1. トップ
  2. 特集ページ

【2024年4月最新】おすすめの「ながら聴き イヤホン」特集新しい音楽体験 専門店スタッフが厳選

ランニングをしながら、友人と会話を楽しみながら、または、仕事をしながら。日常の音を聞き逃すことなく、音楽を取り入れる ”ながら聴き”が近年注目を集めています。

今まで、どこか閉鎖的だった音楽リスニングの壁を取り払ってくれる、この画期的なツールを、比較やレビューを交えながら、人気のモデルから珍しいモデルまで、様々なタイプの製品をご紹介!

今までのリスニングスタイルとは全く逆の発想のイヤホンで「聞こえない」不安から開放されてみませんか?

【イヤホン・ヘッドホン専門店】e☆イヤホン

e☆イヤホンは、日本初&日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店です。全国に4店舗(秋葉原店、大阪日本橋本店、名古屋大須店、仙台駅前店)とWeb通販を展開しています。ポータブルオーディオ取り扱いアイテム数は25,000を超えます。お気に入りの1台がきっと見つかるはず!

イヤホン 高額買取

「聴き」ながら「聞く」、ながら聴きとは?

通常のイヤホンは程度の差こそあれ、耳を密閉するかたちであるのが一般的です。遮音性を確保することによって、イヤホンが持つ本来の音を 鼓膜まで届けることが出来ますが、それゆえにイヤホン以外の音を聞くことが出来ない、という大きなデメリットがありました。

 

”耳をふさがずに、周りにも気を配りながら自分だけの音楽を楽しめないだろうか?” ”ストリーミングサービスが普及し、音楽をもっと簡単に聴ける現代だからこそ、もっと日常に音楽を取り入れられないだろうか?”

 

そういう発想で生まれたのが ”ながら聴き” という新しいスタイル。 普段の生活を、もっとカジュアルに、音楽で彩ってみませんか?

 

聴きながら、普段通りのコミュニケーション

ふいに話しかけられたとき、議論を交わしている時でも、「聞こえない」という不安はありません。 耳をふさぐことがないので、自分の声がこもらず、ストレスフリーに会話ができます。


自分だけのBGMで気分を演出

気分を上げたいときや心を落ち着かせたいときなど、いつもの世界に お気に入りの音楽を付け加えてみませんか?


危険な場面でも、瞬時に察知

周囲の音をしっかりとらえることが出来るので、車が接近してきたときや、 アナウンス・警告音などを聞き逃さず、とっさの場面でも安心です。

※ 音量を上げすぎると、環境音が聞きづらくなったり、音漏れが発生しますのでご注意ください。


 

↓↓ながら聴きにおすすめの製品ついて、こちらの動画でも詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください↓↓

【8機種比較】耳をふさがない!ながら聴きイヤホン聴き比べ!音漏れ・音質を比較レビュー!【SONY・Shokz・AVIOT・オーディオテクニカ・Cleer・Oladance・Victor】

イヤホン 高額買取


オススメ製品紹介

Bose (ボーズ) 「Ultra Open Earbuds」

⾳を着る、世界が変わる

周りの⾳を取り⼊れながら、⾃分だけの豊かなサウンドを楽しめます。「周りとつながれる」オープンイヤーデザイン。OpenAudio™テクノロジーが少ない⾳漏れで、⾼品質サウンドをあなただけに届けます。

OpenAudio™テクノロジーが少ない⾳漏れで、⾼品質サウンドをあなただけに届けます。

ボーズイマーシブオーディオ搭載で、⽴体的で包み込まれるような⾳楽を再⽣します。

装着感
4.5
音楽の聞き取りやすさ
5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4
音漏れのしにくさ
5

e☆イヤホン

しょうちゃん

「普段使い」のひとつの答え


装着時には少しコツがいりますが、耳の後ろにくる物理ボタンが搭載された円柱型の部分と、スピーカー部分の間が柔軟な素材でできており、耳の大きさに関係なく装着しやすいと感じました。


肝心の音質に関しては、耳を塞がないイヤホンらしからぬ迫力と解像度の高さが印象的でした。特にBOSEが得意とする低域の表現は「さすが」の一言です。耳を塞いでいないのに低域が逃げていかず、耳の周りを覆うかのような表現で、スピーカーで音楽を楽しんでいる時と同じ感覚になりました。


また、「イマーシブオーディオ」をONにすると、より音の広がりが増し、ダイナミックかつ開放的なサウンドになる印象です。


普段使いでイヤホンをお探しの方や耳を塞がないイヤホンをお求めの方、音質と使いやすさを追求される方には特におすすめの商品です。ぜひお試しください!

