• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

現在カート内に商品はございません。

SONY (ソニー)

NW-ZX507【11/4~2022年1/11まで!ストリーミングWALKMANキャッシュバックキャンペーン!】

生産終了品

SONY (ソニー)

NW-ZX507【11/4~2022年1/11まで!ストリーミングWALKMANキャッシュバックキャンペーン!】

  • 新品

¥72,738 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4548736101944 ~ 4548736103283

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥36,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

e☆イヤホンはソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

▶ 詳しくはコチラ!


あらゆる音源を、高純度の描写力で。ハイエンド・ストリーミングWALKMAN

SONY NW-ZX507

ヒーローイメージ

全ては高音質のため、細部までこだわった厳選パーツやデザイン、よりクリアで繊細なサウンドを再生するφ4.4mmバランス接続に対応しました。

さらに、快適な操作性を実現するAndroid(TM)9.0を採用し、使いやすいUI、タッチ機能などの快適な操作性、そしてGoogle Play(TM)ストアからの豊富なアプリのダウンロードなど、さまざまなシーンで多彩に楽しめます。

  1. WM1シリーズ用に開発したハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」(*1)を採用
    DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)(*2)およびWAV再生(最大384kHz/32bit(float/integer))に対応しました。また、アンバランス接続時は50mW+50mW(16Ω)、バランス接続時には200mW+200mW(16Ω)の実用最大出力を実現しました。

    *1 有線接続時のみ有効
    *2 DSDネイティブ再生はバランス接続時のみ対応。アンバランス接続時はリニアPCMへの変換再生になります
    特徴画像
  2. ストリーミングサービス対応
    Spotifyや Youtube(TM)、Apple Musicなどのストリーミングサービスをお好みに合わせてインストールできます。ジャンルを問わない多彩で膨大な楽曲を配信しているので、大好きな楽曲はもちろん、新しい音楽との出会いをお楽しみいただけます。

    ※ W.ミュージックアプリ以外をお使いの場合には、ハイレゾ音源は48 kHz /16 bitのダウンコンバート再生になります
    特徴画像

    好きなアプリもインストール可能
    ラジオや動画サービス、語学学習など、様々なジャンルのアプリがインストールできます。高精細タッチパネル液晶で、ウォークマンの高音質で楽しめます。

    ※ 本製品の一部機能を使うには、Wi-Fi環境が必要です
    ※ ストリーミング機能を使用する際はWi-Fiに接続する必要があり、家庭用無線LANルーター環境、公衆無線LANサービスが利用できる環境が必要です
    ※ ゲームなどは正常に動作しないことがあります。すべてのアプリケーションを動作保証しているわけではありません
    特徴画像
  3. 銅切削ブロックを投入し、デジタルグラウンド強化
    情報量とパワー感の向上、さらに温かみのある音質の再現を目指して、アルミ切削筐体をはじめ、さまざまな高音質パーツを吟味して搭載。 筐体と基板の間に銅を切削加工し金メッキ加工を施したブロックを設置し、インピーダンスを大幅に低減。CPUや内蔵メモリーなどを搭載したデジタルブロックのグラウンド安定性を高め、静寂から立ち上がるクリアな音質を実現します。

    ※ W.ミュージックアプリ以外をお使いの場合には、ハイレゾ音源は48 kHz /16 bitのダウンコンバート再生になります
    特徴画像

    こだわりの厳選パーツ
    ■ 「高分子コンデンサー」を採用
    バランス出力用アンプ部の電源にDMP-Z1で採用した高分子コンデンサ(FT CAP2) を4基搭載。ボーカルや楽器の伸び透明感が向上し、しまりのある力強い低音域を実現。

    ■ 金入り「高音質はんだ」を採用
    ヘッドホン出力のはんだ付け部など音質的に重要な接点に、金を添加した「高音質はんだ」を採用することにより、伝送ロスを徹底的に排除しダイナミックなステージ感やスケール感を再現します。
    特徴画像
  4. バランス接続で音が「聴こえる」から「見える」へ
    バランス出力では左右の音を完全に分離し、ステレオ感に悪影響を与えるクロストーク(左右の信号の混信)を限りなく低減することで、ノイズの少ない低歪で繊細なサウンドを再現します。

    ■ Φ4.4mm(JEITA統一規格)バランス接続を採用
    ヘッドホンプラグ1本でバランス接続でき、接続安定性にも優れたφ4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。

