1. トップ
  2. 特集ページ

マイク付き(ハンズフリー)イヤホンおすすめ12選|専門店スタッフが厳選!

マイク付きイヤホンのアイキャッチ画像

マイク付きイヤホンは、音楽を楽しむことはもちろん、ハンズフリーでスマートフォンの通話を楽しんだり、テレワーク(WEB会議)などにも用いられる機会が多くなりました。

そこで、今回はイヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホンがおすすめのマイク付きイヤホンをご紹介します!

会議用のヘッドセットをお探しの方はこちらの記事をご覧ください。

通話におすすめのヘッドセット7選|テレワークやWEB会議などビジネス用途に最適!
テレワークの普及により「ヘッドセット」の需要が高まっています。ヘッドセットとはヘッドホンにマイクを搭載したデバイスで、オンラインコミュニケーションを取る際に使用されており、他にもワイヤレスイヤホンなどに高性能なマイクを搭載しているモデルなど
この記事を書いた人
かじかじ

e☆イヤホンマーケティング担当。元梅田EST店店長。オーディオ歴12年、オーディオ販売歴9年という生粋のイヤホンマニア。ポータブルオーディオに使った額は総額100万近く。

かじかじをフォローする

マイク付きイヤホンはどんな使い方ができるの?

テレワーク・リモートワークで大活躍!

通話中も自分の声がこもらない

マイク付きのイヤホンであれば、テレワーク(リモートワーク)でも便利に使うことができます。

一度デバイスに接続しておけば、WEB会議が始まっても1ボタンで応答できたり、会議が無い間はBGM感覚で音楽鑑賞

また、通話中はクリアな音声を相手に伝えることもでき、聞き返されることも少なくスムーズかつストレスのない会話ができます。

デバイスへの接続方法は簡単でペアリングモードにしてからBluetooth設定から接続するだけ。

ペアリング方法の詳細はこちらの記事でも紹介しています。

【使い方】意外と簡単!Bluetooth接続方法!いろんなイヤホンヘッドホンでワイヤレス接続してみた!
iPhoneからイヤホンジャックが無くなって、 続々とワイヤレスイヤホン、ヘッドホンが発売されていますね。 今の流行は、なんといっても『Bluetooth』! Bluetoothってそもそも何?接続の方法を様々な機種を交えてお教えいたします!

 

スマホを持たずに友達とのハンズフリー通話ができる

スマートフォンを持って長時間通話をしていると手が疲れてきたり冬場だと手が冷えてしまうことも…。

マイク付きイヤホン、特にワイヤレスイヤホンであれば、スマートフォンを耳に当てることもなく手ぶらで友達や家族と快適に通話ができます

ゲームをしながらチャットも楽しめる

マイク付きイヤホンがあれば、ゲームプレイ中のチャットでも大活躍!

FPSで細かな足音や銃声を聞きつつボイスチャットでゲーム友達と楽しく会話ができます。

ゲームをする場合はワイヤレスイヤホンだと映像と音にズレを感じる場合が多いので、有線タイプのイヤホンをおすすめします。

マイク付き(ハンズフリー)イヤホンの選び方

まずは、マイク付きイヤホンの接続の種類について簡単に説明していきます。

ワイヤレス(Bluetooth)接続

Bluetooth_TWS画像
Bluetooth_左右一体型画像

ケーブルで接続せずに、イヤホンと端末を無線通信により接続させる方法です。近年では、ワイヤレス(Bluetooth)接続のイヤホンが広く普及しています。

有線接続

簡単に伝えると、ケーブルを端末に接続して使用する方法です。正しく接続するためには、使用するイヤホンと端末が同一の端子である必要があり、端子の中でも「3.5mm端子」「Lightning端子」の2つが広く普及しています。

3.5mm端子

3.5mm端子画像
3.5mmステレオミニ端子は、スマートフォンやタブレット端末で多く使用されている端子です。

一般的に「イヤホンジャック」と呼ばれており、”イヤホンの穴”といえば、大体この3.5mm端子のことを指していることが多いです。

イヤホンジャックが搭載していない端末で使用するには、別途変換アダプターが必要となります。

Lightning端子

Lightning端子画像
Apple製品で採用されている端子です。iPhone 7以降のiPhoneは、イヤホンジャックが廃止されているため、有線接続をする場合に以下の2つの方法があります。

1:Lightning端子を持つイヤホンを直接接続
2:Lightning変換アダプターを使用し、3.5mm端子の一般的なイヤホンを接続

マイク付きイヤホンを使用するシーンに合わせて、Bluetooth(ワイヤレス)接続と有線接続を使い分けるのもひとつの楽しみ方ですね。

専門店スタッフ厳選おすすめのマイク付き(ハンズフリー)イヤホン

それではここから、e☆イヤホンがおすすめするマイク付きイヤホンを大きく5種類に分けて、12製品をご紹介します!
とくにおすすめのモデルをe☆イヤホン 梅田EST店イヤホン担当「ジャスミン」に紹介してもらいます。

