• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

KINERA

CDB002 MMCX/Bluetoothケーブル

  • 新品

¥3,990 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

6973084430411

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥500 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

あなたにおすすめ

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

◎特徴

KINERA CDB002
CDB001の後継モデルとなるCDB002をリリースいたします。CDB002はQCC3034を採用し高品質コーデックに対応、ミドルクラスのIEMでも十分に楽しめるレシーバーとしてお客様にご提案できるグレードとなっております。同時に低価格路線は継続され、気軽にお気に入りのIEMをBluetooth化する事のお手伝いができればと考えております。昨今様々なBluetoothシステムが市場に提供されていますが、接続の安定性、高位コーデックへの対応など現実的な選択肢として是非CDB002をご利用ください。

◎スペック

・イヤホンコネクタ部分:MMCX仕様
・Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
・SoC:QCC3034
・コーデック:SBC,AAC,AptX HD
・再生時間:7-8時間※
・充電時間:約3時間

※再生時間は接続するIEMの仕様や使用するコーデックにより大きく影響を受ける場合がございます

商品詳細

◎特徴

KINERA CDB002
CDB001の後継モデルとなるCDB002をリリースいたします。CDB002はQCC3034を採用し高品質コーデックに対応、ミドルクラスのIEMでも十分に楽しめるレシーバーとしてお客様にご提案できるグレードとなっております。同時に低価格路線は継続され、気軽にお気に入りのIEMをBluetooth化する事のお手伝いができればと考えております。昨今様々なBluetoothシステムが市場に提供されていますが、接続の安定性、高位コーデックへの対応など現実的な選択肢として是非CDB002をご利用ください。

◎スペック

・イヤホンコネクタ部分:MMCX仕様
・Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
・SoC:QCC3034
・コーデック:SBC,AAC,AptX HD
・再生時間:7-8時間※
・充電時間:約3時間

※再生時間は接続するIEMの仕様や使用するコーデックにより大きく影響を受ける場合がございます

満足度

3.5

高音の質

中音の質

低音の質

細やかさ

迫力

音場

遮音性

音漏耐性

1人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

3.5

中音の質

3.5

低音の質

2.5

細やかさ

2.5

迫力

2.5

音場

3.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

軽くて細くてコンパクト!

CDB002のケーブルはワイヤレスケーブルの中では特に細くて軽い!
くるくるとまとめてイヤホンケースの中にポンと入れておけるコンパクトボディーです。

音質はちょっぴり柔らかめ。ボーカルが少し近づくような変化をもたらしてくれます。

自然な耳掛けの角度で装着感バツグン。お手持ちのIEMのお供にいかがでしょうか。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by エリーナ   2020/10/21

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

3.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

無評価

中音の質

無評価

低音の質

無評価

細やかさ

無評価

迫力

無評価

音場

無評価

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

長さは良い、音質それなり、操作感はいまいち

Westone B30に装着できました。やわらかめのケーブルは全長90cmくらいでRMCE-BT2よりだいぶ長さに余裕があり、MMCX端子から操作部・バッテリーまでは15cm程度、SHURE掛けするとちょうど鎖骨の上あたりに操作部(右)が来ます。室内使用には問題ないですが、走ると結構ぶらぶらするかもしれません。
音質はそれなりで可もなく不可もなく、BTR5などのレシーバーに比べるとやや物足りない感じです。aptX HDでの接続もBT-W3で確認できました。
操作感は微妙で、音量調節ボタンはアンプ単独の調節ではなくプレーヤーに対して働きますが、私の環境(Windows10+BT-W3+Roon)だと微調整が効かず途中で音量が跳ね上がる感じです。またアナウンス音がやけに大きく、曲の送り・戻し(音量ボタン長押し)の際にまでピッと音が入るのが煩わしいところ。音量を固定、曲の送り戻しはプレーヤー側で行うのであればなんとか使えそうです。

続きを読む

タルカジャ さん (2020/10/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0