    ■ 「Pentaconn」を採用
    日本ディックス製の高性能ヘッドホンジャックで1端子2接点により接触抵抗の低減を実現。 音の解像度・広がり・奥行きを余すところなく表現します。
    特徴画像
  5. USB Type-C端子を採用
    汎用性の高いUSB Type-C端子を採用。普段使用しているケーブルと共用できるので、便利です。

    ※ USB Type-Cコネクター付きヘッドホンと接続しているとき、ヘッドホンによっては音量調節画面で音量を調節できないことがあります。 音量調節ができないヘッドホンからは大きな音量が出る場合がありますので、USB Type-Cコネクター付きヘッドホンのご使用はお控えください。
    特徴画像

製品仕様


スペック
容量 *1 64GB ※実使用可能領域は約48.64GB
オペレーティングシステム Android 9.0
対応フォーマット ・MP3 ( .mp3):32 - 320kbps (VBR対応) / 32, 44.1, 48kHz
・WMA ( .wma):32 - 192kbps (VBR対応) / 44.1kHz
・FLAC ( .flac):16, 24bit / 8-384kHz
・WAV ( .wav):16, 24, 32bit (Float/Integer) / 8-384kHz
・AAC ( .mp4, .m4a, .3gp):16-320kbps / 8-48kHz
・HE-AAC ( .mp4, .m4a, .3gp):32-144kbps / 8-48kHz
・Apple Lossless ( .mp4, .m4a):16, 24bit / 8-384kHz
・AIFF ( .aif, .aiff, .afc, .aifc):16, 24, 32bit / 8-384kHz
・DSD ( .dsf, .dff):1bit / 2.8224, 5.6448, 11.2896 MHz
・APE ( .ape):8, 16, 24bit / 8-192kHz (Fast, Normal, High)
・MQA ( .mqa.flac):対応
*2
ディスプレイ 3.6型(9.1cm)、HD(1280x720ドット)/ タッチパネル
ワイヤレスLAN ・規格:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
・使用周波数帯域:2.4/5 GHz 帯
・暗号化:WEP/WPA/WPA2
Bluetooth機能 *3 ・通信方式 : Bluetooth標準規格 Ver 5.0
・使用周波数帯域 : 2.4 GHz帯 (2.4000 GHz - 2.4835 GHz)
・変調方式 : FHSS
・対応Bluetoothプロファイル *4
- A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
- AVRCP (Audio Video Remote Control Profile)
-SPP(Serial Port Profile)
-OPP(Object Push Profile)
-DID
・対応コーデック *5 (送信): SBC *6, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
FMラジオ *7 -
USB DAC機能 -
Bluetoothレシーバー機能 *8 -
対応アプリケーションソフトウェア Music Center for PC
本体動作対応OS - Windows(R) 10
- Windows(R) 8.1
- Windows(R) 7
*10 *11
本体マイク 内蔵モノラル
その他 ワンタッチ接続(NFC)機能、テーマ/壁紙、ワンタッチ接続(NFC)機能、ドラッグ&ドロップ転送
音質
デジタルアンプ S-Master HX
DSEE DSEE HX
イコライザー ±10段階
DCフェーズリニアライザー 6種類
その他 ソースダイレクト、ダイナミックノーマライザ、バイナルプロセッサー
電源関係
充電池 内蔵型リチウムイオン
USB充電 充電時間(約/時間) 約6.5時間(満充電)、約5時間(約80%まで充電)
充電池持続時間(約/時間) 【音楽再生時】
●MP3 128kbps
ステレオミニジャック 約20時間
バランス標準ジャック 約19時間

●FLAC 96kHz/24bit
ステレオミニジャック 約18時間
バランス標準ジャック 約17時間

●FLAC 192kHz/24bit
ステレオミニジャック 約16時間
バランス標準ジャック 約15時間

●DSD 2.8224MHz/1bit
ステレオミニジャック 約10時間
バランス標準ジャック 約9時間

【Bluetooth再生時(送信モード)】
●SBC(接続優先) MP3 128kbps
約11時間

●LDAC(自動) FLAC 96kHz/24bit
約8.5時間
*12
入出力端子
ヘッドホン実用最大出力(JEITA 16Ω/mW) ステレオミニジャック:50mW+50mW (ハイゲイン出力時)
バランス標準ジャック:200mW+200mW (ハイゲイン出力時)
パソコンとの接続/本体端子の形状 Type-C (USB2.0準拠)
microSDメモリーカード *13 microSD
microSDHC
microSDXC
寸法・質量
最大外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 約57.9mm x 122.6mm x 14.8mm
外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 約 57.3mm x 121.8mm x 14.8mm
充電池含む(g) 約164 g
ビットレート別記録時間 *14
最大記録曲数(音楽) ●MP3 (128kbps) 約13,000曲
●AAC (256kbps) 約6,600曲
●FLAC (44.1kHz/16bit) 約1,200曲
●FLAC (96kHz/24bit)  約360曲
●FLAC (192kHz/24bit) 約180曲
●DSD (2.8224MHz/1bit) 約300曲

