• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

AUDEZE (オーデジー)

LCD-XC 2021

  • 新品

¥198,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

819343013864

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

- 買取上限価格 -

¥88,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

AKIRA

@e☆イヤホン 秋葉原店

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

丁寧に描く音像と透明感に優れる。

どの帯域も強調しないニュートラルな音傾向と、正確な定位を持つ密閉の平面駆動型ヘッドホンです。特に適度な距離感を持ってきれいに減衰していく高域が聴き分けられるのは密閉型とは思えないほど澄んだ空間表現に感じました。

前モデルの2021ではない「LCD-XC」よりも音の立ち上がりが早くなり、音数の多い曲の聴き分けにもより対応できるようになった印象です。高域表現も鮮やかさを感じる帯域まで良く伸びるようになりましたが、歪みが少なくきれいに減衰していきます。細かい音まで繊細に表現し、音の重なりを正確にレイヤー分けできる優れた定位を持っています。

見通しに優れた音質はモニターとしてその威力を発揮しますが、リスニングとしても心地良いものでした。全体のイメージはスッキリと透明感に優れていますが、音に硬さを感じたり余韻が極端に少ないような印象はなく、なめらかで自然な表現に感じました。

【HD 800Sとの比較】
LCD-XCは、開放型のHD 800Sほどでありませんが広がりがあり、横方向に広さを感じました。

全体的な質感に関して、HD 800Sでは定位に少し距離や広がりがあるものの音場そのものが広く音同士が重ならない印象でした。

LCD-XCでは、音場自体は比較して狭めですが、音像定位がより明確なので聴き分けがしやすい印象でした。特に低域表現は量感や反響は抑えつつ弾力を持たせた聴き心地の良さがあり、高域表現はよりハッキリとした鮮やかさと耳触りの良いなめらかさが特徴に感じました。

関連商品

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Audeze LCD-XC 2021

ヒーローイメージ

Audezeを代表する平面磁界型ヘッドフォン(密閉型)LCD-XCがバージョンアップされて、「LCD-XC 2021」として新発売。LCD-XCはAudezeを代表する平面磁界型ヘッドフォンLCD-X(開放型)をベースとした密閉型ヘッドフォンです。レコーディングスタジオで、ミックスダウンや、マスタリング等を担当する現役のエンジニアからの要望をもとにバージョンアップが施されています。

  1. 主な改善点
    ・現役のスタジオ・エンジニアから特に改善を強く要望された「高域の特性の改善」
    (オリジナル LCD-XC の周波数特性-4kHz 付近を中心に音質改善を実施)

    ・ドライバーのマグネットの構造や Fazor waveguide の形状を改良

    ・フィッティングだけでなく、優れた遮音性と質の高い低音再生を実現した新規設計イヤーパッドを採用
    hoge画像
  2. 主な特徴
    ・ハウジングの素材にカーボンを採用
    外部ノイズに影響されない為に、ハウジングにはカーボンを採用しています。

    ・空気の流れを調整し帯域のバランスを整える「Fazor™テクノロジー」を採用
    Audeze が特許出願中の独自技術「Fazor™テクノロジー」は、平面磁界ドライバーから出力されたサウンドを正確に伝え、正確な位相を実現することにより、楽器やボーカルの位置を正確に表現したサウンドステージが展開されます。

    ・より薄く効率を向上させた新しいトランスデューサーを採用

    ・出力を最大近くまで上げても歪みが生まれにくい独自開発した磁気構造

    ・正確な音源再生を可能にする独自設計の超薄型ダイヤフラム

    ・LCD シリーズ専用の高品質ヘッドフォンケーブル付属
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 型式:平面磁界駆動型
マグネット構造:Proprietary
フェーズ:Fazor™テクノロジー搭載
マグネット:ネオジウム N50
ダイアフラム:Ultra-thin Uniforce™
振動版(寸法) :106 mm
インピーダンス 20Ω
音圧感度 100dB / 1mW
再生周波数帯域 10Hz - 50kHz
ケーブル仕様 ヘッドホン側:ミニXLR 4pin
アンプ側:6.3mm 標準プラグ ケーブル長:190cm
本体重量 約677g
スタイル オーバーイヤー、密閉型
最大出力 130dB 以上
THD 0.1%以下 @ 100 dB SPL
最大入力 5W RMS
最小入力 100mW 以上
推奨入力レベル 250mW 以上
付属品 4ピンミニXLR ステレオケーブル/190cm
トラベルケース

