• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

iFi-Audio (アイファイ・オーディオ)

ZEN CAN

  • 新品

¥33,000 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

5060738784073

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥15,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

>

iFi-Audio ZEN CAN

ZEN CANは、通常は価格が何倍もするハイエンド・プリアンプやヘッドフォンアンプ用に使われる多くの機能を贅沢に盛り込んでいます。バランス回路設計、ゼロに近い歪み、パフォーマンスを最適化するための多様なオプション、負荷の大きなヘッドフォンやアクティブスピーカーでもドライブする能力、これらはどれも、この飛び抜けた低価格ではきわめて例外的なものです。

ヒーローイメージ
  1. 詳細情報
    ZEN CANは、通常は価格が何倍もするハイエンド・プリアンプやヘッドフォンアンプ用に使われる多くの機能を贅沢に盛り込んでいます。バランス回路設計、ゼロに近い歪み、パフォーマンスを最適化するための多様なオプション、負荷の大きなヘッドフォンやアクティブスピーカーでもドライブする能力、これらはどれも、この飛び抜けた低価格ではきわめて例外的なものです。

  2. あらゆる種類のヘッドフォンから最大限の能力を引き出す
    ZEN CANには、あらゆるイヤフォン/ヘッドフォン、パワードスピーカー、パワーアンプと組み合わせても最大限の能力が発揮できるよう、下記機能が備わっています。

    ・ゲイン切り替え 4段階:0dB, 6dB, 12dB, 18dB
    ・純アナログなエフェクト;低域ブースト機能=XBass/音場補正機能=3D
    ・多様な入出力:
    ライン入力 RCA/3.5mm/4.4mmバランス
    ライン出力 4.4mmバランス
    ヘッドフォン出力 6.3mmシングルエンド/4.4mmバランス
  3. 回路の主な特長:パワーのバランスを引き出す
    ZEN CANの回路はフラグシップモデルPro iCANのディスクリート回路を継承しており、ジョン・カールのアドバイスが組み込まれています。下記特徴があります。

    ・バランス、シンメトリカルなデュアルモノ構成
    ・ディスクリートAクラス回路
    ・数多くのハイグレードなディスクリート表面実装部品
    ・4000μFのキャパシターを備えたクリーンな電源回路

仕様


入力 シングルエンド・アナログ入力:ステレオRCA×1、3.5mm×1
バランス・アナログ入力:4.4mmペンタコン×1
出力 ヘッドフォン出力:6.3mm×1、4.4mmペンタコン×1
バランス・アナログ・プリアウト:4.4mmペンタコン×1
入力電圧 DC5V/2.5A、AC100-240V、50/60Hz
THD & N バランス <0.006% (@ 360 mW/2.4V 16Ω)
シングルエンド <0.005% (@ 100 mW/1.27V 16Ω)
SN比 バランス >120dBA (@ 15.2V)
シングルエンド >118dBA (@ 7.6V)
サイズ 158×117×35 mm
重量 515g

商品詳細

>

iFi-Audio ZEN CAN

ZEN CANは、通常は価格が何倍もするハイエンド・プリアンプやヘッドフォンアンプ用に使われる多くの機能を贅沢に盛り込んでいます。バランス回路設計、ゼロに近い歪み、パフォーマンスを最適化するための多様なオプション、負荷の大きなヘッドフォンやアクティブスピーカーでもドライブする能力、これらはどれも、この飛び抜けた低価格ではきわめて例外的なものです。

ヒーローイメージ
  1. 詳細情報
    ZEN CANは、通常は価格が何倍もするハイエンド・プリアンプやヘッドフォンアンプ用に使われる多くの機能を贅沢に盛り込んでいます。バランス回路設計、ゼロに近い歪み、パフォーマンスを最適化するための多様なオプション、負荷の大きなヘッドフォンやアクティブスピーカーでもドライブする能力、これらはどれも、この飛び抜けた低価格ではきわめて例外的なものです。

  2. あらゆる種類のヘッドフォンから最大限の能力を引き出す
    ZEN CANには、あらゆるイヤフォン/ヘッドフォン、パワードスピーカー、パワーアンプと組み合わせても最大限の能力が発揮できるよう、下記機能が備わっています。

    ・ゲイン切り替え 4段階:0dB, 6dB, 12dB, 18dB
    ・純アナログなエフェクト;低域ブースト機能=XBass/音場補正機能=3D
    ・多様な入出力:
    ライン入力 RCA/3.5mm/4.4mmバランス
    ライン出力 4.4mmバランス
    ヘッドフォン出力 6.3mmシングルエンド/4.4mmバランス
  3. 回路の主な特長:パワーのバランスを引き出す
    ZEN CANの回路はフラグシップモデルPro iCANのディスクリート回路を継承しており、ジョン・カールのアドバイスが組み込まれています。下記特徴があります。

    ・バランス、シンメトリカルなデュアルモノ構成
    ・ディスクリートAクラス回路
    ・数多くのハイグレードなディスクリート表面実装部品
    ・4000μFのキャパシターを備えたクリーンな電源回路

