• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern

SA700 Stainless Steel【6/30まで!Astell&Kern ケースプレゼントキャンペーン】

生産終了品

Astell&Kern

SA700 Stainless Steel【6/30まで!Astell&Kern ケースプレゼントキャンペーン】

  • 新品

¥149,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809633185946

  • 在庫状況

数量

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥50,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

ブランドヘリテージを再解釈した
ハイレゾポータブルオーディオプレーヤー

Astell&Kern SA700

『SA700』は、「Past Meets Present」というスローガンの下、ブランドヘリテージを再解釈したモデルです。
Astell&Kernブランドは2012年10月、原音に近い究極のサウンドを持ち運ぶということをモットーに、ブランド初となるハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「AK100」を発表。ハイレゾポータブルオーディオ市場を開拓してきました。

『SA700』は、「AK100」と同じAstell&Kern第一世代に分類され現在のAstell&Kernブランドの礎を築いた「AK120」の特徴である”デュアルDAC搭載”、”弦楽器のブリッジ部分をモチーフとしたホイールプロテクター”などハードウェア構成やデザイン面の象徴的な部分を取り入れつつ、楽曲情報やボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDを採用するなど、過去のレトロなエッセンスと現在の先端技術が最適なバランスで調和したハイレゾポータブルオーディオプレーヤーです。

  1. デザインコンセプト「Past Meets Present」
    『SA700』は一世を風靡したAK120のオリジナルデザインをオマージュ、シンプルで洗練された形に再設計されました。「AK120」の特徴である”弦楽器のブリッジ部分をモチーフとしたホイールプロテクター”、” Astell&Kernの第1世代のスライド式ドアシステム”など過去モデルの象徴的なデザインを取り入れています。また、楽曲情報やボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDを採用し、その光はボリュームホイールのローレットやステンレスボディの美しい光沢によって反射することで様々な表情を演出、視覚的にも楽しめるデザインを採用しています。
    hoge画像
  2. インテリジェントLEDライト
    ボリュームホイールを包んでいるLEDライトは、単に視覚的な効果だけではなく、現在再生中の曲の情報とボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDになっています。 再生中の曲のビット深度に応じて異なる色を表現し、音量調節時は150段階のレッドグラデーションが表示されます。
    hoge画像
  3. 過去と現在の共存する新しいGUI
    『SA700』は第3世代UIの利便性を維持し、第1世代の感性を融合させた新しいGUIを適用しました。 2012年から2019年へと続くGUIでは、Astell&Kernのシンボルでもある赤オレンジ色で、皆既日食をモチーフにした美しい形をしています。Astell&KernのさまざまなカラーIDを使用して再解釈されるGUIにより、Astell&Kernの過去と現在を体感いただけます。このGUIは「Modern Red(モダンレッド)と名付けられ『SA700』のデフォルト設定となっています。また本製品ではGUIテーマの設定変更が可能になっており、既存製品をベースにした「Classic Gold(クラシックゴールド)」との切り替えが可能で、本体の「設定」→「画面のテーマ」から変更することが出来ます。
    hoge画像
  4. 変わらない価値、 Stainless Steelボディマテリアル
    『SA700』は、材料の強度と美しさを最大限に高めるために、耐腐食性と耐久性のあるStainless Steelを使用しています。材料の処理には多くの時間、スキル、コストがかかるため、これまではフラッグシップモデルにのみ採用してきましたが、『SA700』では完璧なサウンドを提供するため、Stainless Steelを特別に使用しています。Stainless Steelによる贅沢でバランスの取れたクリーンなサウンドを『SA700』で感じてください。
    hoge画像
  5. 最も理想的なサイズ
    『SA700』は片手操作に最適なサイズになるように設計されています。ポータブルに最適化された『SA700』は、片手で持った状態で、前面4.1型タッチディスプレイとすべてのサイドコントロールボタン、ボリュームホイールにアクセスできます。片手ですべてのコントロールが可能な『SA700』は、第一世代AKシリーズのキャッチコピーでもある「Hi-Fiオーディオの“極み”を、ポケットに」を彷彿とさせるサイズ感を再現し、音楽に集中できる最高の環境を提供します。
    hoge画像
  6. AKM「AK4492ECB」 DACをデュアル構成で使用した初めてのDAP
    『SA700』は、旭化成エレクトロニクス製DAC 「AK4492ECB」をLR独立したデュアル構成で搭載した、新しいサウンドシグネチャを提供する初めてのDAPです。「AK4492ECB」は「AK4497EQ」の開発により得られた技術を活用し、業界最高水準のパフォーマンスを達成することを目的としたDACです。「AK4492ECB」は消費電力を抑えながらも、「AK4497EQ」に迫るオーディオ性能のため、ポータブルDAPに最適なDACです。「AK4492ECB」を搭載した『SA700』で原音に近いプレミアムサウンドを感じてみてください。
    hoge画像
  7. 完璧な原音再生
    『SA700』は、PCM最大384kHz/32bit及びDSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能です。その情報量と広大なダイナミックレンジにより、現場の空気感やアーティストの感性をも忠実に再現します。
    hoge画像
  8. 内蔵メモリー128GB + Micro SD 最大1TB対応
    『SA700』は128GBの内蔵メモリー搭載に加え、MicroSDカード最大1TBをサポート。ハイレゾ楽曲やCDリッピング、音楽ストリーミングサービスのオフライン保存まで、数多くの楽曲を保存し楽しむことが可能です。
    hoge画像

