1. トップ
  2. 特集ページ

音楽プレイヤー(DAP)おすすめ4選|Android搭載やハイレゾ対応製品まで紹介!

音楽プレイヤー(DAP)とは

普段音楽を聴くとき、何を使って再生をしていますか? iPhoneやXperiaなどのスマートフォンで音楽を聴く人は多いですね。

ただ、スマートフォンで音楽を聞いているとバッテリーの消費が気になったり、もっといい音質で聞いてみたいと思うことがあると思います。そこで活躍するのがデジタル音楽プレイヤーです!

専用の音楽再生機器のことをデジタルオーディオプレイヤーと言います。DAPと略され、広義ではデータ音源をアナログで再生できる機器の全般の事です。音楽再生をメインの機能とする専用機器のことですね。

最近のスマートフォンもほとんどのものがイヤホンやヘッドホンを接続して、内臓の音源やWEB上の音源をストリーミング再生できますが、DAPは前述のとおり『音楽を再生することに特化した機器』なので、スマートフォンのようにきれいな写真を撮ったりはできないですが、高音質の音楽再生が可能です!

音楽プレイヤー(DAP)の選び方

音楽プレイヤーの違い

音楽プレイヤーによって音には違いがあります。プレイヤーは形や色、大きさに違いがあるのはもちろんですが、そのサウンド傾向も機種によって大きく変わってきます。音の傾向に加え、普段使っているイヤホンとの相性や、使用している音楽ストリーミングサービスに合わせて、音楽プレイヤーを選ぶのがおすすめです。


音質が違う

 

メーカーやプレイヤーにより、音の特性は異なります。低音がしっかり出てきてくれるものやボーカルなど中音域がきれいなものなど、プレイヤーによって音の性質は変わります。実際に聴いてみて好みの音を探すのが一番です!


機能が違う

 

プレイヤーには様々な機能が搭載されており、再生したい音源や使用用途によって選ぶことができます。ちょっとした便利機能から、この機能があるから購入したいと思うような魅力的なものまでたくさんあります。

 

・USB DAC機能
PCやスマートフォンなどとUSBケーブルで接続し、接続した機器の中で再生しているものをデータごとプレーヤーに転送し、プレイヤーの音でそのデータを再生できる機能です

・Bluetoothレシーバー機能
上述のUSB DAC機能をBluetoothを使用し、無線で行える機能です。Bluetoothで転送するため、USBで接続するより音質は下がってしまいますが、ケーブルで接続しないため、フレキシブルな運用が可能になります。

 

・LINK機能
メーカーによって呼び名は様々ですが、スマートフォンとプレイヤーをBluetooth、Wi-Fiなどで接続し、スマートフォンをリモコンとして使用することで、遠隔でプレイヤーを操作できる機能です。プレイヤーは常にバッグやポケットに入れたままで選曲が可能なため、大変便利です。


価格でこだわりが違う

 

音楽プレイヤーも価格が様々ですがそれぞれ音質に対して思い思いのこだわりがあります。どこのパーツや開発にコストをかけるか、はたまたコストを削減するかなどで、価格が異なっています。高額なものほどそのこだわりが強く表れていますが、手の届きやすいものでもコストの許される範囲内で最大限のこだわりが表れています。

 

・1~3万円
コンパクトに運用ができて、音質・最低限のシンプルな機能性を持っています。スマホの他にプレイヤーを試してみたい方や、コンパクトな機種が欲しい方にお勧めの価格帯です。

 

・3~5万円
音質はもちろん、機能性にも優れた機種がそろっています。メーカーごとの特性なども色濃く出てくる価格帯です。

 

・5万円~
さらにこだわりたい方へ。さらなる音質を楽しむことができ、自宅でゆっくりと聴きたいときにいでも安心のクオリティで音楽を提供してくれます。

音楽プレイヤー 一覧       →


 

イヤホン(ヘッドホン)の接続方式で選ぶ

メーカーやプレイヤーにより、音の特性は異なります。低音がしっかり出てきてくれるものやボーカルなど中音域がきれいなものなど、プレイヤーによって音の性質は変わります。実際に聴いてみて好みの音を探すのが一番です!


