• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

19の商品が見つかりました。  1-19件を表示

Astell&Kern

A&futura SE180 SEM1 Moon Silver 【~11/30まで!買い替えで最大15,000円OFF!】

総合満足度

4.5

n6iiと似たコンセプトのdap

n6iiのようにdacごと基盤を交換できるdapですね。
n6iiは所持していますがこのdapとの差はあまり感じませでした。
こちらのほうが2.5mmと4.4mmを搭載しているという点では有利ですがAndroidではないため拡張性に欠けます。

この辺は好みになってくるかと思いますが問題は交換用基盤です。
正直現在時点ではR2Rまであるn6iiのほうが優秀でしょう。
R2Rとは行かなくともak4499やnutube等を搭載したものを出せばかなり優位性が生まれるかと思います。
魅力的な基盤が出てきたら再度比較したいです。

snow さん

(2021/10/21)

満足度

4.0

color:規格なし

モジュール交換が面白い

1台に2つのDACを詰め込んだSE200から発展してモジュール交換でサウンドの変化をつけようというコンセプトのプレイヤー。
SEM1はESSのDACで見通しの良い硬質なサウンド、モジュール交換のSEM2は旭化成DACで芳醇な臨場感溢れるサウンドと変化に富んでいます。
サウンド傾向が違うので、初めからSEM2がセットされているSE180が販売されても良い気がします。
ボタン一つで切り替えできていたSE200に対してモジュール交換の手間があるので、即座には切り替えできないというデメリットはありますが、今後モジュールの種類が増えていけば、さらに楽しめるプレイヤーになると思います。

ドンポセイドン さん

(2021/10/20)

満足度

4.0

color:規格なし

DACモジュール交換式最高!

環境:final A8000 4.4mmバランス
   EMPIRE EARS Legend X 4.4mmバランス

まずこのDAPの特徴としてはDACモジュール交換式です。
色々な音を気分によって変えられるので、このDACモジュール交換式は大変ありがたいです。
ただし、正直固すぎて中々とれないので、ケガをしないように注意が必要です。

音としては、特に中音域にフォーカスが当てられていると思いますが、高音域は音割れせずに柔らかく音を届けてくれるし、低音域は迫力がすごくある訳ではないが、解像度が高く程良く響いてくれる音です。
低音好きの方は「Legend X」のようなイヤホンで聞くと、少し低音よりにはなりますが、まだ足りない方にはSEM2を視聴することをお勧めします。こちらはSEM1よりリスニングよりになっており、音の響きや分離感を感じることができると思います。
両者の特徴としては以下になります。
SEM1:モニタリング(解像度、スピード感、全音域が埋もれない)
SEM2:リスニング(音場感(音の響きが良くなります)、分離感、SEM1よりは若干元気な音)

eイヤブログ(2021年10月15日)でSEM3の速報が出てきて、かなりソワソワしております。
もっと多くの種類のDACモジュールが出てくれることを期待しております。

ギガ さん

(2021/10/20)

満足度

5.0

color:規格なし

今後のモジュールに期待

試聴をしてクリアで気持ちのいい音がしました ただモジュールの交換ができるものにしては今は2つしかモジュールがないので今後どんなものが出てくるか楽しみです
悩んでいる人は少し待つのもありかもしれません

アブー さん

(2021/10/19)

満足度

4.5

color:規格なし

sem2とのセットが最高!

こちらでsem2と合わせて購入させていただきました。
sem2ばかり使用しており、sem1はあまり使用しておりません。
sem2は、sem1と比較してとても滑らかで聴き疲れが少なく濃厚な音でBAドライバーのイヤホンと相性が良いと感じました。
特にempire ears製品との相性がとても良いと思いました。
試聴する際はsem2も試してみてください!

