• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Astell&Kern

KANN ALPHA【12/31まで プレイヤーケースプレゼント! 】

生産終了品

Astell&Kern

KANN ALPHA【12/31まで プレイヤーケースプレゼント! 】

  • 新品

¥139,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809755500115

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥75,000 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

あなたにおすすめ

関連商品

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Astell&Kern初となる4.4mmバランス出力の搭載機種

KANN ALPHA Onyx Black

ヒーローイメージ

『KANN ALPHA』は、Astell&Kernが高出力と低ノイズの両立をコンセプトとして設計・開発したKANNシリーズの第3弾モデルです。KANNシリーズの目的は、ポータブルオーディオプレーヤー単独でヘッドホンやイヤホンに対し高出力での駆動を可能にするという点にありますが、KANN ALPHAはこれまでの同シリーズよりも更にポータブルオーディオプレーヤーであることの本質を追求したモデルです。その大きなトピックとして、小型化しながらもKANN CUBEと並ぶ最大12Vrmsもの超高出力化。2.5mmバランス出力に加えてAstell&Kern初となる4.4mmバランス出力の搭載。各バランス出力ラインを完全に分離して超低ノイズを実現した「Noise-free Output」。新設計回路による驚異的な低クロストーク化。電源回路の効率化により連続約14時間半もの長時間再生も実現しています。更に同ブランド初となるBluetooth 5.0に対応。aptX HD、LDAC両方のコーデックもサポートします。そして持ちやすく芸術的なデザインと超精密な金属成形技術も特徴です。KANN ALPHAは、かつてないパワーとクラス最高峰のオーディオパフォーマンス、そしてポータビリティーの両立を成し遂げたall-inclusiveをユーザーへ提供します。

  1. 小型化しながらも最大12Vrmsの超高出力化
    KANN ALPHAは、高出力アンプ回路を搭載し3段階のゲイン切り替え設定が可能です。本体サイズを初代KANNとほぼ同サイズに収めながらも、バランス出力のHigh Gain設定時においては、同シリーズにおいて最大の高出力を誇ったKANN CUBEと同じ、12Vrmsもの超高出力を実現しました。これは抵抗やコンデンサー等の多数の部品の小型化と、様々なコンポーネントの配置及び回路の最適化によって可能にしています。結果、60以上のパーツが作成され、最終的なプロダクトとしてデザインされています。そしてKANN ALPHAは小型化した新デザインによって、ポータビリティーを確保しながらも超高出力化が可能になりました。ハイインピーダンスのイヤホンやヘッドホンも余裕をもってドライブします。
    hoge画像
  2. 電源回路の再設計により最長約14時間半の長時間再生を実現
    ハイレゾポータブルオーディオプレーヤーのサウンドに対し影響を与えないようにするには、安定した電源出力が非常に重要です。プレーヤーに電源が供給されている際に振動や騒音が発生すると、電源ノイズの影響で音に悪影響を及ぼします。Astell&Kernの高性能なスペック要求に応える為、松尾電器産業株式会社と共同開発されたAstell&Kern専用の超小型タンタルコンデンサーを採用。安定した電源を供給し、電気ノイズを抑えます。更にKANN ALPHAは、この再設計された電源回路により、電源効率の最適化を実現し、最長約14時間半の長時間連続再生も実現しています。
    hoge画像
  3. 最高レベルの低クロストークの実現
    クロストークは、LチャンネルとRチャンネルの間にある信号が漏れる量です。クロストークの値が低いほど、左右チャンネル間の分離がよくなります。低クロストークであるほど感じることのできる空間がより深く、広くなります。KANN ALPHAは、新設計した回路によりハイゲイン設定時のバランス出力において-141dBという極めて優れた、低クロストークの測定結果を特徴としています。
    hoge画像
  4. ESS ES9068ASデュアルDAC搭載とMQAハードウェアレンダリング
    KANN ALPHAは、ESS Technology社のオーディオ用最新DAC「ES9068AS」を左右独立したデュアルDAC構成で搭載。Quad-Core CPUの優れた処理能力と合わせて、最大PCM 384kHz/32bit、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポートします。更に超低ジッターを実現するフェムトクロックであるVCXO(電圧制御水晶発振器)も搭載しています。そして、ES9068ASはMQAレンダラーを内蔵しており、DAC側でのハードウェアレンダリングによるMQA 8xデコードに対応します。CPUにてMQAコアを展開後、ES9068ASに組み込まれたハードウェアレンダラーを介してMQAのデコードを行います。また、別売のAK CD-RIPPERにKANN ALPHAを接続してMQA-CDを再生する際にも適用されます。これにより高品質なオリジナルのマスターサウンドをお楽しみ頂くことが可能です。
  5. DACフィルターによるサウンドカスタマイズ
    KANN ALPHAは、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。
    自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。