※ 1曲4分換算 曲数は目安です *15
その他
付属品 ウォークマン本体 (1)、USB Type-C™ケーブル(USB-A - USB-C) (1)、取扱説明書 (1)、使用上のご注意/主な仕様 (1)、保証書 (1)、製品のサポート登録のおすすめ (1)、USB Type-C端子キャップ(2)*1、ヘッドホン端子キャップ(ステレオミニ) (1) *2、ヘッドホン端子キャップ(バランス標準) (1) *2

*1 ウォークマン本体に1つ装着されています。
*2 ウォークマン本体に装着されています。

商品詳細

▶ 詳しくはコチラ!


あらゆる音源を、高純度の描写力で。ハイエンド・ストリーミングWALKMAN

SONY NW-ZX507

ヒーローイメージ

全ては高音質のため、細部までこだわった厳選パーツやデザイン、よりクリアで繊細なサウンドを再生するφ4.4mmバランス接続に対応しました。

さらに、快適な操作性を実現するAndroid(TM)9.0を採用し、使いやすいUI、タッチ機能などの快適な操作性、そしてGoogle Play(TM)ストアからの豊富なアプリのダウンロードなど、さまざまなシーンで多彩に楽しめます。

  1. WM1シリーズ用に開発したハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」(*1)を採用
    DSDネイティブ再生(最大11.2MHz)(*2)およびWAV再生(最大384kHz/32bit(float/integer))に対応しました。また、アンバランス接続時は50mW+50mW(16Ω)、バランス接続時には200mW+200mW(16Ω)の実用最大出力を実現しました。

    *1 有線接続時のみ有効
    *2 DSDネイティブ再生はバランス接続時のみ対応。アンバランス接続時はリニアPCMへの変換再生になります
    特徴画像
  2. ストリーミングサービス対応
    Spotifyや Youtube(TM)、Apple Musicなどのストリーミングサービスをお好みに合わせてインストールできます。ジャンルを問わない多彩で膨大な楽曲を配信しているので、大好きな楽曲はもちろん、新しい音楽との出会いをお楽しみいただけます。

    ※ W.ミュージックアプリ以外をお使いの場合には、ハイレゾ音源は48 kHz /16 bitのダウンコンバート再生になります
    特徴画像

    好きなアプリもインストール可能
    ラジオや動画サービス、語学学習など、様々なジャンルのアプリがインストールできます。高精細タッチパネル液晶で、ウォークマンの高音質で楽しめます。

    ※ 本製品の一部機能を使うには、Wi-Fi環境が必要です
    ※ ストリーミング機能を使用する際はWi-Fiに接続する必要があり、家庭用無線LANルーター環境、公衆無線LANサービスが利用できる環境が必要です
    ※ ゲームなどは正常に動作しないことがあります。すべてのアプリケーションを動作保証しているわけではありません
    特徴画像
  3. 銅切削ブロックを投入し、デジタルグラウンド強化
    情報量とパワー感の向上、さらに温かみのある音質の再現を目指して、アルミ切削筐体をはじめ、さまざまな高音質パーツを吟味して搭載。 筐体と基板の間に銅を切削加工し金メッキ加工を施したブロックを設置し、インピーダンスを大幅に低減。CPUや内蔵メモリーなどを搭載したデジタルブロックのグラウンド安定性を高め、静寂から立ち上がるクリアな音質を実現します。

    ※ W.ミュージックアプリ以外をお使いの場合には、ハイレゾ音源は48 kHz /16 bitのダウンコンバート再生になります
    特徴画像

    こだわりの厳選パーツ
    ■ 「高分子コンデンサー」を採用
    バランス出力用アンプ部の電源にDMP-Z1で採用した高分子コンデンサ(FT CAP2) を4基搭載。ボーカルや楽器の伸び透明感が向上し、しまりのある力強い低音域を実現。