接続端子の違い

DAPには音質向上を目的としたバランス端子と呼ばれる特殊な端子が搭載されている場合があります。このバランス端子は、2.5mmと4.4mmの端子があり、3.5mmアンバランス端子と呼ばれている一般的なプラグとは穴の径が異なります。このバランス端子を利用することで、左右の音を完全に分離することが可能になり、ステレオ感の向上、左右の信号の混信を防ぎ、ノイズを低減させることができ、低歪で繊細なサウンドを実現できます。


3.5mmアンバランス接続

 

 

スマートフォンや携帯ゲーム機等、幅広い機器が搭載しているプラグです。特殊なものでない限りはたいていの音楽プレイヤーにも搭載されています。


2.5mmバランス接続

 

 

メーカーやプレイヤーにより、音の特性は異なります。低音がしっかり出てきてくれるものやボーカルなど中音域がきれいなものなど、プレイヤーによって音の性質は変わります。実際に聴いてみて好みの音を探すのが一番です!


4.4mmバランス接続

 

2.5mmバランス接続に続いて登場した端子です。仕組みは2.5mmと大きく変わりませんが耐久性などの面で2.5mmに勝る一方、2.5mmに比べて搭載機種が高価なものが多い傾向にあります。


6.3mmアンバランス接続

 

3.5mmアンバランス接続と仕組みは同じで業務用の機器などに多く用いられるより大きいサイズの端子です。持ち運びを前提とした音楽プレイヤーにはほとんど搭載されていません。


音源で決める

 

普段どんな音楽サービスで音源を聴いているかで、プレイヤーを選びましょう。

音楽ストリーミングサービスをプレイヤーで聞く場合はAndroid搭載のプレイヤーやストリーミングに対応したプレイヤーが必要になります。


 ストリーミングで聴く

 

月額料金を払うことで、豊富な楽曲を利用することができる音楽配信サービスで、音楽を聴く方が増えています。通常の音楽プレイヤーでは聴くことはできないので、利用したい音楽サービスに対応したプレイヤーを選びましょう

音楽ストリーミング(サブスクリプション)とは
無料なものや定額制のものなど様々ですがSpotify等に代表されるネット上の音源を再生できるサービスの総称です。プレイヤーやスマートフォンに入れていない音源もすぐに楽しめるメリットがあります。


データを落とす

購入したCDや・ダウンロードした音源を直接プレイヤーに取り込み、再生する方法があります。


機能で選ぶ


スマホとの違い

スマートフォンは、音楽再生に使用する以外の様々な回路により、内部で発生するノイズも多くなり、音の再生に使う回路のスペースも限られています。対して、音楽プレイヤーは、音の出力を上げるアンプや音質を左右するDACと呼ばれるパーツ等の機器や回路を専用機器ならではのこだわりでより質の高いものを搭載しています。また、ノイズキャンセル機能やイコライザー機能を備えた機種もあり、スマートフォンよりも音楽再生に特化した設計がなされています。



DAC

DAC(DigitaltoAnalogConverter)は、デジタル信号をアナログ音声に変換する回路や機器を指し、音質を左右する重要な部分です。使用しているDACの種類や搭載されている数、回路などによって音が変化します。



ファイル形式

一般的に音楽プレイヤーは、FLAC/WAV/MP3等を筆頭に様々な拡張子に対応しています。FLAC/WAV等のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ規格のデータも存在します。ご自身がお持ちの音源に合ったものを選びましょう。

 


操作感

 

昔ながらの物理キーやホイールのみの操作のものから、タッチパネルを搭載したもの、はたまたAndroidスマートフォンとほとんど同じような操作感のものまであります。



出力端子

 

