• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Acoustune (アコースチューン)

HS1300SS Verde

  • 新品

¥29,680 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4571512250055

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥15,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

改良型第 3 世代ミリンクスドライバー&ステンレスチャンバー搭載

Acoustune HS1300SS Verde

ヒーローイメージ

HS1300SS Verde(ベルデ)は、HS1300SS の限定カラーバリエーションです。

医療グレードのポリマーバイオマテリアル「ミリンクス」を振動板に採用することで、従来のダイナミック型ドライバーを凌駕する高解像度と豊かなサウンドステージを可能にする独自技術「ミリンクスドライバー」。『HS1300SS』は、HS1500シリーズで採用された第3世代ミリンクスドライバーに、第4世代ミリンクスドライバーで得られた技術と知見のフィードバックを行いリファインした、「改良型第3世代ミリンクスドライバー」を搭載。また独自構造であるモジュラーメタルボディはそのまま、ダイナミックドライバーの改良に伴い、心臓部を支える音響チャンバーの素材を共振抑制効果の高いステンレスへ変更。ドライバーの性能を引き出し、主に低域のレスポンスと音質劣化を改善、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しました。次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用し、ハウジング形状も改善。イヤーピース位置を2段階で調整できる2wayノズルを搭載。コネクターにPentaconn Ear、ケーブルには新ケーブルARC61を採用しました。『HS1300SS』はHS1000、HS1500、HS1550シリーズの歴史を踏襲し、HS1600シリーズの知見を投入した次世代のAcoustuneヘリテージモデルです。

  1. 次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用
    『HS1300SS』は、次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用。各寸法の最適化と人間工学を考慮した更なるハウジング形状の改良を行いました。また、ノズル部にはロングとショート、イヤーピース位置を2段階で調整できる「2wayノズル」を採用し、様々な耳形状へ対応します。HS1300SSではフィッティング性能を向上させ、より装着しやすいデザインを実現しました。
    hoge画像
  2. 改良型第3世代ミリンクスドライバー搭載
    人工皮膚や手術縫合糸などに使われるポリマーバイオマテリアル「Myrinx(ミリンクス)」を振動板素材に採用。医療用合成基材ですが、振動板素材としても非常に高い音響性能を誇る高機能樹脂です。このミリンクスを薄膜化し、ドライバー構造に最適化した10mm径の振動板は、軽量でありながら高い強度と柔軟性を合わせ持ち、過渡特性に優れた高解像度且つ広いダイナミックレンジで音楽の再生を可能にします。このミンクスドライバーは、ドライバーを格納する音響チャンバー部と、コネクターを格納する機構ハウジング部を完全分離して相互干渉を防ぐ「モジュラーメタルボディ」に格納することで、さらなる高い応答性を獲得。より正確な低域再生も可能にします。『HS1300SS』は、HS1500シリーズで採用された第3世代ミリンクスドライバーに、第4世代ミリンクスドライバーで得られた振動膜テクスチャー、コイル、マグネット、チューニングプロセスなど様々な知見と技術のフィードバックを行った「改良型第3世代ミリンクスドライバー」を搭載。HS1000、HS1500、HS1550シリーズの歴史を踏襲し、HS1600シリーズの知見を投入した次世代のAcoustuneヘリテージモデルです。
  3. モジュラーメタルボディ&ステンレスチャンバー
    本体のハウジングは、音響チャンバー部(ドライバー格納)と機構ハウジング部(コネクター格納)を完全に分離したモジュラー構造を採用。音響部分と機構部分との相互干渉を低下させる事により音質劣化を抑制します。『HS1300SS』は、ダイナミックドライバーのリファインに伴い、その心臓部を支える音響チャンバーの素材を、よりドライバーの性能を引き出す為にステンレスを採用。音響チャンバー部にステンレス、機構ハウジング部にアルミニウムを採用しています。100%CNC切削されたステンレスチャンバーは、チタンに匹敵する高い硬度により、共振抑制効果が向上し、ドライバーのレスポンスも改善します。HS1300SSでは主に低域のレスポンスと音質劣化を改善し、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しています。
    hoge画像
  4. Pentaconn Ear コネクター採用
    (株)日本ディックスが設計・生産する高音質・高信頼性を誇る新IEMコネクター「Pentaconn Ear(ペンタコンイヤー)」コネクターを採用。従来型のMMCXコネクターよりも、プラグ部分とソケット部分がより密接に接触し、伝導性能に優れます。また、脱着の容易性と堅牢性の両立も実現しています。
    hoge画像
  5. 8芯構造の新OFCケーブル「ARC61」
    『HS1300SS』には、HS1500シリーズで採用されたOFCケーブルであるARC11に、次世代Acoustuneケーブルの設計思想を掛け合わせた新ケーブル「ARC61」を採用。2重ツイスト8芯構成のARC61は、336本の極細線OFCワイヤーの芯線構成により導体抵抗値を極限まで抑制。オーディオ信号の伝達ロスを防ぎ、周波数全域でのS/N比向上を実現しています。被覆には、長年ケーブルに携わったエンジニアが制振性能に拘って選定した日本製のPVCを使用。これにより外部からの振動を防ぎ、タッチノイズを抑制します。また、Y字スプリッターやプラグ部の部品には、新仕上げのメタルパーツを採用しました。OFCらしい滑らかで芯のある音質を目指した、設計と歴史をリスペクトしたケーブルになります。
    hoge画像
  6. 高いフィッティングと音響を実現するAETイヤーピースとキャリングケースが付属
    Acoustuneイヤホン開発時のリファレンスとしても使用されている「AET07」をはじめ、中域から低域の厚みを増す「AET08」、遮音性重視のダブルフランジ「AET06」の3種類のシリコンタイプイヤーピースと、フォームタイプの「AET02」の合計4種類のイヤーピースを同梱。音質劣化を避け、高いフィッティングと好みに応じた音傾向の変化で、幅広い音響体験を提供します。また、イヤホン本体を保護しつつ持ち運びを容易にする便利なキャリングケースも付属します。
    hoge画像