商品詳細

Audeze LCD-XC 2021

ヒーローイメージ

Audezeを代表する平面磁界型ヘッドフォン(密閉型)LCD-XCがバージョンアップされて、「LCD-XC 2021」として新発売。LCD-XCはAudezeを代表する平面磁界型ヘッドフォンLCD-X(開放型)をベースとした密閉型ヘッドフォンです。レコーディングスタジオで、ミックスダウンや、マスタリング等を担当する現役のエンジニアからの要望をもとにバージョンアップが施されています。

  1. 主な改善点
    ・現役のスタジオ・エンジニアから特に改善を強く要望された「高域の特性の改善」
    (オリジナル LCD-XC の周波数特性-4kHz 付近を中心に音質改善を実施)

    ・ドライバーのマグネットの構造や Fazor waveguide の形状を改良

    ・フィッティングだけでなく、優れた遮音性と質の高い低音再生を実現した新規設計イヤーパッドを採用
    hoge画像
  2. 主な特徴
    ・ハウジングの素材にカーボンを採用
    外部ノイズに影響されない為に、ハウジングにはカーボンを採用しています。

    ・空気の流れを調整し帯域のバランスを整える「Fazor™テクノロジー」を採用
    Audeze が特許出願中の独自技術「Fazor™テクノロジー」は、平面磁界ドライバーから出力されたサウンドを正確に伝え、正確な位相を実現することにより、楽器やボーカルの位置を正確に表現したサウンドステージが展開されます。

    ・より薄く効率を向上させた新しいトランスデューサーを採用

    ・出力を最大近くまで上げても歪みが生まれにくい独自開発した磁気構造

    ・正確な音源再生を可能にする独自設計の超薄型ダイヤフラム

    ・LCD シリーズ専用の高品質ヘッドフォンケーブル付属
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
ドライバー構成 型式:平面磁界駆動型
マグネット構造:Proprietary
フェーズ:Fazor™テクノロジー搭載
マグネット:ネオジウム N50
ダイアフラム:Ultra-thin Uniforce™
振動版(寸法) :106 mm
インピーダンス 20Ω
音圧感度 100dB / 1mW
再生周波数帯域 10Hz - 50kHz
ケーブル仕様 ヘッドホン側:ミニXLR 4pin
アンプ側:6.3mm 標準プラグ ケーブル長:190cm
本体重量 約677g
スタイル オーバーイヤー、密閉型
最大出力 130dB 以上
THD 0.1%以下 @ 100 dB SPL
最大入力 5W RMS
最小入力 100mW 以上
推奨入力レベル 250mW 以上
付属品 4ピンミニXLR ステレオケーブル/190cm
トラベルケース

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5

低音の質

4.5

細やかさ

5

迫力

4

音場

5

遮音性

5

音漏耐性

5

1人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

これ以上の密閉型はDCA STEALTHのみ

タイトル通りです。
再生環境はWin11 PC→EarMen Tradutto/CH-Ampです。

音質は価格を考えると優秀です。周波数特性はフラットか、やや高域寄りです。特に中高域から高域にかけては刺さる訳ではないものの独特の押し出し感を覚えます。中域は同価格帯の密閉型では突出して優秀で、どういうトラックでも録音の現場に立ち会っているような再現性があります。低域は聴くジャンルによって薄いと感じるかもしれませんが、むしろ音源に問題がある場合が大半です。サブベースまでキッチリ鳴らすからこそ80Hz以下をバッサリ切るようなJ-POP的ミキシングを酷い音で再生します。周波数特性の穴の無さで競合するのはDCA STEALTHだけです。

音像・音像ともに同価格帯の密閉型に競合が居ないほど優れています。どのトラックを何処に配置しているのか容易に掴めるので、ガチャポップだろうがフルオケだろうが自然に聴かせます。楽曲に掛けられた空間系EQの意図が広さ方向なのか、そもそも遠い音として処理したいのかまで汲み取る精緻さがあります。この点においてはLCD-5やMM-500を超えていると思います。

外観・装着感は価格なりか、やや劣ります。カーボン製のハウジングにデカデカと印字されたAUDEZEロゴは若干ゲーミングギアを連想して、ちょっとイキり気味で落ち着いた高級感が欲しくなります。ヘッドバンドやイヤパッドは古典的な作りながら凄く行き届いた設計で着け心地は良好ですが700g近い重量を忘れさせるには無理があります。頭頂部や側頭部は快適でも、映画1本観る頃には首が軋みます。辛いと感じる人にはLCD-5やMM-500を推奨します。

個人的にAUDEZEはLCD-5を境に明確な設計思想の世代交代があったと感じていますが本機は、その過渡期に生まれた偶然の傑作だと思います。新世代機を買う予算があっても、あえて本機を選ぶくらいには全てがウェルバランスでまとまっています。

続きを読む

名無し さん (2023/12/08)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1