• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

intime

碧(SORA)-Light【2019Edition】

生産終了品

intime

碧(SORA)-Light【2019Edition】

  • 新品

¥4,073 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

4589711400096 ~ 4589711400119

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥1,500 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

intime(アンティーム) 碧(SORA)-Light商品画像

intime(アンティーム)
碧(SORA)-Light【2019Edition】

碧 Lightの2019年版マイナーチェンジモデル

「碧-Light」では、セラミックツイータVSTの共振周波数を変更させ、
より効率の良い高周波再生能力を持たせることに成功しました
「Light」というイメージとは逆に、深く広がりのあるサウンドはセラミックサウンドの新しい可能性さえ感じさせてくれます。
価格的には「intime碧」の弟分として位置づけていますが、
音質や解像度は兄貴分の「碧」をも圧倒するレベルに仕上がっています。
さらに碧よりも軽量なため、より気軽に「日常に良い音を」という弊社コンセプトのもと、
ハイクオリティなサウンドを自由に持ち出せるそんなイヤホンをここにご提案いたします。

  1. セラミックツイータVSTを新しくチューニング
    独自開発の積層型セラミックツイータVSTの周波数特性をわずかに可聴域側に寄せることで、より低価格にもかかわらず解像度の高い自然な音を感じるようになりました。
    ツイータの価格はその振動エネルギーの大きさに依存します。

    VST2ではセラミックエンジンを2枚使い、スーパーツイーターの最高峰を目指しました。

    今回、intime碧-Lightではエントリーモデル用に振動エネルギーを低減させつつ、
    再生周波数帯域を可聴域側にシフトさせたエントリー型のVSTを開発しました。
    その結果、特に高域におけるユーザーの聴感感度が向上し
    解像度の高い音を実現することが出来ました。
    勿論スーパーツイーターとして可聴域外での感度の良さは「碧」に勝るとも劣りません。
    見通しの良さはこの価格帯では群を抜いています。
  2. 真鍮と樹脂筐体のハイブリッド化による軽量化
    音を放出しかつセラミックツイータを強固に支持するフロント側の筐体には、表面に高耐久ニッケルメッキを施した真鍮素材を採用しました。
    固定端のしっかりした筐体を用いることはセラミックツイータを用いる上での重要な要件です。

    またリア側の筐体には煌や轟でも採用された音質を柔らかくする樹脂筐体を採用し、軽量化と高音質化の両方を実現しました。
    「intime碧」よりも実に7gを越える大幅な軽量に成功しました(碧=25g→碧-Light=16.4g)。

    当然ではありますが音に関しても「碧」同様に豊かな音の響きを再現しています。
    金属筐体と樹脂筐体のハイブリッドな音作りや空間表現力は煌や轟で得られたノウハウをフルに活かしております。
  3. 1)イヤピースの変更 【2019Edition】
    現行のintime碧Lightではイヤピースにスピンフィットを採用しておりましたが、2019Editionではアコースチューン社のイヤピースAET07を採用いたしました。 双方共にハイファイ用のイヤピースとしてフィット感や音質に関して市場で非常に高い評価を得られていますが、2019Editionでは、より多くのお客様にジャストフィットして頂くためにサイズバリエーションが豊富なAET07を選択するに至りました。

    ・現行品ではS,M,Lの3サイズを標準同梱しておりましたが、2019EditionではS,M-,M+,Lの4サイズを標準同梱いたしました。
    ・またカラーリングもSORAのイメージに合わせてホワイトを採用しました。爽やかなイメージに変わっただけではなく、現行の黒に比べて汚れの付着も目立たないため清潔感も増してきます。
  4. 2)ケーブル被覆の変更 【2019Edition】
    現行品ではケーブル被覆にセレーションを入れ、ケーブルが絡まることを防止していましたが、多くのお客様からケーブル被覆の手触りをもっとなめらかにして欲しいというご要望を頂きました。
    そこで既に限定販売している碧Lightバランス2.5に用いていたケーブル被覆を採用、ケーブル表面の滑りを良くし、よりタッチノイズの低いケーブルに変更いたしました。
スペック
形式 ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバー ハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル 102dB/mW
再生周波数帯域 20Hz~40kHz
インピーダンス 22Ω
ケーブル Φ3.5mmステレオプラグ(無酸素銅)
イヤピース アコースチューン AET07(S,M-,M+,L)
付属品 取り扱い説明書