    ■ 金入り「高音質はんだ」を採用
    ヘッドホン出力のはんだ付け部など音質的に重要な接点に、金を添加した「高音質はんだ」を採用することにより、伝送ロスを徹底的に排除しダイナミックなステージ感やスケール感を再現します。
    特徴画像
  4. バランス接続で音が「聴こえる」から「見える」へ
    バランス出力では左右の音を完全に分離し、ステレオ感に悪影響を与えるクロストーク(左右の信号の混信)を限りなく低減することで、ノイズの少ない低歪で繊細なサウンドを再現します。

    ■ Φ4.4mm(JEITA統一規格)バランス接続を採用
    ヘッドホンプラグ1本でバランス接続でき、接続安定性にも優れたφ4.4mmのヘッドホンジャック(5極)を採用。

    ■ 「Pentaconn」を採用
    日本ディックス製の高性能ヘッドホンジャックで1端子2接点により接触抵抗の低減を実現。 音の解像度・広がり・奥行きを余すところなく表現します。
    特徴画像
  5. USB Type-C端子を採用
    汎用性の高いUSB Type-C端子を採用。普段使用しているケーブルと共用できるので、便利です。

    ※ USB Type-Cコネクター付きヘッドホンと接続しているとき、ヘッドホンによっては音量調節画面で音量を調節できないことがあります。 音量調節ができないヘッドホンからは大きな音量が出る場合がありますので、USB Type-Cコネクター付きヘッドホンのご使用はお控えください。
    特徴画像

製品仕様


スペック
容量 *1 64GB ※実使用可能領域は約48.64GB
オペレーティングシステム Android 9.0
対応フォーマット ・MP3 ( .mp3):32 - 320kbps (VBR対応) / 32, 44.1, 48kHz
・WMA ( .wma):32 - 192kbps (VBR対応) / 44.1kHz
・FLAC ( .flac):16, 24bit / 8-384kHz
・WAV ( .wav):16, 24, 32bit (Float/Integer) / 8-384kHz
・AAC ( .mp4, .m4a, .3gp):16-320kbps / 8-48kHz
・HE-AAC ( .mp4, .m4a, .3gp):32-144kbps / 8-48kHz
・Apple Lossless ( .mp4, .m4a):16, 24bit / 8-384kHz
・AIFF ( .aif, .aiff, .afc, .aifc):16, 24, 32bit / 8-384kHz
・DSD ( .dsf, .dff):1bit / 2.8224, 5.6448, 11.2896 MHz
・APE ( .ape):8, 16, 24bit / 8-192kHz (Fast, Normal, High)
・MQA ( .mqa.flac):対応
*2
ディスプレイ 3.6型(9.1cm)、HD(1280x720ドット)/ タッチパネル
ワイヤレスLAN ・規格:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
・使用周波数帯域:2.4/5 GHz 帯
・暗号化:WEP/WPA/WPA2
Bluetooth機能 *3 ・通信方式 : Bluetooth標準規格 Ver 5.0
・使用周波数帯域 : 2.4 GHz帯 (2.4000 GHz - 2.4835 GHz)
・変調方式 : FHSS
・対応Bluetoothプロファイル *4
- A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
- AVRCP (Audio Video Remote Control Profile)
-SPP(Serial Port Profile)
-OPP(Object Push Profile)
-DID
・対応コーデック *5 (送信): SBC *6, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
FMラジオ *7 -
USB DAC機能 -
Bluetoothレシーバー機能 *8 -
対応アプリケーションソフトウェア Music Center for PC
本体動作対応OS - Windows(R) 10
- Windows(R) 8.1
- Windows(R) 7
*10 *11
本体マイク 内蔵モノラル
その他 ワンタッチ接続(NFC)機能、テーマ/壁紙、ワンタッチ接続(NFC)機能、ドラッグ&ドロップ転送
音質
デジタルアンプ S-Master HX
DSEE DSEE HX
イコライザー ±10段階
DCフェーズリニアライザー 6種類
その他 ソースダイレクト、ダイナミックノーマライザ、バイナルプロセッサー
電源関係
充電池 内蔵型リチウムイオン
USB充電 充電時間(約/時間) 約6.5時間(満充電)、約5時間(約80%まで充電)
充電池持続時間(約/時間) 【音楽再生時】
●MP3 128kbps
ステレオミニジャック 約20時間
バランス標準ジャック 約19時間

