• 新品3,000円以上送料無料

    16:00までのご注文で即日出荷

世界中のイヤホン・ヘッドホンが試聴・買取・購入できる専門店

現在カート内に商品はございません。

商品レビュー

110の商品が見つかりました。  1-40件を表示

qdc

EMPEROR【QDC-EMPEROR-S】【~5/31まで!買い替えキャンペーン!】

総合満足度

5.0

高音の質

4.8

中音の質

4.8

低音の質

4.8

細やかさ

4.7

迫力

4.7

音場

4.7

遮音性

4.6

音漏耐性

4.5

完全無欠!

モニター、リスニングどちらも高水準で器用にこなせる最高峰クラスのイヤホン!
 ・結束バンド/星座になれたら
 ・Le Sserafim/smart
 ・平井大/I'M now here  
を試聴したのですが、音の定位感が非常にわかりやすくバンドの各楽器の鳴っている位置がしっかり把握することができるのに各楽器を邪魔することなくバランスよく聴くことができます!
k-popなどのシンセサイザーの音もは非常に粒立ちよく、楽しく聴くことができ、重低音も程よくでている印象でモニターイヤホンよりは、迫力を楽しみつつ全体のバランスも保っていて聴き心地がよく、装着感も最高なので長時間リスニングライクな音を楽しむのにもぴったりだと思います!
 波の音などの自然音や、LIVE音源で聞こえる観客の歓声といった音も程よい空間表現で楽しむことができ、N7を使用して試聴した際には空間表現が過去に試聴したイヤホンの中でもトップクラスに感じました!

 個人的にはDTMなど制作作業でも使用したいのでモニター系のサウンドが好みなのですが、kann alphaで試聴した際は全体的にバランスの取れた音で解像度も高く、ボーカルも程よい近さで聴くことができたのでモニターとしての運用も可能だと感じました。
 また、ゲームのBGMを聞くのが好きなのですが、FFのオーケストラサウンドトラックもストリングスの音が伸びやかに、かつ、僅かに弦を弾く迫力を感じることができ印象に残りました!
全体的にも解像度とバランスの良い迫力のある音で楽しかったです!

 そして、何よりも見た目が好みです!皇帝の名に相応しい唯一無二のエメラルドの海のような筐体が所有欲を満たしてくれます!試聴してる時間だけでもとてもわくわくしました!!
 試聴だけでもぜひしていただきたいイヤホンです!

にんにくましまし さん

(2024/05/15)

3

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

てっきり1DDを極めたイヤホンかと!?

多ドラのイヤホンと言われなければ1DDと誤解してしまうくらい各帯域の繋がりが良く、まるで「ワイドレンジ周波数な1DDを極めたイヤホン」という印象を持ちました(実際は多ドラですが)

音の傾向は、中高域がメインなのですが低域もよく聞くと適度なアタック感と沈み込みがあり、ゆったり楽しめるリスニング向けサウンドでした

多ドラのため筐体サイズは大きいですが、重量は重くなく装着感は抜群に良いので付け心地は最高です

唯一フラット2ピンが折れないか心配になりますが、最高のイヤホンなことは間違いありません

愛B3 さん

(2024/05/15)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

3.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

名に恥じぬ凄いやつ

音はどの帯域も過不足なく鳴っている感じがして、まとまりがいいと思いました。
デザインもとてもきれいで、装着感もよし。
いつかは欲しいイヤホンです。

ti さん

(2024/05/15)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

終着点ともいえるイヤホン

先日試聴させて頂きましたが、全ての音域がハイクオリティでどの域が強い、弱いというのをあまり感じませんでした。そのためどんな音楽にも合わせられると思います。
色々イヤホンを聴いていますが、イヤホン探しの一つの終着点にならイヤホンだと感じました。
将来的に購入したいです。

桃子 さん

(2024/05/15)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

至高の逸品

これ以上のイヤホンに出会った事がない
そんなイヤホンです。

qdcもとうとうこの価格帯を出したかと期待通りの音質でした
ビルドクオリティも問題ないですね。

見た目通り煌びやかで上品な音です
このイヤホンを一本持っておけばそれだけで
オーディオライフが完結します。

以上、軽く試聴した感想でした。

sai さん

(2024/05/15)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

試聴レビュー

anole v14の完成度も凄かったのですがそこにDDが入る事でただでさえ広かった音場が下方向にも広がりとても臨場感が増しました。
既に完成している製品に手を入れるというのはとても難易度の高い事だと思いますが、破綻せず絶妙なバランスにチューニングしていて流石qdcだと思いました。

はるまき さん

(2024/05/15)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

皇帝は二度刺す

GWに久々に秋葉原へ寄ることができ入店
eイヤは気軽に試聴できるためフラフラと見て回ると新商品、ハイエンド、そして煌びやかなfpの圧倒的存在感を放つ本機に胸を刺され携帯していたmojo2polyを繋げてみる
ESTにDDまで積んだ多ドラだとポップに記載されていたため、とんでもなく派手な音が出るかと思っていたら予想を裏切られ、全域において情報量が多いのに音が前に出過ぎておらずDDの締まった低音とEST+BAの伸びの良い高音域が心地よい、それでいて音域が滑らかに繋がっている絶妙なチューニング
qdcはシェルの構造が耳によくフィットするのでこの大きさでも個人的に問題なく、遮音性含めて実用的であると感じる
qdcを含めてミドルクラス〜ハイエンドを数本使い分けて満足していたが、聴かなければよかったと後悔する程の完成度の高さに圧倒され、他にもいくつか試聴したものの結局はコイツに後ろ髪を引かれる思いで退店…
私は個性の強いイヤホンが好きな傾向にあるが、トータルで考えた際に好みの音が鳴るリファレンスとして手持ちをいくつか売ってでも買うか迷う性能だった
なによりも最近のハイエンドに魅力を感じずオーディオから気持ちが離れていたのを引き戻してくれた皇帝に圧倒的感謝っ…!

