• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SHANLING

M3X

  • 新品

¥37,950 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6972835390325

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥20,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

その全てが、理想的───

M3X

ヒーローイメージ
  1. 手に収まる最適なサイズ
    4.2inch 720Pの美麗なディスプレイ
    長さ比率3:2の割合でデザインされたM3Xの本体は、手に取りやすく操作性に優れています。また搭載されているSHARP製の4.2inch 高解像度スクリーンは、あなたのお気に入りアルバム・アートワークを美しく表示してくれます。
    hoge画像
  2. 高性能・低消費電力
    ES9219CデュアルDAC
    心臓部にESS社製の最新鋭DACチップ「ES9219C」を二つ採用することにより、高い音響特性や低消費電力化によるバッテリーライフの向上、MQAファイルのフル・デコードを実現しました。
    hoge画像
    AVX社製コンデンサ
    音響回路にAVX社製のタンタルコンデンサを採用しています。このコンポーネントは大容量で安定性が高く、力強い低域の再現を可能とします。
    hoge画像
  3. 第三世代FPGAテクノロジー+KDS社製低位相雑音水晶発振器
    ハイクラスなモデルで採用するFPGAテクノロジーがM3Xにも採用されています。FPGAはShanlingが知的財産権を保有する独自の適応クロックサンプリングアルゴリズムの実行と、日本のKDS社製「低位相雑音水晶発振器」二基(45.1584MHz / 49.152MHz)から受け取ったクロック信号の正確な受け渡しを行います。
    hoge画像
  4. ニーズに合わせた“スーパー・ロングバッテリーライフ”
    最大 23 時間の連続再生が可能(シングル DAC 動作時)
    デュアルDAC動作:最大20時間 バランス動作:最大19時間 Bluetooth送信:最大46時間
  5. あなたのMQAライブラリを持ち出しましょう
    M3Xが搭載するDACチップ「ES9219C」は、MQAファイルのハードウェア的なフル・デコードに対応しています。内部ストレージや MicroSDカードに保存されているファイルだけでなく、ストリーミング再生やUSB-DACとしての利用時でもスタジオで録音されたままの『マスタークオリティ』なリスニング体験が可能となります。
  6. 手のひらの上に、広がる可能性
    Android OS + Snapdragon430
    Android OSを採用しているM3XはShanlingが提供する音楽再生アプリだけではなく、アプリストアに並ぶ多種多様なアプリを自由にインストールして楽しむことが可能です。M3Xの可能性はあなた次第でどこまでも広がります。
    *サードパーティ製アプリケーションの動作は製品保証の対象外となります。
  7. シングルエンド+バランス
    力強いヘッドホン出力
    M3Xには[3.5mmシングルエンド出力端子]と[4.4㎜バランス出力端子]の2つの音声出力端子が備えられています。ハイゲインでバランス出力を使用したときの出力レベルは240mW(32Ω負荷時)に達し、抵抗の大きいヘッドホンであっても容易に音量を取ることが可能です。
    hoge画像
  8. 有線・無線を問わず、Hi-Fiなリスニング体験を
    M3XはBluetoothデバイスから受信した音楽ファイルを再生する『Bluetoothレシーバー』として、また本体や接続したデバイス内の音楽ファイルを高品質なBluetoothコーデックで送信する『Bluetoothトランスポーター』として、インタラクティブにワイヤレス・オーディオ体験を楽しむことができます。またPCとの接続時には、本機をUSB-DACとして利用することも可能です。

製品仕様


■ ボディ
本体サイズ 109*15.9*72 mm
重量 168g
■ スペック
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430
DAC チップ ES9219C x2
デジタルフィルター 2 つの異なるフィルターから選択可能
液晶 4.2 inch 1280*768 IPS HD screen
対応形式 最大 384 kHz/32bit までの PCM
最大 11.2MHz までの DSD ネイティブ再生
対応フォーマット DSF / DFF / ISO / DXD / APE / FLAC / WAV / AIFF / AIF / DTS / MP3 / WMA / AAC / OGG / ALAC / MP2 / M4A / AC3 / M3U / M3U8 / OPUS / ISO
ゲイン設定 2段階 (Low/High)
出力系統 3.5mmシングルエンド出力、4.4mmバランス出力
Bluetooth バージョン 4.2
送信可能コーデック LDAC / LHDC / aptX HD / aptX / SBC
受信可能コーデック LDAC / SBC
RAM 2GB
内臓ストレージ 32GB ROM
拡張スロット MicroSD Card×1 (最大2TBまで対応)
バッテリー容量 3200mAh
最大バッテリー稼働時間 23時間(シングルエンド/シングルDAC)
20時間(シングルエンド/デュアルDAC)
19時間(バランス)
46時間(Bluetooth)
付属品 USBケーブル:1本
保護フィルム:2枚
クイックスタートガイド:1枚
製品保証書:1枚
■ シングルエンド出力
最大出力レベル 80mW @32Ω (シングル DAC 動作時)
101mW @32Ω (デュアル DAC 動作時)
周波数特性 20Hz~40kHz (0.5dB)
クロストーク 75 dB @32Ω
S/N 比 121 dB
ノイズフロア >114dB (1.8µV)
■ バランス出力
最大出力レベル 240mW @32Ω
周波数特性 20Hz~40kHz (0.5dB)
クロストーク 115 dB @32Ω
S/N 比 121 dB
ノイズフロア >112dB (2.4µV)