せせり さん

(2021/10/19)

1

満足度

5.0

color:規格なし

男心鷲掴み

モジュールを脱着するあの感じがたまらんですね
イヤホンのリケーブルとか、そんなものでも私は興奮しますが、これはやばいです
しかもそれで音変わるとか…神ですか!?
こんなん毎日交換したくなるぞ…
正直音は保証されているので、これから購入される方は、見た目で決めてもいいかもしれません

おでん さん

(2021/10/18)

満足度

5.0

color:規格なし

音楽を無限に楽しめる優等生DAP

コロナの状況でなかなか足を運べていませんでしたが、先日1年半ぶりに秋葉原店へ行ってきました!
そして、いつかAKの上位機種を手に入れたいと思っていたので、特に気になっていたSE180を試聴してきました。
なお、このレビューは自分が5年ほど愛用しているAK70と比較しています。
主に聴くジャンルは洋楽(ポップス、オルタナティブ、ロック)とK-POP。
試聴した時のSE180のイコライザーはOFF。音源は24bit/44.1kHz。


【第一印象】
まずデザインがシンプルでカッコいいなと思いました。
筐体の所々に曲線を組み込んだ、AKならではのこだわりのデザインに感服しました。
サイドのボタンは複数ではなく1つに集約されており、操作も簡単にできました。
また、普段使ってるAK70が小ぶりで軽いのに馴れてるせいか、手に持った瞬間思っていたよりずしっとした重みを感じました。


以下は、音質についてのレビューです!


【使用環境1】
UMPro30 Redesign Model (純正3.5mmケーブル) [使用歴: 2年弱]

まず普段使いしてるUM Pro30で試聴。

・音源: Drake - Talk Up (feat. Jay-Z)
まず聴いた瞬間に印象的だったのが、低域の心地良さ。
AK70では表現しづらかったベースラインを丁寧に表現できており、それに加えて定位感も良く、めっちゃ曲にノリやすかったです。

・音源: Eagles - Life in the Fast Lane
先ほど述べた低域の表現力に加え、肉々しいボーカル、耳に刺さらないギリギリのハイハットが相まって、音場がとても広く、臨場感溢れるサウンドを楽しめました。
DAPをAK70からSE180に変えただけでこんなに音質が変わったのは、おそらくSE180がUM Pro30の持ち味をより引き立ててくれたからだろうと思います。


【使用環境2】
ER4SR (純正2.5mmバランスケーブル) [使用歴: 3年半]

次にリファレンスモニター用として使っているER4SRでも試聴。

・音源: TWICE - Feel Special
ER4SRのポテンシャルが高いことや、バランス接続で聴いてることもありますが、中高域の細かい音をよりはっきりと聞き分けることができました。
以前使っていたER4Sを初めて聴いた時の「こんな音があったんだ!」という感動を思い出させてくれました。
だからといって低域の量感が疎かになるわけではなく、丁度良い塩梅に引き締まっており、UM Pro30とは異なる聴き心地の良さがありました。


【その他】
音質以外に気になっていたのがBT Sink。
自分のスマートフォンからApple Musicを開いて聴くことができ、接続状況・操作性共にバッチリでした!


【まとめ】
SE180を試聴して、SE180が持つ音の表現力に圧倒されたと同時に、「これぞ正確無比」なサウンドを楽しむことができました。
またBT Sinkだけでなく、4.4mmバランスジャック、モジュールの交換、Bluetooth5.0へのバージョンアップやAK CONNECTなど他にも様々なオプションがあり、以前と比べて音楽の楽しみ方が広がったなと実感できました!

Jun さん

(2021/10/18)

満足度

5.0

color:規格なし

感じられる重さが逆にいい音が出そうで良い

持った感じ重量感はあります(今時のスマホやDAPが軽いこともあり)
しかしこの重さがオーディオ機器感があって私は好きです。
モジュール交換でカスタムはできますがモジュールもなかなか高いのでコストパフォーマンスで言えば良くないです。
音はUERRで確認した限りですが解像度が高く、ボーカルの表現が特に良いです。

骨折 さん

(2021/10/18)

満足度

4.0

color:規格なし

いろいろ楽しそう

店頭で試聴しましたが、DACが変えられるのは面白いですね。
いろんな種類のDACを採用してもらいたいですね。
R-2RのDACとかAK自社開発でやってほしい。
本体はちょっと厚みがあって大きく感じました。
ノーマル機を聴いた感想は、SNが素晴らしい。
音質はモニターよりかなと感じました。
DACが変わると印象変わるのかなと。

ni-yan さん

(2021/10/18)