商品詳細

intime(アンティーム) 碧(SORA)-Light商品画像

intime(アンティーム)
碧(SORA)-Light【2019Edition】

碧 Lightの2019年版マイナーチェンジモデル

「碧-Light」では、セラミックツイータVSTの共振周波数を変更させ、
より効率の良い高周波再生能力を持たせることに成功しました
「Light」というイメージとは逆に、深く広がりのあるサウンドはセラミックサウンドの新しい可能性さえ感じさせてくれます。
価格的には「intime碧」の弟分として位置づけていますが、
音質や解像度は兄貴分の「碧」をも圧倒するレベルに仕上がっています。
さらに碧よりも軽量なため、より気軽に「日常に良い音を」という弊社コンセプトのもと、
ハイクオリティなサウンドを自由に持ち出せるそんなイヤホンをここにご提案いたします。

  1. セラミックツイータVSTを新しくチューニング
    独自開発の積層型セラミックツイータVSTの周波数特性をわずかに可聴域側に寄せることで、より低価格にもかかわらず解像度の高い自然な音を感じるようになりました。
    ツイータの価格はその振動エネルギーの大きさに依存します。

    VST2ではセラミックエンジンを2枚使い、スーパーツイーターの最高峰を目指しました。

    今回、intime碧-Lightではエントリーモデル用に振動エネルギーを低減させつつ、
    再生周波数帯域を可聴域側にシフトさせたエントリー型のVSTを開発しました。
    その結果、特に高域におけるユーザーの聴感感度が向上し
    解像度の高い音を実現することが出来ました。
    勿論スーパーツイーターとして可聴域外での感度の良さは「碧」に勝るとも劣りません。
    見通しの良さはこの価格帯では群を抜いています。
  2. 真鍮と樹脂筐体のハイブリッド化による軽量化
    音を放出しかつセラミックツイータを強固に支持するフロント側の筐体には、表面に高耐久ニッケルメッキを施した真鍮素材を採用しました。
    固定端のしっかりした筐体を用いることはセラミックツイータを用いる上での重要な要件です。

    またリア側の筐体には煌や轟でも採用された音質を柔らかくする樹脂筐体を採用し、軽量化と高音質化の両方を実現しました。
    「intime碧」よりも実に7gを越える大幅な軽量に成功しました(碧=25g→碧-Light=16.4g)。

    当然ではありますが音に関しても「碧」同様に豊かな音の響きを再現しています。
    金属筐体と樹脂筐体のハイブリッドな音作りや空間表現力は煌や轟で得られたノウハウをフルに活かしております。
  3. 1)イヤピースの変更 【2019Edition】
    現行のintime碧Lightではイヤピースにスピンフィットを採用しておりましたが、2019Editionではアコースチューン社のイヤピースAET07を採用いたしました。 双方共にハイファイ用のイヤピースとしてフィット感や音質に関して市場で非常に高い評価を得られていますが、2019Editionでは、より多くのお客様にジャストフィットして頂くためにサイズバリエーションが豊富なAET07を選択するに至りました。