Ultra Open Earbuds 商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


HUAWEI (ファーウェイ) 「FreeClip」

C-bridge Design、形状記憶合金、圧倒的な安定感

1万人以上の人間の耳のデータを基に、人間工学に基づき何百回もの最適化を行いました。様々な耳のサイズと形状に合い、スポーツ中でもしっかり耳にフィットして、激しい運動でも落ちにくくなっています。片耳の重量はわずか約5.6gのため、長時間装着しても快適です。

1回のフル充電で、イヤホンのみでは最大8時間の連続音楽

広範囲タッチコントロールにより、操作がより簡単に

装着感
4.5
音楽の聞き取りやすさ
4.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4
音漏れのしにくさ
5

e☆イヤホン

わか

「快適さ」と「高音質」を両立させた ながら聴きイヤホン


軽量で締め付け感が無いのにもかかわらず、音の出る「アコースティックボール」部分が耳の中にしっかりとホールドされ、安定性と快適な使用感の両立がなされています。レビュー時にメガネを装着した状態で使用しましたが、メガネとの干渉はありませんでした。

 

また、タッチによる操作もとても快適です。タッチ操作可能範囲がとても広く、「C-bridge」とよばれるケーブル部分を中心にイヤホン本体の複数箇所をタップして確認を行いましたが、どの部分でもしっかりと反応してくれました。

音質については、重低音は量感が少ないと感じるものの、低音域から高音域までバランス良く聴かせてくれます。他のながら聴き製品と比較すると、低音域の量感がありつつも、全体的な音の明瞭感がトップクラスに良く感じました。

FreeClip 商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


SONY (ソニー) 「LinkBuds/WF-L900」

着けていることを忘れる、完全ワイヤレス。

「LinkBuds」は完全ワイヤレスタイプのながら聴きイヤホンです。イヤホン本体は、小さな球体とドーナツ型のリングがくっついた形をしており、リング部分がスピーカーとなってます。リングの真ん中に穴が空いていることで耳の穴を完全には塞がない設計となっており、周囲の音を聴きつつ、音楽を楽しむことができるようになってます。完全ワイヤレスイヤホンの中でもかなり軽量小型の設計です。ソニーの大人気ワイヤレスイヤホンWF-1000XM4からイヤホン本体は約51%小型化、充電ケースは約26%小型化しています。

ソニー独自開発のリング型ドライバーユニットを採用

WF-1000XM4に採用された統合プロセッサーV1搭載。

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
5
音漏れのしにくさ
3

e☆イヤホン

ケイティ

twitter

楽しみ方はあなた次第。ながら聴きも本気聴きもあり!


SONYの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」はイヤホンなのに真ん中に穴が開いていてなんとも不思議な形状です。充電ケースは500円玉より一回り大きいくらいで、イヤホン本体もかなり小ぶりです。つけている重みをほとんど感じず、外の音や空気が耳に触れるのでイヤホンをつけていることを忘れそうになりました。

 

今回特に驚いた機能が「ワイドエリアタップ」です。従来のワイヤレスイヤホンは、本体にタッチセンサーやボタンがあって、それらを触る・押すことで再生停止などの操作が可能でした。ですが、この「LinkBuds」に搭載された「ワイドエリアタップ」で触れるのは、「ユーザーの顔」です。耳からほほの辺りを軽く「トトン」とタップすると再生停止などの操作が可能です。これが非常に便利で、本体のボタンやセンサーの位置を探すことなく操作ができるので今までのものよりも早く慣れることができました。

 

音質に関して、想像以上に音が良いと感じました。ながら聴きや骨伝導などの外部の音が聞こえるタイプの製品は低音が損なわれがちです。ですがこの「 LinkBuds」はしっかりと低音まで聴かせてくれます。音の情報量も十分に出せていて、細かいニュアンスまで再現してくれています。外の音と音楽が混ざることで、日常にBGMが付加されたような感覚になれます。なにかをしながらのリスニングでなくても、この感覚を楽しむためにこの「LinkBuds」で音楽を聴きたくなりました。

 

あなたはどんなシーンで使いますか?