満足度

3.5

color:規格なし

素敵マシン だけど人は選ぶ

DACモジュール交換で音を変えられる楽しみは、刺さる人には刺さる素敵ポイント。実際SEM2も同時に試聴させてもらいましたが、個人的にはクールでグッドでファンタスティックだと感じます。

ミソ知る大臣 さん

(2021/10/17)

満足度

4.5

color:規格なし

静けさ

まずノイズの無さに驚き。
非常にSNが良く、バックグラウンドは無音です。何も無いところから音が湧き上がってきます。音の引きも早いので、スッキリとした感じです。
SEM1は中高音が気持ちよく伸びていきます。個人的にはFW10000で聴くESSのクッキリスッキリな高音が好きです。
SEM2の方は全域フラットに出ていて、モニター的にも聞こえます。
重量が重いのとケースに入れた時のボタン操作がしづらい点を除けば、音質は大満足です。

普通のおじさん さん

(2021/10/17)

満足度

5.0

color:規格なし

怪人二十面相

小型でスマート、とは言い難いですが、洗練されたデザインはカッコイイですね。

中身を変えて音の変化を楽しむ。とても遊び心をくすぐるコンセプトです。ワクワクします。
1つで2度も3度も楽しめるのは高価なAstell&Kern商品の弱点を上手く補ってるともとれますが、複数の機種を持つのもまた趣味だからこその楽しみなので、悩ましいものです。

音に関して、3つめが出ましたがまだ聞けてないので、2つの違いについてです。

視聴イヤホン
「XELENTO REMOTE」
「S8」

Astell&Kernの音を聞いたことがある方であればイメージ出来ると思います。
とてもシャープでスッキリした、かつ音の情報を逃がさない正確な音色。音に個性を出す前に、まずは正確に音を鳴らせるか、この点を重視したモニターサウンドを追求しているなと言った印象です。

「XELENTO REMOTE」
低音がよりタイトに、主張の強さを残しながら聴きやすく相性はとても良いです。
高音はよく伸びるが「S8」程の伸びは感じない。ボーカルより楽器にフォーカスを当てた曲がよく合うと思いました。
音の広がりや空間といったものは弱く、平面的ではあります。空間表現はAstell&Kernの苦手とする所なのでしょうか。

「S8」
楽器の躍動感が増し、立ち上がりからトップの音は聴いて楽しいです。スッキリした音色の為いつまでも主張し続けることは無く、スッと消えてくれます。
「S8」は空間表現が得意なのですが、そこの変化は特に感じません。

文章としてまとめてみても、やはり聴きやすいモニターライクな音だと感じますね。


そしてタイトルの「怪人二十面相」と表現した所以が2つ目

すぐに終わる作業でもカチャカチャと中身をいじるのは、童心に返ったかのようなワクワクがあります。

音色は違いをハッキリさせる為でしょうか、柔らかく暖かいリスニングライクな音です。
真逆と言えるでしょうね。
ですが正確無比な音は健在で、音の芯と言うべきか、Astell&Kernの音は失われません。

「XELENTO REMOTE」
タイトな低音残したまま、柔らかな表現を体現しています。例えるならアスリートの強靭かつ柔軟な肉体でしょうか、しなやかで優美だが、決してブレない芯がある音です。
1つ目に比べれば若干ボヤけたような印象を受けますが、空間表現が良くなっています。

1つ目が壁の無い草原での音楽鑑賞なら、こちらは限られた小さな部屋だが、音に包まれるような心地良い音楽です。
近くでの生々しい演奏は、より人間味感じる事が出来ました。ボーカルを中心に聴くことが多い人にとってはこちらの方が好みだと思います。

「S8」
楽器の躍動感は劣るものの、空間の表現はより広がり音楽の生々しさはより強く、より心地よくなっていますね。
特にボーカルは耳の近くで鳴っている感覚でゾクゾクします。楽器は1歩引いて、主人公が明確に照らし出される音楽は難しいこと抜きにして、世界観に引きずり込まれるようです。


コンセプトに見合った技術力、そしてデザインは最近のAstell&Kernの成熟が見て取れますね。
特に最近発売された新作は、今までの物の集大成とも取れる名機なのでしょうが、まだ聴けていないのが残念でなりません。

みみみ さん

(2021/10/17)