    ※DACフィルターはPCM 192kHz/24bitまでの適用となります。DSD/MQAフォーマットには適用されません。
    hoge画像
  6. ユーザーエクスペリエンス向上の為の最新のシステム最適化
    KANN ALPHAのファームウェアはAndroid 9.0をベースに独自開発しており、一見気づかない多くの機能やアップグレードを追加したことで、これまでのバージョンのOSよりも更に安定した動作を提供します。これによりOpen APPを介してインストールされた、主な人気の音楽ストリーミングアプリが使用可能になり、将来的なアプリのアップデートにも対応するようになります。Androidを独自にカスタマイズすることで、音楽再生に完全に最適化されたシステムとユーザーインターフェースをユーザー提供し、スムーズで流れるような音楽体験を実現できるよう設計されています。
  7. Bluetooth 5.0搭載と高音質コーデック対応
    KANN ALPHAは、Astell&Kern史上初となるBluetooth 5.0を搭載。最新のBluetoothバージョンによってワイヤレス再生の利便性と、より安定した再生品質を提供します。Bluetooth 5.0は、Bluetooth 4.2と比較して、伝送速度の高速化と広範囲への伝送に対応しており、より安定したワイヤレス接続が可能となります。また、対応するコーデックにも妥協はありません。通常のSBCに加えAACコーデックの対応、更に高音質な24bitワイヤレス伝送が可能なaptX HDとLDACの両方をサポートします。Bluetooth対応イヤホンやヘッドホン、スピーカーとペアリングすることで、ワイヤレスでも幅広く高品質なサウンドを楽しむことが可能です。
    hoge画像
  8. ボリュームホイールLED搭載
    KANN ALPHAは、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。 自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。

    ※DACフィルターはPCM 192kHz/24bitまでの適用となります。DSD/MQAフォーマットには適用されません。
    hoge画像
  9. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ64GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-Cによる急速充電に対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・光デジタル出力(3.5mmジャック兼用)対応
    ・USBデジタルオーディオ出力対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・動画ストリーミングサービス「V-Link(MOVIE/MUSIC)」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  10. 新たなレベルに到達したユニークな製造技術
    Astell&Kernの製品は、他の製品には見られないカラフルな面や角度を備えている為、アート彫刻と比較されます。これは何年にも渡り研究し完成させてきた、非常に精密な金属加工技術によるものです。KANN ALPHAも驚異的なレベルの金属加工技術を適用しています。初代のKANNは、押し出し法を使用してアルミニウムボディを形成しましたが、KANN ALPHAでは精密な金属加工を使用して、豪華で緻密なデザインを作成しました。彫刻のように細い線はプレーヤーの豪華な装いと感触を高めます。その後、高光沢セラミックトップカバー用に精密金型が個別に製造されます。低速機械加工を含む異なる7つ以上のプロセスを通して、セラミックトップカバーを形成し、亀裂を防止します。リングは各ヘッドホン出力端子が配置されているセラミックのトップに単純に使用されるのではなく、ゴールドPVDコーティングを施しノイズを最小限に抑えています。セラミックの表面には、指紋や汚れを防ぐために特別なコーティングが施されています。

