• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SONY (ソニー)

IER-M7 Q

  • 新品

¥80,291 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4548736081635

  • 在庫状況

数量

- 買取上限価格 -

¥35,000

※買取上限価格は日々変動がございます

カートに追加しました。
カートへ進む
         

e☆イヤホンはソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

これまでのステージイヤーモニターとは別次元の立体感、精細感 IER-M9 株式会社スターテック サウンド・エンジニア 廣川 光一
これまでのステージイヤーモニターとは別次元の立体感、精細感 IER-M9 株式会社スターテック サウンド・エンジニア 廣川 光一

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確かつ豊かに描き出す高音質

IER-M7

  1. 新しいマルチBAシステムを搭載
    新しいマルチBAシステムでは、搭載する全てのBAドライバーユニットがそれぞれの役割を持ち、補完し合うことで、IEMとして求められる音質を高いレベルで実現することが可能になりました。
    特徴画像
  2. クワッド・バランスド・アーマチュア・ドライバーユニット
    バランスド・アーマチュア・ドライバーを4基(フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター)搭載。ボーカルや各楽器のバランス、リズムの立ち上がり、これらを正確に把握できる再生能力と高い遮音性を備えることで、ライブステージにおけるモニターに最適な音質を実現しました。
    特徴画像
  3. 音の透明度を高めるマグネシウムインナーハウジング
    インナーハウジング素材には高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を使用することで、BAドライバーユニットを堅牢に固定しつつ、不要な振動をおさえ音の透明度を高めます。
    特徴画像
  4. 自然な高音をそのまま聞くことができるオプティマイズドサウンドパス構造
    各BAドライバーユニットから再生された音は最適化された経路を通ることで、ロスすることなく耳に伝わります。これによりBAドライバーユニットの持つ自然な高音をそのまま聞くことができます。
    特徴画像
  5. 銀コートOFC線を採用
    OFC(OxygenFreeCopper:無酸素銅)の表面に純銀コートを施した、二重構造の導体を採用。信号伝送ロスを最小限に抑え音の劣化を少なくし、なめらかな高音域の再生を実現します。
    特徴画像
  6. ケーブルを使い分けられる着脱式
    Φ4.4mmのバランス標準プラグを採用し、KIMBER(R)社と協力して開発したケーブルMUC-M12SB1にも対応。Φ4.4mmのヘッドホンバランス端子を採用しているウォークマンNW-WM1Z/NW-WM1AやヘッドホンアンプTA-ZH1ESとバランス接続をすることが可能です。
    特徴画像
  7. 進化したノイズブロック構造
    遮音性を徹底追及した新しい筺体構造により、周囲の騒音を抑制。また同時に音漏れも低減します。背面空間と外気が繋がる経路を、高遮音の観点で最適設計。また、他の箇所が外気に繋がらないよう完全なシーリングが施されています。
    特徴画像
  8. 新開発プリフォームドイヤーハンガー
    従来のアジャストフリーイヤーハンガーの持つ快適で安定した装着性はそのまま、より簡単に素早く装着することが可能になりました。
    特徴画像
  9. 合計13種類のイヤーピースを付属
    2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた、独自開発のトリプルコンフォートイヤーピースを6サイズ付属。今までにない柔らかさと追従性で、高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現します。また、水洗いできるので清潔に使用できます。ハイブリッドイヤーピースは7サイズ同梱し、合計13種類からお選びいただけます。
    特徴画像
  10. 信頼できるハードケース
    持ち運び時の衝撃からヘッドホンを守る専用のハードケースを付属。表面には、耐久性を考慮しポリエステルクロスを採用しています。
    特徴画像
  11. 独自設計のシリコン製ケーブルホルダー付属
    ケーブルやハンガーへの負荷を軽減しつつ収納しやすいコンパクトなサイズにまとめます。ハウジング同士の接触を防ぐセパレーションを設け傷つきを防止します。
    特徴画像
スペック
型式 密閉クワッド・バランスド・アーマチュア
ドライバーユニット クワッド・バランスド・アーマチュア
感度 103dB/mW
再生周波数帯域 5Hz- 40,000Hz
インピーダンス 24Ω(1kHzにて)
最大入力 *1 100mW (IEC)
コード長 約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型ステレオミニプラグ、約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型バランス標準プラグ
コードタイプ Y型
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ、金メッキL型バランス標準プラグ
質量 *2 約9g

