• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

Campfire Audio

ANDROMEDA 2020 【CAM-5492】

生産終了品

Campfire Audio

ANDROMEDA 2020 【CAM-5492】

  • 新品

¥142,230 税込

加算ポイント
0pt

保証期間

商品コード

729440685492

  • 在庫状況

数量

e☆イヤホン買取センター

買取価格

¥75,000 税込

上記、提示価格は買取上限金額です。
実際の買取価格は査定に準じます

カートに追加しました。
カートへ進む
  • 商品詳細
  • レビューレビューあり

さらに愛される新しいANDROMEDA

Campfire Audio ANDROMEDA 2020

インサイドマジックにより新章スタート
内部構造を一新し生まれ変わった「ANDROMEDA」

  1. Campfire Audioで最も愛されているイヤホン「ANDROMEDA」
    外観こそこれまでのANDROMEDAを踏襲していますが、ANDROMEDA 2020は内部構造が大きく異なります。 新構造「ソリッドボディ設計」により内部パーツが一つになり、筐体内の空間は音響性能をさらに向上するために細かく調整されています。 このアプローチにより明瞭さと解像度が向上し、より洗練れされたサウンドへとアップデートしました。 たくさんの人に愛された ANDROMEDA をより愛されるイヤホンとして生まれ変わらせるということは簡単なことではありません。 しかしこの「ANDROMEDA 2020」は内部構造というインサイドマジックにより、さらに愛される新しいANDROMEDAに生まれ変わりました。
    hoge画像
  2. アコースティックチャンバーなどの内部パーツを単一のパーツで成型した新構造「ソリッドボディ設計」を採用
    ソリッドボディ設計はそれぞれのドライバーに最適化されたアコースティックチャンバーやアコースティックチューブなどの内部パーツを3Dプリンターで一つのパーツとして成型したまったく新しい構造をしています。 このソリッドボディ設計によりパーツを少なくすることで、イヤホンのチューニングを細かく制御できるほか、可動部品が少なくなることで、耐久性が向上しました。
    hoge画像
  3. Tuned Acoustic Expansion Chamber (T.A.E.C)
    特許出願中の独自技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」は、従来までのイヤホン設計、 つまりは、ドライバーに音導管(サウンドチューブ)を使用することでサウンドチューニングや音の伝達を行ってきたイヤホン設計とは全く異なる、音導管の代わりとして3Dプリンターで精密に形成した「アコースティックチャンバー(空気室)」を使用し、サウンドチューニングや音の伝達を行う新技術です。 音導管を使用しないイヤホン設計を可能にしたことで、音導管内部で起こる音の共鳴など、音に対して雑味の原因となる問題を排除し、高域の周波数特性を改善。 ドライバーが本来の持つサウンドを、より正確に伝達可能とします。
    hoge画像
  4. 取り回しのよいスタイリッシュな「Smoky Litz Cable」
    「Smoky Litz Cable」は純銅銀メッキ導体を採用したケーブルです。スタイリッシュなスモーキーカラーのジャケットに仕上げたことで、 イヤホンの本体のデザインを引き立ててくれます。 イヤーガイドの部分は、熱処理で癖をつけたスリーブを採用することにより軽量化も図りました。 ケーブルの編み方は、縺れにくくなるツイストデザインで仕上げ、毎日使用していてもストレスを感じにくいケーブルです。
    hoge画像
  5. 樹皮を使用した手触りが気持ちよく環境にやさしいサスティナブルコルク・ジッパーケース
    ケースには新しい素材としてコルクを採用。9年に1度コルクオークの木から収穫できる樹皮を使用した、手触りが気持ちよく丈夫で環境に優しい素材です。 裏地にはイヤホンの筐体を守るために、クッション性の高い厚手のフェイクウールを使用しています。 このプレミアムコルク・ジッパーケースは、CampfireAudioの職人魂を深く理解しているポルトガルの小さな工房で作られています。
    hoge画像
  6. Hand Built Excellence Small Batch Production
    イヤホンの各パーツを入念に吟味することは、気配りを細部にまで怠らないCampfire Audio のイヤホン製造においては、始まりに過ぎません。 私たちのイヤホンが素晴らしい音楽体験をお届けするためにも、細部へのこの配慮は重要です。 私たちは、個々のドライバーを厳格な調整および性能基準に適合するか試験し、選別しています。 組み立ては熟練された職人たちによって、 入念に検査され、最後にぴったりと合った1組が作られます。 設計から製造に至る各工程での当社のこだわりによって、イヤホンは価値のある、長くお使いいただける製品となります。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
イヤホン筐体(ボディ) アルマイト加工処理アルミニウム筐体
イヤホン筐体(ノズル) ステンレススティール
ドライバー バランスド ・ アーマチュア型(BA 型)
ドライバー構成 5ドライバー Low x 2 Mid x 1, High x 2
採用技術 Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)
ソリッドボディ設計
周波数特性 10Hz - 28kHz
感度 112.8dB SPL/mW
インピーダンス 12.8Ω
ケーブル導体 銀メッキ銅導体
ケーブル長 約120cm
イヤホン端子 ベリリウム銅加工されたMMCX 端子
入力端子 3.5mm ミニ端子
付属品 Sustainable Cork Green Dyed Zipper Case
Smoky Litz Cable
Mesh IEM Bag
イヤーチップ(シリコン , フォーム , E-Type イヤーチップ)
クリーニングツール 

