• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

A&futura SE180 SEM1 Moon Silver

  • 新品

¥148,500 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755500726

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥44,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

         
  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

SE180 SEM1

  1. hoge画像
    オーディオプレイヤー SE180とは?
    SE180は、SE200で導入されたマルチDACのコンセプトを継承し、発展させたAstell&Kernプレーヤー史上初のDACモジュール交換式を採用したDAPです。
    hoge画像
    SE180のデフォルトモジュールでは「SEM1」が付属します。DACはESS社製ES9038PROがシングル構成で搭載されています。

    同時期に発売された「SEM2」は2022年6月現在では生産が終了しています。搭載されているDACはAKM AK4497EQで、LR独立させたデュアル構成です。

    2021年11月に発売された「SEM3」はESS ES9038Q2M クアッドDAC 構成が採用されています。

    2022年5月に発売された最新モジュール「SEM4」にはAKM DAC AK4493SEQがデュアル構成で採用されており、Astell&Kernのポータブルオーディオプレーヤーでは初となるデジタルオーディオリマスター(DAR)機能を搭載しています。
    hoge画像
    使用レビュー
    hoge画像

    レビュアー はまちゃん
    hoge画像
    「SEM1」すっきりクリア系 モニター的な要素あり
    中央に凝縮した印象で、正統派。くっきりし過ぎて聴き疲れるような印象ではなく、クリアさと聴きやすさのバランスが取れている。

    「SEM2」厚みを感じるローで聴き応えのあるサウンド
    湿度のある温かみとじっくり聴きたい印象。低音の量感も感じられ、バンドサウンドとの相性の良さ、ポップでキャッチーな表情があると思います。

    「SEM3」シャープでクリアなサウンドと空間の広がりも豊かな印象
    解像度や描写の細かさに関してはSEM1に近い感覚で左右の広がりのイメージはSEM2に近い。SEM1のクリアさを保ちつつ、より空間的な演出を楽しみたいお客様にオススメ。特にバランス接続が可能なイヤホン、ヘッドホンをお持ちの方は是非お試しいただきたい。

    「SEM4」高い解像度と厚みのあるサウンドが共存したハイエンドな仕上がり
    リアルタイムアップサンプリング機能も搭載しているので、生楽器はDSD、電子音楽の要素が強い楽曲はPCMが面白い。より、華やかで張りのある強さを持ったサウンドのイメージ。
    レビュアー たにみく
    hoge画像
    「SEM1」全体的に解像度が高く、素直に『綺麗な音』
    全体的に解像度が高く、素直に『綺麗な音』だと感じました。楽器の響きやボーカルに透明感があり、存在を身近に感じます。また、低音の音の輪郭もしっかりしていて、低音から高音までバランスよくクリアに楽しめるサウンドだと思います!

    「SEM2」高音が華やかでパワフル!
    SEM1と比較するとベースやバスドラムの存在感が増して、サウンド全体に元気があり、パワフルな印象に感じます。金管楽器の音やアコースティックギターの音など、高域の響きに特徴のある音も華やかに鳴らしてくれるので、エネルギッシュなサウンドが好きな方におすすめです!

    「SEM3」女性ボーカルに注目!
    SEM1の解像度や迫力はそのままに、音がスッキリとし、印象が柔らかくなりました。感じた特徴としては声、ボーカルの部分です。輪郭がわかりやすく、爽快で、特に女性ボーカルとの相性が良かったと感じました!ボーカルの世界観をより感じたいお客様にはおすすめですね!

    「SEM4」リッチで濃厚な音楽体験!
    サウンド全体に濃厚な印象があり、目が細かくリッチな印象がありました。楽器やボーカル部分の描写力、情報量も多く感じます。また、残響や音の広がりといった空間を感じ取りやすい音でもありました。低音に特化したサウンドでも、中高音域に特化したサウンドでもありません。音楽全体の美味しいところを感じたいという方におすすめです!
    レビュアー バンブー
    hoge画像
    「SEM1」モニターライクで精細な音
    これまでのA&futureシリーズのモデルにも通じるようなスッキリしたタイプのサウンドで、ややドライで大人しい印象を受けます。このままでも十分良い音ですが、各交換モジュールはどれもクオリティが高くそれぞれ個性もあるため、ぜひお試しいただくことをおすすめしたいです。

    「SEM2」艶やかで躍動感のある音
    ボーカルの艶、ピアノの響きなどが特に美しいです。 とはいえ過度な味付けでなく、誇張のない音をベースにほんのり風味をプラスしたちょうどいい塩梅の音です。SEM1よりもう少しリスニングライクな音を求める方におすすめしたいです。

    「SEM3」キレのある元気な音
    輪郭がくっきりした煌びやかなサウンドのため、アップテンポな曲を聴くと非常に爽快感があります。個人的には4つの交換モジュールの中でもっとも個性が際立っていると感じました。他のモジュールを聴いてもっと刺激がほしいと感じた方はぜひこちらをお試しいただきたいです。

