• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Victor (ビクター)

【eフェス紹介商品】HA-FW1000T

  • 新品

¥36,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4975769023934

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥20,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

完全ワイヤレス初。
木の振動板採用で有線ハイクラスの高音質を実現

HA-FW1000T

HA-FW1000T
  1. 特徴
    ・ 完全ワイヤレスイヤホンで初めて“木”の振動板を搭載
    ・ 最新ノイズキャンセリング技術Qualcomm®アダプティブノイズキャンセルを採用
    ・ ハイレゾ相当の高音質が楽しめるデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初搭載
    ・ 新開発「スパイラルドットProイヤーピース」により音質と装着感がさらに向上
    ・ 音楽制作現場のプロが認めた音「Tuned by VICTOR STUDIO」
    ・ 96kHz/24bitまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
    ・ マスクモードや通話マイクのオン/オフ機能を新搭載、テレワークでも高品位で快適なハンズフリー通話が可能
    ・ 低遅延で安定したワイヤレス接続が可能
    ・ イヤホンを着けたまま会話が可能なタッチ&トーク機能を搭載
    ・ 100段階のボリュームステップなどを新たに採用し、快適な操作性を実現
    ・ 最大27時間の長時間再生とクイック充電に対応
    ・ 雨や水しぶきに強い生活防水仕様(IPX4)
  2. いつまでも聴いていたい心地よい音
    ・今までの完全ワイヤレスでは到達できていなかったディテールの再現性と空間表現
    ・ボリュームをどこまで上げても聴き疲れしない、いつまでも聴いていたくなる心地よい音を追求
    hoge画像
  3. プロが認めた音
    ・ビクタースタジオエンジニアが音質チューニングに参加。当社の音響設計技術にスタジオエンジニアの音に対する知見を注入することにより、「プロが認めた良い音」を実現しました。
  4. 完全ワイヤレス初、木の振動板
    本モデルは、完全ワイヤレスイヤホンで初めて「木の振動板」を採用し、有線ハイクラスモデルと同等クラスの「新開発ウッドドームカーボンドライバー(口径11mm)」を搭載しました。ワンランク上のクオリティで高音質化を実現しました。

    ウッドドームカーボン振動板
    伝搬速度や減衰特性に優れるカバ材から、独自の薄膜加工技術により薄く削り出した50umウッドドームを、カーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、振動板外周部には適度なしなやかさを、振動板中央のドーム部分にはより高い強度を持たせ、美しい音色を奏でます。

    ステンレスドライバーケース
    さらに有線ハイクラスモデルと同等のステンレスドライバーケースを組み合わせることで、音の雑味を排除します。

    音響空間
    また、ドライバユニットの後方に大容量の音響空間を配置し、大口径ドライバユニットによって内部のエアーをしっかりと活用することで、充実したディテールの再現性と奥行き感のある空間表現を実現しました。
  5. 「ビクタースタジオ」から生まれた高音質化技術「K2テクノロジー」
    ハイレゾ非対応コーデックによる伝送時においてもハイレゾ相当まで拡張して原音に近づける高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスで初めて搭載。

    国内最高峰クラスの設備・技術を誇る「ビクタースタジオ」と、ハード設計の音響技術から生まれた当社独自の高音質化技術です。
    hoge画像
  6. さらに進化した、新開発「スパイラルドットPro」イヤーピース
    イヤーピース内壁にスパイラル状にドットを配列した、独自の音質向上技術「スパイラルドット」を採用。イヤーピース内の反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化することで、音のにごりを抑え、クリアなサウンドを実現します。

    今回さらに、新たなスパイラル状の凸形状の追加に加え、全体のフォルムをモディファイし、より繊細な音まで再現性を高めると共に、やわらかいグレードのシリコン素材を採用し装着感と密閉度を向上させた「スパイラルドットPro」に進化を遂げました。