満足度

4.0

color:規格なし

初回購入時のモジュール選択について

SEM3の発表もありましたが、デフォルトでSEM1を必ず購入しなければならず、出来れば初回購入段階でモジュールを選択可能にしてもらえたら…と思います。音はいいだけに、その部分が少し残念です。あと本体はかなり重いですね。

みらん さん

(2021/10/16)

満足度

4.0

color:規格なし

コスパは悪い

音質に飽きたらモジュールを交換出来るので、長く使える製品ではありますが、モジュールも安くないですし、これなら他のdapを買う方がいい気がする。

メシア さん

(2021/10/16)

満足度

4.0

color:規格なし

完璧

少し本体が大きく重いですが、動作は安定してて音が良いです。電源を付けたらデータベースの更新が入りますが更新中も音楽再生はできます。音に飽きたらモジュールを変えて味付けを変えられます。有料ですが。素晴らしい製品。

天玉うどん さん

(2021/10/16)

満足度

5.0

color:規格なし

今後のモジュールに期待!SEM2を聴いてみて!

SE180を試聴時に店員さんのご好意でSEM2と併せて聴いてきました。

標準搭載のSEM1は少し腰な音で見通しがよくていい音ではありますが、SEM2を聴くと自分の好みもありますが、そっちから戻ってこれなくなるぐらい自分はとても良かったです。

自分が買うなら絶対にSEM2とセット買いたいし、買うなら出費がかなり増えてもSEM2とセットで買うことをオススメします。
その合わせた値段でも自分は他の同価格帯のDAPより好みでしたし、素直に良いなと感じました。

SEM1が標準ならSEM2は空間や定位やS/N比等の緻密さをさらに向上させリファレンス向きなモジュールのように自分は感じまして、とても完成度が高くビックリしました。

SEM2の完成度を見ると今後のモジュールも期待できますしその時にそのモジュールが出た時はそのモジュールで聴いて欲しいです。
また、現段階ではSE180を試聴する際は是非SEM2も併せて試聴するのを強くオススメします。
店員さんに声を掛けるのは躊躇いがちになりますが、是非モジュール変えてなど比較して聴いてみて欲しいです。

ひろしげ さん

(2021/09/30)

2

満足度

4.0

color:規格なし

利便性と音質の両立

様々な音源をpc管理していましたが、このDAPの中でうまく整理されて便利です。 音質についても満足しています。誇張されることなく、細かな部分が聴きとれます。 曲全体のバランスを壊すことなく、空間をそのまま再現しているかのような感覚はとても気持ちが良いです。弦楽器を弾く瞬間や、歌い手の唇が開く瞬間の細かな部分までがはっきりと聴きとれます。大スピーカーで同じ感覚を得るには、数千万円の機器が必要でしょう。今、手に入れておいて良かったと思っています。

にこちゃん さん

(2021/09/28)

満足度

5.0

color:規格なし

正直な感想

SE180でSEM1モジュール。
正直な感想がこれで19万かぁ〜って思ってしまいました。自分が過大評価しすぎていたのかもしれませんが、、、DACチップを、変えられるので長く使えるし飽きもきにくいと思います。ただ、SEM1だけの状態では、SE200の方が欲しいなぁって思いました。ただ、他のモジュールもある上に別に悪いというわけではなく良い音です。

RUKO さん

(2021/09/27)

満足度

3.5

color:規格なし

SE100とSP1000Mの融合(モジュール別)

購入してまず驚いたのが、思っていたものよりもめっちゃ重い。KANN ALPHAよりかるいものをと思っていたのだが、感覚的には変わらず。ただ、音が段違いにいい。デフォルトのSEM1では、究極のモニターサウンドが、別売りのSEM2では、音を楽しめるリスニングサウンドが聴ける。これは飽きないし、その日の気分で付け替えれるので遊び心をくすぐる一品です。しかしながら、欠点としてはモジュール交換の際、モジュールのロックが固いのが、あげられる。BTレシーバー機能もやっと搭載されたという個人的には待ってましたの世界なので満足している。今後も新しいモジュールが発売されるらしいので将来性があって楽しみである。これは買っても後悔しないと思う(個人的には)。

うにうに令和 さん

(2021/07/17)

3

満足度

5.0

color:規格なし