• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

Astell&Kern (アステルアンドケルン)

A&futura SE200 Moon Silver 【AK-SE200-MS】

  • 新品

¥197,980 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

8809633187810

  • 在庫状況

- 買取上限価格 -

¥52,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

Astell&Kern史上初のマルチDAC搭載

Astell&Kern A&futura SE200

ヒーローイメージ

『A&futura SE200』は、Astell&Kernが「Two Hearts One mind」
をキャッチコピーとして開発したA&futuraプレミアムラインの第2弾モデルです。

  1. Astell&Kern史上初のマルチDAC搭載
    A&futura SE200は、2つの異なるDACを搭載した史上初となる「マルチDAC」のAstell&Kernプレーヤーです。ESS Technology社のオーディオ用最新DAC「ES9068AS」をオーディオプレーヤーとして初搭載。そのES9068ASを左右独立したデュアルDAC構成で採用しています。更に、最上位モデルであるA&ultima SP2000に採用されている、旭化成エレクトロニクス社のフラッグシップDACである「AK4499EQ」もシングル構成で同時搭載。ES9068ASを2基、AK4499EQを1基という異なる2種類3基のDACを組み合わせることで、史上初のマルチDACプレーヤーを実現しました。このマルチDAC構成は一般的なプレーヤーとは根本的に異なるプレミアムな音を追求するというA&futuraラインのフィロソフィーを体現しています。この異なる2種類のDACを適切に実装する為、開発期間及びチューニングに通常の2倍の時間を費やしました。
    hoge画像
  2. DAC特性に合わせた独立アンプ回路設計
    SE200はESSとAKM、2種類の異なるDACの特性の違いを最適化する為に、1つのアンプ回路ではなく、複数の異なる独立したアンプ回路設計を採用しました。AKMとESS、それぞれにアンバランス接続とバランス接続、各チャンネルの信号を独立させ且つ完全に分離した専用のアンプ回路設計とすることで、互いに干渉しない優れたサウンドを実現しています。
  3. DACフィルターを選択可能
    A&futura SE200は、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。聴く音楽の種類に合わせて最適なDACを選ぶだけでなく、自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。
  4. PCM 384kHz/32bit・DSD256ネイティブ再生
    A&futura SE200は、高速信号処理を可能としたOcta-Core CPUを採用し、PCM 384kHz/32bit、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポート。更に超高解像度音源を的確に再生する独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現しています。
  5. 進化したプレミアムライン
    A&futura SE200は、仕様面においても前モデルのSE100から更に進化しました。内蔵メモリは256GBへ強化。microSDカードスロットとの併用により大量の音楽データを保存可能です。連続再生時間においてはSE100が最長約11時間であったのに対し、SE200では連続最長約14時間(ESS)となり、より長時間の再生が可能になりました。また、出力においてもアンバランス3Vrms、バランス6Vrms(AKM)と高出力化したことで、よりパワフルな再生が可能となっています。
  6. ボリュームホイールLED搭載
    A&futura SE200は「ボリュームホイールLED」を搭載。赤、緑、青、紫など様々なカラーの光を表示することで視覚的な効果だけではなく、再生に使用しているDACや現在再生中の曲のビット深度、ボリューム調節状態を表示します。
    <DACステータス>
    各ヘッドホン端子に接続した際に表示します。
    ESS:グリーン
    AKM:オレンジ
    ESS&AKM:イエロー

    <ビット深度ステータス>
    再生中の音源のビット深度を表示します。
    16bit:レッド
    24bit:ライトグリーン
    32bit:ブルー
    DSD:パープル