    耳に最適にフィットする大きさを選べる、5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属します。
    hoge画像
  7. 最新のノイズキャンセリング技術、Qualcomm®アダプティブノイズキャンセル採用
    最新チップによる高い効果のハイブリッド方式、Qualcomm®アダプティブノイズキャンセルを採用。
    イヤーピースの密閉度を常に監視しているので、装着ずれにも自動でノイズキャンセリングレベルを補正し、常に高いノイズキャンセリング効果を安定してキープします。

    また、新イヤーピースにより、パッシブのノイズキャンセリング効果も高めています。通話時にもノイズキャンセル機能をオンにできますので、騒がしい環境下でも快適に会話が可能です。
    hoge画像
  8. 96kHzまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
    SBC、AAC、Qualcomm® aptX™ audioに加え、96kHzまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応。ワイヤレスでもハイレゾ音源をハイレゾ音質で楽しめます。
  9. オンライン会議も高品位で快適なハンズフリー通話・左右どちらでも片耳イヤホン使用可能
    ・Qualcomm® cVc™ノイズキャンセルテクノロジーと高性能MEMSマイクの採用により、ノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話が可能。

    ・イヤホン側で通話マイクのオン/オフ機能を新たに搭載、通信機器側を操作することなく簡単にマイクをミュートできます。

    ・マスク着用時の声のこもりを補正するマスクモードを新たに搭載し、クリアな通話を可能にしました。

    ・左右どちらでも片耳だけで通話でき、どちらでも音量操作が可能。
    hoge画像
  10. 安定した通信性能
    ・高性能LDSアンテナ
    ・Qualcomm TrueWireless™ Stereo Mirroring
    ・Bluetooth 5.2
    ・Power Class 1
  11. 安定した装着感
    当社の完全ワイヤレス開発の積み重ねにより、耳に沿ったカーブの採用と、耳と面で保持するボディ形状により安定した装着感を実現。
    hoge画像
  12. タッチ&トーク(外音取込み機能)
    ワンタッチで音量を下げるとともにマイクで外音を取り込み、イヤホンを着けたまま会話ができるタッチ&トーク機能。
    hoge画像
  13. 快適な操作性
    ・100ステップボリュームを採用し1dB単位で好みの音量にピタッと調整が可能。
    ・装着センサーにより適切な動作モードを自動選択。タッチの誤操作も防止。
    ・フィードバック音で確実な操作をアシストするタッチコントロール。

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 本体のみ:
最大約5.5時間(NC ON)
最大9時間(NC OFF)
ケース充電込み:最大約27時間(NC OFF, K2 OFF, ACC)
充電時間 本体:約2.5時間
ケース:約2.5時間
ドライバー構成 ウッドドームカーボンドライバー(ダイナミック型式)
対応コーデック SBC/AAC/aptX/aptX Adaptive
Bluetoothバージョン Bluetooth®5.2
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HFP
再生周波数帯域 20Hz~48,000Hz ※
重量 本体:7.8 g(片耳) ケース:45 g
付属品 充電用USBケーブル、イヤーピースS/MS/M/ML/L各2個

商品詳細

完全ワイヤレス初。
木の振動板採用で有線ハイクラスの高音質を実現

HA-FW1000T

HA-FW1000T
  1. 特徴
    ・ 完全ワイヤレスイヤホンで初めて“木”の振動板を搭載
    ・ 最新ノイズキャンセリング技術Qualcomm®アダプティブノイズキャンセルを採用
    ・ ハイレゾ相当の高音質が楽しめるデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスイヤホンに初搭載
    ・ 新開発「スパイラルドットProイヤーピース」により音質と装着感がさらに向上
    ・ 音楽制作現場のプロが認めた音「Tuned by VICTOR STUDIO」
    ・ 96kHz/24bitまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
    ・ マスクモードや通話マイクのオン/オフ機能を新搭載、テレワークでも高品位で快適なハンズフリー通話が可能
    ・ 低遅延で安定したワイヤレス接続が可能
    ・ イヤホンを着けたまま会話が可能なタッチ&トーク機能を搭載
    ・ 100段階のボリュームステップなどを新たに採用し、快適な操作性を実現
    ・ 最大27時間の長時間再生とクイック充電に対応
    ・ 雨や水しぶきに強い生活防水仕様(IPX4)
  2. いつまでも聴いていたい心地よい音
    ・今までの完全ワイヤレスでは到達できていなかったディテールの再現性と空間表現
    ・ボリュームをどこまで上げても聴き疲れしない、いつまでも聴いていたくなる心地よい音を追求
    hoge画像
  3. プロが認めた音
    ・ビクタースタジオエンジニアが音質チューニングに参加。当社の音響設計技術にスタジオエンジニアの音に対する知見を注入することにより、「プロが認めた良い音」を実現しました。
  4. 完全ワイヤレス初、木の振動板
    本モデルは、完全ワイヤレスイヤホンで初めて「木の振動板」を採用し、有線ハイクラスモデルと同等クラスの「新開発ウッドドームカーボンドライバー(口径11mm)」を搭載しました。ワンランク上のクオリティで高音質化を実現しました。