    「SEM4」透明感のある綺麗な音
    メリハリがありつつも、歪みが少なくピュアで透き通るサウンドです。
    デジタルオーディオリマスター(DAR)機能をオンにすると、音に広がりが出てふくよかになった印象を受けます。
    個人的には積極的にオンにして使用することをおすすめします。
    「PCM 変換 DAR」は現代的な音源、「DSD 変換 DAR」は生楽器が多く使われた音源に合うと感じました。美しい音色に浸りたい方はぜひこのSEM4をお試しください。

    まとめ
    モジュールの交換で音の違いを楽しむ、拡張性の高いDAPです。数あるポータブルオーディオの中でもかなり「沼」を感じるディープな逸品です。ご試聴される機会があれば是非、モジュールの交換を試してみてください。

比較表


ヒーローイメージ

  1. 交換可能なオールインワンモジュール
    SE180は、SE200で導入されたマルチDACのコンセプトを継承し、発展させたAstell&Kernプレーヤー史上初のDACモジュール交換式を採用しました。ユーザーはモジュールごとに異なるDACとアンプの構成、チューニング、出力を選択しプレミアムな体験が可能になります。SE180デフォルトモジュールの「SEM1」には、プレミアムホームオーディオ機器に採用されてきた8ch DACのESS社製ES9038PROがシングル構成で搭載されています。SEM1では広いダイナミックレンジとシャープなディテールを実現すると共に、PCM最大384kHz/32bit、DSD256のネイティブ再生が可能です。また、SEM1は3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。
    hoge画像
  2. 本体とモジュールの回路分離構造
    本体とオールインワンモジュールを物理的に分離することで、本体から発生する可能性のある電源ノイズやRFノイズを完全に遮断します。ノイズが音楽再生の妨げにならない独立した構造を実現しました。
    hoge画像
  3. モジュールのダブルロックで使いやすさを追求
    SE180は本体とモジュールの固定に、ネジではなくプレーヤーの上部から簡単に取り付けることができ、各部を確実に接続する革新的な「ダブルロック機構」を備えています。1つ目のロック機構で本体とモジュールを取り付け、2つ目のロックで本体とモジュールがしっかりと固定されたことを確認できるようになっています。このダブルロック機構によってオーディオ部分の確実な接続を可能にします。更に外部から衝撃を受けた際の接続不良を防止するため、本体内部にバネで支えられたコネクターを採用し、徹底した強固な接続を可能にしています。また、熟練の設計技術により、各パーツ間には滑らかなラインが描かれ、2つのパーツが混在していることを感じさせないデザインとなっています。
    hoge画像
  4. 究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    Astell&Kernが開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」がモジュールには組み込まれています。TERATON ALPHAは効果的なパワーノイズ除去、効率的な電源管理、歪を最小限まで抑えた増幅などにより、オーディオ出力インターフェースから元の音に近いオーディオ再生を実現します。何万時間もの継続的な研究開発の成果であるAstell&Kernの特許技術が採用されています。
    hoge画像
  5. 次世代Astell&Kernアンプテクノロジー
    SE180はこれまでを超える優れたサウンドを生み出すために、次世代のアンプテクノロジーを採用しました。オペアンプパーツの選定から回路設計、基板レイアウト、チューニングに至るまで一新。この次世代アンプテクノロジーによって、出力を上げながらS/N比を向上させるという課題をクリアし、SE180ではS/N比129dBという驚異的な数値を実現しています。また、ノーマルゲインとハイゲインの切り替えも可能です。
    hoge画像
  6. フルHDディスプレイの採用による画質向上
    SE180では5型フルHDディスプレイを採用。より高画質な表示を実現しました。
    hoge画像
  7. ユーザーエクスペリエンスを高めるアップグレード
    <ナビゲーションバーによる操作性の向上>
    Androidスマートフォンと同等の操作性を実現するために、Astell&Kernプレーヤー初となるナビゲーションバーを搭載。ワンタッチで簡単にナビゲートでき、どの画面からでも音楽再生情報を確認、操作できるようになりました。また、新しいワンスワイプ機能では、スワイプによって前の画面に移動できます。
    hoge画像
  8. ワイヤレスでの転送が楽しめる「AK File Drop」
    新機能「AK File Drop」を搭載。同じネットワーク上にあるPCやスマートフォン、FTPプログラムなどを使用して、ワイヤレスで自由にファイル転送ができます。音楽ファイルの管理をケーブルレス、ワイヤレスで可能にします。
    hoge画像
  9. 「BT Sink」によるワイヤレスHi-Fiサウンド
    SE180はBluetooth5.0を搭載し、SBCやAACの他、aptX HDやLDACコーデックに対応します。更に新機能「BT Sink」を搭載。スマートフォンなどの外部機器からの音楽をBT Sink機能を使用し、BluetoothレシーバーとしてSE180から再生することが可能です。

