• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

生産終了品

SONY

MDR-EX800ST

  • 新品

¥20,510 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4905524658118

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥9,500 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

この商品を買った人はこんな商品も買っています

  • 商品詳細

  • レビューレビューあり

型番末尾の「ST」はSONYの業務用モデルの証!
ソニースタジオのサウンドエンジニアと共同で開発され、手作業で製造されるが故に品質の高さはトップクラス。
カナル型イヤホンの弱点と言える音のこもった感じが極端に少なく、澄み切った再現性は音楽鑑賞用としても威力は絶大。
「隠れた音まで全て聴きたい」そんな要望に応えられる数少ないモデルかもしれません。
フレキシブルイヤーハンガー方式を採用した装着方法は慣れればストレスなく長時間のリスニングが出来て、かつ外れにくいのが特徴。交換式ケーブルも永くパートナーにしておくのには必要不可欠な要素です。嘘偽りの無い美しい音を望む方にはマストバイなアイテム!

見た感じ、イヤホン大きいし装着感はどうなんだ!?と思っていましたが、なんの心配もいりません!
思った以上に女性の耳にもフィットします。しかも耳掛け部分も痛くなりにくく快適に音楽を楽しめちゃいます!
そして音質は解像度が非常に高いです。また音が出す、圧力といいましょうか、力強さみたいなものがひしひしと伝わってきます。なのでより一層、低域はパワフルさがあります。また音の抜けも抜群に良いので自然な音楽を楽しめます。
あと個人的に好きな部分が、イヤホンのカラーリング!!
細かい部分ではありますが、左右に青と赤のカラーリングが本体とケーブルの着脱部分に施されており、金属部分のデザインとマッチしていてオシャレで見た目も文句なしです!!!

率直に聞いた感想はモニターモニターしてるなってところですねやっぱり。付け心地は慣れない方には少し違和感を抱くかも?結構耳から出るので気にかたもいらっしゃるかと。ですが、それを忘れさせてくれるような解像度の高さ、自然な周波数特性を実現してるおかげか、アーティストの方には大変オススメなモデル!
パッケージも媚びない感じの音で勝負しているところがカッコイイとおもいました!
ケーブルも交換がきく仕様になっててアクシデント時にも対応可能♪スタジオで聴く音を忠実に再現してくれるところが買う時の決め手にもなるんではないでしょうか?音楽活動をしていない方でも音をありのままの状態で聴きたいっ!という方は購入の候補に挙げてみては?

◎特徴

  • ・スタジオで聞く音を忠実に再現
    アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。

    ・ライブに適した装着性と耐久性
    耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。
    また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード変換など、ライブ環境に適した耐久性の機能性を実現しています。

    ・スタジオモニターヘッドホンのノウハウを存分に投入
    レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。
    精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。

◎スペック

  • 形式:密閉ダイナミック型
    ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
    最大入力:500mW
    インピーダンス:16Ω
    音圧感度:108dB/mW
    再生周波数帯域:3~28,000Hz
    コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
    コードの太さ:Φ1.9mm
    プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
    質量:約7g(コード含まず)

商品詳細

型番末尾の「ST」はSONYの業務用モデルの証!
ソニースタジオのサウンドエンジニアと共同で開発され、手作業で製造されるが故に品質の高さはトップクラス。
カナル型イヤホンの弱点と言える音のこもった感じが極端に少なく、澄み切った再現性は音楽鑑賞用としても威力は絶大。
「隠れた音まで全て聴きたい」そんな要望に応えられる数少ないモデルかもしれません。
フレキシブルイヤーハンガー方式を採用した装着方法は慣れればストレスなく長時間のリスニングが出来て、かつ外れにくいのが特徴。交換式ケーブルも永くパートナーにしておくのには必要不可欠な要素です。嘘偽りの無い美しい音を望む方にはマストバイなアイテム!

見た感じ、イヤホン大きいし装着感はどうなんだ!?と思っていましたが、なんの心配もいりません!
思った以上に女性の耳にもフィットします。しかも耳掛け部分も痛くなりにくく快適に音楽を楽しめちゃいます!
そして音質は解像度が非常に高いです。また音が出す、圧力といいましょうか、力強さみたいなものがひしひしと伝わってきます。なのでより一層、低域はパワフルさがあります。また音の抜けも抜群に良いので自然な音楽を楽しめます。
あと個人的に好きな部分が、イヤホンのカラーリング!!
細かい部分ではありますが、左右に青と赤のカラーリングが本体とケーブルの着脱部分に施されており、金属部分のデザインとマッチしていてオシャレで見た目も文句なしです!!!

率直に聞いた感想はモニターモニターしてるなってところですねやっぱり。付け心地は慣れない方には少し違和感を抱くかも?結構耳から出るので気にかたもいらっしゃるかと。ですが、それを忘れさせてくれるような解像度の高さ、自然な周波数特性を実現してるおかげか、アーティストの方には大変オススメなモデル!
パッケージも媚びない感じの音で勝負しているところがカッコイイとおもいました!
ケーブルも交換がきく仕様になっててアクシデント時にも対応可能♪スタジオで聴く音を忠実に再現してくれるところが買う時の決め手にもなるんではないでしょうか?音楽活動をしていない方でも音をありのままの状態で聴きたいっ!という方は購入の候補に挙げてみては?