【その他の機能も継承、様々なシーンに対応】
・MQA音源の再生に対応
・音楽ストリーミングサービスアプリをインストール可能「Open APP Service」機能
・USB-AUDIO出力機能対応
・USB-DAC機能搭載。
・DLNAネットワークオーディオ機能「AK Connect」対応
・カーモード機能対応
・Bluetooth aptX HD対応

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 128GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1スロット (SDHC/XC 最大1TB /exFAT対応 )
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約780曲 (FLAC/192KHz/24bit)
約4,940曲 (FLAC/44.1KHz/16bit)
連続再生 *3 約8.5時間 (FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF
サンプリングレート 8kHz, 16kHz, 32kHz, 44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz, 352.8kHz, 384kHz

DSD:DSD64(2.8MHz)ステレオ, DSD128(5.6MHz)ステレオ, DSD256(11.2MHz)ステレオ
※ネイティブ
量子化ビット数 8bit, 16bit, 24bit, 32bit(Float/Integer)*ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト、ジャンル別、プレイリスト、フォルダ、MQS
レジューム機能 ○ *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生、シャッフル
リピートモード リピート、1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz/Gain:±5.0/Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター AKM(旭化成エレクトロニクス)社 AK4492ECB×2(Dual DAC)
入力端子 USB Type-C (充電・データ転送・USB-DAC)
出力端子 イヤホン(アンバランス)出力( 3.5mm )、バランス出力( 2.5mm/4極 ) 、USB Type-C (USB Audio)
USB AUDIO出力 PCM:8 kHz ~ 384 kHz
DSD(DoP): ~11.2 MHz
USB-DAC機能*4 44.1kHz~384kHz/16bit・24bit・32bit DSD 2.8MHz・5.6MHz・11.2MHz
アウトプットレベル アンバランス 2.0Vrms、バランス 4.0Vrms (負荷無し)
出力インピーダンス Unbalanced Out 3.5mm (1.8 ohm) / Balanced 2.5mm(1.9 ohm)
周波数特性 ±0.24dB (Condition: 20Hz~20kHz) Unbalanced / ±0.24dB (Condition: 20Hz~20kHz) Balanced
±1.95dB (Condition: 20Hz~70kHz) Unbalanced / ±1.94dB (Condition: 20Hz~70kHz) Balanced
S/N比 120dB @ 1kHz,(アンバランス)/ 123dB @ 1kHz,(バランス)
クロストーク -134dB @ 1kHz, (アンバランス)/ -138dB @ 1kHz, (バランス)
THD+N 0.0006% @ 1kHz, (アンバランス)/ 0.0006% @ 1kHz,(バランス)
IMD 0.0003% 800Hz 10KHz(4:1)(アンバランス)/ 0.0004% 800Hz 10KHz(4:1)(バランス)
リファレンスクロックジッター 70ps (Typ)
■ 操作
物理キー 巻き戻し, 再生/一時停止, 早送り, ダイヤルボリューム(電源・画面オン/オフ), タッチセンサー
ロック機能 ダイヤルボリュームロック(画面オフ時 )
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi / Bluetooth
Wi-Fi 規格 802.11 a/b/g/n (2.4GHz)
バージョン 4.2
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, aptX™ HD
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー ( 3,150mAh / 3.7V )
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), バックライトオフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法*7 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
■ USB
形状 USB Type-C (充電・転送)
接続方式 MTP(メディアデバイス)方式
■ 画面
ディスプレイ ディスプレイ 4.1型TFTカラーLCD(静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD ( 720×1280 ドット)
■ その他
対 応 O S *6 Windows® 10 (32bit/64bit), 8(32bit/64bit), 7 (32bit/64bit), XP / Mac Os X 10.7以上
CPU Quad-Core
サイズ(W×H×D) 約59× 約116× 約16.5 (mm)
重  量 約303 g
同梱物*8 USB Type-C ケーブル、画面用保護シート、クイックスタートガイド、保証書(本体1年/付属品90日)