商品詳細

その全てが、理想的───

M3X

ヒーローイメージ
  1. 手に収まる最適なサイズ
    4.2inch 720Pの美麗なディスプレイ
    長さ比率3:2の割合でデザインされたM3Xの本体は、手に取りやすく操作性に優れています。また搭載されているSHARP製の4.2inch 高解像度スクリーンは、あなたのお気に入りアルバム・アートワークを美しく表示してくれます。
    hoge画像
  2. 高性能・低消費電力
    ES9219CデュアルDAC
    心臓部にESS社製の最新鋭DACチップ「ES9219C」を二つ採用することにより、高い音響特性や低消費電力化によるバッテリーライフの向上、MQAファイルのフル・デコードを実現しました。
    hoge画像
    AVX社製コンデンサ
    音響回路にAVX社製のタンタルコンデンサを採用しています。このコンポーネントは大容量で安定性が高く、力強い低域の再現を可能とします。
    hoge画像
  3. 第三世代FPGAテクノロジー+KDS社製低位相雑音水晶発振器
    ハイクラスなモデルで採用するFPGAテクノロジーがM3Xにも採用されています。FPGAはShanlingが知的財産権を保有する独自の適応クロックサンプリングアルゴリズムの実行と、日本のKDS社製「低位相雑音水晶発振器」二基(45.1584MHz / 49.152MHz)から受け取ったクロック信号の正確な受け渡しを行います。
    hoge画像
  4. ニーズに合わせた“スーパー・ロングバッテリーライフ”
    最大 23 時間の連続再生が可能(シングル DAC 動作時)
    デュアルDAC動作:最大20時間 バランス動作:最大19時間 Bluetooth送信:最大46時間
  5. あなたのMQAライブラリを持ち出しましょう
    M3Xが搭載するDACチップ「ES9219C」は、MQAファイルのハードウェア的なフル・デコードに対応しています。内部ストレージや MicroSDカードに保存されているファイルだけでなく、ストリーミング再生やUSB-DACとしての利用時でもスタジオで録音されたままの『マスタークオリティ』なリスニング体験が可能となります。
  6. 手のひらの上に、広がる可能性
    Android OS + Snapdragon430
    Android OSを採用しているM3XはShanlingが提供する音楽再生アプリだけではなく、アプリストアに並ぶ多種多様なアプリを自由にインストールして楽しむことが可能です。M3Xの可能性はあなた次第でどこまでも広がります。
    *サードパーティ製アプリケーションの動作は製品保証の対象外となります。
  7. シングルエンド+バランス
    力強いヘッドホン出力
    M3Xには[3.5mmシングルエンド出力端子]と[4.4㎜バランス出力端子]の2つの音声出力端子が備えられています。ハイゲインでバランス出力を使用したときの出力レベルは240mW(32Ω負荷時)に達し、抵抗の大きいヘッドホンであっても容易に音量を取ることが可能です。
    hoge画像
  8. 有線・無線を問わず、Hi-Fiなリスニング体験を
    M3XはBluetoothデバイスから受信した音楽ファイルを再生する『Bluetoothレシーバー』として、また本体や接続したデバイス内の音楽ファイルを高品質なBluetoothコーデックで送信する『Bluetoothトランスポーター』として、インタラクティブにワイヤレス・オーディオ体験を楽しむことができます。またPCとの接続時には、本機をUSB-DACとして利用することも可能です。

