• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

FiiO (フィーオ)

BTA30Pro【FIO-BTA30PRO】

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

生産終了品

FiiO (フィーオ)

BTA30Pro【FIO-BTA30PRO】

  • 新品

¥19,800 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4562314015935

  • 在庫状況

数量

スタッフによる音域バランス評価(平均)

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

中古品もあります!

毎日10時/20時更新

- 買取上限価格 -

¥9,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品のスタッフレビュー

ケイティ

@e☆イヤホン

量感イメージ

  • 近い
  • 広い
  • クール
  • ウォーム
  • 繊細
  • 迫力

Bluetoothの無い環境でBluetoothを使えるようにできる高音質ハブ

「FiiO BTA30Pro」はマルチに使える、いわばBluetoothDACハブです。

この商品の利用シーンとしておすすめなのが
①いまある据え置きアンプ環境にUSB DAC兼Bluetoothレシーバーとして運用
→Bluetoothインプットの無い環境にも、あとから追加することが可能です。
②テレビに接続して、Bluetoothトランスミッターとして使用
→Bluetooth接続機能が無いテレビでもBluetooth対応製品を使えるようになります。
③上記を兼用
→Bluetoothのイン・アウト・USBDACなど切り替えができるので、常設したまま用途を切り替えることが出来ます。

など、1台でBluetoothを含んだオーディオネットワークを構築することが出来ます。

スペックにも妥協が無く、Bluetooth製品にしては珍しく独立のDACチップを搭載し、データ変換時の音質にも配慮されています。

また、Bluetoothコーデックでは、低遅延で再生できる「aptX LL」や、ハイレゾワイヤレス再生ができる「LDAC」にも対応しているなど音質のために盛れる物はとことん盛り込まれています。

テレビに繋いで、映画やゲームをワイヤレス、もしくは据え置きアンプ環境で高音質で楽しんだり、お気に入りの自分だけの据え置き環境にワイヤレスでの接続方法を追加したい場合などにぜひ盛り込んでみてください。

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

無線と有線を自在に変換する「超」メディアHUB
これ1台で全てが完結する、Bluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB DAC

FiiO BTA30Pro

ヒーローイメージ

BTA30 Proは、1台4役のメディアHUB機能で高い評価を獲得したBTA30から、機能・性能を大幅に強化。エントリーユーザーから熟練のオーディオファイルまで使用可能な、唯一無二の「超」メディアHUBに進化を遂げました。

  1. LDAC送受信やaptX LL等の高性能Bluetoothコーデックを網羅した先進の無線送受信機能
    Bluetooth受信機能
    BTA30 ProのBluetoothの受信モード(RX)を使用すれば、ご自宅のオーディオシステムを最先端の無線対応システムに生まれ変わらせることができます。PCやスマートフォンからBluetoothで送信した音声データを、BTA30 Proでデジタル/アナログ信号に高品位に変換します。

    ※受信時のBluetoothコーデックは、SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDACに対応。

    Bluetooth送信機能
    BTA30 ProのBluetoothの送信モード(TX)を使用すれば、テレビ/CDプレーヤー/PCのデジタル出力を変換してBluetoothで送信して、デジタル入力された音声データを、お手持ちのBluetoothスピーカーやヘッドホンで再生することが可能です。さらに、高音質を誇るLDACや、ゲーム・映画鑑賞に最適な低遅延のaptx LLなど、コンテンツに併せて最適なコーデックを選択することが可能なので、ケーブルの制約を受けず自由度の高いリスニング環境を構築することができます。

    ※送信時の対応コーデックはSBC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDACで、LDACは光/同軸/USB入力時に使用可能です。

