• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Victor (ビクター)

HA-FW1500

  • 新品

¥52,992 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4975769463235

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥23,500

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

アーティストの熱までも伝えるリアルな躍動感

Victor HA-FW1500

【独自の技術“木”の振動板を採用したWOODシリーズの新ラインアップ】
“木”ならではの音色にリアルな音像表現と躍動感を加えた高音質プレミアムモデル。2018年発売のWOOD 10周年モデル「HA-FW10000」からウッドドーム振動板などの高音質化技術を受け入れるとともに、独自の音質チューニングにより上質な低域と澄んだ高域を実現しました。

  1. ウッドドームカーボン振動板による美しい音色と緻密な表現を実現
    音の伝搬速度が速く振動の減衰特性に優れるカバ材から、独自の薄膜加工技術により薄く削り出した50umウッドドームを、カーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、振動板外周部には適度なしなやかさを、振動板中央のドーム部分にはより高い強度を持たせ、美しい音色と緻密な表現力を実現します。
    特徴画像
  2. アコースティックピュリファイアーを採用し、透明感のある音色を実現
    ユニット前面に不要な音を拡散するドットを配置した当社独自のアコースティックピュリファイアーを採用。 音像表現を重視した本機独自のドット配置を施し、透明感のある音色を実現します。
    特徴画像
  3. L/Rを分離したハイグレードケーブルを採用し、クリアで自然な空間表現を実現
    本体からプラグまでL/Rを完全に分離することで、セパレーションを向上させ、クリアで自然な空間表現を実現します。 また、芯線構成を見直したハイグレードケーブルにより、音の伸びと繊細な表現を可能にしました。
    特徴画像
  4. 装着感を高めたスパイラルドット+(プラス) イヤーピースで純度の高いクリアサウンドを実現
    イヤーピース内壁に設けたスパイラル配列のドットにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散減衰させ、さらに純度の高いクリアサウンドを実現した「スパイラルドット+(プラス)イヤーピース」を採用。 肌に近い力学特性を持つ素材SMP iFit*を採用することで、イヤーピースの存在を忘れるほどのナチュラルなフィット感を実現しました。

    *SMP iFitは株式会社SMPテクノロジーズの製品です。
    特徴画像
  5. 忠実な再生を実現するハイエナジー磁気回路
    駆動力とリニアリティを大幅に向上させたハイエナジー磁気回路により、原音に忠実な再生を実現します。また、軽量なCCAWボイスコイルによる振動板の正確な振動が、繊細なニュアンス表現を可能にします。

    ■ 駆動力向上
    磁気回路に新開発のプレート形状を採用。これにより、強力なネオジウムマグネットの磁力を有効利用することが可能となり、ボイスコイルが受ける駆動力が向上しました。

    ■ リニアリティ改善
    新プレート形状採用により、ボイスコイルが前後に動いた時の駆動力の変動を抑え、歪みを低減。磁力が、前方・後方バランスのよい理想の方向に改善しました。
    特徴画像

製品仕様


■ スペック
型式 ダイナミック型
ドライバーユニット 口径11mm
ウッドドームドライバーユニット
出力音圧レベル 103dB/1mW
再生周波数帯域 6Hz ~ 52,000Hz
インピーダンス 16Ω
最大許容入力 200mW (IEC*)
ケーブル MMCX端子型着脱式1.2m(Y型) OFC線
φ3.5mm24金メッキ
ステレオミニプラグ
質量 (ケーブル含まず) 約15.0g
付属品 スパイラルドット+(プラス) イヤーピース(S、MS、M、ML、L各2個)、キャリングケース

商品詳細

アーティストの熱までも伝えるリアルな躍動感

Victor HA-FW1500

【独自の技術“木”の振動板を採用したWOODシリーズの新ラインアップ】
“木”ならではの音色にリアルな音像表現と躍動感を加えた高音質プレミアムモデル。2018年発売のWOOD 10周年モデル「HA-FW10000」からウッドドーム振動板などの高音質化技術を受け入れるとともに、独自の音質チューニングにより上質な低域と澄んだ高域を実現しました。