商品詳細

これまでのステージイヤーモニターとは別次元の立体感、精細感 IER-M9 株式会社スターテック サウンド・エンジニア 廣川 光一
これまでのステージイヤーモニターとは別次元の立体感、精細感 IER-M9 株式会社スターテック サウンド・エンジニア 廣川 光一

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確かつ豊かに描き出す高音質

IER-M7

  1. 新しいマルチBAシステムを搭載
    新しいマルチBAシステムでは、搭載する全てのBAドライバーユニットがそれぞれの役割を持ち、補完し合うことで、IEMとして求められる音質を高いレベルで実現することが可能になりました。
    特徴画像
  2. クワッド・バランスド・アーマチュア・ドライバーユニット
    バランスド・アーマチュア・ドライバーを4基(フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター)搭載。ボーカルや各楽器のバランス、リズムの立ち上がり、これらを正確に把握できる再生能力と高い遮音性を備えることで、ライブステージにおけるモニターに最適な音質を実現しました。
    特徴画像
  3. 音の透明度を高めるマグネシウムインナーハウジング
    インナーハウジング素材には高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を使用することで、BAドライバーユニットを堅牢に固定しつつ、不要な振動をおさえ音の透明度を高めます。
    特徴画像
  4. 自然な高音をそのまま聞くことができるオプティマイズドサウンドパス構造
    各BAドライバーユニットから再生された音は最適化された経路を通ることで、ロスすることなく耳に伝わります。これによりBAドライバーユニットの持つ自然な高音をそのまま聞くことができます。
    特徴画像
  5. 銀コートOFC線を採用
    OFC(OxygenFreeCopper:無酸素銅)の表面に純銀コートを施した、二重構造の導体を採用。信号伝送ロスを最小限に抑え音の劣化を少なくし、なめらかな高音域の再生を実現します。
    特徴画像
  6. ケーブルを使い分けられる着脱式
    Φ4.4mmのバランス標準プラグを採用し、KIMBER(R)社と協力して開発したケーブルMUC-M12SB1にも対応。Φ4.4mmのヘッドホンバランス端子を採用しているウォークマンNW-WM1Z/NW-WM1AやヘッドホンアンプTA-ZH1ESとバランス接続をすることが可能です。
    特徴画像
  7. 進化したノイズブロック構造
    遮音性を徹底追及した新しい筺体構造により、周囲の騒音を抑制。また同時に音漏れも低減します。背面空間と外気が繋がる経路を、高遮音の観点で最適設計。また、他の箇所が外気に繋がらないよう完全なシーリングが施されています。
    特徴画像
  8. 新開発プリフォームドイヤーハンガー
    従来のアジャストフリーイヤーハンガーの持つ快適で安定した装着性はそのまま、より簡単に素早く装着することが可能になりました。
    特徴画像
  9. 合計13種類のイヤーピースを付属
    2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた、独自開発のトリプルコンフォートイヤーピースを6サイズ付属。今までにない柔らかさと追従性で、高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現します。また、水洗いできるので清潔に使用できます。ハイブリッドイヤーピースは7サイズ同梱し、合計13種類からお選びいただけます。
    特徴画像
  10. 信頼できるハードケース
    持ち運び時の衝撃からヘッドホンを守る専用のハードケースを付属。表面には、耐久性を考慮しポリエステルクロスを採用しています。
    特徴画像
  11. 独自設計のシリコン製ケーブルホルダー付属
    ケーブルやハンガーへの負荷を軽減しつつ収納しやすいコンパクトなサイズにまとめます。ハウジング同士の接触を防ぐセパレーションを設け傷つきを防止します。
    特徴画像
スペック
型式 密閉クワッド・バランスド・アーマチュア
ドライバーユニット クワッド・バランスド・アーマチュア
感度 103dB/mW
再生周波数帯域 5Hz- 40,000Hz
インピーダンス 24Ω(1kHzにて)
最大入力 *1 100mW (IEC)
コード長 約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型ステレオミニプラグ、約1.2m 、銀コートOFC線、イヤーハンガー、金メッキL型バランス標準プラグ
コードタイプ Y型
入力プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ、金メッキL型バランス標準プラグ
質量 *2 約9g

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.7

低音の質

4.4

細やかさ

4.6

迫力

4.1

音場

4.3

遮音性

4.4

音漏耐性

4.1

26人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

これぞソニーの新モニター用イヤホン!