    ※各対応コーデック
    受信 Mode:SBC / AAC / LDAC
    送信 Mode:SBC / AAC / LDAC / aptX / aptX HD
    hoge画像
  10. 光で確認するリアルタイム情報
    SE180には、再生中の曲の音量やビット深度などの情報を色で表示するLEDボリュームホイールが搭載されています。LEDライトはユーザー設定により点灯、消灯も可能です。
    hoge画像
  11. 便利機能・ナビゲーションバーを新たに搭載
    SE180はAstell&Kernプレーヤー初となるナビゲーションバーを搭載しています。Androidスマホの用にホームボタンが画面上に表示されるタイプになりました。音楽再生情報を確認、操作も行えるのはかなり便利です。また、ナビゲーションバーをスワイプすると前の画面に移動できます。
    hoge画像
  12. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ256GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-Cによる急速充電に対応 ※2021年9月9日訂正:USB3.0→USB2.0、高速データ転送非対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・USBデジタルオーディオ出力機能対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・MQAフォーマット音源の再生に対応
    ・動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  13. デザインコンセプト
    A&futura SE180は、Astell&Kern初のDACモジュール交換式のプレーヤーであり、A&futuraラインの先駆者精神に基づいて作られています。SE180のデザインは、風が残した痕跡のように、自然で流れるようなラインで名曲に浸ることができることを表現しています。デザインのポイントは、滑らかで伸びやかなシルエットです。連続したシームレスなアウトラインと、ユーザーが得られるほぼ無限の音響設定は、音色の拡張性の無限の可能性を表しています。ボリュームノブはカーブの中央に配置されています。これは、様々な音色が集まって調和し、音だけでなく光を発する様子を象徴しています。これまでのような左側の操作ボタンを廃止し、マルチファンクションボタンを1つ追加することで、片手で操作できる利便性を実現しました。セラミック製リアカバーは、精巧な芸術作品を彷彿とさせます。繊細な美しさの中に、デバイスに捧げられた品質と職人技を感じることができます。2.5mm、3.5mm、4.4mmの各オーディオ出力端子にはゴールドリングを施し、細部に至るまで調和と統一感を持たせています。

製品仕様


■ SE180
内蔵容量 256GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1スロット (SDHC/XC 最大1TB対応)
本体収録可能数 *2 約1,560曲 (FLAC/192KHz/24bit)
約9,880曲 (FLAC/44.1KHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
MQA 再生 Services (Tidal Masters), Local files, External USB, MQA-CD(ripped)
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CDライブラリ
レジューム機能 〇 *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生、シャッフル
リピートモード リピート、1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz/Gain:±5.0/Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
入力端子 USB Type-C (充電・データ転送・USB-DAC)
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit
DSD(DoP): 最大DSD256
USB-DAC機能*3
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
クロックジッター 25ps
リファレンスクロックジッター 800fs
物理キー 機能ボタン(巻き戻し, 再生/一時停止, 早送り), ダイヤルボリューム, タッチセンサー,モジュールリリースボタン
ロック機能 ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
バージョン 5.0
プロファイル *4 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, Qualcomm® aptX™ HD, LDAC
対 応 O S *5 Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
CPU Quad-Core
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー (3,800mAh/3.8V)
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法*6 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約5時間(5V/2A)/ 約3時間(9V/1.67A)
形状 USB Type-C (充電・転送)
接続方式 MTP(メディアデバイス)方式
ディスプレイ ディスプレイ 5.0型TFTカラーLCD(静電容量式タッチスクリーン)
解像度 FHD ( 1920×1080 ドット)
サイズ(W×H×D) 本体:約77× 約129× 約19.9 (mm) , モジュール装着時: 約77 x 約137 x 19.9 (mm)
重量 約280g
■ SEM1
サンプリングレート PCM:8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
DSD:DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD256(11.2MHz/1bit) ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子、2.5mmバランス出力端子 (4極)、4.4mmバランス出力端子 (5極)
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms , バランス4.0Vrms (Gain:Nomal / 負荷無し)
アンバランス3.0Vrms , バランス6.0Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス: 3.5mm:1ohm / バランス 2.5mm:1.5ohm・4.4mm : 1.5ohm
D/Aコンバーター ESS ES9038 PRO (Single DAC )
周波数特性 ±0.04dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.04dB (Condition : 20Hz~20kHz)バランス
±0.07dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.06dB (Condition : 20Hz~70kHz)バランス
S/N比 [ Nomal ] アンバランス : 122dB (@1kHz) / バランス:126dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 125dB (@1kHz) / バランス:129dB (@1kHz)
クロストーク [ Nomal ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-145dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-147dB (@1kHz)
THD+N [ Nomal ] アンバランス : 0.0005% (@1kHz) / バランス:0.0004% (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 0.0007% (@1kHz) / バランス:0.0006% (@1kHz)
IMD アンバランス 0.0004% 800Hz 10kHz(4:1)/ バランス 0.0004% 800Hz 10kHz (4:1)
再生時間*7 約10.5時間
サイズ(W×H×D) 約77× 約76× 約19.9 (mm)
重量 約100g