    Qualcomm製Bluetoothチップ「CSR8675」採用で無線の安定性と品質が向上
    BTA30 Proは、リッチなBluetoothオーディオ体験を実現させるため、高効率を誇るクアルコム製Bluetoothチップ「CSR8675」を採用しています。CSR8675は32ビットのオーディオ処理をサポートし、120MHz動作のDSPを搭載することで、様々なBluetooth関連機能を1つのパッケージに効果的に統合しています。
  2. PCM384kHz/32bit、DSD256の再生に対応。大幅に強化されたUSB DAC/DDC機能
    デジタルデコードモードをONにすることで、BTA30 Proを高性能なD/AコンバーターまたはD/Dコンバーターとして使用することができます。さらに、アプリから設定を変更することで、USB Audio Class2.0およびUSB Audio Class1.0の切り替え機能も搭載。BTA30 Proなら、ハイレゾ音源を楽しむこともゲーム機を高音質で楽しむことも自由自在です。

    ※同軸出力を使用する場合、同軸入力は使用できません。
    ※バイパスモード(後述)を使用することで、光入力をパススルーして光出力することができます。

    XMOS製SoC搭載で、PCM384kHz/32bit、DSD256入力に対応
    BTA30 Proでは新たにXMOSレシーバーチップを採用。これにより、対応サンプリングレート/ビットレートが飛躍的に向上し、USB再生ではPCM384kHz/32bit、DSD256の再生に対応しました。そのほか、同軸入力は最大384kHz/24bit、DSD128、光入力は最大96kHz/24bitに対応するなど、現代のデジタルファイル再生に求められるファイルフォーマットを網羅しています。デジタルオーディオの入門機としてはもちろん、本格的なDACとしても十分な能力を備えています。

    ESS Technology製高性能DACチップ「ES9038Q2M」を採用
    BTA30 Proでは、ESS Technology社のポータブル向けDACチップのフラッグシップモデル「ES9038Q2M」を採用。RCA出力時のTHD+Nが0.0008%以下、S/N比が118dBへと向上いたしました。

    高性能DSPによる最大192kHzへのアップサンプリング機能を搭載
    BTA30 Proは、デスクトップシステムとしてはたいへんユニークな、Bluetooth+SPDIFデコード機能を持つ独立した高性能DSPチップを組み込んだ製品です。専用に用意されたアップサンプリング用DSPを使用することにで、デジタルオーディオ信号を192kHzまでアップサンプリングします。BTA30 Proは多様なフォーマットのデコードニーズに応え、メディアHUBとしての万能性を高いレベルで実現しています。
  3. LDAC、aptX LLなどの高性能Bluetoothコーデックを網羅
    BTA30 Proは、Bluetooth 5.0を採用し、SBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDACのコーデックに対応。ニーズに合わせて最適なコーデックを選択していただけます。LDACでの受信だけでなく、LDACでの送信に対応する数少ない据置機のため、SONY製イヤホン・ヘッドホンとの使用に最適です。さらに、aptX LLを使用することで、低レイテンシーを求められるゲームをより快適にプレイしたり、映像作品を違和感なく鑑賞いただけます。
    hoge画像
  4. Bluetoothコーデックの瞬時判別が可能なRGBインジケーター搭載
    BTA30 Proは、本体天板のSTATUSインジケーターにより、現在使用しているBluetoothコーデックが何かを瞬時に判別することができます。
    SBC:青色
    AAC:青緑色
    aptX:紫色
    aptX LL:緑色
    aptX HD:黄色
    LDAC:白色
    hoge画像
  5. 送受信距離30mを実現するBluetooth接続用外付け高ゲインアンテナ搭載
    BTA30 Proは、Bluetooth接続用に外付け高ゲインアンテナを採用することで、CSR8675チップの能力を最大限に引き出します。通常の使用条件下であれば、最大30mの範囲で、より高速な接続速度とより安定した信号伝送が可能です。
    hoge画像
  6. ハードボタン操作により、入力や出力コーデック、接続機器を素早くコントロール可能
    BTA30 Proでは、本体に装備されたハードボタン・スイッチによりモードの切り替えや入力ソースを素早く操作することができます。Bluetooth受信モードでは、同時に2つのデバイスを記憶でき、どちらのBluetooth機器に接続するかをボタンで簡単に選択できるようになりました。