改G さん

(2024/05/15)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

新たに登場したqdcのブラックジップ

帝王の名に相応しい、新たに登場したqdcのフラッグシップ。
片側15ドライバー含まれているが流石の装着感の良さです。
全音域過不足なく音が出ており、一聴してさすがのクオリティでした。

リスニングのイヤホンとしてはナンバーワンのクオリティで、一度聴いてみると良いと思います

ほりすけ さん

(2024/05/15)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

V14-Sを手放した僕のEMPEROR評

V14-Sを手放した理由は、サブベースの残響特性がBA特有のものだったこと。

V14はBA機にしては珍しくサブベースまで再生できるため、低域の追従性を維持しながら広い音域の再生能力を獲得していた。

超低域の「残響の少ないサブベース」はV14の音の特徴の一つだったように思う。
しかし個人的には、それが曲によっては無響室のような違和感を引き起こすことが気になった。

EMPERORでは、その数少ないネガが解消。

DDの追加が効いて適切な残響が付与され、低域の無響室的な違和感はなくなった。

サブベースの再生能力も更に高い。

■ qdc EMPERORのチューニング(調律)について

低域を押し出した調律。
高域も明示的に煌びやか。

癖は強くないが、フラットでもなく、いわゆる弱Vの元気な音。
リスニング機寄りのチューニング。

先述のように帯域間の干渉も残響も少ないので、少し埋もれる中高域でも解像度が高い。

基本性能の高さは相当なものだろう。

特に競合と差別化するには、その特徴を活かした表現こそが強みになる。

高精細な超低域と高域が前面に出ているのに、クッキリした中高域も示されると、その圧倒的な再生能力に感銘を受ける。

これがリスニング機のユニバーサルモデルをEMPERORにした理由だろう。

残響は少なく高解像度。
高い再生能力を誇示するかのような、弱Vのリスニング機。
リスニング寄りの元気玉。

一般的に高級リスニング機の腕の見せ所の一つは、残響の調律。

しかしEMPERORは、残響がそもそも少ないため、その点では個性も色気も少ない。

残響が多いと、帯域間の干渉に伴う解像度の低下が起きやすく、その処理が飛躍的に難しくなる。

高級機はそこを如何に手懐け(もしくは敢えて残し)、個性的な残響で色気を作るのか、というアーティスティックなモノづくりをする。

EMPERORはその点、そもそも残響が少ない。

それは通常、モニター機の特性だが、弱Vなのでモニター機のように黒子に徹するわけでもない調律。

縁の下の力持ちとしての黒子でもなく、余韻を追求するアーティストでもない。

能力をアピールするマッチョで正確なアスリートという印象を持った。
EMPERORは、唯一無二の足腰の強さだと思う。

少し気が早いが、後継には8Proのように、EMPEROR、EMPERESS、その中間の三段階の調律を選択できる機種が欲しい。

Kappa さん

(2024/05/15)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

皇帝の名前を持つことに納得できる音

ベース、ボーカル、ギターと音数が増えていくにつれて音が前後左右に広がる感覚があり、まるでスピーカーで聴いているような錯覚を覚えます。
底から湧き上がってくるような低音ですぐそこで生音を聴いているような臨場感と凄みを感じられます。
これだけ低くてパワーのある低域が出ているにもかかわらず、ピアノのアタック音の鋭さや、ボーカルが息継ぎする時の「スッ」という微かなブレスのような小さい音まで聴きとれるので、ボーカルを重視したい自分にはとてもピッタリなイヤホンです。
低域から高域まで、解像感が高く、音の好みが違ってもそれぞれの楽しみを見つけることが出来る。このあたりの作り込みのうまさやセンスの良さはさすがqdcという感じです。

N さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

皇帝を名乗るだけのことはある

再生機器:AK SP1000SS

【見た目】
フェイスプレートがとても綺麗でかっこいい。まさにハイエンドって感じの出で立ちで所有欲をくすぐります。

【装着感】
横から見たときに「デカッ(笑)」と思わず小声が出ましたが、見た目によらず装着感は抜群に良く、長めのノズルが耳奥までズボッと入るので安定感や遮音性も問題なかったです。