商品詳細

SE180 SEM1

  1. hoge画像
    オーディオプレイヤー SE180とは?
    SE180は、SE200で導入されたマルチDACのコンセプトを継承し、発展させたAstell&Kernプレーヤー史上初のDACモジュール交換式を採用したDAPです。
    hoge画像
    SE180のデフォルトモジュールでは「SEM1」が付属します。DACはESS社製ES9038PROがシングル構成で搭載されています。

    同時期に発売された「SEM2」は2022年6月現在では生産が終了しています。搭載されているDACはAKM AK4497EQで、LR独立させたデュアル構成です。

    2021年11月に発売された「SEM3」はESS ES9038Q2M クアッドDAC 構成が採用されています。

    2022年5月に発売された最新モジュール「SEM4」にはAKM DAC AK4493SEQがデュアル構成で採用されており、Astell&Kernのポータブルオーディオプレーヤーでは初となるデジタルオーディオリマスター(DAR)機能を搭載しています。
    hoge画像
    使用レビュー
    hoge画像

    レビュアー はまちゃん
    hoge画像
    「SEM1」すっきりクリア系 モニター的な要素あり
    中央に凝縮した印象で、正統派。くっきりし過ぎて聴き疲れるような印象ではなく、クリアさと聴きやすさのバランスが取れている。

    「SEM2」厚みを感じるローで聴き応えのあるサウンド
    湿度のある温かみとじっくり聴きたい印象。低音の量感も感じられ、バンドサウンドとの相性の良さ、ポップでキャッチーな表情があると思います。

    「SEM3」シャープでクリアなサウンドと空間の広がりも豊かな印象
    解像度や描写の細かさに関してはSEM1に近い感覚で左右の広がりのイメージはSEM2に近い。SEM1のクリアさを保ちつつ、より空間的な演出を楽しみたいお客様にオススメ。特にバランス接続が可能なイヤホン、ヘッドホンをお持ちの方は是非お試しいただきたい。

    「SEM4」高い解像度と厚みのあるサウンドが共存したハイエンドな仕上がり
    リアルタイムアップサンプリング機能も搭載しているので、生楽器はDSD、電子音楽の要素が強い楽曲はPCMが面白い。より、華やかで張りのある強さを持ったサウンドのイメージ。
    レビュアー たにみく
    hoge画像
    「SEM1」全体的に解像度が高く、素直に『綺麗な音』
    全体的に解像度が高く、素直に『綺麗な音』だと感じました。楽器の響きやボーカルに透明感があり、存在を身近に感じます。また、低音の音の輪郭もしっかりしていて、低音から高音までバランスよくクリアに楽しめるサウンドだと思います!

    「SEM2」高音が華やかでパワフル!
    SEM1と比較するとベースやバスドラムの存在感が増して、サウンド全体に元気があり、パワフルな印象に感じます。金管楽器の音やアコースティックギターの音など、高域の響きに特徴のある音も華やかに鳴らしてくれるので、エネルギッシュなサウンドが好きな方におすすめです!

    「SEM3」女性ボーカルに注目!
    SEM1の解像度や迫力はそのままに、音がスッキリとし、印象が柔らかくなりました。感じた特徴としては声、ボーカルの部分です。輪郭がわかりやすく、爽快で、特に女性ボーカルとの相性が良かったと感じました!ボーカルの世界観をより感じたいお客様にはおすすめですね!

    「SEM4」リッチで濃厚な音楽体験!
    サウンド全体に濃厚な印象があり、目が細かくリッチな印象がありました。楽器やボーカル部分の描写力、情報量も多く感じます。また、残響や音の広がりといった空間を感じ取りやすい音でもありました。低音に特化したサウンドでも、中高音域に特化したサウンドでもありません。音楽全体の美味しいところを感じたいという方におすすめです!
    レビュアー バンブー
    hoge画像
    「SEM1」モニターライクで精細な音
    これまでのA&futureシリーズのモデルにも通じるようなスッキリしたタイプのサウンドで、ややドライで大人しい印象を受けます。このままでも十分良い音ですが、各交換モジュールはどれもクオリティが高くそれぞれ個性もあるため、ぜひお試しいただくことをおすすめしたいです。

    「SEM2」艶やかで躍動感のある音
    ボーカルの艶、ピアノの響きなどが特に美しいです。 とはいえ過度な味付けでなく、誇張のない音をベースにほんのり風味をプラスしたちょうどいい塩梅の音です。SEM1よりもう少しリスニングライクな音を求める方におすすめしたいです。