上述のように音楽プレイヤーの中には、3.5mm出力以外に、『バランス接続』が可能なものがあります。左右の分離感が向上し、より鮮明で繊細なサウンドを楽しむことができるようになります。



ストリーミング再生

最近の機種にはスマートフォンのように他社製のアプリケーションを使用できるものがあります。それを利用してSpotify等のストリーミングサービスの音源を再生できます。対応しているアプリケーションも機種によって異なるのでご自身がお使いのアプリケーションに対応しているかチェックしましょう。



メモリ

音楽プレイヤーのメモリは、本体に直接保存する内蔵メモリとスロットを搭載し、microSDカードなどを使用する外部メモリに分けられます。プレイヤーにメモリを内蔵しておらず外部メモリーに依存する機種や、内蔵メモリーを持ちつつ、外部メモリーも使用可能な機種もあります。また、外部メモリーの認識には最大容量があるため、その容量を超えるメモリーカードは使用できないことがあります。



OS

Googleが開発した『Android OS』や、メーカー独自のものが多いです。OSとは、実際に使用する機器の操作を制御するプログラムのことで、身近な独自OSプレイヤーの例としては、android非搭載のwalkmanがあります。一般のスマートフォンでは、起動後、ホーム画面が表示されますが、多くの独自OS搭載のプレイヤーでは、音楽再生
に特化しており、起動後、楽曲選択の画面が表示されることが多いです。



ハイレゾ

 

CDのクオリティ(16bit/44.1kHz)を超える音質の音楽データを指し、音源によってはCDの約3倍~6.5倍(24bit/96kHz~24bit/192kHz)の情報量になります。ハイレゾ音源を再生するためには、ハイレゾに対応した音楽プレイヤーである必要があります。最近のオーディオプレイヤーはハイレゾプレイヤーとも呼ばれるようにほとんどの機種がハイレゾに対応していますが、ハイレゾにも情報量のグレードがあるので聴きたい音源の情報量を最大限再現できるか確認しましょう。

初心者におすすめの音楽プレイヤー(DAP)4選

“ストリーミングも、ハイレゾ級高音質

SONY NW-A100シリーズ

 


  ・連続再生時間: 最大約26時間
  ・ストレージ: 16GB~64GB

  ・拡張スロット: microSDカード×1

 

コンパクトな筐体に無限の可能性

 

そのコンパクトなボディとは裏腹に、しっかりとしたパワフルなサウンドが魅力的。1音1音もしっかりと粒立っており、やや鳴らしにくいIER-Z1Rも満足感がある鳴らし方をしてくれています。

 

味付けとしてはAシリーズらしい元気めなメリハリが付きつつ、過度な嘘くささはありません。ソニーらしい粒立ちの良さや解像感の高さも健在で、初めてのハイレゾ対応DAPの購入にもピッタリです。NW-A50とはやはり近い傾向がありつつも、ノイズの少なさや低域の質感など、細かな点で進化しているように感じました。従来のAシリーズをお持ちの方の買い替えにもオススメです。

 

また、Android搭載によるスマートフォンライクな操作や、YouTubeなどのアプリの使用も非常に快適。もともとスマートフォンにしか触れたことがないという方もスムーズに移行できるのではないでしょうか。

 

総じて、ソニーによる4年ぶりのAndroid搭載DAPとしての気合を感じる出来栄えです。それをAシリーズのサイズ感に落とし込み、運用できるというのは非常に面白いコンセプトだと思います。上述の通り、初めてのDAPにも、ハイエンドユーザーのサブ機としても、色々な使い方をイメージしたくなる1台です。

さらに詳しく見る       →

スタッフレビュー

梅田EST店
みくぺ
Twitter

DAPデビューにおすすめ!!優等生さん!


SONYのウォークマンに待望のストリーミング機能が!