    Astell&Kernの独自のアルミボディ設計は、ノイズを抑制して音質を改善するのと同時に、オーディオ回路への優れた信号伝送を提供します。独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現しています。Astell&Kernが製造時に使用する振動のない加工機は、スイスの高級時計メーカーが使用しているものと同じです。これは優れた操作感を実現するために、高級時計の龍頭のように正確に処理されたボリュームホイールの製造に反映されています。独立した機械加工が個々の領域に適用され、各スモールパターンを作成します。Astell&Kernの長年に渡る専門知識と細部への特別な拘りが最終的に製品に対し示されています。
  11. デザインコンセプト
    KANN ALPHAのデザインは、繊細なディテールの組み合わせによる美しさと、パワフルなパフォーマンスによる重厚さを示しています。ボディデザインは、上面から見て三角形の延長とみなした六角形をベースにしました。そして、六角形を押し合わせて形を変え、六角形の角度を微妙に変更することにより、持った際のグリップを向上させています。

    ボリュームホイール部にはAstell&Kernのアイデンティティーを模した左右非対称の三角形が、ソリッドで頑丈、大胆かつ柱のような形状のKANN ALPHAのボディに備わったボリュームホイール部分を囲んでいます。そしてそのホイールを保護する面の裏側は、ボリュームホイールの周囲を持ちあげて、車のホイールを囲む、車のフェンダーのようなデザインを作成しました。車のフェンダーがオフロード走行時に砂や石、泥をブロックするのと同じように、KANN ALPHAのフェンダーはボリュームホイールを保護します。

    そして、オールブラックのボディとブラックセラミックが織りなすハーモニー。そこへヘッドホン出力端子に施したゴールドPVDコーティングのラインがオールブラック仕上げに美しいコントラストをもたらします。
    hoge画像

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 64GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 )
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 ))
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約390曲 (FLAC/192kHz/24bit) / 約2,470曲 (FLAC/44.1kHz/16bit)
連続再生 *3 約14.5時間 (FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
サンプリングレート 8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD256(11.2MHz/1bit) ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CDライブラリ
レジューム機能 *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生, シャッフル
リピートモード リピート, 1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz / Gain:±5.0 / Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター ESS ES9068AS ×2(Dual DAC)
入力端子 USB Type-C端子(充電・データ転送・USB-DAC)
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子、光出力端子
2.5mmバランス出力端子(4極)
4.4mmバランス出力端子 (5極)
USB出力端子
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit、DSD(DoP): 最大DSD256
USB-DAC機能*4
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms、バランス4.0Vrms (Gain:Low / 負荷無し)
アンバランス4.0Vrms、バランス8.0Vrms (Gain:Mid / 負荷無し)
アンバランス6.0Vrms、バランス12Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス: 3.5mm:0.8ohm / バランス 2.5mm:2.0ohm・4.4mm : 1.8ohm
周波数特性 ±0.021dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.024dB (Condition : 20Hz~20kHz) バランス
±0.021dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.155dB (Condition : 20Hz~70kHz) バランス
S/N比 アンバランス 116dB ( @1kHz ) / バランス 117dB (@1kHz )
クロストーク アンバランス -128dB ( @1kHz ) / バランス -136dB ( @1kHz )
THD+N アンバランス 0.0003% ( @1kHz ) / バランス 0.0005% ( @1kHz )
IMD アンバランス 0.0003% 800Hz 10KHz(4:1)/ バランス 0.0003% 800Hz 10kHz (4:1)
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンス クロックジッター 200 fs(VCXO)
■ 操作
物理キー 電源(画面オン/オフ), 曲戻し, 再生/停止, 曲送り, ダイヤルボリューム
ロック機能 画面オフ時ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
■ Bluetooth
バージョン 5.0
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック AAC , SBC , aptX™ HD , LDAC
対応コーデック AAC , SBC , aptX™ HD , LDAC
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー ( 5.600mA / 3.8V )
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約3.5時間(9V/1.67A) / 約5時間(5V/2A)
■ USB
形状*7 USB Type-C
接続方式 MTP (メディアデバイス) 方式
■ 画面
ディスプレイ 4.1型TFTカラーLCD (静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD (720 x 1280 ドット)
■ 本体仕様
対 応 O S *6 Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
CPU Quad-core
サイズ(W×H×D) 約68× 約117 × 約25(mm)
重  量 約316g
同梱物*8 USB Type-Cケーブル, 保護シート(画面/背面) x各2 ,microSDカードスロットカバー x2, クイックスタートガイド/保証書(本体1年/付属品90日)