【音質】
解像度が高くやや硬めでややクール寄りな音で中高域より。
モニターよりリスニングに寄ってる印象です。
高音は綺羅びやかで天井の高さを感じさせないヌケの良さがあります。
ボーカルはいつも少し録音環境の悪い曲で確認するのですが、歯擦音はほとんどなかったので解像度が高くクールで硬めな音なのに不快な音がでないというハイエンドイヤホンらしい質の高さを感じました。
低音は高音ほどは出てないですけど質が良く分離感がすごいのでまったくボーカルに被らないで出ていて、低音にフォーカスすればしっかり低音の圧を感じられます。

【まとめ】
さすが、皇帝を名乗るだけのことはあるレベルの高さがあり、予算が許すなら回り道せずこれ一本買って沼に入る前にゴールしたらいいんじゃないかと思えるくらいには購入検討に値する機種だと感じました。

こういうもの出されちゃ困るんですよねぇ、欲しくなっちゃうから……

taka さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

無評価

color:規格なし

何物をも取りこぼさせない

本機を試聴して一番最初に感じたのは、あれ?この曲こんな音鳴ってた?でした。

イヤホンやヘッドホンのレビューの常套句に「今まで聞こえなかった音が聞こえる」と言われているものを目にしますが、
本機は正にそれ、全体域、特に中音域での音の取りこぼしは無いのではないか?と思えるほどに細かく聞き込めるほどの解像感を誇っていると感じました。
久しぶりに始めて高級機を試聴した頃を思い出すような、レベルの高い音を鳴らしてくれるので、今時の音数の多い楽曲を聴く場合などには特に性能を発揮するのではないかと思います。
一方、高音域でも同様に持ち前の高解像感を発揮するため、若干シャリつく感じはしました。
個人的にはここが結構気になるのですが、試聴の際、様々なイヤーピースで試させてもらいましたが、高音域をマイルドにする傾向にあるものへの交換で押さえられる程度には収まっていると思います。

筐体は計15ドライバー搭載のため結構大きめで、最近の機種だとEMPIRE EARSのRAVENと同等の大きさに感じましたが、形状の若干の違いからか個人的には本機の方がフィット感が良いと感じました。
が、どちらにしても耳の小さい人だと長時間付けるのは難しいかもしれません。
最近は超多ドラな機種も増えてきましたが、このあたりが一旦の限界なのではないでしょうか。

余談
一見、色違いに見えるEMPRESSと比較試聴の機会があったので、そのときの感想を。

見た目の双子感とは裏腹に、出てくる音は全く異なります。
EMPRESSはEMPERORよりも音が堅くシャキッとした音で、味付けを全く行っていない素直な出音、悪く言えば遊びのない優等生な音、といった印象でした。
対して本機は豊かな低音と中高音域帯にちょっとした遊び心をほのかに感じる楽しい音づくりをしているなと感じました。
比較する前はEMPERORも割と素直な出音だと思っていたのですが、比較すると結構リスニングライクに作られていたんだなと、改めて評価した次第です。

sasuke さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ものすごくアップグレードして帰ってきたQDCの新しいフラッグシップ

V14以後からかなり時間が経ちましたね、その間他の会社が多いフラグシップIEMを発売する間、QDCは大きなニュースがありませんでした
かなり長い時間が経った後、EMPERORというフラッグシップIEMを発売すると聞いた時、とても期待していたし、その期待以上の音を聞かせてくれてとても満足しています
ほとんどのフラッグシップIEMを持っていますが、その中でも確かにEMPERORはとても良い音を聞かせてくれます
Mjolnirを使っても、SP3000を使っても、M23を使っても構いません
高音はとてもすっきりしていて、涼しく、背景がかなり重いので、歯擦音がほとんどありません
中音も近く、とても鮮明で残響やボーカルの表現もとても美しいです
低音もしっかり響かせて マスキングやもどかしさが感じられませんね
左右、上下の空間感も優れています
この全てが基本ケーブルでも可能だということにとても驚いたし、リケーブルをすれば自分の好みに合わせてもっと優れた音を聞かせてくれます
J-POP、POP、K-POP、アニソン、好き嫌いなくよく表現してくれますね
最近高価なIEMに対して失望感がとても大きい状況でしたがEMPERORは全然そんな感じがなくとても満足しておりむしろ50万円という値段が安く感じられますね
この満足度が非常に高いため、EMPERORの限定版である金龍王も注文しました
普段私のレビューをご覧になった方はご存知だと思いますが、ここまで高い評価をするIEMは本当にごく少数に過ぎません。
IEMが非常に高性能なので、むしろ楽で柔らかい音をお探しなら合わないと思いますが、それ以外のすべての場合には最高の音を聞かせてくれます
アユートさんとQDCさんが本当にすごいことをやり遂げましたね! 大きな拍手を差し上げます

ゴーレム さん

(2024/05/14)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

最近オーディオ沼にハマった初心者ですが、困難聴いたら余計沼にハマってしまいます。
高音の煌びやかさ、低音のキレ、ボーカルの息遣い全てが皇帝相応しいですね。
音場は広過ぎずいい塩梅
筐体は大きいですが流石qcdと言うべき装着感で、長時間でも疲れなさそうです
ただ一点難点としたら値段だけですね。
それ以外は間違いなく最高の一機と言えます。