商品詳細

ブランドヘリテージを再解釈した
ハイレゾポータブルオーディオプレーヤー

Astell&Kern SA700

『SA700』は、「Past Meets Present」というスローガンの下、ブランドヘリテージを再解釈したモデルです。
Astell&Kernブランドは2012年10月、原音に近い究極のサウンドを持ち運ぶということをモットーに、ブランド初となるハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「AK100」を発表。ハイレゾポータブルオーディオ市場を開拓してきました。

『SA700』は、「AK100」と同じAstell&Kern第一世代に分類され現在のAstell&Kernブランドの礎を築いた「AK120」の特徴である”デュアルDAC搭載”、”弦楽器のブリッジ部分をモチーフとしたホイールプロテクター”などハードウェア構成やデザイン面の象徴的な部分を取り入れつつ、楽曲情報やボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDを採用するなど、過去のレトロなエッセンスと現在の先端技術が最適なバランスで調和したハイレゾポータブルオーディオプレーヤーです。

  1. デザインコンセプト「Past Meets Present」
    『SA700』は一世を風靡したAK120のオリジナルデザインをオマージュ、シンプルで洗練された形に再設計されました。「AK120」の特徴である”弦楽器のブリッジ部分をモチーフとしたホイールプロテクター”、” Astell&Kernの第1世代のスライド式ドアシステム”など過去モデルの象徴的なデザインを取り入れています。また、楽曲情報やボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDを採用し、その光はボリュームホイールのローレットやステンレスボディの美しい光沢によって反射することで様々な表情を演出、視覚的にも楽しめるデザインを採用しています。
    hoge画像
  2. インテリジェントLEDライト
    ボリュームホイールを包んでいるLEDライトは、単に視覚的な効果だけではなく、現在再生中の曲の情報とボリューム調節状態を示すインテリジェントLEDになっています。 再生中の曲のビット深度に応じて異なる色を表現し、音量調節時は150段階のレッドグラデーションが表示されます。
    hoge画像
  3. 過去と現在の共存する新しいGUI
    『SA700』は第3世代UIの利便性を維持し、第1世代の感性を融合させた新しいGUIを適用しました。 2012年から2019年へと続くGUIでは、Astell&Kernのシンボルでもある赤オレンジ色で、皆既日食をモチーフにした美しい形をしています。Astell&KernのさまざまなカラーIDを使用して再解釈されるGUIにより、Astell&Kernの過去と現在を体感いただけます。このGUIは「Modern Red(モダンレッド)と名付けられ『SA700』のデフォルト設定となっています。また本製品ではGUIテーマの設定変更が可能になっており、既存製品をベースにした「Classic Gold(クラシックゴールド)」との切り替えが可能で、本体の「設定」→「画面のテーマ」から変更することが出来ます。
    hoge画像
  4. 変わらない価値、 Stainless Steelボディマテリアル
    『SA700』は、材料の強度と美しさを最大限に高めるために、耐腐食性と耐久性のあるStainless Steelを使用しています。材料の処理には多くの時間、スキル、コストがかかるため、これまではフラッグシップモデルにのみ採用してきましたが、『SA700』では完璧なサウンドを提供するため、Stainless Steelを特別に使用しています。Stainless Steelによる贅沢でバランスの取れたクリーンなサウンドを『SA700』で感じてください。
    hoge画像
  5. 最も理想的なサイズ
    『SA700』は片手操作に最適なサイズになるように設計されています。ポータブルに最適化された『SA700』は、片手で持った状態で、前面4.1型タッチディスプレイとすべてのサイドコントロールボタン、ボリュームホイールにアクセスできます。片手ですべてのコントロールが可能な『SA700』は、第一世代AKシリーズのキャッチコピーでもある「Hi-Fiオーディオの“極み”を、ポケットに」を彷彿とさせるサイズ感を再現し、音楽に集中できる最高の環境を提供します。
    hoge画像
  6. AKM「AK4492ECB」 DACをデュアル構成で使用した初めてのDAP
    『SA700』は、旭化成エレクトロニクス製DAC 「AK4492ECB」をLR独立したデュアル構成で搭載した、新しいサウンドシグネチャを提供する初めてのDAPです。「AK4492ECB」は「AK4497EQ」の開発により得られた技術を活用し、業界最高水準のパフォーマンスを達成することを目的としたDACです。「AK4492ECB」は消費電力を抑えながらも、「AK4497EQ」に迫るオーディオ性能のため、ポータブルDAPに最適なDACです。「AK4492ECB」を搭載した『SA700』で原音に近いプレミアムサウンドを感じてみてください。
    hoge画像
  7. 完璧な原音再生
    『SA700』は、PCM最大384kHz/32bit及びDSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能です。その情報量と広大なダイナミックレンジにより、現場の空気感やアーティストの感性をも忠実に再現します。
    hoge画像
  8. 内蔵メモリー128GB + Micro SD 最大1TB対応
    『SA700』は128GBの内蔵メモリー搭載に加え、MicroSDカード最大1TBをサポート。ハイレゾ楽曲やCDリッピング、音楽ストリーミングサービスのオフライン保存まで、数多くの楽曲を保存し楽しむことが可能です。
    hoge画像