商品詳細

Astell&Kern初となる4.4mmバランス出力の搭載機種

KANN ALPHA Onyx Black

ヒーローイメージ

『KANN ALPHA』は、Astell&Kernが高出力と低ノイズの両立をコンセプトとして設計・開発したKANNシリーズの第3弾モデルです。KANNシリーズの目的は、ポータブルオーディオプレーヤー単独でヘッドホンやイヤホンに対し高出力での駆動を可能にするという点にありますが、KANN ALPHAはこれまでの同シリーズよりも更にポータブルオーディオプレーヤーであることの本質を追求したモデルです。その大きなトピックとして、小型化しながらもKANN CUBEと並ぶ最大12Vrmsもの超高出力化。2.5mmバランス出力に加えてAstell&Kern初となる4.4mmバランス出力の搭載。各バランス出力ラインを完全に分離して超低ノイズを実現した「Noise-free Output」。新設計回路による驚異的な低クロストーク化。電源回路の効率化により連続約14時間半もの長時間再生も実現しています。更に同ブランド初となるBluetooth 5.0に対応。aptX HD、LDAC両方のコーデックもサポートします。そして持ちやすく芸術的なデザインと超精密な金属成形技術も特徴です。KANN ALPHAは、かつてないパワーとクラス最高峰のオーディオパフォーマンス、そしてポータビリティーの両立を成し遂げたall-inclusiveをユーザーへ提供します。

  1. 小型化しながらも最大12Vrmsの超高出力化
    KANN ALPHAは、高出力アンプ回路を搭載し3段階のゲイン切り替え設定が可能です。本体サイズを初代KANNとほぼ同サイズに収めながらも、バランス出力のHigh Gain設定時においては、同シリーズにおいて最大の高出力を誇ったKANN CUBEと同じ、12Vrmsもの超高出力を実現しました。これは抵抗やコンデンサー等の多数の部品の小型化と、様々なコンポーネントの配置及び回路の最適化によって可能にしています。結果、60以上のパーツが作成され、最終的なプロダクトとしてデザインされています。そしてKANN ALPHAは小型化した新デザインによって、ポータビリティーを確保しながらも超高出力化が可能になりました。ハイインピーダンスのイヤホンやヘッドホンも余裕をもってドライブします。
    hoge画像
  2. 電源回路の再設計により最長約14時間半の長時間再生を実現
    ハイレゾポータブルオーディオプレーヤーのサウンドに対し影響を与えないようにするには、安定した電源出力が非常に重要です。プレーヤーに電源が供給されている際に振動や騒音が発生すると、電源ノイズの影響で音に悪影響を及ぼします。Astell&Kernの高性能なスペック要求に応える為、松尾電器産業株式会社と共同開発されたAstell&Kern専用の超小型タンタルコンデンサーを採用。安定した電源を供給し、電気ノイズを抑えます。更にKANN ALPHAは、この再設計された電源回路により、電源効率の最適化を実現し、最長約14時間半の長時間連続再生も実現しています。
    hoge画像
  3. 最高レベルの低クロストークの実現
    クロストークは、LチャンネルとRチャンネルの間にある信号が漏れる量です。クロストークの値が低いほど、左右チャンネル間の分離がよくなります。低クロストークであるほど感じることのできる空間がより深く、広くなります。KANN ALPHAは、新設計した回路によりハイゲイン設定時のバランス出力において-141dBという極めて優れた、低クロストークの測定結果を特徴としています。
    hoge画像
  4. ESS ES9068ASデュアルDAC搭載とMQAハードウェアレンダリング
    KANN ALPHAは、ESS Technology社のオーディオ用最新DAC「ES9068AS」を左右独立したデュアルDAC構成で搭載。Quad-Core CPUの優れた処理能力と合わせて、最大PCM 384kHz/32bit、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポートします。更に超低ジッターを実現するフェムトクロックであるVCXO(電圧制御水晶発振器)も搭載しています。そして、ES9068ASはMQAレンダラーを内蔵しており、DAC側でのハードウェアレンダリングによるMQA 8xデコードに対応します。CPUにてMQAコアを展開後、ES9068ASに組み込まれたハードウェアレンダラーを介してMQAのデコードを行います。また、別売のAK CD-RIPPERにKANN ALPHAを接続してMQA-CDを再生する際にも適用されます。これにより高品質なオリジナルのマスターサウンドをお楽しみ頂くことが可能です。
  5. DACフィルターによるサウンドカスタマイズ
    KANN ALPHAは、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。
    自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。