まず装着してみて驚いたのが、耳にほぼ完全にフィットする点。

XBA-Z5やMDR-EX1000のように、耳の横からカーブしてくるケーブルとは異なり

耳の真上からケーブルをSHURE掛けすることになるため

耳にピタッ!とフィットして装着感が非常に良いなと感じました。



音に関しては、5BAのIER-M9 Qと比べると、M9がほぼ全域癖のなくフラットな音に対して

こちらM7の方が若干低音に勢いがある感じがしました。

ですが、装着感と癖のない音質のため、ずっと聴いていてもストレスの感じない、

まさにステージでのモニター用に作られたイヤホンではないかと思います。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by もりぞー   2018/10/10

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

SONYがゼロから創ったステージモニター!

SONYがステージモニター市場に参入!

あれ?MDR-EX800STは?という方も多いのではないでしょうか。

すでに人気を得ているMDR-EX800STは、定番モニターヘッドホンMDR-CD900STと同様「スタジオで聴く音」の再現に重きを置いたイヤホンでした。今回発売となったIER-M7 Qは「ステージモニターとして必要な音質」にとことんこだわった製品として新たに開発されました。

まず大きく変わったのが遮音性。今までのSONY製モニターイヤホンではダイナミックドライバーを搭載している関係でハウジングに小さな空気穴が開いているものが多く、遮音性の面では他社のモニターイヤホンに軍配が上がっていました。今回、ドライバーをBA型のみで構成することで空気穴を無くし、十分な遮音性を獲得。同時に音漏れも大幅に減少しています。

音質面では各楽器・ボーカルが全てが前に来ているように感じます。・・・と言ってしまうとすごくごっちゃりしてそうに思われるかもしれませんが、そんな心配はご無用で「各楽器・ボーカルが一定の距離と位置関係を保って、しっかりと力強く音を報告してくれる」とでも言うべき解像感と情報量です。全体のバランスは中域メインのバランスタイプで、歯切れの良い低域がとても心地良く感じます。高域の伸びや現場の空気感という部分ではIER-M9に一歩及びませんが、声を重視される方にはIER-M7をぜひおすすめしたいですね。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by マヨ   2018/10/05

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

3.5

音場

3.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

The アベレージ!これぞステージモニター音質!!

はい!今回はSONYの最注目イヤホン、IERシリーズの登場です!

その中からIER-M7 Qのレビューです!

パッと聴いた印象では、癖のない安心できる音質です。

ドライバーが4BAということで、もっと情報量や繊細さで勝負をしてくるタイプかと思いきや!

非常に上から下まで繋がりがよくどこかの音域が出すぎることもない、

モニターイヤホンに求める音といえばこれ!!!という音が詰まっている

イヤホンですね!

最近のモニターイヤホンに感じていたモニターの形はしているけど味付けが濃いなーと

感じていた個人的なモヤモヤを聴いた瞬間にスカッと晴らしてくれました!

装着感に関しても以前のEXシリーズと比較すると格段に良くなっています!

なによりイヤーピースがSSからLまで6段階に分かれていますので、

ほとんどの方にフィットするのではないでしょうか?

フィット感の向上により遮音性や装着による不快感も少なく、長く音楽を聴く方にもおすすめです!

逆に言ってしまうと上のクラスのM9と比較すると相対的に味付けが薄く、

個性が少ない感じはします。

楽しく聴きたいという方はM9の方がいいかもです。

ただむしろモニターイヤホンとしてはこちらのが上なのでは?と思えるほどの

完成度のこのM7!!

モニターらしいモニターを探していたという方には特に聴いて欲しいです!

なぜだか安心できる、安定したモニター体験が待っていますよ!!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by けんさん   2018/10/04

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

ソニーらしい物造りが凝縮された傑作、IER-M7!

