heir audio
SHUREのプレミアム正規販売店第一号
SHURE正規販売店
ULTRASONE正規販売店
<古物商許可証>
大阪府公安委員会
第621111901157号
東京都公安委員会
第301031104396号
愛知県公安委員会
第541161509200号
 

トップ > 週間ヘッドホンランキング (集計期間2016/11/21 〜 2016/11/27)

週間イヤホンランキング

週間ヘッドホンランキング

週間ポタアンランキング

週間リケーブルランキング

週間プレイヤーランキング

週間ワイヤレスヘッドセットランキング

週間カスタムIEMランキング

注目ランキング

週間中古イヤホンランキング

週間中古ヘッドホンランキング

週間中古ポタアンランキング

週間中古プレイヤーランキング

限定生産されたプレミアムエディション

第1位 KOSS PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE

『KOSS PORTAPRO PREMIUM RHYTHM BEIGE』は、『KOSS PORTAPRO』の音質と基本性能はそのままに、1970年代に米国でスタジオモニター ヘッドホンの定番機種となっていた「PRO4AA」を意識したベージュ色にリファインしており、通常モデルとは異なったあざやかな デザインに仕上げました。さらにはマイク付きコントローラーが装備され、スマートホンの操作や音量調整、通話応答/終話などがコントロール可能となっています。 柔らかく着け心地の良いイヤークッションが長時間のリスニングでも快適な装着感を提供

スタジオモニターヘッドホンのド定番!

第2位 SONY MDR-CD900ST

普段、通勤時などポータブルでMDR-7506を使用していますが、MDR-CD900STとの違いはただ単に、解像度だけの違いではありません。若干、ドンシャリ傾向のある7506とは比べ物にならないぐらい、高解像度です。また、低域のもたつきもなく、大変タイトな音質を楽しむことができます。高域も刺さりやすいという声もあるかと思いますが、出過ぎというわけではなく、音の分離が良すぎる為だと思います。

最大4人まで音楽をシェアして楽しめる

第3位 onanoff BuddyPhones Standard

BuddyPhoneは子供たちのために音楽を安全に聴けて、そしてシェアできるようにデザインされています。BuddyPhoneにはお子様の聴力を保護するため85デシベルを最高値ボリュームレベルにするための音制御回路が内蔵してます。片側からのみケーブルがでているので首にひっかかるような心配を軽減し、フラットケーブルなので絡まりずらくなっています。

折りたたみコンパクトでバッグにスッキリ

第4位 Pioneer SE-MJ512

Pioneer SE-MJ512 見た目は非常に小さく、重さもとても軽いです。また、小さく折りたためるので持ち運びにも便利です。華奢な作りなのでかわいいです。音質は低域強めです。ですが、全体的に丸みのある音質なので聴き疲れません。低域、ボーカルは非常に聞き取りやすいです。高域はちょっと抑え目ですが、この価格でと考えると非常にコストパフォーマンスが高いです。カラーバリエーションも6色と豊富で、どの色も鮮やかでキレイな色をしています。J-POP、バラードなどに向いています。ROCKなど激しい曲にはちょっとこもって聴こえてしまいますが、全体的にお手頃価格でイイヘッドホンです。

カジュアルに使えるコスパ最強ヘッドホン

第5位 audio-technica ATH-S100

いちばんイイと感じたポイントは装着感!他社の同価格帯のヘッドホンと比べてイヤパッドがとても柔らかく気持ち側圧強め、耳への密閉感がしっかりしてます。その為、音漏れが少なく定位がしっかりしていて低価格帯にありがちな音の軽さがなく、ベースやバスドラがとても気持ちよく聴こえます。お世辞抜きにコスパの高さに驚かされました。前モデルのATH-SJ11からの折り畳み機構がなくなりスイーベルのみになりましたが、コード片だしになったのは嬉しいポイント。

第6位 onanoff Travel BuddyPhones Explore

BuddyPhones(バディホン) は米国の聴覚医療機関によって、子供の耳に推奨とされている85dbの音量リミット制御を搭載したヘッドホンです。BuddyPhone(バディホン) のケーブルにはオーディオスプリッタが付属しています。もう1本ケーブルを接続することで音楽を共有することができます。親子で同じ音楽を共有して楽しみましょう。ケーブルが着脱になり、マイクも着いてます。折りたたみはできません。

第7位 Beats by Dr.Dre Solo2 オンイヤーヘッドフォン

心揺さぶる体験にひたる。Solo2はよりダイナミックで、よりクリーンかつより幅広いサウンドレンジが特徴。アーティストが思い描いた通りの音を楽しめます。ヒップホップ、へヴィメタル、ジャズ、エレクトロ、どんな音楽ジャンルでも、Solo2は忠実にサウンドを再現します。

第8位 Beats by Dr.Dre Beats EP

Beats EPオンイヤーヘッドフォンなら、精巧にチューニングされたサウンドで、アーティストが聞かせたい音楽をそのとおりに満喫できます。細やかなチューニングにより、幅広い音域とクリアなサウンドをバランスよく実現。初めてBeatsをお使いになる方に最適です。毎日のお供に。 Beats EPは頑丈なうえ軽量なので、快適にご利用いただけます。フレームは耐久性に優れたステンレススチール製で、上下に調整可能なヘッドバンドでぴったりフィットしますので日常的にお使いいただけます。

第9位 Skullcandy Crusher

かなり特殊な鳴り方をするヘッドホンです。アンプ機能が搭載されており、十分にCRUSHERを楽しむためには単3電池が必須です。ケーブル着脱式モデルでケーブルは1ボタン+MIC。iPhone4Sでは問題なく動作致しました。さて、音に関してですが、ハウジングについておりますスライダーで低域の調整が可能になっております。圧巻です。