    ※DACフィルターはPCM 192kHz/24bitまでの適用となります。DSD/MQAフォーマットには適用されません。
    hoge画像
  6. ユーザーエクスペリエンス向上の為の最新のシステム最適化
    KANN ALPHAのファームウェアはAndroid 9.0をベースに独自開発しており、一見気づかない多くの機能やアップグレードを追加したことで、これまでのバージョンのOSよりも更に安定した動作を提供します。これによりOpen APPを介してインストールされた、主な人気の音楽ストリーミングアプリが使用可能になり、将来的なアプリのアップデートにも対応するようになります。Androidを独自にカスタマイズすることで、音楽再生に完全に最適化されたシステムとユーザーインターフェースをユーザー提供し、スムーズで流れるような音楽体験を実現できるよう設計されています。
  7. Bluetooth 5.0搭載と高音質コーデック対応
    KANN ALPHAは、Astell&Kern史上初となるBluetooth 5.0を搭載。最新のBluetoothバージョンによってワイヤレス再生の利便性と、より安定した再生品質を提供します。Bluetooth 5.0は、Bluetooth 4.2と比較して、伝送速度の高速化と広範囲への伝送に対応しており、より安定したワイヤレス接続が可能となります。また、対応するコーデックにも妥協はありません。通常のSBCに加えAACコーデックの対応、更に高音質な24bitワイヤレス伝送が可能なaptX HDとLDACの両方をサポートします。Bluetooth対応イヤホンやヘッドホン、スピーカーとペアリングすることで、ワイヤレスでも幅広く高品質なサウンドを楽しむことが可能です。
    hoge画像
  8. ボリュームホイールLED搭載
    KANN ALPHAは、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。 自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。

    ※DACフィルターはPCM 192kHz/24bitまでの適用となります。DSD/MQAフォーマットには適用されません。
    hoge画像
  9. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ64GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-Cによる急速充電に対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・光デジタル出力(3.5mmジャック兼用)対応
    ・USBデジタルオーディオ出力対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・動画ストリーミングサービス「V-Link(MOVIE/MUSIC)」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  10. 新たなレベルに到達したユニークな製造技術
    Astell&Kernの製品は、他の製品には見られないカラフルな面や角度を備えている為、アート彫刻と比較されます。これは何年にも渡り研究し完成させてきた、非常に精密な金属加工技術によるものです。KANN ALPHAも驚異的なレベルの金属加工技術を適用しています。初代のKANNは、押し出し法を使用してアルミニウムボディを形成しましたが、KANN ALPHAでは精密な金属加工を使用して、豪華で緻密なデザインを作成しました。彫刻のように細い線はプレーヤーの豪華な装いと感触を高めます。その後、高光沢セラミックトップカバー用に精密金型が個別に製造されます。低速機械加工を含む異なる7つ以上のプロセスを通して、セラミックトップカバーを形成し、亀裂を防止します。リングは各ヘッドホン出力端子が配置されているセラミックのトップに単純に使用されるのではなく、ゴールドPVDコーティングを施しノイズを最小限に抑えています。セラミックの表面には、指紋や汚れを防ぐために特別なコーティングが施されています。