    「SEM3」キレのある元気な音
    輪郭がくっきりした煌びやかなサウンドのため、アップテンポな曲を聴くと非常に爽快感があります。個人的には4つの交換モジュールの中でもっとも個性が際立っていると感じました。他のモジュールを聴いてもっと刺激がほしいと感じた方はぜひこちらをお試しいただきたいです。

    「SEM4」透明感のある綺麗な音
    メリハリがありつつも、歪みが少なくピュアで透き通るサウンドです。
    デジタルオーディオリマスター(DAR)機能をオンにすると、音に広がりが出てふくよかになった印象を受けます。
    個人的には積極的にオンにして使用することをおすすめします。
    「PCM 変換 DAR」は現代的な音源、「DSD 変換 DAR」は生楽器が多く使われた音源に合うと感じました。美しい音色に浸りたい方はぜひこのSEM4をお試しください。

    まとめ
    モジュールの交換で音の違いを楽しむ、拡張性の高いDAPです。数あるポータブルオーディオの中でもかなり「沼」を感じるディープな逸品です。ご試聴される機会があれば是非、モジュールの交換を試してみてください。

比較表


ヒーローイメージ

  1. 交換可能なオールインワンモジュール
    SE180は、SE200で導入されたマルチDACのコンセプトを継承し、発展させたAstell&Kernプレーヤー史上初のDACモジュール交換式を採用しました。ユーザーはモジュールごとに異なるDACとアンプの構成、チューニング、出力を選択しプレミアムな体験が可能になります。SE180デフォルトモジュールの「SEM1」には、プレミアムホームオーディオ機器に採用されてきた8ch DACのESS社製ES9038PROがシングル構成で搭載されています。SEM1では広いダイナミックレンジとシャープなディテールを実現すると共に、PCM最大384kHz/32bit、DSD256のネイティブ再生が可能です。また、SEM1は3.5mm3極アンバランスの他、2.5mm4極と4.4mm5極のバランス接続にも対応します。
    hoge画像
  2. 本体とモジュールの回路分離構造
    本体とオールインワンモジュールを物理的に分離することで、本体から発生する可能性のある電源ノイズやRFノイズを完全に遮断します。ノイズが音楽再生の妨げにならない独立した構造を実現しました。
    hoge画像
  3. モジュールのダブルロックで使いやすさを追求
    SE180は本体とモジュールの固定に、ネジではなくプレーヤーの上部から簡単に取り付けることができ、各部を確実に接続する革新的な「ダブルロック機構」を備えています。1つ目のロック機構で本体とモジュールを取り付け、2つ目のロックで本体とモジュールがしっかりと固定されたことを確認できるようになっています。このダブルロック機構によってオーディオ部分の確実な接続を可能にします。更に外部から衝撃を受けた際の接続不良を防止するため、本体内部にバネで支えられたコネクターを採用し、徹底した強固な接続を可能にしています。また、熟練の設計技術により、各パーツ間には滑らかなラインが描かれ、2つのパーツが混在していることを感じさせないデザインとなっています。
    hoge画像
  4. 究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA」
    Astell&Kernが開発した主要回路を一体化した究極のサウンドソリューション「TERATON ALPHA(テラトン・アルファ)」がモジュールには組み込まれています。TERATON ALPHAは効果的なパワーノイズ除去、効率的な電源管理、歪を最小限まで抑えた増幅などにより、オーディオ出力インターフェースから元の音に近いオーディオ再生を実現します。何万時間もの継続的な研究開発の成果であるAstell&Kernの特許技術が採用されています。
    hoge画像
  5. 次世代Astell&Kernアンプテクノロジー
    SE180はこれまでを超える優れたサウンドを生み出すために、次世代のアンプテクノロジーを採用しました。オペアンプパーツの選定から回路設計、基板レイアウト、チューニングに至るまで一新。この次世代アンプテクノロジーによって、出力を上げながらS/N比を向上させるという課題をクリアし、SE180ではS/N比129dBという驚異的な数値を実現しています。また、ノーマルゲインとハイゲインの切り替えも可能です。
    hoge画像
  6. フルHDディスプレイの採用による画質向上
    SE180では5型フルHDディスプレイを採用。より高画質な表示を実現しました。
    hoge画像
  7. ユーザーエクスペリエンスを高めるアップグレード
    <ナビゲーションバーによる操作性の向上>
    Androidスマートフォンと同等の操作性を実現するために、Astell&Kernプレーヤー初となるナビゲーションバーを搭載。ワンタッチで簡単にナビゲートでき、どの画面からでも音楽再生情報を確認、操作できるようになりました。また、新しいワンスワイプ機能では、スワイプによって前の画面に移動できます。
    hoge画像
  8. ワイヤレスでの転送が楽しめる「AK File Drop」
    新機能「AK File Drop」を搭載。同じネットワーク上にあるPCやスマートフォン、FTPプログラムなどを使用して、ワイヤレスで自由にファイル転送ができます。音楽ファイルの管理をケーブルレス、ワイヤレスで可能にします。
    hoge画像
  9. 「BT Sink」によるワイヤレスHi-Fiサウンド
    SE180はBluetooth5.0を搭載し、SBCやAACの他、aptX HDやLDACコーデックに対応します。更に新機能「BT Sink」を搭載。スマートフォンなどの外部機器からの音楽をBT Sink機能を使用し、BluetoothレシーバーとしてSE180から再生することが可能です。