    ウッドドームカーボン振動板
    伝搬速度や減衰特性に優れるカバ材から、独自の薄膜加工技術により薄く削り出した50umウッドドームを、カーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、振動板外周部には適度なしなやかさを、振動板中央のドーム部分にはより高い強度を持たせ、美しい音色を奏でます。

    ステンレスドライバーケース
    さらに有線ハイクラスモデルと同等のステンレスドライバーケースを組み合わせることで、音の雑味を排除します。

    音響空間
    また、ドライバユニットの後方に大容量の音響空間を配置し、大口径ドライバユニットによって内部のエアーをしっかりと活用することで、充実したディテールの再現性と奥行き感のある空間表現を実現しました。
  5. 「ビクタースタジオ」から生まれた高音質化技術「K2テクノロジー」
    ハイレゾ非対応コーデックによる伝送時においてもハイレゾ相当まで拡張して原音に近づける高音質化技術「K2テクノロジー」を完全ワイヤレスで初めて搭載。

    国内最高峰クラスの設備・技術を誇る「ビクタースタジオ」と、ハード設計の音響技術から生まれた当社独自の高音質化技術です。
    hoge画像
  6. さらに進化した、新開発「スパイラルドットPro」イヤーピース
    イヤーピース内壁にスパイラル状にドットを配列した、独自の音質向上技術「スパイラルドット」を採用。イヤーピース内の反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化することで、音のにごりを抑え、クリアなサウンドを実現します。

    今回さらに、新たなスパイラル状の凸形状の追加に加え、全体のフォルムをモディファイし、より繊細な音まで再現性を高めると共に、やわらかいグレードのシリコン素材を採用し装着感と密閉度を向上させた「スパイラルドットPro」に進化を遂げました。

    耳に最適にフィットする大きさを選べる、5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属します。
    hoge画像
  7. 最新のノイズキャンセリング技術、Qualcomm®アダプティブノイズキャンセル採用
    最新チップによる高い効果のハイブリッド方式、Qualcomm®アダプティブノイズキャンセルを採用。
    イヤーピースの密閉度を常に監視しているので、装着ずれにも自動でノイズキャンセリングレベルを補正し、常に高いノイズキャンセリング効果を安定してキープします。

    また、新イヤーピースにより、パッシブのノイズキャンセリング効果も高めています。通話時にもノイズキャンセル機能をオンにできますので、騒がしい環境下でも快適に会話が可能です。
    hoge画像
  8. 96kHzまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応
    SBC、AAC、Qualcomm® aptX™ audioに加え、96kHzまで対応したハイレゾ対応高音質コーデックQualcomm® aptX™ Adaptive audioに対応。ワイヤレスでもハイレゾ音源をハイレゾ音質で楽しめます。
  9. オンライン会議も高品位で快適なハンズフリー通話・左右どちらでも片耳イヤホン使用可能
    ・Qualcomm® cVc™ノイズキャンセルテクノロジーと高性能MEMSマイクの採用により、ノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話が可能。