製品仕様


■ ボディ
本体サイズ 109*15.9*72 mm
重量 168g
■ スペック
OS Android 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430
DAC チップ ES9219C x2
デジタルフィルター 2 つの異なるフィルターから選択可能
液晶 4.2 inch 1280*768 IPS HD screen
対応形式 最大 384 kHz/32bit までの PCM
最大 11.2MHz までの DSD ネイティブ再生
対応フォーマット DSF / DFF / ISO / DXD / APE / FLAC / WAV / AIFF / AIF / DTS / MP3 / WMA / AAC / OGG / ALAC / MP2 / M4A / AC3 / M3U / M3U8 / OPUS / ISO
ゲイン設定 2段階 (Low/High)
出力系統 3.5mmシングルエンド出力、4.4mmバランス出力
Bluetooth バージョン 4.2
送信可能コーデック LDAC / LHDC / aptX HD / aptX / SBC
受信可能コーデック LDAC / SBC
RAM 2GB
内臓ストレージ 32GB ROM
拡張スロット MicroSD Card×1 (最大2TBまで対応)
バッテリー容量 3200mAh
最大バッテリー稼働時間 23時間(シングルエンド/シングルDAC)
20時間(シングルエンド/デュアルDAC)
19時間(バランス)
46時間(Bluetooth)
付属品 USBケーブル:1本
保護フィルム:2枚
クイックスタートガイド:1枚
製品保証書:1枚
■ シングルエンド出力
最大出力レベル 80mW @32Ω (シングル DAC 動作時)
101mW @32Ω (デュアル DAC 動作時)
周波数特性 20Hz~40kHz (0.5dB)
クロストーク 75 dB @32Ω
S/N 比 121 dB
ノイズフロア >114dB (1.8µV)
■ バランス出力
最大出力レベル 240mW @32Ω
周波数特性 20Hz~40kHz (0.5dB)
クロストーク 115 dB @32Ω
S/N 比 121 dB
ノイズフロア >112dB (2.4µV)

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.0

11人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

みずみずしさでうるっときちゃう

【試聴環境】
・Artio CU1 (4.4mm試聴時は変換プラグを使用)


M3Xは硬派でどこかDCコミックぽさのあるデザインのDAPですが、「みずみずしい」やさしさが広がる素敵な音を奏でてくれます。

高音は粒が柔らかく、音が響いていって消えるときの輪郭がぼわっと広がります。刺さらず、するっと滑らかな質感なのでシンバルの多い楽曲でもゆったりとした感覚で楽しむことができます。

低音は喉奥ですこし響くような、じわっと濡れたようなほどよい厚みがあり、中・高域の華やかさをサポートしてくれるような頼もしさがあります。

中音域は耳に語りかけてくるような距離感で、少し気だるげで脆そうな雰囲気にぴったりな味わい深い音を堪能することができます。

繊細な女性ボーカルやピアノをメインにした楽曲はとても幻想的に聴こえるのでおすすめです。

Androidベースなのでアプリを簡単にインストールでき、※ストリーミングサービスを利用することができます。
※アプリや本体のバージョンや相性によって正常に動作しない場合もあります。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by エリーナ   2021/09/17

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

対応力のあり懐が広いのにこの価格……!

試聴環境:AAW AXH
試聴楽曲:billie eilish / bad guy
    :ALI / LOST IN PARADISE
    :女王蜂 / 火炎


ギリギリポケットに入れたくなるようなサイズ感で、手馴染みも良く持ちやすいです。

サウンドとして特徴的なのはステレオで左右に振られている音の高域、特にリードギターやハイハットなどの音がとてもよく響き心地よいです。こう書くと「刺さるのかな?」と思われるかもしれませんが、そういう響き方ではなくとてもマイルドながら定位がよく、悪目立ちしない程度によく聴こえる絶妙なサウンドに感じました。
音量バランス的には高域が強いわけではないのですが、おそらく定位感の良さがこう感じさせていて左右に振られた音の響きの良さに気付かせてくれたのかなと思います。

また、シングルDACモードとデュアルDACモードでだいぶ印象が変わり、楽曲やイヤホンによって使い分けられる1台で2度おいしいDAPです。
シングルDACモードではまとまりがあり、塊で飛んでくるような厚みのある音で、ロックやPOPS、EDMなんかに合うと思います。デュアルDACモードだと音場がグッっと広がり空間表現が豊かになります。クラシックなど落ち着いたサウンドにあうとかんじました。

いろんな楽曲やいろんなイヤホンをたくさん聴きたい方にもおすすめできる対応力のあるDAPです。これからどんなイヤホンやヘッドホンを買うか迷われている方にもおすすめできますので初めての高級な専用DAPに是非

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ケイティ   2021/05/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

スマートフォン以外で音楽を聴いてみませんか?