    ※各対応コーデック
    受信 Mode:SBC / AAC / LDAC
    送信 Mode:SBC / AAC / LDAC / aptX / aptX HD
    hoge画像
  10. 光で確認するリアルタイム情報
    SE180には、再生中の曲の音量やビット深度などの情報を色で表示するLEDボリュームホイールが搭載されています。LEDライトはユーザー設定により点灯、消灯も可能です。
    hoge画像
  11. 便利機能・ナビゲーションバーを新たに搭載
    SE180はAstell&Kernプレーヤー初となるナビゲーションバーを搭載しています。Androidスマホの用にホームボタンが画面上に表示されるタイプになりました。音楽再生情報を確認、操作も行えるのはかなり便利です。また、ナビゲーションバーをスワイプすると前の画面に移動できます。
    hoge画像
  12. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ256GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-Cによる急速充電に対応 ※2021年9月9日訂正:USB3.0→USB2.0、高速データ転送非対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・USBデジタルオーディオ出力機能対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・MQAフォーマット音源の再生に対応
    ・動画/音楽ストリーミングサービス「V-Link(Movie/Music)」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  13. デザインコンセプト
    A&futura SE180は、Astell&Kern初のDACモジュール交換式のプレーヤーであり、A&futuraラインの先駆者精神に基づいて作られています。SE180のデザインは、風が残した痕跡のように、自然で流れるようなラインで名曲に浸ることができることを表現しています。デザインのポイントは、滑らかで伸びやかなシルエットです。連続したシームレスなアウトラインと、ユーザーが得られるほぼ無限の音響設定は、音色の拡張性の無限の可能性を表しています。ボリュームノブはカーブの中央に配置されています。これは、様々な音色が集まって調和し、音だけでなく光を発する様子を象徴しています。これまでのような左側の操作ボタンを廃止し、マルチファンクションボタンを1つ追加することで、片手で操作できる利便性を実現しました。セラミック製リアカバーは、精巧な芸術作品を彷彿とさせます。繊細な美しさの中に、デバイスに捧げられた品質と職人技を感じることができます。2.5mm、3.5mm、4.4mmの各オーディオ出力端子にはゴールドリングを施し、細部に至るまで調和と統一感を持たせています。

製品仕様


■ SE180
内蔵容量 256GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1スロット (SDHC/XC 最大1TB対応)
本体収録可能数 *2 約1,560曲 (FLAC/192KHz/24bit)
約9,880曲 (FLAC/44.1KHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
MQA 再生 Services (Tidal Masters), Local files, External USB, MQA-CD(ripped)
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CDライブラリ
レジューム機能 〇 *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生、シャッフル
リピートモード リピート、1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz/Gain:±5.0/Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
入力端子 USB Type-C (充電・データ転送・USB-DAC)
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit
DSD(DoP): 最大DSD256
USB-DAC機能*3
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
クロックジッター 25ps
リファレンスクロックジッター 800fs
物理キー 機能ボタン(巻き戻し, 再生/一時停止, 早送り), ダイヤルボリューム, タッチセンサー,モジュールリリースボタン
ロック機能 ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
バージョン 5.0
プロファイル *4 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, Qualcomm® aptX™ HD, LDAC
対 応 O S *5 Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
CPU Quad-Core
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー (3,800mAh/3.8V)
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法*6 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約5時間(5V/2A)/ 約3時間(9V/1.67A)
形状 USB Type-C (充電・転送)
接続方式 MTP(メディアデバイス)方式
ディスプレイ ディスプレイ 5.0型TFTカラーLCD(静電容量式タッチスクリーン)
解像度 FHD ( 1920×1080 ドット)
サイズ(W×H×D) 本体:約77× 約129× 約19.9 (mm) , モジュール装着時: 約77 x 約137 x 19.9 (mm)
重量 約280g
■ SEM1
サンプリングレート PCM:8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
DSD:DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD256(11.2MHz/1bit) ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子、2.5mmバランス出力端子 (4極)、4.4mmバランス出力端子 (5極)
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms , バランス4.0Vrms (Gain:Nomal / 負荷無し)
アンバランス3.0Vrms , バランス6.0Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス: 3.5mm:1ohm / バランス 2.5mm:1.5ohm・4.4mm : 1.5ohm
D/Aコンバーター ESS ES9038 PRO (Single DAC )
周波数特性 ±0.04dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.04dB (Condition : 20Hz~20kHz)バランス
±0.07dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.06dB (Condition : 20Hz~70kHz)バランス
S/N比 [ Nomal ] アンバランス : 122dB (@1kHz) / バランス:126dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 125dB (@1kHz) / バランス:129dB (@1kHz)
クロストーク [ Nomal ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-145dB (@1kHz)
[ High ] アンバランス : -138dB (@1kHz) / バランス:-147dB (@1kHz)
THD+N [ Nomal ] アンバランス : 0.0005% (@1kHz) / バランス:0.0004% (@1kHz)
[ High ] アンバランス : 0.0007% (@1kHz) / バランス:0.0006% (@1kHz)
IMD アンバランス 0.0004% 800Hz 10kHz(4:1)/ バランス 0.0004% 800Hz 10kHz (4:1)
再生時間*7 約10.5時間
サイズ(W×H×D) 約77× 約76× 約19.9 (mm)
重量 約100g