    ・イヤホン側で通話マイクのオン/オフ機能を新たに搭載、通信機器側を操作することなく簡単にマイクをミュートできます。

    ・マスク着用時の声のこもりを補正するマスクモードを新たに搭載し、クリアな通話を可能にしました。

    ・左右どちらでも片耳だけで通話でき、どちらでも音量操作が可能。
    hoge画像
  10. 安定した通信性能
    ・高性能LDSアンテナ
    ・Qualcomm TrueWireless™ Stereo Mirroring
    ・Bluetooth 5.2
    ・Power Class 1
  11. 安定した装着感
    当社の完全ワイヤレス開発の積み重ねにより、耳に沿ったカーブの採用と、耳と面で保持するボディ形状により安定した装着感を実現。
    hoge画像
  12. タッチ&トーク(外音取込み機能)
    ワンタッチで音量を下げるとともにマイクで外音を取り込み、イヤホンを着けたまま会話ができるタッチ&トーク機能。
    hoge画像
  13. 快適な操作性
    ・100ステップボリュームを採用し1dB単位で好みの音量にピタッと調整が可能。
    ・装着センサーにより適切な動作モードを自動選択。タッチの誤操作も防止。
    ・フィードバック音で確実な操作をアシストするタッチコントロール。

製品仕様


■ スペック
連続再生時間 本体のみ:
最大約5.5時間(NC ON)
最大9時間(NC OFF)
ケース充電込み:最大約27時間(NC OFF, K2 OFF, ACC)
充電時間 本体:約2.5時間
ケース:約2.5時間
ドライバー構成 ウッドドームカーボンドライバー(ダイナミック型式)
対応コーデック SBC/AAC/aptX/aptX Adaptive
Bluetoothバージョン Bluetooth®5.2
防水 IPX4
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HFP
再生周波数帯域 20Hz~48,000Hz ※
重量 本体:7.8 g(片耳) ケース:45 g
付属品 充電用USBケーブル、イヤーピースS/MS/M/ML/L各2個

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

8人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

ウォームで豊かな低音とキレの良い高音が唯一無二

試聴環境
iPhone 11→HA-FW1000T

試聴楽曲(Apple Music)
三月のパンタシア - 恋はキライだ
赤い公園 - オレンジ

「Victorのイヤホン」と言われて、「HA-FW1500」や「HA-FW10000」といった木のイヤホン(振動板)を思い浮かべる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

HA-FW1000Tは、完全ワイヤレスイヤホンに木の振動板を採用した初のモデルとなります。

音の方は、量感のある低音とスッと抜ける中高音のバランスの良い音でした。

低音域に関しては、粒が若干大き目ではあるものの丸くなり過ぎず、ウォームで余裕のある低音を鳴らしてくれます。

一方でボーカルや高音域は、鋭さやスピード感を感じる音で、キレの良さが印象的でした。

「ウォームで豊かな低音」と聞くとボーカルと低音域が混ざってしまった音を想像される方もいらっしゃると思いますが、全体的な分離感がとても良く濁りのない音で他の完全ワイヤレスイヤホンでは味わえない独特なものでした。

音には大きな影響を及ぼさない部分ではありますが、タッチセンサー部が木のパーツで出来ており、触ったときの感触がすごく良かったです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2021/11/02

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

完全ワイヤレスイヤホンで温もりのあるサウンドが欲しければこれ!

試聴環境:Galaxy Note20 Ultra
試聴楽曲:billie eilish / bad guy
    :ALI / LOST IN PARADISE
    :女王蜂 / 火炎

レコードの前で首をかしげるかわいい「ニッパー」君で知られるVictorから待望のアクティブノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホンが登場です!