    Astell&Kernの独自のアルミボディ設計は、ノイズを抑制して音質を改善するのと同時に、オーディオ回路への優れた信号伝送を提供します。独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現しています。Astell&Kernが製造時に使用する振動のない加工機は、スイスの高級時計メーカーが使用しているものと同じです。これは優れた操作感を実現するために、高級時計の龍頭のように正確に処理されたボリュームホイールの製造に反映されています。独立した機械加工が個々の領域に適用され、各スモールパターンを作成します。Astell&Kernの長年に渡る専門知識と細部への特別な拘りが最終的に製品に対し示されています。
  11. デザインコンセプト
    KANN ALPHAのデザインは、繊細なディテールの組み合わせによる美しさと、パワフルなパフォーマンスによる重厚さを示しています。ボディデザインは、上面から見て三角形の延長とみなした六角形をベースにしました。そして、六角形を押し合わせて形を変え、六角形の角度を微妙に変更することにより、持った際のグリップを向上させています。

    ボリュームホイール部にはAstell&Kernのアイデンティティーを模した左右非対称の三角形が、ソリッドで頑丈、大胆かつ柱のような形状のKANN ALPHAのボディに備わったボリュームホイール部分を囲んでいます。そしてそのホイールを保護する面の裏側は、ボリュームホイールの周囲を持ちあげて、車のホイールを囲む、車のフェンダーのようなデザインを作成しました。車のフェンダーがオフロード走行時に砂や石、泥をブロックするのと同じように、KANN ALPHAのフェンダーはボリュームホイールを保護します。

    そして、オールブラックのボディとブラックセラミックが織りなすハーモニー。そこへヘッドホン出力端子に施したゴールドPVDコーティングのラインがオールブラック仕上げに美しいコントラストをもたらします。
    hoge画像

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 64GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 )
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 ))
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約390曲 (FLAC/192kHz/24bit) / 約2,470曲 (FLAC/44.1kHz/16bit)
連続再生 *3 約14.5時間 (FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
サンプリングレート 8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
DSD64(2.8MHz/1bit) ~ DSD256(11.2MHz/1bit) ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CDライブラリ
レジューム機能 *頭出しからの再生
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生, シャッフル
リピートモード リピート, 1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz / Gain:±5.0 / Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター ESS ES9068AS ×2(Dual DAC)
入力端子 USB Type-C端子(充電・データ転送・USB-DAC)
出力端子 3.5mmヘッドホン出力端子、光出力端子
2.5mmバランス出力端子(4極)
4.4mmバランス出力端子 (5極)
USB出力端子
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit、DSD(DoP): 最大DSD256
USB-DAC機能*4
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
アウトプットレベル アンバランス2.0Vrms、バランス4.0Vrms (Gain:Low / 負荷無し)
アンバランス4.0Vrms、バランス8.0Vrms (Gain:Mid / 負荷無し)
アンバランス6.0Vrms、バランス12Vrms (Gain:High / 負荷無し)
出力インピーダンス アンバランス: 3.5mm:0.8ohm / バランス 2.5mm:2.0ohm・4.4mm : 1.8ohm
周波数特性 ±0.021dB (Condition : 20Hz~20kHz) アンバランス
±0.024dB (Condition : 20Hz~20kHz) バランス
±0.021dB (Condition : 20Hz~70kHz) アンバランス
±0.155dB (Condition : 20Hz~70kHz) バランス
S/N比 アンバランス 116dB ( @1kHz ) / バランス 117dB (@1kHz )
クロストーク アンバランス -128dB ( @1kHz ) / バランス -136dB ( @1kHz )
THD+N アンバランス 0.0003% ( @1kHz ) / バランス 0.0005% ( @1kHz )
IMD アンバランス 0.0003% 800Hz 10KHz(4:1)/ バランス 0.0003% 800Hz 10kHz (4:1)
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンス クロックジッター 200 fs(VCXO)
■ 操作
物理キー 電源(画面オン/オフ), 曲戻し, 再生/停止, 曲送り, ダイヤルボリューム
ロック機能 画面オフ時ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
■ Bluetooth
バージョン 5.0
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック AAC , SBC , aptX™ HD , LDAC
対応コーデック AAC , SBC , aptX™ HD , LDAC
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー ( 5.600mA / 3.8V )
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約3.5時間(9V/1.67A) / 約5時間(5V/2A)
■ USB
形状*7 USB Type-C
接続方式 MTP (メディアデバイス) 方式
■ 画面
ディスプレイ 4.1型TFTカラーLCD (静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD (720 x 1280 ドット)
■ 本体仕様
対 応 O S *6 Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
CPU Quad-core
サイズ(W×H×D) 約68× 約117 × 約25(mm)
重  量 約316g
同梱物*8 USB Type-Cケーブル, 保護シート(画面/背面) x各2 ,microSDカードスロットカバー x2, クイックスタートガイド/保証書(本体1年/付属品90日)