●FLAC 96kHz/24bit
ステレオミニジャック 約18時間
バランス標準ジャック 約17時間

●FLAC 192kHz/24bit
ステレオミニジャック 約16時間
バランス標準ジャック 約15時間

●DSD 2.8224MHz/1bit
ステレオミニジャック 約10時間
バランス標準ジャック 約9時間

【Bluetooth再生時(送信モード)】
●SBC(接続優先) MP3 128kbps
約11時間

●LDAC(自動) FLAC 96kHz/24bit
約8.5時間
*12
入出力端子
ヘッドホン実用最大出力(JEITA 16Ω/mW) ステレオミニジャック:50mW+50mW (ハイゲイン出力時)
バランス標準ジャック:200mW+200mW (ハイゲイン出力時)
パソコンとの接続/本体端子の形状 Type-C (USB2.0準拠)
microSDメモリーカード *13 microSD
microSDHC
microSDXC
寸法・質量
最大外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 約57.9mm x 122.6mm x 14.8mm
外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 約 57.3mm x 121.8mm x 14.8mm
充電池含む(g) 約164 g
ビットレート別記録時間 *14
最大記録曲数(音楽) ●MP3 (128kbps) 約13,000曲
●AAC (256kbps) 約6,600曲
●FLAC (44.1kHz/16bit) 約1,200曲
●FLAC (96kHz/24bit)  約360曲
●FLAC (192kHz/24bit) 約180曲
●DSD (2.8224MHz/1bit) 約300曲

※ 1曲4分換算 曲数は目安です *15
その他
付属品 ウォークマン本体 (1)、USB Type-C™ケーブル(USB-A - USB-C) (1)、取扱説明書 (1)、使用上のご注意/主な仕様 (1)、保証書 (1)、製品のサポート登録のおすすめ (1)、USB Type-C端子キャップ(2)*1、ヘッドホン端子キャップ(ステレオミニ) (1) *2、ヘッドホン端子キャップ(バランス標準) (1) *2

*1 ウォークマン本体に1つ装着されています。
*2 ウォークマン本体に装着されています。

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

121人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:ブラック

進化した音質をストリーミングでも楽しめる!

大人気のDAP ZX300シリーズの上位機種として開発された「ZX500」は音質と密接な関係にあるハード部分が大幅に進化。ZX300シリーズと大きさはほとんど変わらないコンパクトな筐体にも関わらず非常に高い音質を目指して作られたこだわりの一台です。



OSにAndroidを搭載したという点も大きなポイント。純正の音楽アプリだけでは無くサードパーティの再生ソフト例えばYoutubeやSpotify、AmazonミュージックアプリなどGoogle Playを通じて簡単にインストールすることが可能。通常のDAPの機能に加えインターネットを通してパソコン無しで楽曲を購入、ダウンロードすることも出来ます。



動作は非常に軽快で引っかかったりもたついたりせず、非常に快適な操作感です。

また他のDAPと違う大きなポイントはSONYならではの高性能な音質向上機能を「サードパーティアプリのアプリでも適応可能」という点です。

例えば圧縮音源を「ハイレゾ相当」アップスケーリングする「DSEE-HX」は圧縮音源で配信されることが多いストリーミングサービスと非常に相性が良いといえるでしょう。



音質



音が非常に細かくディテールを細密に表現しているという点。透明感があり一つ一つの楽器やボーカルなどが聞き取りやすく、細かいニュアンスなど違和感無く自然と聴き分けが出来ます。先代のZX300と比較するとより音のフォーカスがよりピシッとあったような印象。沢山な楽器が登場する複雑な楽曲なども音が潰れてしまうこと無くしっかりと描ききってくれました。一聴するだけでクォリティアップした音質を体感することが出来ます。音像も鮮明でボーカル部分はくっきりと浮かび上がる見事な表現です。





細やかな表現重視の音質ですが、適度な厚みとツヤ感もうまく両立しているのが特徴です。しっかりとした立ち上がりと粒立感を確保しながら、音の引き際は美しく響きうっとりするような音質です。



低域はしっかりと沈み込み歯切れの良い印象。コンパクトな筐体にも関わらずグイッっと引っ張ってくれるようなハキハキとした低音を楽しめます。

音場も進化しました。更にグッっと広がりスケール感のある音質を楽しめます。音のディテールに富んだ質感の音質にもかかわらず、聴いていて疲れず耳あたりがとてもいいのもポイント。とっても上手なチューニングです。