 

これは向かうところに敵はないのではないでしょうかとおもうくらいに癖のない素直で真っすぐな音に思わず顔がにやけてるよ!といわれてしまいました。非常にタイプです。

 

コンパクトで手に持ちやすく、片手で操作しやすいところがポイントでサクサクといけちゃいます。

 

中高域が澄んでいてで明涼感のあるサウンドで、滑らかに流れ込んでくれ煌びやかに耳を潤してくれシンバルやウインドウチャイムなどの金物類と相性がよく、奥の奥まで細かく作りこまれていて音の抜け感も雑にならず、刺さることなく丁寧に鳴らしてくれます。

 

ボーカルやストリングスなども艶やかで伸びやかでやりすぎることなく自然でギターなども音の粒がしっかりそろっており分離感もしっかりしております。

 

低域は重低音というわけではありませんがしっかりと聴いており他の音とバランスがとれているかんじです。ベースの弾力感やバスドラムのアタック感があって音も埋もれずに聴こえてどの音も邪魔をしません。
引き立てあっているという感じです。スバラシイ。

 

空気感を作るのが上手で爽やかなJPOPや澄み切った女性ボーカルとはもう大得意ですし、どのジャンルでもそつなくこなす優等生です!!!

 

アンバランス接続のみの搭載ですが、それだけでもう充分満足というくらい
完成度が高いです。初めてのDAPはこれを1つ持っていれば間違いないです◎

 

是非とも一度お手に取って聴いてみてください!

NW-A100シリーズ 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

 

 


 

“最小クラスDAPで、侮れない性能

FiiO M5

 


  ・連続再生時間: 最大約13.5時間
  ・ストレージ: 無

  ・拡張スロット: microSDカード×1

 

超コンパクト

 

この小さい筐体から出る音とは思えないパワフルなサウンドで、全体的に前のめりで軽快なドンシャリ系といったイメージでFiiOらしさ全開です。聴いてて楽しくなります。

 

ロックやアニソンなどに合わせると楽しく聴けると思います。パワーもしっかり出るので大抵のイヤホンならしっかり鳴らしきれると思います。

 

パワーや音の質を考えればメインにもなりうると思いますが、外出用のサブなど様々な場所で活躍できそうです。是非。

さらに詳しく見る       →

スタッフレビュー

秋葉原店
かっしー
Twitter

まさにエブリデイキャリー!


大きさに驚き、音に驚きました。このサイズでこんな音が出るのかと…。CNC加工のアルミボディは約38gととても軽く、手で握れる程のサイズ感です。

 

付属の透明クリップホルダーを使用すれば、ポケットやベルトループ、カバンなどに装着できます。僕は主にカバンの内ポケットに付けて使っていますが、クリップの安定性が高いので、使い勝手がいいです。

 

音に関してですが、見た目からは想像できない迫力がありながら繊細な音を鳴らしてくれます。帯域のバランスがとれているので、どんなジャンルでもそつなくこなす優等生DAPです。

 

普段スマホで音楽を聞く方でも、「DAPって良い音なんだな」と納得頂ける音質だと思います。また、比較的鳴らしにくいと言われるPinnacle P-1をしっかりと鳴らすパワーも兼ね備えています。個人的にこの出力の高さは魅力的です。

 

DAPを持ち歩くということは、昨今流行りのミニマルなライフスタイルに逆行するようですが、M5はまさに、毎日持ち歩くものの一つになるのではないでしょうか。

M5 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

 


 

“ミドル級にして万能機

HiByMusic R5

 


  ・連続再生時間: 最大約18時間
  ・ストレージ: 16GB

  ・拡張スロット: microSDカード×1

 

4.4mm端子を搭載ストリーミングも

 

あまり癖はなく透き通るような優しい音色です。得意不得意はなさそうですが強いて言うならバラードや静かな楽曲で特に映えそうです。もちろんロックでも丁寧に鳴らしてくれますよ。