XD さん

(2024/05/14)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

qdcのハイエンドに相応しい名機

試聴してのレビューになります。

【外観】
アバロンのフェイスプレートに金色のメタルフレームと豪華で高級感があります。
シェルは大きく厚みもありますが、イヤーピースのサイズを合わせれば装着感はそれほど問題にならないかと思います。
コネクタはフラット2ピンで付属のケーブルがL字タイプのプラグであり、3.5mm、2.5mm、4.4mmと交換できるので、汎用性が高く使い勝手は良好です。

【音質】
音量は取りやすいので、それほど音量を大きくしなくても聴きやすいです。音場は迫ってくるような密な感じではないけど、左右にやたら広大というわけでもありません。

全体的に明瞭でレスポンスの良い音で、超高域に4基の静電ドライバーを割り当ててることもあり、非常に伸びやかな高域を鳴らしてくれます。

金物の楽器についてはやや固めな鳴りですが特段刺さるようなキツい音ではありません。

ボーカルは出すぎず引っ込みすぎずで聴きやすく、特に余韻の表現がとても丁寧です。

低域にBAドライバー4基、超低域にダイナミックドライバー1基ですけど、ミッドベースからサブベースまでの繋がりが不自然に感じないのは素晴らしいですね。
低域の量感自体は十分あり曖昧に鳴らず音を拾いやすいですが、サブベースの量感はほどほどに感じました。

ハイエンドの機種は性能が高いが個性が強く人を選ぶようなものも多い中、個性がありつつもバランスが良く聴きやすい本機は、qdcのハイエンドIEMに相応しい機種だと思います。

ベイダー さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

〜皇帝と女帝〜2機の最高峰IEM

次々と登場するハイエンド機。
そんなハイエンドイヤホン乱世の中にEMPERORは登場しました。
見た目は良くも悪くもqdcらしからぬFPのイヤホンだなと感じましたが、音を聴いて自分の中で感動がありました。

繊細でどこまでも伸びていくような高域に、リアルに近いボーカル、また弾むように心地よい低域。リスニングイヤホンとしてかなり完成度の高さが感じられました。
また一番の魅力としてクセはそこまでないものの、EMPERORでないと楽しめない良さが感じられました。

女帝の名を持つEMPRESSというカスタム機も同時に登場しましたが、こちらもチューニング違いでとても良いです。
ベースとなる音の特徴は上記のEMPERORと同じですが、EMPRESSのほうがよりモニターライクで音への着色が少ないように思います。個性の違う2機種なのでカスタム制作を考えている方はどちらも視聴することをおすすめします。

QDC社だけあってEMPERORの装着感はハイエンド機の中でも突出して良いです。
ハイエンドをお探しの方は是非検討してください

よっち さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.5

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

qdcの最高峰

どの音域も過不足なく出ていてモニターライクな印象。
特出すべきはその並外れた解像度でしょう。
DSDの音源のジャズを聴くと、くっきりと輪郭のある低音、艶めかしい管楽器の音色まるでパッシブスピーカーから音楽が流れているような、いや生演奏かのようなリアルさがあります。フラットよりな音作りだからこそジャズやクラシックが特に相性がいいように感じます。
これまた不思議ですが、ロックとも相性がかなりよさげです。というのも高い解像度のおかげでロック歌手特有のかすれた声というのかしゃがれ声というのかエッジボイスの細部までに聴き取れます。普段自分の使っているイヤフォンではこんな細かくまでは聴き取れません。まさかモニターライク、フラットな音作りでロックと相性がいいとはいい意味で期待が裏切られました。
ポップソングに関しては、純粋に「いい音」と思うだけで特別思うことはなかったのですが、しいて言えば女性ヴォーカルのほうが聞き心地がよかったです。
言わずもがなどのジャンルでも音楽を最高に楽しめるそんな音です。

デザインも帝王のようなの貫禄があり、装着感もさすがのqdc。めちゃくちゃ良好です。

コーヒー愛好家 さん

(2024/05/14)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

最高峰のイヤホンの一つ

週末にeイヤホンさんで試聴しました。

感想としてはどの音域も過不足なくなっているという印象でした。高額なイヤホンは音がごちゃごちゃしていて長時間聴くのがしんどくなることがあるが、そういったことはなく、いつまでも聴いていたいと思える音でした。装着感も他のqdcのイヤホンと同様にすごく良いです。

いつかこんなイヤホンを日常で使ってみたい。

ノア さん

(2024/05/14)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

まさに皇帝の名に相応しいイヤホン

店舗で試聴をしましたが、曲が持つ全ての音を浮き彫りにし鳴らしているという印象でした。

解像度が高いのですが、モニターライクで聴き疲れするような印象はなく、逆に聴いていて優しさすら感じられるような音でした。これだけドライバーを多く積んでいて高解像度ながら、聴き心地がよく思えるイヤホンは初めてでした。

装着感も非常に良いです。流石はqdc。

お値段は非常に張りますが、値段に顔負けしない、正に“皇帝”の名に相応しいイヤホンだと感じました。

晴 さん

(2024/05/14)

1

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

EMPRESSのほうが好み

手持ちsp3000で試聴
まず個体が大きい。ゆえに装着感は個人的にはあまり好きになれませんでしたが、カスタムするので問題ない。
音は値段なりの、、、というか非常にまとまっている音としか思えませんでした。良くも悪くもなんの不満もないハイエンドということです。ハイエンド一本目にはなんの躊躇もなくおすすめできるような機種ですが、いくつかハイエンドをお持ちの方には個性がないと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
タイトルにも書きましたが、私はEMPRESSの方が好みです。
全帯域非常にシルキーで低音に関しては滑らかすぎて物足りないくらいです。
これは欠点として捉えているわけではなく、滑らかすぎるということがむしろ他のハイエンドイヤホンにはない唯一無二の個性として存在しているわけです。
今迄聴いたことのない究極の滑らかな音の繋がりを魅せるEMPRESS。是非こちらも試聴してみてくださいね☆

☆パンdeパンダ☆ さん

(2024/05/14)

満足度

4.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

エグい

あぁ〜脳が溶けるぅ〜解像度エグいんじゃぁ〜。

傾向はしいていえば弱ドンシャリ。
各帯域、どの音も解像度高くキレイに鳴らしてくれる。
某家電の店員さんとエグいっすよねぇ〜と語彙力低めの会話で盛り上がり、ずっと聴きてると手持ちのイヤホンに戻って来れなくなりそうだった。

デザインもドンピシャでメッチャクチャ欲しい1基でゴール候補。

ギラギラ高音厨 さん

(2024/05/14)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし

個人的過去最高イヤホンです

イヤホンの進化は凄まじいと感じる製品でした。
深く考えず、ただただ音を聴けば良さがわかるかと思います。
ESTドライバーは広域の角が立つことも多いですが、この機種では煌びやかさや解像度には寄与しているものの、耳に痛い音は出しにくく、非常に聴き心地がいいです。
低域の一基DDも非常に効いており、
深く沈み込む低域の入った楽曲を聴いた際は鳥肌が立ちます。
音場はそこまで広くはない印象があります。その代わり各楽器の定位がしっかり表現されてます。
多数のドライバーを積んでいてもごちゃごちゃした音になっておらず、一聴すると普通、と感じるかもしれません。しかし個々の能力が非常に高いので気づけばずっと聴いてしまいます。
また、リケーブルに非常に敏感に反応します。低域が足りないと感じる方は俗に言う低域がブーストされるケーブルを使えば足せますし、銀線などでもっと高域を煌びやかにすることもできます。

初っ端から基礎性能最高、さらに好みに伸ばせる、と理想のイヤホンです。

うし さん

(2024/05/14)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

イヤホンの皇帝、もはや敵なし

レビュー前に一言
現代に誕生してくれてありがとう!!!!!

とうとうイヤホンもここまでの音を鳴らすとは。。。
視聴中頭の中で音楽を忘れて感動を覚えました
ここ最近あまりイヤホン業界に進歩があまり感じられない私でしたが
このイヤホンを聞いた後、あーイヤホンって進化しているんだなと
感じる次第でありました。

まずは音から
水のように重くはじける低音
清流のように麗しい中音
太陽の光が水面を反射し輝くかのような高音
そしてそのすべてが感じられるような解像度と立体感
皇帝が一番いいイヤホンを作れと命じたらこういう感じの
イヤホンだろうなと心でふと思ってしまうほどでした。

今度は筐体ですが
他にはない唯一なフェイスプレートに高級感が足され
所有欲をも満たされる外観に、イヤホンの中では大きな筐体。
大きいと装着感が微妙なのでは??そう思うかもしれません。
しかし、やはりここはさすがカスタムIEMの老舗qdcで
装着感はかなり良く、カスタムIEMかのようにフィットします。
イヤホンの皇帝、もはや敵なしですね。
これはqdcにしかなせない技だと思います。

イヤホンにはこんなに凄いイヤホンがあるんだ!!
とついいろいろな人に勧めてみたくなってしまいます。。。
そんなイヤホン久々に出会えました。
今後もqdcを応援したいと思います。

(再生機器)
ibasso DX260

わかめ さん

(2024/05/13)

1

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

さすがの高級機

秋葉原店で試聴しました。手に持った瞬間「デカッ」とはなりましたが、そこはさすがのqdcで耳に装着してしまえば、特に不自由は感じませんでした。
素晴らしく自分好みの音で低中高すべて強くしたらなんかバランス良くなっちゃったみたいな感じで物足りなさを感じませんでした。
金額が金額なので中々手が出せませんが、試聴を続けると欲しくなってしまいそうだったので、短めで切り上げるほかありませんでした。

poco さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

ハイエンドイヤホン

一度でいいからハイエンドイヤホン聴いてみたい
フェイスプレート見ただけで良い音絶対する
疲れた時聴いたらホットするイヤホンだと
思います。
語彙力無いんで気の利いたレビュー書けませんが
宜しくお願いします。

sato さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

大胆かつ丁寧

全音域のバランスが良く、とにかく綺麗な鳴り方です。キレよく鳴らして欲しいところは気持ち良いくらい潔く再生してくれますし、ボーカルの響きや余韻は優しく、丁寧に、スっと消えるような鳴らし方です。ボーカルが近めですが、楽器の細かなニュアンスまでわかる解像感です。エージングが済んでいない個体での試聴だったため、低音域にわずかなボワつきを感じましたが、解消されることでしょう。同社のTigerよりも1段上の性能だと感じました。万能系のハイエンドならEMPERORが間違いないと思います。