商品詳細

さらに愛される新しいANDROMEDA

Campfire Audio ANDROMEDA 2020

インサイドマジックにより新章スタート
内部構造を一新し生まれ変わった「ANDROMEDA」

  1. Campfire Audioで最も愛されているイヤホン「ANDROMEDA」
    外観こそこれまでのANDROMEDAを踏襲していますが、ANDROMEDA 2020は内部構造が大きく異なります。 新構造「ソリッドボディ設計」により内部パーツが一つになり、筐体内の空間は音響性能をさらに向上するために細かく調整されています。 このアプローチにより明瞭さと解像度が向上し、より洗練れされたサウンドへとアップデートしました。 たくさんの人に愛された ANDROMEDA をより愛されるイヤホンとして生まれ変わらせるということは簡単なことではありません。 しかしこの「ANDROMEDA 2020」は内部構造というインサイドマジックにより、さらに愛される新しいANDROMEDAに生まれ変わりました。
    hoge画像
  2. アコースティックチャンバーなどの内部パーツを単一のパーツで成型した新構造「ソリッドボディ設計」を採用
    ソリッドボディ設計はそれぞれのドライバーに最適化されたアコースティックチャンバーやアコースティックチューブなどの内部パーツを3Dプリンターで一つのパーツとして成型したまったく新しい構造をしています。 このソリッドボディ設計によりパーツを少なくすることで、イヤホンのチューニングを細かく制御できるほか、可動部品が少なくなることで、耐久性が向上しました。
    hoge画像
  3. Tuned Acoustic Expansion Chamber (T.A.E.C)
    特許出願中の独自技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」は、従来までのイヤホン設計、 つまりは、ドライバーに音導管(サウンドチューブ)を使用することでサウンドチューニングや音の伝達を行ってきたイヤホン設計とは全く異なる、音導管の代わりとして3Dプリンターで精密に形成した「アコースティックチャンバー(空気室)」を使用し、サウンドチューニングや音の伝達を行う新技術です。 音導管を使用しないイヤホン設計を可能にしたことで、音導管内部で起こる音の共鳴など、音に対して雑味の原因となる問題を排除し、高域の周波数特性を改善。 ドライバーが本来の持つサウンドを、より正確に伝達可能とします。
    hoge画像
  4. 取り回しのよいスタイリッシュな「Smoky Litz Cable」
    「Smoky Litz Cable」は純銅銀メッキ導体を採用したケーブルです。スタイリッシュなスモーキーカラーのジャケットに仕上げたことで、 イヤホンの本体のデザインを引き立ててくれます。 イヤーガイドの部分は、熱処理で癖をつけたスリーブを採用することにより軽量化も図りました。 ケーブルの編み方は、縺れにくくなるツイストデザインで仕上げ、毎日使用していてもストレスを感じにくいケーブルです。
    hoge画像
  5. 樹皮を使用した手触りが気持ちよく環境にやさしいサスティナブルコルク・ジッパーケース
    ケースには新しい素材としてコルクを採用。9年に1度コルクオークの木から収穫できる樹皮を使用した、手触りが気持ちよく丈夫で環境に優しい素材です。 裏地にはイヤホンの筐体を守るために、クッション性の高い厚手のフェイクウールを使用しています。 このプレミアムコルク・ジッパーケースは、CampfireAudioの職人魂を深く理解しているポルトガルの小さな工房で作られています。
    hoge画像
  6. Hand Built Excellence Small Batch Production
    イヤホンの各パーツを入念に吟味することは、気配りを細部にまで怠らないCampfire Audio のイヤホン製造においては、始まりに過ぎません。 私たちのイヤホンが素晴らしい音楽体験をお届けするためにも、細部へのこの配慮は重要です。 私たちは、個々のドライバーを厳格な調整および性能基準に適合するか試験し、選別しています。 組み立ては熟練された職人たちによって、 入念に検査され、最後にぴったりと合った1組が作られます。 設計から製造に至る各工程での当社のこだわりによって、イヤホンは価値のある、長くお使いいただける製品となります。
    hoge画像