製品仕様


■ 主な仕様
型式 密閉型
タイプ ユニバーサルフィット
ドライバーユニット 10mm径ダイナミック型ドライバー(改良型第3世代ミリンクスドライバー)
音響チャンバー部素材 ステンレス
入力感度 110dB@ 1mW
最大入力 100mW
インピーダンス 32Ω
周波数特性 20Hz~20kHz
コネクター Pentaconn Ear
ケーブル名称/仕様 [名称]ARC61 8Wire高純度OFCケーブル Pentaconn Ear、3.5mm3極[仕様]8芯OFCケーブル(2重シールド、2重ツイスト8芯構造、黒シース)、3.5mm3極L字金メッキプラグ、Pentaconn Earコネクター、ケーブル長約1.2m
重量(ケーブルを含む) 約52g
付属品 イヤーピース4種類 (AET02 (F)、AET06 (S+/M+)、AET07 (S/M/L)、AET08 (S/M/L))、キャリーケース

商品詳細

改良型第 3 世代ミリンクスドライバー&ステンレスチャンバー搭載

Acoustune HS1300SS Verde

ヒーローイメージ

HS1300SS Verde(ベルデ)は、HS1300SS の限定カラーバリエーションです。

医療グレードのポリマーバイオマテリアル「ミリンクス」を振動板に採用することで、従来のダイナミック型ドライバーを凌駕する高解像度と豊かなサウンドステージを可能にする独自技術「ミリンクスドライバー」。『HS1300SS』は、HS1500シリーズで採用された第3世代ミリンクスドライバーに、第4世代ミリンクスドライバーで得られた技術と知見のフィードバックを行いリファインした、「改良型第3世代ミリンクスドライバー」を搭載。また独自構造であるモジュラーメタルボディはそのまま、ダイナミックドライバーの改良に伴い、心臓部を支える音響チャンバーの素材を共振抑制効果の高いステンレスへ変更。ドライバーの性能を引き出し、主に低域のレスポンスと音質劣化を改善、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しました。次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用し、ハウジング形状も改善。イヤーピース位置を2段階で調整できる2wayノズルを搭載。コネクターにPentaconn Ear、ケーブルには新ケーブルARC61を採用しました。『HS1300SS』はHS1000、HS1500、HS1550シリーズの歴史を踏襲し、HS1600シリーズの知見を投入した次世代のAcoustuneヘリテージモデルです。