【その他の機能も継承、様々なシーンに対応】
・MQA音源の再生に対応
・音楽ストリーミングサービスアプリをインストール可能「Open APP Service」機能
・USB-AUDIO出力機能対応
・USB-DAC機能搭載。
・DLNAネットワークオーディオ機能「AK Connect」対応
・カーモード機能対応
・Bluetooth aptX HD対応

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 128GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1スロット (SDHC/XC 最大1TB /exFAT対応 )
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約780曲 (FLAC/192KHz/24bit)
約4,940曲 (FLAC/44.1KHz/16bit)
連続再生 *3 約8.5時間 (FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF
サンプリングレート 8kHz, 16kHz, 32kHz, 44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz, 352.8kHz, 384kHz

DSD:DSD64(2.8MHz)ステレオ, DSD128(5.6MHz)ステレオ, DSD256(11.2MHz)ステレオ
※ネイティブ
量子化ビット数 8bit, 16bit, 24bit, 32bit(Float/Integer)*ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト、ジャンル別、プレイリスト、フォルダ、MQS
レジューム機能 ○ *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生、シャッフル
リピートモード リピート、1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz/Gain:±5.0/Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター AKM(旭化成エレクトロニクス)社 AK4492ECB×2(Dual DAC)
入力端子 USB Type-C (充電・データ転送・USB-DAC)
出力端子 イヤホン(アンバランス)出力( 3.5mm )、バランス出力( 2.5mm/4極 ) 、USB Type-C (USB Audio)
USB AUDIO出力 PCM:8 kHz ~ 384 kHz
DSD(DoP): ~11.2 MHz
USB-DAC機能*4 44.1kHz~384kHz/16bit・24bit・32bit DSD 2.8MHz・5.6MHz・11.2MHz
アウトプットレベル アンバランス 2.0Vrms、バランス 4.0Vrms (負荷無し)
出力インピーダンス Unbalanced Out 3.5mm (1.8 ohm) / Balanced 2.5mm(1.9 ohm)
周波数特性 ±0.24dB (Condition: 20Hz~20kHz) Unbalanced / ±0.24dB (Condition: 20Hz~20kHz) Balanced
±1.95dB (Condition: 20Hz~70kHz) Unbalanced / ±1.94dB (Condition: 20Hz~70kHz) Balanced
S/N比 120dB @ 1kHz,(アンバランス)/ 123dB @ 1kHz,(バランス)
クロストーク -134dB @ 1kHz, (アンバランス)/ -138dB @ 1kHz, (バランス)
THD+N 0.0006% @ 1kHz, (アンバランス)/ 0.0006% @ 1kHz,(バランス)
IMD 0.0003% 800Hz 10KHz(4:1)(アンバランス)/ 0.0004% 800Hz 10KHz(4:1)(バランス)
リファレンスクロックジッター 70ps (Typ)
■ 操作
物理キー 巻き戻し, 再生/一時停止, 早送り, ダイヤルボリューム(電源・画面オン/オフ), タッチセンサー
ロック機能 ダイヤルボリュームロック(画面オフ時 )
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi / Bluetooth
Wi-Fi 規格 802.11 a/b/g/n (2.4GHz)
バージョン 4.2
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, aptX™ HD
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー ( 3,150mAh / 3.7V )
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), バックライトオフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法*7 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
■ USB
形状 USB Type-C (充電・転送)
接続方式 MTP(メディアデバイス)方式
■ 画面
ディスプレイ ディスプレイ 4.1型TFTカラーLCD(静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD ( 720×1280 ドット)
■ その他
対 応 O S *6 Windows® 10 (32bit/64bit), 8(32bit/64bit), 7 (32bit/64bit), XP / Mac Os X 10.7以上
CPU Quad-Core
サイズ(W×H×D) 約59× 約116× 約16.5 (mm)
重  量 約303 g
同梱物*8 USB Type-C ケーブル、画面用保護シート、クイックスタートガイド、保証書(本体1年/付属品90日)