    ・現行品ではS,M,Lの3サイズを標準同梱しておりましたが、2019EditionではS,M-,M+,Lの4サイズを標準同梱いたしました。
    ・またカラーリングもSORAのイメージに合わせてホワイトを採用しました。爽やかなイメージに変わっただけではなく、現行の黒に比べて汚れの付着も目立たないため清潔感も増してきます。
  4. 2)ケーブル被覆の変更 【2019Edition】
    現行品ではケーブル被覆にセレーションを入れ、ケーブルが絡まることを防止していましたが、多くのお客様からケーブル被覆の手触りをもっとなめらかにして欲しいというご要望を頂きました。
    そこで既に限定販売している碧Lightバランス2.5に用いていたケーブル被覆を採用、ケーブル表面の滑りを良くし、よりタッチノイズの低いケーブルに変更いたしました。
スペック
形式 ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバー ハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル 102dB/mW
再生周波数帯域 20Hz~40kHz
インピーダンス 22Ω
ケーブル Φ3.5mmステレオプラグ(無酸素銅)
イヤピース アコースチューン AET07(S,M-,M+,L)
付属品 取り扱い説明書

満足度

4.5

高音の質

4.4

中音の質

4.2

低音の質

4.1

細やかさ

4.1

迫力

4

音場

3.8

遮音性

3.8

音漏耐性

3.5

126人のお客様がレビューしています。

STAFF

カラー:Light

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

3.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

5.0

碧-Light-がさらにパワーアップ!

碧(SORA)-Light-がリニューアルしてもどってきました!



今までの碧-light-はボーカルの声がきれいで

全体の音も引き締まって、とてもクリアな音が特徴的な

優秀なイヤホンという印象でした。



しかし、もう少し低域が感じられたらいいなあと思われた方も

いらっしゃるのではないでしょうか?私は思っていました。



この【碧-Light- 2019Edition】はそんな方にぜひ聴いていただきたいです!



先導するようなボーカルの力強さときれいさは前モデルと変わらず、

高域のはっきりとした音の輪郭も失われていません。

そこに低域の迫力が加わったことによって、さらにバランスの良さが

上がり、中域・高域のきれいさがより際立って感じられます。



マイケル・ジャクソンの「Ben」と東京事変の「空が鳴っている」で

試聴しましたが、「Ben」のやわらかく、高域がキレイな楽曲も、

「空が鳴っている」の、力強いバンドサウンドもバランス良く鳴らしてくれていました。



まさに死角なしの完璧なイヤホンですね。



以前の碧-Light-が気になっていたのに。という方もご安心ください。

イヤーピースの違いや、若干の音の変化はありますが、前モデルのいいところを

しっかりと引き継いでくれているので、ガラリと音が変わっているのでは?

という心配はいりません!



この機会にぜひ、碧-Light-デビューしてみて下さい!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2019/05/07

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:Light

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

これ以上コスパの高いイヤホンを僕は知りません

大人気の「碧(SORA)-Light」が2019年モデルとしてリニューアルです!



前のモデルと比較として中高音域は少し落ち着き、低域の量感が増した印象を受けました。

かといって前モデルの解像度の高さはしっかり引き継がれているので、

クリアな音質はそのままに、よりバランスのとれた傾向にシフトしたイメージです。

イヤーピースがスピンフィットからAET07に変わったことによる影響もあるかと思います。



もう1つの変更点としてケーブルがなめらかな素材となりました。

これによりタッチノイズが軽減されています。



通常の「碧(SORA)」と比べて聴いてみたのですが、

高域の伸びや響きに関しては「碧(SORA)」の方が勝っている印象でした。

女性ボーカルをよく聴く方や中高音域をメインに聴きたい方はこちらの方がおすすめです。



通常の「碧(SORA)」だと高域が刺さり気味だと感じる方や低域も欲しいという方、タッチノイズが気になるという方は「碧(SORA)-Light」の方がおすすめです。



そして何よりこのイヤホンの1番の魅力はその価格です!

上の価格帯のイヤホンと比べても遜色のない解像度をもつにもかかわらず、この価格設定は今だに信じられません。

これぞコスパ最強イヤホンです!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by マロン   2019/04/29

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:Light

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

3.5

空のように透き通る音

大人気モデルの碧(SORA)がLightになって登場しました。

本体は半分が透明となり、更にとっても軽量に!