満足度

4.5

78人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

ゆったりとしたHi-Fi DAP

使用イヤホン:T20

SE180と同社のマルチDAC DAP、SE200との比較です。SE200のAKMより奥行きがあります。迫力やアタック感、立ち上がりのスピードはSE200 AKM側の方が強いと感じました。

続いてESS側の比較ですが、SE200は細かい音を繊細に鳴らしています。SE180は柔らかく、ゆっくりと鼓膜にぶつかる感じです。

また別シリーズですがSA700と比較すると全体的にマイルドな印象です。元気でシャープなのがSA700、大人な印象で深い音なのがSE180でしょうか。

またSE180は全AKシリーズをと比べて、メロウでゆったりとした音が特徴的です。

DACモジュール交換式とのことですが、このモデルで搭載されている「SEM1」はESS社製のDAC搭載で、非常に空間的な表現が得意なDACです。SE180に搭載されてもその傾向は色濃いので、もし違うモジュールに変更した際は大きく傾向が変わりそうです。

ポータブルの要素を取り入れつつ、据え置きアンプのような奥行きと迫力で個人的には非常に好みな音です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by たっつん   2021/05/25

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

なんでも卒なく優等生DAP!

試聴イヤホン:SavannaC
バランス試聴時ケーブル:CASSINI・MAGELLAN

手に取った感じ少し重量は感じられましたが、体感としてはKANN ALPHAとあまり変わらない印象を受けました。少しずしっと来ますが、手馴染みの良いデザインで、持ちづらさや操作がしにくいという事はあまり感じられませんでした。

音は全体的にしっかりと表現がされていますが、中域に特にフォーカスが当たっているように感じられました。特に気に入った点としては、解像度が高いけれども、ただ高いのではなくしっかりと表現をしてくれている点です。音の芯がしっかりとしているいて、欲しい余韻はしっかりと表現してくれている…。

楽器とボーカルの音はしっかりと分かれて聴き取りやすく、各パートごとを集中して楽しめる音づくりです。ウェット過ぎずドライ過ぎずの絶妙な加減、更には硬さと柔軟さを絶妙に再現してくれる…。
リスニングチューニングのイヤホンだけでなく、モニターチューニングと呼ばれるイヤホンも様々な点から楽しませてくれるDAPだと感じました。

バランスにした際は、音のチューニングが異なる事は無く、アンバランスのまま前後左右が一気に広がり、音の距離感や空気感がより一層感じられる音づくりでした!

音を押し出す力もしっかりとしているので、
様々なイヤホンや色んな楽曲を楽しみたい方にぜひ!お勧めしたいDAPです!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by お嬢   2021/05/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

AKニュージェネレーション!

外観は、SE100やSE200と同系統のデザインで画面サイズもほぼほぼ変わらないものの今回の目玉であるDACモジュール換装機構による影響もあってか厚みが増しています。

デザイン面で個人的に驚いたポイントは本体側面の物理ボタンです。再生停止と曲送り・曲戻しが兼用となったひし形のボタンが非常に便利に感じました。また表面からも飛び出ていないので誤動作の心配もないので、より直感的な操作が可能となっています。

使いやすさとデザイン性の両立がなされているのはさすがAKといった感じです。

さて気になるのは音質です。試聴環境としては、「イコライザー」はOff、DACフィルターもデフォルトで設定されている「Minimum Phase Fast Roll-Off」で比較試聴してみました。

第一印象としては、無駄なことは一切しない正確無比な究極のモニターサウンドという印象を受けました。細かく聴いて行くと全体的にスッキリとした音です。歯切れのよい音で無駄な音が不必要に残らないのでそのように感じるのでしょう。