今回は、マイク性能に着目して実際に各モデルを1つ1つ検証しました!
ジャスミン紹介画像

◆スタッフ名:ジャスミン(@eear_jasmine
ギターとベースが弾けます。好きな音楽はJ-POPでとくに奥田民生が好きです。
-愛機-ヘッドホン:
SENNHEISER 「HD 545」
ULTRASONE「PRO750i」イヤホン:
ALPEX 「Hi-Unit HSE-BASS20 」
SHURE 「SE215」

見出しに戻る

おすすめのマイク付き完全ワイヤレスイヤホン

1位:Jabra「Elite 85t」

高 域
4.5
中 域
4.5
低 域
4.5
解像度
4
遮音性
5
装着感
4.5
マイク感度
5

POINT

刺さる帯域が少なくて声がとても聴きとりやすいように感じました。環境音は少し拾ってしまいますが、風切り音などに強く、相手に伝える音声がとにかくクリアです。さらにノイズキャンセリング機能やマルチポイントもついているので、通話が多いシーンで大活躍します。

Elite 85t 商品ページはこちらユーザーレビューはコチラ中古で探してみる

2位:Jabra「Elite 75t」

Jabra-Elite_75tの画像

Jabra-Elite_75t装着画像
Jabra-Elite_75t本体_ケース
高 域
3.5
中 域
5
低 域
3.5
解像度
4
遮音性
4
装着感
5
マイク感度
5

POINT

Elite 75tのマイク音声は、クリアな音質で耳に刺さる帯域が少なく、奥行きを感じるほど解像度も高いため聴きやすいです。

騒音をあまり拾わないので、スムーズに通話内容を聴き取ることができます。

Elite 75t 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

3位:Beats「Beats Studio Buds」

Beats Studio Buds 装着画像
Beats Studio Buds 商品画像
高 域
3.5
中 域
4
低 域
3.5
解像度
3.5
遮音性
4.5
装着感
4.5
マイク感度
4.5

POINT

Beats Studio Budsは周りの雑音を拾いにくく肉声に近い声を相手に伝えることができます。装着感も良く、長時間着けていても耳が痛くなりにくいのでテレワークにも最適!

通話性能だけでなくアクティブノイズキャンセリング性能も高く、カフェやオフィスで作業に集中したい方にもおすすめです!

Beats Studio Buds 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

完全ワイヤレスイヤホン
商品一覧はこちら 

見出しに戻る

おすすめのマイク付き左右一体型ワイヤレスイヤホン

1位:SONY「WI-C310」

WI-C310

WI-C310装着画像
WI-C31003本体
高 域
5
中 域
4
低 域
5
解像度
3.5
遮音性
4
装着感
4.5
マイク感度
5

POINT

WI-C310のマイク音声は、高域から低域までクリアに聴き取れます。イヤホン本体部が小さく装着感も良好。

左右一体型のためイヤホンを落とす心配もなく、取り回しも良いため、通話に使いやすい初心者におすすめのワイヤレスイヤホンです。

WI-C310 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

2位:Beats by Dr. Dre「Beats Flex」

Beats Flex

Beats Flex 装着画像
Beats Flex 本体
高 域
3.5
中 域
4
低 域
4
解像度
3.5
遮音性
4
装着感
4
マイク感度
4

POINT

BeatsXはマイクの音質と声との相性が良く、一言一句キレイに聴き取りやすく、相手側が伝える内容が認識しやすいと感じました。

雑音に強く、風によるノイズも少ないのでスムーズに会話ができます。

Beats Flex 商品ページはこちら中古で探してみる

3位:SONY「WI-1000XM2」

WI-1000XM2

WI-1000XM2装着画像
WI-1000XM2本体
高 域
3
中 域
3
低 域
3
解像度
3
遮音性
3.5
装着感
3.5
マイク感度
4

POINT

WI-1000XM2のマイク音声は、中音域を中心に音を拾うので、音声のみを聴き取りやすい傾向です。

さらに、WF-1000XM3以上の効果があるアクティブノイズキャンセリングのお陰で、騒音や空調の効いたオフィスの中でもしっかりと遮音され、通話の内容が聴き取りやすいと感じました。

WI-1000XM2 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

左右一体型ワイヤレスイヤホン
商品一覧はこちら 

見出しに戻る

おすすめのマイク付き片耳ヘッドセット

1位:Jabra「TALK 25」

Jabra Talk 25

Jabra Talk 25装着画像
Jabra_Talk_25本体
高 域
3
中 域
4
低 域
3.5
解像度
3.5
遮音性
4
装着感
5
マイク感度
4

