• 3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

3の商品が見つかりました。  1-3件を表示

SHURE

【eフェス紹介製品】AONIC3【SE31BAUNI-A】

総合満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.7

低音の質

4.3

細やかさ

4.7

迫力

4.0

音場

3.8

遮音性

4.8

音漏耐性

4.8

フラット+迫力の素晴らしさ

■音質
基本はフラット。そこに中音寄りの迫力、低音のキレ(決して音量で解決してない、質で)が加わったリスニングライクなモニター的フラット。
BA一基なので、音楽が一つとして聴こえつつ、それぞれの音の解像度は非常に高い。クリアな音質で、かつバランスの良い音域を保っており、原音再生能力も高く感じる。
もちろんer4srと比べると、その精微さと解像度は負けるが、リスニングライクなフラット+価格帯ではかなり有用なイヤホンだと思える。

高音域は刺さらない所で、艶のある感じ。決して強くない(aonic50は少し強い)。空間的広がりは感じる。
中音域はBAならではの連綿性を感じつつ、粒立ちの良さと、ボーカルの少し前面的な迫力がある。
低音域は質の高い締まった低音で、しかし強調しすぎないバランスの取れた音。

■遮音性
デフォルトでついているフォームタイプイヤーピースにて装着。(イヤーピースについては後述)
遮音性もer4srに迫るところがあり、かなり有効(例えば、空気清浄機の激しい音も消えるし、人が尋ねてきてもわからない)。それでいて不快な装着感はない。とても素晴らしい。

■イヤーピース
デフォルトのフォームタイプが一番良かった。
個人的にフォームタイプ(コンプライのみしか使ったことないが)は、音質の劣化が激しいと思っていたが
shureのは全く音質に影響がない。それでいて装着もしやすく、耐久性に優れていると感じる。
装着するときは、いわゆる刺すタイプのイヤホンなので、自分からの好みの場所を模索する。

■価格
私はeイヤホンの特価(15,000)で購入。2万円台でもかなり争えるとは思う。

■現在の運用
shure bt2(Bluetooth接続機器)と繋いでワイヤレス運用。
これが最高に良い。bt2の接続安定性と、独自アンプの音の良さはかなり目を見張るものがある。
有線接続時と変わらないくらいパワーがあり、どんなイヤホンでもしっかり鳴らせる。
もちろんshure同士なので、mmcx端子での接触もガッチリ合う。
かつアクティブノイズキャンセリングでないため、真に高遮音で良い音楽が聴ける。
3万円のNCワイヤレスイヤホン買うなら、(完全独立でないが)こちらの運用をお勧めします。(aptX HDも可能。個人的にLDACの音は好みでないので問題なし)

star さん

(2020/07/25)

1

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:ホワイト

要リケーブル

視聴環境
プレイヤー:ibasso DX160
ケーブル:nobunaga labs 景光S

外観は懐かしのe4cデザインですが、音の作りは良い意味でシングルBAっぽくないフラットかつレンジが広いイメージです。純正ケーブルはリモコン付きだったので、早々に以前購入したノブナガの景光Sにリケーブルしました。
リケーブルの効果も大きく、音の粒立ちが良くなり、低域が希望通り持ち上がります。

小型のユニットで耳への負担も小さく、軽量なのもすごくよかったです。

SE215に変わる新しいスタンダードになるかも??



うたまる さん

(2020/05/27)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:ブラック

現代版e4c復活(追記)

過去に本格的なイヤホンの入門機として、Shure e4cを使用してました。残念ながら購入した2台ともケーブル断線し、修理しながらも使用してましたが、修理不可な破損に至ったため、買い換えることに。その時、SE215/SE315を試聴しましたが、あまりに変わってしまった鳴り方に我慢が出来ず、Etymotic ER4SやFinal Audio HeavenV/VIなどのシングルBAに乗り換えましたが、e4cのバランスの良さ、お気軽さが気に入っていたため、いずれ良い中古を買おうと決めてました。そんな折、今回のAONIC3を紹介するShureの動画(とハマちゃんの紹介動画)を見て、e4cの後継として開発のコメントを聞き、試聴せずに購入してしまいました。確かに迫力ない低音や鳴り響かない高音など、シングルBA機としては仕方ない実力ではありませんが、聞き心地の良いバランスの良さ、秀逸な装着性、何より見た目(特にeイヤホン扱いの白モデル)は過去のe4cをインスパイアした感があり、使ってすぐに外出時のお供イヤホンに決めたくらいです。スペックで言い表せない使い勝手の良さに、惚れました。一点、ShureのリケーブルはMMCX端子にワッシャーが付くのですが、相変わらずその作りがショボいです。これは改善して欲しかったです。
20200528追記
約1週間使い続け、このイヤホンはエージングで変わらないことが分かりました。私はSONY製DAPを常用しているため、余っていたOnsoの4.4mmにリケーブルしてみました。あまり音場などは変わらなかったのですが、高音が若干伸びるようになりました。しかし傾向から言えば、リケーブルで化けるようには思えず、あくまでケーブル断線対策用程度と思っていいと思います。つまりパワーのあるアンプは特に必要としません。
但し元の音質は、SE215/315に比べ素晴らしく進化していると思います。何より特筆すべきはバランスの良さです。破綻の少ないシングルBA機の中でも、頭ひとつ抜きに出ている出来の良さです。

TK1103MKII さん

(2020/05/19)

満足度

4.5

高音の質

4.0

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

4.0

迫力

3.0

音場

3.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:ホワイト