  1. 次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用
    『HS1300SS』は、次世代のAcoustuneデザインアイデンティティーを採用。各寸法の最適化と人間工学を考慮した更なるハウジング形状の改良を行いました。また、ノズル部にはロングとショート、イヤーピース位置を2段階で調整できる「2wayノズル」を採用し、様々な耳形状へ対応します。HS1300SSではフィッティング性能を向上させ、より装着しやすいデザインを実現しました。
    hoge画像
  2. 改良型第3世代ミリンクスドライバー搭載
    人工皮膚や手術縫合糸などに使われるポリマーバイオマテリアル「Myrinx(ミリンクス)」を振動板素材に採用。医療用合成基材ですが、振動板素材としても非常に高い音響性能を誇る高機能樹脂です。このミリンクスを薄膜化し、ドライバー構造に最適化した10mm径の振動板は、軽量でありながら高い強度と柔軟性を合わせ持ち、過渡特性に優れた高解像度且つ広いダイナミックレンジで音楽の再生を可能にします。このミンクスドライバーは、ドライバーを格納する音響チャンバー部と、コネクターを格納する機構ハウジング部を完全分離して相互干渉を防ぐ「モジュラーメタルボディ」に格納することで、さらなる高い応答性を獲得。より正確な低域再生も可能にします。『HS1300SS』は、HS1500シリーズで採用された第3世代ミリンクスドライバーに、第4世代ミリンクスドライバーで得られた振動膜テクスチャー、コイル、マグネット、チューニングプロセスなど様々な知見と技術のフィードバックを行った「改良型第3世代ミリンクスドライバー」を搭載。HS1000、HS1500、HS1550シリーズの歴史を踏襲し、HS1600シリーズの知見を投入した次世代のAcoustuneヘリテージモデルです。
  3. モジュラーメタルボディ&ステンレスチャンバー
    本体のハウジングは、音響チャンバー部(ドライバー格納)と機構ハウジング部(コネクター格納)を完全に分離したモジュラー構造を採用。音響部分と機構部分との相互干渉を低下させる事により音質劣化を抑制します。『HS1300SS』は、ダイナミックドライバーのリファインに伴い、その心臓部を支える音響チャンバーの素材を、よりドライバーの性能を引き出す為にステンレスを採用。音響チャンバー部にステンレス、機構ハウジング部にアルミニウムを採用しています。100%CNC切削されたステンレスチャンバーは、チタンに匹敵する高い硬度により、共振抑制効果が向上し、ドライバーのレスポンスも改善します。HS1300SSでは主に低域のレスポンスと音質劣化を改善し、重厚な音の厚み、高い解像度を獲得しています。
    hoge画像
  4. Pentaconn Ear コネクター採用
    (株)日本ディックスが設計・生産する高音質・高信頼性を誇る新IEMコネクター「Pentaconn Ear(ペンタコンイヤー)」コネクターを採用。従来型のMMCXコネクターよりも、プラグ部分とソケット部分がより密接に接触し、伝導性能に優れます。また、脱着の容易性と堅牢性の両立も実現しています。
    hoge画像
  5. 8芯構造の新OFCケーブル「ARC61」
    『HS1300SS』には、HS1500シリーズで採用されたOFCケーブルであるARC11に、次世代Acoustuneケーブルの設計思想を掛け合わせた新ケーブル「ARC61」を採用。2重ツイスト8芯構成のARC61は、336本の極細線OFCワイヤーの芯線構成により導体抵抗値を極限まで抑制。オーディオ信号の伝達ロスを防ぎ、周波数全域でのS/N比向上を実現しています。被覆には、長年ケーブルに携わったエンジニアが制振性能に拘って選定した日本製のPVCを使用。これにより外部からの振動を防ぎ、タッチノイズを抑制します。また、Y字スプリッターやプラグ部の部品には、新仕上げのメタルパーツを採用しました。OFCらしい滑らかで芯のある音質を目指した、設計と歴史をリスペクトしたケーブルになります。
    hoge画像
  6. 高いフィッティングと音響を実現するAETイヤーピースとキャリングケースが付属
    Acoustuneイヤホン開発時のリファレンスとしても使用されている「AET07」をはじめ、中域から低域の厚みを増す「AET08」、遮音性重視のダブルフランジ「AET06」の3種類のシリコンタイプイヤーピースと、フォームタイプの「AET02」の合計4種類のイヤーピースを同梱。音質劣化を避け、高いフィッティングと好みに応じた音傾向の変化で、幅広い音響体験を提供します。また、イヤホン本体を保護しつつ持ち運びを容易にする便利なキャリングケースも付属します。
    hoge画像