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

45人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

誰でも受け入れてくれそうな懐の広さ

まず一聴して感じたのは癖が少なくどんな楽曲にも対応できる懐の広い音楽プレイヤーだなということです。

傾向としてはドライでスピード感があり張りのある音を届けてくれる印象です。ウォームな表現が苦手というわけではなく、ゆったりとした部分とそうでない部分としっかりと切り離して表現してくれるメリハリがあります。

試聴したライオンキングのサントラでは、広大な大地をイメージさせる楽曲をうまく表現しており、映画館のでかいスピーカーで聴いていた時の感動を思い出させてくれ、またロックを聴いてもぎゅっと締まった圧のあるサウンドを届けてくれました。

派手さはありませんが音の見通しがよく、距離感もうまく表現できているので音の出ている空間に身を置かれたような生々しさがあります。

聴いているとどんどん「あの曲も聴いてみたい、こっちのイヤホンはどうだろう」と色々と試してみたくなってしまいました。

SA700自身の主張は最小限に抑え、楽曲やイヤホンヘッドホンの個性を最大限引き出してくれているように思います。

AK第一世代を思い出させる原点回帰にして今までのノウハウを閉じ込め着実に進化を遂げたSA700、是非ご一聴を。





試聴イヤホン:WESTONE UM PRO30【Redesign model】

AAW AXH(カスタムIEM)

試聴楽曲  :Creepy Nuts/よふかしのうた

       THE LION KING ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK

   [ALEXANDROS]/あまりにも素敵な夜だから  etc...



review byケイティ

twitter↓

https://twitter.com/eear_katy

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2019/12/06

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

第1世代の衝撃と感動を、再び。

程よく手に収まる大きさで、過去のAK機と比較すると『AK100II以上、SP1000M未満』という感じ。横幅がスリムにまとまっている分、手にしてみると見た目以上にコンパクトな印象です。



感触としてはズシリと重く、ステンレススティールの筐体の質感がしっかりと伝わってきます。「小さいのに重い」って高級感があって良いですよね(超個人的な意見)。



音質はまさに、第1世代を使っていた人が膝を打つ仕上がり。描写力としては現代に通ずる高水準なものでありながら、やや無機質な、原音主義的な音作りは第1世代の意匠を強く感じます。



田所あずさ『RIVALS』では、疾走感のあるロックサウンドとストリングス、ピアノなどがレイヤー感を持って描き分けられており、伸びやかなボーカルが際立って聴こえます。細かく刻まれたシンバルなど、背景の細やかな音も粒立ちよくシャッキリと鳴らしてくれるのはStainless Steelらしさを感じますが、『SP1000』などと比べると素材による個性は抑えられており、どちらかというと1音1音の再現性を上げるための特性として使われている印象です。