音質は低音域を量感たっぷりに鳴らして、スカッとすっきりした歯切れの良い鳴らし方なので、例えばアルバム1枚聴いてる最中の音圧による聴き疲れも起こりにくいのではないかと思います。

低音域が魅力的な分、ポップス、ヒップホップの相性が良く、特にボーカルを含む曲はボーカルが近く、演奏に奥行きが感じられます。クラシックやジャズを聴くには、管楽器やドラムのシンバル、ハイハットにもう少し高音域の抜け感が欲しいところ。

動作に関しては、スマートフォンほどヌルヌル動く操作性ではないですが、カクカクして動作する事も無い印象です。

4.4mmバランス接続搭載機のポータブルプレイヤーで非常にコストパフォーマンスの高さを感じます。
駆動時間も最大23時間とポータブルプレーヤーの中では比較的長めなところも魅力なプレイヤーです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by むーさん   2021/05/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

DAPのインフレが終わった?

DAPで某社から出ているものでは、ウン十万円という「音楽関係者でも買わんてー」というものがある中、M3Xはカバーを含めても約4万円で購入でき、かなりCP高いです。

M3Xは、少し低域が盛り上がり気味です。SE535LTDの低音が少し聴き取りやすくなる程度ですが。

しかし、M3Xのコンパクトさを鑑みると、外という「低音が少なくならざるを得ない状況」では、M3Xは相対的にフラットな音を鳴らしてくれます。

つまり、外で良く音楽を聴く人にとってはフラットなDAPとしてオススメできるということです。

ボワついている訳でもないので、そこまで気にする必要はないと思います。
店頭での視聴では、恐らくフラットに感じるかと思います。

XDP-300Rも持っていますが、技術の進歩を感じます。XDP-300Rの方が低域の盛り方が自然に感じる程度ですが、M3Xのバッテリーの持ち方には驚きです。
甲乙つけがたいですが、M3Xに少し軍杯が上がるかなという感じです。


ここからは一音大卒としての意見として、参考になるか分かりませんが、サラッと見て頂ければ幸いです。

「原音に忠実」という言葉がありますが、「原音」を「CDの音」と考えるか、「楽器やボーカルの生の音」と考えるかで、その考え方が大きく変わると思います。

まず、CDやサブスク配信の音源は、例外なく録音→ミックスやマスタリングの流れを経て、市場に出されます。

ここで、「原音」=「CDの音」と考える方は、「原音に忠実」を追求する意義があると思います。

問題は、「原音」=「生の音」と考える方です。
聴いている音は「既に加工されている音」なので、「原音」を追求できないということです。
ミックスやマスタリングの意図も含めて、生の音という考えならば筋が通りますが、そうでない場合はおよそ無理なものを追いかけていると言っても良いでしょう。

「原音に忠実」というのは、演者、ミックスやマスタリングには不可欠なのですが、最後の仕上げには、かなり味付けされたイヤモニで確認作業をしています。

ですので、高い=良いという考えは、そろそろ修正する必要が出てくるのでは無いかというのが、私の意見です。
それに、DAPが全部買いにくい値段になったら、困るのは聴き手の方ですし。

ここまで読んでくださった方、駄文にお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

続きを読む

Gigi さん (2021/10/02)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 6

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

まさに高コスパ機種!後商品の仕様に文句言うレビューワーに一言

私が愛用しているのはLEモデルですが今のところ国内販売の製品ページはないのでここで、
まず最初にまとめちゃいますが、価格37000円台で手に入るなら間違いなく買いだと思います。ただ中華プレイヤーであることは変わりないので、UIの作り込み、製品自体の製造品質例えばsdカードの蓋がイマイチうまく閉まらないあたりは中華品質かな?と思います。

音質は個の感想になりますが、以前所持していたdx160と比べるとやや硬め、イヤホンにもよりますが、弱ドンシャリ気味のフラットでしょうか?私のモデルはLEなので通常版の方は参考程度にお願いします。

動作安定性ですがスナドラ430のおかげかdx160よりも全然サクサク動きますただ今時のスマホとは比較してはいけないかと思います。あえて例えるなら一昔前のローエンドスマホ並みでしょうか?
後一回ベース音量が狂って通常より小さくなる状態に一回なりましたが再起動で解決したので単純なバグだと思います、中華ローエンド機にありがちなバグだと思いますので…
後は私のdx160で過去に起きたことですが結構な確率でフリーズして、そのまま自動的に再起動になることが多々ありました。
もしかするとファームウエアのアップデートで改善されてるかと思いますが