    <ボリュームステータス>
    ボリューム操作時に音量状態を表示します。ブルーカラーの濃さが約50ステップごと3段階で変化します。
  7. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ256GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-C(USB 3.0サポート)による急速充電、高速データ転送に対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・USBデジタルオーディオ出力機能対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・MQAフォーマット音源の再生に対応
    ・動画ストリーミングサービス「V-Link」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  8. セラミックプレートを採用した新デザイン
    A&futura SE200の新しいデザインは、前モデルのSE100と同様に台形のアイデンティティーを維持しつつ、大胆な曲線を組み合わせたデザインとなっています。SE200の台形ボディの側面にある曲線をブレンドしたデザインは、2種類の異なるDACを1つの統一されたプレーヤーに融合させるという発想を表現しています。ボリューム周辺部分は、使用されている2種類のDACを象徴するように、側面のカーブと調和し、柔らかな光を反射させています。斜めのラインの精密加工は、Astell&Kernならではの洗練さを示しています。SE200では、プレーヤーの天面と背面に「セラミックプレート」と呼ばれる新素材を初めて採用しました。従来のガラスとは異なり、プレーヤーの天面と背面に深くやわらかい光が流れるのがわかります。湾曲したカットを施したリアカバーは、プレーヤーの側面に接し、ホイールを優しく包み込み、滑らかな光の流れを見せています。アルミボディに合わせて精密に加工されたセラミックプレートから、プレーヤーを包み込む精密なラインまで、Astell&KernがSE200の美しさを高めるために使用している繊細なディテールをご覧ください。
    hoge画像

Astell&Kernは、ファーストモデルであるSE100に続き、改めてプレミアムという言葉の本質について、そしてHi-Fiにおけるプレミアムな価値とは何か、それを製品で表現するにはどうしたらよいのか考えました。 そして、誰もまだ試したことのない史上初の一台を作ろうと決意しました。オーディオプレーヤー史上初となる、ESS(ES9068AS×2)とAKM(AK4499EQ×1)、2種類のDACを搭載した「マルチDAC」の採用。 そして最新のES9068AS DACを搭載した初のプレーヤーです。2種類の異なるDACの特性の違いを最適化する為に、1つのアンプ回路ではなく、複数の異なる独立したアンプ回路設計を採用しました。 また、各DACが提供するDACフィルターを選択可能にすることで、サウンドを更にカスタマイズ可能にしています。PCM 384kHz/32bit、DSD 256のネイティブ再生をサポートし、独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現。また、SE200のハウジング部は超精密加工により、芸術作品のような美しい曲線と直線を自由に融合させたデザインに仕上げ、天面と背面部にセラミック素材を使用。 プレーヤーの周りを流れる光をダイレクトに演出することで、ボリューム部のLEDと併せて独特の視覚体験を生み出しています。 A&futura SE200は、多くの開発期間を惜しまず、一つ一つの要素や機能を確実にアップデートし、A&futuraラインとして相応しい優れた製品に仕上げました。 SE200は、全く新しい音楽体験を提供するというターゲットに対して導き出したプレミアムな価値への答えです。