    ※Bluetooth送信モードでLDACおよびaptX LLを使用している場合、2台のBluetooth機器に同時に接続することはできません。
    hoge画像
  7. 早く正確な調節を可能にする、ADCボリューム調節機能
    BTA30 Proは、プロフェッショナルレベルの音量調節機能を組み込んだ最先端のデスクトップ向けBluetooth製品です。

    1.音量の左右不均等を解決するADCボリュームコントロール機能による正確な音量調節調節ができます
    2.アナログとデジタルの両方の出力音量をすばやく調節することができます

    ADCボリュームコントロール機能
    BTA30 ProはFiiO独自のADCボリュームコントロール機能を採用しています。本体に搭載されたアナログポテンショメーターには音楽信号は流れておらず、ボリューム操作の角度変化をAD変換し、その値をデジタルボリュームの制御に使用することで、従来のアナログポテンショメータによる音量調節で発生する左右の音量の不均等(ギャングエラー)を効果的に排除し、小ステップでの音量調節をより正確に直感的に行うことを可能としています。
    hoge画像
  8. 光入力と光/BT出力を同時に行う、バイパスモードを新採用
    BTA30 Proでは、メディアHUBとしての機能を強化する、バイパスモードを新採用しました。
    Bluetooth送信モードでは、バイパスモードにすることで、光入力から光/Bluetooth出力までを同時に行うことができ、システムの拡張性を向上させます。DACモードでは、バイパスモードにより光入力から光出力への接続が可能です。

    ※バイパスモードは、トランスミッターモードおよびDACモードの際の光入力にのみ使用可能です。
  9. デジタル/アナログ両面で圧倒的利便性を実現する豊富な入出力端子群
    BTA30 Proは、Bluetooth送受信機能のほか、デジタル/アナログを問わず、省スペースな筐体に豊富な入出力端子を搭載しています。

    1.RCAアナログ出力:外部アンプまたはスピーカーに接続することで、信号損失を減少させチャンネルセパレーションを向上させることが可能です
    2.光/同軸出力:スマートフォンなどをBluetoothのソースデバイスとして使用し、デジタルオーディオ信号を外部DACに出力することが可能です
    3.光/同軸入力:高品位なデジタルオーディオ信号を入力することが可能です。
    4.USB Type Cコネクター:高信頼性で安定した電源を供給を行うだけでなく、最大384kHz/32bit、DSD256までの入力に対応したデジタル入力としても使用可能です。
    hoge画像
  10. FiiO MusicアプリやFiiO Controlアプリでスマートフォンからリモート制御
    スマートフォンをBTA30 PROに接続すると、FiiO MusicやFiiO ControlアプリでスマートフォンからBTA30 PROをリモート制御することができます。

    1.チャンネルバランス
    2.4種類のオーディオフィルターの切替え
    3.Bluetoothフォーマットの優先順位の変更
    4.LEDインジケーターのON/OFF
    5.音量調節
    6.音量の固定出力設定
  11. アルミ合金製筐体採用で質感が向上
    BTA30 Proは、アルミ合金製の丈夫なボディで、高級感のある光沢と滑らかな質感を実現しています。統一感のあるボタン配置とわかりやすい表示で使いやすさを追求しました。
    hoge画像
  12. ハイレゾ認証および、ハイレゾワイヤレス認証を取得
    BTA30 Proは、日本オーディオ協会が認定するハイレゾ認証および、ハイレゾワイヤレス認証を取得しています。
  13. 豊富な付属品
    ・クイックスタートガイド
    ・保証書
    ・USBタイプA to タイプCケーブル
    ・RCAケーブル
    ・ラバーフット
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
Bluetoothバージョン 5
DACチップ ES9038Q2M
Bluetoothチップ CSR8675
DSPチップ CT7302
オーディオオペアンプ OPA1662
対応Bluetoothコーデック(受信) SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
対応Bluetoothコーデック(送信) SBC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDAC
対応サンプリングレート(USB入力) 384kHz/32bit; DSD256 (DoP)
対応サンプリングレート(RCA同軸入力) 384kHz/24bit; DSD128 (DoP)
対応サンプリングレート(TOS光入力) 192kHz/24bit
対応サンプリングレート(RCA同軸出力) 384kHz/24bit; DSD128 (DoP)
対応サンプリングレート(TOS光出力) 192kHz/24bit
アップサンプリング 最大192kHz
無線送信距離 30m(SBC時、遮蔽物なしの値)
最大出力(THD<1%) 3Vrms(10KΩ)
ノイズフロア ≤3.8uV
S/N比 (dbA) ≥118dB(RCA出力時)
THD+N 0.0008%(USB DAC 1kHz、RCA出力時)
USB端子 タイプC
サイズ 120x55x25.8mm(W×D×H)
重量 145g
付属品 クイックスタートガイド
保証書
USBタイプA to タイプCケーブル
RCAケーブル
ラバーフット