LinkBuds商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


SONY (ソニー)「Float Run」

耳の前にスピーカーが浮く、ソニーのスポーツギア

開放型(オープンイヤー)を採用し、快適な装着感と高音質の両立を実現しました。耳の前にスピーカーが浮くという新たなリスニングスタイルが、まるで浮遊しながら走っているような、気持ちの良いランニング体験をもたらします。また、耳をふさがないため圧迫感がなく、イヤホンをしていても周囲の音を自然に聞くことができます。
一般的なイヤホン同様、スピーカー(ハウジング)から音が聞こえるため、骨を揺らす骨伝導イヤホンとは、音を鳴らす仕組みが異なります。比較的大きな音量で使用することが多いランニング時も、耳の中に挿入するインイヤーのように蒸れたりせず、より快適に利用することができます。

開放型(オープンイヤー)の中でも、耳の前にスピーカーが浮く「オフイヤー」デザインを採用。

快適なランニング体験を叶えてくれます。

16mmドライバー搭載により、厚みある低音域から、透明感ある高音域にいたるまで、バランスの良い高音質が楽しめます。

装着感
4.5
音楽の聞き取りやすさ
4
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4
音漏れのしにくさ
3

e☆イヤホン

わか

ネックバンド型の新たな有力候補現る


SONY Float Runは中高音域の音が美しい「ながら聴き」イヤホンです。

耳に掛ける部分は固定式で、耳の形に合わせて変形することはできませんが、装着感は良好です。メガネをかけた状態でFloat Runを装着して試聴を行いましたが、耳が小さめな私であっても軽く体を動かす程度では外れそうと感じることはありませんでした。

 

骨伝導イヤホンは体を動かすと接触面がズレることで聴こえ方が変わってしまう印象ですが、Float Runは音が発生するドライバーと耳が元から離れており、多少ズレただけでは聴こえ方に変化がない点も好印象でした。

 

ドライバーが肌に当たらないことで、振動によるむずがゆさや、汗をかいた際のかゆみなどに悩まされることもありません。視聴時間は15分程度でしたが耳が痛くならなかった点もgoodポイントです!

 

肝心の音質は、中高音域メインのサウンドです。ながら聴きイヤホンは、耳を塞がない構造上中高音域寄りの製品が多いですが、「中高音域の音が美しい」と感じたのはFloat Runが初めてでした。

 

普段から自宅ではスピーカーをメインに使用し、スピーカーの音の鳴り方が好きな私ですが、Float Runはまさに耳の近くに小型のスピーカーを配置したような解放感と解像度感をしっかりと感じることができました。

 

正直なところ低音域に関しては他のながら聴きイヤホンと比較しても量感が少なめではありますが、逆に言うと低音域をブーストすることでブーミーで解像感が低い音になっていることはありません。

 

また、高音域が強めのチープな音だったりすることもなく、むしろ中高音域の美しさを感じさせる音作りは流石だと感じました。

 

是非店頭にてお試しください!

Float Run 商品ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


AVIOT (アビオット) 「TE-S1」

オープンタイプの開放感と従来型イヤホンのメリットを両立

耳をふさがず装着できるので、周囲の音を聞きながら音楽を楽しめます。運動中やオンラインMTGでの使用はもちろん、カナル型が苦手な方、汗による蒸れが気になる方にも快適に音楽をお楽しみいただけます。さらに10mmダイナミックドライバーを採用。さらに「音漏れ抑制モード」も搭載しており、周囲を気にすることなくオープンタイプの開放感をお楽しみ頂けます。オープンタイプのメリットと高音質を両立した“ながら聴き”モデルの決定版と言っても過言ではないイヤホンです。

3点で支える独自の装着方法で、開放感と安定性を両立。長時間の着用でも疲れにくい装着感。

イヤホン単体で8時間の連続再生が可能。日中、途切れずに音楽を楽しむことが可能です。

装着感
3.5
音楽の聞き取りやすさ
3.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
5
音漏れのしにくさ
5

e☆イヤホン

しょうちゃん

会話も周囲の音も普段通り!外でも安心のながら聴きイヤホン


AVIOT「TE-S1」は、普段の生活の中にBGMを添えてくれる「ながら聴き」に最適な完全ワイヤレスイヤホンです!