コンパクトな筐体の中に思わず唸ってしまいそうな音質とAndroid OS搭載による高い拡張性を凝縮。

お手持ちの音源はもちろんストリーミングサービスの音も「いい音」で聴けるオールインワンな機種に仕上がっていると思いました。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by かわちゃん   2019/10/31

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:ブラック

Androidを搭載し、ストリーミング再生に対応した次世代ウォークマンが登場

サイズ感は前作のNW-ZX300シリーズと変わっていませんが、画面は大きくなっていて、操作もしやすいです。また、今回のNW-ZX500シリーズはWMポートではなく、USBタイプCが採用されているのも大きな変化。充電もしやすくなったといえます。



Youtubeも見れますので、自宅のWi-Fiと接続して、よりいい音で動画を楽しむ事ができます。



iPhoneでApple Musicを使って音楽を楽しんでいたお客様にも朗報。なんと再生に対応しています。おめでとうございます。



音に関してですが、実に明瞭で、ダイナミックな印象でした。NW-ZX300シリーズでもウォークマンの音の良さを見せつけられた記憶がありますが、それを上回る性能です。驚いたのはやっぱりサブスク、音楽ストリーミングサービスを使用したときにめちゃめちゃ音が良いと感じたところ。Spotifyだし、Youtubeだし、とそもそも音質にこだわっていませんでしたが、各段に良い音が聴けてしまいました。これがデジタルオーディオプレイヤーの性能か、と、いい音にゾクゾクしましたね。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by はまちゃん   2019/10/17

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:ブラック

sonyのイヤホンヘッドホンには確実に良い

購入後は、ワイヤレス接続(Ldac)、バランス接続、アンバランス接続など、幅広い音響機器で最高品質で楽しめる。
特にSonyのXBA-N3BPより上位モデルのイヤホンや、MDR-1AM2より上位モデルのヘッドホンなど、4.4mmバランスケーブル付属の製品を持っているならば、他のどのdapよりもこれがおすすめ。本体の大きさが同価格帯のdapより小さいためとても携帯性が良い。
今作から充電もUSBーCになり楽。
アンドロイド搭載によりApplemusic,Spotifyなどのサブスクをはじめ、Moraqualitasなどのサブスクもハイレゾ出力できる。サブスクに関しては、Applemusicのロスレスはもちろん他社のハイレゾ対応のサブスクをきちんと出力できるだけでなく、Spotifyなどのロスレス非対応のサブスクやYouTubeでも、DSEEの機能により音質をアップスケーリングしてくれるため、サブスクではとのサービスでも最大限に楽しめる。
アンドロイドの動作は音楽を聴くことに関しては問題ない程度の性能。インスタ閲覧は少しラグいができた。
容量もMicroSDでカスタム可能。
充電口が横にあって不便に感じる時もなくはないが、e-イヤホンのYouTubeチャンネルの「【DAP】ピエール中野さんがSONY開発者に聞く!人気DAP『SONY NW-ZX507』の魅力のすべて!」より、デジタル部分の通信のアンテナになる部分を下部に搭載しているため、充電端子の金属部品によって発生するノイズを削減するためという理由があるらあしい。
その他sonyならではの機能が多数搭載、それらは純正アプリ以外のサブスクなどにも対応しているため、十分に楽しめる。

続きを読む

Sonyだいすき さん (2021/11/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:シルバー

持ち歩く機種ではベスト

AmazonmusicHDを入れて毎日の通勤で使用。
スマホでの音楽鑑賞からの卒業としては最適·最高だと思います。
急にダウンロードしたい曲があってもWi-Fiスポットorスマホのテザリングで即対応。
もっと高額な機種ならもっといい音で聴けるのは当然ですが、スマホとは比較にならない高音質、Android搭載による利便性(動作はもっさり気味)、絶妙な大きさと重さ、ポケットに入れやすい底の丸さ、持ち歩くことを考えるとこれ以上は無い。
他の方々がおっしゃるように充電端子の位置、バッテリーの持ちは微妙だが自分は許容範囲です。

続きを読む

k.n さん (2021/10/19)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:シルバー

音が切れ辛い

HIBYのR6(前のモデル)との比較ですが、ワイヤレスヘッドフォンSONY wf-1000xm3、audio-technica ATH-SQ1TW、NUARL NT01Aで使用中ですか明らかに音が途切れる回数が減りました。また、音質はピュアな感じになったので好みです。
文字化けもないですしwww