第10位 onanoff BuddyPhones Explore

音量制限付きのキッズヘッドホン!お友達と音楽のシェアもできます♪BuddyPhoneは子供たちのために音楽を安全に聴けて、そしてシェアできるようにデザインされています。BuddyPhoneにはお子様の聴力を保護するため85デシベルを最高値ボリュームレベルにするための音制御回路が内蔵してます。

第11位 Panasonic RP-HTX7

オシャンティー!!!なヘッドホンです。レトロな装いで女の子も服装を選ばず着けれるんではないいでしょうか。アーティストのMVにもよく登場しています!!カラバリも5種類あって迷いますよ〜。どれもパステルカラーで可愛いんです!!私だったら確実に買うまでに30分は迷いますね!!!着けててもしんどくならないですね。側圧も程良く遮音性も抜群!!すごいフィットするのでずれない!!お出掛けのお供にもってこいですね!!

第12位 marantz Professional MPH-2【MP-HPH-002】

スタジオレベルの高音と正確な音像を再現。遮音性の高いオーバーイヤーデザイン。比類ない快適さを誇るイヤークッション。片耳でのモニタリングのし易い180 度回転可能フレーム。快適な使⽤感や収納性を誇るスイーベル機構と折りたたみデザイン。取り外し可能なステレオミニプラグ端⼦ケーブル(約3m)と標準ステレオプラグ変換アダプタ

第13位 SONY MDR-ZX310

SONYの新しいZXシリーズ【MDR-ZX310】が登場しました!!カラーバリエーションが豊富で5色をご用意☆どの色も個性的でカッコいいですが、個人的にはREDが好み☆明るすぎず、暗すぎない良い赤です!!装着して最初の驚きは【軽さ】です。思わずヘッドホンを付けているのを忘れてしまうのではないかと思うくらい軽いです。ハウジングも小さめでオンイヤーですが、極端に側圧も強いわけではないので長時間のリスニングもOK!!

第14位 SENNHEISER HD 599

多くのノウハウと実績のあるSENNHEISER開放型ヘッドフォンHD500の入門モデル。開放型の先駆者であるゼンハイザーのサウンドを多くの音楽ファンへ

第15位 audio-technica ATH-SR9

筐体サイズへの影響を最小限に抑えながら、限られたハウジングスペース内でドライバーの性能を存分に発揮させるため、振動板の前後の空間が均一となる新設計を採用。さらに、その前後空間を仕切るダンパーを配し、不要な低域成分の伝播を最適化。高レスポンスで抜けの良い音を再生する。当社独自のオーディオ専用設計A2DC※コネクターを採用した、音質重視の着脱式の両出しコードタイプ。着脱式コネクター/L型プラグのスリーブには微振動を抑えるアルミニウム材を採用。

第16位 audio-technica ATH-M40X

今回発売されたaudio-techinicaのモニターヘッドホンシリーズの中で1番聴きやすいなと感じました。もともとのM50に1番近い感じ。クリア感が強いのですが、音質はフラットで高音の刺さりもそんなに気になりません。バンド部分が強化されていて、安定感もあり、パッドが耳をすっぽり覆ってくれるので長時間つけていてもしんどくなりにくそうです。上位モデルのM50Xと聴き比べると、やはり中低域が軽く感じましたが、長時間聴くにはこのくらいが疲れなくていいと思います。

第17位 AKG K550MKII ブラック【K550MKIIBLK】

名残惜しくも生産終了となってしまったAKG K550の後継機、ドライバーが変更されたK550MKIIが遂に登場です。個人的な感想としては、K550の広がりを残しつつもK550よりも締まった音質作りがなされており、レスポンスも良く、定位をしっかりと表現してくれるヘッドホンだと思います。お家でリラックスしながら使いたくなります。ですが、平らに折りたためる仕様になっておりますので、コードの長さ3mとハウジングの大きさが気にならないという方であれば、持ち運びにもお勧めします。

第18位 SENNHEISER HD 598

優しくゆったりとした音質。低音域は押し出しは強くないが、包み込むような広い音場を形成している。量も多めで、非常に余裕のある鳴らし方をする。中音域は、メインの中心部がしっかりと独立しているかのように聴き取りやすく、ボーカルが埋もれることがない。高音域にかけてわりとすっきりとした音場形成なので、量の多い低音域の割にはもやっとした感じが少ない。残念な部分としては、高音域の抜けが悪い、という点。少しざらっとした感じが出て、頭打ちな感じがする。横の音場は広いが、縦には狭い。大編成のクラシック系にはよく合うのでは。

第19位 onanoff BuddyPhones InFlight

サウンドレベルが3種類あり、選べます。・94db:フライトモード ・85db:キッズモード ・75db:ベイビーモード ※このモード切替の補足です。 ハウジングがダイヤルになっていてモード切替をしますが 簡易チャイルドロックになってます。 各モード爪で固定されるようになっており、ダイヤルを押しながら回さないと 回らない構造になっています

第20位 Pioneer SE-M521

●POWERFUL BASSダクトによる低域再現により、臨場感豊かで迫力ある重低音を再生●大口径40mmユニットによる迫力サウンド●長さ調節が不要のフリーアジャストヘッドバンド方式で、スムーズに適切なポジションでの装着が可能●レザータイプイヤーパッドにより快適な装着性●画面から離れて見るのに便利な片出し3.5mコード