  1. ウッドドームカーボン振動板による美しい音色と緻密な表現を実現
    音の伝搬速度が速く振動の減衰特性に優れるカバ材から、独自の薄膜加工技術により薄く削り出した50umウッドドームを、カーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせることで、振動板外周部には適度なしなやかさを、振動板中央のドーム部分にはより高い強度を持たせ、美しい音色と緻密な表現力を実現します。
    特徴画像
  2. アコースティックピュリファイアーを採用し、透明感のある音色を実現
    ユニット前面に不要な音を拡散するドットを配置した当社独自のアコースティックピュリファイアーを採用。 音像表現を重視した本機独自のドット配置を施し、透明感のある音色を実現します。
    特徴画像
  3. L/Rを分離したハイグレードケーブルを採用し、クリアで自然な空間表現を実現
    本体からプラグまでL/Rを完全に分離することで、セパレーションを向上させ、クリアで自然な空間表現を実現します。 また、芯線構成を見直したハイグレードケーブルにより、音の伸びと繊細な表現を可能にしました。
    特徴画像
  4. 装着感を高めたスパイラルドット+(プラス) イヤーピースで純度の高いクリアサウンドを実現
    イヤーピース内壁に設けたスパイラル配列のドットにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散減衰させ、さらに純度の高いクリアサウンドを実現した「スパイラルドット+(プラス)イヤーピース」を採用。 肌に近い力学特性を持つ素材SMP iFit*を採用することで、イヤーピースの存在を忘れるほどのナチュラルなフィット感を実現しました。

    *SMP iFitは株式会社SMPテクノロジーズの製品です。
    特徴画像
  5. 忠実な再生を実現するハイエナジー磁気回路
    駆動力とリニアリティを大幅に向上させたハイエナジー磁気回路により、原音に忠実な再生を実現します。また、軽量なCCAWボイスコイルによる振動板の正確な振動が、繊細なニュアンス表現を可能にします。

    ■ 駆動力向上
    磁気回路に新開発のプレート形状を採用。これにより、強力なネオジウムマグネットの磁力を有効利用することが可能となり、ボイスコイルが受ける駆動力が向上しました。

    ■ リニアリティ改善
    新プレート形状採用により、ボイスコイルが前後に動いた時の駆動力の変動を抑え、歪みを低減。磁力が、前方・後方バランスのよい理想の方向に改善しました。
    特徴画像

製品仕様


■ スペック
型式 ダイナミック型
ドライバーユニット 口径11mm
ウッドドームドライバーユニット
出力音圧レベル 103dB/1mW
再生周波数帯域 6Hz ~ 52,000Hz
インピーダンス 16Ω
最大許容入力 200mW (IEC*)
ケーブル MMCX端子型着脱式1.2m(Y型) OFC線
φ3.5mm24金メッキ
ステレオミニプラグ
質量 (ケーブル含まず) 約15.0g
付属品 スパイラルドット+(プラス) イヤーピース(S、MS、M、ML、L各2個)、キャリングケース

満足度

4.5

高音の質

4.3

中音の質

4.4

低音の質

4.5

細やかさ

4.3

迫力

4.2

音場

4.3

遮音性

3.7

音漏耐性

3.5

46人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

4.0

WOODシリーズの伝統を受け継ぐサウンド

【試聴プレイヤー】
PLENUE 2

【試聴アルバム】
下村陽子「Kingdom Hearts Orchestra -World Of Tres- Album」
Sound Horizon「イドへ至る森へ至るイド」


 実機を手に取ってまず目を引くのが、ハウジングの背面部に印字されたVictorのブランドロゴ。こんなに小さなパネルに印字されていても、「HIS MASTER'S VOICE」とはっきり読めるほど精密に仕上げられています。

 「HA-FD01」や「HA-FW10000」と同じようなケーブルが同梱されており、取り回しはとても良いですね。個人的にHA-FW10000を愛用していますが、このVictorのケーブルの被膜は日常的に使用していても癖がつきづらく、信頼感があります。

 また、「HA-FW01」など、Victorの「WOODシリーズ」に多く見られる耳掛けスタイルではない構造をしているので、サイズ別に5ペア同梱されているスパイラルドット+(プラス)イヤーピースも耳に合わせてしっかりと選んでおきたいところ。こうすることで本来の音質を発揮してくれます。