商品詳細

無線と有線を自在に変換する「超」メディアHUB
これ1台で全てが完結する、Bluetoothレシーバー&トランスミッター機能搭載USB DAC

FiiO BTA30Pro

ヒーローイメージ

BTA30 Proは、1台4役のメディアHUB機能で高い評価を獲得したBTA30から、機能・性能を大幅に強化。エントリーユーザーから熟練のオーディオファイルまで使用可能な、唯一無二の「超」メディアHUBに進化を遂げました。

  1. LDAC送受信やaptX LL等の高性能Bluetoothコーデックを網羅した先進の無線送受信機能
    Bluetooth受信機能
    BTA30 ProのBluetoothの受信モード(RX)を使用すれば、ご自宅のオーディオシステムを最先端の無線対応システムに生まれ変わらせることができます。PCやスマートフォンからBluetoothで送信した音声データを、BTA30 Proでデジタル/アナログ信号に高品位に変換します。

    ※受信時のBluetoothコーデックは、SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDACに対応。

    Bluetooth送信機能
    BTA30 ProのBluetoothの送信モード(TX)を使用すれば、テレビ/CDプレーヤー/PCのデジタル出力を変換してBluetoothで送信して、デジタル入力された音声データを、お手持ちのBluetoothスピーカーやヘッドホンで再生することが可能です。さらに、高音質を誇るLDACや、ゲーム・映画鑑賞に最適な低遅延のaptx LLなど、コンテンツに併せて最適なコーデックを選択することが可能なので、ケーブルの制約を受けず自由度の高いリスニング環境を構築することができます。

    ※送信時の対応コーデックはSBC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDACで、LDACは光/同軸/USB入力時に使用可能です。

    Qualcomm製Bluetoothチップ「CSR8675」採用で無線の安定性と品質が向上
    BTA30 Proは、リッチなBluetoothオーディオ体験を実現させるため、高効率を誇るクアルコム製Bluetoothチップ「CSR8675」を採用しています。CSR8675は32ビットのオーディオ処理をサポートし、120MHz動作のDSPを搭載することで、様々なBluetooth関連機能を1つのパッケージに効果的に統合しています。
  2. PCM384kHz/32bit、DSD256の再生に対応。大幅に強化されたUSB DAC/DDC機能
    デジタルデコードモードをONにすることで、BTA30 Proを高性能なD/AコンバーターまたはD/Dコンバーターとして使用することができます。さらに、アプリから設定を変更することで、USB Audio Class2.0およびUSB Audio Class1.0の切り替え機能も搭載。BTA30 Proなら、ハイレゾ音源を楽しむこともゲーム機を高音質で楽しむことも自由自在です。