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 256GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 )(mm)
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約1,560曲 (FLAC/192kHz/24bit)
約9,880曲 (FLAC/44.1kHz/16bit)
連続再生 *3 ESS:約14時間(FLAC/44.1kHz/16bit)
AKM:約10時間(FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
サンプリングレート 8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CD
レジューム機能
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生, シャッフル
リピートモード リピート, 1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz / Gain:±5.0 / Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター ESS ES9068AS ×2(Dual DAC)
AKM AK4499EQ ×1(Single DAC)
入力端子 USB Type-C (USB 3.0) 端子(充電・データ転送・USB DAC)
出力端子 イヤホン(アンバランス)出力×2、バランス出力(2.5mm/4極)×2、USB AUDIO出力
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit、DSD(Dop): 最大DSD256
USB-DAC機能*4
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
アウトプットレベル ESS:2.0 Vrms アンバランス / 4.0 Vrms バランス (負荷無し)
AKM:3.0 Vrms アンバランス / 6.0 Vrms バランス (負荷無し)
出力インピーダンス ESS:1Ω アンバランス / 1.6Ω バランス AKM:0.7Ω アンバランス / 1.3Ω バランス
周波数特性 [ESS]
±0.023dB アンバランス / ±0.015dB バランス (20Hz~20kHz)
±0.065dBアンバランス / ±0.10dBバランス (20Hz~70kHz)
[AKM]
±0.015dBアンバランス / ±0.010dBバランス (20Hz~20kHz)
±0.050dB アンバランス / ±0.030dBバランス (20Hz~70kHz)
S/N比 ESS:121dB アンバランス / 123dB バランス (@1kHz)
AKM:124dB アンバランス / 125dB バランス (@1kHz)
クロストーク ESS:-138dB アンバランス / -144dB バランス (@1kHz)
AKM:-138dB アンバランス / -144dB バランス (@1kHz)
THD+N ESS:0.0006% アンバランス / 0.0006% バランス (@1kHz)
AKM:0.0003% アンバランス / 0.0004% バランス (@1kHz)
IMD ESS:0.0003% アンバランス / 0.0003% バランス (800Hz:10kHz (4:1))
AKM:0.0003% アンバランス / 0.0003% バランス (800Hz:10kHz (4:1))
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンス クロックジッター 200 Femto Seconds
■ 操作
物理キー 電源(画面オン/オフ), 曲戻し, 再生/停止, 曲送り, ダイヤルボリューム
ロック機能 画面オフ時ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
■ Bluetooth
バージョン 4.2
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, aptX™, aptX™ HD
■ 対 応 O S *6
Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
■ CPU
Octa-Core
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー (3,700mAh / 3.8V)
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約3時間 (5V/2A) / 約2.5時間 (9V/1.67A)
■ USB
形状*7 USB Type-C (USB 3.0)
接続方式 MTP (メディアデバイス) 方式
■ 画面
ディスプレイ 5型TFTカラーLCD (静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD (720 x 1280 ドット)
■ サイズ(W×H×D)
約76.9× 約132.2× 約15.8 (mm)
■ 重  量
約274g
■ 同梱物*8
USB Type-Cケーブル, 保護シート(画面/背面)x各2, microSDカードスロットカバー, クイックスタートガイド/保証書(本体1年/付属品90日)

商品詳細

Astell&Kern史上初のマルチDAC搭載

Astell&Kern A&futura SE200

ヒーローイメージ

『A&futura SE200』は、Astell&Kernが「Two Hearts One mind」
をキャッチコピーとして開発したA&futuraプレミアムラインの第2弾モデルです。

  1. Astell&Kern史上初のマルチDAC搭載
    A&futura SE200は、2つの異なるDACを搭載した史上初となる「マルチDAC」のAstell&Kernプレーヤーです。ESS Technology社のオーディオ用最新DAC「ES9068AS」をオーディオプレーヤーとして初搭載。そのES9068ASを左右独立したデュアルDAC構成で採用しています。更に、最上位モデルであるA&ultima SP2000に採用されている、旭化成エレクトロニクス社のフラッグシップDACである「AK4499EQ」もシングル構成で同時搭載。ES9068ASを2基、AK4499EQを1基という異なる2種類3基のDACを組み合わせることで、史上初のマルチDACプレーヤーを実現しました。このマルチDAC構成は一般的なプレーヤーとは根本的に異なるプレミアムな音を追求するというA&futuraラインのフィロソフィーを体現しています。この異なる2種類のDACを適切に実装する為、開発期間及びチューニングに通常の2倍の時間を費やしました。
    hoge画像
  2. DAC特性に合わせた独立アンプ回路設計
    SE200はESSとAKM、2種類の異なるDACの特性の違いを最適化する為に、1つのアンプ回路ではなく、複数の異なる独立したアンプ回路設計を採用しました。AKMとESS、それぞれにアンバランス接続とバランス接続、各チャンネルの信号を独立させ且つ完全に分離した専用のアンプ回路設計とすることで、互いに干渉しない優れたサウンドを実現しています。
  3. DACフィルターを選択可能
    A&futura SE200は、DACメーカーが提供する様々なDACフィルターを選択することが可能です。聴く音楽の種類に合わせて最適なDACを選ぶだけでなく、自分好みのサウンドプロファイルを選択することで、サウンドをさらにカスタマイズすることができます。
  4. PCM 384kHz/32bit・DSD256ネイティブ再生
    A&futura SE200は、高速信号処理を可能としたOcta-Core CPUを採用し、PCM 384kHz/32bit、DSD 256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポート。更に超高解像度音源を的確に再生する独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現しています。
  5. 進化したプレミアムライン
    A&futura SE200は、仕様面においても前モデルのSE100から更に進化しました。内蔵メモリは256GBへ強化。microSDカードスロットとの併用により大量の音楽データを保存可能です。連続再生時間においてはSE100が最長約11時間であったのに対し、SE200では連続最長約14時間(ESS)となり、より長時間の再生が可能になりました。また、出力においてもアンバランス3Vrms、バランス6Vrms(AKM)と高出力化したことで、よりパワフルな再生が可能となっています。
  6. ボリュームホイールLED搭載
    A&futura SE200は「ボリュームホイールLED」を搭載。赤、緑、青、紫など様々なカラーの光を表示することで視覚的な効果だけではなく、再生に使用しているDACや現在再生中の曲のビット深度、ボリューム調節状態を表示します。
    <DACステータス>
    各ヘッドホン端子に接続した際に表示します。
    ESS:グリーン
    AKM:オレンジ
    ESS&AKM:イエロー