 

初めは自分の耳にフィットさせるのが難しかったのですが、3点で支える装着方法のおかげで一度フィットすれば安定した装着感が得られると感じました。付属の3サイズのイヤーウィングによりフィット感を調整することができます。

 

オープンタイプのイヤホンで気になる音漏れについては、全くと言って良いほどなく、電車やカフェでも使いやすいと感じました。

 

音に関しては、日常生活に溶け込むようなスッキリとしたサウンド傾向です。普段生活している中にBGMがかかっているかのような、自然でサラッと聴きやすく、ながら聴きに特化している印象でした。

 

周囲の音はイヤホンを着けていない時と同じようにはっきりと聞こえ、会話も問題なく行えました。

 

何気ない日常に華やかなBGMを添えてくれる、外でも安心して使用できるおすすめのイヤホンです!装着方法やフィット感を含め、是非一度お試しください!

TE-S1ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


ambie (アンビー) 「AM-TW01」

耳をふさがない、ケーブルもない最高に自由なイヤホン

耳をふさがないながら聴きイヤホンambieについにケーブルのない完全ワイヤレスモデル登場。オープンイヤー型最小最軽量だから、つけていることを忘れてしまう快適さ。イヤーカフ型のデザインでアクセサリー感覚で楽しめます。CVC8.0対応のクリアな通話音質と、耳をふさがないスタイルで日常を快適に過ごせます。

1日中ずっとつけていたい心地よいカタチ。イヤーカフ型で装着時のストレス軽減

完全ワイヤレスオープンイヤー型イヤホンで最小最軽量を実現。(片耳約4.2g)

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
3.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4.5
音漏れのしにくさ
3

e☆イヤホン

ゆーきゃん

twitter

イヤリングのような装着感に感動


まずは特殊な見た目に注目してください、イヤリングのようなビジュアルですがこれ、音が出るんです。ちゃんと音楽も聴けますし、通話もできちゃうんです。最高か?装着感による性質上、音質はそこまで高いものとは言えませんが、BGM程度に流すには十分すぎるクオリティです。

 

<こんな人にはおすすめ!>

・普通のイヤホンだと耳が痛くなる、耳に合わない
・スタイリッシュさが欲しい
・スポーツに使えるイヤホンを探している
・デスクワークなので声をかけられたり電話に出ることがある
・がっつり音楽を聴き込みたいというより、BGM程度に流してたい

耳にも優しいambie、めちゃくちゃおすすめです!

AM-TW01ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


Galaxy (ギャラクシー) Galaxy Buds Live

サウンドもファッションもより高みに。

あらゆるシーンに対応できるGalaxyの最新ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」が登場。特徴的なフォルムと人間工学に基づいたデザインは、耳にフィットしつつ周囲の音も取り込める設計となっています。進化したスピーカーは極上のオーディオ体験を演出。あなたのためにオーダーメイドされたかのようなサウンドをお楽しみください。

Galaxy Buds Liveの斬新フォルム

しっくり馴染み、ぴったりフィット

装着感
3.5
音楽の聞き取りやすさ
4.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4
音漏れのしにくさ
4

e☆イヤホン

ケイティ

twitter

会話のできる新感覚のノイズキャンセリング


そら豆のようなシェイプが特徴的な耳をふさぎ切らないノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホンです。個人的には装着感も軽く、かつ頭を振ったりジャンプしてもズレない高い保持力を持っている印象です。

 

ノイズキャンセリングについては、メーカー説明にもあるように低い音だけをあえてカットすることによって自動車や電車、飛行機などのエンジン、モーターの作動音や空調などの家電の作動音を効率よく遮断してくれました。

 

あえて人の声や高い音はあまり遮断しないような作りになっているため、音楽などを再生せずにノイズキャンセリングだけかけている状態だと車内アナウンスや発車ベル、職場の同僚の声などは聴きとりやすく、装着したままの会話も容易にできました。音楽をなどを再生した状態であればそれらの音もほとんど入ってこず、発車ベルやクラクションなどの大きな音だけは聴こえるような状態なので静寂さは保ちながらも安全性を確保した設計になっているようです。また、ノイズキャンセリングによる圧迫感は少なく、長時間の使用でも聴き疲れもしませんでした。

 

サウンドに関しては、インナーイヤー型らしく広がりのあるサウンドで、かつ低域の量感もしっかりと残しているため、低域が物足りなくなることはありませんでした。もし物足りなく感じた方には純正アプリのイコライザーの「低音ブースト」をおすすめいたします。

 

在宅ワークで家の空調の音だけを遮断して集中する、出歩いている際に不快な低い音は遮断しつつも危険信号には気付けるような状態にしたいというシーンでのご利用や通勤時や職場でのご利用にもおすすめできるイヤホンです。

Galaxy Buds Liveページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


AVIOT (アビオット) Openpiece Playful

あなたの毎日に溶け込む”Playful” な骨伝導!