まずは外観から見ていきましょう
ケースは比較的小ぶりで、ポケットに入れても苦にならないサイズ感です。
マット仕上げで汚れが目立ちにくそうなのもGood

イヤホン本体のタッチパッドはおしゃれな木目調になっていて、他にはないデザインが目を引きます。

ノズルから筐体への距離が若干長めなので、イヤーピースで調整して深めに装着するとよさそうです。

ノイズキャンセリング性能は、控えめで圧迫感が少ないので長時間の利用に向いてそうです。

外音取り込みは、音楽の音量を一時的に下げて行うタイプで、音はかなり自然です。常時使うというよりは、会話が発生したときや、アナウンスを聴きたいなどの局所的な利用に向いています。


サウンドは音量バランスの均整のとれたもので、とても耳馴染みがよいです。

木を使用した振動版独特の柔らかいトーンが癖になる方も多いのではないでしょうか。

その響きの柔らかさ、伸びやかさからアコースティック系の楽器や声中心の楽曲との相性が特にいいように感じました。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/10/21

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

WOODシリーズのTWS!

Victorでも人気の高い「WOODシリーズ」に完全ワイヤレスイヤホンのモデルが登場!

前回発売されたVictor初の完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」ではノイキャン機能は搭載されていませんでしたが、今回はノイキャン機能&外音取り込み機能が搭載されています!

ノイキャンは自然で「質の良いノイキャン」。
わかりやすくしっかり効いてるというよりは、うるさい帯域だけ自然にカットしてくれていました。

外音取り込みも自然で、大袈裟に取り込まれるようなマイクっぽさを感じないので快適にお使いいただけるかと思います。

デザインに関しては、10mm以上のドライバーが入っていることもあり、ハウジング部分は少し大きく見えますが、装着してみると耳が小さめのわたしでもしっかりフィットしてつけられました。

またイヤーピースには新しい「スパイラルドット Pro」が採用されているのですが、かなりもちっとした感触でこれも相まってフィット感の良さに繋がっているように思いました。
ちなみに、イヤーピースのサイズが5サイズ付属しています。ありがたいですね。

機能面だけでなく、人気の「WOODシリーズ」発のワイヤレスイヤホンともあり音質にもかなりこだわって作られているのが感じられます。

「ウッドドーム振動板」という木の振動板を採用されいて、今までのウッドハウジングイヤホンと似た音の温度感や広い音域を感じました。

解像度も高くクリアなのですが決して派手な音ではなく、深い低域と広い音域で壮大な迫力が感じられるサウンドでした。楽器の音が非常にふくよかで艶やかです。
速い音楽からバラードまで卒なく鳴らしてくれますが、低域から高域まで再生できる音数の多い楽曲をぜひ聴いてほしいです!

今回の「HA-FW1000T」は完全ワイヤレスイヤホンの中では正直いいお値段な印象があります。
しかし機能面はもちろん、音質にもかなりこだわった製品なので手にとってもらえると「なるほどな!」と感じられると思います。
ぜひお店で手に取って聴いてみてください!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by たにみく   2021/10/18

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音を楽しむ時間の質を限界まで上げてくれるイヤホン

待ちに待ったウッドコーンのワイヤレスがやってきたということで、早速購入、愛用してます。

《外観》
ビクターのおにぎりという触れ込み通り、丸っこい三角形で親しみやすい形です。
高級感あふれるウッド調のタッチセンサーにはしっかりニッパー君が描かれています。かわいい。
ケースは全体的にプラスチックですが、ハウジングを入れる部分がメタリックな感じになっていたり、蓋のハウジングに当たる部分がクッションになっていたり、細やかな部分の高級感が嬉しいですね。

《装着感》
筐体は少し大きめですが、装着感は良好です。ただ、数時間に渡る長時間使用の場合、付け疲れで耳珠が痛くなることがあります。
ノズルの長さの割にイヤーピースに高さがあるので、装着感を安定させたい場合は小さめのイヤピを選ぶのが良いと思います。
付属のイヤピはスパイラルドット+の上部の形状が変わった感じの改良版です。もちもちの感触で気持ちいいです。
イヤピの傘の縁に突起があり、その数ですぐに大きさがわかるようになっています。便利ですね。