軽量なので耳への負担、耳から落下の心配が少なくなりました。



【2019Edition】はケーブルが太さはほぼ変わらず、被膜が艶やかになりました。

付属イヤーピースは軸のしっかりとした、AcoustuneのAET07になったため、

耳へのフィット感、遮音性が向上したように感じられました。



音質に関しましては、

中高域の解像度が高く音質は、とてもクリアで晴天の空のようです。

高域は通常のSORAと比べて刺さりづらくなっているので、管楽器、

シンバルが引き締まって聞こえます。



低域はベースに厚みがあり、バスドラムは、アタックが感じやすく迫力のあるサウンドです。



どの音も埋もれにくく、オールジャンル聴きやすいので楽しく聴くことができました。

特にジャズとの相性がよく感じました。管楽器、ベースのバランスが程よいです。



解像度の高い音で音楽を聴きたい、でも高額なイヤホンはちょっと...

という方にぜひ試聴していただきたいイヤホンです。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by そね   2019/04/26

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

STAFF

カラー:Light

高音の質

4.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

大人気モデルがリニューアル!

大人気の「碧(SORA)-Light」が2019年モデルになってリニューアルされました!



大きく変わった点としては、付属するイヤーピースがAcoustuneのAET07タイプに変更され

さらに、ケーブル被膜には2.5mmバランスモデルに採用されたものを使用することでタッチノイズが軽減されています。



音質に関しては、従来通りの透き通ったボーカルなどの中域はそのまま残しつつ、

イヤーピースの変更を行うことでより厚みのある低域に変化しています。



ただ、高域を比較してみた時にはやや解像度で劣ってしまっているような印象を受けました。

従来モデルもアタック感はなかなかありましたが新モデルの方がやや強く、

よりEDMなどのハイスピードな音楽向けだと思います。



多少の音質の変化はありますが従来モデル同様、価格帯に見合わない音質の良さは無くなっていませんでした。付属イヤホンからのステップアップや、サブ機として一本持っておいて後悔することは無い一本だと思います!

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー by ホーク   2019/04/23

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Light

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

スマホ用イヤホンとして購入

5000円以下のイヤホンでは特におすすめされていたので購入。1ヶ月使用してからのレビューです。
開封直後はザラついた音だったので数時間エージングをしたところ少し滑らかになり、エージングの前後でかなり音が変わるなと感じました。音楽を聞いていると音がキラキラしているような気がします。気に入っているイヤホンで聞いてるとなんだか楽しくなりますね…

装着感は良いですが右側だけ耳の奥まで押し込むとパキパキっと結構大きな音が聞こえるので最初はびっくりしました。また耳の中が密閉されると音が聞こえにくくなります。
持ったときにイヤホンの凹んでいる部分で左右が分かりやすいのはとても良いです、本体は真鍮が使われているため他のイヤホンと比べて重く感じました。綺麗に使いたい場合は使用後に拭くなどしたほうがいいかもしれません(いつの間にか一部変色していました)。
ケーブルは硬くクセも強いので使っているときに結構気になります。タッチノイズも有り。
カラーはアクアマリンやガーネットも鮮やかで綺麗だなと思いましたが個人的には通常版のほうが落ち着いていて好みです。

続きを読む

了 さん (2020/08/20)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Light

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

高級機を降りました。

イヤホン歴は16年ほどです。ソニー、オーテク、ファイナル、キャンプファイアーと聴いてきました。元々シュア掛けが好きではなかった私ですが、碧ライトを聴いて驚きました。基本がキチンと出来ていて、ハウジングもしっかり。故に基本としての土台は値段を超えてしっかりしてます。また私の耳にもスッポリ。おそらく筐体自体が合うのでしょう。どんなに高額なアイテムでも合わなければハッキリ申しあげると合わないアイテムよりも意味のないものと思います。キッチリ合えばこのアイテムは音楽を細かいことを抜いて音楽の楽しさとして教えてくれると思います。音質=粒立ちが〜音場が〜と言われるものが至高だ、値段が高ければ至高だと思われがちな音響設備ですが、intimeのアイテムはそれを根底から覆す新しい時代のイヤホンと感じます。