「Openpiece Playful」はカジュアルなデザインとタフな性能で、「ながら聴き」 を豊かにする骨伝導イヤホンです。スポーツやトレーニングなどの激しい動きでもずれにくく、かつ長時間使用しても疲れにくい、安定したフィット感となっています。音に関しては耳を密閉しないことによる歪みを抑えた高音域と、ダイナミック型骨伝導ドライバーによる深みのある低音域を実現。また、日本語を聞きなれた人々が最も心地よく感じるサウンド「JAPAN TUNED」により、あらゆる楽曲を原音に忠実に、 かつ心地よく感じられる音作りとなっています。

周囲を気にせず使える「音漏れ抑制モード」

日本のブランドが紡ぎ出す、 繊細な日本の音

装着感
4.5
音楽の聞き取りやすさ
5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4.5
音漏れのしにくさ
5

e☆イヤホン

りょうにぃ

装着感も音も良い、タフな骨伝導イヤホン


AVIOT (アビオット)の「Openpiece Playful」は、カラフルでオシャレな色使いとタフな機能を搭載した骨伝導イヤホンです。

 

骨伝導イヤホンと言えば読んで字のごとく、骨を通して音を伝えるイヤホンなので、耳穴をふさがない「ながら聴き」にもってこいの製品ですが、今まで個人的には音質<解放感というイメージがありました。でも、この製品を聴いてみて最初に感じたのが、「音良くない?」でした。

 

それもそのはず、「日本のブランドが紡ぎ出す、繊細な日本の音」を掲げるAVIOTならではの、日本人に合った音質チューニングに加え、2つの音質モードを搭載するこだわりっぷり。

 

「高音質モード」、「音漏れ抑制モード」という2つのモードがあり、高音質モードはパワフルさを、音漏れ抑制モードは外にシャカシャカ音漏れしやすい高音の帯域を良い塩梅にすっと抑えてくれるような印象でした。

 

右側の物理ボタン操作で簡単に切り替えが可能で、会話中、電車内など、シーンに合わせて活躍してくれそうです。

 

本体が軽く、AVIOT独自のモダンフィットデザインは圧迫感なく耳周りにフィットするので、着け心地も良好。長時間使用しても疲れにくいというのは嬉しいですね。耳の裏側の出っ張り部分が適度なホールド感を提供してくれます。

 

最大12時間使用可能なタフなバッテリー、IP67の防水防塵性能、同時に2台接続可能なマルチポイント機能、音質調整、紛失防止機能などアプリでコントロールでき、この製品だけで八面六臂の活躍を見せてくれそうです。

 

テレワークなどのリモート会議だけでなく、スポーツ、通勤、旅行にとシーンを問わずに使える耳をふさがない骨伝導イヤホン、是非店頭でご体感ください。

Openpiece Playfulページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


Shokz (ショックス) OpenFit

すべての音を、解き放つ。オープンイヤー型リスニングバッズ

2層構造のリキッドシリコンを採用したイヤークッションコアが、しっかり耳にフィット。長時間の装着でも不快感を感じさせません。会話や音楽鑑賞など、一日中、快適に楽しむことができます。ドルフィンアークイヤーフックは、0.7mmの超極細な形状記憶素材が内蔵されたデザインです。人間工学に基づいた設計で、耳の形に自然に優しくフィットします。

Shokz OpenBass™は、低周波の振動を覆い隠すことなく、直接耳に向かって伝える独自の低周波強調アルゴリズムを採用しています。ダイナミックレンジコントロールは、リアルタイムでEQ(イコライザー)をダイナミックに調整し、どのような音量でも豊かで自然なリスニングを実現。これにより真のオーディオ体験を提供します。

Shokz Appを使って、お気に入りのEQ(イコライザ)モードやボタン機能をパーソナライズ

1回のフル充電で最長7時間の連続再生が可能。保護用充電ケースを使用すれば28時間、1日中聴くことができます。

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
3.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4.5
音漏れのしにくさ
3.5

e☆イヤホン

みかげ

思わず出かけたくなるオープンイヤホン


「骨伝導といえばこのメーカー!」と第一に思い浮かぶであろうSHOKZのOpenFitのご紹介です。

 