    <ビット深度ステータス>
    再生中の音源のビット深度を表示します。
    16bit:レッド
    24bit:ライトグリーン
    32bit:ブルー
    DSD:パープル

    <ボリュームステータス>
    ボリューム操作時に音量状態を表示します。ブルーカラーの濃さが約50ステップごと3段階で変化します。
  7. 優れたオーディオパフォーマンスと高い機能拡張性
    ・内蔵メモリ256GB+microSDカードスロット搭載(最大1TB対応※microSDカードは別売)
    ・USB Type-C(USB 3.0サポート)による急速充電、高速データ転送に対応
    ・USB-DAC機能対応 (USB Type-C)
    ・USBデジタルオーディオ出力機能対応
    ・DLNA機能強化のネットワークオーディオ再生「AK Connect」対応
    ・MQAフォーマット音源の再生に対応
    ・動画ストリーミングサービス「V-Link」機能対応
    ・音楽ストリーミングサービスアプリ等をインストール可能「Open APP Service」機能対応
    ・EQ(イコライザー)シェアリング機能対応
    ・カーモード機能対応
    ・AK CD-RIPPER(別売)に対応
  8. セラミックプレートを採用した新デザイン
    A&futura SE200の新しいデザインは、前モデルのSE100と同様に台形のアイデンティティーを維持しつつ、大胆な曲線を組み合わせたデザインとなっています。SE200の台形ボディの側面にある曲線をブレンドしたデザインは、2種類の異なるDACを1つの統一されたプレーヤーに融合させるという発想を表現しています。ボリューム周辺部分は、使用されている2種類のDACを象徴するように、側面のカーブと調和し、柔らかな光を反射させています。斜めのラインの精密加工は、Astell&Kernならではの洗練さを示しています。SE200では、プレーヤーの天面と背面に「セラミックプレート」と呼ばれる新素材を初めて採用しました。従来のガラスとは異なり、プレーヤーの天面と背面に深くやわらかい光が流れるのがわかります。湾曲したカットを施したリアカバーは、プレーヤーの側面に接し、ホイールを優しく包み込み、滑らかな光の流れを見せています。アルミボディに合わせて精密に加工されたセラミックプレートから、プレーヤーを包み込む精密なラインまで、Astell&KernがSE200の美しさを高めるために使用している繊細なディテールをご覧ください。
    hoge画像

