• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SHURE (シュア)

SE535LTD

  • 新品

¥52,990 ~ ¥58,212 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

42406548953 ~ 42406585378

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥21,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

SHURE SE535LTD-A
レビュアー:ファイル・ウェブ編集部
日本人向けにスペシャルチューニングを施した「SE535」プレミアムモデル
SHURE「SE535」にスペシャルチューニングを施した限定モデル「SE535 Special Edition」。

なお今回は、SE535 Special Editionのエージングをほとんど行っていない「素」の状態で試聴を行ったので、あらかじめご了承いただきたい。

まずはジャズ「You look good to me」を試聴。クリアで澄み切った音で、霧が晴れたような印象。ハイハットの音の実在感や音の描き分けは、SE535よりはるかにレベルが上。これまで聞こえなかった音がしっかりと聞こえる解像感の高さに驚かされる。

楽曲にもよるが、高域の伸びはもちろん、中域の音の実在感が高まったことも印象的。ピアノの音の厚みが豊かになり、より音楽性が高まったという実感を受ける。

低域については、沈み込み自体はSE535とほぼ同レベルだが、描写の解像感は、これまで愛機として散々鳴らしまくったSE535の方が若干上回っていると感じた。ただしこれは今後、Special Editionのエージングが進めば改善される可能性が高いと思われる。

少しハードなロック、THE Raconters「Consolers Of The Lonely」を聴いてみると、Special Editionの魅力がよくわかる。ハイハットの音の鮮明さ、力強さはSE535とは明らかに別次元。ギターの耳をつんざくような音も、脳に直接飛び込んでくるような感覚を受けるほどだ。

とは言え、SE535の音に慣れているせいか、ちょっと高音が出過ぎじゃないか? と感じる場面があるのも事実。ただし、これもエージングがこなれてきたら良い感じになるかもしれない。

日本人の意見を多く採り入れて音をチューニングしたという本機。高級イヤホンを探している方なら、必ず一度は聴いてみたい製品だ。
(このレビューは「Phile-web」に寄稿された記事の抜粋です。記事の続きは「Phile-web」でご覧ください。)続きを「Phile-web」で読む

SHUREのSEシリーズのハイクラスモデル「SE535」に新しいチューニングとを施したこちら。
まず解像度が凄いです。今まで鳴っていた事に気づかなかった僅かなスネアの揺れの音や、ボーカルの息継ぎの呼吸音等が、しっかり聞こえます。音は、ギュッと圧縮されたような締まった中低域と、伸びがよく、厚みのある高域を鳴らしてくれます。高域の鳴り方が本当に魅力的で、表現がとても繊細なので歌い上げる様な女性ボーカルをこのイヤホンで聴くと、微妙な歌声のかすれ具合や込み上げてくるボーカルのパワーと言いますか、音の波みたいな物に、体がゾワゾワとする感覚を覚えました。遮音性が非常に高いので、音楽の世界にどっぷりと浸かりたい方に是非おすすめします!

見た目が赤でかっこいい~☆こちらのモデルはSE215、315、425、535と違いケーブルが1.16mと使いやすくなっております。 こちらは見た目だけが変わったのではなく、音質も変わっているのです☆
SE535はどちらかというと、低域寄りかなー、もう少し高域伸びて欲しいなーという印象を感じたのですが、LTD。。。さすがです!高域が伸びる様になり、解像度もあがりました!!凄く音場も広いので凄く楽しめる子ですよ(*^□^*)
全体的にしっかり鳴らしてくれるのが印象に残りました♪バンドサウンドを聴いてみましたが臨場感が素晴らしいです。
装着感も、遮音性も良いので音楽に没頭できます。私めっちゃ好きです☆

アジア人向けに製品化されたという、SE535LTDですが、SE535との違いはズバリ、高域の伸び、艶です。
ピアノなど、低域から高域まで幅広い音域の再生を必要とするジャンルを普段良くお聴きになられる方にはもってこいのイヤホンだと思います。もともと、SE535は中高域の鮮明度が他製品に比べ、特化していますが、その部分を更に進化させたのがこのイヤホンです。かといって、刺さるような音質ではなく、優しくも棘のある、まさしく『魅音』なのです。ケーブルも着脱式ですので、断線時も安心です。また、ケーブルも他社から幾つか販売されており、好みに合わせて、細かい音質調整も可能です。
ご購入後も一切"飽きる"という思考にたどり着かないこのイヤホン。心の底から、お勧めできます。

◎スペック

  • ドライバー:ウーファ×2 ツイータ×1
    音圧感度:119dB/mW
    インピーダンス:36Ω
    ノイズ減衰量(最大):37dB
    再生周波数帯域:18 ~ 19,500Hz
    入力コネクタ:ステレオミニ (金メッキ仕上げ)
    ケーブル:1.16m 着脱式

    付属品
    フォームタイプ3サイズ
    ソフト・フレックスタイプ3サイズ
    イエロー・フォーム1種類
    トリプルフランジ1種類
    レベルコントローラー
    クリーニングツール
    航空機アダプタ
    キャリングケース
    標準プラグ用変換アダプタ