《機能》
ノイキャン、外音取り込み、K2によるアップスケーリング、100段階の音量調節と盛りだくさんです。
専用アプリやイコライザーがないこともあって、SONYやAppleのようにあら便利!とはいかないものの、音質特化型のTWSとしては非常に高機能だと言えます。
また、全ての操作を本体のみで行えるようになっています。
便利な時もあるのですが、反面本体操作がモールス信号かよってくらい複雑です。
慣れればどうと言うことでもないのですが、特にノイキャン、外音取り込み、K2機能のオンオフは本体でしか操作できないので覚える必要があり、始めのうちは戸惑うことが多々あります。アプリでの操作カスタマイズが欲しかったところですね、、、。
それと隠しコマンド、というか付属の紙の説明書に書いてない操作が結構あるのでオンライン説明書も読んだ方がいいです。接続優先音質優先の切り替えとか通話時の操作とかいろいろあります。

基本的にはノイキャン、K2はオンのままで、外の音を聴きたい時は右一回タップして外音取り込みをオンにする、という感じで使うのがよさそう。
(というかノイキャンやK2をオフにする必要が本機の場合さほどない)

ノイキャンの効きはそれほど強くありません。パッシブの遮音性の補助程度に考えたほうがいいです。ノイキャン合わせてもカスタムIEMに毛が生えた程度だと思います。
それでもあるのとないのでは大違いで、電車の走行音や室内の空調音程度であれば音楽再生中に気になることは少ないです。
効きが弱い分、ノイキャンをつけても音の傾向はほとんど変わらないのは音質特化型として嬉しいポイントですね。

外音取り込みは非常に優秀で、外の音がそのまま聴こえているような自然さがあります。
切り替えると一緒に再生中の音楽の音量が下がるので、コンビニでの会計時などパッと外の音が聞きたいときは非常に便利です。

タッチ操作ですが、反応した回数だけピープ音が鳴るので押し間違えにくくしてくれます。また、筐体が大きいこともあり誤操作は装着時含めてほとんど起こらないように思います。
ただ、操作してから動作するまでがゆっくりで、どの操作も1秒くらいかかります。特にノイキャンと外音取り込みはじわぁっとゆっくり切り替わる仕様で、完全に切り替わるまでに3秒くらいかかります。スッと切り替わるよりも情緒があって個人的には好きな仕様ですが、たまに遅すぎて焦ったく感じることがあります。
音質もそうなのですが、そういうせかせかしたときではなく、ゆっくりリラックスしたいときのほうが向いているイヤホンです。

音量がやや小さめで、他のイヤホンだと10段階中の2〜4とかで使うところ、本機の場合100段階中の65〜75くらいで使っています。最大音量で音量が不足することはあまりない・・・というか耳悪くするのでやめた方がいいと思いますが、最大音量時の音量は小さめかもしれません。
中小音量の方はめちゃ細かく調整できます。

電池持ちは非常によく、ノイキャン&K2オンでもAACなら本体のみで少なくとも5時間は持ちました。ケース込みなら相当長時間使っても3日くらいは充電せずに持つと思います。
あとはワイヤレス充電対応だったら嬉しかったなくらい。

《音質》
一聴して驚くのは音の濃さ。音の層が分厚く、生音のよう。
音場もTWSではぶっちぎりに広い。
また、音の耳あたりが非常に良く、情報量の多さに反して聴き疲れるということが全然ない。いつまでも聴いていられる音です。

流石に同価格帯の有線イヤホンと比較すると分が悪いかもしれないが、ワンランク下の価格帯の有線イヤホンであれば同等かそれ以上の音だと言える、それくらいクオリティが高い。

全体的な雰囲気は同じウッドシリーズの有線イヤホンFW1500に似ていますが、中高域の描写はFW10000が意識されているようで、より明瞭で伸びが良く、スッと抜けていく感じがあります。

高域の量感自体はやや控えめですが、解像度や抜け伸びの良さがあり、質は高いです。非常に上品で、煌びやかというよりは華やかといった感じの音です。流石に同じではないけどFW10000っぽさがある。
中域はFW1500よりも前で歌ってくれている感じがあります。ウッドらしい艶っぽさ生っぽさに加えて響きが良くなっており、頭の上に広がっていくような感覚を味わえます。
ウッドホンならではの柔らかく耳あたりの良い低音も健在で、音楽全体を底からしっかり支えてくれます。TWSらしからぬ余裕のある深い音です。ただ、FX1100のように音像がボヤけやすく、特にK2オフでAACなどだと音源次第ではボワついて聞こえることがあります。