Astell&Kernは、ファーストモデルであるSE100に続き、改めてプレミアムという言葉の本質について、そしてHi-Fiにおけるプレミアムな価値とは何か、それを製品で表現するにはどうしたらよいのか考えました。 そして、誰もまだ試したことのない史上初の一台を作ろうと決意しました。オーディオプレーヤー史上初となる、ESS(ES9068AS×2)とAKM(AK4499EQ×1)、2種類のDACを搭載した「マルチDAC」の採用。 そして最新のES9068AS DACを搭載した初のプレーヤーです。2種類の異なるDACの特性の違いを最適化する為に、1つのアンプ回路ではなく、複数の異なる独立したアンプ回路設計を採用しました。 また、各DACが提供するDACフィルターを選択可能にすることで、サウンドを更にカスタマイズ可能にしています。PCM 384kHz/32bit、DSD 256のネイティブ再生をサポートし、独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現。また、SE200のハウジング部は超精密加工により、芸術作品のような美しい曲線と直線を自由に融合させたデザインに仕上げ、天面と背面部にセラミック素材を使用。 プレーヤーの周りを流れる光をダイレクトに演出することで、ボリューム部のLEDと併せて独特の視覚体験を生み出しています。 A&futura SE200は、多くの開発期間を惜しまず、一つ一つの要素や機能を確実にアップデートし、A&futuraラインとして相応しい優れた製品に仕上げました。 SE200は、全く新しい音楽体験を提供するというターゲットに対して導き出したプレミアムな価値への答えです。

製品仕様


■ 記録媒体
内蔵容量 256GB (NANDフラッシュ) *システム領域含む
拡張スロット*1 microSDカードスロット×1 (SDHC/XC 最大1TB対応 )(mm)
■ 音楽再生
本体収録可能数 *2 約1,560曲 (FLAC/192kHz/24bit)
約9,880曲 (FLAC/44.1kHz/16bit)
連続再生 *3 ESS:約14時間(FLAC/44.1kHz/16bit)
AKM:約10時間(FLAC/44.1kHz/16bit)
ファイル形式 WAV, FLAC, MP3, WMA, OGG, APE, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF, MQA
サンプリングレート 8kHz ~ 384kHz ※ネイティブ
量子化ビット数 8bit ~ 32bit ※ネイティブ
ビットレート FLAC:0~8, APE:Fast~High, MP3/WMA:最大320Kbps, OGG:Up to Q10, AAC:最大320Kbps
フォルダ管理
タグ情報 ID3 V1 Tag, ID3 V2 2.0, ID3 V2 3.0
データベース管理 楽曲、アルバム、アーティスト(orアルバムアーティスト)、ジャンル、プレイリスト、フォルダ、MQS、CD
レジューム機能
アルバムアート
歌詞表示
プレイリスト機能
再生方法 通常再生, シャッフル
リピートモード リピート, 1曲リピート
イコライザー機能 ユーザーEQ(20Band:30Hz~18KHz / Gain:±5.0 / Q値:0.1~4.0)
ギャップレス再生
■ オーディオ
D/Aコンバーター ESS ES9068AS ×2(Dual DAC)
AKM AK4499EQ ×1(Single DAC)
入力端子 USB Type-C (USB 3.0) 端子(充電・データ転送・USB DAC)
出力端子 イヤホン(アンバランス)出力×2、バランス出力(2.5mm/4極)×2、USB AUDIO出力
USB AUDIO出力 PCM:最大384kHz/32bit、DSD(Dop): 最大DSD256
USB-DAC機能*4
AK Connect機能(DLNA)
Open APP Service機能
V-Link機能
アウトプットレベル ESS:2.0 Vrms アンバランス / 4.0 Vrms バランス (負荷無し)
AKM:3.0 Vrms アンバランス / 6.0 Vrms バランス (負荷無し)
出力インピーダンス ESS:1Ω アンバランス / 1.6Ω バランス AKM:0.7Ω アンバランス / 1.3Ω バランス
周波数特性 [ESS]
±0.023dB アンバランス / ±0.015dB バランス (20Hz~20kHz)
±0.065dBアンバランス / ±0.10dBバランス (20Hz~70kHz)
[AKM]
±0.015dBアンバランス / ±0.010dBバランス (20Hz~20kHz)
±0.050dB アンバランス / ±0.030dBバランス (20Hz~70kHz)
S/N比 ESS:121dB アンバランス / 123dB バランス (@1kHz)
AKM:124dB アンバランス / 125dB バランス (@1kHz)
クロストーク ESS:-138dB アンバランス / -144dB バランス (@1kHz)
AKM:-138dB アンバランス / -144dB バランス (@1kHz)
THD+N ESS:0.0006% アンバランス / 0.0006% バランス (@1kHz)
AKM:0.0003% アンバランス / 0.0004% バランス (@1kHz)
IMD ESS:0.0003% アンバランス / 0.0003% バランス (800Hz:10kHz (4:1))
AKM:0.0003% アンバランス / 0.0003% バランス (800Hz:10kHz (4:1))
クロックジッター 25ps (Typ)
リファレンス クロックジッター 200 Femto Seconds
■ 操作
物理キー 電源(画面オン/オフ), 曲戻し, 再生/停止, 曲送り, ダイヤルボリューム
ロック機能 画面オフ時ダイヤルボリュームロック(画面上部から引き出す通知バーより設定可能)
ボリューム調節 151ステップ
■ Wi-Fi
規格 IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
■ Bluetooth
バージョン 4.2
プロファイル *5 A2DP, AVRCP
対応コーデック SBC, aptX™, aptX™ HD
■ 対 応 O S *6
Windows 10 (32/64bit), Mac OS X 10.7以上
■ CPU
Octa-Core
■ 電  源
バッテリー 内蔵リチウムポリマーバッテリー (3,700mAh / 3.8V)
オートオフ機能 オートパワーオフ(無操作時), 画面オフ(無操作時), スリープタイマー
充電方法 充電のみ(電源オフ時), 充電&再生&データ転送
充電時間 約3時間 (5V/2A) / 約2.5時間 (9V/1.67A)
■ USB
形状*7 USB Type-C (USB 3.0)
接続方式 MTP (メディアデバイス) 方式
■ 画面
ディスプレイ 5型TFTカラーLCD (静電容量式タッチスクリーン)
解像度 HD (720 x 1280 ドット)
■ サイズ(W×H×D)
約76.9× 約132.2× 約15.8 (mm)
■ 重  量
約274g
■ 同梱物*8
USB Type-Cケーブル, 保護シート(画面/背面)x各2, microSDカードスロットカバー, クイックスタートガイド/保証書(本体1年/付属品90日)