商品詳細

SHURE SE535LTD-A
レビュアー:ファイル・ウェブ編集部
日本人向けにスペシャルチューニングを施した「SE535」プレミアムモデル
SHURE「SE535」にスペシャルチューニングを施した限定モデル「SE535 Special Edition」。

なお今回は、SE535 Special Editionのエージングをほとんど行っていない「素」の状態で試聴を行ったので、あらかじめご了承いただきたい。

まずはジャズ「You look good to me」を試聴。クリアで澄み切った音で、霧が晴れたような印象。ハイハットの音の実在感や音の描き分けは、SE535よりはるかにレベルが上。これまで聞こえなかった音がしっかりと聞こえる解像感の高さに驚かされる。

楽曲にもよるが、高域の伸びはもちろん、中域の音の実在感が高まったことも印象的。ピアノの音の厚みが豊かになり、より音楽性が高まったという実感を受ける。

低域については、沈み込み自体はSE535とほぼ同レベルだが、描写の解像感は、これまで愛機として散々鳴らしまくったSE535の方が若干上回っていると感じた。ただしこれは今後、Special Editionのエージングが進めば改善される可能性が高いと思われる。

少しハードなロック、THE Raconters「Consolers Of The Lonely」を聴いてみると、Special Editionの魅力がよくわかる。ハイハットの音の鮮明さ、力強さはSE535とは明らかに別次元。ギターの耳をつんざくような音も、脳に直接飛び込んでくるような感覚を受けるほどだ。

とは言え、SE535の音に慣れているせいか、ちょっと高音が出過ぎじゃないか? と感じる場面があるのも事実。ただし、これもエージングがこなれてきたら良い感じになるかもしれない。

日本人の意見を多く採り入れて音をチューニングしたという本機。高級イヤホンを探している方なら、必ず一度は聴いてみたい製品だ。
(このレビューは「Phile-web」に寄稿された記事の抜粋です。記事の続きは「Phile-web」でご覧ください。)続きを「Phile-web」で読む

SHUREのSEシリーズのハイクラスモデル「SE535」に新しいチューニングとを施したこちら。
まず解像度が凄いです。今まで鳴っていた事に気づかなかった僅かなスネアの揺れの音や、ボーカルの息継ぎの呼吸音等が、しっかり聞こえます。音は、ギュッと圧縮されたような締まった中低域と、伸びがよく、厚みのある高域を鳴らしてくれます。高域の鳴り方が本当に魅力的で、表現がとても繊細なので歌い上げる様な女性ボーカルをこのイヤホンで聴くと、微妙な歌声のかすれ具合や込み上げてくるボーカルのパワーと言いますか、音の波みたいな物に、体がゾワゾワとする感覚を覚えました。遮音性が非常に高いので、音楽の世界にどっぷりと浸かりたい方に是非おすすめします!

見た目が赤でかっこいい~☆こちらのモデルはSE215、315、425、535と違いケーブルが1.16mと使いやすくなっております。 こちらは見た目だけが変わったのではなく、音質も変わっているのです☆
SE535はどちらかというと、低域寄りかなー、もう少し高域伸びて欲しいなーという印象を感じたのですが、LTD。。。さすがです!高域が伸びる様になり、解像度もあがりました!!凄く音場も広いので凄く楽しめる子ですよ(*^□^*)
全体的にしっかり鳴らしてくれるのが印象に残りました♪バンドサウンドを聴いてみましたが臨場感が素晴らしいです。
装着感も、遮音性も良いので音楽に没頭できます。私めっちゃ好きです☆

アジア人向けに製品化されたという、SE535LTDですが、SE535との違いはズバリ、高域の伸び、艶です。
ピアノなど、低域から高域まで幅広い音域の再生を必要とするジャンルを普段良くお聴きになられる方にはもってこいのイヤホンだと思います。もともと、SE535は中高域の鮮明度が他製品に比べ、特化していますが、その部分を更に進化させたのがこのイヤホンです。かといって、刺さるような音質ではなく、優しくも棘のある、まさしく『魅音』なのです。ケーブルも着脱式ですので、断線時も安心です。また、ケーブルも他社から幾つか販売されており、好みに合わせて、細かい音質調整も可能です。
ご購入後も一切"飽きる"という思考にたどり着かないこのイヤホン。心の底から、お勧めできます。

◎スペック

  • ドライバー:ウーファ×2 ツイータ×1
    音圧感度:119dB/mW
    インピーダンス:36Ω
    ノイズ減衰量(最大):37dB
    再生周波数帯域:18 ~ 19,500Hz
    入力コネクタ:ステレオミニ (金メッキ仕上げ)
    ケーブル:1.16m 着脱式

    付属品
    フォームタイプ3サイズ
    ソフト・フレックスタイプ3サイズ
    イエロー・フォーム1種類
    トリプルフランジ1種類
    レベルコントローラー
    クリーニングツール
    航空機アダプタ
    キャリングケース
    標準プラグ用変換アダプタ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