◎特徴

  • ・スタジオで聞く音を忠実に再現
    アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。

    ・ライブに適した装着性と耐久性
    耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。
    また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード変換など、ライブ環境に適した耐久性の機能性を実現しています。

    ・スタジオモニターヘッドホンのノウハウを存分に投入
    レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。
    精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。

◎スペック

  • 形式:密閉ダイナミック型
    ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
    最大入力:500mW
    インピーダンス:16Ω
    音圧感度:108dB/mW
    再生周波数帯域:3~28,000Hz
    コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
    コードの太さ:Φ1.9mm
    プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
    質量:約7g(コード含まず)

あなたにおすすめ

閲覧履歴に基づくおすすめ商品

ラッピングサービス
店頭受取サービス

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.7

低音の質

4.6

細やかさ

4.5

迫力

4.1

音場

4.2

遮音性

3

音漏耐性

2.9

49人のお客様がレビューしています。

スタッフのレビューはありません。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

3.0

遮音性

2.5

音漏耐性

4.0

びっくりした

二つ目に買ったシュアがけのイヤホンでした!
前のイヤホンと同じ音量にしていたのにイヤホンから聞こえる音の大きさが違くてびっくりしました!
音の質感も段違いでびっくりです!
ですが少しでも風があるところだと風の音が聞こえてきてしまうのが悔やまれました
ですので家で使うようにしています

続きを読む

サンライス さん (2021/01/05)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

3.5

迫力

3.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

初めて購入したモニターイヤホン

タイトル通り初めてモニターイヤホンを購入しました。
購入理由は好きなゲーム実況者がゲームするうえでこのイヤホンが本当にいいと紹介されていたためです。
もともとヘッドホンでゲームをしていたのでイヤホンでゲームをすると音場や臨場感が減るのではないかと思っていましたが、このイヤホンでその感想はすべて吹き飛びました。
臨場感はたしかに少し減ってしまったかもしれませんがそれを凌駕する音場が素晴らしい。
モニターイヤホンなので音に味付けも少なく音の分離がうまくそれによって音場がわかりやすいという話を聞いていたのですがまさしくその通りでした。

逆に音楽を聴くうえでは素直過ぎてあまり面白みのない音に聞こえてしまいました。

続きを読む

watti さん (2020/12/24)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

無評価

全体的にはすごく魅力的なイヤホン

このイヤホンはスタジオ仕様ということで、箱などはかなり簡素でそのおかげか値段は控えめになってると思います。音もかなり詳細に聞こえて、シャンプーもののASMRとかを聞くと爪が生地をひっかく音まで聞こえるほどです。ただ一つ問題を上げるなら装着したあとにどういう風に他人から見えるのかが気になるという点ですかね。装着感すごくいいのですが、耳から飛び出しているのが気になります。

続きを読む

TDU さん (2020/12/16)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

5.0

流石、長年業界で愛用されるプロ用モニターイヤホン

非常に音が澄みわって、中〜高音域の広がりが素晴らしいの一言。低音域はソニーのXBシリーズにやや見劣りするが、これは発売開始年を考えればいたしかたないか。

長年第一線で活躍する機種だけあって流石の一言です。

ただこれから購入を考えている人は店頭で必ず試着してください。私の場合は左耳の形状と相性が悪くて、ハンガーを何回調整してもポロリと落ちてしまいますし、なんならLが右耳の方が安定するというおかしなことに。

続きを読む

地主 さん (2020/07/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

2.0

音漏耐性

2.0

さすがはド定番

イヤホンは主にスマホで使用、スマホ買い替えに伴い衝動買いしました。長年低音が好評な某社カナル型で満足していましたがEX-800STは全域でクリア。低音は今まで以上に力強さを感じ、中域は比べ物にならないほど爽快に入ってきます。高域も響きすぎず流石はイヤモニのド定番、もう戻る気にはなれません。使用環境でベストな選択肢は様々ありますが多少の音漏れが気にならない環境でイヤホンをお探しの方へは“とりあえずこれ買っとけば満足できるよ”と伝えたいです。

続きを読む

yamabato さん (2020/04/25)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:規格なし

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

3.0

音漏耐性

2.5

これでいい。これがいい。

イヤホンスパイラルに入って少なくとも10年ほどは経過したのでしょうか。

ヘッドホンが好きなのですが、ポータブルオーディオも流行りだした頃でイヤホンにも興味を持ちました。最初に音の良し悪しを意識しながら買った製品がEX700、満足できず、10proやwestone3、ER4Sなどを2、3ヶ月の間に買い揃え、カスタムIEMにすぐ飛びつき、それでもいまいち満足できずに手を伸ばしたのが、MDR−EX1000でした。自然さや空間表現の開放的な感じに感動しました。

EX800STもEX1000を購入した時に同時に買ったのだったと記憶してますが、一度か二度聞いて放置し、ずっと机の中で眠らせていました。つまりパッと聴きはあんまりインパクトがないのかもしれません。EX1000よりも低域の量感があります。
最近は、昔ハイエンド帯と言われていたクラスはミドルクラスになり、10万を軽く超えるような製品がわんさかあります。k3003などが初めて出たときは衝撃的な値段に驚愕したものです。
ですが、高価格なハイエンド機が増えたからと言って過去のイヤホンより音が軒並み素晴らしく良くなったというふうには思えませんでした。
高域を明らかに持ち上げ、鮮烈な印象を持たせたり、低域を持ち上げて、壮大なイメージを持たせたりといった具合の製品が多いように感じ、あるがままの音を素直に出す、音源が微妙なら微妙な音を出す、いわゆるモニター的な製品が減ったように感じています。モニターを謳っていてもなにかその会社独自の味を感じてしまうのです。
それで、このイヤホンをほぼ10年近いのでしょうか?つい最近机から引っ張りだし聴いてみたところ、あっ、これでいい。そう思いました。
上流をしっかり整えて、お気に入りのアンプを通して、ありのままの音を届けるこのイヤホンで音楽を聴く。そうしたらつまらない音なはずはありません。
あなたの視聴環境を本当に素直に出力してくれる最高の一本になるはずです。

続きを読む

ちゃん さん (2020/04/06)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2