 十分な密閉感を得られた状態になれば、HA-FW1500が鳴らす余裕のある豊潤な低域を心行くまで楽しめます。音色としては聴き疲れしにくい暖色系です。初めて聴いた瞬間から「これ!WOODシリーズの低域と言ったら本来こういう方向性だ!」と思いました。決して低音の量感ありきで作られたものではなく、あくまでも自然な重心の低さから楽器がどっしりと響いてくれる、温かみのあるサウンドが特徴です。音場自体は広いわけではないですが、定位がよい上に低域が彩る生々しい空気感もそこに合わさって狭苦しさがありません。

 その一方で金管楽器が放つ鋭いような音も丁寧に表現してくれるあたりに、あくまでも「原音」を探求し続けるVictorらしさを感じます。もともと、WOODシリーズには低音域の魅力を損なわずにこの「正確性」という部分を年々突き詰め続けているというイメージを持っていましたが、今回のHA-FW1500においてもその進化の具合を感じるところです。

 その他、一点気になることがあるとすれば、筐体が少し重めなことですね。適切なイヤーピースを選べば装着感は向上しますが、僕の耳ではそれでも少し落ちそうでした。他のスタッフはそう感じなかったとのことなので、ここは個人差がありそうです。

 2018年に堂々とVictorブランドを引っさげて登場したHA-FW10000の印象は強烈でしたが、このHA-FW1500は良い意味でまたそれとは別物。ウッドハウジングならではの包み込まれるような暖かいサウンドに魅了される方も多いのではないでしょうか。アコースティックな楽器がメインの曲を聴かれる方には是非おすすめしたい製品です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by のの   2019/10/30

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

ウッドのぬくもりときらびやかさと

試聴プレイヤー:Lotoo/PAW GOLD、iBasso/DC02

試聴楽曲:Nathern East/Sir Duke

Eric Clapton/Change the world

Suchmos/A.G.I.T



HA-FW10000から続き、「Victor」ブランドからイヤホンが登場です。ハウジング背面にはVictorブランドのアイコンである「ニッパー」君と「His Master's Voice」の文字が。この小さな筐体にこれだけの刻印が入れられていることにもこだわりと技術力の高さを感じられます。

同社のHA-FW10000と比べるとややブライトで高音域が伸びやかな印象でした。ですが決して音が軽いわけではなくVictorらしい厚くぬくもりのある中低音域表現は健在です。

解像度も高くどの楽器もお互いを邪魔せず引き立てあっていて楽曲全体の表現力が高いです。緩やかで優しい音色なのでスピード感があって情報量の多いロックやメタルよりも、ジャズやアコースティック系の音源、ゆったりとしたPOPSとの相性がいいです。

ウッドハウジングらしいぬくもりを持ちつつもその特性に頼り切らない伸びやかな高音域、是非ご一聴を。





review byケイティ

twitter↓

https://twitter.com/eear_katy

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2019/10/30

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

リケーブル・イヤピ変更で化けた!

音質等に関しては、皆様から既にいただいている通りで、まさにfw10000とfw1100のいいところをまとめ上げた感じだと思います。
イヤピ変更なしで響きを重視する(音場は広くなります)のであれば、nobunaga labのnexusシリーズ、もう少し高音を抜けた感じ(低音は減衰します)にするのであれば、同社のsuperme8芯シリーズ(16芯はやりすぎでした)がおすすめです。
私は、もう少し低音の締まりと高音の抜けが欲しいと思っていろいろ試してみました。
結果、イヤピを日本ディックスのCOREIR、ケーブルをファイナルのシルバーコートケーブル 1.2m 4.4mm 5極バランスにしたところで落ち着きました。曲によってイヤピはスパイラルドットPROの方がいいかもしれません(音場が少し広がります。)
皆さんもいろいろお試しいただければ、きっとお好みの音が出せると思います!
なお、、、本機、エージングは必須です。新品で買ったのであれば100時間くらいは我慢してください!高音が一気に化けます!