高音の質

4.3

中音の質

4.3

低音の質

3.9

細やかさ

4.2

迫力

4

音場

3.5

遮音性

4.7

音漏耐性

4.8

24人のお客様がレビューしています。

満足度

4.0

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

3.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

10年使用しての感想

購入してからはや10年、まさかLTDがここまで息の長い製品になるとは思いませんでした。

断線3回、ノズルを2回破損しeイヤホンさんに修理していただいてますが、未だ使用できるタフさを備えています。
他のSHURE製品(215se、SRH1840)も使用していますが、長いお付き合いのできるメーカーです。
気に入ったのならば、購入しても後悔はしないと思いますよ。

続きを読む

YH さん (2023/01/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

SE425と比べて

所有しているSE425と比べて視聴した際の感想です。本機は全体的な音の傾向として、SE425のフラットでモニター系のサウンドに比べ、音の密度や濃さを感じることのできる機種かなと思います。そのため、いつも聞いている音楽がより密度の濃いサウンドになり、そのような傾向が好きな方にはお勧めの機種です。

続きを読む

たま さん (2023/01/07)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

カッコイイ

se215、425等も所有していますが、まずとにかく、目を引く赤色がかっこいいです。シリーズに共通して言えることですが、遮音性も素晴らしく、音楽に浸ることが出来ました。
ケーブルの長さも、スタンダードの162cmより短くなっており、普段使いにとても便利で扱いやすいです。

続きを読む

やまと さん (2022/01/11)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

3.5

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

4.5

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

カラーリングは好き

視聴のみです。思ったより装着感が軽かったです。長時間つけていても大丈夫そう。あまり、先の見通せない音で、好みではなかったです。

続きを読む

たかし さん (2022/01/03)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

知りませんでした。。

今までBOSEやJBL等、迫力といえば低音だと思っていたのですが、

SE535LTDを聴き、中高域のクリアさと明瞭さに圧倒され、めちゃくちゃ感動しました。鳥肌が立つほどの迫力。中高音に迫力があるとは知りませんでした。。

FF7のリメイクや聖剣3のリメイクをやっているのですが、耳が幸せ過ぎます^^



音楽以外にも水の音や金属音のリアルさは凄いと思いました。

上位機種のSE846とか、ホント、どれだけ凄いんだろうと思ってしまいます。でも、デザインはこっちの方が好きですね^^

続きを読む

かもとたろう さん (2021/07/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

3.5

USER REVIEW

サイズ:Consumer Line(スタンダードケーブル 116cm)

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

3.5

細やかさ

3.0

迫力

3.0

音場

2.5

遮音性

5.0

音漏耐性

無評価

発売して長いが…

・初めに
結論から言えば、今現在Shureのイヤホンで選ぶなら本機ではなくSE846やAonicシリーズをオススメしたい。
・試聴環境
Shanling M6Pro
NOBUNAGA Labs 澪標
Acoustune AET07 M(Final製アダプター使用)
・外観/装着性/遮音性
メタリックレッドでカッコよく目を惹くが、好みが分かれるカラーリングである。私は大好きだ。
大きさはSE215より少し大きめな印象だが概ね装着感に違和感はない、耳栓のような収まり具合である。
遮音性は流石Shure、一度再生すれば外音が殆ど聞こえなくなる。外で使用するなら周りをよく見て動く事を心掛ける必要がある。ノールックで動くと事故が起きかねない。
音漏耐性は1人だと評価出来ないのでパス。
・音質
高域×1、中低域×2の3BA構成ではあるが、元々モニターイヤホンなのもあり、フラットな音質という印象を受ける。LTD用に高域のチューニングを施したとメーカーは紹介しているが、Campfireみたいな煌びやかで伸びる訳ではなく、卒なく淡々と表現する印象を受けた。
中低域は2基あるが、目立って出てくる事はない。高域を潰さない程度に下支えしているといった印象である。
楽器、ボーカルの分離感は良く、各パートしっかり聞き分けができる。
音を楽しむより音を見る聴き方になると表現すべき音質である。これは先にも記述した通りSE535自体がモニターイヤホンなので当たり前の結論となる。
ただ、同じBA構成であるAonic5より解像度が低く感じるし、音場も狭い。また、アンバランス接続だと音が塊で流れてくる印象を受ける。
なのでリケーブルする際はバランス接続且つ銀線が入った物を選ぶべきであろう。
私は金メッキ純銀線/4.4mm5極ジャックの澪標を使う事により、音場にそこまで変化はないが、塊感が取れ、解像度が上げることが出来た。
ケーブル以外にイヤーピースである程度聞こえ方は変わるが、私は装着性最優先の為、AET07以外使っていないのでその点については無評価とする。
・結論
個人的にはShureは大好きなメーカーであり、推しである。本機も紆余曲折経たが、満足するものへと辿り着いた。
ただ、近年の進化を遂げた有象無象のイヤホン達から本機が購入候補に薦められるかと言えば微妙であり、Shureで選ぶならSE846やAonicシリーズが無難だと結論付ける。
もし仮に本機を購入候補に入れるなら別の候補と一緒に必ず試聴する事をお勧めする。

続きを読む

金属推し さん (2021/06/09)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3