帯域バランスは中域を底上げしたFW1500といった感じ。中低域に厚みがあるバランス型です。
どの帯域も不足を感じることがなく、幅広い音源に対応できます。

ウッドシリーズ全体に共通しますが柔らかい音をしていて、煌びやかな高音、締まりに締まったタイトな低音、シャリシャリジャキジャキした改造感やスピード感を追求した派手な音が好きな人には合わないと思います。

他のウッドシリーズが好きな人は好きな音だと思う。僕はめちゃくちゃ好き。



《まとめ》
音質特化型のTWSは機能重視のTWSと違い、音楽を手軽にしたり音楽に付加価値をつけるためではなく、音を楽しむその時間の質を上げるためのイヤホンで、煩わしさというノイズを減らすためにワイヤレスになり、様々な機能をもったイヤホンだと思っています。
そうした観点で見ると、一見不便に思える部分も含め、非常に細かい部分までこだわり抜かれているように思います。

有線の煩わしさも、ワイヤレス故の音質に対する妥協も感じられない本機はオーディオ機器として一つの理想形と言えるかもしれません。

音楽そのものをもっと楽しみたい、そんな人には是非ともおすすめしたいイヤホンです。

続きを読む

りたる さん (2021/11/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

Victorの本気を感じました。

クラシックやJAZZをメインに聴いているのですが、もうスゴイとしか言いようがないです…。
まさかTWSでここまでの音質・臨場感を実現するとは…。
ウッドコーンの偉大さを思い知りました。
SONY、ゼンバイザー、BOSE、テクニクスなどのハイエンドより良いですね。

続きを読む

団長 さん (2021/11/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

私の好みではありませんが、良いTWSだと思います。

購入から2週間経過しましたので、その感想を書いておきます。
見た目、フェイスプレートが暗い木目で、JVCのマーク。良いですね。
反面、充電ケースは結構安っぽいです。本体の頑張りがケースに生きていません。イヤホン単体はかなり大きいのですが、装着性も良いと思います。特筆すべきは、付属イヤーピースの素晴らしさ。個人的にSONY WF-1000XM4の付属イヤーピースを上回る出来の良さです。このイヤーピースですが、2021年11月時点では単品売りをしていません。スパイラルドット++などの旧モデルも使用可能ですが、結構高めな価格設定がされているため、紛失しないように気を付けましょう。
接続安定性も良好です。少なからずSennheiser Momentum True Wireless2よりも音切れは発生しません。
さて音質ですが、なかなか聴き応えのある大人な出来上がり。このTWSを購入する前に、HA-FX100Tを購入し相当がっかりしたのですが、流石ハイエンド。価格は倍ですが、満足度は倍以上です。全体的にウォーム、ボーカルもまぁまぁ近く、非常に良いバランスです。これがウッド(木)ドーム振動版によるものなのか、最近の高音質なTWSに比べ、音の輪郭はややぼやけたイメージ。ただ音全体で見ると、非常にバランスが良い。
これは好き・嫌いがはっきり分かれるのだろうと思います。楽器でも多く使用されるウッドを上手く使いこなしているとは思いますが、前記した通り、特にBAドライバの音が好きな人は、「合わない」可能性も高いと感じました。但し、音の傾向が合う人には唯一無二のTWSになるのではないでしょうか。

続きを読む

TK1103MKII さん (2021/11/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

3.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

視聴しましょう

何度か視聴しました。
たぶん聴く音源で好みや評価が分かれるかと。。。

続きを読む

KAMU さん (2021/11/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

待望のWoodコーンワイヤレス!

