かれ音」を低減させて、再生音を聴き取りやすくします。

    「ながら聴きモード」・・・音楽の再生音量はそのままで、周囲の音が聴こえるようになります。足音などの小さいはずの外音も大きく再生されてしまうといった不自然さを解消し、イヤホンを着けていないときと比べても違和感の少ない自然な外音取り込み機能です。ランニングや仕事をしながらなど、周囲の音を確認しながらBGMとして音楽をお楽しみいただけます。

    「ボイススルーモード」・・・音楽の再生音量を自動的に下げて、周囲の音を聴きやすくします。電車のアナウンスなど、外の音を一時的に聞く時に有効です。また、イヤホンを外すことなく会話することも可能です。

    「ノイズコントロールOFF」・・・ノイズコントロール機能をOFFにします。

    ※ご使用いただくには専用アプリ「final CONNECT」によるソフトウェアアップデートが必要です。
  3. 快適な装着感のためのセパレート設計
    イヤホン装着の快適さは耳に挿入する部分のサイズ感で決まります。一般的に、完全ワイヤレスイヤホンは筐体内部にバッテリーや基板が収納されているため、本体形状は大きくなりがちです。そうしたイヤホンを装着すると、内側から耳を圧迫し疲労が蓄積してしまいます。
    ZE8000MK2は耳に装着する部分をできるだけ小さくするために、基板やバッテリーを装着部分から独立させたセパレート設計を採用しました。
  4. 新機構「シールドフィン」採用の新設計イヤーピース
    ZE8000MK2専用イヤーピースは、耳に触れる部分の全てにシリコンで覆われる設計で、耳に優しくフィットすると同時にしっかりと保持され、脱落しません。さらに新機構「シールドフィン」が2箇所に採用されており、初期モデルに比べて遮音性と装着性を向上させています。イヤーピースは最適なフィットのためにSS/S/M/L/LLの5サイズを同梱しております。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 イヤホン本体:最大5時間
ケース込み:最大15時間
本体充電時間 メーカー情報なし
ドライバー構成 メーカー情報なし
対応コーデック SBC、AAC、Qualcomm® aptX™、aptX™ Adaptive
Bluetoothバージョン Bluetooth®5.2
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
再生周波数帯域 20-44,000Hz
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 充電ケース
ZE8000MK2専用イヤーピース5サイズ(SS / S / M / L / LL)×1
USBタイプC充電用ケーブル
アコースティック治具
ダストフィルター

商品詳細

音楽を超高精細に表現する物理特性を採用した音質設計「8K SOUND」搭載

final ZE8000 MK2

ヒーローイメージ

従来のイヤホンでは、振幅周波数特性において特定の周波数にピーク(強調)を持たせるような音質設計がなされていることが多く、オーケストラのように極めて多数の異なる音色を有する楽器群で構成された音楽の録音は聴きづらい場合が少なからずありました。例えばトランペットが強調され過ぎて大きく聴こえるのに対して、オーボエが少しボケて小さく聴こえるなど、作曲家や演奏家が意図した楽器間のバランスが再現されにくいという課題がありました。

ZE8000MK2では、極めてフラットな音質特性を持つ8KSOUNDのため、オーケストラを構成する各楽器間のバランスを損なうことなく、各楽器独自の音色を忠実に再現できます。さらに、オーケストラのある楽器に焦点をあてて、その音を意識的にピックアップして聴くということも容易になりました。目を閉じると、コンサートホールのステージ上にオーケストラが広がって聴こえるような没入感をご体感いただけます。

普段からイヤホンで音楽聴取をされている場合は、自然と強調された音を探す聴き方に慣れていることが多く、自ら聴こうとする聴き方になれるまでには少々時間がかかることがあります。ZE8000MK2では、この順応するまでの時間が短縮される音質設計にもなっています。

  1. 再生音に影響を与えず圧迫感のないノイズキャンセリング搭載
    一般的なANC(アクティブノイズキャンセリング)はその原理上、時間遅れが発生し低域がこもるなど再生音に影響を与えます。ANCの効果を高めると圧迫感から、いわゆる「ノイキャン酔い」となることもあります。ZE8000は独自開発のアルゴリズムにより、高音質と圧迫感のない心地よさを実現しています。
    ZE8000MK2では、内部構造とイヤーピース設計、ノイズキャンセリングのアルゴリズムをそれぞれ見直すことにより、初期モデルと比べて遮音性能が32%向上しています。
    hoge画像
  2. ノイズキャンセリング/外音取り込みの4つのモード切り替え
    通常の「ノイズキャンセリングモード」に加え、「ウインドカットモード」「ながら聴きモード」「ボイススルーモード」の4パターンのノイズコントロールモードに加え、さらに「ノイズコントロールOFF」の選択が可能です。ZE8000MK2では、イヤホン本体の遮音性能が向上しているため「ノイズコントロールOFF」を新たに追加しました。