    ※同軸出力を使用する場合、同軸入力は使用できません。
    ※バイパスモード(後述)を使用することで、光入力をパススルーして光出力することができます。

    XMOS製SoC搭載で、PCM384kHz/32bit、DSD256入力に対応
    BTA30 Proでは新たにXMOSレシーバーチップを採用。これにより、対応サンプリングレート/ビットレートが飛躍的に向上し、USB再生ではPCM384kHz/32bit、DSD256の再生に対応しました。そのほか、同軸入力は最大384kHz/24bit、DSD128、光入力は最大96kHz/24bitに対応するなど、現代のデジタルファイル再生に求められるファイルフォーマットを網羅しています。デジタルオーディオの入門機としてはもちろん、本格的なDACとしても十分な能力を備えています。

    ESS Technology製高性能DACチップ「ES9038Q2M」を採用
    BTA30 Proでは、ESS Technology社のポータブル向けDACチップのフラッグシップモデル「ES9038Q2M」を採用。RCA出力時のTHD+Nが0.0008%以下、S/N比が118dBへと向上いたしました。

    高性能DSPによる最大192kHzへのアップサンプリング機能を搭載
    BTA30 Proは、デスクトップシステムとしてはたいへんユニークな、Bluetooth+SPDIFデコード機能を持つ独立した高性能DSPチップを組み込んだ製品です。専用に用意されたアップサンプリング用DSPを使用することにで、デジタルオーディオ信号を192kHzまでアップサンプリングします。BTA30 Proは多様なフォーマットのデコードニーズに応え、メディアHUBとしての万能性を高いレベルで実現しています。
  3. LDAC、aptX LLなどの高性能Bluetoothコーデックを網羅
    BTA30 Proは、Bluetooth 5.0を採用し、SBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDACのコーデックに対応。ニーズに合わせて最適なコーデックを選択していただけます。LDACでの受信だけでなく、LDACでの送信に対応する数少ない据置機のため、SONY製イヤホン・ヘッドホンとの使用に最適です。さらに、aptX LLを使用することで、低レイテンシーを求められるゲームをより快適にプレイしたり、映像作品を違和感なく鑑賞いただけます。
    hoge画像
  4. Bluetoothコーデックの瞬時判別が可能なRGBインジケーター搭載
    BTA30 Proは、本体天板のSTATUSインジケーターにより、現在使用しているBluetoothコーデックが何かを瞬時に判別することができます。
    SBC:青色
    AAC:青緑色
    aptX:紫色
    aptX LL:緑色
    aptX HD:黄色
    LDAC:白色
    hoge画像
  5. 送受信距離30mを実現するBluetooth接続用外付け高ゲインアンテナ搭載
    BTA30 Proは、Bluetooth接続用に外付け高ゲインアンテナを採用することで、CSR8675チップの能力を最大限に引き出します。通常の使用条件下であれば、最大30mの範囲で、より高速な接続速度とより安定した信号伝送が可能です。
    hoge画像
  6. ハードボタン操作により、入力や出力コーデック、接続機器を素早くコントロール可能
    BTA30 Proでは、本体に装備されたハードボタン・スイッチによりモードの切り替えや入力ソースを素早く操作することができます。Bluetooth受信モードでは、同時に2つのデバイスを記憶でき、どちらのBluetooth機器に接続するかをボタンで簡単に選択できるようになりました。

    ※Bluetooth送信モードでLDACおよびaptX LLを使用している場合、2台のBluetooth機器に同時に接続することはできません。
    hoge画像
  7. 早く正確な調節を可能にする、ADCボリューム調節機能
    BTA30 Proは、プロフェッショナルレベルの音量調節機能を組み込んだ最先端のデスクトップ向けBluetooth製品です。

    1.音量の左右不均等を解決するADCボリュームコントロール機能による正確な音量調節調節ができます
    2.アナログとデジタルの両方の出力音量をすばやく調節することができます