→Pia-no-jaC←『台風』などのインスト楽曲を聴いてみると、カホンの深く沈み込む低音、クラップのカラリとした粒立ちの良い響きなど、音の細かな質感のちがいが明確に楽しめます。シンセリードなどのノイジーな輪郭表現なども得意でありながら、こうした生音系の楽曲にもしっかりとハイクオリティな答えを出してくるのは、総合力の強さを感じます。



初めてAK製品に触れたときの感動を思い起こしてくれるような、7周年の記念に相応しい1台です。



【試聴環境】

UE Reference Remastered(Ultimate Ears)

IER-Z1R(Sony)

【試聴音源】

RIVALS / 田所あずさ(24bit/96kHz)

台風 / →Pia-no-jaC←(24bit/96kHz)

御旗のもとに / 巴里歌劇団(16bit/44.1kHz)

今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる / Awesome City Club(24bit/96kHz) 他

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2019/12/05

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

万能選手な音

音の感じ方として、余計なクセを与えていないのが第一印象でした。
解像感は十分感じられ、新たな聴こえてきた音の発見もあります。

空間表現については、奥行きと縦のレンジがやや拡がる感じがあり、曲が表現したい余韻を出してくれる様ですが、メタルやパンクロックのゴリゴリな表現に対して余計ない影響があるわけでも、カッチリして欲しそうな表現にも対応してくれています。

続きを読む

たんた さん (2021/01/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

AK70MKⅡから乗り換えました

2年ほど使ったAK70MKⅡから乗り換えました。
SR25を購入するつもりで来店し、中古であれば価格帯の近いSA700と聴き比べましたが、低音とドラムの端切れの良さが明らかにSA700の方が上回っていて、心をがっしり掴まれ、購入に至りました。
特にロックがお好きな方にオススメです。

続きを読む

あひるの さん (2020/11/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

見た目が好きです。

視聴重い、それはいい。だが、裸状態だと手のひらに角が刺さる!!、いつものAK機です。DAPデザインの中では断トツでデザイン性がいいだけに、この点にはいつもがっかりしています。SP1000Mは現行AKDAPの中で唯一裸でもエッジが刺さらないデザインなので、みんなこの方向性にシフトして欲しいものですね。普段はSONYDAPを使っているので、バランス接続は店員さんにEffectAudioの変換アダプタを借りました。いつものHS1670よろしく、シングルエンドのほうが相性がいいように感じましたが。このDAPで聴くロックおよびメタルは最高です。今まで試聴してきたDAPの中で、「ノリの良さ」という意味では断トツで1位です。バンドの持つグルーヴの表現が非常に上手く、お気に入りのバンドであるPoliceやMoterheadの荒々しい推進力がダイレクトに耳まで届きます。サントラとなると、一転して非常にゆったりとした、余裕のあるサウンドに変貌します。この辺はハイエンドのSP2000傾向がと似ていますね。ただ、このゆったり感は同価格帯のN6Mk-2(E01搭載)やplenue R2でも感じられたので、オケを好んで聴かれる方はこのDAPを購入する必要性は薄いと思われます。これだけ高クオリティなサウンドを出すDAPだけに(おそらくU150000価格帯で最強)4.4㎜端子に対応していないのが非常に悔やまれます。AKのプライド的にもSONYの端子は入れたくないのはわかりますが、だったらせめてM11のように両方のバランス端子対応するような機構を搭載してほしいです。

続きを読む

エッッッッッッッ さん (2020/11/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

カッコいい!

AKらしいカチッとした形が好きです。音質も自分好みです。もう少しコンパクトだとなおグッドです。

続きを読む

大吉 さん (2020/11/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

原音再現

こだわっているだけあってサイズ感、デザインはなかなか良いです。
音に関しては解像度が高く原音を忠実に再現してくれます。
またストリーミングサービスアプリを使用できるのも魅力のひとつです。

続きを読む

HIROHIRO さん (2020/11/22)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

中高域が特に綺麗な音!

SP2000などフラグシップモデルと較べると解像度こそ劣りますが、ミドル-ミドルハイモデルの中ではダントツにオススメできる機種です。特に中高域が綺麗でキラキラした輝きが味わえます、低域は曇りなく程よいビートを感じられ心地良いです。
1つ欠点を挙げれば、曲送り戻り再生のサイドボタンが画面を消した状態でもロックできずに動作してしまうところです、気になるところはそのくらいです。

続きを読む

ぽひょ太郎 さん (2020/11/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0