    「ノイズキャンセリングモード」・・・周囲のノイズを低減させて、再生音を聴き取りやすくします。通常はこの設定になっています。

    「ウインドカットモード」・・・イヤホン本体のマイクに風があたるノイズ「風吹かれ音」を低減させて、再生音を聴き取りやすくします。

    「ながら聴きモード」・・・音楽の再生音量はそのままで、周囲の音が聴こえるようになります。足音などの小さいはずの外音も大きく再生されてしまうといった不自然さを解消し、イヤホンを着けていないときと比べても違和感の少ない自然な外音取り込み機能です。ランニングや仕事をしながらなど、周囲の音を確認しながらBGMとして音楽をお楽しみいただけます。

    「ボイススルーモード」・・・音楽の再生音量を自動的に下げて、周囲の音を聴きやすくします。電車のアナウンスなど、外の音を一時的に聞く時に有効です。また、イヤホンを外すことなく会話することも可能です。

    「ノイズコントロールOFF」・・・ノイズコントロール機能をOFFにします。

    ※ご使用いただくには専用アプリ「final CONNECT」によるソフトウェアアップデートが必要です。
  3. 快適な装着感のためのセパレート設計
    イヤホン装着の快適さは耳に挿入する部分のサイズ感で決まります。一般的に、完全ワイヤレスイヤホンは筐体内部にバッテリーや基板が収納されているため、本体形状は大きくなりがちです。そうしたイヤホンを装着すると、内側から耳を圧迫し疲労が蓄積してしまいます。
    ZE8000MK2は耳に装着する部分をできるだけ小さくするために、基板やバッテリーを装着部分から独立させたセパレート設計を採用しました。
  4. 新機構「シールドフィン」採用の新設計イヤーピース
    ZE8000MK2専用イヤーピースは、耳に触れる部分の全てにシリコンで覆われる設計で、耳に優しくフィットすると同時にしっかりと保持され、脱落しません。さらに新機構「シールドフィン」が2箇所に採用されており、初期モデルに比べて遮音性と装着性を向上させています。イヤーピースは最適なフィットのためにSS/S/M/L/LLの5サイズを同梱しております。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 イヤホン本体:最大5時間
ケース込み:最大15時間
本体充電時間 メーカー情報なし
ドライバー構成 メーカー情報なし
対応コーデック SBC、AAC、Qualcomm® aptX™、aptX™ Adaptive
Bluetoothバージョン Bluetooth®5.2
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
再生周波数帯域 20-44,000Hz
重量(本体) メーカー情報なし
付属品 充電ケース
ZE8000MK2専用イヤーピース5サイズ(SS / S / M / L / LL)×1
USBタイプC充電用ケーブル
アコースティック治具
ダストフィルター

満足度

4.5

高音の質

4.6

中音の質

4.4

低音の質

4.4

細やかさ

4.6

迫力

4.1

音場

4.4

遮音性

3.8

音漏耐性

4

8人のお客様がレビューしています。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

ウォーム

ZE8000よりも普通のイヤホンっぽくなりました。
といってもかなりウォームです。westoneっぽい雰囲気があります。

メーカーはオーケストラがどうのこうのと言ってますが、個人的には歌ものでもなんでも初代よりもこちらのほうが聞きやすいです。
前回の8k問題と同じですが、先入観を持たせてしまうような宣伝文句はよろしくないですね。

今回変更されたイヤーピースですが、フロントベント用の穴が無いです。
筐体もフロントベントの跡?はありますが、プラスチックで塞がれているように見えます。
mk2に初代のイヤーピースは使用可能ですが(音の変化を感じなかったです)、その逆は使用不可です。

続きを読む

uni0.5 さん (2023/12/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

8K+ sound is amazing!