    ADCボリュームコントロール機能
    BTA30 ProはFiiO独自のADCボリュームコントロール機能を採用しています。本体に搭載されたアナログポテンショメーターには音楽信号は流れておらず、ボリューム操作の角度変化をAD変換し、その値をデジタルボリュームの制御に使用することで、従来のアナログポテンショメータによる音量調節で発生する左右の音量の不均等(ギャングエラー)を効果的に排除し、小ステップでの音量調節をより正確に直感的に行うことを可能としています。
    hoge画像
  8. 光入力と光/BT出力を同時に行う、バイパスモードを新採用
    BTA30 Proでは、メディアHUBとしての機能を強化する、バイパスモードを新採用しました。
    Bluetooth送信モードでは、バイパスモードにすることで、光入力から光/Bluetooth出力までを同時に行うことができ、システムの拡張性を向上させます。DACモードでは、バイパスモードにより光入力から光出力への接続が可能です。

    ※バイパスモードは、トランスミッターモードおよびDACモードの際の光入力にのみ使用可能です。
  9. デジタル/アナログ両面で圧倒的利便性を実現する豊富な入出力端子群
    BTA30 Proは、Bluetooth送受信機能のほか、デジタル/アナログを問わず、省スペースな筐体に豊富な入出力端子を搭載しています。

    1.RCAアナログ出力:外部アンプまたはスピーカーに接続することで、信号損失を減少させチャンネルセパレーションを向上させることが可能です
    2.光/同軸出力:スマートフォンなどをBluetoothのソースデバイスとして使用し、デジタルオーディオ信号を外部DACに出力することが可能です
    3.光/同軸入力:高品位なデジタルオーディオ信号を入力することが可能です。
    4.USB Type Cコネクター:高信頼性で安定した電源を供給を行うだけでなく、最大384kHz/32bit、DSD256までの入力に対応したデジタル入力としても使用可能です。
    hoge画像
  10. FiiO MusicアプリやFiiO Controlアプリでスマートフォンからリモート制御
    スマートフォンをBTA30 PROに接続すると、FiiO MusicやFiiO ControlアプリでスマートフォンからBTA30 PROをリモート制御することができます。

    1.チャンネルバランス
    2.4種類のオーディオフィルターの切替え
    3.Bluetoothフォーマットの優先順位の変更
    4.LEDインジケーターのON/OFF
    5.音量調節
    6.音量の固定出力設定
  11. アルミ合金製筐体採用で質感が向上
    BTA30 Proは、アルミ合金製の丈夫なボディで、高級感のある光沢と滑らかな質感を実現しています。統一感のあるボタン配置とわかりやすい表示で使いやすさを追求しました。
    hoge画像
  12. ハイレゾ認証および、ハイレゾワイヤレス認証を取得
    BTA30 Proは、日本オーディオ協会が認定するハイレゾ認証および、ハイレゾワイヤレス認証を取得しています。
  13. 豊富な付属品
    ・クイックスタートガイド
    ・保証書
    ・USBタイプA to タイプCケーブル
    ・RCAケーブル
    ・ラバーフット
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
Bluetoothバージョン 5
DACチップ ES9038Q2M
Bluetoothチップ CSR8675
DSPチップ CT7302
オーディオオペアンプ OPA1662
対応Bluetoothコーデック(受信) SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC
対応Bluetoothコーデック(送信) SBC/aptX/aptX LL/aptX HD/LDAC
対応サンプリングレート(USB入力) 384kHz/32bit; DSD256 (DoP)
対応サンプリングレート(RCA同軸入力) 384kHz/24bit; DSD128 (DoP)
対応サンプリングレート(TOS光入力) 192kHz/24bit
対応サンプリングレート(RCA同軸出力) 384kHz/24bit; DSD128 (DoP)
対応サンプリングレート(TOS光出力) 192kHz/24bit
アップサンプリング 最大192kHz
無線送信距離 30m(SBC時、遮蔽物なしの値)
最大出力(THD<1%) 3Vrms(10KΩ)
ノイズフロア ≤3.8uV
S/N比 (dbA) ≥118dB(RCA出力時)
THD+N 0.0008%(USB DAC 1kHz、RCA出力時)
USB端子 タイプC
サイズ 120x55x25.8mm(W×D×H)
重量 145g
付属品 クイックスタートガイド
保証書
USBタイプA to タイプCケーブル
RCAケーブル
ラバーフット