まずはスペックから。バッテリーが合計28時間で、本体約7時間、ケースのバッテリーが21時間となっております。5分の充電で約1時間使用できるので、充電を忘れてしまった場合でもすぐ持ち出せます。また、重さが約8.3gと軽量かつ耳掛け部分がシリコンなので、装着感も非常に良いです。メガネをかけていても外れやすい・干渉するといったこともなく、快適に使えます。

 

音はとてもナチュラルで、ギターラインとピアノの音が粒立ち良く、ボーカルがしっかりと伸びていきます。女性ボーカルの伸びが特に良く感じました。低域はオープン型とは思えないほどダイナミックかつ少し硬めな鳴りで、ハードコアなどを聴いても楽しめました。熱いご飯に麦茶をかけて食べるお茶漬けのような感覚でサラッと聴ける音です。

 

音漏れに関しては、店内にてiPhone12で7割くらいの音量で試してみたところ、1mほど離れた距離だと音が鳴ってるのはわかるものの気にならない程度なので、屋外での使用では心配しなくてもいいと感じました。

 

ジャンルを問わず楽しく、そして外音も聞こえるので思わず出かけたくなる。そんな「OpenFit」をつけてあなたも出かけてみませんか?

OpenFitページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


Shokz (ショックス) OpenRun Pro

ハイエンドモデル 骨伝導イヤホン!急速充電にも対応!

OpenRun Proは他の骨伝導イヤホンと比較してバランスの良い音域表現を実現しています。自然な低音域の表現で、全帯域に見渡しやすいクリアなサウンドです。自然な音の響き方が感じられ骨伝導イヤホンの急速な進化を感じました。耳をふさがないから周囲の音もしっかり聞こえるので、街を歩きながら音楽を楽しむのに最適です。ウォーキングやワークアウトをされている方にもおすすめです。
また、マイク性能も高く、音楽鑑賞だけでなく、通話が必要なシーンでも活躍します。リモートワークでご自宅で仕事しているお客様にも、赤ちゃんの様子を見ながら家事をしているお客様にも、音楽を楽しみ通話することが出来るとても便利な製品です。

雨の日のランニングや汗まみれのライドなど、過酷な環境にも耐えられる強い耐久性

10時間の音楽再生と通話 + 5分間の急速充電で最大1.5時間の音楽再生が可能

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
3.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4.5
音漏れのしにくさ
3

e☆イヤホン

わか

より音楽を楽しめる! 進化したワイヤレス骨伝導イヤホン


OpenRun Proは前作Aeropexから大幅に進化したハイエンドモデルです。最大の進化ポイントはなんと言っても音質面です。Aeropexと比較すると、中低域以下の音が圧倒的に出ています。Aeropexで感じた音の軽さはOpenRun Proではかなり改善されていました。

 

聞き取りやすい中音域はそのままに、低音域の迫力がプラスされた本製品は、より様々な音楽を楽しみたい方にオススメです!もちろん、これまでのShokz (旧AfterShokz)製品同様、人の声の聞き取りやすさは素晴らしく、オンラインミーティング等にも活躍すること間違いなしです!

 

また、装着感も改善されており、Aeropexと比較するとズレにくさがかなり向上していました。Aeropexが頭の形に合わなかった方にも是非お試ししていただきたいです!

 

ながら聴きイヤホンが増えてきていますが、個人的には本製品の様な耳掛け型のイヤホンが一番手軽に使用できると思います!あなたもOpenRun Proでながら聴き生活をスタートさせてみませんか?

OpenRun Proページはこちらお得に買えるかも!中古を探す


Shokz (ショックス) OpenRun Mini

小さなサイズで、広がる選択肢!骨伝導ワイヤレスイヤホンOpenRunの小型モデル

OpenRun Miniは、Shokzの骨伝導イヤホンOpenRunの小型モデルです。OpenRunが持つ高品質オーディオ、急速充電に対応したマグネット充電ポート、8時間の長持ちバッテリーはそのままに、ネックバンド部分を短くした骨伝導ワイヤレスイヤホンです。激しいアクションでもずれることのない安定のフィット感と、耳を塞ぐことなく快適なリスニングを可能とし、重量はわずか26gと軽量です。従来のサイズでは大きいと感じていた方におすすめです。

防水IP67等級に適合 激しい雨や汗のなかでも使用可能

重量はわずか26g。スポーツに適した安定感を実現

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
3.5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
5
音漏れのしにくさ
3

e☆イヤホン

つくちゃん

twitter

女性でも安心!ぶれずに付けられる、大きすぎない骨伝導ワイヤレス!