あなたにおすすめ

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

4.5

41人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

一石二鳥!?マルチDAC搭載の次世代プレイヤー!!

この『SE200』はマルチDACということで、
DACによる音質の違いをがっつりレビューしていきます!



―「ES9068AS」―

落ち着いたサウンドで丁寧な音の表現を得意としています。
フラットでバランスのとれた音ですね。前のモデルである「SE100」と似た音色ですが、
それほど音がドライになりすぎず、艶やかな表現も可能になっているので確実に前モデルより音質は向上していると感じました。
使用するイヤホンの特性が出るのでイヤホン選びにも使えそうです。



―「AK4499EQ」―

めちゃくちゃリスニングサウンドです!音がリアルですね。
迫力や解像度は「ES9068AS」より勝っています。
楽器の音の再現度が非常に高く、余韻まできれいに表現されます。
音のチューニングがとても素晴らしいです。
同社フラッグシップモデル「SP2000」でも「AK4499EQ」を使用していたので
そこで培ったノウハウがこの「SE200」へと惜しみなく投入されていると感じる出来です。


ひとつのプレイヤーでふたつのDACをすぐに選べて聴けるとはまさに夢のようなDAPとなっています。色々なジャンルやアーティストに合わせて使えるのはとても面白いと思います。一石二鳥を体現したこの『SE200』、おすすめです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ベスト   2020/08/03

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

最も素晴らしいプレミアムラインのAK

AKシリーズ初というだけでなく、DAPやオーディオ機器としても史上初
といってもいい、2種類のDACを搭載したプレミアムラインのモデルですが
第3世代フラッグシップであるSP2000に搭載されているAKM4499EQを
シングル構成ではありながら楽しめながらもESS製DACをデュアル構成で
聴く事ができるのはなんとも贅沢であり、良いとこ取りといった感じです。

外装の曲線美を生かしたデザインも素晴らしいですがUIでブルー色が採用されて
いるのはこのSE200のみであり、見慣れた白色のUIと異なる個性があります。
SE200にしかないブルーUIが美しいのでそれだけでも魅力があると思います。