POINT

Jabra TALK 25は小型で取り回しが良く、声の主要な部分のみを集音するため、通話で快適に使用できます。

操作方法もかんたんで直感的に使うことができ、付属品でスタビライザーやイヤーフックもついているため装着感も良好です。

TALK 25 商品ページはこちら中古で探してみる

2位:Plantronics「Voyager Legend」

Plantronics Voyager Legend

Plantronics Voyager Legend装着画像
Plantronics_Voyager_Legend本体
高 域
3
中 域
3
低 域
3
解像度
2.5
遮音性
3
装着感
5
マイク感度
3

POINT

Voyager Legendのマイクは若干周りの音を拾いやすいものの、通話用ノイズキャンセリングの効果で相手につたえるノイズをシャットアウトできるため、スムーズに会話ができます。

耳へのホールド感が高く、激しく動いてもイヤホンが落ちることが少ないヘッドセットです。

Voyager Legend 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

片耳ヘッドセット
商品一覧はこちら 

見出しに戻る

おすすめのマイク付き有線イヤホン

1位:ALPEX「Hi-Unit HSE-A2000PN(ピエール中野モデル)」

高 域
5
中 域
5
低 域
4
解像度
5
遮音性
4.5
装着感
4.5
マイク感度
5

POINT

豊かな中音域を中心に、程よい低音とキレのある高音がとても聴きとりやすいです。若干マイクの音量が大きく、BGM・騒音を少し拾いがちではありますが、それ以上に声をとても綺麗に拾ってくれますので気になりません。個人的に好きな音です。ぜひ試してみて頂きたいです!

Hi-Unit HSE-A2000PN(ピエール中野モデル) 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

2位:MACKIE「CR-Buds」

MACKIE CR-Buds

MACKIE CR-Buds装着画像
MACKIE_CR-Buds本体
高 域
4
中 域
4
低 域
5
解像度
4
遮音性
4.5
装着感
4.5
マイク感度
5

POINT

CR-Budsのマイク音声は、他の有線イヤホンと比較してもクリアで指向性が良く、雑音も少ないように感じました。

相手側に会話内容を伝えやすく聞き返されることも少ないため、会話もスムーズなること間違いなし。

CR-Buds 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

3位:final「E1000C」

final_E1000C商品画像

final E1000C装着画像
final_E1000本体
高 域
3
中 域
5
低 域
3.5
解像度
3
遮音性
4
装着感
4
マイク感度
4

POINT

初心者向けイヤホンの定番 final E1000の高音質サウンドが、そのままマイクの特性となったかのようなクリアな音声です。

声の帯域とマッチするのか輪郭はハッキリしていますが、耳障りな音がなく、一音一音を聴き取りやすいとように感じました。周りの騒音もそこまで入らないため、クリアに通話内容が聴こえます。

E1000C 商品ページはこちらユーザーレビューはこちら中古で探してみる

 

見出しに戻る

Lightning端子イヤホン

1位:LEPLUS 「極の音域 Digital Feel 匠」

LEPLUS 「極の音域 Digital Feel 匠」

LEPLUS「極の音域 Digital Feel 匠」装着画像
LEPLUS「極の音域 Digital Feel 匠」本体
高 域
4
中 域
5
低 域
3.5
解像度
4.5
遮音性
4
装着感
3.5
マイク感度
5

POINT

極の音域 Digital Feel 匠のマイク音声はナチュラルでフラットな音質で、低音から高音まで素直な音質で、雑味のないクリーンな音声を届けます。

外で使用した際も雑音はそこまで拾わないので指向性は高め。音声、指向性ともに質が良く、通話に最適なイヤホンです。

極の音域 Digital Feel 匠 商品ページはこちら中古で探してみる

2位:moshi「Mythro LT」

moshi Mythro LT

moshi_Mythro_LT装着画像
moshi_Mythro_LT本体
高 域
2.5
中 域
3.5
低 域
3
解像度
3
遮音性
3.5
装着感
4
マイク感度
4

POINT

Mythro LTのマイク音声は中域寄りの音で、高域が刺さらないため聴き心地は良好です。

外音に強く、声に焦点を当て集音するため、通話内容が聴き取れないことが少ないイヤホンのように感じました。

Mythro LT 商品ページはこちら中古で探してみる

見出しに戻る

おすすめのマイク付き(ハンズフリー)イヤホン|まとめ

このように「マイク付きイヤホン」といっても、商品ごとに様々な特徴があります。

今回ご紹介した商品は、e☆イヤホン各店で試聴可能です!!

商品のスペックや機能、さらには使用する環境などを考えつつ、ご自身に合った商品を探してみてはいかがでしょうか。

商品についてご不明なことがあれば、お気軽にお問い合わせください!

見出しに戻る

通話におすすめのヘッドセット7選|テレワークやWEB会議などビジネス用途に最適!
テレワークの普及により「ヘッドセット」の需要が高まっています。ヘッドセットとはヘッドホンにマイクを搭載したデバイスで、オンラインコミュニケーションを取る際に使用されており、他にもワイヤレスイヤホンなどに高性能なマイクを搭載しているモデルなど