こちらの「OpenRun Mini」は従来機の「OpenRun」 よりも一回り小さくなった製品なので、今まで登場していた骨伝導製品に『首回り当たってずれちゃうな……』『後ろぶかぶかじゃん……』と感じていた方にオススメできる製品です。

 

音質は、「OpenRun」 とほとんど変わらずバランスがとてもいいのでどんなジャンルでも合うなという印象です。特に人の声が聞き取りやすく、アイドルや男性ボーカルもとても聴きやすかったです。ですが、低域の主張があまり強くはないので低域が大好きな方は物足りないかもしれないです。こういったお悩みをお持ちになった方に特におすすめです!

 

また、個人的には「OpenRun Mini 」の方がしっかりとフィットするので、「OpenRun」よりも音量がしっかりと感じられました。あたまが小さい方・女性・小さなお子様にも使っていただける製品です★

OpenRun Miniページはこちらお得に買えるかも!中古を探す

HAYLOU (ハイロー) Purfree Buds

音漏れを気にせず快適に!機能面も優れたパーソナルイヤホン

音楽の世界に没頭できる迫力サウンドから、オープンイヤーとしてリアルと音楽の世界と融合するリスニングスタイルまで、PurFree Budsは新たな音楽体験を提供します。ワイヤレスイヤホンでは搭載が難しい16.2mmの大型ドライバーを搭載、自社最新技術のサウンドデリバリーで、最高の音質を最高の状態で耳まで届けます。オープンタイプで耳が疲れにくく、周囲の音をしっかりと把握可能。激しいワークアウトや家事などのながら作業、音楽に浸りたいリラックスタイムまで、シーンを問わずどんな場面でも活躍するパーソナルイヤホンです。

独自の音漏れ防止設計で音が耳輪を伝い立体的なサウンドを届け、音漏れを最小限に抑える。

耳を塞がない、抜群の開放感です。耳孔を圧迫しないため、長時間使用しても快適です。

装着感
4
音楽の聞き取りやすさ
5
会話(環境音)の聞き取りやすさ
4.5
音漏れのしにくさ
4

e☆イヤホン

しょうちゃん

日常生活に華やかな音楽を!


耳をふさがずに引っ掛ける形で装着するため、開放的で疲れにくい着け心地です。イヤホン本体は軽量で、負担が少なく安定感もあり長時間でも疲れにくいと感じました。

 

外の音と音楽の聴こえ方の比率は4:6くらいで、音楽をメインで聴きたいけど外の音もしっかり聞こえないと困るという方に最適だと思います。音楽の聴こえ方は店内のBGMよりもハッキリしており、まるで耳元に小さなスピーカーがついてきているかように音楽を楽しめます。

 

音質に関しては、ハリのある力強い中高域が特徴的です。楽器の音が良く映える印象で、中でもギターとシンバルの音が魅力的でした。

 

低域に関しては控えめでありながらも、全体に広く響くようなサウンドです。迫力のあるサウンドではありませんが、決して細くはありません。外の音の聞こえ方や他の帯域に干渉しない、ながら聴きに最適な強さで鳴っています。

 

中域と高域は芯がはっきりしており、聴きごたえ抜群のサウンドです。刺さる箇所はなく程よい力強さで、外の音に干渉せず音楽を楽しめます。

 

日常生活に華やかな音楽を添えてくれる、普段使いしやすいイヤホンです。小さなお子様がいらっしゃる方、外でも安心して使えるイヤホンをお求めの方はぜひ一度お試しください!

Purfree Buds ページはこちらお得に買えるかも!中古を探す

イヤホン 高額買取

最後に

いかがでしたでしょうか。

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンの各実店舗では、これらのながら聴きイヤホンが自由に試聴できます!気になった製品がありましたら是非お店でお試しください。

e☆イヤホン各店でご体感いただけますので、ぜひ店頭にて音質や装着感のチェックなどしてみてくださいね!

見出しに戻る