製品仕様


■ スペック
イヤホン筐体(ボディ) アルマイト加工処理アルミニウム筐体
イヤホン筐体(ノズル) ステンレススティール
ドライバー バランスド ・ アーマチュア型(BA 型)
ドライバー構成 5ドライバー Low x 2 Mid x 1, High x 2
採用技術 Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)
ソリッドボディ設計
周波数特性 10Hz - 28kHz
感度 112.8dB SPL/mW
インピーダンス 12.8Ω
ケーブル導体 銀メッキ銅導体
ケーブル長 約120cm
イヤホン端子 ベリリウム銅加工されたMMCX 端子
入力端子 3.5mm ミニ端子
付属品 Sustainable Cork Green Dyed Zipper Case
Smoky Litz Cable
Mesh IEM Bag
イヤーチップ(シリコン , フォーム , E-Type イヤーチップ)
クリーニングツール 

レビューはありません。

レビューを修正する

STAFF

カラー:規格なし

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

より万能感が増したANDROMEDA

大人気イヤホン「ANDROMEDA」に2020年モデルが登場です。
内部構造の変更や付属のケースがコルク素材になった等の変更点は商品説明にある通りですが、
気になるのはやはり音の違いという事で、実際に前モデルと聴き比べてみました。



一聴して感じた違いとしまして、
音全体の空間表現が立体的になり、一音一音の存在感をしっかり感じられるようになりました。
定位感や抑揚といったものが前モデルと比べ、より感じやすくなっています。



また私個人が低音好きということもあり、低音域がやや控えめな前モデルは若干物足りなさを感じましたが、
この2020年モデルは、低音域もしっかりと存在感を感じられるため、物足りなさは全くありませんでした。
かといって決して主張が強すぎることはなく、他の帯域との絶妙なバランスが保たれております。



中高音域に関しては表現力の高さがしっかりと前モデルから継承されており、
向上した空間表現の中で聴こえてくる艶やかな音がとても心地よかったです。
やはりANDROMEDAのよさはこの中高音域にあると再認識させられました。


より艶やかに、情緒的に音を鳴らすようになったANDROMEDA。
ジャンルを選ばず幅広く使えるので、初めてのハイエンドイヤホンをお探しの方にもおすすめな1本です。

続きを読む

e☆イヤホン スタッフレビュー   2020/08/06

※お客様のための大切なレビューです。無断での転載・引用は固く禁止します。

ユーザーのレビューはありません。