発熱、バッテリー持ちは良いと思います。ただ今現在私方ではsdカード内の曲を聴く形で運用しているのでサブスク運用を想定している方は思ったよりもたない?という印象を受けるかと思います。

最後に題名の通りですが、皆さんこの商品のスペックを事前にに把握して購入しましょう、自分が使いたいファイルに対応してない!他のプレイヤーより高インピーダンスイヤホン、ヘッドホンが鳴らしにくいなどその辺は仕様欄で容易に予測、把握できると思います。
それをレビュー評価に入れるのは見当違いになったり変にその商品に悪い印象を得てしまうと思います。

個人的に合わないかったは問題ありませが、スペック仕様で文句言うレビューは流石にちょっと違うと思います。

続きを読む

とら さん (2021/07/18)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

満足

これまで使っていたSony A105からの乗り換えで購入しました。
一番の理由が、4.4mmバランスが使えること。
バッテリーの持ち時間も魅力でした。

まずはバッテリーから。
A105では使おうと思ったときに充電から始まるパターン。
満充電でも4〜5時間ですでにバッテリーの心配をする始末。
M3Xはスリープから起動して7〜80%から使っても4〜5時間ではまだまだ心配は無用です。
他の方が言っている10数時間は本当ですね。

音質は、まさに臨場感。音場の広さが感動的でした。
音の輪郭も良くバランスもどこかに寄りすぎず非常に聞きやすいです。
あまり上手なことは言えないので、他の方のレビューを参考にしてください。
とても良いです。

正直予算もこれ以上は無理な私にとって現状で最高に近いものを得られたと思っています。
予算のたっぷりある方はもっともっと良いものがあると思うので、そちらで楽しんでください。

続きを読む

KeiG さん (2021/06/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

お手頃価格の最強プレイヤーShanling M3X

コノ価格で必要十分の機能と納得できる音質がゲットできます。以前DX160(初期版)持ってましたがワイヤレス関連がダメダメで売り飛ばしました。ワイヤレス関連がゴミレベルすぎで、暫くスマートフォンのみでしたが、本日Shanling M3Xをゲットしました。3.5
と4.4が使えるのはヤバいです。DX160で準備してたのがソノママつかえまーす。無駄にならなかった。安心して使えるのが素晴らしい。これから使い倒していきまーす。

続きを読む

たかたかりん さん (2021/05/24)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

sdスロットのカバー

アンドロイドなので色々と便利。
変な中国語アプリは即削除。
再生ソフトは後から別のを色々試すと良いかと。
本体の動きは問題なし。
アンドロイドの動きも引っかかる感じもなし。(決して早くは無い。)
アマゾンの聴き放題で普通にダウロードして良い音で聴けます。
音は普通のイヤホンジャックで(jvcウッドシリーズ700と1100使用)シングル再生でも低音に厚みがあって良いと思います。
4.4ミリまだ試してません。
ただしアンドロイドバージョンが7なのでアプリの更新で使えなくなるのが出てくるのが少し不安です。
サイズはコンパクトで持ち運びも大丈夫。(胸ポケットだと少しズッシリ?)
つまみもシンプルで操作感もOK。
ただ下部のSDカードのカバーが何だかカパカパ?しっかりハマらない感じが有り(ゆるゆるする感じ)裸で使うと気になります。(ケースに入れれば問題ないかな?)
外で気楽に使える機種だと思います。

続きを読む

名無し さん (2021/05/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

再生アプリを改善してほしい

Fiio M15 Sony NW-Z507を持っていますが
夏用のポケット入れれるサブ機として購入
バランス出力もあるし、サイズ感 持ちやすさは満足

再生アプリでMP4の音楽ソースが認識されない!
しまった!
それまでの機種は対応していたので気にせず
対応フォーマット ちゃんと見てなかった↓
DAP初心者の私には購入時の勉強なりました

MP4を変換ソフトでM4aに変換したら認識されたけど
アルバム名、アーティスト名等属性再設定が必要で
購入済みソース全部は正直面倒くさい!

仕方なく
本体はShanlingだけど、別途FIIOの再生アプリを入れて利用中
(Prime ModeではShanlingの再生アプリしか起動しないのであきらめ)
再生アプリ今後更新されてMP4対応されれば評価+1

続きを読む

名無し さん (2021/05/12)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3