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

高音の質

5

中音の質

5

低音の質

5

細やかさ

5

迫力

4.5

音場

4

遮音性

5

音漏耐性

5

4人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

使用方

簡単な操作で使用出来るんですが
こちらの知識不足でなかなかbluetoothの接続に苦労してしまった
 でも理解した後は期待通りの
性能で満足いくものとなりました。

続きを読む

toyo さん (2022/01/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

音質も使い勝手も良しです。(レビュー修正)

PCからLDACの送信ができるものがほしくて購入しました。いままでは、1MiiのB03ProでAPT-X HDを使っていました。ヘッドホンはAONIC50で聞いていて、音質は良かったのですが機器の使い勝手に少し不満があり、BTA30Proが発売されたのを知って、せっかくなのでLDACを試してみたいと思い入手しました。最初に聞いたとき「なんかぼわついてる」という印象でしたが、丸一日負荷をかけた状態で放置してたらいつのまにか良くなっていました。DACでスピーカーから鳴らしてみた音も良く、今まで複数の音源を使用していましたが、今はこれ1台でPCから音を出力しています。
有線のヘッドホン用ジャックがないので別にアンプを用意していますが、その音質も向上した気がします。LDAC使用時に、SHUREのアプリからイコライザーの変更ができないのは仕様なようです。そもそもLDACでは複数接続ができない? でも、音を鳴らしながらアプリでもヘッドホンを認識しているので、そのうちできるようになってほしい。
ともあれ、とても満足できる製品だと思います。コンパクトで機能に対しての価格も安いと感じられ、1台持っていて損はしないものだと思います。

続きを読む

リョウ さん (2022/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

この価格でここまで機能があるものは少ない

以前のモデルが中古を探してもどこにもなくて困っていました。
LDACも追加されますます使いやすくなっています。

同じ機能の商品を探そうとしても平気で何倍も払わなければいけなくなるので、信用のあるメーカーでこの金額は相当買いだと思います。

続きを読む

おやつ さん (2021/12/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

Bluetoothトランスミッターとして使用しています。

ライト層の音楽ファンです。今までは、WF1000XM4とPCを直接Bluetoothで接続していましたが、LDAC接続をパソコンからでもできるようにしようと思い、発売日前に予約して購入しました。PCとはUSBで接続し、セルフパワーのUSBハブ経由で使用しています。
Bluetoothトランスミッターとしてのみ使用しているので、USBDACとしての機能や音質のレビューはしません。

(良かった点)
・コンパクトなサイズでデスクに置きやすいです。デザインもシンプルで好きです。
・音質については、ハイレゾ音源を聞くと解像度が少し上がったと感じます(コーデックが違うので当然かもしれません)。比較に使った音源は、サービス終了間近のとあるハイレゾ配信サイトの、オーケストラ、管弦楽、ジャズなどのハイレゾ音源です。
・スマホのアプリからLDAC接続の伝送量を設定できます。常に音質優先の設定にしていますが音は途切れにくいです。本機との間に壁や障害物がないときは全く途切れません。スマホ(Google pixel 5a)から音質優先でLADC接続しているときは、片耳しか音が出なかったりたまに音が途切れたりするので違いに驚きました。

(良くなかった点)
・WF1000XM4のマイクを使用してPCでWEB会議をするときには、本機との接続を解除してPCとのBluetooth接続をやり直す必要があります。ただし個人的には大した手間には感じないし、仕様上仕方ないと思うので不満ではありません。
・ソニーのMDR-EX31BNとaptX接続も試してみましたが、WF1000XM4と比べて接続されるまでが遅いです。8年くらい前の商品なので比較になるかは不明ですが、イヤホンによっては接続のしやすさが異なるかもしれません。一旦接続が完了してしまえば快適に使えます。

大満足です。ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンを家で使用している方におすすめできます。

続きを読む

qros さん (2021/12/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3