満足度

4.5

47人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:Onyx Black

最新技術を持ってKANN成したサウンド

満を持して登場となったKANN ALPHA
今までのシリーズの完成度もさることながら今回も非常に完成度の高い仕上がりでした。

何と言っても話題であるシリーズ初の4.4mmバランス端子搭載。
最近のハイエンド系のDAPでも搭載が多くなってきた2.5mm,3.5mm,4.4mm端子がついにAKシリーズにも採用となりました。



まずは手に取ると程よい重量感と剛性の高さが感じて取れるボディが期待を膨らませます。
セラミックパネルと背面のアルミボディの美しいヘアライン仕上げも非常に高級感があり所有欲を満たしてくれます。

インターフェイスも非常に滑らかで操作も非常にスムーズです。


■試聴環境

・使用イヤホン
JH Audio Layla Custom

リケーブル
Brise Audio Octa14Ref. [OFC Pentaconn 5極Φ4.4mmプラグ-JH4pin] 低域は1時方向で固定

・Unique Melody
MAVERICK III Custom 3.5mm純正ケーブル

■試聴楽曲
Daft Punk feat. Pharrell Williams and Nile Rodgers

Get Lucky 24bit/88.2kHz/FLAC

宇多田ヒカル

First Love 24bit/96kHz/FLAC

どちらも聴きなれた楽曲です。

音質はフラットなモニターというよりはやや濃厚なサウンドのリスニング寄りな印象です。
音のエッヂも硬さはあまり感じなく、またパワーで押し切るような派手な鳴り方ではありません。


勝手なイメージを持っていたところ良い意味で裏切られました。


ゲインも3段階から好みで調整でき、JH Audio Layla Customで聴くロックやHIP HOP,電子音源などは「高ゲイン」
ヴォーカル物やJAZZはMAVERICK III Custom「中ゲイン」が相性よく楽しめました。

BAを複数搭載した機種ももちろん良いですが、個人的にはハイブリッド機種との相性が非常によく、一度お試しいただきたいと思います。
S/N比が非常に高いのもポイントです!

ストリーミングももちろん対応で新たなアーティストや楽曲との出会いを楽しめる点も現代のニーズにマッチしています。


2020年終盤に登場した今年を代表するであろう注目のDAP是非店頭でご試聴下さい。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ぜん   2020/10/20

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:Onyx Black

WE 『KANN』 DO ANYTHING !!

KANNシリーズ第3弾!『KANN ALPHA』の登場です!
今までのKANNシリーズの集大成といった感じで、
初代、KANNとほとんど同じサイズに
前作、KANN CUBEと同様のパワーを兼ね備えたモデルです。
さらに『KANN ALPHA』には、Astell&Kern(以下、AK)初の4.4mmのバランス出力が可能になっております。
もちろん、2.5mmのバランス出力も併せて搭載されているので今までのAKユーザー様もそのままご使用いただけます。

音質は、すごく繊細で、ひとつひとつの音の緻密さが特徴です。
音場は広く、音の定位も正確で非の打ちどころがないといったところですね。
音圧は少し弱く、やさしく丁寧です。クラシックやジャズなどをしっかりと聴きたい時には最高のDAPであると思います。
設定の「アンプ」という項目で低・中・高のゲイン切り替えが可能となっていますが、
ぜひ試して頂きたいのが「高ゲイン」です。音が重厚になり、どっしりとした安定感のある音へと変貌します。

また、本領発揮ができるのはバランス接続、特に4.4mm出力です。
そちらもぜひお試し下さい。

出力の種類も豊富でパワーもしっかりあるこの『KANN ALPHA』ですが、
昨今流行のストリーミング音楽サービスも勿論対応しているので、
まさに「できないことはなにもない」そんな最強DAPとなっておりますので、ぜひ!!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ベスト   2020/10/19