 

イヤホンとの相性もほとんど選ばず順応してくれそうなキャラクターなのでイヤホンをとっかえひっかえしたい方にもお勧めできます。個人的には「サカナクション」の楽曲をWESTONEのUM PRO30で聴いたときに様々な楽器が入り混じるサカナクションの楽曲の雰囲気をうまく表現できているなと感じました。艶やかな部分はより艶やかに、元気な部分はより明るく、メリハリの利いた優等生的サウンドです。

さらに詳しく見る       →

スタッフレビュー

秋葉原店
けいてぃ
Twitter

4.4mm端子を搭載してストリーミングも使えちゃう


あまり癖はなく透き通るような優しい音色です。得意不得意はなさそうですが強いて言うならバラードや静かな楽曲で特に映えそうです。もちろんロックでも丁寧に鳴らしてくれますよ。

 

イヤホンとの相性もほとんど選ばず順応してくれそうなキャラクターなのでイヤホンをとっかえひっかえしたい方にもお勧めできます。

 

個人的には「サカナクション」の楽曲をWESTONEのUM PRO30で聴いたときに様々な楽器が入り混じるサカナクションの楽曲の雰囲気をうまく表現できているなと感じました。艶やかな部分はより艶やかに、元気な部分はより明るく、メリハリの利いた優等生的サウンドです。

 

4.4mmバランス使ってみたかったけど高くて手が出なかった・・・ストリーミングサービスをよく使うけどもっといい音で聴きたかった。そんな方に特におすすめです。

 

小型軽量で手馴染みも良く持ち運びは良好。サウンドも素直でオールラウンダー。このサイズこの価格で4.4mmを搭載。Android OSを搭載し様々なアプリケーションにも対応。推しどころしかないこのR5。是非に。

R5 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

 


 

“ミドルクラスのDAPの決定版

iBasso Audio DX160 ver.2020

 


  ・連続再生時間: 最大約12時間
  ・ストレージ: 32GB

  ・拡張スロット: microSDカード×1

 

夜空の星のように輝くサウンド

 

音場が広めで臨場感あふれるサウンドを鳴らしてくれます。広い空間で音を一音一音拾ってくれるので、多ドライバーのBA型イヤホンとの相性が良いように感じました。実際に4BAドライバのNoble Audio SAVANNAで聴いてみると、BA型特有の繊細さをより感じることができました。芯がある音というよりは、広がりのある音なので、きらびやかで元気な音が好みの方はハマるのではないでしょうか。

 

ハードウェアの面ではディスプレイの質に目を見張るものがあります。5インチのFull HDディスプレイは解像度が高く、お気に入りのアルバムアートを綺麗に表示できます。ベゼルレスでタッチの感度も良好なので、ストレスフリーな操作が可能です。

さらに詳しく見る       →

スタッフレビュー

スタッフ

プレイヤーのエントリー 音で選ぶならこれ!


DX160 ver.2020の1番の魅力は出力が高いところです。パワーがあるので、音に迫力があります。音は低音が効いていて厚みを感じました。

 

透明度が高くクリアで音場が広いので、いろんなイヤホンに合わせやすく楽しめるプレイヤーだと思いました。

 

プレイヤーとしては手頃な値段ですが、価格以上の利便性があり4.4mmバランスを搭載していて、さらにJDI製のフルHD液晶ディスプレイを採用しているので、画面の綺麗さにとても驚きました。

 

操作性やバッテリーの持ちなど少し気になるところはありますが、普段使いとしては十分楽しめるDAPです。Androidを搭載しているのでストリーミング機能が使えるなど、便利な機能がたくさんあります、エントリーで音で選ぶならDX160 ver.2020で間違いないと思います!

 

実は私もスマホからのステップアップとして購入しましたが、とても気に入って使っています。初めてDAPを検討される方にぜひオススメしたいDAPです!

DX160 ver.2020 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる