• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

86の商品が見つかりました。  1-40件を表示

SONY

NW-WM1A

総合満足度

5.0

まだまだいける

普段のリスニング環境はZX300にHS1670を純正ケーブル(シングルエンド)で直刺しです。普段はBowie、Police、Sting、Eric Clapton、Motorhead、などの70、80年代ロックをメインに聴いています。気まぐれではありますが、三枝成彰や菅野よう子などのサントラ、ショスタコーヴィチやモンティ、リストなのどのクラシック、ニルス・ヘニングやポールチェンバーズ、ヴィル・エヴァンズなどのジャズも聞きます。

今回はいつもの通りSting、Bowie、三枝成彰(SDカード持参、Stingと三枝成彰は44.2khz 16bit/Bowieは192khz 24bit)で視聴を行いました。

普段ZX300を使っているという方は多いと思います。ミドル1年ちょっと前ぐらいまでは、ミドルクラスDAPを中古でアラウンド五万で買うなら、ZX300一択みたいな風潮が少なからずあり(SR15はまだそこまで価格は落ちていませんでしたし、KANNはいいも悪いも好き嫌いが分かれる機種なので賛否両論ありました)自分も色んな機種を視聴したうえでZX300を購入しました。この機種を普段から使っていると、ちょっと気が向いて新しい機種を聴いたりしてもちょっとやそっとじゃ動じなくなってしまったから困りものです。つい最近久しぶりにeイヤホンに行ったのでN6ⅡとDX220を視聴しましたが、確かにZX300よりも音はいいものの、「あぁ、おといいなぁ…」で終わってしまい12万出してまで買い替えようとは思いませんでした。なんなら、わきに置いてあったPLENUE R2のJeteffectをいじって遊ぶほうが楽しかったくらいです。
帰りに銀座に用事があったのでついででSONYStore(日産のショールームの上)に寄ってきましたが、WM1シリーズが如何に偉大なDAPであるかを再認識する形となりました。発売からもう4年も経っていますが、ZX507と比較しても明らかな音質の差があり、それを「感動」できるわけですから素晴らしいです。AKのSP+AMPと比較すると、流石のWM1でも解像度や分離間で一歩遅れを取る感じですが、あのナチュラルさは他のDAPではなかなか体験し難いものです。WM1Aにはそれに加えてノリの良さがありますから、普段ロックばかり聞いている私からすれば自分にうってつけのDAPかもしれません。
先ほど言った「感動」に唯一肉薄できるミドルDAPがあるとするならば、M11proではないでしょうか。FiioのDAPは全体的にコストパフォーマンスが他社のものより高い気がします。CowonのPLENUE2mark-Ⅱもいいですが、Jeteffectに左右されるので何とも言えません(それだけ遊び倒せるDAPであることは間違いないです)。Sony癖が嫌いで超フラットな音質を求める方はこちらのほうがよいでしょう。

DAT さん

(2020/03/15)

1

満足度

4.5

color:ブラック

イヤホンの音を楽しめるDAP

初のSONYのDAPで使ってます。
当初はAK320を使っていて、買い替えでSE100と比較しWM1Aにしました。
理由としてはゲイン調整の可能、アップサンプリング、あまり癖がなく、イヤホンの音を純粋に楽しめる。この三点が決めたきっかけです。
音としてはSONYらしい各音域がバランス良く出ている部分が素晴らしい。ただ人によってはつまんない音と言われてもおかしくないかと…

Rin さん

(2020/01/17)

満足度

4.5

color:ブラック

敢えて今買うのもあり

ZX500が出た今、SONY系のDAPが欲しければ敢えて買うのもアリです
ZX500と比べて駆動時間も圧倒的に長いですから

釦 さん

(2020/01/11)

2

満足度

4.0

color:ブラック

最近また人気みたいなので

とてもしっかりした濃い音を鳴らしてくれます。
使用感は、特に不都合、不満も無く使えています。
人によっては重く感じたりはするかと思いますが、このずっしりした感触も一つの味かと思います。
妥協せずプレイヤーを購入するならWM1Aも一つの選択肢としてとてもおすすめ出来ます。

ふう さん

(2020/01/08)

1

満足度

5.0

color:ブラック

大満足

3年程前に以前使用していたNW-F887の容量が一杯になってしまったため、思いきってアップグレードをと思い購入しました。
まず思ったのは音が濃くてパワフル!
バージョンアップもあり使い勝手も良くなってきました。
個人的にはなかなか気軽に購入出来る価格ではありませんでしたが、買ってよかったと非常に満足しています。
使用イヤホンはXBA-N3 UMPro50 SE846ですが、個人的にはどれも良く鳴らしてくれていますよ。

ひかり さん

(2020/01/05)

満足度

5.0

color:ブラック

濃密

ZX300からの乗り換えです。
とにかく、音が濃密。
ZX300に比べると、低音の質が違う。
ZX300でも満足していたのですが、WM1Aを聴いてしまうと、ZX300の低音では物足りなくなってくる。
音が濃密なのですが、解像度が高く、楽器ひとつひとつの音が重なり合わず、きちんと耳に届いてくる。
本当に買って良かった。

ともくん さん

(2019/12/29)

2

満足度

5.0

color:ブラック

案の定!

一年位、zx300を使ってこちらに乗り換えです。

流石ですね。音場空間、音の粒達、そして低音の深み込みが段違いですね。何気に試聴したために高くつきました。これならはじめから、こちらにしとけば良かった。

カントリー さん

(2019/12/15)

1

満足度

5.0

color:ブラック

バランス接続で本領発揮!

ZX-300からの買い替えです。
音質が肉薄している等の一部評価がありますが、はっきり言って格が違います。
特にバランス接続のアタック感が凄いです。

さっとん さん

(2019/12/15)

満足度

4.0

color:ブラック

ZX300から買い替えました。

私は今までZX300のバランス接続を使用していました。
それでも満足していたのですがWM1Aのレビューで、低域がZX300よりも優れているという意見を見かけたので試聴しに行きました。(バランス接続)私の耳で違いがわかるのか疑問でしたが聴けばわかりますね。違います。というか全体的に音の解像度が上がったように感じました。WM1Zも試聴しましたが私はアニソン等ノリの良い音楽をよく聴くのでWM1Aの方が好みでした。後悔は絶対しないと思います。買って良かった。

Sanoma さん

(2019/12/12)

1

満足度

5.0

color:ブラック

いいDAPですね

イヤフォン:IER-Z1R、Atlas、IO
1年前に購入しました。購入以前はZX300を使用しておりましたが、全ての面において音質が各段にアップしました。特に低音が最高です。
大きさ、重さ、バッテリーともに全く問題なしです。私は家専用で使っているので、もっと重いほうがいいかもです。
マイナス点はプレイリストです。内蔵メモリーと増設メモリーで混在できないのは大きなマイナス点だと思います。あと起動が遅いのも困りますね。通常はスリープにしてます。
今年、新しいのがでるかと期待していたのですが、シグネーチャの新作はでませんでしたね。来年以降を楽しみにしてます。

とやこ さん

(2019/11/29)

満足度

5.0

color:ブラック

初めてのdap

僕が初めて手にしたdapがこのNW-WM1Aでした。
低域や音の厚みに満足いかずに売却してしまいましたが、初めてのdapにはとてもいいと思います。

M.Y さん

(2019/11/27)

満足度

4.0

color:ブラック

いい商品なんだけど、、、、

タイトル通り、いい商品なんですが、重すぎる、ゴツすぎる。それに今となっては、モデルチェンジも気になるし☺️ でも、音質は凄く良いと思います。 まぁ、気になる機種ではあるんですけどね(どっちやねん!)中古でもう少し安くなれば、購入検討かな?

洋平ちゃん さん

(2019/11/27)

2

満足度

4.5

color:ブラック

音楽を聴くことが本当に楽しくなる!

これを買う前はnw-zx2を使用していて、1aを試聴したところ「zx2 に比べて、低音の迫力がないな」と思いつつも、音のクリアさは圧倒的にこちらが上だったので購入。今では逆にzx2 の音が過剰に感じる程です。国内メーカーのdapならこいつが1番、高水準でバランスのよい音を聴かせてくれると個人的には思っています。元々は1z買う気まんまんで同時試聴したけど、音がこっちの方が好みだった。ロックやポップ、EDMなんかは、1zより1aの方がベターだと思います(あっちはあっちでハマる音楽があります)。
nw-zx507も良かったけど、android不要なら、もう少し金額上乗せして、本機に手を出すことを強くお勧めします。

Koji さん

(2019/11/26)

満足度

4.5

color:ブラック

音・操作性は文句なし

特に音や操作性・電源持続時間等に関しては問題がありません。
ただ気になるところは私自身はMacユーザーなのですが音源を転送する際のcontent transferと言われるMac専用のアプリに関してです。転送中にクラッシュは日常茶飯事でしたし、現在macOSを最新にしてしまうとこちらのcontent transferは使用ができない状態です。またファームウェアアップデートに関しても最新のOSには対応していないみたいでしてアップデート不可なのが気になります。

はちみつ さん

(2019/11/22)

満足度

4.0

color:ブラック

ZX300からのステップアップ

最近ZX300のバランス接続では物足りなくなってきたのでステップアップです。
ちょっと(かなり)背伸びして購入しました。非常にイイ、、、正直もっと早く購入しとけばよかったです。。。

粉雪 さん

(2019/11/17)

満足度

5.0

color:ブラック

さすがにフラッグシップモデル

NWA100、NW507と満を持して、SONYが新製品を投入したタイミングで、本機を中古ではありますが入手しました。最近はAKシリーズで来ていたのですが、AK70MKiiの代替としてA50を購入して、次は4.4mmバランスでDAPは決めたいと2か月ほどeイヤホンに通い、視聴してきました。その中で当然最初にWM1Aは視聴しました。その時は3.5mmのみでしたが、SONYも上位機はやはり違うなと一聴して感じました。音の広がりやら、1つ1つの音の明瞭さが本機は2段階くらい上だなと思いました。その日はZX300、DX160と視聴しました。3.5mmではA50とそこまで違いはわかりませんでした。その後、いよいよ次は4.4mmバランスでDAPを決めようとケーブルを購入して、再度視聴へ。まず、ZX300。正直「おや?」と思いました。音のこもりがすごく気になりました。また、音の立体感が感じられなかった。次、DX160。これはいい意味で裏切られました。すごく元気な音になったなあと感じました。そして満を持して、WM1A。視界が開けるような感じでした。3.5mmでも異なる思った段階がさらに3段階ぐらい異なる感じがしました。出力の大きさが関係しているのでしょうか、音が力強いし、それでいて割れることもない。心は決まりました。大きさはそれほど気になりません。男ですし。あとは懐の問題。正直発売から3年たって落ち着いてきました。逆にここから大きく変わらないのかな、と思っていました。そこに新製品の発表。正直ストリーミングサービスは利用していない自分にとっては、あまり影響はなかった。音の面での比較はしたかったのですが、WM1Aほどだとはとても思えなかったことと、中古品で新品同様の美品があったので、ここはタイミングだと思い切って購入しました。(同じ見立てで新品より数万円お得に購入できるなら、という感じでいきました)前置きが長くなりましたが、使ってみての感想です。音ですが、やはりいつまでも聞いていられる感じです。音楽もそうですが、レシーバーとしてiPhone経由で聴くラジオも音質最高です。イコライザーもいじりましたら、すごく高音の抜けがよくなりました。(自分は低音がきついのが少し苦手なので、イコライザーが影響してくれるのはありがたい。今までの機会だとそれほど効果的に思えなかったんですけどね)3.5mm運用時は500円イヤホンで聞いているのですが、感じさせない音質。高級DDイヤホンで聞いているような錯覚に陥ります。自分好みにどんどん進化できる機器です。そして重量、大きさですが、持ち出してもそれほどストレスにはなりません。それより、専用機のフラッグシップを持っているぞというひそかな自慢になりました。操作性ですが、カバーの関係もあって若干ボタンが押しづらいですが、問題にはなりません。購入して使えば使うほど、さらに自分好みに向上できるDAPだと感じました。さすが、フラッグシップモデル。(1Zはありますが)噂の新機種のカセットテープモード。趣味は悪いかもしれませんが、FWのバージョンアップで対応してもらえるとさらにうれしいですね。フラッグシップですが遊び心は取り入れてほしいです。

ほうちょく さん

(2019/11/03)

2

満足度

5.0

color:ブラック

これ画面の明るさを変えるだけでも音質が変わりますよ

光度を上げるほど、高周波ノイズの影響なのか高域が五月蝿くなるというか、厚みが出るというか、
明るさを最低にしていて、高域に不満を感じている方は
デフォルトの50に変えてみるとよくわかると思いますよ、
おそらくソニーの方もそれでチューニングしているのではないかと、
因みに画面を消しても画面光度による音質の変化はそのままなので高周波ノイズによるものではないのかも知れませんが、大分不満が解消されましたよ、

トムム木 さん

(2019/10/11)

5

満足度

4.5

color:ブラック

音は文句なしだが、

重すぎます。満足度は4.5です
音質面に関しては何も言うことはないですが、
WALKMANですよね?重すぎますって!夏場はどうやって使えばいいのですか?
そろそろ3年になります、SONYさん。
今年中に新しい製品お待ちしてますよ。
ポタアンも製造終了してしまったのだから音質はこのままにもう少し軽い製品を作って下さいまし。
2.5mmプラグは危なっかしくて使う気になれないのでSONYさんだけが頼みの綱ですので。
アンバランス端子を無くしたバランス接続に特化した製品もそろそろ良いのではないでしょうか?
その分価格も安くなりますし、
後続機楽しみにしてますからね。

tam-tam さん

(2019/05/29)

5

満足度

4.5

color:ブラック

zx300からの買い替え

zx300 からの買い替えです。zx300に比べ画面も大きくなって操作しやすく見やすいです。重量も重くなっていますが、上の出っ張りのおかげで手にフィットしていて落ちにくいと思います。バランス接続も迫力が増しているのですが、アンバランスの方が違いを感じることができました。zx300の音に比べ解像度が上がり迫力が出てきて、なおかつ楽器の音が良くなっています。zx300から買い替えて正解でした。

snow さん

(2019/03/18)

4

満足度

5.0

color:ブラック

意外にも良かった

■まえおき
私個人はオーディオの趣味と仕事(AV機器設計開発に従事、SONYはライバルメーカー)を30年以上やっております。
趣味では、USB-DAC/ヘッドホンアンプ/PCアプリ(オーディオ再生関係)などの自作も手掛けています。
音楽ジャンルは、フュージョン/ジャズ/J-Popをメインに、たまにクラシックとTVドラマのサントラBGMを聴いています。
最近、新規に2機種のデジタルオーディオプレーヤー(DAP)を購入しましたので、
その中の1機種
 メーカーブランド:SONY WALKMAN
 モデル名:NW-WM1A
についてレビューさせていただきます。
もうひとつのDAPは「IRIVER Astell&Kern KANN」で別途レビューしてますので、そちらも比較参考に御覧ください。

■DAP購入使用歴
・Apple iPod(数年以上前の古いモデルをいくつか)
・SONY WALKMAN(数年以上前の古いモデルをいくつか)
・IRIVER A&K 第1~2世代(3機種)
・ONKYO DP-X1A
・COWON PLENUE-2, PLENUE-R

■使用イヤホン
・有線タイプ:JVC HA-FW01
・ワイヤレス(Bluetooth)タイプ:SENNHEISER CX6.00BT
★あくまでも音質に関してはこれらの組み合わせによる感想となりますので、DAP単体の音質ではないことをあらかじめお断りしておきます★

●音質
当初、「IRIVER Astell&Kern KANN」が購入目的で店に行き試聴していたところ、ちょっと「WALKMAN WM1A」が気になり試聴したら、音が非常に滑らか且つ繊細で、歪み感やノイズ感がまったくないというのが第一印象で、一瞬これがあのSONYの音か?と疑うくらいでした。
「SONY WALKMAN」の音はよくわかっているつもりだったので意外でした。
やや低音寄りの帯域バランスで、中高音は極めて繊細でありながら弱々しくならずしっかりフォーカスされた音が聞こえるところ、荒々しさや刺々しさをなくし、むしろ丸みというかふくよかさがあるところ、緻密さ濃厚さも加わって全体的にしっとりとした上品で優雅な美音で気持ちよさを感じたのが意外でした。
従来のいわゆるSONY(ウォークマン)の音質は、明瞭感を強調し派手目(ドンシャリ)で元気はあるが、逆に軽薄になりがちで重み深み広がりなどの音場表現や上品さに乏しく、どこか物足りなさ不満さを抱かせる音作りのイメージでした。
ところが、WM1Aの音はそのイメージを覆すように、ただのドンシャリではなく今まで足りなかった音場をうまく表現し直しハイレゾらしい上品さを加えて、これぞSONYが作る高品位なオーディオだとアピールしていることを実感させるような仕上がりだと感じたしだいです。
ちょっと誉めすぎだったかもですが、私個人としては昔のSONY(ウォークマン)イメージからだいぶ変わった(良くなった)というのが率直な気持ちです。

「音質設定」を弄ってみましたが、「ソースダイレクト」をOFF(他の音質設定はすべてOFF)にするだけで鮮度や解像度が落ちて、薄いベールやフィルターをかけたようなややモヤモヤした感じがしました。
いくらデジタルとは言え、「DSEE HX」「DCフェーズリニアライザー」「バイナルプロセッサー」「ダイナミックノーマライザー」のいくつものデジタル信号処理を通せば音の鮮度は少なからず劣化するはずです。
「DSEE HX」について言えば、失われた情報を復元するものではなく、あくまでも補完・補正するものです。
言い方を換えると本来あるべき姿(事実・真実)に基づいて再現するのではなく、ある理想の姿に向かって推論だけで再現するようなことなので、聴感上の音質改善的な効果はあっても必ずしも原音に近づく(ピュアを追求する)という機能ではありません。
「アップスケーリング」処理だけなら単純に音質向上と言えたかもしれませんが、「高域補完処理」においては逆に音の不自然さを生じる可能性もあり得るので、あまり過信できる機能ではないと承知したうえで使うのがいいかもしれません。
また、私の耳では「DCフェーズリニアライザー」や「バイナルプロセッサー」も効果が微妙?でした。
「ダイナミックノーマライザー」も楽曲によっては再生途中で急激に音量が変化して違和感となる場合があり使っていません。
これらWalkmanの「音質設定」は他社プレーヤーにはない差別化機能と言えますが、音楽を聴くことの楽しさや感動に絶大な効果を発揮するから他社プレーヤーより優れていると言い切るほどではないと思います。
結局、楽曲の鮮度が保持される「ソースダイレクト」ONが、私にとっては十分満足のいく設定だと思っていますが、もし私のように「各種音質設定」にあまりメリットを感じないようであれば、それを無効にしておくのがベターかと思います。

●良い点
1)音質については上記の通り過去のイメージから大きく良くなったと思います。

2)PCとのUSB接続がマスストレージ方式であること
PCとのUSB接続時にプレーヤー側のメモリデバイスがPC(Windows)上のドライブとして認識されるので、普段よく使うファイル管理ツールがまともに使えて楽曲ファイル整理するとき都合がいいです。
ちなみに、A&KのKANNはMTP方式なので楽曲の管理が不便でした。(詳細はKANNのレビューをご覧ください)

3)バッテリーが長持ち(KANNに比べて)
おそらく、KANNがアナログアンプを採用しているのに対して、WM1AがSONY独自のデジタルアンプで消費電力が抑えられているからだと思います。
私が連続再生時間を計測したところ満充電状態から充電警告画面が出るまで約24時間でした。
ちなみに、KANNはその半分の約12時間といったところでした。
こうしてみるとWM1Aはかなりスタミナがある方で、計測していませんがCOWONのPLENUEも同等以上の印象でした。

4)Bluetooth接続時の音質も意外となかなか良い
KANNよりも有線接続に比べて音質の落差をあまり感じさせず良い印象です。
イヤホンCX6.00との音の相性も良いように思います。

●悪い点(不満点)
1)楽曲の「フォルダ」検索時のUI仕様がいまひとつ(KANNに比べて)
私の場合フォルダで楽曲を階層整理しています。
例えば、以下のようなフォルダ構成にしていたとします、
ポップス・フォルダ
 80年代・フォルダ
  アーティスト1フォルダ
   アルバム1サブフォルダ(楽曲ファイルあり)
   アルバム2サブフォルダ(楽曲ファイルあり)
 90年代・フォルダ
  アーティスト2フォルダ
   アルバム3サブフォルダ(楽曲ファイルあり)
   アルバム4サブフォルダ(楽曲ファイルあり)
WM1Aではフォルダ検索で楽曲ファイルが存在するフォルダまで到達しないと楽曲の選択ができず再生ができません。
したがって、上記構成の場合、
アルバム1サブフォルダ、またはアルバム2サブフォルダまでアクセスすれば、楽曲ファイルがリスト画面に出てくるので選択して再生が可能ですが、アーティスト1の楽曲すべてを再生する目的でアーティスト1フォルダにアクセスしたときは、リスト画面にはアルバム1と2のサブフォルダだけで楽曲ファイルが出てこないので再生ができません。
そこが不満なわけです。
でも、A&KやCOWONなどの他社のプレーヤーでは、
アーティスト1フォルダにアクセスしたとき、リスト画面で「このフォルダ内のすべての曲」選択できる項目または仕組みがあり、目的であるアーティスト1の楽曲すべてを再生することができるようになっています。
同様に80年代・フォルダや90年代・フォルダのすべての曲を再生することもできません。

2)電池残量のパーセント数値表示がないこと
昨今のスマホやDAPなどでは当たり前の如く対応していることなので、WM1Aができていないのは残念です。

●その他
購入するまで気づかなかったのですが、最近のウォークマンとして当たり前だと思っていたWi-Fi通信機能がWM1Aにはありません。
このことは私個人としては気にしていませんが、ちょっと意外でした。
また、最近のファームアップでBluetoothレシーバー機能が搭載されたみたいですが、これも私個人としてはプレーヤー自身を操作して音楽を聴くことを基本にしているためあまり利用価値はなさそうです。
それと、Wi-Fi通信機能がないこととPC接続にUSBマスストレージを採用していることから推察して、WM1Aのシステム(OS)は下位モデルのようなAndroidベースではないと思われます(組込Linuxかな?)。

●まとめ
操作面(UI仕様)で少し不満が有りますが、音に関しては上級レベルで価格もふまえた上で個人的には十分満足しております。
また、ポータブルとしては大きく重いボディで気にする人がいると思いますが、私の場合はポータブル性よりも音質優先で選んでいますので、この程度の大きさと重さは気にしていません。
むしろ、アンプにパワー感がありイヤホンやヘッドホンを鳴らしやすく実力を発揮しやすいと思います。
(別途ポータブル・アンプを用意する必要性もありません)

最後に、WM1Aの音質を例えるなら、
★「上品で魅惑的な薄化粧美人」★
プレーヤー任せで上品に色付けされた音をラグジュアリー感覚でリスニングすることができるプレーヤーで、ちょっと気分を変えて気軽に音楽を楽しむ、あるいは少し気合いを入れて本気モードで音楽を聴く、そのどちらにも応えてくれそうな気持ちにさせてくれます。

以上、参考までに。

Banjo さん

(2019/03/09)

5

満足度

5.0

color:ブラック

っょぃ

DAP初購入です。前まではXperia XZ1ポタアン無しで聞いてました。イヤホンはATH-LS300(ケーブルはHDC313A)、ヘッドホンはMDR-1AM2で聞いてます。エージングはアンバラ200時間、バランスが40時間での感想です。まず見た目ですが、かっこいいです。とくにジャック穴の部分。たまらないですね。肝心な音質部分ですが、前使ってたプレイヤーのせいなのかとにかく迫力が違いました。今までは音量を耳が痛くなるほど上げないと迫力感のある音は聞こえなかったのですが、これはちょうどいい音で迫力のある音が楽しめて最高です。高音域について、箱開けてすぐに(1AM2アンバランスで)聞いたときは刺さるようなキリキリした音だったのですが、エージングが100時間越えたあたりからキリキリした音が消えて、柔らかく、暖かないい感じの音になりました。中音域、低音域に関しては箱開けてすぐに聞いたときよりも締まりがある、聞いてて聴き疲れがない音になりました。最後にバランス出力について、これ凄いですね。迫力と音場がちがう(語彙力)。正直こんなに違うのかと思いました(笑)。40時間でこのレベルなのにエージングでどう変わっていくのか楽しみです。最初は50K~80KあたりのZX300など買って他にいろいろ買おうかなと思っていましたけど、思いきってこの商品を買って正解でした!最高です!

あす さん

(2019/02/13)

3

満足度

5.0

color:ブラック

4.4バランス入門

ZX2からの買い替えでした.
購入してから2年目でのレビューです.

これを買った頃,AKとどっちにするか悩みました.
この頃は,SONYの暖かい低音が好きでした.
ZX2での問題点だったノイズも改善されており,感度の高い高級イヤホンでも問題なく聴くことができました.
購入の決め手は3.5の音でしたが,その後4.4の音を聴き素晴らしさに感動したことを覚えています.
〇いい点
今では4.4のDAPが何種類か出ていますが.発売して二年経った今でも購入の選択肢に入るでしょう.ZX300もありますが,余裕があれば1Aをおすすめします.
やはり,SONYらしい豊かな低音で,このSONYの音が好きであればハマるでしょう.
その点は1Zの方が解像度,空間表現共に圧倒的ですが...

〇わるい点
UIが正直,遅い
他のDAPよりはいいのかもしれませんが...
ブックマークへの追加も時間がかかります.

また,別売りでBluetoothリモコンがありますが,あの程度のものは付属させてほしいとも思います.

拡張性がないのも問題です.
相変わらずWMポートの汎用性がまったくなくて困る.
音質のためとはいえラインアウトを廃止したのも不便です.
ちょっとアンプを使いたいと思ったときに3.5から出さなければなりません.

〇総評
これ一つで完結,でよいのであれば買ってもいいかと思います.
正直,今は買い替えを検討しています.4.4バランス搭載DAPが増えるだろうこの先,1Aが選択肢から外されるのも近いでしょう.
おそらくその頃には後継が出ているとは思いますが.
再生可能なハイレゾ音源が多いので,長く楽しめるDAPではあります.
これから購入されようとしている方は,その点も踏まえて考えてもいいかもしれません

ほーむず さん

(2019/01/14)

2

満足度

3.5

color:ブラック

最高✨

豊かなサウンドが最高です!
買って後悔はしないです!

ダイトウ さん

(2019/01/14)

1

満足度

5.0

color:ブラック

これぞポータブルオーディオプレーヤーの極意

ZX300を1年間使用した後、こちらの機種に乗り換えましたのでZX300との比較を主に書いていきたいと思います。ZX300と1番差を感じたのはアンバランスです。音場の広さ、解像度、特に低音の深みと言いますか沈み込むような音が特に違うと感じました。バランスについてはほぼ好みの差だと思います。ポップスを聴くぶんにはZX300でもいいかもしれません。タイトルに書いてある通り、自分にとってこれこそがポータブルオーディオプレーヤーの極地だと思っています。というのも音質、バッテリー持ち、ポータブル性の3つを高レベルで保っている商品はこれだけだと自負できるくらい整っている商品だからです

VANDLE USER さん

(2019/01/14)

2

満足度

3.0

color:ブラック

ドンシャリやデジタルではないSONYの音

初めは7〜8万円以下のミドルクラスのDAPを購入しようと、ONKYO DP-X1AやGranbeat、SONY ZX300、HiByMusic R6、FiiO X7 MarkIIあたりを候補にして、色々試聴していました。

どちらかというと、SONYには良い印象がありませんでした。
5年以上前にハイレゾを聴きだした当時、Walkman F880あたりを使っていて、デジタル臭さやドンシャリ的な味付けをされた音だったためです。

しかし、ZX300を聴くと過去の印象はだいぶ薄れ、他の候補と比べても、空間表現や空気感といったハイレゾの重要な部分がきちんと表現されていることが実感できました。
ZX300は少し人工的に強調されすぎているような気もしたので、上位機種である本機WM1Aを聴いてみることにしました。
するとWM1Aはやはり格が違いました。空間表現や空気感もそうですが、低音の解像度や深さ等、あらゆる要素が1段、2段上だと感じました。

好みの問題はありますが、このDAPで出せない音はないという安心感があり、DAPで悩まなくて済むようになりました。
また、日本メーカーというところも安心感につながっています。
予算はオーバーしましたが、私にとって、WM1AはDAP沼から抜け出せる機種となりました。イヤホン沼には、まだズブズブですが。
発売から2年以上経った今でもBluetoothのレシーバー機能等のアップデートがあったり、これからも長く使える機種だと考えています。

SONY=ドンシャリ、デジタルというイメージの方も是非試聴して欲しいと思います。

にし さん

(2019/01/13)

4

満足度

5.0

color:ブラック

買ってよかった

DAPはSONYさんのを使い続けてます
ZX100を使いながらZX2が気にかかっていてその間にWM1Aが出たのですが
気になってたZX2の方を購入 
しかしなんか迫力に欠け音が大人しめで柔らかいのが気になり
SDカードによく聴く楽曲を入れて視聴
迷いみたいなのが吹っ切れた瞬間でした
ZX2は半年未満でお蔵入り

とにかく音圧があり元気でハキハキした楽曲中心の方は
これをお勧めします 
1Zの方はもっと大人な音楽、クラシックとかジャズとかで
柔らかく暖かい音を出すイヤホンで聴く方が良いのかな、と。

EDMやテクノ、ロックを聴く私にとって最高の愛機です
後継機みたいなのが出ても壊れるまで使い倒したいです

かんきち さん

(2019/01/12)

3

満足度

5.0

color:ブラック

色褪せないと思う オススメ

10万近い価格のプレイヤーであり、それでもミドルクラス寄りに評価されるようなインフレの時代ではありますが、1Aを買うことで「いい音で音楽を聴く」という目的は達成できると思います。
全てのオーディオファンに勧めたいバランスの良いDAPですが具体的に他の商品と比較するなら、まず5万前後のプレイヤー達とは音が違います。
シングルエンド側でもカッチリとした素直な音の良さを感じることができますが、バランス端子に繋ぐことで音場の広がりと伸びの良い高音が分かると思います。
同価格帯と比べた時に良さを感じるのは長時間のバッテリー持ちです。
音質は好みで分かれますが、本体の重さや専用のアンプなど他社が優れている部分もあります。
それでも販売から3年程過ぎてなおアップデートによる全体性能の向上もあり迷ったのならこの機種を買うべきだと、特に音質に拘り5〜7万で探そうとしてる人達にワンランク上の良さを勧めます。

motto さん

(2019/01/12)

1

満足度

5.0

color:ブラック

文句なしの最高機種

文句なしの最高品質で、国内外のあらゆるプレイヤーで最も好みの音質です。ZX300も非常に優秀ですね。いっぱいお金を払ったという実感で、WM1Aの方が最高に感じてしまいます。

お掃除ロボット係 さん

(2019/01/11)

1

満足度

5.0

color:ブラック

zx300との比較

zx300からの乗り換えです。
zx300は音がスッキリしていたのに対し、このwm1aは
非常に濃い音で、聞いていて楽しいと感じました。
どちらがいい音というより、それぞれの好みによる、といった感じだと思います。
画面も大きく発色もよく、zx300の使用時に頻発していた誤タッチがほぼなく使いやすいです。
重量が重いのを我慢できるなら、非常におすすめの機種だと思います。

あじのもと さん

(2019/01/10)

1

満足度

5.0

color:ブラック

ソニー最高

ほんとに素晴らしい音色です。
買って良かったです。

とんちゃん さん

(2019/01/04)

満足度

5.0

color:ブラック

かさばるのだけが唯一の欠点

プレイヤー本体が大きくて少々重いのが欠点ではありますが、最もバランスの取れた最高の筐体と思います。音に極端な角が無くて、その上で細かい音までしっかりと聞こえる。Zと違って音に極端な重厚感も無い、長時間聴いていても疲れない音を表現してくれるプレイヤーだと思います。バランス側のプラグも最新規格の4.4mmで、今後主流となるであろう規格で音質にも寄与していると思います。私はこのプレイヤーを売却し、Zに買い替えましたが、買い替えた事を後悔したくらいの良く出来たプレイヤーだと思います。

ハカセ さん

(2019/01/03)

2

満足度

5.0

color:ブラック

さすがのSONYクオリティ

10万前後のDAPへのアップグレードを検討していた時期に、最有力候補になった機種の1です。結果的にX7mkⅡAM3Bを買いましたが、好印象だったのでレビューの他に他機種との比較もしてみました。

候補になった3機種の、試聴した時の音質イメージはこんな感じです。試聴イヤホンはCA ANDROMEDAのALO純正ケーブルです。購入したX7のみバランスの感想もあります。

1A
1聴して、「あっこれ高いやつだ」とわかる音
滑らかで音の広がりがある
質が良くないファイルのノイズはより激しい
音場+低域の押し出しに特化している味付けで、かなり濃い音
中低域がしっかりしている分聞こえのよい音像になっているが、重低音がややソリッドに感じる

X7mkⅡ
深みがあるあたたかい音
純粋な解像度では1AやDX200の方が上手に感じる
音場感は程々だが分離感が優れる
チューニングバランスは1Aよりフラットめだがどちらかというとドンシャリに寄っている
(補足として、バランスでけっこう化ける 音の力強さ、音場感や抑揚が飛躍的にレベルアップする)

DX200
深みのある柔らかい音像で、3つの中では一番フラット
X7同様に分離感に優れ、中域の楽器が特に秀逸
解像度のタイプは1Aの相互互換といった感じ
一聴したインパクトはやや薄めだが、満遍なくハイレベルで音域毎の癖が少ないので、イヤホンの個性が出やすいタイプに感じた

....といった感じで、音質的にはこの3機種は三者三様でどれもいい選択肢と言えそうです。一定以上の安売りでどれかが出たらその場で買うと決めていたので、結局は安く買う機会があったX7mkⅡになりましたが...
SonyのAシリーズは実際に使っていて非常にバランスのいい中庸な音でしたが、1Aは価格帯も価格帯で、かなりキャラの濃さを取り入れて来ているという印象でした。アンバランスでパッと聴いても分かる高級感は魅力的ですね。

画面操作や音質機能の面は、AシリーズやZX300等のSONY下位機種と大枠同じで、とても分かりやすく扱えます。イコライザーとかはA55よりバリエーションが増えていたような。音源のファイルがパッと見で分かるのもいいと思いますね。
楽曲転送ソフトがMusic center for PCに一本化されてしまったのは痛いですが、本体機能面に関してはAシリーズ同様、不満はありませんでした。

同じ価格帯で比較しても、ここまで音質、機能面共に高いレベルで揃っているものは中々ないので(特に機能面!)、10万前後のハイレベルDAPが欲しい方にオススメしたいです。

Travis さん

(2019/01/02)

2

満足度

4.5

color:ブラック

悩んでる方におすすめ!

購入はeイヤホンさんで買わせてもらいました
丁寧なご対応ありがとうございました!
DAPを知ってからいろんな調べて見て聴いて
最初はDP-X1Aを購入しようと決めてました
2年間ブレないで購入を伺ってました
でもWM-1Aを知って実際聴きに行ったら
一瞬で変わりました
音の好みもありますけど、きれいな音を出します
自分は今回初DAPなんですけど、値は張りますが
買うなら思い切って欲しいものを買っちゃいましょう♪

入門者 さん

(2019/01/01)

満足度

5.0

color:ブラック

バランスの取れた良DAP

ZX1~AK100Ⅱ~AK240〜AK240SS〜AK380+アンプ〜NW-WM1Zからの買い換えです。
NW-WM1Zが重量級過ぎて嫌になり1Aに買い換えてしまいました。
ポータブルとしてのギリギリの大きさ、音質と重さと金額のバランス、初の4.4mmバランス接続搭載と全てが、ポータブルプレーヤーの最適なバランスに挑んだ至高のDAPです。
バランス接続、シングルエンド接続共にキメの細かい高音質で、バランス接続であれば、パワー、トルク的にも余裕のある芯の通った音を奏でてくれます。
1Zと比べて、高級感や音色の余韻などは劣りますが、エネルギッシュで見通しの良い気持ちのいい音を奏でてくれます。しかもそこそこ重いです。
私はこの1Aが気に入ったため、Kaiser Soundの貝崎氏にお願いし、NW-WM1Aに政振ステッカーを貼ってもらい、低域溜りを解消してもらいました。
また、イコライザーを含めた設定を最適にチューニングしてもらい、NW-WM1AのKaiser Sound化を施した結果、他には無い至高のDAPへと変貌を遂げました。
音質は、もうポータブルプレーヤーとしては必要十分に高音質です。
あとは、イヤホン、ヘッドホンにお金をかけた方が音の変化は大きいかと思います。

fss-yk さん

(2018/12/20)

1

満足度

5.0

color:ブラック

とりあえずこれ

とりあえずこれを買っておけばポータブルオーディオでは不満は無いと思います。

たかし さん

(2018/12/15)

満足度

5.0

color:ブラック

満足

ややサイズが大きいですが、概ね満足しています。

マルゼンスキー さん

(2018/12/15)

満足度

4.5

color:ブラック

試聴で

たまたま近所の電気屋にあったので聴いてみたらとても良かったです!
普段は再生機器による違いはサッパリ分からないのですが耳の良くない私でも曲の新しい部分が見えた感じがします。

しかし想像以上に筐体が大きい……DAP探してる時にネットで画像は見かけたことがあったのですがまさか愛用のスマホよりデカく分厚いとは……ちょっとそこがネックで購入は悩んでおります。

ねじ さん

(2018/12/11)

1

満足度

5.0

color:ブラック

実力派

試聴環境 AngieII ハイゲインアンバラ直刺し

インピーダンスが帯域でまちまちの多ドラIEMをしっかり鳴らす実力があり、中低域の再現性がかなり良いです。
パワーが足りないとぼやけがちなエレキベースの輪郭やキックの鳴らし方はかなりのものです。
音場の定位感やS/Nもよく、編成の大きなオーケストラや音数の多い曲でも上手に鳴らしてくれて、チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトではソリストの細やかな音色のニュアンスまで再現されており、この辺りは強みと言えるのではないのでしょうか。

UIは慣れ親しんだWALKMANらしい操作感で直感的に操作でき、現行のファームではヌルヌルと動いてくれます。
日本語ソートも問題ないですね。漢字から始まるアルバムもしっかりと五十音順に並べてくれます。

同価格帯の機種では音は本機と同等レベルでもUIが良くなかったり、日本語ソートがダメだったりして、このような点で頭一つ抜けています。
このような点をクリアしてくるものではAK KANNが挙げられます。KANNのほうがパワーがあり、余裕のある駆動力と価格が少し安いという点で魅力的ですが、ポータビリティを考えるとより薄く、発熱も少ない本機の方が優れていると言いえます。ここは価格と使用環境とのトレードオフで決めるといいでしょう。マルチBAを含むイヤホンがメインなら本機を、自宅でヘッドホンメインならKANNを選べば幸せになれるのではないのでしょうか。

近々本機を買おうと思います。

おじ さん

(2018/12/07)

3

満足度

5.0

color:ブラック

ZX300から悩んだ末購入

今までZX300+Vermilion+SE846で使用していましたが、昔使用していたPHA3の音が忘れられず、WM1Aを視聴したのが運の尽きでしたwPHA3と全く同じ音ではありませんがあの時のような音の奥ゆき、解像度、高、中、低音がここに詰まっていました。視聴機は40分程しかエイジングされていないのにもかかわらず素晴らしい音を奏でていました。噂でWM1AとZX300はそれ程変わらないという話しを鵜呑みにしていましたが、実機を聴いてみて差はある事がわかりました。是非悩まれている方は、ご自身の耳で普段ご使用になられているイヤホンとケーブルと音源で確かめてください。ZX300からまたワンランク上のレベルアップしたサウンドがここにあります。

やすけ さん

(2018/11/05)

3

満足度

5.0

color:ブラック

さらに素晴らしい音、高い質感に満足

二度目のレビューとなります。当初からAK系と比較すると解像度は高いのですが、
どうも音の抜けが少し篭った感じがあって、好みの音が聴けず何度か手放そうかと
思うこともありました。
ところがどうやら原因は組み合わせるイヤホンとケーブルにあったようです。
T8IEMK2とORBのアルティマで聴くと音のレンジ感が広大となり最良となりましたが、
T8IEMK2はAK380用として使う関係で迷っておりました。
そこで手に入れたのがJH4PinをMMCXに変換するコネクタ。
これにROSIEとSONYのKIMBERKABLではどうかと繋いでみたら「???AKか?」
というくらい解像度はそのままで滑らか、かつ広大なレンジの音に・・
WM-1Aの真の姿を垣間見ることができました。

でも他のケーブルでは「う〜ん」な音に、このクラスになると組み合わせ次第で
玉にも石にもなるものですねえ、だからオーディオ「深い〜い」のです。 (^^)

名無し さん

(2018/01/25)

6

満足度

5.0

color:ブラック