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

ak初の4.4mm搭載パワフルDAP

akで初の4.4mm端子を搭載したKANNシリーズのプレイヤー
KANNCUBEよりは少し小さくギリギリ手に収まる大きさだと思いますが、ポッケに入れての運用は厳しそうです。
UIや操作性はいつものakです
音はKANNなだけあってハイパワーで厚みがあります。cubeほど繊細な音ではなく抑揚や臨場感を感じます。またバランスとアンバランスで音の違いは勿論、2.5mmと4.4mmを比べても違いを感じられます。
4.4mmを搭載したこともあり15万未満では良き候補となりうるDAPかと思います。

続きを読む

ゆー さん (2020/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

コンパクトだけどパワフル!

コンパクトなので持ち運びに便利です。
音質は躍動感ありながら、クリアで聴きやすかったです。
中高域のキラキラした感じや、艶ぽっい音質が魅力でした。

続きを読む

うさちゃん さん (2020/11/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

楽々パワフル

視聴での感想です。
一聴してパワフルな音だと感じました。
そのパワフルさで力押ししてくるのではなく、余裕を持ってイヤホンを鳴らしてくれるのが大きな魅力です。
ヘッドホンでも聞いてみたくなりますね。
胸ポケットに入れるには少々大きめなサイズですが、コートの内ポケットに忍ばせるのに程よいサイズでこれからの季節にはとても良いです。

続きを読む

悪夢ますたー さん (2020/11/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

パワー十分!

クラシック音源をバランス接続で試聴しました。
低域から高域までフラットな音質でかなでるDAPです。
DAPにパワーがあるので、インピータンスの高いイヤホンでも鳴らしきることができます!
少々大きめで重量もそこそこありますが、良品と思います。
値段もそこそこしますので、万人受けはしませんが、ぜひ試聴ください。
A&Kには他のDAPにも4.4mバランス接続をぜひ展開してほしい。

続きを読む

クラシック大好き さん (2020/11/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

「KANN」の名前に埋もれがちな高性能機。

KANNシリーズは駆動力に定評がありますが、ALPHAは性能面でも高いレベルにあります。
バランス接続は2.5mm、4.4mmに対応、光接続も可能なので、mojoなどアンプとの接続も容易です。
BluetoothはVer5.0でaptX HD、LDAC対応なので最新のワイヤレスイヤホンも難なくこなせます。
SR15に比べ、動作も軽快でした。

残念なのは、充電状況が分かりにくいことと、操作ボタンの表記がない(別売ケースには有り)ことでした。

続きを読む

シャロ猫 さん (2020/11/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.0

USER REVIEW

カラー:Onyx Black

待望の4.4mmバランス搭載

初代KANNを使用しており後継機が出たとのことで試聴をしてみました。

気に入った点
・初代と比べて高級感が増した。
上面は鏡面になっておりボディもメタリックブラックでとても所有感を満たしてくれそうです。
・持ちやすさのUPとサイドボタン採用
握った時丁度人差し指の辺りにボリュームダイアルがありスムーズに音量調整ができます。
また初代にはなかったサイドボタンが採用されズボンのポケットに入れてる状態でも曲の再生停止、曲送りが出来るようになり利便性が向上しました。
・3段階のゲイン
KANNでは2種類だったのが3種類に増え使用するイヤホン、ヘッドホンの合わせてより良い塩梅に調整しやすくなりました。
・再生時間
AK機は10時間程のバッテリー持ちの機種が多い中KANN ALPHAでは14時間持つようになりました。充電回数が減ることでバッテリーの劣化も抑えられますしとても嬉しい点です。
・音質
初代KANNの後継機らしくパワフルですが素直な出音でどんなイヤホン、ヘッドホンでも気持ちよく鳴らしてくれそうな印象でした。
4.4バランスにするとサウンドステージの向上や分離感の良さを感じました。

現在出ているAK機種で1番欲しいDAPで今の所不満が出てきそうなところは無かったのでお金を貯めて購入したいという気持ちになりました。
後はサードパーティのケースが出てくると面白いかなと思います。

続きを読む

ブルー さん (2020/11/29)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0