続きを読む

HONEY BEE さん (2020/07/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 1

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Light

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

3.5

遮音性

4.0

音漏耐性

無評価

最初は?、でも、お店の対応が最高でした!!

金額とデザイン、そしてレビューので多数の高評価に期待して通販購入しました。しかし到着した商品は、今ひとつ迫力が無く、時折プツプツ音がする気が…。でも、しばらく使ううちに馴染むかもと思いつつ使用しましたが、やはりR側がおかしい。あらためて片耳づつ聞くと、音量が小さい。その時点で到着後2週間以上経過していましたが、問い合わせフォームから交換希望を申し出ると即了承の回答をいただき、翌日には新品が到着しました。早速試聴すると、やはり前回商品が不具合品だったと即わかるほど、素晴らしい音質です。この商品より高額なイヤホンももっていますが、中高音のキラキラ感が際立ちます。女性ボーカルに合うと思います。
最後にこの大変な情勢のなか、即対応してくれた貴店に感謝し、ぜひ再度利用させていただきたいと思いました。長文失礼しました。

続きを読む

おさみん さん (2020/05/30)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 3

満足度

5.0

USER REVIEW

カラー:Light

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

低価格だけど

碧(SORA)-Lightは旧モデル、2019Editionと購入してきました。
質感も音も安さを感じさせません。オススメです。
2019Editionになってケーブルが絡まりにくくなりました。

続きを読む

しぇりまる さん (2020/05/18)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Light

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

フルレンジ+ツイーターのスピーカーのよう。

e+イヤホンさんで中古を購入しました。イヤピは七福神の長楽に変えてます。
VSTという高域ツイーターのお陰か、E3000などに比べてくっきり感やクリア感は良い感じです。
ただこのギリギリ目立つ良さが裏目に出る部分もあり、弦楽器などは弾く瞬間が強すぎに感じて響く感じとのバランスが気になる曲もあります。例えると海外の小型ブックシェルフ型スピーカーに対抗して作った高域が売りな国産スピーカーな感じですかね。
ボーカルも聞きやすいし、楽しく表現するイヤホンです。
実売4000円程度以下では、CD音源などを聴くのはSORA-Light、コンサートの立体的な会場感はE3000、その中間的な感じに水月雨SpaceShipと高評価の3機種を変えて使うと幸せかと思います。

続きを読む

チャーリー さん (2020/04/17)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 2

満足度

4.5

USER REVIEW

カラー:Light ガーネット

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

3.5

音漏耐性

3.5

女性ボーカルに

初代「碧」のボーカル表現が好みなので、
碧Lightに続いて2019Editionも購入してみました。
ボーカルや高域の解像度がとても高く、ボーカルと楽器とのバランスも良いです。重低音を求めるのでなければ抜群のイヤホンです(特に、女性ボーカル)。コストパフォーマンスも申し分ないです。
碧Lightからイヤピースとケーブルが変更されているということですが、私の耳では音の違いは分かりませんでした。
「煌」ともかなり良く似た音なのですが、「煌」のほうが僅かですが情報量の多さ(解像度の高さ)を感じます。
コスパの「碧」、リケーブルで更に高音質を望める「煌」です。
とにかくボーカルを主体に聴かれるという場合は茶楽音人のCo-Donguriシリーズとの比較をお薦めします。

デザイン面では、鮮やかな赤が素敵です。

続きを読む

南海人 さん (2020/01/15)

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

参考になった! 0