続きを読む

顕家 さん (2021/09/10)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:シルバー

様々なニーズに応え得る、新WALKMAN。

試聴レビューとなります。
イヤホンはqdc 4CSとSONY XBA-A3で、それぞれアンバランス接続、バランス接続の試聴に使用しました。
音源はロックとJ-PopのFLAC(ハイレゾ含む)です。

【音質】
帯域バランスは低域から中低域が多めに感じられ、元気で押し出しが強い「SONYらしい」キャラクターになっています。
解像度はZX300から向上していて、特にアンバランス接続時に顕著に現れます。
音場は全体的な音の安定感が向上したこともあり、より見やすくなっています。

低域の沈み込みや制動と輪郭がしっかりしているので、土台を支える安定感があります。
中域は特にボーカルが若干近いかなとも思いますが、現代的なポピュラーミュージックとの相性はいいと思います。
高域は綺羅びやかで明るく、伸びはあるものの過度に刺さることはなく、ハイハットの粒立ち感も十分です。

駆動力については、数値上の出力値はZX300と同等ですが、音質的な傾向の違いも相まってか本機の方が力強く感じます。

個人的には確実に向上していると感じた音質面ですが、現代的なリスニングサウンドで演出感がある部分もあるので、ZX300の方が好みだと言われる方もいらっしゃると思います。

【その他】
本機はZX2以来のAndroidプラットフォームを採用しており、賛否が分かれています。
個人的には、過去になかったストリーミング対応を謳っていますが、Androidモードと音質優先モードの切り替え機能を搭載し、使用者が選択する余地を残しても良かったのではないかと思います。

大きさや片手での操作性はZX300から踏襲されていますし、「良いWALKMANを使っているんだ」という所有欲を満たしてくれるデザインは、好印象です。
また、これまでのWALKMAN PORTではなくUSB Type Cを搭載している点は、とても大きな変更点です。(位置に関しては理由があるので、仕方ない面もありますが・・・)
今後発売されるWALKMANは、当たり前にType C端子を搭載して欲しいなと思います。

【総評】
Androidプラットフォームを採用し、各種ストリーミングサービスを利用出来るようになったり、また、音質面でもより現代的な音楽と合うように進化を遂げ、様々なニーズに応えてくれるWALKMANです。

個人的な好みとしては、音質面で進化を感じますが、やや「作られた音」という印象も持つため、解像度は落ちるもののZX300の方が自然で良いなと感じています。
しかし、全体的な音域のレンジも広がっていますし、楽しく聴くという事に関しては本機の方が向いていると思います。

SoCが弱く、ミドルレンジスマートフォンよりも動作が良くない点は、今後の課題として改良して頂きたい点です。

ZX500を検討されている方には、中古のZX300との比較もしてみて頂けると良いのではないかと思います。
是非お試し下さい。

続きを読む

masa さん (2021/06/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:ブラック

全体的に満足できる

このdapはかなりコンパクトで、普段使いにもってこいです。無論音はいいのですが、音場感がいいなと思いました。バランス接続にも対応していて、何よりOSがandroidなのがいいですね。ストリーミングに対応しているため、さまざまな曲を高音質で聴くことができて満足しています。

続きを読む

もにゃか さん (2021/06/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:ブラック

音楽好きは1度買ってみるべき!

自分は今までAndroidで音楽を聴いていました。音にはこだわりがあり、Androidの中でも音質にこだわっているものを使用していました。
そんな中で、たまたま見つけたこの商品が気になり、調べていくと、音質が携帯で聴くより良いと知り、すぐ購入しました。
初めて聴いた時には、心が震えました。今まで聴いていた音よりも遥かに音質が良くなり、その違いがすぐに分かったほどです。イヤホンにこだわるのも大事ですが、音楽プレイヤーも大事だと気付かされました。
また、携帯で音楽を聴くとバッテリー消費が激しいですが、ウォークマンがあればそんな心配もいりません。
バッテリーの減りも、全然気にならないほど持ちますし、なんだか高級感があって、持っているだけで嬉しくなってしまいます。
ウォークマンなどの音楽プレイヤーを買ったことがない方は1度買ってみても損はありません。
自分は5ヶ月程度使用していますが、前よりも更に音楽がより好きになりました。ウォークマンは欠かせない必需品となっています。

続きを読む

トカゲ さん (2021/06/21)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0