Woodコーンの自然な響き、細やかさ、身体になじむ音にはまると抜け出せなくなります。有線のWoodコーンイヤホンを長らく愛用してきましたが、ついに待望のワイヤレスモデルが登場!すぐに予約・購入し愛用しています。
有線と比較して音はどうか心配していましたが、Victorさん良い仕事をしています。Woodコーンの音を可能な限り有線イヤホンと遜色ないレベルの音に仕上げており、期待に応えてくれています。また、ずっと聴きたくなるのは音だけでなく、優しいフィット感の装着感にも現れています。ものづくり、音作りの思想がはっきりと感じられ、きめ細やかな配慮がなされている点で、他のイヤホンとは一線を画す製品だと思います。ますますVictorさんのファンになりました。今後長く愛用します。今後もこのような聴くほどに愛着の湧く製品を出し続けてほしい。

続きを読む

ya さん (2021/11/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

Bluetoothイヤフォンのあり方に問題提起をする、画期的製品では>

周波数別純音の確認とピンクノイズ再生の時点で、あまりに美しい音がして、この音はすでに完成されていると思いましたので、1日目でレビューします。

皆様ご存知のようにコーンが木製の製品ですが、そういう先入観なしでも一聴してわかる、まるで黒檀から削り出したようなソリッド音がします。

ある意味では非常に硬い音なのですが、金属やプラスティックの音がまるでしないという感じでしょうか。

それにもかかわらず、何ともはや流麗な響きですね。デジタルのギザギザがまるでない。これも決してK2テクノロジーという先入観ではない自信があります。

音像がない空間が全く透明なのも特徴で、ノイズキャンセリングのことを別にしても、全く静寂な空間の中に音像が浮かんでいる感じ。空間に汚れが一切ない。

低域も非常に引き締まったものですが、まるで地面が揺れているような変な錯覚を起こさせるところがあります。

ジャンルは選ばないと思います。ハイレゾの「うまぴょい伝説」も「うっせぇわ」もくっきりとパーフェクト。全然濁らないでソリッドな「うっせぇわ」というのも何か凄いと思います。

私の持つロスレス音源で最もビットレートが高い相川七瀬もパーフェクト。全くたるみがない、引き締まった、ベースもしっかり声部として聴き取れるサウンド。

J-pop系も難なくクリア。

私のクラシックの基準盤であるワルターの「巨人」も、私がアナログLPで馴染んでいたのとはまるで別ワールドの音色の世界ですが、しっかりと音が立っています。ティンパニの打ち込みが見事。ただ、何か茶色の世界に染められている気はします。これはエージングによって変わってくるのか?

デジタルの、カラヤン/ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートも聴いてみましたが、ラデツキー行進曲の小太鼓の響きが結構ズドンとくるのは意外でした。

WindowsPCBluetooth標準のaptXコーデックはCD規格に準じると思いますが、このイヤホンが周波数別純音に唯一全く反応しなかったのは上限の20Khzの信号なので、実によくできていると思います。

裏を返せは、全然、音の「お化粧」というものはしてくれないとも言え、周波数特性が狭いかのように誤解する人も出てくるかも。

ハイレゾ音源になったら、ちゃんと上限突破していると感じる音になりますしね。

16Hzから19kHzまでは見事に、特定の純音のみ突出しないで、しかも純音自体が非常に美しく出ています。

ただ、私が聴いた範囲では、前述のカラヤンのニューイヤーコンサートの時だけ少しカサカサする音が入ったことは正直に報告しておきます。

このロスレスファイルはCDからiTunesで読み込ませたものなんですが、実は直にCDプレーヤーで再生しようとする時に音飛びか生じていたけど、iTunes読み込みでは補正が効いたのか一応大丈夫で、モバイル環境(JBL Bubbles)で聴く限りは何も聴き取れなくなっていました。

K2という圧縮→再拡張というテクニックとの相性でその補正の痕跡が表面化しただけかもしれません。

敢えて他の製品との比較は控えますが、いずれにしても、一つの道を極め切り、TWSのあり方にたいへんな問題提起をしている商品ではあると思います。

続きを読む

chitose1960 さん (2021/11/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2