続きを読む

ALLMALT さん (2023/04/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

fx1100より鮮明な中音域

低音域はタイトに生々としたアタック感を強く感じますが、ドラムの倍音など余韻もきちんとクリアに聞こえます。前作(fx1100)より鮮明な中音域は、ギターの鳴りはじめの弦の振動、ボーカルの息づかいまで臨場感を持って感じられ緊張感がある感じです。高音域はキラキラとして華やかで広がりのある音が、もともとWOODシリーズの特徴でもありますが、今回はより洗練されている印象を受けました。

続きを読む

にこちゃん さん (2021/01/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

5.0

低音の質

3.5

細やかさ

3.0

迫力

3.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.0

艶やかな中低音。

全音域できれいに鳴るタイプのイヤホンに飽きたので、これを買いました。

FW1500 は音が細かく聞きとれるという機種ではありませんが、もう前に持っていたイヤホンには戻れません笑。昔の音にハイテクな感じを足したような音で、特に管楽器の艶やかさはいいです!素晴らしい。チェロの音色はもう・・・うっとりします。ノラ・ジョーンズ聴いてみ笑

買って良かったです。

FW01、FW02、FW03も視聴しました。FW01は高音が不足、FW02は艶やかさが足りない印象でした。FW03はノーコメントって感じでした。他にも他社のハイエンド機も聞きましたが、ロマン感は少なかったように思いました。

(1週間聴いてみました)
木管楽器の音色は素晴らしいです。あと、声楽の艶ですね。他のイヤホンだとこうはいかないと思う。

2021/1/26、篝火でリケーブルしました。低音がちょっと減りましたけど、すっきりした音になりました。

続きを読む

アマゾン認定プラチナ顧客 さん (2021/01/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 7

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

無評価

FW10000の弟分と期待したけれど

待望のVictorブランドでのイヤホンFW10000は手が出ないので手が届くミドルクラス?機としてのHA-FW1500に期待していました。
実際の音は所有しているJVC HA-FX1100にかなり近い方向性の様に感じました。
ボリューミーな重低音と共にとてもエネルギッシュで元気な音です。
FW10000は聴いた事がないですが、同じVictorブランドの弟分としてのラインナップかも?ですが、多分FW10000の音質傾向とは違う毛色の音なので単純にVictorブランドを冠した機種というだけなのかも知れません。
FX1100を持っていて音質がかなり近いので購入には二の足を踏んでいますが、個人的にVictorブランドで且つニッパー犬のHMVロゴが入っているだけで所有欲を駆り立てられます。
出来ればFW10000とFW1500の中間の機種、乃至はFW1500の下位モデルでFW10000の毛色に近い音の新機種が出ることを期待したいです。

続きを読む

sunimaru さん (2021/01/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

3.0

ヤミツキになるイヤホン

ヘッドホンの装着時に耳が火照り不快に感じるようになり、以前所用していたHA-FW01がイヤホンらしからぬ低音と優しい聴きやすい音だったのを思い出し、新型のほうがより良い音がするはずと試聴もせずに当製品を購入。
結論としては期待を裏切らず、MDR-1Am2は一切使わなくなりました。
音質面では他の方々が述べていて私も同様の感想なので割愛させて頂きますが、オーテクの製品のように透き通るように聴こえ高域の細かい音までハッキリと聴こえるのが好みの方々には合わないかも知れません。
オーテク製品と比べると最初は音が曇って聴こえます。エージングが進むとクリアになりますがオーテクのような刺激の強い高域の音とは違います。
耳に優しく長時間、聴いていても疲れない音です。
SONYの製品の音の傾向が好みの方ならハマると思います。
欠点を上げるとすればイヤホンとしては高すぎる価格重すぎる重量でしょうか。
長時間快適に使うためにチップをdot+SFにしましたが簡単に抜け落ちます(笑)
多少の不満はありますがビクターマークも可愛らしく所用欲も満たしてくれて一生物として使える一品ではないかと思います。

続きを読む

黒兎 さん (2021/01/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

自然でバランスが良い音

当方、ダイナミック型イヤホンが好きで特にJVC(Victor)のイヤホンを愛用しています。
現在は、FX1100とFD02を所持しており、今回FW1500を購入しました。FX1100が厚く深い低音域が特長の温かみのある音質で、FD02がキレのある高音域が特長の硬質な音質であるのに対して、FW1500はちょうどその中間的な音質のイヤホンであると思いました。全域フラットな音質である為一聴すると特長の無い平坦な印象を受けますが、聴き込むとFX1100よりも解像感のある低音と煌びやかな高音のバランスが絶妙で、結果としてどのような音源に対しても気持ちがよいサウンドを奏でることができ、今では一番多用するイヤホンになっています。

続きを読む

なすみそ さん (2021/01/13)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 4