音の傾向としては、ウォーミーなんですがドライな音です。特にボーカルはドライで少しざらつくようなカラっとした音に聴こえますが、そのお陰か弦楽器による弦の余韻が非常に上手く表現されています。音の出だしからその音が消えていくその瞬間まで目で追えるような細かい描写力です。それ故に音源の良し悪しが浮き彫りになるので、音数の多い打ち込み系の楽曲よりも音数が少ない生演奏による楽器の音との相性が良いと感じました。

このDACモジュールでの音は正にSE100の正統後継といった感じを想像していただくと分かりやすいと思います。さらにそこに生っぽい空気感と立体的なサウンドステージの形成が可能になっていますのでより表現力が上がっています。

DACモジュールが変えられるのでユーザーの好みやジャンルによる相性、お使いのイヤホン・ヘッドホンとの相性で使い分けができます。
様々な場面で最適化された理想的なオーディオライフを楽しめるDAPとなっています。
また、これからの拡張性にも期待ができるのでぜひお試しください。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ベスト   2021/05/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

ソリッドサウンド

視聴環境はShureのse846やkse1200等です。

AK100Ⅱからのステップアップを検討していたところ、SEM1でのソリッドなサウンドに惹かれ購入しました。
私の視聴環境ではどのジャンルの音楽も素直に鳴らしてくれるので、純粋に音楽を楽しむことが出来、大変気に入っています。

満点評価ではないのは、モジュールがSEM4以降出ていないからです。長く使いたい身からすると、発売数年で新しいモジュールが出なくなるのは寂しいですね。

続きを読む

あさま さん (2023/11/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

新しさを取り入れた意欲作

モジュール交換式というのはおもしろいし、音の透明感や奥行、解像度が非常に高かったです。操作性も良く、非常に使いやすくなりました。

続きを読む

タカしん さん (2023/10/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

試聴レビュー

SEM1でしか聞いてませんが癖がなくクリアな音質で良かったです。

続きを読む

コンソン さん (2023/06/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

どんなイヤホンにも合わせられる万能型

このDAPの特徴はやはりモジュール換装をすることでイヤホンとの相性問題が発生しなくなる(逆にいえばイヤホンの長所を伸ばすこともできる)点です。
解像度重視の硬い音から、美音重視の柔らかいものまで守備範囲が広いので、イヤホンをたくさん持っている方はかなり楽しめるんじゃないでしょうか。
ここからは使いづらかった部分の話になりますが、
まず1つ
サイドのマルチファンクションボタンが使いにくい。人にもよると思いますが、私にはこの操作系は合いませんでした。
2つめ
ストリーミング系アプリの動作が遅い。AKの場合一応androidベースですが、カスタマイズされているので全てのアプリが入るわけではありません。
一応Apple Musicやamazon prime musicを使うことはできるものの、動作がもっさりしすぎててかなりストレスがたまります。
ストリーミング系サービスを多用している方は注意が必要だと思います。

続きを読む

スーパーネビル さん (2023/06/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

機能性について

音質等は他の方が沢山レビューされているので、機能性について簡単にレビューします。

操作性について
OSは選曲や設定などの操作が直感的で分かりやすいです。また、新たに追加されたナビゲーションバーも便利でした。確かにスマホなどに比べれば動作はモッサリとしていますが、Astell&Kernの過去DAPと比べると格段にサクサク操作できます。
ですが、マルチファンクションボタンについては押下のタイミングが割とシビアで使いにくいです。

DACモジュールの交換について
個体差もあると思いますが、特別固くて抜けないということはなく、サイドロックを解除してスコッと引抜けました。

その他の便利な機能について
本機またはPCやスマホなどからネットワークを介して無線でファイルの転送が出来るFileDropやDLNAを使ったAKconnectなどネットワーク関連も便利で使いやすいのですが、私が一番便利だと思ったのがReplayGainでした。私は色んなジャンルの曲を聴くので、気に入った曲をプレイリストに追加していくと音量が一定せず、頻繁にボリューム調整をしていたのですが、この機能のおかげで、そのストレスが一気に減りました。

総じて、デザインも機能も音質も、買って良かったと思うDAPでした。

続きを読む

pomzu さん (2023/06/18)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高い解像度とクリアな音質だと思います

ガジェット好きとしては交換式の1文で目を惹かれましたが、着脱は固すぎて少し苦労しました。e☆イヤホンの紹介動画ではスムーズに交換していたのでこなれてくると交換し易くなるのだと思います。
UIの動作はスマホ等に比べるともっさりとしていますが許容範囲です。
筐体は重く、がっしりしていて存在感があります、イヤホン等も合わさると持ち運びには場所を取るかもしれません。
主にSEM4を使用していますが、全体的にフラットな低・中・高音で高い解像度とクリアな音質に満足しています。パワーも充分にあるので手持ちのイヤホン・ヘッドホンを単体で鳴らしてくれます。

続きを読む

こまいぬ さん (2023/05/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1