購入から1ヶ月と少し経ったので、少し感想を。
音楽を楽しむ、ワイヤレスイヤホンとして、全く不満はありません。
ただ、マルチコネクトは、残念ながら機能しません。iOS と iPadOS の最新のバージョン、ZE8000 MK2 の最新のファームウェア (2023/12/25 現在)で機能しません。また、アクティブノイズキャンセリングは、「おまけ」程度に考えておいた方がいいです。残念ながら少なくとも、AirPods Pro のような快適性は期待できません。音質に特化したワイヤレスイヤホンを考えるなら、有力な候補になり得ますが、特に複数の機器を使い回している Apple ユーザにとっては、総合的に見て、第一候補にはならないと思います。

(2024/01/02 補足追記)

マルチコネクトが機能しないことかもあり、通常は DAP の Cayin N3Pro からAptX で接続して再生。細かい設定や、ファームウェアの更新時のみ、iOS / iPad OS の機器に接続して使っています。Apple 系の(対応する) OS 機器は5台以上使っているので、マルチコネクトが機能したとしても同時リンクが2台に制限される環境とは、比較にならないユーザビリティを提供する Apple のエコシステムは、賞賛に値すると持っています。同時に、ZE8000 MK2 の「音の良さ」は、音楽を聴く快感において、それを上回る価値を提供してくれるとも思います。ANC の控えめさもあって、「店頭視聴」でその実力を評価するのは難しいでしょう。比較的静かな室内で1ヶ月と少し聴いてきて、改めて聴き惚れています。屋外で汎用的に使うイヤホンではありません。静かな室内で、ワイヤレスの利便性と合わせて、音楽に浸るイヤホンだと思います。

ワイヤレスイヤホンは、Anker Soundcore Life Note > Noble Audio FALCON > Noble Audio FALCON PRO > Apple AirPods Pro (2nd generation) と使ってきました。スピーカーシステムは、Rogers LS3/5a を30年以上、アンプは marantz PM-17SA ver.2、その音源に Chord Electronics Mojo2 + Poly を使ってきて、これらが個人的な「評価の基準」になっていると思います。

続きを読む

碧 聲 さん (2023/12/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

初代が合わなかった人も、もう一度聴いてみてほしい

音質的にはE3000に対するE2000的な感じで初代が値下げによって価格差がでてしまいましたが音質的な上下ではなく性格の差ではないかなと思います。
依然として広い音場ですが初代よりは音が近くくっきりとした音で解像度がより高く細やかに感じられると思います。
イヤーピースの改良で安定した装着感が得られ初代のような微妙な装着位置の調整は不要、アナウンス音声は甲高くなり聞き取りやすくなってます、あと個体差の可能性もありますがタッチ操作の感度が若干よくなったのか連続タップ操作などの失敗が少なくなった気がします。

続きを読む

たいれる さん (2023/12/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

3.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

明るい音 ノイキャンは弱め

ZE8000と、ZE8000MK2、どちらも購入し使用しています。
ZE8000MK2は、全体的に音の張り出しが良く、音の解像感も高く明瞭感があり、とても明るい音に感じます。
ZE8000と比べると低音は少な目ですが、物足らない程ではなくバランスが良いと思います。
finalのスマホ用アプリを利用すればイコライザーの機能もあるので、自分の好みの音をある程度作れるという点も評価できると思います。
ノイズキャンセリング機能は、強くないですが音楽鑑賞中の電車の騒音を低減するくらいは問題ないです。音楽を聴かずに耳栓替わりにするというのには向かないです。

1点、注意点として装着をあげたいと思います。
個人差があるようですが、耳への装着角度や深さによって、音圧が下がって聞こえる事があります。本体の異常ではなく、装着による聞こえ方の差です。全く問題ない人もいれば、私のように合わない人もいるようです。
使えるイヤーピースは付属している専用の物だけですが、5サイズありますので、全て試すのをお勧めします。

続きを読む

瀬田 さん (2023/12/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

前作はNS-10M、今作はGENELEC8040

今作かなり聞いたことがある音だと思ったら、恐らく8040にかなり近いです。
(8040は特に放送局などでよく使用されているスタジオモニターです)
直接聴き比べた訳では無いのでイメージですが、特に中低域~中高域の音質がクリソツです。

前作と比べるとかなり音場が近くなって、ニアフィールドモニターって感じになりましたね。それでもまだスピーカーっぽい鳴り方をしています。
私は個人的に8040が好きでは無いので前作の方が好きですが、昨今の曲を聴くなら間違いなくこちらを選ぶべきでしょう!
クラッシックやジャズもこちらでいいと思います。

続きを読む

きっちん さん (2023/12/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

これはいい

私自身かなりfinalが好きで、イベント遠征などが増えることを見据えてワイヤレスイヤホンを買いに行ったところ見つけて聴くと惚れました。
このイヤホンは音がとても繊細でありながら、それでいて音が迫ってくるような少し不思議な感覚があります。そして当然ながらfinalクオリティ、音の美しさだけでなく利便性もかなり高いです。
本機のタッチ操作部は感度が高いですが、誤操作を防ぐために反応する物理的な範囲を狭められていることで快適に操作することができます。
総じて完成度の高いイヤホンで、これなら間違いない、そう言える1台です。

続きを読む

けんてぃー さん (2023/12/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1