また本体サイズは大きめですが重量はフラッグシップラインよりも軽量なので
ポータブルできる良い機種だと思います。

独立した2種類のDACを採用した技術はその後に登場したフラッグシップのSP3000
にも採用され、技術的にも通じるものがあり意欲作だったことが窺えます。

様々な魅力が詰まった機種だと思います。

続きを読む

にわとり さん (2022/10/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

これ1台あればいい

タイトル通りです。
AK、ESS両方の旗艦級DACを搭載しているので1台で2種類の音色を楽しむことが出来ます。
他の方も仰られてるようにAK側は元気で迫力のあるリスニングサウンド、ESS側はやや暖かみがありつつも曲全体を俯瞰しているようなモニターサウンド、と言った感じです。
私はよく歌モノを聴くので、ボーカルを生々しく表現してくれるESS側の方がお気に入り(両方同じくらいの頻度で使っていますが^^;)
同価格帯の他のDAPをあまり聞いたことがないので音の良さに関してハッキリとしたことは言えませんが、以前使っていたFiio M11 Proよりも解像度やパワー、表現力など多くの面で上回っていると感じます。
ただ欠点もいくつかあり、ひとつは角が尖りすぎててケースを着けないとポケットに入れての持ち運びが難しいこと、またOpen App Serviceの規制がアップデートの度に厳しくなっており、今ではapkファイルを書き換えても対応アプリ以外の起動が難しくなっていること等が挙げられます。
とはいえ総じて大変満足のいく買い物だったと思っています。
最近はアウトレットで10万円を切る値段がついていることもありますし、是非検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

やまだぁ さん (2022/10/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

2つの音で2倍の楽しみ

主にはAK zero1とAcoustune HS2000mxで聴いています。

普段の使用では、SE200の動作は高速の基準に達しており、オン/オフの速度と曲のスキャンがまだ少し遅いことを除けば、その他の動作にストレスはない。 バッテリーも長寿命化を実現し、使用感も満足のいくものです。

音については、存在感を示す2つの出力ソリューション、2つの音で2倍楽しむことができます。 ESS DACの雄大さ、AKM DACが得意とする解像感など、2組のDACで全く異なる2つの音を統合することは、イヤホンを能力を最大限に発揮させると思います。

続きを読む

イ さん (2022/07/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

色々試せるクリアサウンド!

2つのDACで同じ楽曲を聴き比べたり、DACごとに合うヘッドフォン、イヤフォンを試せたりと色々遊べるとてもクリアなサウンドの製品だと思います。

続きを読む

くまのみ さん (2022/02/22)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

1つで2つの音

モニターよりの音と、リスニングよりのおと2つの音があり、モジュール交換の製品が出つつありますが 私にはこの2つがあれば十分すぎるほどどちらの音も好みでした

続きを読む

サイナシ さん (2021/10/31)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

2つのdacである必要性

astell&kern futuraラインのSE200
私個人としてはこのfuturaラインが好きで、他のメーカーがやらなそうなことをやってくれる点と購入側の想像を超える製品をもってくる辺りが特に気に入ってます。
SE200はESSとAKMの2つのdacをもっており、自分が聴く曲によってdacを選んで使用する楽しさがあります。
もちろん2つのdacは音質も違います。ESSは寒色系でAKMは暖色系ですね。
ただESS側の完成度は少し甘いかなと感じました。他のAK機に比べると解像度や繊細さが一歩及ばずという感じです。
逆にAKM側はシングルdacなのに気持ち良く聴かせてくれるチューニングです。
値段おとしてAKM側だけで販売してほしいくらいですね。
と、AKM側ばかり使っててもなーんかたまには違う感じで聴きたいなぁってときにESS側で聴く、同じメニューを毎日食べ続けたら飽きるのと同じで、音楽も同じイヤホンや同じdacで聴いてると飽きがくるものです。そんなときに2つdacを積んだSE200なら一台で全て完結します。
またAKMとESSを同時接続して聴くこともできるのでリア充の方はそんな使い方もできますよ。
私には縁のない話ですが...

続きを読む

ごんす さん (2021/10/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2