製品仕様


■ 主な仕様
型式 密閉型
タイプ ユニバーサルフィット
ドライバーユニット 10mm径ダイナミック型ドライバー(改良型第3世代ミリンクスドライバー)
音響チャンバー部素材 ステンレス
入力感度 110dB@ 1mW
最大入力 100mW
インピーダンス 32Ω
周波数特性 20Hz~20kHz
コネクター Pentaconn Ear
ケーブル名称/仕様 [名称]ARC61 8Wire高純度OFCケーブル Pentaconn Ear、3.5mm3極[仕様]8芯OFCケーブル(2重シールド、2重ツイスト8芯構造、黒シース)、3.5mm3極L字金メッキプラグ、Pentaconn Earコネクター、ケーブル長約1.2m
重量(ケーブルを含む) 約52g
付属品 イヤーピース4種類 (AET02 (F)、AET06 (S+/M+)、AET07 (S/M/L)、AET08 (S/M/L))、キャリーケース

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.3

中音の質

4.3

低音の質

4.3

細やかさ

4.1

迫力

4.1

音場

3.9

遮音性

4

音漏耐性

4.1

21人のお客様がレビューしています。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

iPod touchでもいける!

わたくしは音響のこともマシーンのことも全然わからなく、お店を訪ねてこちらの品を購入いたしました、店員さんも親切で自分の音の希望に沿った商品案内をしてくれました、そこで出会ったのがこの機種です。
中古でもう新品はないとの事でしたが、試聴いたしまして、気に入りました。
表題にあるようにiPod touchでもかなり高音質に感じられました、はっきりいってここまでイヤホンで変わるんだ!とおどろきました。
将来的にはSONYのWALKMANを購入したいと思いまして、それに伴いバランスケーブルも中古で買い、準備したところです。

耳へ装着する方法がよくわからなかったのですが、多分コードを耳裏から回して引っ掛けるようにして装着で良いのでしょうかね、何にしても良い買い物ができました。
ありがとうございました。、

続きを読む

ヒロヒロ さん (2022/08/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

4.5

音漏耐性

5.0

コストパフォーマンス最高

初めての高級イヤホンでもあり、初めてのacoustune製品です。
環境はxperia xz2にtype-c dac[RK-DA50C]を付けて使用しています。

音質
どの音域もよく出ているのですが、しいていえば、中音域がよく出ており、ボーカルものとの相性がよく距離感が近いです。
高域も綺麗で聞き心地がよく、低域もしっかり存在感を出しつつ、ドンっ、とした音ではなく、どちらかといえば、まろやかな音になっています。
様々な価格帯、会社のイヤホンを視聴しましたが、この価格帯でこの音は優秀だと思います。
確かにこのイヤホンの2,3倍以上する価格帯のイヤホンは、これ以上に高域の繊細さや解像度などで上回ってる点はありましたが、コストパフォーマンスの面を考えるとこちらの方に分がありました。

装着感
かなり良好です。イヤーフックなどはありませんが、ケーブルの柔らかさ的に耳にかけやすいです。
イヤーピースも沢山付属しており、自分に合うのさえあれば、落ちてこず、遮音性や音漏れ耐性も得られると思います。