仕様


入力 シングルエンド・アナログ入力:ステレオRCA×1、3.5mm×1
バランス・アナログ入力:4.4mmペンタコン×1
出力 ヘッドフォン出力:6.3mm×1、4.4mmペンタコン×1
バランス・アナログ・プリアウト:4.4mmペンタコン×1
入力電圧 DC5V/2.5A、AC100-240V、50/60Hz
THD & N バランス <0.006% (@ 360 mW/2.4V 16Ω)
シングルエンド <0.005% (@ 100 mW/1.27V 16Ω)
SN比 バランス >120dBA (@ 15.2V)
シングルエンド >118dBA (@ 7.6V)
サイズ 158×117×35 mm
重量 515g

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

音質

5

携帯性

5

バッテリー

5

拡張性

5

5人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

ZEN DACと併せればゴールできる

一見小型の据え置きアンプのように見えますが、ハイインピーダンスのHD660Sでも余裕で鳴らしきる出力の高さ。
華奢でスマートなイマドキ男子なのに、フルマラソンは息を切らさず走る圧倒的肺活量をもったランナーのようなアンプです。

ZEN DAC単体でもかなりの高出力でヘッドホンの実力を十分に引き出してくれますがZEN CANを経由することにより、さらに音像が定まり音情報がクリーンになるように感じました。

ZEN DACより細かく設定できるゲイン調整や、アナログ的に3D効果をもたらす機能も備えているため幅広い種類のヘッドホンを好きな音で楽しむことができます。

ZEN DAC単体で使っている方は、ぜひZEN CANも検討して見て欲しい...っ!
これで据え置き環境をゴールできます。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かじかじ   2021/03/03

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

3.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

音質は最高だけど…

この製品、音質はいいのですが難点が2つあります。1つは長時間使用していると熱をかなり持ってくること、そしてボリューム調整のノブが軽くて、音量が跳ね上がる事がある点です。どちらも気を配れば問題はないですが、改善してほしい点として挙げておきます。

続きを読む

にこちゃん さん (2022/01/12)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

final E5000の本領発揮!?

ZEN CANを購入するまでは、ZEN DACを使用していました。
ZEN DACでfinal E5000を使用するときは、POWERMATCHをONにして音楽を聴いていました。
このままでも音は良かったのですが、もう一歩なにか足りない感じがありました。
そこで、ZEN CANを購入してE5000を鳴らしてみました。
このZEN CANがE5000の本領を見せてくれました。
一聴して、これがE5000の力かと感動しました。
立体感、音の厚みが増しより濃厚な音へと変化しました。
音場も広くなり本当にホールで聴いているという感覚になります。
今回ZEN CANを購入してよかったと満足しています。

続きを読む

ないものねだり さん (2021/08/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

5.0

携帯性

5.0

バッテリー

5.0

拡張性

5.0

買ってよかった!!

ど素人です。1ヶ月前からオーディオ沼にハマりました。Fiioのポタアンに始まりIE 100 PRO、HD599、momentum、ZEA DAC。最終的にZEN CANでとりあえず一旦収まりそうです。視聴できる環境でなかったけど思い切って購入しました。
全く違う世界でした。これから耳レベルを向上させて次のステップに行きたいと思います。

続きを読む

に〜やん。 さん (2021/07/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

ZEN DACには必須

ZEN DAC単体では少しノイズが気になったので、本機を導入。結果大正解でした。フルバランス接続で楽しむことができます。3DやXBASSは効果的ですが常用するかは好みの問題です。基本的にはソースの音をあまり味付けせずに出してくれるクリーンなアンプという印象です。その後micro iDSD Diabloとも接続しましたが、据え置きで使うならかなりいいです。シビアなボリューム操作が不要になります。日本では最近発表されたSignatureバージョンとの違いは気になりますが、当面は満足して使います。気になる点と言えば、使用中は結構本体が発熱します。

続きを読む

zuminii さん (2021/03/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

音質

無評価

携帯性

無評価

バッテリー

無評価

拡張性

無評価

出力が凄い!!

音質環境、PC→ZEN-DAC→ZEN-CAN→スピーカーJBL 104-BTW-Y3 ヘッドホンK553 MKⅡ-Y3 
ノイズフィルターiDEFENDER+、iSilencer+、iPurifier3
スピーカーには、4.4mmTRSケーブル ZEN-DACとは、iFi-Audio4.4to4.4で繋いでます。
ZEN-DACだけでも音はいいですが、ZEN-CANを繋ぐと更に音が良くなりました。音は全体的に切れが良くなった感じです。
配信の動画、音楽のライブ配信もかなりいい音で楽しめます。
ZEN-CAN本体は、ゲイン調整が細かく調整できます。自分が持ってるヘッドホンでは、ゲイン6dBで十分です。イヤホンだとゲイン0で十分です。

eイヤホンのお店の試聴機で、ZEN-DACとZEN-CANを繋いで家の音楽環境と同じにして、(KANN ALPHA出力)SENNHEISER HD800S finalD8000などハイエンドのヘッドホンをいろいろ繋いで聴いてみましたが、あらゆるヘッドホンを普通に鳴らせます。
2万円クラスで、凄い出力です!!
ZEN-DACを、使ってる方にぜひおすすめできる本体です。

最後に、eイヤホンのスタッフさん、試聴機ありがとうございました。_(._.)_

続きを読む

takayosi920 さん (2021/03/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4