いぷし。 さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.0

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

4.5

音漏耐性

5.0

color:規格なし

qdcの皇帝

長らくqdcのイヤホンは聴いてこなかったのですがこのイヤホンは見た目に釣られて視聴させていただきました。
EST.DD.BAの各ドライバー計片側15ドライバ搭載ということでイヤホン本体は大きめです(これはしょうがない、そもそもこの価格帯のイヤホンを未視聴で買う人は居ないと思うからフィッティングも無問題だろう)
ハイブリッド機なのでチューニングが少しでもズレてると音が歪んで聴こえたり場合によってはすぐ試聴をやめてしまう物も多いのですがそこは流石qdc、絶妙なチューニングが施されており
超高域4EST高域4BA中域2BA低域4BAに超低域DDの計15基のドライバが喧嘩をする事なく素晴らしいバランスで搭載されている。

特に中高域に優れていて女性ボーカルやアニメソング、ボカロ等と相性が良いように感じた。
また音場も満遍なく広く菅楽器の音も綺麗に鳴らすのでクラシックとの相性も良さそう。
低域は主張し過ぎず自然な鳴りで物足りなさは特に感じない上手いチューニングだなと感じた。

欠点としてはやはり大きさと重さぐらいだと思う、なので是非一度フィッティングを確認してから購入するべきです。

進撃のずん さん

(2024/05/13)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

きらびやかーん

視聴でのレビューです。
派手な見た目とは裏腹に聞かせる音は揺るぎない自信に満ちている、そんな印象を受けました。
大きめながら装着感は意外としっくり馴染んで悪くありません。
さすがのハイエンド、ただただ感嘆あるのみです。

悪夢ますたー さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

皇帝の名にふさわしいイヤホン

視聴のみの感想です。

・音
超高域用の4基の静電(EST)ドライバーと、高域4基/中域2基/低域4基の合計10基のバランスドアーマチュア(BA)ドライバーをベースとした
片側5サウンドチャンネル/5wayクロスオーバー、トライブリッド15ドライバーの構成とのことですが、
着目したのは再生周波数帯域の5Hz~の部分です。
イヤホンでこの低域を鳴らせる機種は少なく、実際に視聴してみても深みのある低域がしっかりと出ていました。

・外観
フェイスプレートは黄龍の金色の鱗をゴールドフレームで表したとの説明ですが、
貝殻の真珠層(内側のキラキラ下部分)を思わせる綺麗な色です。
「皇帝」の名に恥じない高級感のある煌びやかなデザインです。

・装着感
筐体自体はやや大きいですは、可もなく不可もなくといった感じです。

・まとめ
多ドラ構成ですがごちゃごちゃした感じはなく、とてもよくまとまったチューニングに仕上げられていて感動しました。
価格は高いですが、手にしたら所有感を満たされることは間違いないイヤホンだと思います。

どろぼうカササギ さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

5.0

color:規格なし

そりゃあね

基本試聴は手の届く範囲のイヤホンしか試聴しないのですが、憧れも兼ねて試聴してみて「そりゃあいい音するよねぇ~」と言う感想しか出ませんでした(笑)

ドンシャリは苦手なので、音場の広い系統の音を好むのですが非常に上品且つiPhoneの音でも高級DAPでしか聞こえない音や音の厚みが出て驚きました。

今生で購入する機会はないかもしれませんが、たまにはこちらの機種のような音を楽しむのも良いですね。

かっつーん さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

color:規格なし

まさに、万能機!といったqdcのフラグシップモデル

見た目からわかるように、筐体自体は大きめで、ノズルも一見すると長さを感じますが、いざ装着してみると、いい感じに耳に収まり、痛みを感じることもなく、音楽を楽しめます。

音は具体的にどの帯域が得意不得意があるわけではなく、全体としてどの帯域も鳴らし切るパワーがあります。

その中でも高域中域は迫力がありつつも、繊細な音作りがなされていて、この両者が絶妙にクセのある味わいになっているかの印象を受けます。

ただやはりドライバー数が多い機種なため、ある程度のエイジングは必須な機種であると感じました。

試聴機展開後にすぐ試聴しても、あまり良さを引き出せないかもしれませんので、何回か音を聴く機会を作ってもらえればと思います。(私は3回ほど時間をおいて聴きましたが、やはり違いを感じることができました)

おぱちょ さん

(2024/05/13)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

全てにおいてハイレベル!

聴きやすく高解像、煌めく高音と圧のある低音が特徴のイヤホンです。

試聴では普段よく聴くポップスの他様々なジャンルで楽しく聴けて、空間表現が優秀で楽器の距離感の把握や個々の音を聴き分けやすいためオーケストラなども聴き入ってしまいました。
どのジャンルにも対応できる基本性能の高さがありつつ、高音と低音が若干強くて楽しく聴けるイヤホンという印象です。
音の濃さはちょうどいい塩梅で、奥行きの表現もできており、ここらへんも幅広く聴ける音作りに繋がっていると思います。

音以外ではイヤホンの大きさについてはドライバーの多さから大ぶりではあるものの、フィット感は良好で他社の多ドラ機と比較して強みだと感じます。シェルやフェイスプレートはとてもきれいで一目で作りの良さがわかります。個人的にEMPERORやAnole V14、WHITE TIGERやEMPRESSなどのシェルが好きで見ていて惚れ惚れします。

今回はEMPERORとEMPRESSが同じタイミングで出ておりそれぞれ聴いてみるとエネルギッシュなEMPEROR、繊細なEMPRESSとコンセプトの違いをしっかり感じます。丁寧にチューニングしていると感じる音作りは好感が持てますし、2機種を聴き比べるだけでもかなり面白いです。
また、QDCフラグシップのひとつであるV14と比べると低音ひとつとってもドライバーやチューニングによる音、質感の違いがあったりして単純に優劣がつけられないと感じます。

憧れのV14をいつかは…と思っていたところにまた欲しいイヤホンが出てきて悩ましいですが、どちらを選んでも後悔はないでしょうし、じっくり聴き比べて選ぶのがこれから楽しみです。

すみ さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

5.0

音漏耐性

4.5

color:規格なし

キレキレの空間!

高音がとても繊細でサラッとした印象ですが、全体的に驚くほどキレのある出音で思わずノリノリになってしまいます!
また、音の分離感が心地よく、音の位置が掴みやすい、空間表現がとても優れたイヤホンです。
正直凄いと思いました!

おでもんも〜ん さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

最高峰

非常に高品質な音質だと思いました。その特徴的な音質は、豊かな中音域と詳細な高音域が絶妙にバランスされていることです。低域もスムーズで迫力があり、音の広がりも鮮やかです。全体的に非常にクリアで解像度の高い音質だと思います。また、新技術を採用しているためか、音場も広がり感があり、臨場感あふれる音を楽しむことができます。

HARU さん

(2024/05/13)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

5.0

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

すべてが程よくハイレベル

一聴して感じたのは「ああ、これこそがQDCの真骨頂だなあ」と。元々NEPTUNEを何気なく聴いたのが沼の始まりだった自分としては、これが最高のイヤホンサウンドだと感じる。 これだけドライバー突っ込んでまとまるものかと思ったがさすがはQDC。DDによるなめらかな音の繋がりが底支えとなって、そこに解像度、抜け感ともに抜群の音が重なり極上の音空間を作り出しているじゃないですか。しかもどの帯域も尖ることなく見事なまでに程よいバランスで最高の音を届けてくれる。躯体は流石に大きめだが、不思議とフィットするのもqdcならでは。こんなん聴いちゃダメだよなあと思わせる最上のイヤホンの一つであることは間違い無いです。

うりずんug さん

(2024/05/12)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

無評価

音漏耐性

無評価

color:規格なし

文句なしの音質

見事な躍動感を持ちながら、驚くほどバランスが良いため、長く使える数少ないイヤホンかと思います。

速い曲もゆったりした曲も、クラシックからポップスまで、聴く楽曲を全く選ばないです。

ユニバーサルでありながら装着感が抜群なのはqdcの優れた所。

試聴環境
プレーヤー:PAW GOLD Titanium
試聴曲:フォープレイ「Chant」flac192kHz/24bit
    パーボ・ヤルヴィ指揮「ワーグナー ニーベルングの指環 ジークフリートの葬送行進曲」DSD2.8MHz
    ZARD「負けないで」WAV96kHz/24bit
    ドナルド・フェイゲン「Maxine」flac48kHz/24bit

MLB さん

(2024/05/12)

満足度

5.0

高音の質

4.5

中音の質

4.5

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

4.5

音場

4.5

遮音性

4.0

音漏耐性

4.0

color:規格なし

QDCが辿り着いた先に皇帝がいた

皇帝と名付けるに相応しいIEM
筐体は大きめで装着感に難がありそうに見えるが、とても装着しやすく軽い。
しかし耳からはみ出るの注意は必要です。

音色に関しては全域を色濃く主張するここ最近のハイエンドと同じ傾向ですが、ややスッキリしてるので音圧を感じづらいと思います。

高域はこれでもかとくらいには煌びやかですが、抜けも良く天井を感じさせないのは流石です。
金属音がとても前のめりに鳴り主張して来るのでここは好みが分かれるポイントだと思います。
ボーカルの歯擦音はあまり気にならないですが、金属音の主張と刺さりは気になりました。
エージングがより進めば聴きやすくなると思います。

中域は別の帯域に埋まらずに程よく音源を少しドライな音色で引っ張って来ます。
私はこのドライなボーカルは好みで長時間聴くなら濃さも重要ですが、ややあっさりしてると聴き疲れもしにくいので良いと思います。

低音は芯が太くかなり締まっています。
スピード感はそこまでありませんが芯が太く程よく広がるのでリスニング向けです。
サブベース付近の広がりや音を丁寧に拾うので、中低域を妥協したくないと考えるのであれば、良い選択肢です。

上手くまとまっておりqdcの音作りをハイエンドに活かした音作りは流石との一言
好みに刺さった人には唯一無二のIEMで所有欲も満たされます。
これは私もいつか手元に置いておきたい1本です。

くおち さん

(2024/05/12)

満足度

4.5

高音の質

4.5

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

4.0

迫力

5.0

音場

4.5

遮音性

3.0

音漏耐性

3.0

color:規格なし

キレイ系の万能機(?)

試聴DAPにSP3000 SSを用いて4.4mmバランスでの簡易的な感想です。
音だしは各帯域不足は感じませんが、迫力重視のサウンドと言うよりかは音の繊細さ、鮮明さが優先されているように感じました。特に音場の形成は横方向より前後の立体感が(音の前後の距離感)分かりやすかったと思います。
中高域が気持ちハイ上がりに感じなくもなかったですが、これからこの価格帯のイヤホンを購入される方でempire earsのイヤホンのような迫力・低域の厚みを重視されていない方に選択肢の一つとしてご提案できそうに感じました。

no name. さん

(2024/05/12)

満足度

4.5

高音の質

5.0

中音の質

4.0

低音の質

4.5

細やかさ

5.0

迫力

4.0

音場

4.0

遮音性

5.0

音漏耐性

無評価

color:規格なし

まさにEMPEROR

まず結論から言えばEMPERORの名に相応しいものでした。

ドライバーの数からして筐体が大きめになるのは仕方ないですが耳へのフィット感は素晴らしかったです。
ずれることなくしっかりしてます。
音についてはどの帯域も満遍なくしっかり出ている解像度も高い印象です。
この価格帯のイヤホンは持っていませんが今まで視聴してきたものと比べても音場も広く、これぞまさに皇帝に恥じないものになっていると思います。
価格もEMPEROR級ですがもしこれを手にしたら毎日の音楽ライフが楽しくなるでしょう。

零蒔 さん

(2024/05/12)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

4.5

迫力

4.0

音場

4.5

遮音性

4.5

音漏耐性

4.0

color:規格なし

qdcのハイエンドコンセプトモデル

qdcとアユート共同企画の第三弾モデル「EMPEROR」。ミドルレンジのWHITE TIGER、エントリーのSUPERIORに続きハイエンドモデルが登場しました。

構成は4基の静電ドライバーと10基のBAドライバー、10mm径複合材振動板の高感度超低周波ダイナミックドライバーの5wayクロスオーバー。
qdc単体ハイエンド機であるAnole V14に低域帯ダイナミックドライバーを追加し、超低域再生を強化したモデルのようですね。

まずは筐体とフィッテング
相変わらず造りは一級品ですね。デザインについては好みがありますが、ブルーアヴァロンプレートとゴールドロゴの組み合わせは気品がありますね。
qdcのユニバーサル製品は2016年頃に登場した、2SE、3SH、4SSにはじまり、今までほとんどのモデルを試聴や気に入った物は購入しましたが、フィット感はどのモデルも良いですね。EMPERORも片耳15ドライバーも入ってますので、それなりに筐体は大きいですか、耳介小さめの私でもフィッテングは問題ありませんでしたので、女性の方でも極端に耳が小さい方以外問題無いのではと思います。
ケーブルはqdcハイエンド機に採用されている、3in1マルチプラグ採用でバランス接続、アンバランス接続が容易に切り替え可能です。このプラグも非常に高精度で高級感のある機構ですね。個人的にはカメラのレンズ交換と同じ感覚です。変換プラグをかまさなくていいので、接点を増やしたくない方にも良いシステムだと思います。
ちなみにコンセプトモデルはフラット2PIN端子ですので、他のIEMケーブルも使用しやすいモデルとなってます。

肝心なサウンドですが、今回はiBasso audioの DC-EliteというドングルDACにて試聴しました。
音質に関しては私はうまく伝える事が出来ませんので、他の方のレビューを参考にしていただければとおもいます。
私は普段Anole V14を使用しておりますので、両者の違いの部分からレビューしたいと思います。

V14は全帯域にわたり高精度でサウンドステージも広く、非常に立体感のある音です。
音楽を流しながら、バックで映画再生しても映画の台詞を聴き取ることが出来るくらいです。
この点に関してはEMPERORも同じだと思います。
両者の違いはやはり低域の聴かせ方でしょうか。V14の低域はBAですが、カスタマイズした低域用ドライバーにより、超低域の再生能力が高いモデルです。しかし、超低域の再生にはやはりダイナミックドライバーに分がある。今回EMPERORが誕生したのはこの低域に改善の余地があったからではないでしょうか。
ただ、この低域に関してはどっちが上かとかではなく完全に好みによると思います。V14を聞いた事があって低域が好みでは無かった方には、EMPERORをオススメします。
逆にEMPERORを聴いてみて低域が好みではない場合にはAnole V14を聴いてみることをオススメします。またV14には超高域、高域、中域、低域を変化させる4つのチューニングスイッチがありますので、16通りの音質変化が可能です。このスイッチ思うより変化がありますので面白いです。

どちらとも価格は高いですが、音質も非常にクオリティが高いので、一聴の価値ありです。

ケロウ さん

(2024/05/12)

満足度

5.0

高音の質

5.0

中音の質

5.0

低音の質

5.0

細やかさ

5.0

迫力

5.0

音場

5.0

遮音性

4.5

音漏耐性

4.5

color:規格なし