デザイン
人によると思いますが、かっこいいです。筐体からプラグまで、よく作られています。

まとめや気付いてしまったこと
デザインやコネクターがpentaconn Earなところなど、好みが分かれそうなところがありますが音はこの価格帯としてはかなりよく、他の部分も気に入ればかなり有力な候補になると思います。
気付いてしまったことですが、このイヤホンは音や感度がいいせいか、私のスマホと、type-c dacの相性が悪くノイズが乗っていることに気づいてしまいました。
また、店頭のdapにこのイヤホンを刺したところ、ノイズがなく(当たり前)音の艶などがでて驚きました。
次は、dapかなぁ・・
さらなる沼に引き込まれました。

続きを読む

ぽんぽん さん (2021/12/27)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

装着感が合えば最高のコスパ

Acoustune特有のイヤホンの形をしていて人によっては装着感が合わないかもしれませんが、今までのものよりも改善されフィット感が良くなりました
音は綺麗な中音域に加えて迫力のある低音でロックに最高です
また、ボーカルが綺麗なのでずとまよやヨルシカに相性抜群です

続きを読む

こたつで二度寝 さん (2021/09/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

3.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

acoustune入門モデル

今まであった赤と青は色が明るすぎるように感じましたが、
カーキ色のような緑は落ち着きがあり、とてもオシャレに感じます。
音質は上位機種には劣りますが聴いた時にミリンクスの振動版でダイナミック一発のacoustuneの音を感じられるので入門用におススメです。

続きを読む

どんちっち さん (2021/09/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

確かな実力を持った万能イヤホン

HS1300SSは元々派手なカラーしかなくて躊躇っていたのですが、このカラーは落ち着いた印象で非常に良いと思います。
音は非常に繊細でバランスが良いです。
ケーブルコネクタがpentaconnなのが残念でした。mmcxなら…

続きを読む

メシア さん (2021/09/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

外観の格好良さだけではない、ミドルクラスの良品。

試聴レビューとなります。
環境は、DP-X1AとFiiO Q5(AM3D装着)をデジタル接続し、音源はロックとJ-PopのFLAC(ハイレゾ含む)です。

【音質】
帯域バランスは低域~中域が多めで、迫力や押し出し感がある傾向にあります。
ピラミッド型というよりは、かまぼこ型に低域を足したというような印象を持ちました。

低域は深く沈み込むというよりは中低域が多めで、言葉としては「ある程度沈む」といった表現が近いと思います。

中域は中低域を含めた帯域の量感が多く押し出し感があり、同時に試聴した同社のHS1697TIと比較すると、本機はボーカルが前目でギター等の楽器がボーカルの少し後ろで鳴っています。

高域は価格帯の中では繊細さもありますが、HS1697TIの試聴直後に聴いた事もあり、価格差を考慮してももう少し伸びがあると良いなと感じました。
高域に関しては少し大人しさがあり、ボーカルの「サ行の刺さり」といった部分は全くない訳ではないものの、ある程度抑えられています。

全体的にもう少し解像度が欲しいなとは思いますが、定位感や音場の広さ等を総合的に考えるとバランスは良いと思います。
音場の広さは必要十分にあると思うのですが、下方向に関して中低域がやや支配している部分があり、見晴らしとしては真ん中から上と比較すると落ちる印象を持ちました。

【その他】
Acoustuneらしいメカニックなデザインですが、筐体が同社製イヤホンの中では軽い部類に入ることもあり、装着感は悪くありません。
同社製イヤーピースが複数種類付属している事や、この価格帯でありながらも標準ケーブルが8芯構造なのは珍しいのではないでしょうか。
イヤホン側の端子がPentaconnで、MMCXと比較するとリケーブルの選択肢は減りますが安心感としてはこちらの方が上で、長く使用する事を考えると利点だと思います。

【総評】
先に発売された同機種の色違いで、グレーが少し混ざったような緑は個性的な色味で、他にはない魅力があります。
外観上の見た目だけではなく、音質的には正直に言えば物足りない部分があるものの、全体のバランスはとても良いと思いますし、バランス接続をすると化けるかもしれないと感じました。

HS1300SSの赤か青を以前試聴しましたが、比較しようとしたのですが音質に関してあまり覚えていないため、後日追記するかもしれません。

「個性的な色味のイヤホンが欲しいけど、音質もちゃんとした製品が良い」という方には試聴してみて頂きたいなと思います。
是非お試し下さい。

続きを読む

masa さん (2021/09/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0