XBA-N3から買い換えました。購入に当たって、e☆イヤホンのフタッフに問い合わせたところ、「XBA-N3を お使いなら価格は倍位違いますが価格の開き程、満足度は上がらないかもしれない。物足りなく感じる可能性が有るので、XBA-Z5か最高峰のIER-Z1Rの方がお薦めです」という参考意見を頂きました。しかしプロ仕様のステージモニター製品をパーソナルなリスニングに使えるというコンセプトと、パッケージの魅力にも惹かれ、敢えてIER-M7の中古A品を購入しました。
初めて聴いた印象は、購入前に貰った意見通りに何処が新品で8万円もするイヤホンの音なんだろう? XBA-N3と比べて何処が優るのか? という印象でした。しかし私に取っては大枚を叩いて購入した商品であるが故、我慢して色々なアーティストの曲を聴いてみました。その内に段々と この製品の音が好きになって来ました。4基のマルチBAが分担する高音から中音・低音に掛けて、ステージモニターとして期待した程の迫力は無いものの、全ての帯域がフラットな音質で原音を忠実に再現しているというのが伝わって来ました。「ボーカルの息遣いまでも再現する」というのはチョット誇大表現かと思っていましたが、某30代女性アーティストの曲を聴くと、曲の合間の息継ぎの音まで はっきりと聞き取れます。毎日の様に1時間以上、使用していますが、少しづつ本商品の良さが分かる様になり、近年のソニーさんの製品の中では、如何にもソニーらしい製品開発コンセプト・背景に基づいた傑作と言えるのではとまで思う様になりました。IER-M9とどの程度 音質に差が有るのかは知りませんが、私にはIER-M7で充分、そして日に日に お気に入りのイヤホンになって来ています。末永く愛用したいです。

続きを読む

みっしー さん (2022/02/23)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 5

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

モニターイヤホンとしては満足

イヤピースをトリプルコンフォートイヤピースで使用。
ボーカル曲をメインに聴いています。
リスニングよりやはりモニターイヤホンという印象がありますね。
M9のスーパーツイーターがない分やはり高域は物足りなさを感じますが解像度が高く音の分離は良く各音を聴き込むには最適かと思います。
リスニングならAcoustuneのHS1657CUの方が楽しく聴けますが音の分離感と観察という点ではモニターイヤホンであるM7のフラットな音の方が優れれていると思います。あとイヤピで印象が変わりやすいので複数種類用意するとよいと思います。

続きを読む

TATSUO.F さん (2021/12/28)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

パッシブノイズキャンセリング最高!!

こちらのIER-M7ですが、業務用機ということもあり、様々な面でプロレベルだと思います。
まず音に関してですが、ほかのイヤモニに比べても圧倒的な正確性を持っています。低音から高音まで非常にフラットに鳴ってくれます。少し高音の主張が弱い気がしますが、その場合はIER-M9がいいかもしれません。
次に遮音性ですが、ほかのイヤホンと比べて非常に優れていると思います。ベント(通気孔)がないので少し圧迫感がありますが、アクティブノイズキャンセリングに比肩する遮音性能です。パッシブノイズキャンセリングなので、アクティブのようにホワイトノイズが入ることもないので重宝します。
少し価格が高いですが、得られる価値は値段以上だと確信しています。

続きを読む

よっこー さん (2021/10/26)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.5

いい意味でbaらしくない

前からSONYの有線イヤホンが気になっていたのでAランク美品でeイヤホンで中古を買いました。

環境
スマホ
ddhifi tc44b
bispa 凌 2.5mmバランス
イヤピ spinfit cp100+

さすがモニターイヤホンとゆう音質
音量をあげてもバランスが崩れることもなく満遍なく聴かせてくれます。

長時間聴いていられる音だし最高にちょうどいい高中低のバランスでこの価格帯ならお得感があります。

時々くるいいなあと思う高音が艷があり最高で低音もけっこうでます。

ba四機だけのイヤホンなのにdd型の用な迫力もある不思議なイヤホンです。

続きを読む

マジョリカ さん (2021/10/19)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

はじめてのモニターイヤホン

初めてのモニターということで、まず耳をほぼ完全に塞ぐような遮音性が素晴らしかったです。
やっぱりボーカルの音が際立つのと、音の粒立ちが普通のイヤホンとは違いますね。
他の上位機種も気になるところですが、これも使う価値あると思います。

続きを読む

バカっちょ金魚 さん (2021/10/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

3.5

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

まさにモニター

リスニングでも使えますがやはり主戦場はステージや音楽制作の現場でしょう。全体的なバランス、定位、装着感、遮音性、どれも一流です。さすがSONY

続きを読む

にゃんこ先生 さん (2021/10/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1